酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


食べられない刺身尽くし(泣) ~ 幸手・酒蔵 玄海 ~

以前に胃カメラ検査やりまして、なことをボソッ、と申し上げた事があったんですが。


胃腸の異変に気付いたのはトイレで用を足した時だったんですな。


「ためしてガッテン」か何かで、

「トイレは用を足した後に便器を覗いて見ましょう。

身体の中を一巡りしてきているのだから、健康のバロメーターでもあるワケです




…なんてなコトを言っていたので、覗き込んだトコロ…



…んんん… !?


何だか、便の色が妙にドス黒い…




そーいや、妙に胸焼けがしていたし…


先ずはネットでこの症状を検索してみたら…。


案の定、ロクな事が書いてなかった !!



「胃腸上部、食道や胃、十二指腸などからの出血の疑いアリ。

血液中に含まれている鉄分が胃酸等と反応し、黒く変色、それが便の色に表れる。

胃潰瘍、胃がん、云々が疑われる…」



10ガーン
ガガーンガガーンガガーン


ヲラ、まだまだヲ酒を呑みたいだ~ !!
uen



急いで病院へ赴き、胃カメラ検査…。


数日後に出た結果。

先生が仰るには…
ikaiyounoato.jpg
(↑ 胃カメラ画像のイメージ)

「胃の内部なんですけどね、ここに白くなってる部分があるでしょう

コレね、胃に開いた穴を周囲の部分が寄り集まって塞いで治した痕跡なんですよ。

即ち、胃潰瘍の治った痕です」




…治った痕…?


てなことは、もう問題無いんですか?



「そうですね、もう治ってますよ

まあ、原因としてはストレスによるものでしょう。

今後、それでも何か異常が感じられるようでしたら、またいらして下さい




そうか !!

「ストレス」が原因だったのか !!

「飲酒」が原因ではなかった !!
(((笑)))



やたっ !!
35おめでとう




…この時の我杯、先生には飲酒の趣味を申告していませんでした。



だって、訊かれなかったからです。




そんな訳で皆さん、こんにちは。

それでも多少は飲酒量に注意するようになった、学習型バカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


我杯の胃潰瘍の一因でもある KTJM兄さん (笑)が我杯の地元、
DSC08969_20171008131904b99.jpg
幸手にやってきた。


 KTJM兄さん より以前からリクエストのあった根城「玄海」へいよいよの御アンナイとなった。




それにしても、あの馴染んだ幸手駅の駅舎が消失してしまったのは寂しい
DSC08970_20171008131905383.jpg
古びてはいたが、味のある駅舎だったのに…。


寂寥感を感じつつ、限界の縄暖簾を潜る


はい、それでは、
DSC08971_20171008131907f98.jpg
玄海にようこそようこ~


…それにしても、 KTJM兄さん はどこにでも出没するなぁ~(笑)



玄海に潜伏したからには、
DSC08973.jpg



DSC08974_201710081318532d2.jpg



DSC08975.jpg
刺身の数々を食して頂かねばならない


しかし、我杯は刺身を口に出来ない !!


ズルかったぞ、 KTJM兄さん  !!




それでも、
DSC08976_20171008131856015.jpg
タコ刺を頂戴する我杯


日本酒
DSC08977_201710081318583e9.jpg
自宅だと思って呑んでって下さいな…笑


そんな KTJM兄さん の好物が降臨。
DSC08978_20171008131859994.jpg
アジフライで相好を崩す



毎度の御常連 3 ・サチエ 3 が、
DSC08979.jpg
娘 3 と杯を合わせていた。



親子で呑みに行けるって、いいですねぇ。





今日も賑わう「酒蔵 玄海」
幸手「玄海」にKTJM兄さん、降臨 !! - Spherical Image - RICOH THETA

…しっかし、このぐるっとカメラ、便利やなぁ


話好きの御常連 3 とトークを弾ませつつ、今宵も楽しく…


DSC08980.jpg
兄さん、またいらして下せぇ

ヲ引っ越し、忘れ物 ~ 南越谷・やまちゃん ~

えぇ、毎度のヲ運びで御座いまして、厚く御礼申し上げます…。


あの猛暑もどこへやら。

すっかり秋めいて参りました今日この頃でゴザイマス。



さて、世の中は情報化社会でございまして。

実に様々な情報が飛び込んでくる訳ですよ。


とあるニュース・サイトを覗き込んだら、まあ、世界と言うものは、ヲよそ日本では考えられない出来事が起こってるもんですなぁ。
img_b10acd11bedf3f5f555150415454e6d5119243.jpg
コチラは何事かと申しますと、

何と、8mもあるニシキヘビをとッ捕まえて食べてしまったという… !!


コトの詳細はコチラで御確認をば頂きたいんでございますが…。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10757


…それにしても、よくこんな怪物と取っ組み合ヲうなんて考えるモンですな !!



体長8mのヘビと闘って勝つ、なんざぁ…。

インドネシアのシト達はバイヲハザードの世界を素手で渡り歩けるんじゃあ、ないんですかねぇ…。




さて、そんな前置きはともかくでございまして。


毎度のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記は今回、

コレマタ ヒサブリに南越谷(こしみな)に降り立った訳です。


御覧の通り、まだまだ表は明るい時分でしたが、それでも開いちゃう、
DSC08963.jpg

やまちゃん


…に、コレマタ何年ぶり !? な潜伏


開店と同時(PM16:30)に飛び込む !!


…のだが、それでも 先客 3 が数名いたという。


DSC08959_20171008131850ee7.jpg
南越谷の聖地。


立ち呑みカウンターにへばり付いた我杯、
DSC08957.jpg
赤ホッピーセットで「ヲ仕事」スタート。


三陸産のわかめで箸に労働を強いる。


DSC08960_20171008131845d91.jpg
名代の串焼きをつまみつつ。


カウンターにへばり付く猛者連。
DSC08962.jpg
黙々と、ただひたすらに杯を傾け、箸を運ぶ。


我杯がこの「やまちゃん」を面白いなぁ、と思うのはですね。


ヲ店の構えが「半屋台」なヲープンなモンですから、表から、店内から、互いが丸見えなんでございます。



店内からボンヤリと表を眺めてますてぇと、通りを行き交うシト達が、実に不思議そうな顔してコチラを覗いてる、なんてな事がしばしば。


「面白そうな呑み屋だなぁ」


…なんてな表情をされとるんですな。



それとも、


「明るいウチからもう呑んでるよ !! 」


…なんて思ってるんですかね?




開店から1時間もしないウチに、あれよあれよで席が埋まる
南越谷「山ちゃん」に、 ヲレ、参上 !! - Spherical Image - RICOH THETA
いい心持ちになってきたトコでヲ会計






アタシャ、この南越谷(こしみな)に「ジンクス」がありまして。


駅近くに「ヲ菓子のまちヲか」、ヲ菓子の専門店があるんスが、アタシャ、無類の菓子好きなモンですから、立ち寄って大量購入を果たすんですが…。


購入したヲ菓子を、必ずどこかに置き忘れるですよ。



この時も、気付いたら手ブラになっていましてね…凹




ヲ酒のせいなんだか、自身のダラシナサなんだか…。



ヲ後はちっともよろしくないようで…


「ギガ恐竜展 2017」に行って来た話

いつもヲ世話になってヲります。


いや、トンデモなニュースでしたね !!


渋谷交差点での黒ワゴン大暴走 !!




しかし、あのニュースで驚いたのは「車の暴走」でわない !!


そう !!


その暴走車に蹴りを入れた人物 !!
sibuya-kick.jpg
このシト !!


蹴り入れた後にバランス崩して転倒しとったが、それにしてもなぁ… !!



義憤に駆られての、咄嗟の行動だったと思うが。

ケーサツの職質振り切って逃走を図るような、ロクでもない人物が乗っていたのは間違いない。


顔覚えられてて、

「あの時、蹴り入れてきただろう !!

なんて、トラブルに巻き込まれなきゃいいですが…。



…因みに、我杯の勤め先にいる「元・ソレっぽい奴」にこの話題を振ったトコロ、

「いや、アソコは飛び蹴りでしょ」

…っつー答えが…



そんな訳で皆さん、こんにちは。


都会は怖いトコだなぁ、と戦々恐々とするバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


やっぱ、酒場放浪記観ながら自宅で一杯ヤルのが一番平和だとオモイマス。





さて。
DSC08910.jpg
海浜幕張駅。


甥っ子兄弟怪獣(ガロン&リットル)が来襲したので、じゃあ、ちょっくら遠出すんべぇか、と。


DSC08911.jpg
パ。



チビッ子も、いい歳したヲトナも大興奮 !!
DSC08912-1.jpg
恐竜展の会場に到着 !!


「巨大恐竜、日本初公開 !! 」なんて挑発されたからには、応えねばなるまい !!


要は、兄弟怪獣をダシにして、我杯が喜んで出掛けたっつーハナシ
(↑ 毎度のことですが…笑)



怪獣の次は恐竜だ !!



会場入り
DSC08913.jpg
予想通りの混雑ぶり

…だが、会場自体が広大なので、さほどキュークツ感はなく


そこかしこに展示される標本。
DSC08918.jpg
…アタシャ「ジュラシックパーク」とか観て疑問に思うんですが。


この「プテラノドン」って、ホントに自力で空飛べてたんだろうか、と。


自身で羽ばたいて空飛ぶには、身体の線が細すぎるような?


…実際、自力飛行ではなく、空を滑空していただけかもしれない、という考察もあるようデス。



鎧竜・アンキロサウルス。
DSC08927_20170928212738492.jpg
全身がコレデモカ、に堅いウロコで覆われていたらしい。



それにしても。


言葉の響きがカッコイイですわね !!


「鎧竜・アンキロサウルス」 !!


しかも、尾の先がハンマー状になっていて、これを振り回して身を守った、という説があり。




…もう、タマランですな !!





皆さんも、よく御存知(の筈)、
DSC08939_201709282127413bc.jpg
ステゴサウルス 様


尾の先に4本の角が生えてるのよね


ほら、来た !!
DSC08945_20170928212743cf5.jpg
アロサウルス 様 !!



全長約8m。

巨大な牙で獲物を仕留める!


…こんなヤツラと同じ時代に生まれなくて良かった…。


つくづく実感した我杯である…






恐竜の「花形」と申さば、ティラノサウルス・T-REX だと思うんですが。



これ、コチラをご覧下さい
DSC08946_201709282127444eb.jpg
尻尾の先…。


欠落しとるんですよ。


何と。


学者3の考察に因れば、


共喰いのダメージで、尾を食いちぎられたのでは内科、という。




恐竜時代の覇王・T-REX が、食に困窮していたとは… !!




さて、これこそが今回の展示のウリ !!
DSC08925.jpg
ルヤンゴサウルス 様


…の復元骨格 !!



とにかく、デカい !!



全高14m、全長(何と)38m !!


コンバトラーVよりは小さいものの、かように巨大な生物がかつて地上を闊歩していたとは… !!






千葉幕張「ギガ恐竜展」に行って来たよ~ NO/2 - Spherical Image - RICOH THETA
甥っ子怪獣達には、ただのデカイ骨としか伝わらなかったみたいだが…





こうして、我々の眼前に詳らかにされてきた太古の恐竜たちの姿ではあるが。



ウチら世代(以上)の認識では、恐竜たちは直立二足歩行、ゴジラのようなイメージだったんどすぇ。
(はんなり)



それが、実はかなりの前傾姿勢で、闊歩していたというし。


または。


まさか、恐竜たちが、
DSC08936_20170928212740ca2.jpg
全身が羽毛に覆われていた、という説が(今や)有力だとは…。


ヘタすりゃあ、独自の言語・伝達様式を確立していたらしく。


こうなると、ただのデカいトカゲではなかった !!



そう !!


爬虫人類



…だったのでは !?



爬虫人類


我々・人類が地球上に現れる有史以前に、地上を支配していたという種族。


その名の通り、爬虫類の人類である(← ???)
gool_02.jpg
帝王・ゴール(↑)を筆頭に地上を席捲していたが、宇宙より降り注いだ生命進化を促すゲッター線によって地下・深部に追いやられてしまう。

そして、そのゲッター線によって進化・台頭した哺乳類=人類を憎み、地上侵攻、及び爬虫人類の再興を目論む… !!



はい、スイマセン
(↑ アニメ大好き)



ただですね。



こ~やって、少しづつ太古のミステリーが紐解かれ、解明されていくのは、知的欲求の充足に他ならない。



御覧下せぇ。

…アタシャ、本当にタイムマシンが欲しい。


遥か太古の時代に想いを馳せる…。


実際に、彼等「恐竜たち」の姿を目の当たりにしてみたいものだ !!



太古のロマンに想いを満たした我杯と甥っ子怪獣たち。


気付けば腹がグーグー鳴りっ放しだったので、
DSC08954-1.jpg
ファミレスで ぱんぱ~い


…この時、ウェイトレス 3 が女優の 波留 様 似だったので、声をかけたら甥っ子怪獣ドモに、


「やめてよ~ !! 恥ずかしいなぁ !! 」




…怒られた…


…今は分かるまい。



淑女に賛辞を述べることこそが紳士の使命であることに… !!





今回のスポンサーである我杯に辛辣な言葉を浴びせる割には、
DSC08955.jpg
いいモン食べとったやんけ… !!

今から思うと

不思議な、奇妙な体験を不意に思い出したので書き出してしまう。



我杯がヲバカの片鱗を発揮し始めた小学校低学年頃のヲハナシ。


クラスで何かの係だか、クラブ活動だか。


参加したい、やりたいシトは手を挙げて。


希望者が重複した時は「じゃんけん」で決めましょう、なんてなことがあった。

で、我杯が挙手した事柄に希望者が重複し、じゃんけん大会と相成った。

(↑ 相手は一人だったが)


さて、何の手を出そうか…。


我杯が画策しとったら、その時、クラスメートだった フジキ君 が、ふっ、と席を立ったかと思うと、我杯に耳打ちしてきた。



フジキ君。


我杯よりは確かにヲツムが良かったような印象があり。

とは言え、普通に一緒に遊んでた記憶もあるヲトモダチ、な記憶。


そんな フジキ君が我杯の耳元で、


「次の手、グー(だったかパーだったかチョキだったか)を出してごらん」


…と、囁いた。


急に何だろう。



不思議に思いながらも、我杯は彼の進言のまま手を出してみた。



すると、その勝負に我杯は勝った。


だが、その役割決めは(確か)3回勝負だったので、我杯はもう1回の勝利が必要だった。


すると、フジキ君は再び我杯に耳打ち。


次の手を言われるままに出すと…。


何と、また勝った !!



こうして我杯は希望の係だか、クラブ活動に参加出来た。
(↑ 相手は物凄く嫌な顔をしていたが)




…のだが。



何故、フジキ君はこの時の趨勢を確実に予測、

否、的中出来たのだろうか…?



相手の顔に描いてあった訳もなく。



勿論、我杯は

「何で、(次の手が)わかったの !? 」


…と、フジキ君に尋ねたのだが、彼は、


「エヘヘ


…と笑うだけだった。



今から思うと、本当に不思議で仕方がない。



アレ、何だったんだろう


今となっては知る由もないが。


うん。


ちょっと思い出したので。

羅生門 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

皆さん、一大事ですYO !!



我々の母なる星・地球に「惑星ニビル」が大接近 !!
wir1709230001-p1.jpg
衝突、若しくは重力の影響による変動によって、人類は死滅しちゃうそうです !!


ウルトラマンも、マジンガーZも、宇宙戦艦ヤマトもこの脅威を食い止めることは無理ップ !!



大変、大変 !!





そして、その X-Day は、2017年9月23日 !!


うア。

もう、時間が無ェェェ~ !!



…って、もう過ぎちゃったし…笑


昔っから、「世界の終末」とか、「人類滅亡 !! 」のような類のデマは絶えることなく出てくるけども。
(↑ デタラメゴシップが大好きな酒場逃亡記)




いつも思うのだが。


「こんな戯言を流布して、誰が得をするノカ 


…まあ、我々がよく知るトコロからはノストラダムスのキョーフのダイヲー騒ぎがあるワケでして。


何の為に有り得ない話を撒き散らすのだろう?



とか言いながら、「TOCANA」とか覗いてる我杯ですが…笑


※…TOCANA

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心(嗤)を刺激するニュースを配信するサイト。





…でも、アレかな?
 
150c14054b2cd7f65c5f9a693a9572ed.jpg
このブサイクが、今のトコ世界の終末の始まりを担ってるのかな?





そんな訳で皆さん、こんにちわ。


最近、胃カメラを呑んでガン泣きさせられたバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


我杯の胃腸は、とても綺麗なピンク色でした



さて。

埼玉帝國は川口の聖地「松ちゃん」での宴席を堪能した我杯、 KTJM兄さん 、 ケムラー先輩 の三匹。


次なる一軒を求めて照準を定め潜伏したるは、やはり北浦和の聖地「鳴子」
DSC08538.jpg
なるご。


この数日前に「ヲんな酒場放浪記」にて、 万波 奈穂 様 が訪れていたのである。


旬な一軒、潜伏せねばなるまい !!



バカモノ・ブログ的には何度かヲじゃ魔女させて頂いていたが、 KTJM兄さん 、 ケムラー先輩 は初潜伏



それでは皆の衆、
DSC08896.jpg
ぱんか~い !!


さて、早速に、
DSC08897_201709231725361ad.jpg
一杯とともに供されたヲ通しで杯の傾けを愉しむ


我等が 吉田類 先生 の色紙とともに、
DSC08898_20170923172537a79.jpg
万サマ の色紙も。

ヲイラも直筆色紙、貰ったもんね~


鳴子特製、
DSC08900_201709231725293c1.jpg
湯葉春巻


…の歯応えが、口中にて心地好い旋律を奏でる。




これがウマイ !!
DSC08899_2017092317253999b.jpg
揚げだし豆腐


…は、マスト・ヲーダーの一品 !!


「鳴子 3 」、一皿一皿の味がとても優しく、丁寧 !!




2度目の番組紹介、ヲメデトウございます。



マスターは我々の祝辞を歓迎して下さった。


ならば !!
DSC08901.jpg
祝杯 !!



「もっともっと、若いヲ客 3 に、居酒屋の魅力を知ってもらいたいねぇ」


色々とヲ話をして下さったマスター 3 。


よしゃ !!


居酒屋の魅力、その情報発信はこの酒場逃亡記にヲ任せ下さい !!
(↑ ほぼほぼヲバカな内容ですが)


鳴子 全景。
北浦和「鳴子」 ゆっくり和やかに呑める店 !! - Spherical Image - RICOH THETA
今宵も楽しい一席でした !!


「鳴子 3 」の一員になれた瞬間…



タケナワ
DSC08903.jpg
北浦和という立地に、慎ましやかに暖簾を掲げる鳴子 3 。

 KTJM兄さん 、 ケムラー先輩 、大変にこのヲ店の魅力を堪能して頂けたようで


この上ない満足を得られた一時…




実は。


「ヲんな酒場放浪記」にて、万サマは「鳴子 3 」と連続で浦和近辺のヲ店を放浪されとった。


もう一軒は南浦和の聖地、
DSC08893_201709231725339ef.jpg
三代目 とも


…だったのだが、我々が訪れた時は生憎の満席

撤収を余儀なくされていた。




しかし、この日の我々の談義は、この収録にて 万サマ がヲ召しになられていた衣装が、
DSC08983.jpg
「どこかでひん剥かれたのでは !? 」

…と思わせる程に実にダイターン3だった事に集中していたのだった。
(((笑)))



中々に侮れない、埼玉帝國の酒場巡り。



この魅力を全て掘り尽くすまで !!


酒場逃亡記は例え胃に大穴が開くとも、死ヌことは赦されヌと覚える也 !!

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login