酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


腹一杯(ゲフー) ~ さいたま新都心 ・Keyaki Beer Festival 2018 ~

いつもヲ世話になってヲります。


今年も先ずは速報1位に大満足だったバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


さてさて。
DSC00327_20180612214034667.jpg
…っとくりゃあ、

DSC00328_20180612214034f1c.jpg
映画鑑賞ですよ。



ぃやぁっと !!



我杯の観たかった展開になってきてくれますた !!

「えぇど、えぇど !! やれやれぃっ !!

…みたいな



…果たして、アナタは…。


愛する存在「1人」の命と引き換えに、全人類を死に追いやれますか…?



初めて面白かった「2202」の余韻を味わいながら、新都心をフラついていたら、


ヲヲ… !!
DSC00329_20180612214033b0c.jpg
素晴らしい !!

全国のクラフトビール・イベントやってましたよ !!



ご覧ください、このシト、シト、シト… !!
DSC00334_20180612214036443.jpg

全員、早々からビール呑んでる変なシト達 !!

DSC00330.jpg

認めたくないものだな… !!
DSC00331_20180612214039b29.jpg
我杯抜きに盛り上がる飲酒イベントなどとは… !!

https://theta360.com/s/dEUPC5seiAEVf7PIbojtFxTs4

会場内、選び切れない数の出店 !!
(当日の出店数は69店でした)
DSC00332_20180612214043717.jpg


DSC00333_20180612214045a3f.jpg
御当地ヲツマミも多数…。


多過ぎて、総ての「旨味」を網羅出来ないジレンマ !!



それでは…



見せてもらヲうか !!
シャア
地ビールの独特の味わいとやらを !!




そんな中で我杯は、
DSC00335.jpg
山口県の地ビールブースに漂着

DSC00336.jpg
呑み比べセット(¥1000)プラス、ブース推しの『栗ビール🌰』(← 真ん中の )と、

フグ・フリット(← フグの唐揚げ)をヲ供に。


早速に胃袋へ…。





…。




美味い !!





ビールは苦けりゃあ、それでいい。




そう考えていた時期が、ボクにもありました…。





実は違っていたんですな。



https://theta360.com/s/iAMtwguEfsc9eVSGhC4Uv0mtY


楽しいですな !!


栗の風味や、柚子、生姜、その他様々な風味をビールに感じるとは !!


風味の違いを楽しむのを専ら日本酒に求めていますたが。


これからは地ビールも視野に入れて…いや、胃袋に入れねばなるまい !!



そんなアシモトの前提をいい意味で覆し。


我杯は次の『席』を求めて彷徨うのだが…。



これは次回の講釈で。


旅はまだまだ続きます…







tbc.jpg

どうしろ、と !?

またもや、

dai-hihou.jpg
週刊新潮なるゴシップ誌が、それはそれは大々的に、


食べてはいけない国産食品・調味料 実名リスト


…なる記事を報じた。



食せば、

心臓疾患、癌、糖尿病、うつ病、アルツハイマー病、不妊、流産、etc…

…に罹患する恐れがある成分がコレデモカに含まれているという。


我杯はこの記事に目を通し、愕然…。




リストに羅列されていた品名、そのほぼほぼが我杯の大好物やら、常備品やらで…




世界的に見ても、健康を害すると認定されている「有害物質」に、規制が殆ど皆無なのは日本だけなんだと !!


何故か !?


食品包装の裏に記載されている原材料名一覧に、その有害物質の記載の「義務」がないこと。

その使用量、配合比率はメーカー任せであり、国は具体的な対策に乗り出していないこと。


何より、メーカー側の言い分として、

「ソレを使用すれば、食感、風味の向上が図れるから」

…だということ… !!





鉄鋼、自動車生産業界で捏造、改竄が横行している昨今…。


食品業界にだって消費者をナイガシロにしている部分があったって、不思議じゃあ、ないワケだ。



世の中には、キケンな食べ物がいっぱい !!


健康が気になる方は、『週刊新潮 食べてはいけない』で検索してみては?


二度と「矢間裂きパン」なんか口に出来なくなりますぜ !!




無害ながらも味気の無い食生活で生き永らえるか。

有害な美味にて満足を得て、短命に終わるか…。


果たしてアタシャ、
DSC09108.jpg
ロールちゃん無しの人生を送れるのだろうか !? …

来たのは誰だ ~ 川崎・はいさいFESTA → 大宮・いづみや ~ Ver.1.01

(いい加減にド~デモイイ、前回までのあらすじ)

川崎市「怪獣酒場」への潜入捜査を敢行した特務隊・S.A.K.E.メンバー。

任務を終え、基地に帰還したが…。


sake-Base-damage.jpg
S.A.K.E.極東地区本部
(↑ 応急処理中)


「キャップ、ただ今戻りました !! 」
waga-hayata.jpg
S.A.K.E. 我ハヤタ隊員(我杯)


「あ、我ハヤタ隊員、ヲ疲れさん !! 」
ikoi-yuihan.jpg
極東地区本部 キャップ リクヤマ ユイ

「どう? 基地のオモテ、見はった?

壊されたトコ、取り敢えず応急処置は完了したんよ?」

(↑ 壊したシト)


「…それにしてもバンソーコーとは、随分と有機的な処置ですね… 」


「何だってツバ付けとけば治るやんか。

それよかどうやった? 今回の調査?」

(↑ 昭和時代の考え方)


「…
gzgz

…あ、ええ、今回の調査も実に困難な任務になりました。

最強のウルトラ怪獣・ゼットンの出現はやはり大きな脅威でした !!

何とか怪獣達の追撃を逃れ、川崎市内に戻った我々でしたが、

…何と !!

こんな案内がそこかしこに…。

これは一体、ナジャラホイ

そう思った我々は、その案内に従って歩を進め、賑やかな一角に辿り着きました。


沖縄県の物産イベント会場だったんですね !!
https://theta360.com/s/t5bzcv4rGozyZAAPifwjEno7I
何ともイイ感じですね !!


解放感溢れる野外での一杯もまた格別ですよ !!
DSC00284_2018060519552652c.jpg

DSC00285_20180605195528383.jpg
ヲリヲンビールも勿論ですが、

沖縄といえば、やはり泡盛 !!
DSC00283_20180605195525c1b.jpg
色々と呑んでみましたが、

これが大変に美味しかったですね !!
DSC00286_201806051955290f6.jpg
残波(ざんぱ)
(沖縄県・(有)比嘉酒造)


専ら日本酒のワタシですが、泡盛もなかなかいいですね !!

気に入ってしまいましたよ、残波 !! 」


「ザンパ24」


「…え? 今、何か言いました?」


「あ…なんもない


「…

で、ツマミもヲキナワっぽいものいくつか頂戴しますた
DSC00287.jpg
何か、妙にフワフワしたイカの燻製みたいなのとか、


DSC00288_2018060519553208e.jpg
紫芋のコロッケですとか。

甘くて美味しかったですよ」


「ウチ、紫色大好きや
(↑ 本当)





「こうして我々は川崎を離れたのですが、
DSC00291.jpg


もちろん、タダで帰りません
DSC00292_20180605195517234.jpg
帰途の車中、ヲトナのヨユーでグリーン車宴会を大開催🍻


で、流れ流れて埼玉帝國・大宮に到着したんですが…。
DSC00300_201806051955385ae.jpg
ここでハプニング !!

タッキー隊員が行方不明になってしまったんですよ。


連絡もつかず、ベーハラ隊員とワタシは定番の「いづみや 3 」に潜伏。
DSC00295_20180605195519134.jpg



DSC00296_20180605195520edd.jpg



DSC00297_201806051955229c9.jpg
そーいや、ベーハラ隊員とこのヲ店に潜り込むのはヲ初だったんですが、

ベーハラ隊員、いたくこの店内の雰囲気を気に入ったみたいでした。

案内して良かった…と思ったんですが…」


「…『
ですが』…? 何か、あったん?」


「ええ、臨席で居合わせた先客 3 なんですが。
DSC00294_201806051955175f1.jpg
我々が着席するなり、明るく話しかけてきて話も盛り上がったんですが…


なんせ、一人で話しきり !!

酒場慣れした我々でも流石に辟易するレベルのマシンガンでした…

世の中には変わったシトもいるもんです…」


「変わったシト…?
DSC00299_2018061221090826d.jpg
とある武道 の ネ申谷 3 みたいな感じ?」



「わあ、何てコト言うんですか
…笑 💦
DSC00298_20180605195523199.jpg
タッキー隊員と逸れてしまったのは実に残念でしたが、今回の調査は実に充実した内容になりました !!


…ですが、そのタッキー隊員の調査によると、またもや近日中に怪獣が出現するようです。

再度、調査に赴く必要があるようです !!

以上、今回の調査報告です !! 」


「了解 !!
ikoi-yuihan.jpg
今回もヲ疲れさんでした。

…って、何で報告は我ハヤタ隊員だけなん?

ベーハラ隊員はどうしたん?」


「浦和レッズの応援に行っちゃいました⚽」


「何やってはるの。
(# ゚Д゚)ゴルァ !!





…あ… !! 」




「…どうしたんですか?」




「アカン…」




「何がですか?」





「アカン… !!
gennnari-yuihan.jpg
…『ヲチ』が無いで…」


「ヲチ… !?
waga-hayata.jpg
ははは、キャップ。

そんなの、無理に取って付けることないじゃあ、ないですか !!」


「甘いで、我ハヤタ隊員…。

ここを御覧の皆さんは、常にウチラに納得のいく結末をヲ求めになられとるんや。

ヲチの無いバカモノ・ブログなんか、ジュリナのいない48グループみたいなモンや」



「ずり坊のいる・いないは、ワタシは別に構わないんですが」


「ファンに殺されるで。




…。



しゃあない…これしかないな…」

self-expl.jpg
ニュイーン💨



「キャップ…。

床から何か出てきましたが?」




「…。
normal-yuihan.jpg
自爆装置や。

ヲチがつけられへんなら、自爆して視聴者の皆さんにヲ詫びするしかあらへんやろ」



「自爆装置…ッッッ !?
waga-hayata.jpg
ま、待って下さい、キャップ !! 💦

そんなことしなくたって、『それでは皆さん、また来週~ !! 』でいいじゃあ、ないですか !! 」


「甘いで。

イーカゲンなシメは炎上の元や。


認証識別コード、y.u.i.h.a.n-k.a.w.a.i.i…


セット・カウントは30秒 !!

これがウチの最後の決め手やで、我ハヤタ隊員」




(25,24,23…)


「ちょ、ちょっと、キャップ !!

自爆の手続きと、自分バンザイ🙌な識別コードは止めて下さい !! 」



(18,17,16…)


「このしょうもないバカモノ・ブログにヲ付き合いいただきまして、ヲヲきに !!
yuiham.jpg
また、見とくれやす ♬

ほな、さいなら~



(4、3、2…)

「ちょ、キャップ !! 締めないで !! 💦💦💦」

(1、0… !! )
w-hayata-white.jpg
「…ああ…」



sake-base-dokoo.jpg
かくして、世界と酒場の平和は守られていくのであった…。





それでは皆さん、また来週~ !!


焼酎殿下 ~ 川崎・怪獣酒場 ~ 後篇

(またまたドーデモな前回までのあらすじ)

凶悪な怪獣・宇宙人が集結するという「怪獣酒場」。

潜入捜査を敢行した特務隊 S.A.K.E.メンバーの前に現れた巨影の正体とは !?



ゆっくりと、そして力強く店内を徘徊する黒い影…。

各方面から集結した防衛隊員のスマホ撮影攻撃をものともしない !!


そして、遂に我々S.A.K.E.メンバーのいた小部屋にも侵攻してきた !!


その巨体の正体こそ !!


かつて、ウルトラマンを撃ち斃した !!



ウルトラ怪獣最強の名を冠する !!
Zn.jpg
身長…60m 体重…3万t

怪力、テレポーテーション能力、電磁バリア、そして、口から撃ち出される一兆度の火の玉…。

ウルトラマンの攻撃を悉く弾き返した、最強にして最凶の存在。


※…しかし、各ウルトラ物語にはそれぞれのウルトラ戦士を撃ち斃した怪獣・宇宙人は存在する。

だが、やはり何事も最初のインパクトは重大かつ、絶大であり、

現在も続くウルトラ物語にも圧倒的な存在感でゼットンは出現し続けている。


※…名前の由来は、

「ウルトラマンの最終話に登場する怪獣だから、名前に使う文字も最後の『Z』と『ン』にしよう」

…という経緯があったという。


なので正直に表記すると「Zン」と、入力ミスみたいな文字面になる。


※…ゼットンの代名詞である「一兆度の火の玉」。


この「一兆度」というエネルギーの存在自体には今だ諸説紛々あるが、もし、この火の玉が実際に放たれると…。

その莫大なエネルギーと同時に発生する『γ(ガンマ)線バースト』という放射線現象によって、半径200光年内にある生命体は絶滅するという恐ろしい論考がある…怖




チビッ子を見下ろすゼットン。
Zn-back1.jpg
…何だか、叱られているみたいだぞ…笑


いよいよ、隣卓にまで侵攻してきた !!
Zn2.jpg
その卓のチビッ子を洗脳し、破壊光線発射の構えに導いていた !!


何と !!
DSC00210.jpg
チビッ子の卓上では、「かつての戦い」が再現されていた !!

後ろにはナックル星人、ヒッポリト星人が待ち受けている、ウルトラマンにとっては限りなく不利な状況だ !!

頑張れ !! 負けるな、ウルトラマン !!



そして、遂に我々のいる卓に押し寄せてきた、ゼットンの脅威 !!
https://theta360.com/s/cDeanUporWx5NaDr6bbwtjjng
スマホ撮影攻撃で必死に応戦するタッキー、ベーハラ両隊員だったが…。



うわあああーっ !!
Zn3-1-1.jpg
かつて、ウルトラマンを斃した光線が放たれ、我々は完全敗北を喫してしまった…。


せめて、基地に帰還するまでのエネルギーを補給しなくては… !!
DSC00273_201806031739493a0.jpg
幻覚宇宙人メトロン星人のメトロン・サンライズ

この一杯は、我ハヤタ隊員(我杯)の頭を惑わす甘美かつ、危険なシロモノだった… !!



やはり、地球侵略を狙う者たちは圧倒的な脅威でもって迫ってくる !!


更に、我々の滞在可能時間の終了を告げるカラータイマーが点滅し始めてしまった。



ここはやむを得ず撤退…。


しかし、追撃を仕掛けてきた恐るべき存在が !!


古代怪獣 !!
gomora.jpg
ゴモラ !!


正統中の正統怪獣が出現 !!


やむを得ず、我杯は巨大化してゴモラと対峙したが…。
gomora-vs-wore1.jpg
変身し忘れた


しまった !!
gomora-vs-wore.jpg
極太尻尾攻撃により、我杯は痛恨の一撃を受けてしまった !!
 


正面向き合うと、本当に威圧された…。




撤退する我々を、ゼットンが見下す…。
DSC00275_20180603173951cc9.jpg

その足元には、
DSC00276_20180603173953c4f.jpg
ゼットンを操るゼットン星人が佇む。

ケムール人との区別が難しいぞ。


「逃ゲルノカ、ニンゲン共メ !! 」
DSC00277_201806031739548f3.jpg
ジャミラの嘲笑を背に、我々は退却を余儀なくされたのだった…。


しかし !!
DSC00279_2018060317395615a.jpg
地球の平和を守らんとする、多くの勇者たちがヲ店の外で数多く待機していた !!


後は任せたぞ !!



やはり、一筋縄ではいかぬ怪獣酒場。
DSC00274_20180603173949e81.jpg
果たして、このまま地球は彼らに侵略されてしまうノカ…。



ダダが我々を嘲る。
DSC00280_2018060317394847f.jpg
「ハッハッハッ… !! 地球人ドモ !! マタ、来ルガイイ !! 」



しかし、今回の捜査で我々の中でハッキリと判明したことが一つあった。


それは、


「また怪獣酒場に来なくては !! 」


…というものだった。


果たして我々に、強烈な侵略行為に立ち向かう術はあるのだろうか…?



それを見出す為には、あと何度もこの地に訪れなくてはならないようだ。



勝利を掴み取るその日まで !!


負けるな、S.A.K.E.メンバー !!



まだ つづく…。

禁じられた酒場 ~ 川崎・怪獣酒場 ~ 中篇

(ド~デモな前回までのあらすじ)

地球と酒場の平和を守る特務隊・S.A.K.E.


神奈川県川崎市に凶悪宇宙人や怪獣が集結、地球侵略を企てているとの情報をキャッチ !!

様々な?困難を乗り越えて出動したのだが…。



夜な夜な、凶悪宇宙人や怪獣が集結するという、
DSC00172.jpg

怪獣酒場


その謀略の秘密を探るため、S.A.K.E.メンバーの我ハヤタ隊員(我杯)。

先行していた同隊員、タッキー・ベーハラ隊員と共に潜入捜査を開始したのだったが…。


怪獣酒場、その入り口に待ち受けていたのは、棲星怪獣ジャミラ !!


その「真実の口」に手を差し入れ、防衛隊やウルトラ戦士の存在を見極めるという関門である !!

ジャミラの検閲を受ける我々だったが…。
DSC00173_201805261151396d2.jpg
どちらかと言えば怪獣寄りな存在のベーハラ隊員。

仲間だと思われたようだ !!
難無くクリア !! …
…笑


三面怪人・ダダに洗脳された店員 3 に、とある小部屋に通された我々。
DSC00174_201805261151414ee.jpg
そこには既に、極悪宇宙人・テンペラー星人、そして暗黒宇宙人・ババルウ星人が待ち受けていた !!

どちらも、ウルトラ兄弟を苦しめた強豪宇宙人だ !!


ここはヲ酒を呑み、我々の正体を隠す(無くす?)しかあるまい !!
DSC00180_20180526115133278.jpg
ここで我ハヤタ隊員(我杯)は、イキナシ高ALC度数の「ベロンベロン・ボンバー」をヲーダー、勢いをつける。



さあ、調査開始だ !!
DSC00179_20180526115132f69.jpg
ウルトラ・タァァァーッチ !!


さっそく我々の卓上に届けられたのは、
DSC00182_20180526115136f10.jpg
炙り〆鯖


…怪獣酒場にしてはしヴいヲーダーではあるが…。


実は、この炙り方の危険度が高かった !!


グヲヲヲヲヲーッ !!
DSC00181_201805261151352e6.jpg
火山怪鳥バードンの発する高熱火炎放射が〆鯖の表面を焼き尽くす !!



酔い子のウルトラ怪獣ヲール百科


birdon.jpg
火山怪鳥バードン

身長:62m 体重:3万3千t 出身地:大熊山

『大熊山火口に3千年以上も眠っていたが、突然の噴火により覚醒。

怪獣ケムジラを主食とするが、ニンゲンを食べることもある。

マッハ10で飛行し、口から火を吐く。

クチバシは強力な武器で、ウルトラマンタロウとゾフィーを一突きで倒してしまった』

(小学館刊:ウルトラ怪獣全百科より抜粋)


ウルトラマンタロウ、そして、ウルトラ兄弟長兄・ゾフィーを圧倒的な力で惨殺した、屈指の強豪怪獣。


タロウをその鋭い嘴の攻撃で血みどろに刺殺。

ゾフィーはそれに加えて口からの火炎放射で火だるまに。
(↑ 『一突き』とあるが、実際にはメッタ刺し)


同時に出現した食葉怪獣ケムジラの四肢を食い千切り、目玉を抉り取り、食い殺す。

更にはマンモス団地を急襲、その住民全てを老若男女問わずに貪り喰う…。



当時視聴していたモノゴコロな我々に、本物の恐怖を植え付けてくれた類稀なる凶悪怪獣。


強豪怪獣は総じてウルトラファンに人気があるが、このバードンはその凶暴さがダダ目立ち。


シルバーブルーメと並んでのトラウマ…



バードンの火炎放射に圧倒される我々 !!


更に新たな怪獣が襲い掛かってきた !!
DSC00183_201805261151384f7.jpg
グドンの大好物「ツインテール」の味にそっくりな海老。
大海老2尾を生ベーコンで巻いたジャンボエビフライです。ボリュームがある1品。
(怪獣酒場・川崎店HPより)


流行りの表現だと、「映える」一皿…。

否、怪獣である !!
(↑ 料理自体は本当に美味しい)






店内は、多数の侵略者で占拠されている !!
DSC00175_20180526115142695.jpg
壁に掲示されていた怪獣・宇宙人のパネル。

ここで我々内に「怪獣言えるかな?」のコーナーが急遽に勃発。

わんぱく宇宙人 ピッコロ は、魔貫光殺砲を撃ったりしないことが判明した。
(↑ ???)

あと、怪獣・宇宙人の二代目は総じてヘチョい、というのが満場一致の意見



頭上には !!
DSC00176_201805261151448ad.jpg
バルタン星人の円盤が我々の行動を監視する…。

この円盤には20億のバルタン星人が乗り込むことが出来るぞ。
(V)o¥o(V)フォッフォッフォッ...


ベーハラ隊員がカバンの中から取り出したのは、
DSC00177_20180526115145009.jpg
ヲヲ、ゼットンではないか !!

ウルトラマンを斃した最強怪獣。

コイツが出現したらヤバイぞ。

警戒を怠るな !!



注意喚起を自身に促すため、ヲーダーしたペスタービールは、
DSC00178_20180526115147abc.jpg
某黒ラベルにそっくりだ…笑

もちろん中身はヲイルではなく、ビール。



…あっ !!
DSC00186_2018052611514813c.jpg
三面怪人・ダダによって標本にされてしまったニンゲン達だ !!


一刻も早く、彼等を救出しなくては !!



行動を起こそうとした時、店内の様子がおかしい事に気が付いた…。


スモークが立ち込め、レーザーの光芒が飛び交い始めたのだ !!


何か、途轍もなく重大な事が起きようとしている…。


念の為、我杯は店内のパトロールに出た…。



「あっ !!
waga-hayata.jpg
…あ、あれは… !! 」



薄暗い店内に、黒い巨体が出現 !!
DSC00196_201805261151500bf.jpg
こ、この姿は… !!



愕然とする我々を尻目に、黒い巨体はゆっくりと店内を突き進み始めたのだった !!



果たして、この黒い影の正体は !?

我々S.A.K.E.メンバーの命運は如何に !?




またもや、つづく !!


もちろん、期待しちゃいけない !!

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login