酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


呑み師の功罪 ~ 北千住・魚料理 星丸くん ~


さてさて。

恵比寿の地にて散々に呑み散らかした「とある武道」の猛者連中。


ヲ互いの帰途、その最大公約数の地である、
DSC06140.jpg
北千住駅へと流れ着く


カヲスな西口・呑み屋街へ突入。

ヒサブリに訪れたが、相変らず雑多な場所だワイ。


…つか、足立区そのものが雑多 !!


23区内で1、2位を争うんじゃあ、ないか !?
dgsrg.jpg


この西口・呑兵衛通り、もはや、空気にAlc.が含有されとるワイ


そんな通りを歩く事5分ほど。


やがて漂着したるは、
DSC06142.jpg

魚料理 星丸くん





『星丸くん』と聞いて、


808379i.jpg
コッチ連想したら歳がバレる…笑



何でもコチラは「とある武道」の呑み会で使用されたことがあるようで。


我等が若先生(← 長身、超絶イケメン、足のサイズと地声がデカイ)御用達の一軒らしい。
DSC06150.jpg
『新潟の地酒』『ヲすすめ品』の表記に魂を揺さぶられる…


店内奥の座敷席に通された我々、
DSC06143.jpg
何度目の ぱんぱい か


『新潟の地酒』なんて謳われたら黙っていられない。

我杯はこの日、満を持しての日本酒『〆張鶴』を頂戴する。
(↑ ぃやっほうっ)


コレが美味しかった !!
DSC06145.jpg
栃尾の油揚げ焼き



その名の通り、
DSC06146.jpg
油揚げを焼いた一皿なのだが、こーいったシンプルなモノこそ


…つか、 タッキー 3 が厚揚げやら、油揚げやら好物らしくてですな。


きっと、このシトの前世はヲ稲荷 3 だったにちまいない
(↑ ははは)



すっかり出来上がった我々
DSC06149-1.jpg
杯、チーズ



…んんんっ !?



今、この時になって思い出したのだが、このヲ店の売りである


魚料理


…を、口にしていない !!



jojo
日本酒呑むなら、魚じゃろうがっ !!



外しちまった…勿体無い…




…なんて、言っても仕方ない。


このヲ店に潜伏した時点で「完成」してたから…



こらまた、次回にリベンジ…




帰途、呑兵衛通りを再び。
DSC06152.jpg
いつの間にか 一気 3 と逸れてしまっていた。


…本当はシッカリ「またね~したのを、我杯が覚えてなかっただけかも…凹



さあ、地球(自宅)に還ろう…
DSC06154.jpg
…って、ヲヤヲヤ !?


何故に掲げるストロングッド !?




帰りのスペーシアにて、
DSC06156.jpg
トドメの一席 !!
((((笑))))



今回、実に充実した愉しい時間を過ごせたのは、気心知れた仲間があったればこそ。



…だが、知れ過ぎちゃって、何時までも「傾ける」のは如何なものか…。





こんな我々の為に一句。




片時も 決して放せヌ アルコール



呑兵衛。



それは自重出来ない悲しき存在…。

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login