酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


珍怪魚を食べてみよう

いつもヲ世話になってヲります。


今まで、数々の愚行・珍道中を曝け出してきたバカモノ・ブログ・酒場逃亡記でありますが…。


この度 !!


史上、最も奇妙なイベントに参加して参りましたので、報告申し上げます !!


gogogogogo.gif
 DSC08027.jpg
池袋駅ッ !!

東京都豊島区に存在する、JR東日本、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロが集約する駅ッ !!


因みに、この北口より徒歩1分のトコには、池袋演芸場ッ !!

我杯の旧知の噺家、金原亭 龍馬 師匠 がチョコチョコ出演されてるので、ヲ立寄りの際はZEHI !!



…そしてッ !!


今回、我杯が池袋に降臨せしは、


珍怪魚を食べてみようッ !!


…なんてなイベントがあったが故ッ !!



普段、ヲ目にかかることのないヲサカナ 3 達を食してみよう !!


そんなイベントを知ってしまったからには、看過不可能ッ !!


即座に出撃ッ !!

両舷強速、黒二十ッ !!



北口出口から徒歩数分、
DSC08064.jpg
今回の会場。


現場に到着すると、既に数多くの「同好の士」が路上に。


すぐさま、スタッフのシトが、

「ヲ待たせしました~ !!

『珍怪魚』の方はコチラに並んで下さ~い !! 」



…我々は珍怪魚のシトではない…笑


半地下の店内に入り、チェックを済ませると、今回のメヌーが。
DSC08029.jpg
…ぐぬぬ…


どれもこれも、今まで見た事も聞いたことも無いヲ品書きばかり…。



そして、そのヲ品書きの脇には、
DSC08028.jpg
…な、何か、いる…

DSC08037.jpg
アブラボウズ 様 。

DSC08035.jpg
ゲホウ 様 (右)と、ギンザメ 様 。


そして、このイベントのアイドル的存在である、
DSC08036.jpg
ウツボ 様 …。



うわわ…


そう。

彼らこそ、今回のイベントの『主役達』


しっ、しかし…っ !!




だが、期待度は急上昇 !!
agagagagagag
DSC08034.jpg
会場内、適当なスペースを確保、陣取る。


今回の共犯者は、イソップ君


御仁、

チョイと脇道へ外れたジャンルに造詣が深い


我杯のよき理解者。
…笑


先ずは食前酒。
DSC08039.jpg
ぱんぱ~い


今回、嬉しいのは、
DSC08040.jpg
ヲ酒はあるだけ呑み放題。



それでは、ビュッフェ・スタイルで供される料理を見てみよう !!
DSC08031.jpg
ウツボのたたきサラダ…。


まさかのヲ頭付き !!



さっそくに箸を運ぶ。
DSC08049.jpg
…うヲっ !?


初めての食感 !!


強いて申さば、コンビニで売ってるような、安っちぃ鰻重の、

ゴムのような歯応え?みたいな?


しかし、身と皮の間にふんだんに含まれているプルプルの部位が !!


美味い !!



何でも、女性が摂取してウレシイ成分だそうだ。



DSC08032.jpg
ミシマヲコゼのカルパッチョ…。


…やはり、ヲ頭…。


因みに、このミシマヲコゼ 様 。

海中では砂の中に潜み、獲物をひたすらに待ち構える、というハンティング・スタイル。

砂中でただただ、自身の上側を睨みつけている。


なので、その姿は、
DSC07022.jpg
…かように現れる…


ただ、救いなのは、上部を見つめ続けるその姿から、

Star Gazer (星を見つめる者)

…と、ロマンティックな英語名が冠されている点である。


DSC08053.jpg
ギンザメのラグーと春キャベツのパスタ…。


どこにギンザメ 様 が潜んでいたのか…。

言われなければ、美味しいパスタで終わってしまっていたが…

DSC08047.jpg
ヒヲウギ貝のボイル…。


ホタテと遜色なく。


いや、むしろ、ホタテよりコクがあって、我杯はコチラが好きだ。


イソップ君も、

「今日イチバンの当たりメニューです !! 」

…と、大歓喜。




我杯の当たりメニュー。

DSC08048.jpg
アブラボウズの鍋…。


鍋で薄い味付けで供されていたが。


アブラボウズの身をクチにした途端、口中に迸る、

信じられない量の脂という名の旨味 !!


食感は 銀だら 様 に似ているのだが。


銀だら の旨味を水彩絵の具として例えるのなら !!

コチラのアブラボウズ、それはペンキ級 !!



そして、もう一品の当り皿。
DSC08051.jpg
マグロヒレの塩焼き。


っこれが、また…っ… !!



スーパーとかで、マグロのカマとか売ってると思うんですが。


あんな感じで、骨や皮の間に潜んだ身をこそぎ落として食すんですが。


やはり、脂の量 !!


トンデモな量が、


溢れる、滴る、迸るゥッ !!


周りの方々、手やクチの周りをベタベタにしながらも喰らい付かれていましたわ…笑



DSC08050.jpg
アカマンボウのレアステーキ…。


これが、サカナというよりは、鶏肉のササミとか、胸肉辺りを思わせるような食感。

DSC06998.jpg
アカマンボウ 様 。


さて、今回のイベントの仕掛け人がコチラ、
DSC08042.jpg
HOLIDAY JACK 3 (左)。

6年間かけて世界一周を果たした旅人。

その先々で口にした食材を紹介、シトとシトとの繋がりを拡げていく…。


…といったコンセプトのイベントを開催してる方。



そして、もう一人(右)が、さかな芸人 ハットリ 3


…「サカナ芸人」ってぇと、『ギョギョギョ !! 』のあのシトがいらっさるが。


それでも、『サカナ愛』に満ち溢れる情熱から、サカナ・ネタで頑張る。


更には、
DSC08045.jpg
日本さかな検定(とと検)1級の知識で、今回の『主役たち』の解説を。


…さかな検定なんて、あったんだ…。


トライしてみようかな?



ネタを御披露。
DSC08058.jpg
紙芝居風イラストで展開。

笑いながらサカナを学べるネタで会場を盛り上げる。



一言、面白い !!


余りにもメジャーな先駆者 様 がいらっさるが、コチラもどうして !!




ゴアイサツ申し上げ、
DSC08060-1.jpg
ハットリ 3 、ツカミのポーズで2ショット


門前仲町の居酒屋 3 でバイトしとるとのことなので、今度ヲジャ魔女してみやう。




ラストのトドメ、
DSC08061.jpg
アブラボウズ 様 が、ダメ押しで鍋に追加。


イソップ君、ビールの呑み過ぎで既に腹満杯


ええいっ、軟弱者っ !!



今回、頂戴した深海魚とかって、基本、肉食らしい。


そのせいか、どのサカナも脂の量がスゴかった、てのが我杯の所感。


ビールや日本酒では「洗い流せない」旨味成分…。


濃度高めの芋焼酎でちょうどいい。


…もしかしたら、泡盛なんかがバッチリとハマったかも !?



そろそろ、宴タケナワ。
DSC08063.jpg
とにかく目立った、若い女性。


飾ってあったウツボを手にしてはしゃぐシトとかもいて、何と言うか…


まあ、やはり、若い女性には一言、御礼申し上げたいんですよ。
(↑ )



あ~、面白かった !!


解放は午後15時と早かった。



それでは山返し。
DSC08066.jpg
大宮に降り立った



ならば、
DSC08067.jpg
ココであろう。

DSC08068.jpg
イソップ君とは初潜伏。


ヒサブリの大宮。
DSC08069.jpg
相変らず安定感抜群ですな


息を吹き返した筈のイソップ君だったが、
DSC08072.jpg
ウッカリ口にした梅割焼酎で轟沈。


口当たりの爽やかさに騙されて、焼酎の濃度に気付かなかったらしい…笑


それっぽいメニューをツマみながら、
DSC08070.jpg

DSC08071.jpg
今回は無難な時間にヲ開き



…さあ、いかがでしたでしょうか、今回のイベント報告。



次回はどんな企画に顔を突っ込んでやろうかしら?





…そしたら後日、次回のイベント案内が届いた。


『 珍肉BBQ !!

イノシシ、ウサギ、ダチョウ、ラクダ、カンガルー、そして、ワニ !!

普段、クチに出来ない肉のBBQ大会で盛り上がろう !! 』





…え~と…

海のハンター展 潜伏記 Part 2 『サメちゃん、ネ申指名 !! 』~ 上野・磯丸水産 ~

年末から体調を崩し、咳、鼻詰まりが今もって復調しない…

風邪をひいた訳ではないのだが、何にせよこんな時には「寝薬」である。



なんて早めに床に就くようにしていたら、やはり効果が


「早寝早起き病知らず」てのは本当ですね !!



特に朝の出勤時に余裕を持てるのはいい !!


その空いた時間に録画した「酒場放浪記」とか観ちゃってる我杯。
(↑ 無駄無駄無駄ッ !! )



様々な海洋生物が展示された「海のハンター展」に潜伏した我杯と甥っ子怪獣・アニキ。


いよいよのメイン展示ゾーン。


タイトルにもある、「海のハンター」。



大海洋を悠々と泳ぎ、畏怖される存在… !!



それこそがッ !!





sakura-same-1.jpg
「サメ でぇす ♪ 」
(↑ シャンパンタワー634m)


いよいよのサメ展示には、
DSC07004.jpg
サメがウヨウヨ。
221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif


とりわけHammer Head Shark 、シュモクザメ 様 の異様さが際立つ。




このシュモクザメ 様 の鼻下?、赤囲みの部位、
DSC07003.jpg
ここには他の生き物が体から発する信号のようなもの?を感知する器官があるんだそうだ。


…。


毎回、こーいった展示やらを見て思うのだが、生き物ってのは実に不思議な存在であるな、と。


自身が生きる環境に、その身体の形状や機能を変化適応させて今日に及んだわけであるが。



…もし、原始に於いて発生した「生命」、その根幹が一つのものであり、そこから多種多様に分化していったのであるなら。



我々ニンゲンと他の生き物の「祖」は同じな訳で、それ即ち、持って生まれた物は同じ、とも言えるのでは。


となれば、我々ニンゲンにも、こーいった機能を有した器官が埋もれているのではないだろうか。


現に「尾骶骨」ってーのは、尻尾が退化した名残だというし。


「シトの気配を感じる」なんてのは、このシュモクザメのような器官の名残が働いている証ではないのでは…?




…話を元に



今回のメイン展示、ホホジロザメ 様 の液浸標本 !!
DSC07005.jpg
ずずぅ~ん。


全長3.2mの標本がその威容を現した !!



サメって存在は…
DSC07007.jpg
実に機能美に優れた、美しい存在なのだと気付かされた。


サメの象徴とも言える、毅然と立った背びれ、流れるようなフォルム、堂々とした躯体。



そして何より、
DSC07011.jpg
獲物に喰らい付く !!


その一点に特化した牙 !!


甥っ子怪獣と顔を見合わせて口にした。



「陸上に生まれてよかったネ」


…と。



DSC07014.jpg
サメの歯のヒミツ。



海底に潜むハンターと言えば、
DSC07025.jpg
アンコウ、やね。


…嗚呼、神よ。


何故、アナタはこのような造形を産み出すに至ったノカ…。



しかし、酒呑みの我杯には、このアンコウの展示でさえ鍋の具材にしか見えない…。


ヲヲカミウヲ 様 。
DSC07027.jpg
アタシャ、初めて知りました !!


この恐ろしい形相の正体は、
DSC07028.jpg
顔面全てがゴチゴチのキン肉マンだったからだと !!


獲物に喰らい付き、放さない為に大量の筋肉を搭載するに至ったのだという。



海洋の癒しキャラ、
DSC07030.jpg
マンボウ 様 。


成魚になれば、数mをも越す巨体だが、
DSC07031.jpg
やはり、元は小さな小さな小魚。
(↑ 甥っ子怪獣の手の平と比較)


マンボウの産卵は3億を越す数でなされるそうだ。
(↑ )


だが、成魚になるのはそのほんの一部だそうで、やはり大海洋とは厳しい世界だというのが理解出来る…。






展示の最終章。


海のハンターとは、サメだけではなく、漁業で海原に繰り出すニンゲンも含まれるのだ。



ニンゲンは海からの恵みに感謝しなければならない。




…というメッセージで締め括られた今回の展示だったが、
DSC07035.jpg
ハタ


…なんて高級魚を見せられたら、一度はあり付いてみたいと思う…。



今や、「海の黒いダイヤモンド」と称される、
DSC07034.jpg
クロマグロ 様


…を目の当たりにした。



我杯と甥っ子怪獣の脳裏に、同時に同じ欲求が生じたのはこの時だった。



「ヲ刺身が食べたいね」




そんな訳で会場を後にした我々は、
DSC07059.jpg

磯丸水産


…に辿り着いたのだった…笑



店内は家族連れなども散見され、甥っ子怪獣を連れて潜伏するには問題は無かった…
DSC07046.jpg
…のだが、店内には煙が充満。


それもその筈で、
DSC07048.jpg
酒呑みにはこのようなヲ通しが供され、各テーブルに配されたコンロで自ら網焼き出来るのである。


これは楽しい !!



…と思ったのは我杯だけで、このような居酒屋空気に免疫のない甥っ子怪獣は、この煙に目をヤラれ、
DSC07049.jpg
「ひ~っ


目を開いていられない有様に。




ヲヲ、これは済まなかった



ヲジちゃんは世の汚いものを目の当たりにし過ぎたせいで、これ位じゃ涙も流せなくなってしまったんだよ…



よし、先程の「マグロ欲求」を満たそうでは内科。


甥っ子怪獣には、
DSC07052-1.jpg
マグロ丼をあてがい、機嫌を直してもらう。


我杯は、
DSC07055.jpg
マグロメンチ


…なるものをヲ酒のアテに。



かくして、
DSC07060.jpg
知的、及び食の欲求を満たした我々は、上野の街を後にする。




…そーいや、この時に甥っ子が着用していたTシャツ。
DSC07063.jpg
その有様は、

DSC07062.jpg
山手線の車両のようだったワイ…笑





甥っ子を家に送り届け、さて、これからが「第2の本番」 !!




降り立ったるは、
DSC07065.jpg
北浦和駅ッ !!



この地にて ほっこり、な一時を過ごすのだが、これまた次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…







tbc.jpg

聖地巡礼65 ~ 恵比寿・たつや ~

一体、何だったんだ、コイツ。
台風10号2
台風10號

ウロウロとしたかと思いきや、思い出したように反転、散々に好き勝手やっていきやがった。



…こーゆーの、ニンゲンでもいますわな。


その時は、


「あ、いいよ、いいよ。大丈夫 !!


とスルーしといて、後から思い出したように


「何なんだ、アレ !! 聞いてないぞ !! 」


…とか言ってくるような。


我杯の勤め先にもいるワイ。


「何度も言わせないでくれるかなぁ !? 」


…とゆー指摘を後から初めて言ってくる輩が。


我杯は根っからの「正直者」なモンで、そーゆー時に思わず、


「ふんっ。まぁた好き勝手に言ってらぁ。ばぁか。


…とか、オモテに出しちゃうんですよねぇ…


この世の中、正直者にチャンスの順番は廻って来ないように出来てるから、我杯がセンターに立てる機会は無さそうである。
(↑ ははは)



そんな訳で皆さん、こんにちは。

最近、身辺状況の収拾がつかないバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


ちゃんと寝床で朝を迎えたい…。

真っ直ぐ歩きたい…。

カラヲケに行きたい…。
(↑ ???)


どうしたモンだか、うっすらと「最期」が見えてきたような気がするワイ…



さてさて。


『ヱビスビール記念館』にて、プレミアムな一時を過ごした「とある武道」の呑み師部会。


一杯二杯は呑んだウチに入らない。

「これからが本番だ !! 」と乗り込んだるは、恵比寿駅西口、徒歩1分、
DSC06130.jpg

たつや


…である。


我等が 吉田 類 先生 も御光臨された一軒であるが、そうでなくても大人気の「銘店」


しかも、朝08:00(マルハチマルマル)時から開店してるっつー、タカミヤマ級に嬉しい一軒 !!



今回は地下の店舗に潜伏

店内奥のテーブルに案内された我々。


朝から晩まで営業しているだけあって、店内はほぼ満席状態&わっぜえ(← スゴイ)賑わい !!


ウチらも負けてられへん !!



それでは皆さん、
DSC06123.jpg
ぱんぱ~い !!



因みに、今回の共犯者は実に頼もしかった。


「とある武道」の稽古仲間の中でも、特に「猛者」と呼ばれる方々。


「武里のナックル星人」… タッキー 3

「ニンゲン大吟醸」…盛 3

このバカモノ・ブログはヲ初。大社長…一気 3

紅一点(???)、
「アルコール・プリンセス」…ともちん


…の面々。


このメンバーなら、居酒屋 3 一軒を呑み潰すことが可能 !? …笑



因みに、JRと円谷プロとのコラボでスタンプラリーを開催していたらしいのだが、何故か恵比寿駅で入手出来るスタンプは、
popup_ebisu.jpg
…だった…笑



店内は売りの串焼きの煙が程よく漂い、
DSC06124.jpg
イイ感じで我々も燻される


早速に串焼き盛り合わせをヲーダー
DSC06125.jpg
歯応え満点ナリ


咀嚼し、飲み込むまでに労力を要するレヴェル。


…ところで皆さん。

複数人での一席で「串焼き」をどうやってシェアしますか?


…やはり、具材を串からバラしますか?


…実は、我杯的にはそれ…



認められない


…ヤリ方なんですよ。


一人一本、まるっと派


…でしてな。


いや、だって…。



mrk.jpg
「バラしてもうたら、串刺した意味…あらへんやん !?」
(↑ 酒場逃亡記は さや姉 派)



求む、意見具申 !!




…ヲっと、ここで !!


一気 3 が、ガーデンプレイスでの「美味いビールの注ぎ方」を実践、見事に
DSC06127.jpg
完成させた !!



最初の注ぎをグラスの底面に叩き付けるように勢いよく行い、その泡が落ち着いた頃合を見計らって「二投目」をやんわり、優しく注ぐ…だったかな !?


すると、この画像のようにクリーミーマミな泡立ちを造成出来るのだ !!



やんわり、とした泡立ちを堪能可能なテクではあるが、性急な呑み師には非常にツライ待ち時間。


それは懲役100年の囚人がその刑期終了を待ち侘びる心境に似て。
(↑ 無謀)


胃袋がガンキョーな今回の共犯者の皆さん。
DSC06129.jpg
若鳥のから揚げ


…をツマミながら話題にするは、


「次(ヲ店)、どこにする !? 」



…ヲイ、ヲメーラ !!



呑みながら次の一軒のハナシって、どんだけだよっ !!
(↑ 大歓喜)



ドッシリ系統のヲツマミには、
DSC06126.jpg
やはり、ホッピーは頼もしいヲーダー。



コチラの「たつや 3 」のもう一つの売りが、「三冷ホッピー」


即ち、

ホッピー割り材、焼酎、グラス

…をそれぞれに冷やし、その『相乗』を愉しむ、というものなのだが、ここで盛 3 からクレームが噴出。


「ホッピーはねぇ !!

自身の加減で割って呑むのが美味いんだよ !!


駄ァ目だよ、勝手に
(割って)持って来られたら !! 」
(↑ 憤怒)


…あああ…


ヲ店の「売り」を全否定の盛 3 をなだめつつ、退店…


美味なるヲーダーは他にも数皿あったのだが、我杯がすっかり「出来上がっちゃっていた」ので、未収録…。
(↑ なっとらん)


今回は「地下1階店」への潜伏だったのだが、
DSC06132.jpg
所謂『本店』を外から眺める。


店内はコの字カウンター席で賑わう。


カウンター席はいいね


適度の距離感で、隣り合わせたり、相席した客同士の表情も楽しめる。



この「たつや 3 」を愉しむなら、是非ともこのカウンター席に着陸したいトコロだが、それはまたの機会にヲ預け


この日の恵比寿駅前は、
DSC06136.jpg
ヲ祭りでした。

御覧の通りに、
DSC06135_20160903232657236.jpg
わっぜえシト出 !!


DSC06133.jpg
シトゴミを掻き分け、掻き分け…


ようやっと駅に到着
DSC06139.jpg
キンキン !!

…とくれば、ケロンパ…笑


さぁて、これからどうするの???




よし、今回の参加メンバーの最大公約数である、
DSC06140.jpg
足立区にしようやっ !!


…と、降り立つ北千住




アルコール摂取、一人あたり1ガロン !!


変なノルマを達成せんが為、我は歩を進めるが、その詳細はまたもや次回の講釈で



旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

聖地巡礼64 「渋谷で呑むならココで呑め !! 」 ~ 渋谷・多古菊 ~

観た !!


否 !!



目撃したぞ !!
shin-godzilla.jpg

シン・ゴジラ !!



全国民、必見ナリ !!




今まで、様々なゴジラを観てきたが、ようやっと !!

観たかったゴジラに辿り着けた !!




様々な場面を実にリアルに描き切った 庵野 秀明 監督に最敬礼 !!




ゴジラをこんなに「恐ろしい」と思ったのは初めてである !!


国防ヲタから、鉄道ヲタまで楽しめる(???)この作品、劇場にて複数回鑑賞は必須ナリ !!



本当ね、この感動が溢れ出して瞳から伝えたくなるんですよ。


あなたと一緒に歩きたい。
(↑ ???)



…さて、今からもう1回観てこよう…



さてさて。

「東京會津祭 2016」を完飲した我杯とヲイソ氏


ラブホ街を手を繋ぎながら通り抜け(笑)、せっかくの都内出征、もう一軒潜伏しようと。




辿り着いたるはコチラ、


多古菊


…なる一軒。


ネ申番組「酒場放浪記」にて紹介された聖地である。


外からでも分かるほどに賑やかな店内に早速に潜伏


店内のテーブルに着陸
DSC06005.jpg
あい、ヲ疲れ様でした~

DSC06006.jpg
モチロンに流し込むのはホッピー黒



さてさて。


今回、この「感動」をこのバカモノ・ブログを御覧の皆さんにヲ伝え出来るのは、実に感銘の至り。




ってのも、今回ヲーダーした一皿一皿がとにかく !!


美味い !!


四の五の言わずに紹介して参りましょい !!


先ずはコチラ「多古菊 3 」の、夏限定ながらも大人気メニューである、
DSC06009.jpg
冷やしヲでん

ヲでんの具材が煮こごり状態で供される、面白い一品。
DSC06010.jpg
ゼリー状態となった出し汁はアッサリと、そして涼やかな味わい


これはアイデアの勝利とも言える、夏の酒呑みにウレシイ味方である !!




ヲ次は、
DSC06011.jpg
生アジフライ


コヤツがこれまた… !!


今まで食したアジフライの中で、「一番美味い」と断言出来る一皿。


今後、我杯はこの「多古菊 3 」以外で食すアジフライをアジフライと認めないこととす。



ヲ次 !!
DSC06013.jpg
肉だんご揚げ

…をば、添えられたチリソースで頂戴する。


このチリソースが、表面カリカリの肉だんごの食感によく合う !!


ヲイソ氏と競い合って箸を運ぶ


ヲ次 !!
DSC06018.jpg
ネバネバパラダイス


御覧の通り、納豆、ヲクラ、山芋など、身体に良さ気な品々が一同に会した一皿。


…これを食して以降、我杯宅の冷蔵庫には納豆とヲクラが常駐するようになった。



ラスト !!
DSC06020.jpg
チーズハムカツ


サクサクに揚げられた衣。
その狭間から熱々に、そして柔らかく滲み出してくるチーズの食感… !!



「よっくもまあ、いっぱい食べたねぇ」



…なんてなヲ声が聞こえてくるようだが、これらの品々は、
DSC06023.jpg
コチラのヲ店の御常連 3 のマストヲーダー。


ならば、一見の我々としては外せない !!


店内中央に配置する大テーブルは相席仕様。
DSC06014.jpg
一見と言わず、次回の潜伏時には是非とも御常連 3 と酌み交わしたいモンである。



いやぁ~、美味しかった !!
DSC06025.jpg
安いし、美味いし !!

退出間際にヲ店のスタッフ 3 に「酒場放浪記」を観て来たことを伝えると、


「有難うございます !! 是非またいらして下さいね !! 」


…と、実に明るい御対応。




今後、渋谷で呑むなら不可避の一軒に巡り逢えたワイ。


これぞ 吉田類 先生 のヲ導き。


心身ともに満たされた我々、今回の逃亡劇を美しく終え…



…なかった…笑


何を思ったか、
DSC06031.jpg
新宿に漂着


この時分、都知事選目前だったので、
DSC06032.jpg
このシトを目撃した。

何を訴えるワケでもなく、ただスマイル振りまいてただけだった。
(↑ ¥ 0-)


そーいや !!
DSC06034.jpg
このシトに目の前で支持表明すると、ハグさせてくれる特典(???)があったそうだ !!


…チクショー、我杯が都民だったならば、選挙期間中ずっと支持表明していたものを !!
((((()))))



せっかくなので、ヲイソ氏を

竹千代

へゴアンナイしようと画策したのだが、何故かママもマサルちゃんも不在だった。


せっかくのヒサブリ機会だったのだが、残念…


…まあ、また行くから遊んでネ !!




フラつく。
DSC06036.jpg
ウワサには聞いとるが、果たしてどんな世界が広がっているのだろうか…


その「世界」を少々垣間見る。
DSC06035.jpg
ヲヲ、ジョーでは内科 !!


どうやらこの扉の向こうでジョーが独り、呑んでいるらしい。



ヒジョーに興味があったが、この我杯の趣味のせいで、ヲイソ氏が帰宅手段を失ってしまった !!
(↑ 終電タイムヲーバー)



こりゃ、すまなかった !!


また懲りずにヲ付き合い下され。




…我杯???


ちゃっかりと帰還は出来たが、やはり、居間で朝まで大の字…
gzgzgzgzgzgz
(ぎゃふん)

居酒屋ルール ~栗橋・のまっしょ 元~

いつもヲ世話になってヲります。

いよいよ蒸し暑くなってきましたな。



帰宅後、速攻で入浴するが、肌の「ヌタヌタ感」が、何とも不快…


一応、無味無臭でいる筈の我杯だが(笑)、もしや、気付かないトコで異臭を放っているのでは !?

…と心配になり、より丁寧に身体を洗うように心掛けているのだが。


ところが、「もう一人の我杯」と呼ばれる 福山雅治アニキ は、石鹸やボデーシャンポーの類は使用せず、ヲ湯だけで身体を洗っているという。


何でも、ニンゲンの皮膚表面には確かな「自浄作用」があり、過度な石鹸やヲいでシャンポーはこの作用をも洗い流してしまうので、皮膚へのダメージが増えてしまうのだそうだ。


…成程


ならば、と思い試してみた。



…が、二日目に全身から異臭が立ち込めた !!



先ずクサイし、肌に触れた際の「ヌタヌタ感」は、信じられないレヴェルでの不快感 !!



本気で「死ねッ !! 自分 !! 」と思った…。



しかし、何故だッ !?

もう一人の福山アニキである筈の我杯に、どんな決定的な差があると言うのだっ !?
(↑ 大どぅくし)



皆さん、こんにちは。


愛だけは忘れたはずのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


多分に漏れず、勤め先の仲間からヲ酒好きで名を馳せる我杯。


そんな仲間内から、

「美味いイカワタ料理を出す店があるんス

行きませんか?」



…なんて、実に有難いヲ声掛けを頂戴し、実に !! 実に珍しい地元ロケ、

栗橋駅

…へと赴く


この栗橋、遥香な昔は宿場町として栄えた場所であり、その歴史は古い。


古い町には昔ながらの居酒屋が…


…と思うが、衰退化が顕著な実に残念なロケである。



…とは言え、全く何もない訳ではない。


我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を駆り、指定された一軒へ向かいちみヲん。


駅から徒歩2分。
DSC05471.jpg

のまっしょ 元

…が明るく店を構えている。


地元とはいえ、我杯は初潜伏。


こじんまり、としたヲ店だが、店内はほぼ満席状態、家族連れなどで賑わう at Home なイキフン


小上がりに座した我々、早速に杯を合わせる
DSC05474.jpg
我杯はモチロンの黒ホッピー。


「…ホッピーって、何なんスカ???」


今回の共犯者、ミサヲちゃん は我杯に質問を投げかける。


…。


…ホッピーって…何なんスカ…だと…???



…。





jojo
「ギャ、ギャニィィィ~ !?

なんじゃと~ッッッ !?

大衆居酒屋にて必須の一杯であるホッピーを知らんじゃと~ !? 」



「ええ、初めて見ましたよ」



…Holy shit … !!



…だが、これこそいい機会じゃよ~。


ホッピー呑んで新たなる幸せを感じるのじゃ !!


はい、ホッピー、うれピー、よろピクね~♬
(↑ )




ところでこの「のまっしょ元 3 」、メニューの取り揃えが充実
DSC05475.jpg
炙り〆サバ

…が秀逸




刺身のメニューが豊富だったので、
DSC05476.jpg
アレやコレやと頂戴したが、

DSC05477.jpg
…。

…はて、これらの皿は何の刺身であったか…???
(↑ 忘れてやがる)


…あ !!
届きましたYO !!


今回の一席は発起人、ショーちゃん がこの一皿を食べたいが為に開催されたもの。
DSC05478.jpg
イカのワタ炒め


ウムム !!

確かにこの味はヲ酒によく合う !!



この旨味を更に昇華させる為に、
DSC05480.jpg
高清水 生貯蔵酒


…を摂り込む


焼き物もシッカリとヲーダー
DSC05482.jpg
串焼きセット

…は一人では決してヲーダー出来ないボリューム
(↑ 普通、一人ではヲーダーしないが…笑)



店内のヲ品書きを改めてよく見たら、日本酒の品ぞろえも充実しとった。


「日高見」なんかも置いてあった。


我杯、初潜伏にも関わらず、マスターに、
hayaku-i-1.jpg
…のクレームを。

当然、マスター 3 は「何のこっちゃ」な表情である。



散々に高清水空けてたが、まだ間に合うとばかりに、
DSC05484.jpg
萬代芳 特別本醸造生
(会津・白井酒造)

…をば、ダメ押しの一杯に


ところで、今回の共犯者、ミサヲちゃん とショーちゃんが実に頼もしい。


年齢は我杯より遥香に若いが、しっかりと「居酒屋マナー」を心得ている !!


そう !!


バイトの女の子にしっかり「ヲヤジ的アプローチ」を仕掛けていたのだ !!


「え~? 今、高校生?」

「部活は何やってるの~?」

「カワイイね~。彼氏いるの~?」



このように、居酒屋に於いて最も重要な事は、


酔っ払いヲヤジは、女の子みたらニコニコすること !!



基本をしっかり抑えたこの二人、実に将来有望である !!
(↑ 本当かぁ )




「今度、(我杯が行くような)ヲ店に連れてって下さいよ」




…なんてな頼もしい発言に、嬉し涙がチョチョ切れる…


次回の居酒屋巡りを確約し、今回はヲ開き


帰途。



我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を自宅まで走らせる。


1、2度角を曲がれば、あとは田んぼ道を自宅まで一直線の安易なルート…


…の筈だったが、ここで我杯は天性の方向音痴ぶりをまたもや大発揮。


真っ暗な田んぼ道を彷徨い、果てはシト様の庭先にまでウッカリ侵入してしまうバカモノっぷり。


ヲマケに真っ直ぐ帰還出来ていれば遭わなかったであろう雨にも祟られ、いらヌ被害を被ったのだった。




それでは、今回はこの一曲で皆さんとはヲ別れです。


酒場逃亡記、次回もヲ楽しみに~ !!



あたしバカよね ヲバカ 3 よね…

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login