酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


テレサのヲ導き… ~ 浦和・串焼 丸真 ~

いつもヲ世話になってヲります。

1月はとっても忙しかったバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


何故か。

毎度ヲ馴染み、さいたま新都心。


必見の映画が連続公開されとったからである
DSC09676.jpg
マジンガーZ !!


DSC09720_20180211154829e83.jpg
ヤマト2022 !!



ドチラもこのバカモノ・ブログ的には外せない !!


…が、ヤマトの展開はどうにもダルいなぁ…
gzgz


2月末にはあのガッチャマンも公開されてしまう !!
DSC09674_20180211154824e2f.jpg
しばらく映画館通いが続いてしまう野田…



映画の後はモチロンに



ここ暫らく、「いこい」と「やまよし」と「玄海」への潜伏劇ばっかだったが、
DSC09678_20180211154827c35.jpg
今回はヒサブリに浦和駅に降り立つ。


さすが、
DSC09679.jpg
駅前は真っ赤である


この浦和には聖地の「弁慶」があり、アシを向けたのだが…


残念 !!

さすがの人気店、満席やった



じゃっどん、ココまで来ちょって手ブラで帰りよるんは、やっせもん のしようこっちゃ !!


そこで以前より目星を付けていた一軒に今回は潜伏




それこそがコチラ、
DSC09697_20180211154830d0f.jpg

串焼 丸真

古き良き雰囲気を醸す佇まい。

入店、入り口間際のカウンター席にパイルダーヲン !!
DSC09681_20180212142048f58.jpg
先ずはの酎ハイ。

ヲ通しはタコとヲニヲンスライス。


ふ~む、ふむふむ…
DSC09682.jpg
ヲヤヲヤ、これは楽しみな展開になりそうですねぇ…


看板メニューにある串焼き(レバ、ハツ、ツクネ)をヲーダー


鼻歌交じりで焼き台に立つマスター。


スプレー器で串焼きにタレば吹き付けちょったでごわすよ。



DSC09683_2018021214205116b.jpg
刺身盛合せ

…にて我が卓を彩る


〆鯖、マグロ、真鯛。


この日、どげんしても美味かマグロ刺し、食べとうごわした。
DSC09684.jpg
う~ん、今宵の出逢いに感謝 !!




ヲ替り~。
DSC09685_20180212142054964.jpg
バイスサワーで串焼きの到着を待つ…。


DSC09686_2018021214205637a.jpg
自家製漬物盛合せ

色合いが美しい。

爽やかな味付けを堪能しつつ、串焼きの到着を待つ…。


あ、来た。
DSC09687_20180212142057fa6.jpg
ツクネ串

…は、辛子で頂戴する。


さて、本番参りましょうか
DSC09688.jpg
金澤屋 純米吟醸
(福島県・喜多の華酒造場)

ヲ店、ヲススメの一本。
DSC09689.jpg
ヲ店のヲ姉 3 が丁寧に命水を注いでくれる。

撮れ高OKです !!



なみなみ
DSC09690.jpg
金澤屋を啜りながら、串焼きの到着を待つ…。


…。


焼き台の上が空だ。


…はて…。


我杯ヲーダーのレバとハツが来ない。



すると、マスターが手元のヲーダー伝票とコッチを見て、小さく

「あっ

…と言った。



そして、
DSC09691.jpg
レバとハツはようやくの登場となった…笑


待たされただけ、美味しかった


DSC09692.jpg
刺身も美味い



マスターが我杯にヲススメの串焼きがあるので試して欲しい、と仰る。


そげん言われもうしたら、断りよる理由はなか !!


そして現れたのは、
DSC09693_2018021214210659f.jpg
よこみち

…なる串焼き。

豚のタン(舌)、その部位の脇にある筋だそうである。

この串には4片あるが、一頭から1片しか取れない部位だそうだ。


筋の部位だが、とても柔らかい。



マスター曰く、

「今までは串焼きには使わない部位だったんだけど。

どんな生き物だってカラダにある部位に一つとして欠けていいものはないじゃないか。

それを食する以上は不味いものは無いんじゃないか…?

『命の味』とでもいうのかねぇ?」



…てなコンセプトで見つけた串焼きなんだそうだ。


深いっ !!



命=食

…也っ !!


他の命を頂戴して食とする業深きニンゲン。


その有難さ、とくと知らねばなるまい !!


ヲイ、聞いちょっとか、恵方巻 !!





深い話を伺いながら、次なる一杯をば
DSC09695.jpg
羽水(うすい) 生酛
(栃木県さくら市・㈱せんきん)

…をば。

DSC09694_2018021214210738e.jpg
ヲ姉 3 の撮れ高、再び。

さて、その味わいは…?
DSC09696_201802121420476e0.jpg
ヲヲッ、これはスゴイ !!

するっ、口に入り込み、まるでバナナのような余韻を含み残す…。



ううむ、栃木にこげん酒ばあったとは、驚きもうしたぁっ !!



(↓ 360°画像)
https://theta360.com/s/rNhz0qKYL2PjRzDRtpN2f4NSm
…よか雰囲気でごわんど !!
(↑ 西郷どん観た直後なもので)


やはり、我杯の着眼に狂いなし !!
DSC09699.jpg
今宵も良き一時を堪能出来ました


実は、この「丸真 3 」、漬物店でもある。


昼間は漬物店、夜は…との2足なのだ。


ど~りで、ヲ品書きに漬物が豊富だったわけである




さて、美味いヲ酒と好い雰囲気を味わった我杯であるが。



まだまだ宵の口。



せっかく訪れた浦和をもう少しフラつくことにしやしょう…。



…ですが、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…




tbc.jpg

大痛飲 其乃肆 ~ 幸手・酒蔵 玄海 ~

スゴイですね~ !!




小学生の制服がアルマーニって、何 !?
…笑

(↓ 関連記事)
https://mainichi.jp/articles/20180209/k00/00m/040/111000c


見栄よ、見栄 !!


学校側が完ッ全に見栄っ張りなだけだと思うわ、アタシ。


カンコーやトンボじゃあ、ザギンという立地では通用しないんですか?…笑


コドモなんてスグに成長するんですから…。


あっという間にちびっ子アルマーニはクローゼットの肥やしですよ。



…アレですかね。


内輪の、了見狭いニンゲン同士で打ち合わせしたから。


如何に自分達の『やりとり』が隔世のものなのかに気付けないんですかね?



そんな訳で皆さん、こんにちは。

この世で一番現実離れしているバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


酒場とは…。


現実からの駆け込み寺でありながらも、それを確実に認識できる不思議な場所…。



これから30分…。

あなたの目はあなたの体を離れ、この不思議でバカモノな時間の中に入って行くのです…。

(↑ Q 。あと、石坂)




2017年末の最後に潜伏したるは、モチロンに根城の居酒屋「酒蔵 玄海」



頃合に暖簾を潜る。


ほぼほぼ満席な店内


辛うじて空いていたカウンター席にパイルダーヲン !!
DSC09566_20180209231707f0a.jpg
寒かったこの日、焼酎梅割りでスタート。


隣席には御常連 3 の さっちゃん 。

あい、ヲ疲れ様


さっちゃん はド寒い日でもビール。



DSC09567.jpg
うな肝串


アタシャ、不思議で仕方が無い。


シトの多くは平穏無事に年末年始を迎えたい、そう願っている筈なのに、
DSC09568.jpg
格闘家と称したシト達がボカボカと殴り合い、負傷する。


そんな特番を眺めながら、居合わせた御常連 3 達と他愛も無い会話の応酬。


シトを叩いたり蹴っ飛ばしたりするのがキライな我杯は、
DSC09569_201802092317118e0.jpg
久保田 紅壽
(新潟県・朝日酒造㈱)

…の一杯に心の安寧を求める…。



珍しいですね、玄海に紅壽が置いてあるなんて。



どんどんいったれ
DSC09571_20180209231714f0f.jpg
あん肝


DSC09575_201802092317159fd.jpg
カンパチ刺


我杯的玄海フルコース



さっちゃん が飼い猫の画像を見せてくれたニャ
DSC09576_201802092317171e9.jpg
ははははは。

ははははは


あのシトみたい、イモ洗い坂カカリチョー
(46)



ヲ、ようやっと呑み友・シマちゃんが来店した。
DSC09577.jpg
あいよ


シマちゃん、帰りの代行が確保出来ないのに、ムリヤリ電車でやってきた。


自宅から駅まで結構遠いのに、この執念は…


(↓ 360゜画像)
https://theta360.com/s/htsWgQVxkPZxDncgboX71eOLU
最高潮 !!


紅壽が空だ
DSC09578_201802092317201f3.jpg
〆張鶴 月 本醸造
(新潟県・宮尾酒造)


DSC09572.jpg
シメハリのキレで、玄海特製の、

DSC09579.jpg
イカ塩辛

…をば、啜る。


後日、伺ってヲーダーしたら品切れしてた。


美味さ故の品切れ劇。


ようやっと落ち着いてきた店内。
DSC09582_201802092317236f4.jpg
マスターもコッチ側に降臨。


我杯はシメの年越し蕎麦で2017、呑み生活の総括。



そして気付けば、
DSC09583_20180209231724a24.jpg
誰もいなくなった…。

DSC09586_20180209231729d8f.jpg
そう、またもやアンカー、長っ尻。

帰り際、
DSC09587-1.jpg
マスターと画像に納まってた…笑


「何やってんだ、ヲマヱ。早く帰れ」


そら、そうですな。

DSC09585.jpg
もう少し呑めるな…。


さっちゃん と共謀していた我杯、近くのもう一軒、
DSC09588.jpg

居酒屋 磐梯

…へ、アシを運ぶ


既に先行していた さっちゃん がメーターを上げていた。
DSC09589.jpg
あいよ、ヒサブリ。

健康志向のトマトハイ



とはいえ、連日連夜の逃亡劇ですからね。
DSC09590_20180209231928dd6.jpg
最後の最後は、

DSC09591_20180209231929299.jpg
優しいヲ皿で年を見送る…。



フラフラで地球(自宅)へ帰還。


気付けばキッチンで気絶していた。


そして目の前には、さっちゃん から貰った、
DSC09593_20180209231923e00.jpg
微笑庵の ちごもち を頬張っていた


嗚呼、これが我が2018年の幕開け也…。




そんな訳で皆さん。




本年も宜しくヲ願い致します…笑


大痛飲 其乃参 ~ 杉戸・大衆酒蔵 いこい ~

いつもヲ世話になってヲります。

「立憲民主党」代表の枝野 3 。
first-12193-20180110-1444456-magazine.jpg
時間を見つけては『一人カラヲケ』されるんですと。
🎤🎤🎤


しかも、「二桁数字グループ」の楽曲を好んで歌唱されるとのコト。


…。



いつでもヲ付き合い致しますよ?
…笑



…まあ、我杯のあまりの歌の上手さに辟易されると思いますがね…。
(クックック…)



そんな訳で皆さん、こんにちは。

最近の得意曲目は「二人セゾン」のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


春夏で酒を呑み、秋冬で酔っていく…




さて、2017年末呑み倒しの一環として毎度ヲ馴染み、


大衆酒蔵 いこい

…へ潜り込む。


夜いこい。


この日、年内最後の営業だったので、外す訳にはいかない。
DSC09546.jpg
定位置にパイルダーオン


さて、何があんだべか。


ヲ腹空いてたので、
DSC09548_20180204181352fae.jpg
手羽串焼き

…で脂とタンパク質を摂取。



御常連 3 と
DSC09549.jpg
毎度同じコトやってますが、ま、区切りですので…笑


ヲ裾分けのピザを頂戴しました



日本酒
DSC09551_20180204181355204.jpg
定番の「末廣」をすする。



タマには肉で通してみましょうか。
DSC09552_20180204181357604.jpg
馬刺し

この脂が口中で溶け、消え去る味わいが何とも… !!




はい、ヲバちゃん、ヲ疲れ様。
DSC09554-1.jpg
ぱんぱ~い !!


「ヲレにも呑ませろよ」
DSC09555-1.jpg
ヲ店も落ち着いてきたので、マスターと久保田を酌み交わす。


全部持って来い !!
DSC09556_20180204181401aa9.jpg
…な勢いで、気付けば二人で結構な量を呑んでいた。


DSC09557.jpg
ヒノキの香りが酒の味わいを引き立てる…


DSC09559_20180204181404d5d.jpg
シメの小皿炒飯。


(↓ 360°画像)
https://theta360.com/s/sYgC87qo3QSDFc11vBXVJU5cS
シータちゃんをかざす我杯を、他のヲ客人が不思議そうに眺めていた…。




更に気付けば、店内にヲ客の姿が他になく。


結構な深更に及んでしまった。



我杯、長っ尻な呑み方なモンで、閉店まで居座ってしまう。


じゃあ、マスターもヲバちゃんもヲ疲れでしょうから撤収します
DSC09560-1.jpg
何故か写真に一緒に収まる。
(ハハハハハ)



…毎度ヲ世話になってる「いこい 3 」なのだが。


なんだか、マスターもヲバちゃんも体調がイマイチらしいんだよなぁ。




「いこい」ファンとしてはこれからも末永くヲ世話になりたいんだが。



無理しないで、ノンビリやってってけれろ。

ヲ引っ越し、忘れ物 ~ 南越谷・やまちゃん ~

えぇ、毎度のヲ運びで御座いまして、厚く御礼申し上げます…。


あの猛暑もどこへやら。

すっかり秋めいて参りました今日この頃でゴザイマス。



さて、世の中は情報化社会でございまして。

実に様々な情報が飛び込んでくる訳ですよ。


とあるニュース・サイトを覗き込んだら、まあ、世界と言うものは、ヲよそ日本では考えられない出来事が起こってるもんですなぁ。
img_b10acd11bedf3f5f555150415454e6d5119243.jpg
コチラは何事かと申しますと、

何と、8mもあるニシキヘビをとッ捕まえて食べてしまったという… !!


コトの詳細はコチラで御確認をば頂きたいんでございますが…。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10757


…それにしても、よくこんな怪物と取っ組み合ヲうなんて考えるモンですな !!



体長8mのヘビと闘って勝つ、なんざぁ…。

インドネシアのシト達はバイヲハザードの世界を素手で渡り歩けるんじゃあ、ないんですかねぇ…。




さて、そんな前置きはともかくでございまして。


毎度のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記は今回、

コレマタ ヒサブリに南越谷(こしみな)に降り立った訳です。


御覧の通り、まだまだ表は明るい時分でしたが、それでも開いちゃう、
DSC08963.jpg

やまちゃん


…に、コレマタ何年ぶり !? な潜伏


開店と同時(PM16:30)に飛び込む !!


…のだが、それでも 先客 3 が数名いたという。


DSC08959_20171008131850ee7.jpg
南越谷の聖地。


立ち呑みカウンターにへばり付いた我杯、
DSC08957.jpg
赤ホッピーセットで「ヲ仕事」スタート。


三陸産のわかめで箸に労働を強いる。


DSC08960_20171008131845d91.jpg
名代の串焼きをつまみつつ。


カウンターにへばり付く猛者連。
DSC08962.jpg
黙々と、ただひたすらに杯を傾け、箸を運ぶ。


我杯がこの「やまちゃん」を面白いなぁ、と思うのはですね。


ヲ店の構えが「半屋台」なヲープンなモンですから、表から、店内から、互いが丸見えなんでございます。



店内からボンヤリと表を眺めてますてぇと、通りを行き交うシト達が、実に不思議そうな顔してコチラを覗いてる、なんてな事がしばしば。


「面白そうな呑み屋だなぁ」


…なんてな表情をされとるんですな。



それとも、


「明るいウチからもう呑んでるよ !! 」


…なんて思ってるんですかね?




開店から1時間もしないウチに、あれよあれよで席が埋まる
南越谷「山ちゃん」に、 ヲレ、参上 !! - Spherical Image - RICOH THETA
いい心持ちになってきたトコでヲ会計






アタシャ、この南越谷(こしみな)に「ジンクス」がありまして。


駅近くに「ヲ菓子のまちヲか」、ヲ菓子の専門店があるんスが、アタシャ、無類の菓子好きなモンですから、立ち寄って大量購入を果たすんですが…。


購入したヲ菓子を、必ずどこかに置き忘れるですよ。



この時も、気付いたら手ブラになっていましてね…凹




ヲ酒のせいなんだか、自身のダラシナサなんだか…。



ヲ後はちっともよろしくないようで…


聖地巡礼71 ~ 川口・松ちゃん ~

いつもヲ世話になってヲります。



最近の台風はタチが悪い。


思い出したように方向転換しては、日本を蹂躙していく…。




あれですよ。

偏西風とか高気圧をうまく動かしてですね。


ロケット花火ばっかり打ち上げてくる、アタマのヲかしい半島上に滞留させてやればいいんですよ。



そうすりゃあ、無茶はできまいて、ククク…。




そんな訳で皆さん、こんにちは。

「台風一過」という言葉は、どうしても「台風一家」なニュアンスのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さいたま新都心駅 - Spherical Image - RICOH THETA
さいたま新都心ッ !!


映画を観に来た我杯であるッ !!

DSC08854.jpg
実写JOJOッ !!


かつて、日本が世界に誇る優良マンガは、幾度も低質実写化され、原作ファンを失意のドン底に陥れてきた…。




圧倒的な世界観で我々を魅了している「JOJOワールド」が、果たして実写映画化に堪えうるノカ… !?


多大な不安を胸に、作品を鑑賞…。


…。



…ををっ。




気付いたら、「フツーに」JOJOを観ていた気がするワイ。



これは、今後に期待させて頂きやす



特に、「広瀬康一」役のカミキリューノスケ 3 。

ナイス・アクトですた !!






映画鑑賞後、我杯は、
DSC08855.jpg
川口駅

…に降り立っていた。



酒場逃亡記、初上陸
DSC08857_20170918142230602.jpg
かつて、鋳物の街として栄えた川口の街。


吉永小百合 様 を信奉するサユリストの聖地でもある…そうだ。



そんな街で毎度ヲ馴染み、 ケムラー先輩 と KTJM兄さん と合流
DSC08858.jpg
実に感じの好い商店街を10分ほど。



今回潜伏するべく訪れた一軒、
DSC08859_20170918142234a6c.jpg

松ちゃん


…に到着 !!



開店と同時に飛び込み、ヲ店奥のテーブルに陣取り。


それでは各々方、
DSC08860_2017091814223128f.jpg
今宵もよろすく !!



ホッピー黒で幕が上がる。


「やきとん 煮込み」を看板にする「松ちゃん」、
DSC08863_2017091814223629f.jpg
串焼きアラカルト


DSC08866.jpg
冷やしピーマン


…やらを頂戴する。


冷やしピーマン、やきとん の脂を上手い具合にリセットしてくれる。



単純な一皿だが、これは盲点だったワイ !!



DSC08865_20170918142239472.jpg
極厚ハムカツ

…で、腹に満足感を与える。




肉と脂の最強タッグが我々のジョッキを空にする。



川口「松っちゃん」 - Spherical Image - RICOH THET
マンゾクなヲレたち


実に茶色い店内。


この色合いが串焼き、ホッピーの旨味をより一層引き立てる !!





…ヲや?


我々酒呑みを魅了する一品がありますね


秋田県の名品、いぶりがっこ に
DSC08869.jpg
チーズ添え。


ならば、杯を変えなければなるまい。



コチラの「松ちゃん」、日本酒の品揃えが豊富なことでも名を馳せている。


「どんなヲ酒がありますか?」


尋ねると、
DSC08870_20170918142242fab.jpg
冷蔵庫からズラリ、と取り出して下さった。


これは、これは…



その中から、
DSC08871_20170918142243342.jpg
賀茂金秀 特別純米 原酒13度
(広島県・金光酒造 合 )

…をば傾ける…。


13度と、日本酒にしてはアルコール度数は低めだが、この口当たりの良さは呑み過ぎ注意 !! である。



追加 !!
DSC08875_20170918142245c38.jpg
明鏡止水 純米 垂氷(たもひ)
(長野県・大澤酒造㈱


…をば。


原料米は山田錦。


その美味さに我杯のこの手が真っ赤に燃えるゥッ !!


勝利を掴め、と轟き叫ぶァッ !!
(↑ ドモン)




…ど~ゆ~訳か、この「松ちゃん」を酒場放浪記で拝見した時、


「ああ、このヲ店は ケムラー先輩 とか KTJM兄さん だな」


…と思い浮かんだのが、今回の一件。



それでも2、3年は経過してしまったが、今回、ようやっとの実現。


ヲ二方、
DSC08879.jpg
ヲ付き合い、アリガトーございやした !!


酎ハイで「松ちゃん」を〆る。


川口「松っちゃん」 ゴチソーサマでした。 - Spherical Image - RICOH THETA


カウンター上に貼られた多くの日本酒ラベル。



我杯の知らない銘柄も多々あり。


まだまだ乳呑み児の我杯、これまた勉強の為に再訪は必至である !!


DSC08880.jpg
よき哉、松ちゃん。

DSC08881_201709181422517c2.jpg
こんな素晴らしいヲ店を擁するキューポラの街が羨ましい限りである。



川口の賑やかな商店街を千鳥歩く…。 - Spherical Image - RICOH THETA
千鳥3匹、駅前に向かう。
フラフラフラフラフラフラ



途中、
DSC08884_20170918142254b5d.jpg
そろそろ看板、という惣菜店に引っ掛かる。


「これ、ツマミで引っ掛けましょうよ」



妙案が飛び出した。



ほぼほぼ投売り状態の惣菜を何パックか買い込み、ヲ酒を抱きしめ、
DSC08886_20170918142255669.jpg
駅前に即席の宴会場が出来上がった。

DSC08888.jpg
ぱんぱ~い


駅前だけに、人通りは多く。


駅から降りてきた人々が、


「こんなトコで何呑んでるんだ、コイツラ !? 」


…みたいな表情でコッチを見ていたが。



そんな視線ですらこの時の我々にはツマミになった…笑




なるほど、楽しい街ではないですか、川口 !!
DSC08892.jpg
さて。


そんな我々が一軒でヲ開きになる訳がなく。



モチロンにもう一軒求めて彷徨う…


…が、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login