酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


とりあえず、報告致します ~ 幸手・居酒屋 新久留 ~

さてさて。

今年のGWもヲシマイです…。



暦通りに休まれた方、または それ以上、或いはそれ以下…。

様々なスタイルでヲ過ごしになられたかと。



そして我杯、一日たりとも欠かすことなく…




久喜もそうだが、幸手もなかなかどうして居酒屋の多い街。

アッチャコッチャに暖簾が下がる。



度々利用する道に、以前から気になっていた一軒があったので潜伏。

今回はコチラ、


DSC07844.jpg

居酒屋 新久留


…何て読むんだろう?

にいくる?

しんくる?


調べたら、「しんぐる」でした。



幸手駅から徒歩で10分ほどのロケか。


佇まいは古く、老舗感イッパイである。




10人ほどのカウンター席と、小上がり2卓。


奥には大座敷。

入り口の狭さから予想に反して店内は広い。


カウンターに着陸
DSC07846.jpg
この日はちぃと寒かったので、熱燗をば


小上がりとカウンターに御常連 3 。
DSC07848.jpg
この後、大座敷に続々と御常連 3 が集結。

何かの集まりの日だったらしい。


たまたま忙しい日だったか。

結局カウンター内のマスター 3 はコチラに一瞥も無かった。


エアコンよりも、
DSC07849.jpg
コッチの方が効き目あるような気がする。


この日の我杯も、実はゆっくりと潜伏する時間が無かったので、


早々にこのヲ店のウリである焼き鳥をば
DSC07851.jpg
炭火で焼き上げられた串が到着。


特にコチラの、
DSC07852.jpg
梅紫蘇焼き

…が、新久留 3 の自慢の一品。



梅紫蘇の酸味を楽しむ。




いよいよもって忙しくなってきたらしく、とてもヲーダー出来る様な状況ではなかったので、

早々に撤収


滞在時間、1時間に足らず。
DSC07853.jpg
また機会を改めて潜伏することに致しやしょう。




てな訳で、今回はかなりあっさりとシメでございます。



皆さん、ヲ酒の呑み過ぎには気をつけましょうね~ !!


愛の呑み師たち 嚆矢篇 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

風邪かな?

それとも、熱は無いから花粉症かな?


とにかく、咳が止まらない、鼻が詰まる !!



この週末は「とある武道」の稽古も見合わせて、ゆっくりと自宅で療養…


…しない。

実にヒサブリに降り立ったる さいたま新都心。

モチロンに目的は、
DSC07785.jpg
ボンサイ。


…じゃない。
DSC07786.jpg
祝 !! 新シリーズ・発進 !!




これで向こう1年以上は退屈しないで済むッ !!



バカモノ・ブログを御覧の皆さん。


コチラ、しばらく「ヤマト、ヤマト」でウルサイですよ…笑
yamato_03.gif


…それにしても、久し振りに目の当たりにした。


「満席の映画館」


…ってのを !!




圧巻のストーリー展開に満足の我杯、
DSC07787.jpg
やはり、ヒサブリの北浦和駅に


もちろん、目当てでゴザイマス


駅から延びる商店街を探索…
DSC07789.jpg
気になるヲ店のチラホラ散見されるが、シト通りはチト寂しいような。



…まあ、イバラキなんかよりは賑やかですが !!

(↑ 大悪意)


…ヲや。
DSC07791.jpg
サザヱ 3 家に出入りしてそうなヲ店…笑


駅反対側に出た。
DSC07792.jpg
電車から線路沿いに居酒屋 3 が見えていたのでフラフラと探索…

…しとったら、
DSC07793.jpg

大衆割烹 鳴子


…のヲ店に辿り着いていた


…まあ、そもそもでコチラが第一目標だったんですが。



以前もヲじゃ魔女したことのある一軒。


開店間もないタイミングでフェードイン


カウンター席に着陸。
早速に、
DSC07794.jpg
「本日の晩酌セット」をばヲーダー


これまた実にリーズナブルなセットメニューでして、
DSC07795.jpg
呑み物一杯、ヲ通し(ヲカラの和え物)

DSC07796.jpg
串焼き(今回はネギ間)

DSC07797.jpg
それに揚出豆腐のセットで、なんと¥1080- !!


特に、この揚出豆腐、
DSC07798.jpg
ダシがとても優しく効いていて、これまたヒサブリに「まいう~♪」なる言葉を発した…笑


こら、かなりヲ得なセット


これもテレザート星・テレサ 様 のヲ導きに違いない。
(↑ ???)




コチラの鳴子 3 で供されるヲ酒は、
DSC07802.jpg
高清水

この一本を推奨。


「鳴子」の店名の通り、秋田県の銘酒をぬる燗で頂戴する。



それに合わせるは、
DSC07804.jpg
鮭とば


これを軽く炙ったものを頂く。


するとどうでしょう。

噛むほどに口中にて甘味が増す !!


高清水がみるみるで無くなってしまったワイ。



もう一本 !! と行きたかったが、余力を残してヲきたかったので、今回はこれで



実に落ち着いた雰囲気の鳴子 3 。
DSC07805.jpg
ゆっくりとヲ酒を堪能出来ました


次の「ヤマト」は6月末に公開。
DSC07806.jpg
では、その頃にまた伺いましょう。


きっとその頃には暑くなってきているだろうから、また違う楽しみも発見出来そう…





さて、最近はそろそろ日も長くなってきました。



時間もまだ宵の口。


せっかくの北浦和。




次なる一軒へ向け、両舷前進、最大
戦速 !!
yamato_03.gif




…ですが、これは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…



tbc.jpg

聖地巡礼65 ~ 恵比寿・たつや ~

一体、何だったんだ、コイツ。
台風10号2
台風10號

ウロウロとしたかと思いきや、思い出したように反転、散々に好き勝手やっていきやがった。



…こーゆーの、ニンゲンでもいますわな。


その時は、


「あ、いいよ、いいよ。大丈夫 !!


とスルーしといて、後から思い出したように


「何なんだ、アレ !! 聞いてないぞ !! 」


…とか言ってくるような。


我杯の勤め先にもいるワイ。


「何度も言わせないでくれるかなぁ !? 」


…とゆー指摘を後から初めて言ってくる輩が。


我杯は根っからの「正直者」なモンで、そーゆー時に思わず、


「ふんっ。まぁた好き勝手に言ってらぁ。ばぁか。


…とか、オモテに出しちゃうんですよねぇ…


この世の中、正直者にチャンスの順番は廻って来ないように出来てるから、我杯がセンターに立てる機会は無さそうである。
(↑ ははは)



そんな訳で皆さん、こんにちは。

最近、身辺状況の収拾がつかないバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


ちゃんと寝床で朝を迎えたい…。

真っ直ぐ歩きたい…。

カラヲケに行きたい…。
(↑ ???)


どうしたモンだか、うっすらと「最期」が見えてきたような気がするワイ…



さてさて。


『ヱビスビール記念館』にて、プレミアムな一時を過ごした「とある武道」の呑み師部会。


一杯二杯は呑んだウチに入らない。

「これからが本番だ !! 」と乗り込んだるは、恵比寿駅西口、徒歩1分、
DSC06130.jpg

たつや


…である。


我等が 吉田 類 先生 も御光臨された一軒であるが、そうでなくても大人気の「銘店」


しかも、朝08:00(マルハチマルマル)時から開店してるっつー、タカミヤマ級に嬉しい一軒 !!



今回は地下の店舗に潜伏

店内奥のテーブルに案内された我々。


朝から晩まで営業しているだけあって、店内はほぼ満席状態&わっぜえ(← スゴイ)賑わい !!


ウチらも負けてられへん !!



それでは皆さん、
DSC06123.jpg
ぱんぱ~い !!



因みに、今回の共犯者は実に頼もしかった。


「とある武道」の稽古仲間の中でも、特に「猛者」と呼ばれる方々。


「武里のナックル星人」… タッキー 3

「ニンゲン大吟醸」…盛 3

このバカモノ・ブログはヲ初。大社長…一気 3

紅一点(???)、
「アルコール・プリンセス」…ともちん


…の面々。


このメンバーなら、居酒屋 3 一軒を呑み潰すことが可能 !? …笑



因みに、JRと円谷プロとのコラボでスタンプラリーを開催していたらしいのだが、何故か恵比寿駅で入手出来るスタンプは、
popup_ebisu.jpg
…だった…笑



店内は売りの串焼きの煙が程よく漂い、
DSC06124.jpg
イイ感じで我々も燻される


早速に串焼き盛り合わせをヲーダー
DSC06125.jpg
歯応え満点ナリ


咀嚼し、飲み込むまでに労力を要するレヴェル。


…ところで皆さん。

複数人での一席で「串焼き」をどうやってシェアしますか?


…やはり、具材を串からバラしますか?


…実は、我杯的にはそれ…



認められない


…ヤリ方なんですよ。


一人一本、まるっと派


…でしてな。


いや、だって…。



mrk.jpg
「バラしてもうたら、串刺した意味…あらへんやん !?」
(↑ 酒場逃亡記は さや姉 派)



求む、意見具申 !!




…ヲっと、ここで !!


一気 3 が、ガーデンプレイスでの「美味いビールの注ぎ方」を実践、見事に
DSC06127.jpg
完成させた !!



最初の注ぎをグラスの底面に叩き付けるように勢いよく行い、その泡が落ち着いた頃合を見計らって「二投目」をやんわり、優しく注ぐ…だったかな !?


すると、この画像のようにクリーミーマミな泡立ちを造成出来るのだ !!



やんわり、とした泡立ちを堪能可能なテクではあるが、性急な呑み師には非常にツライ待ち時間。


それは懲役100年の囚人がその刑期終了を待ち侘びる心境に似て。
(↑ 無謀)


胃袋がガンキョーな今回の共犯者の皆さん。
DSC06129.jpg
若鳥のから揚げ


…をツマミながら話題にするは、


「次(ヲ店)、どこにする !? 」



…ヲイ、ヲメーラ !!



呑みながら次の一軒のハナシって、どんだけだよっ !!
(↑ 大歓喜)



ドッシリ系統のヲツマミには、
DSC06126.jpg
やはり、ホッピーは頼もしいヲーダー。



コチラの「たつや 3 」のもう一つの売りが、「三冷ホッピー」


即ち、

ホッピー割り材、焼酎、グラス

…をそれぞれに冷やし、その『相乗』を愉しむ、というものなのだが、ここで盛 3 からクレームが噴出。


「ホッピーはねぇ !!

自身の加減で割って呑むのが美味いんだよ !!


駄ァ目だよ、勝手に
(割って)持って来られたら !! 」
(↑ 憤怒)


…あああ…


ヲ店の「売り」を全否定の盛 3 をなだめつつ、退店…


美味なるヲーダーは他にも数皿あったのだが、我杯がすっかり「出来上がっちゃっていた」ので、未収録…。
(↑ なっとらん)


今回は「地下1階店」への潜伏だったのだが、
DSC06132.jpg
所謂『本店』を外から眺める。


店内はコの字カウンター席で賑わう。


カウンター席はいいね


適度の距離感で、隣り合わせたり、相席した客同士の表情も楽しめる。



この「たつや 3 」を愉しむなら、是非ともこのカウンター席に着陸したいトコロだが、それはまたの機会にヲ預け


この日の恵比寿駅前は、
DSC06136.jpg
ヲ祭りでした。

御覧の通りに、
DSC06135_20160903232657236.jpg
わっぜえシト出 !!


DSC06133.jpg
シトゴミを掻き分け、掻き分け…


ようやっと駅に到着
DSC06139.jpg
キンキン !!

…とくれば、ケロンパ…笑


さぁて、これからどうするの???




よし、今回の参加メンバーの最大公約数である、
DSC06140.jpg
足立区にしようやっ !!


…と、降り立つ北千住




アルコール摂取、一人あたり1ガロン !!


変なノルマを達成せんが為、我は歩を進めるが、その詳細はまたもや次回の講釈で



旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

居酒屋ルール ~栗橋・のまっしょ 元~

いつもヲ世話になってヲります。

いよいよ蒸し暑くなってきましたな。



帰宅後、速攻で入浴するが、肌の「ヌタヌタ感」が、何とも不快…


一応、無味無臭でいる筈の我杯だが(笑)、もしや、気付かないトコで異臭を放っているのでは !?

…と心配になり、より丁寧に身体を洗うように心掛けているのだが。


ところが、「もう一人の我杯」と呼ばれる 福山雅治アニキ は、石鹸やボデーシャンポーの類は使用せず、ヲ湯だけで身体を洗っているという。


何でも、ニンゲンの皮膚表面には確かな「自浄作用」があり、過度な石鹸やヲいでシャンポーはこの作用をも洗い流してしまうので、皮膚へのダメージが増えてしまうのだそうだ。


…成程


ならば、と思い試してみた。



…が、二日目に全身から異臭が立ち込めた !!



先ずクサイし、肌に触れた際の「ヌタヌタ感」は、信じられないレヴェルでの不快感 !!



本気で「死ねッ !! 自分 !! 」と思った…。



しかし、何故だッ !?

もう一人の福山アニキである筈の我杯に、どんな決定的な差があると言うのだっ !?
(↑ 大どぅくし)



皆さん、こんにちは。


愛だけは忘れたはずのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


多分に漏れず、勤め先の仲間からヲ酒好きで名を馳せる我杯。


そんな仲間内から、

「美味いイカワタ料理を出す店があるんス

行きませんか?」



…なんて、実に有難いヲ声掛けを頂戴し、実に !! 実に珍しい地元ロケ、

栗橋駅

…へと赴く


この栗橋、遥香な昔は宿場町として栄えた場所であり、その歴史は古い。


古い町には昔ながらの居酒屋が…


…と思うが、衰退化が顕著な実に残念なロケである。



…とは言え、全く何もない訳ではない。


我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を駆り、指定された一軒へ向かいちみヲん。


駅から徒歩2分。
DSC05471.jpg

のまっしょ 元

…が明るく店を構えている。


地元とはいえ、我杯は初潜伏。


こじんまり、としたヲ店だが、店内はほぼ満席状態、家族連れなどで賑わう at Home なイキフン


小上がりに座した我々、早速に杯を合わせる
DSC05474.jpg
我杯はモチロンの黒ホッピー。


「…ホッピーって、何なんスカ???」


今回の共犯者、ミサヲちゃん は我杯に質問を投げかける。


…。


…ホッピーって…何なんスカ…だと…???



…。





jojo
「ギャ、ギャニィィィ~ !?

なんじゃと~ッッッ !?

大衆居酒屋にて必須の一杯であるホッピーを知らんじゃと~ !? 」



「ええ、初めて見ましたよ」



…Holy shit … !!



…だが、これこそいい機会じゃよ~。


ホッピー呑んで新たなる幸せを感じるのじゃ !!


はい、ホッピー、うれピー、よろピクね~♬
(↑ )




ところでこの「のまっしょ元 3 」、メニューの取り揃えが充実
DSC05475.jpg
炙り〆サバ

…が秀逸




刺身のメニューが豊富だったので、
DSC05476.jpg
アレやコレやと頂戴したが、

DSC05477.jpg
…。

…はて、これらの皿は何の刺身であったか…???
(↑ 忘れてやがる)


…あ !!
届きましたYO !!


今回の一席は発起人、ショーちゃん がこの一皿を食べたいが為に開催されたもの。
DSC05478.jpg
イカのワタ炒め


ウムム !!

確かにこの味はヲ酒によく合う !!



この旨味を更に昇華させる為に、
DSC05480.jpg
高清水 生貯蔵酒


…を摂り込む


焼き物もシッカリとヲーダー
DSC05482.jpg
串焼きセット

…は一人では決してヲーダー出来ないボリューム
(↑ 普通、一人ではヲーダーしないが…笑)



店内のヲ品書きを改めてよく見たら、日本酒の品ぞろえも充実しとった。


「日高見」なんかも置いてあった。


我杯、初潜伏にも関わらず、マスターに、
hayaku-i-1.jpg
…のクレームを。

当然、マスター 3 は「何のこっちゃ」な表情である。



散々に高清水空けてたが、まだ間に合うとばかりに、
DSC05484.jpg
萬代芳 特別本醸造生
(会津・白井酒造)

…をば、ダメ押しの一杯に


ところで、今回の共犯者、ミサヲちゃん とショーちゃんが実に頼もしい。


年齢は我杯より遥香に若いが、しっかりと「居酒屋マナー」を心得ている !!


そう !!


バイトの女の子にしっかり「ヲヤジ的アプローチ」を仕掛けていたのだ !!


「え~? 今、高校生?」

「部活は何やってるの~?」

「カワイイね~。彼氏いるの~?」



このように、居酒屋に於いて最も重要な事は、


酔っ払いヲヤジは、女の子みたらニコニコすること !!



基本をしっかり抑えたこの二人、実に将来有望である !!
(↑ 本当かぁ )




「今度、(我杯が行くような)ヲ店に連れてって下さいよ」




…なんてな頼もしい発言に、嬉し涙がチョチョ切れる…


次回の居酒屋巡りを確約し、今回はヲ開き


帰途。



我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を自宅まで走らせる。


1、2度角を曲がれば、あとは田んぼ道を自宅まで一直線の安易なルート…


…の筈だったが、ここで我杯は天性の方向音痴ぶりをまたもや大発揮。


真っ暗な田んぼ道を彷徨い、果てはシト様の庭先にまでウッカリ侵入してしまうバカモノっぷり。


ヲマケに真っ直ぐ帰還出来ていれば遭わなかったであろう雨にも祟られ、いらヌ被害を被ったのだった。




それでは、今回はこの一曲で皆さんとはヲ別れです。


酒場逃亡記、次回もヲ楽しみに~ !!



あたしバカよね ヲバカ 3 よね…

春の呑み鉄2016 後篇 「焼き肉手掴み篇」 ~木更津・三考、新橋・赤札屋~

献血したんですよ


暫らくしたら、検査結果の通知が送られてきてですね


さぞかし、グズグズな結果が出たのだろうと思いきや、予想に反して、実にクリアな健康体 !!




…やっぱ、アレかしら。
毎日呑んでる「杜仲茶」が効いているのかしらん。



理由・理屈は分からないが、まあ、これだけ呑んだ暮れて、健康を保てているのだから、有り難い。




「変なモノ」も混入してなかったみたいだし…
uss.gifuss.gifuss.gif



「犬の名前は ペル なんですよ」


そんなコトをブツクサ言いながらの「春の呑み鉄2016」、その道中もいよいよ後半戦。
DSC05395.jpg
散々に小湊鉄道を遊びつくした我杯と カーノさん 。


帰途にて、

木更津

…へと降り立つ


何でも、 カーノさん が事前リサーチしていた、
DSC05411.jpg
コチラの一軒が実に良さ気だったらしいのだが、店内を覗いたら既に満席 !!



地元の御常連 3 だろうか、夕方の少々早い時間、かなりメーターを上げていた。


残念ながら立ち入る隙がなく撤退…



この一軒があった通りには、
DSC05412.jpg
チラホラとソレっpoidなヲ店が

DSC05413.jpg
軒を連ねていたが、


流れ付いたるは、コチラ、
DSC05410.jpg

三考


ラーメン屋 3。




…。



…過去、ラーメン屋で呑んだ覚えがないわ?

もしかして、ヲ初だったかしらん !?


暖簾を潜ると、
DSC05402.jpg
地元の御常連 3 と思しき 先客 3 が やはり いい感じ。



さてさて、
DSC05403.jpg
何を頂きやしょうかね。

やはり、ラーメン屋呑みと言えば、
DSC05404.jpg
ギョーザは欠かせないでしょうか

はたまた、
DSC05405.jpg
野菜炒め

…も外せない


まあ、とにかくヲ疲れ様でした。
DSC05400.jpg
ぱんぱ~い


ヲ茶割にてギョーザ、野菜炒めの旨味を洗い流す…



串焼きもウリだったようなので、
DSC05406.jpg

DSC05407.jpg
アレやコレを。


豚バラネギ間串、絶妙なる塩味加減が杯の傾きを加速させる。



ヲ茶割りから、
DSC05408.jpg
コチラへ移動


…阪神のユニフォームを連想…笑



酸味の効いた一杯で、
DSC05409.jpg
ラーメン屋呑みを制覇、木更津、千葉を後にする…




総武線で土屋アンナばりのランウェイ。
(↑ ???)


山返し、其の2
DSC05416.jpg
木更津から一気に重力シンバシーへ到達

DSC05417.jpg
今宵、サラリーマンの聖地にてトドメを刺す !!


潜伏を目論んだ聖地『野焼』がまさかの休業日。




ならば、と潜り込んだるは、烏森ネ申ネ土スグ近くの、
DSC05423.jpg

赤札屋

DSC05422.jpg
店名が表すとおり、

DSC05424.jpg
とにかく価格破壊な一軒。

店内はほぼ満席


我々らしい、隅っこの席に案内され(笑)、
DSC05418.jpg
隅っこで



それじゃあ、今回の呑み鉄のシメ、一気に行くぞぁぁぁ~っ !!



完全に酔っ払った我々は、
DSC05419.jpg
ニラ玉鍋を食べている~ !!


このダシの効いた一品 !!
bandicam 2016-06-04 17-13-11-975
ストロングゥゥゥーッド !!


bandicam 2016-06-04 17-14-10-087
「ℤ✲✫❖㍻㍰쎪꓁꓂ !!
(↑ まだまだ !! と言ってるらしい)

DSC05421.jpg
天ぷら盛合せ !!


この、サクサクの歯応え !!
bandicam 2016-06-04 17-13-11-975
ストロングゥゥゥーッド !!


bandicam 2016-06-04 17-14-20-562
「ﺒﺆﺆﺈﺊﺇﺳﺥﺘﺗﺖ¢𠀣𠀤 !!
(↑ もういっちょいくぞ~ !! と言ってるらしい)


この赤札屋に来たからには、絶対に外せない一皿 !!
DSC05420.jpg
超絶大盛・スパゲティ・ナポリタン !!


優に4人前はありそうな分量だが、たったの380円 !!
(↑ 大驚愕)


非ッッッ常に !! 食べ応えのあるこのヲーダー。
シメに相応しい !!


今回の呑み鉄も !!
bandicam 2016-06-04 17-13-11-975
ストロングゥゥゥーッド !!


bandicam 2016-06-04 17-15-23-585  
「𠁀𠀲𠀕𠀓𠁅𠀫𠀬~ !!
(↑ 手掴みで焼き肉 !? なんじゃそりゃ~ !! と言ってるらしい…笑)



…この後、二人してチャトランは市川コン監督だとか、牛乳キャップとか、撲殺とか、何でヲレがやるんだよとか、市原悦子ゾウの国とか言いながら帰途に就く。




そして、これらに何の意味があったのか。


それは我杯と カーノさん 以外に分かる由もなく…。




…え???


毎回毎回、そんなコトでいいのか? ですって !?


それは…
imgf8ef4107zik8zj.jpeg
言わない ヲ約束~





終わり。

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login