酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


愛の呑み師たち 嚆矢篇 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

風邪かな?

それとも、熱は無いから花粉症かな?


とにかく、咳が止まらない、鼻が詰まる !!



この週末は「とある武道」の稽古も見合わせて、ゆっくりと自宅で療養…


…しない。

実にヒサブリに降り立ったる さいたま新都心。

モチロンに目的は、
DSC07785.jpg
ボンサイ。


…じゃない。
DSC07786.jpg
祝 !! 新シリーズ・発進 !!




これで向こう1年以上は退屈しないで済むッ !!



バカモノ・ブログを御覧の皆さん。


コチラ、しばらく「ヤマト、ヤマト」でウルサイですよ…笑
yamato_03.gif


…それにしても、久し振りに目の当たりにした。


「満席の映画館」


…ってのを !!




圧巻のストーリー展開に満足の我杯、
DSC07787.jpg
やはり、ヒサブリの北浦和駅に


もちろん、目当てでゴザイマス


駅から延びる商店街を探索…
DSC07789.jpg
気になるヲ店のチラホラ散見されるが、シト通りはチト寂しいような。



…まあ、イバラキなんかよりは賑やかですが !!

(↑ 大悪意)


…ヲや。
DSC07791.jpg
サザヱ 3 家に出入りしてそうなヲ店…笑


駅反対側に出た。
DSC07792.jpg
電車から線路沿いに居酒屋 3 が見えていたのでフラフラと探索…

…しとったら、
DSC07793.jpg

大衆割烹 鳴子


…のヲ店に辿り着いていた


…まあ、そもそもでコチラが第一目標だったんですが。



以前もヲじゃ魔女したことのある一軒。


開店間もないタイミングでフェードイン


カウンター席に着陸。
早速に、
DSC07794.jpg
「本日の晩酌セット」をばヲーダー


これまた実にリーズナブルなセットメニューでして、
DSC07795.jpg
呑み物一杯、ヲ通し(ヲカラの和え物)

DSC07796.jpg
串焼き(今回はネギ間)

DSC07797.jpg
それに揚出豆腐のセットで、なんと¥1080- !!


特に、この揚出豆腐、
DSC07798.jpg
ダシがとても優しく効いていて、これまたヒサブリに「まいう~♪」なる言葉を発した…笑


こら、かなりヲ得なセット


これもテレザート星・テレサ 様 のヲ導きに違いない。
(↑ ???)




コチラの鳴子 3 で供されるヲ酒は、
DSC07802.jpg
高清水

この一本を推奨。


「鳴子」の店名の通り、秋田県の銘酒をぬる燗で頂戴する。



それに合わせるは、
DSC07804.jpg
鮭とば


これを軽く炙ったものを頂く。


するとどうでしょう。

噛むほどに口中にて甘味が増す !!


高清水がみるみるで無くなってしまったワイ。



もう一本 !! と行きたかったが、余力を残してヲきたかったので、今回はこれで



実に落ち着いた雰囲気の鳴子 3 。
DSC07805.jpg
ゆっくりとヲ酒を堪能出来ました


次の「ヤマト」は6月末に公開。
DSC07806.jpg
では、その頃にまた伺いましょう。


きっとその頃には暑くなってきているだろうから、また違う楽しみも発見出来そう…





さて、最近はそろそろ日も長くなってきました。



時間もまだ宵の口。


せっかくの北浦和。




次なる一軒へ向け、両舷前進、最大
戦速 !!
yamato_03.gif




…ですが、これは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…



tbc.jpg

杯テンション 2 ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

いつもヲ世話になってヲります。


…。

一ノ割ッ !!


駅前に展開する呑み屋通りを横目に見つつ、
DSC07708.jpg
アシを向ける場所はアソコしかないッッッ !!


そう !!
DSC07709.jpg

大衆割烹 やまよし



異例の同店連続アップ !!


何故かッ !?



ずぅぅぅ~っと !!

以前から、 タッキーさん 、 ケムラー先輩 御両名より、


「やまよし 3 へ連れて行け !! 」


…と、ハナシがあったのだが、勿体ぶって逃げていたのだ !!
(↑ あ~はっはっは !! )


今回、ようやっとの解禁…笑


それではヲ二方、
DSC07710.jpg
ようやくの「やまよし 3 」、ヲメデトウございました



カッコつけないで 酒を呑め !! ヲ酒に酔わなきゃ始まらない !!


少々遅参した我杯。

先着の タッキーさん は既に、
DSC07711.jpg
自家製〆サバ刺

…をヲーダー済み


流石は呑み師の タッキーさん。


初潜伏のヲ店でも、何をヲーダーすればいいのか、把握なさってヲられる !!


「うヲ、このヲ通し、美味いよ !! 」
DSC07712.jpg
恒例のヴァラエティ ヲ通しに感動されるヲ二方。



冷蔵庫の中から引っ張り出したる、
DSC07714.jpg
白瀑 山本 6号酵母 純米吟醸生原酒
(秋田県・山本合名会社)


流通限定の一本。

しかも使用酵母は「協会6号」 !!
(↑ ヲ酒好きにはタマラない響き)


さあ、踊れ !!
DSC07713.jpg
一言、美味 !!



「美味い !! 美味い !! 」


…を連呼するヲ二方。



流石の「やまよし」セレクト。

美味至上の一献である !!





ママ 3 が煽りまくる我々を見て、

「2合づつ出しちゃうよ~♪」
DSC07715.jpg
いつもより大きな器で供してくれました


早速にガブガブな我々…笑


我杯と タッキーさん は次の日に「とある武道」の稽古が控えているのだが…


明日の稽古 関係ねえ 入り身・一教もアゲアゲで !!


…てなワケで、
DSC07716.jpg
厚揚げ

ヲーダーした…笑


前日、「ヲんな酒場放浪記」の再放送観てたので、
DSC07718.jpg
その日の白和え

…をば

ヲ二方に召し上がって頂いた。


モチロン、頂戴したコメントは予想通り



「やまよし 3 」の美酒・美肴に、
DSC07717-1.jpg
ブライトリィ・スマイリングなヲ二方。
(↑ はははは)


この日、ヲ酒はマスター 3 のヲ任せで。


すると、面白い一本が登場。
DSC07719.jpg
宮の雪 純米酒
(三重県・㈱宮崎本店)


今回、頂戴したヲ酒の中では辛口の一本。


しかも、肩書には、
DSC07720.jpg
サミットで供された、という見事な触れ込みが。


…しかし、「真の酒呑み」であるならば、この『㈱宮崎本店』なる酒蔵 3 が、あの

キンミヤ焼酎

…の醸造元であることにヲ気付きの筈 !!




テンション ション ション ション ション …テンション マックス !!
DSC07721.jpg
タッキー 3 はともかく、普段は日本酒を呑まないケムラー先輩でさえ杯をグイグイ


盛り上がってまいりました !!

ヒートアップしていこう !!




そしたら、ヒートアップ超過気味のタッキー 3 、

「呑み比べしたい」

…なんて言い出すから、マスター 3 に無理言って、
DSC07722.jpg
天穏 純米原酒
(島根県・板倉酒造(有)

川鶴 純米生原酒
(香川県・川鶴酒造店)

…をWヲーダー !!



冷蔵庫ごと呑み干すつもりか !?


その時、ケムラー先輩殿の目が鋭く光った !!



「気になるメニューがあるんですがね…



そうして、ヲーダーしたるは、
DSC07725.jpg
真イワシ紀州梅煮


ヲヲ、何たる何たる !!

今宵、ヲ二方に味わって頂こうと画策しとった逸品を、ケムラー先輩殿は見抜かれてヲいでだった !!


眼にも見よ !!
音にも聞いて
鼻で嗅げ !!
DSC07727.jpg
ヲ解かりでしょうか、この一箸のテカリ具合…


脂の乗り方がタマラン…


その脂の旨味が付け合せの紀州梅の酸味でサッパリと昇華…




呑み比べ、なんて称してヲーダーしたヲ酒も、あっという間に胃袋へフェード・イン


宴もタケナワな頃合、タッキー 3 が妙に静かになってきた。


訊けば、スタートの数時間前から引っ掛けていたと言う…。



そら、流石にヘロヘロになりますわな…笑



こうして、
DSC07728-1.jpg
ヲ二方はサイコーにハッピーな御様子でした…。



てな訳で一ノ割接待、大成功
DSC07731.jpg
やはり「やまよし 3 」 !!

最後の一瞬も Happy End !!






「今回も…
I-did-it.jpg

楽しかった… ♪ 」




ずっと座ってる どこかの偉いシト あんたも一緒に付き合えよ



(ぱちんっ)

杯テンション ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

ぼんやりと「ヲんな酒場放浪記」を眺めていたら、昨年(2016)に放送された、

一ノ割 大衆割烹やまよし

…の回、再放送でした


早いなぁ…


我杯が運よく、
DSC04780-1.jpg
万サマ こと、万波 奈穂 様 にヲ逢いしてから、1年が経過…




万サマ、あれから我杯に会えずにいて寂しい思いをしてないだろうか…?
(↑ 筋金バカ)


『ヲレが握手会に行かなくちゃ、あのコ(アイドル)はきっと悲しむ !! 』




愚かな妄想を抱くアイドル・ヲタのような思考を巡らせた我杯は、毎度ヲ馴染み、


大衆割烹 やまよし


…へ、コンバンワ




「とある武道」の稽古帰り。


程よく身体を動かし、ノドは120%で乾いていたので、
DSC07107.jpg
生ビールでスタート


「やまよし 3 」、福島は会津の銘酒「会津中将」は常備
DSC07109.jpg
早速に『本線』へシフトチェンジ



…本線や、本線 !!


支線、引き込み線はウソやで !!
(↑ )



マスター 3 にヲ願いして、
DSC07110.jpg
自家製〆サバ刺 & サンマ刺


…を盛り合わせてもらう。


「中将」が焼石レヴェルで蒸発


はい、ぱんぱ~い !!
DSC07111.jpg
御常連 3 の センセイ が隣席に


…実はコチラの センセイ 、バドミントンの名手なんである。


そして何と、バドミントンの日本代表選手の皆さんとも御昵懇だとかで。



バド…って、どんな動きで行うスポーツなんですか?


なんて話から始まった「身体の使い方談義」



…なるほど、我杯が傾注する「とある武道」、その完成へのヒントを得た !!


「いつも有り難うね~」
DSC07112.jpg
…なんて言いながら、一緒に呑み始めちゃうママ 3 …笑


…この「やまよし 3 」は会津のヲ酒の取り揃えが豊富。


それはママ 3 が福島御出身なのが一因なんである。


そんな一本を今宵も頂戴しましゃう
DSC07113.jpg
豊久仁 ひやヲろし 純米吟醸
(会津坂下・豊国酒造)


DSC07114.jpg
…アタシャ、すっかり日本酒は会津派。


ヨソのヲ酒を頂戴していても、会津基準でテイスティングするクセが染み込んでしまった。


「ああ、この風味…好物の『風が吹く』に近いわ


…なんてな感じで。
(↑ 実は日本酒、詳しくないのに)



そんな美酒に酔い痴れ、
DSC07115.jpg
今宵も完食 !!


…モチロンに大葉やツマも



マスター 3 はいつも通り、ヲ店の外までヲ見送りして下さる。



ヲ店の中で終わらせない、


「最後までのヲもてなし精神」


…である。




帰宅してからの余韻までが楽しい…



そう思わせてくれる「やまよし 3 」は、稀有な一軒。



まさに、
happy-end.jpg
最期の一瞬も Happy End

聖地巡礼69 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

皆さん御存知の通り、我杯はこんな生活しとるモンですから、要所要所の時間は多大に持ち合わせてヲりまして。



で、持て余した時間をつぎ込んでいるのがゲームアプリ。


…ここからは、局所ネタ。
(↑ 局所ネタのカタマリ、酒場逃亡記)


「吉田くんの 潜入! 恐怖の極悪パン工場」っつーのがありまして。
🍞🍞🍞




ひたすらに流れ出てくるパンを仕分けしていくというゲーム。



いかに長時間労働できるかという、かなりブラックでデンツーな内容なのだが。


何の見返りもない、無駄な時間を浪費する…。
ysd-2.jpg

ysd-3.jpg


スマホとかクリクリいじくってる輩は好きじゃない…。
(↑ どの口が)




さて。


文教都市ながらもディープな街、浦和。

その一角、北浦和駅周辺を徘徊する我杯。
DSC07102.jpg
吉田 類 先生 の御足跡を追い、次なる一軒を求め、彷徨う…。



西口から徒歩2分もかからない。


そこに今回の「隠れ家」。
DSC07099.jpg

大衆割烹 鳴子


…へと潜伏
DSC07098.jpg
聖地。

即ち、モチロンの 吉田 類 先生 御光臨の一軒である。


放送で拝した際に即座に

「潜伏したい !! 」

…と、所感した一軒。


期待度は個別握手会よりも高い !!



暖簾を潜ると…




ヲ客 3 はゼロ


…これはチャンス !!



何故なら、ヲーダーは即座に通るし、何よりも、マスター 3 とゆっくりヲ話が出来るからである。



無人のカウンター席にへばりついた我杯、
DSC07082.jpg
レモンサワーとヲ通しで御挨拶


DSC07083.jpg
カウンター上には魅惑的な具材が出番を待つ。


ヲ品書きを眺める。
DSC07086.jpg
…リズナボー !!



このご時世に、浦和という立地でこの価格は在り得るノカ !?

…と思わせるような安心感のホワイトボード。


我杯の薄っぺらな財布の中身と照らし合わせても、トランプみてーにエラくなったような気分 !!



…アイツは偉くはないな。


ショッケンランヨーのヲーボー野郎だ。



よし !!

自身に向けた、ヲレ様的「大統領令」、発動 !!




目の前にあったヲ品書きに注目…。
DSC07089.jpg
ふーむ、ふむふむ…


ここで我杯、何かが琴線に触れた


「このヲ店ではこの一品なのだろう」


そう直感してヲーダーしたるは、
DSC07091.jpg
湯葉春巻


…。



金運、そして女運に全く恵まれない我杯であるが。



美味・美酒的なめぐり逢い運勢は人一倍だと思うゼッ !!



これは… !!




美味い !!





サクサクの衣は、


前歯の歯応えから導入される旨味への予感


…を、難無くクリア !!



マスター 3 も自慢の一品と自信があるのだろう。


ヲーダーすると、満面の笑みでヲ応えしてくれて。



…内心、


「ヲヲ !! 理解ってくれた鐘 !! 」


…と思っていたにチマイない


御常連 3 が入場。
DSC07087.jpg
マスター 3 とゆるゆると語り始める。



段々、楽しくなってきた~ !!

DSC07084.jpg
二杯目は何を頂戴しやしょうか。


ここはパリサツと、
DSC07093.jpg
緑茶ハイで。


カウンター上で出番を待っていた「名優」に御登場願った。
DSC07095.jpg
エリンギ網焼


…をば頂戴する。


実に程よい塩加減。



呑んべぇの弱体化した胃腸に優しい食材ながらも、食べ応えは満点 !!


そもそもでエリンギは安価に入手できる食材だし、自宅呑みでも有用な逸品。



これまた、酒盗。


店内を眺める。
DSC07088.jpg

実に落ち着いた、
DSC07085.jpg
純和風な在り方。


こーいった感じは、世界のドコを探したって無いですよね。


心身の和みと癒しを、雰囲気、空間に於いて施す…。


逆に、スペインとか、イタリアってラテンのノリで四六時中ワサワサ騒いでいそうなイメージ。


決してこんな雰囲気は創り出せないだろうし、理解出来ないだろうなぁ…。


やはりッ !!


日本の創造力は世界一ィィィーッ !!


Japan is Great !!



Yankee go home !!


Son of a Bitch, Trump !!



そしてモチロンに、「居酒屋大統領」こと、
DSC07097.jpg
吉田 類 先生 の御足跡。


番組を観て来店したことを伝えると、実に嬉しそうな顔をしたマスター 3 。


一見の我杯を温かく迎え入れてくれたこの雰囲気こそ、日本が独特に持つヲモテナシの精神なのでしょう !!


ヲモテナシを十二分に堪能した我杯、マスター 3 と女将 3 からの心地よい追い出しの言葉を背に受けて店を出る。
DSC07100.jpg
今後、ヘビーな足掛かりになるであろうヲ店を、北浦和に見出したのはサイワイであり、コインいっこであった。


もう、次回の潜伏予定は決定 !!


次回も充実した酒場逃亡が楽しめそうである !!



かくして、夜の北浦和を後にする…。
DSC07102_20170204021233876.jpg
いいね、北浦和。



今までですね、さいたま市は大宮一辺倒の酒場逃亡記でしたが、これからは浦和にシフトしそうな予感。


つか、する。


だって何だか、だってだってなんだモン。



だが…。



足繁く通うとなると、バカモノ・ブログ的なネタには困らないが、ヲ財布の中身に重大な問題が出そうだ…。


聖地巡礼68 ~ 北浦和・かつみ ~

素晴らしい特別編成が発進 !!
9_20170129164752ab4.jpg
(画像:毎日新聞ニュースサイトより拝借)

滋賀県の近江鉄道 様 が運行する「近江の地酒電車」が好評だそうです。



…そりゃ、そうでしょう !!



是非ともに乗車したい編成ですわ…




そんな訳で皆さん、こんにちは


いよいよの脂切れか、指先の赤切れがシドイ事になっているバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


指先にはコレデモカに神経が集中してるんですってね。


ちょっとした傷が我杯を苛む…



さて。


愛しの甥っ子怪獣・アニキとシャークサメザメな一時を過ごした我杯。
DSC07065.jpg
北浦和駅に降り立つ。

無敵のJR東日本はケーヒントーホクの停車駅にしては、

チョイと賑やかさには欠ける気も駿河。


茨城県五霞町の江川地区よりは遥かに明るいですな !!
(↑ あ~はっはっはっ !! )


駅東口より歩いてスグ。

パチンコ店脇の路地を入ったトコに今回のヲ目当て、
DSC07067.jpg

かつみ


…が薄ぼんやり、と提灯を灯す。

DSC07068.jpg
明るい大通りから脇に入った途端、薄暗い小道に…。

そんな場所に灯る赤提灯の、何とも言えない温もりを感じる…




早速に潜伏してみましゃう。

DSC07077.jpg
入口が2つあるんですね。


ドッチから入っても同じなのだが、強いて申さば、左側がカウンター席、右側がテーブル席スペースに通ずる。


首尾よくコの字カウンター席にへばりついた我杯。

先ずはの盃に埼玉帝國の銘酒、
DSC07069.jpg
梅の寿(小山本家酒造)

…をば、燗にて頂戴する。


酒燗器にて程よく温められた一本、コチラの「かつみ 3 」はこの銘柄一本で供しているそうです。


ヲっと、早速にやヴァいヲ品書きを見付けてしまった !!
DSC07070.jpg
酒盗のチーズ和え


…に、徳利を一気に空にされた


カウンター内を覗くと、
DSC07076.jpg
素晴らしいものがある。


モチロンにヲーダー
DSC07072.jpg
ヲでん

…が、徳利の追加を迫る。


今回、カウンター席を確保出来たのはサイワイだったか。
DSC07073.jpg
カウンター内のマスター 3 も交え、和気藹々と。



…内、一人の御常連 3 。


詳細表記は避けるが、



そこまでしてヲ酒を呑みたいノカ !?


…と驚嘆せざるを得ない在り方で。




…まあ、気持ちは分からないでも無かったのだが。


そう !!


例え、行く手に死神が待ち受けていようとも杯を傾ける !!


それが酒呑みの覚悟の顕れなのだ !!
(↑ )




浦和という都市の真ん中で、味わい深い佇まいと雰囲気を残す「かつみ 3 」。
DSC07078.jpg
平屋建て


とにかく感じるのは、ヲ店と御常連 3 が醸し出す「温かさ」でございましたわね。



来月から浦和にちょくちょく赴く用事もあるし。


これは必ずの再訪である。


その機会が今からタノシミである。






さてさて。


心身共に暖まった我杯であるが、せっかく出張ったのだ、もう一軒巡りましょう !!



…がそれは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login