酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ヲ引っ越し、忘れ物 ~ 南越谷・やまちゃん ~

えぇ、毎度のヲ運びで御座いまして、厚く御礼申し上げます…。


あの猛暑もどこへやら。

すっかり秋めいて参りました今日この頃でゴザイマス。



さて、世の中は情報化社会でございまして。

実に様々な情報が飛び込んでくる訳ですよ。


とあるニュース・サイトを覗き込んだら、まあ、世界と言うものは、ヲよそ日本では考えられない出来事が起こってるもんですなぁ。
img_b10acd11bedf3f5f555150415454e6d5119243.jpg
コチラは何事かと申しますと、

何と、8mもあるニシキヘビをとッ捕まえて食べてしまったという… !!


コトの詳細はコチラで御確認をば頂きたいんでございますが…。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10757


…それにしても、よくこんな怪物と取っ組み合ヲうなんて考えるモンですな !!



体長8mのヘビと闘って勝つ、なんざぁ…。

インドネシアのシト達はバイヲハザードの世界を素手で渡り歩けるんじゃあ、ないんですかねぇ…。




さて、そんな前置きはともかくでございまして。


毎度のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記は今回、

コレマタ ヒサブリに南越谷(こしみな)に降り立った訳です。


御覧の通り、まだまだ表は明るい時分でしたが、それでも開いちゃう、
DSC08963.jpg

やまちゃん


…に、コレマタ何年ぶり !? な潜伏


開店と同時(PM16:30)に飛び込む !!


…のだが、それでも 先客 3 が数名いたという。


DSC08959_20171008131850ee7.jpg
南越谷の聖地。


立ち呑みカウンターにへばり付いた我杯、
DSC08957.jpg
赤ホッピーセットで「ヲ仕事」スタート。


三陸産のわかめで箸に労働を強いる。


DSC08960_20171008131845d91.jpg
名代の串焼きをつまみつつ。


カウンターにへばり付く猛者連。
DSC08962.jpg
黙々と、ただひたすらに杯を傾け、箸を運ぶ。


我杯がこの「やまちゃん」を面白いなぁ、と思うのはですね。


ヲ店の構えが「半屋台」なヲープンなモンですから、表から、店内から、互いが丸見えなんでございます。



店内からボンヤリと表を眺めてますてぇと、通りを行き交うシト達が、実に不思議そうな顔してコチラを覗いてる、なんてな事がしばしば。


「面白そうな呑み屋だなぁ」


…なんてな表情をされとるんですな。



それとも、


「明るいウチからもう呑んでるよ !! 」


…なんて思ってるんですかね?




開店から1時間もしないウチに、あれよあれよで席が埋まる
南越谷「山ちゃん」に、 ヲレ、参上 !! - Spherical Image - RICOH THETA
いい心持ちになってきたトコでヲ会計






アタシャ、この南越谷(こしみな)に「ジンクス」がありまして。


駅近くに「ヲ菓子のまちヲか」、ヲ菓子の専門店があるんスが、アタシャ、無類の菓子好きなモンですから、立ち寄って大量購入を果たすんですが…。


購入したヲ菓子を、必ずどこかに置き忘れるですよ。



この時も、気付いたら手ブラになっていましてね…凹




ヲ酒のせいなんだか、自身のダラシナサなんだか…。



ヲ後はちっともよろしくないようで…


羅生門 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

皆さん、一大事ですYO !!



我々の母なる星・地球に「惑星ニビル」が大接近 !!
wir1709230001-p1.jpg
衝突、若しくは重力の影響による変動によって、人類は死滅しちゃうそうです !!


ウルトラマンも、マジンガーZも、宇宙戦艦ヤマトもこの脅威を食い止めることは無理ップ !!



大変、大変 !!





そして、その X-Day は、2017年9月23日 !!


うア。

もう、時間が無ェェェ~ !!



…って、もう過ぎちゃったし…笑


昔っから、「世界の終末」とか、「人類滅亡 !! 」のような類のデマは絶えることなく出てくるけども。
(↑ デタラメゴシップが大好きな酒場逃亡記)




いつも思うのだが。


「こんな戯言を流布して、誰が得をするノカ 


…まあ、我々がよく知るトコロからはノストラダムスのキョーフのダイヲー騒ぎがあるワケでして。


何の為に有り得ない話を撒き散らすのだろう?



とか言いながら、「TOCANA」とか覗いてる我杯ですが…笑


※…TOCANA

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心(嗤)を刺激するニュースを配信するサイト。





…でも、アレかな?
 
150c14054b2cd7f65c5f9a693a9572ed.jpg
このブサイクが、今のトコ世界の終末の始まりを担ってるのかな?





そんな訳で皆さん、こんにちわ。


最近、胃カメラを呑んでガン泣きさせられたバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


我杯の胃腸は、とても綺麗なピンク色でした



さて。

埼玉帝國は川口の聖地「松ちゃん」での宴席を堪能した我杯、 KTJM兄さん 、 ケムラー先輩 の三匹。


次なる一軒を求めて照準を定め潜伏したるは、やはり北浦和の聖地「鳴子」
DSC08538.jpg
なるご。


この数日前に「ヲんな酒場放浪記」にて、 万波 奈穂 様 が訪れていたのである。


旬な一軒、潜伏せねばなるまい !!



バカモノ・ブログ的には何度かヲじゃ魔女させて頂いていたが、 KTJM兄さん 、 ケムラー先輩 は初潜伏



それでは皆の衆、
DSC08896.jpg
ぱんか~い !!


さて、早速に、
DSC08897_201709231725361ad.jpg
一杯とともに供されたヲ通しで杯の傾けを愉しむ


我等が 吉田類 先生 の色紙とともに、
DSC08898_20170923172537a79.jpg
万サマ の色紙も。

ヲイラも直筆色紙、貰ったもんね~


鳴子特製、
DSC08900_201709231725293c1.jpg
湯葉春巻


…の歯応えが、口中にて心地好い旋律を奏でる。




これがウマイ !!
DSC08899_2017092317253999b.jpg
揚げだし豆腐


…は、マスト・ヲーダーの一品 !!


「鳴子 3 」、一皿一皿の味がとても優しく、丁寧 !!




2度目の番組紹介、ヲメデトウございます。



マスターは我々の祝辞を歓迎して下さった。


ならば !!
DSC08901.jpg
祝杯 !!



「もっともっと、若いヲ客 3 に、居酒屋の魅力を知ってもらいたいねぇ」


色々とヲ話をして下さったマスター 3 。


よしゃ !!


居酒屋の魅力、その情報発信はこの酒場逃亡記にヲ任せ下さい !!
(↑ ほぼほぼヲバカな内容ですが)


鳴子 全景。
北浦和「鳴子」 ゆっくり和やかに呑める店 !! - Spherical Image - RICOH THETA
今宵も楽しい一席でした !!


「鳴子 3 」の一員になれた瞬間…



タケナワ
DSC08903.jpg
北浦和という立地に、慎ましやかに暖簾を掲げる鳴子 3 。

 KTJM兄さん 、 ケムラー先輩 、大変にこのヲ店の魅力を堪能して頂けたようで


この上ない満足を得られた一時…




実は。


「ヲんな酒場放浪記」にて、万サマは「鳴子 3 」と連続で浦和近辺のヲ店を放浪されとった。


もう一軒は南浦和の聖地、
DSC08893_201709231725339ef.jpg
三代目 とも


…だったのだが、我々が訪れた時は生憎の満席

撤収を余儀なくされていた。




しかし、この日の我々の談義は、この収録にて 万サマ がヲ召しになられていた衣装が、
DSC08983.jpg
「どこかでひん剥かれたのでは !? 」

…と思わせる程に実にダイターン3だった事に集中していたのだった。
(((笑)))



中々に侮れない、埼玉帝國の酒場巡り。



この魅力を全て掘り尽くすまで !!


酒場逃亡記は例え胃に大穴が開くとも、死ヌことは赦されヌと覚える也 !!

聖地巡礼71 ~ 川口・松ちゃん ~

いつもヲ世話になってヲります。



最近の台風はタチが悪い。


思い出したように方向転換しては、日本を蹂躙していく…。




あれですよ。

偏西風とか高気圧をうまく動かしてですね。


ロケット花火ばっかり打ち上げてくる、アタマのヲかしい半島上に滞留させてやればいいんですよ。



そうすりゃあ、無茶はできまいて、ククク…。




そんな訳で皆さん、こんにちは。

「台風一過」という言葉は、どうしても「台風一家」なニュアンスのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さいたま新都心駅 - Spherical Image - RICOH THETA
さいたま新都心ッ !!


映画を観に来た我杯であるッ !!

DSC08854.jpg
実写JOJOッ !!


かつて、日本が世界に誇る優良マンガは、幾度も低質実写化され、原作ファンを失意のドン底に陥れてきた…。




圧倒的な世界観で我々を魅了している「JOJOワールド」が、果たして実写映画化に堪えうるノカ… !?


多大な不安を胸に、作品を鑑賞…。


…。



…ををっ。




気付いたら、「フツーに」JOJOを観ていた気がするワイ。



これは、今後に期待させて頂きやす



特に、「広瀬康一」役のカミキリューノスケ 3 。

ナイス・アクトですた !!






映画鑑賞後、我杯は、
DSC08855.jpg
川口駅

…に降り立っていた。



酒場逃亡記、初上陸
DSC08857_20170918142230602.jpg
かつて、鋳物の街として栄えた川口の街。


吉永小百合 様 を信奉するサユリストの聖地でもある…そうだ。



そんな街で毎度ヲ馴染み、 ケムラー先輩 と KTJM兄さん と合流
DSC08858.jpg
実に感じの好い商店街を10分ほど。



今回潜伏するべく訪れた一軒、
DSC08859_20170918142234a6c.jpg

松ちゃん


…に到着 !!



開店と同時に飛び込み、ヲ店奥のテーブルに陣取り。


それでは各々方、
DSC08860_2017091814223128f.jpg
今宵もよろすく !!



ホッピー黒で幕が上がる。


「やきとん 煮込み」を看板にする「松ちゃん」、
DSC08863_2017091814223629f.jpg
串焼きアラカルト


DSC08866.jpg
冷やしピーマン


…やらを頂戴する。


冷やしピーマン、やきとん の脂を上手い具合にリセットしてくれる。



単純な一皿だが、これは盲点だったワイ !!



DSC08865_20170918142239472.jpg
極厚ハムカツ

…で、腹に満足感を与える。




肉と脂の最強タッグが我々のジョッキを空にする。



川口「松っちゃん」 - Spherical Image - RICOH THET
マンゾクなヲレたち


実に茶色い店内。


この色合いが串焼き、ホッピーの旨味をより一層引き立てる !!





…ヲや?


我々酒呑みを魅了する一品がありますね


秋田県の名品、いぶりがっこ に
DSC08869.jpg
チーズ添え。


ならば、杯を変えなければなるまい。



コチラの「松ちゃん」、日本酒の品揃えが豊富なことでも名を馳せている。


「どんなヲ酒がありますか?」


尋ねると、
DSC08870_20170918142242fab.jpg
冷蔵庫からズラリ、と取り出して下さった。


これは、これは…



その中から、
DSC08871_20170918142243342.jpg
賀茂金秀 特別純米 原酒13度
(広島県・金光酒造 合 )

…をば傾ける…。


13度と、日本酒にしてはアルコール度数は低めだが、この口当たりの良さは呑み過ぎ注意 !! である。



追加 !!
DSC08875_20170918142245c38.jpg
明鏡止水 純米 垂氷(たもひ)
(長野県・大澤酒造㈱


…をば。


原料米は山田錦。


その美味さに我杯のこの手が真っ赤に燃えるゥッ !!


勝利を掴め、と轟き叫ぶァッ !!
(↑ ドモン)




…ど~ゆ~訳か、この「松ちゃん」を酒場放浪記で拝見した時、


「ああ、このヲ店は ケムラー先輩 とか KTJM兄さん だな」


…と思い浮かんだのが、今回の一件。



それでも2、3年は経過してしまったが、今回、ようやっとの実現。


ヲ二方、
DSC08879.jpg
ヲ付き合い、アリガトーございやした !!


酎ハイで「松ちゃん」を〆る。


川口「松っちゃん」 ゴチソーサマでした。 - Spherical Image - RICOH THETA


カウンター上に貼られた多くの日本酒ラベル。



我杯の知らない銘柄も多々あり。


まだまだ乳呑み児の我杯、これまた勉強の為に再訪は必至である !!


DSC08880.jpg
よき哉、松ちゃん。

DSC08881_201709181422517c2.jpg
こんな素晴らしいヲ店を擁するキューポラの街が羨ましい限りである。



川口の賑やかな商店街を千鳥歩く…。 - Spherical Image - RICOH THETA
千鳥3匹、駅前に向かう。
フラフラフラフラフラフラ



途中、
DSC08884_20170918142254b5d.jpg
そろそろ看板、という惣菜店に引っ掛かる。


「これ、ツマミで引っ掛けましょうよ」



妙案が飛び出した。



ほぼほぼ投売り状態の惣菜を何パックか買い込み、ヲ酒を抱きしめ、
DSC08886_20170918142255669.jpg
駅前に即席の宴会場が出来上がった。

DSC08888.jpg
ぱんぱ~い


駅前だけに、人通りは多く。


駅から降りてきた人々が、


「こんなトコで何呑んでるんだ、コイツラ !? 」


…みたいな表情でコッチを見ていたが。



そんな視線ですらこの時の我々にはツマミになった…笑




なるほど、楽しい街ではないですか、川口 !!
DSC08892.jpg
さて。


そんな我々が一軒でヲ開きになる訳がなく。



モチロンにもう一軒求めて彷徨う…


…が、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

聖地巡礼70 ~ 上野・みちのく料理 北畔 ~

ヲ盆休み、大満喫中のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



それにしても何ですか、このグズついた天気が続くってのは !?



せっかくに洗濯やら洗車やら、まとめて片付けてやろうと思っていたのだが…凹


猛暑一転、「冷夏」とは !?



フザけるんじゃあ、ないよ !!




…まあ、暑いのはコリゴリですが…



さて。

東京都台東区は上野界隈をフラつく我杯。

目的の一軒へと歩を進める。


狙いはマルイの裏手にある、
DSC08682.jpg

みちのく料理 北畔

DSC08683_20170811155801d3e.jpg
ほくはん。


賑やかな表通りから転じて、静かな佇まいで暖簾を掲げる。


我等が 吉田類 先生 御降臨のヲ店、期待を胸に潜伏



カウンター席に着陸
DSC08684_20170811155802d5b.jpg
ヲ品書きを眺める。


なるほど、日本酒は青森由来の品々ですか


ですが、先ずはの一杯には、
DSC08685.jpg
生ビールを頂戴しやしょう


この日は暑かったッスからね、一気に半分空きましたよ


DSC08686.jpg
ヲ通しにヤッコが登場。



店内、静かにジャズが流れ、実に落ち着いた雰囲気
DSC08687_201708111558074ec.jpg
並びの先客 3 も、何故か一言も発さず…。


これは落ち着いて酒肴を楽しめるワイ。


カウンター上や、店内のそこかしこに、
DSC08688.jpg
かような置物がチラホラ。

DSC08689.jpg
このヲ店の創業者だった先代女将、その長男である陶芸家・阿部和唐 氏 の作品が並べられているのである。


味わいのある作品を眺めながら、次なるヲーダーをば


DSC08690.jpg
厚揚げ


コレデモカに盛られた薬味、サクラエビの風味が香ばしい


DSC08691_201708111557534e1.jpg
この風味をサッポロ二杯目で受け止める。


別に私語、発声を禁じているワケではないのだが。


余りにも静かな空気の在り方に、眠気さえ感じる…
DSC08693_20170811155753b15.jpg
後から入店してきたヲ客 3 、

「うわ、静か !! 」

…と、声にしてその空気を感じ取っていた。



さて、一献頂戴しやしょう
DSC08694_20170811155755062.jpg
桃川 (青森県・桃川㈱

…で、この日の暑気を払う。



…ヲヤ。


他店ではヲ目に掛かった事の無いヲ品書きが。



これはヲーダーせねばなるまい
DSC08695_20170811155757985.jpg
鮎の風干し

…をば。


完全な干物ではなく、半干物といった状態のものを焼き上げる。


身はふっくら
DSC08697_20170811155813770.jpg
塩加減が非常にヲ酒に合います


板さんを垣間見る。
DSC08698.jpg
ひたすらに板に向き合い、ただ黙々と包丁を振るう。


創業、昭和34年とのこと。
DSC08699_20170811155816c0d.jpg
店内にその歴史が確かに封じ込められている。



いやいや、ゴチソーサマでした !!
DSC08700.jpg
酒肴もさることながら、ここまで落ち着いた雰囲気を堪能できるとは。



暖簾を潜り数歩歩けば、途端に都会の喧騒が我が身を包む。


そ~いや我杯は上野にいたんだっけか。



自身の居場所を数刻忘れさせてくれる「北畔」。



また、隔離世の雰囲気に包まれたい時にヲじゃ魔女させていただきましょう…。




ヲしまい

杯テンション ~ 一ノ割・大衆割烹やまよし ~

いつもヲ世話になってヲります。


アレですよ。

暑いからって、冷たい呑み物を口にするじゃないですか。



するってぇと、人体は内臓を冷やすまいとボーエーホンノーで、その周りに脂肪を蓄えるんだそうですな。


所謂、「内脂」っつーヤツですね。


そんな訳で今夏、内臓脂肪が急増中の我杯。
agag agag


我が宅のタニタ体重計は、そんな我杯を「隠れデブ」扱いする


アタマに来たので、どんなに暑かろうが疲れていようが、コレデモカにトレーニングしてやった




そしたら、ほれ見ろ、ざまぁみろ。

内臓脂肪が落ちたのでタニタは黙り込んだ。



ははは、や~い、体重計め !!

(↑ レベルの低い対抗心)



そんな訳で皆さん、こんにちは

今んトコ、ヲ腹がペッタンコのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


…。

毎度ヲ馴染み !!


駅改札に設置された監視カメラに、
DSC08593.jpg
ツバメが巣ぅ作っとった



で、一ノ割とくりゃぁ、
DSC08594_20170806183704b6e.jpg

大衆割烹 やまよし


…でっす !!


今回、「とある武道」で大変にヲ世話になった「生ヨーダ 様 」こと、ナガミン 3 が道場を御勇退。
Yoda.jpg
ナガミン 3
(↑ イメージです。
…笑 )





慰労会として、一席設ける。


VIPを優待申し上げるに、コチラの「やまよし 3 」は実に最適であり。
(グッジョブで大丈夫)



この一席に相応しいメンツを集め、
DSC08595_201708061836519b6.jpg
ぱんぱ~い !!


DSC08597.jpg
黒ラベルでスタート。


DSC08596.jpg
名物のヲ通しで2合はイケる。
(↑ 本当に)



早々に、
DSC08598.jpg
日本酒に切り替え !!



今回の共犯メンバー。

ヲ酒は何でもゴザレな方々ばかりなので、ブログ的にかなり楽…笑


レ・ミゼラブル。
DSC08599.jpg
ここぞとばかりにヲ出ましの刺身盛だったが。


…我杯、一箸も手が出せず…





悔しかったので、
DSC08600_20170806183658232.jpg
夏野菜の天ぷら盛


…は、人一倍に箸を運ぶ !!


だって、美味しいんだものよ。




ナガミン 3 、
DSC08601_20170806183659eb3.jpg
齢を80を越える大超人。


もっと御指導を賜りたかったが。


…まあ、稽古と酒宴は別モノ。

これからもヲ付き合い頂きましょい。





さて、マスターのヲススメを頂戴しやしょい。
DSC08604.jpg
秀鳳 純米酒 夏純(kasumi)
(山形県・㈲秀鳳酒造場)


夏の時期、日本酒は「夏酒」が出回ります。


そんなアリムラな一杯で、夏を呑み乾す…


シメにはモチロン、
DSC08607_2017080618370769c.jpg
つみれ団子汁

…をば頂戴する。


この生姜が絶妙に効いた一品は、飲酒後の余韻をベストの形で纏め上げてくれる。


我杯的に、この「やまよし 3 」の看板メニューと認定するものナリ !!



今回、初めての来店だったアンショク 3 やベーハラ 3 も、きっとゴマンゾク頂けたかと。



…それにしても、かなり呑んだ…。



で。


別件でウロついたある日。


近くまでアシを運んだので、躊躇わずに暖簾を潜る
DSC08703.jpg
…と、申しますか、コチラ「やまよし 3 」を擁する、
DSC08702_20170806215559f24.jpg
すずらん通り。


正直、他にも魅惑的なヲ店が数多く暖簾を掲げているのだが。



それでも我杯はヲレンジ暖簾にマッシグラ
(カルカン)


一ノ割のインフルエンサーなんである。
(ブンブンブン ブンブンブン  hey hey hey)



さてか。
DSC08704.jpg
何を頂戴致しやしょうか…。


「やまよし 3 」の刺身はマスターの腕前が百花繚乱、盛り付けが綺麗。

余計にその美味さが倍増するのだが…。


我杯、刺身に未練はあるものの、どこで食しても同じかも知れない、と強がる。
(↑ よっぽどでなければ、だが)



ならば、マスターの腕前がより一層に際立つ煮物とかを頂戴するのが得策 !!


思い当たった我杯は、
DSC08709.jpg
北海道産身欠ニシンさんしょう煮



…と、この一皿に、
DSC08705.jpg
石槌 純米 土用酒(どようざけ)
(愛媛県・
石槌酒造)

DSC08706.jpg
…をば、マスターのヲススメで頂戴する。

コチラの一本、名前の通り、
DSC08707.jpg
ウナギによく合う仕上りである。

だが、この土用サスペンスは、
DSC08708_201708062156097f1.jpg
コチラのニシンに大合致 !!



いや、マスターの味付けに合ったのだ !!


山椒のピリリとした味付けでまとめられたニシンの脂を、この一献が綺麗に押し流す。


リセットされた味わいは次なる一箸を促し、そして、杯の傾きを助長させる…。



嗚呼、美しき哉、酒場のエンドレスワルツ…



パンパイ攻勢
DSC08712_20170806215612cd3.jpg
隣席に居合わせたこの御仁。


わざわざ蒲田からいらしたそうで。


その上、我等が 吉田類 先生 とちょくちょくプライベートで呑んでいるらしい。


…ギョーカイのシトなのかしら !?


とにかく豪快に杯を傾けていらした。


コチラは、
DSC08714_201708062156161f7.jpg
ヲ店御近所の御常連 3 と。


酒とは。

酒場とは。


何やら懇々と話し込んだ我杯がいた。



嬉しき楽しき、酒場のエンカウンター



酒場に年齢、立場、肩書き、

そんなものはありません。




楽しく呑んで、食べて。


老若男女一つになりゃ、争い事なんて起きないんですよ。





「先日いらした時には皆さんでかなり空けていきましたねぇ。

今回もヤりますか?




マスターの『挑発』を何とか捌いた我杯、今回はここまで


DSC08716_20170806223922d53.jpg
フラフラで地球(自宅)に帰還…。



猛暑の続く日々。


限りなく近日にヲレンジを潜ろう…。


「バカモノ・ブログ見ちゃってる皆さん !!
I-did-it.jpg
アンタも一緒に付き合えよ !! 」


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login