酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大逃亡2017 帰還篇 「左沢って読めない」 ~ 山形・割烹 澤正宗 ~

さてさて。

DSC09416_201711121820412d7.jpg
秋がそそくさと通り過ぎてしまった


イキナリ寒さが増してきちゃって、冬への準備が間に合わなかったのよさ。



…まあ、ヲ蔭サマでヲ湯割りが美味しくなってきちゃいましたが…



「大逃亡2017」にて呑んだ暮れの旅。

山寺・立石寺で六根清浄、
DSC09206.jpg
山形へと流れ着く。

DSC09207_20171112174040fb9.jpg
この車両の行き先表示を見て…。



「知らなきゃ、絶対読めないよなぁ… !! 」


…と、独り所感した。
DSC09208.jpg
何の由来で「左沢」が「あてらざわ」と読むようになったノカ…


調べたトコロ、諸説紛々で、確たる云われは定かでないらしい。



駅コンコースのディスプレイで、「山形美人」のヲ迎えを受けた
DSC09214_201711121741180ff.jpg


山形の銘酒がずらり…
DSC09212_201711121741208ea.jpg



DSC09213_20171112174121985.jpg
またの機会にコチラから迎えに赴かねば…



さてさて。

山形でも「足跡」を残しますよ。


方々へウロついたが、灯台デモクラシー、山形駅自体にその一軒はあった。
DSC09234.jpg


DSC09233_201711121742452f3.jpg

割烹 澤正宗


…に、フェェェェド、インッ !!


カウンター席に着陸、ヲ品書きを眺める…。
DSC09229_20171112174248960.jpg
ふ~む、ふむふむ…


コチラの「美人」にはヲ初でヲ目に掛かります。
DSC09230_2017111217424933c.jpg
ココは一つ、手軽に種類を楽しめる、3種セットを頂戴しやう


DSC09231.jpg
正解 !!

味わいの違いを楽しむ…。


自宅取寄せ決定。



さて、この杯に合うのは、やはり、「山形名物」でしょうか。
DSC09232_201711121742437d1.jpg
芋煮込み

…をば頂戴しましたよ。


あっさり、和風の味付けが、コレマタ地酒に合いますね !!



やはり、花より団子、旅は食、ですな !!


山形駅「割烹 澤正宗」 旅の終わりに美味い酒 !! - Spherical Image - RICOH THETA
我杯のカウンター並びにいらした 先客 3 。


ただひたすらに地酒の杯を傾ける。


その姿、武術の達人の佇まいに通じるものが。


どうやら、これから酒場に潜伏する時は道着・袴で臨まねばならないようだ…笑



「澤正宗」を堪能した我杯、ヲ店を後にし、再び市内を彷徨。


煙な我杯、高見へとしゃれ込む。
DSC09237.jpg
市内一望。


…どんより…



…ええい、雨天曇天は我が宿命よ !!


いわば、死の運命に翻弄される者の頭上に輝く死兆星 !!


我が身に従え、低気圧 !!



そろそろ出立の時間。


名残惜しいが、帰途の新幹線に…
DSC09239.jpg
違う、キミじゃない。

DSC09240_20171112174411b8b.jpg
帰途の新幹線、つばさ クン に乗車


DSC09241.jpg
もちろん、

DSC09249_20171112174415c9b.jpg
車中のパートナーもヲ忘れなく。



さらば、山形。
DSC09247_2017111217441419b.jpg
また臨まねばなるまい。

また呑まねばなるまい、山形の地を !!




快適な帰途を2時間ほど過ごし、埼玉帝國の首都・大宮に到着
DSC09251_20171112174417f51.jpg
ヲ世話になった つばさ クン を見送る。


DSC09252_20171112174412514.jpg
やあ、ありがとう。

またよろしくね~



かくして、1泊2日の呑み紀行は終焉を迎える。


シト、ヲ酒、風光明媚、etc…。


今回の旅、その余韻に浸りながらも、我杯は既に「次回」を画策している…



さぁて、次回はどんなバカをしてやっか !?


今からヲラ、わぁくわくすっぞヲ !!

(↑ アイデンティティ)



そんな訳でして、今回の「大逃亡2017」、これにて閉幕でゴザイマス。



2017年9月のヲハナシでございました…。



gs
じょわぁぁぁ~ん
(↑ 銅鑼の音)

大逃亡2017 純米篇 「クデをくで」 ~ 酒田・酒肴処 居郷留(おるごおる) ~

神奈川県・座間市で発生した連続殺人事件のニュース。


やめてけれ !!


ツイッターで知り合った自殺願望者を誘き寄せ、殺害…。


伝え聞く情報だけで、ホラー映画じゃないか !!



いや、それ以上か…


独りモンには、余計に恐怖感倍増のニュースである…



そんな中、ニュースサイト覗いてたら、マヌケなホラー?ネタが。


中国でのヲ話。




朝、郵便受けの新聞を取り出そうとしたら…

ぎゃあ !!



郵便受けの中から、誰かが覗いてるゥッ !?


ちょ~ど、女性が微笑む広告ページがコチラを向いていたんだと…笑



…美人もトキトバ関係無いとホラーになる、という…



さてさて。


泊りがけで呑みに出かける「大逃亡2017」にて、山形県は酒田市の夜を徘徊する我杯。


我等が 吉田類 先生 のヲ導きにて聖地「久村の酒場」にて美酒を堪能。




DSC09126.jpg
次なる一軒を求めて彷徨う…。


DSC09125_20171103135812286.jpg
晶。

あと、我杯の生き様。
(残悔拳)



二軒目の目星を事前検索したところ、なかなか評判の好いヲ店に行き当たった。


それがコチラの、
DSC09137_20171103140837e9d.jpg

酒肴処 居郷留
 

…なる一軒。



おるごおる。


情報では、美人の母娘 3 が切り盛りするヲ店なんだとか…



早速に潜伏、カウンター席に着陸
DSC09130_201711031410108e9.jpg
先客 3 が一人、ゴキゲンで杯を傾ける。


そして、カウンター内からウワサの娘 3 のヲ出迎えを受ける。


ウワサは本当でしたわ…


先ずはのゴアイサツに、
DSC09127.jpg
くどき上手 辛口純米
(山形県・亀の井酒造㈱)

…をば頂戴する。


しかも、最初の一杯は娘 3 のヲ酌付き !!


美人から「くどき上手」を頂戴する以上、ヲトコとしてアプローチを仕掛けねば !?



でも、そんなアタシは意気地なし。



ヲ通し。
DSC09128.jpg
手羽煮物


柔らかな味付けに、独りヲ酒に口説かれる…。


さて、ヲ皿は何を頂戴しやしょうか。
DSC09134_201711031411327ec.jpg
ふ~む、ふむふむ…。

刺身、といきたいトコだったが、焼き物も…。


…。


「クデ」…?


何だろう、「クデ」って。


我杯的に初耳だったのでヲーダー
DSC09129_2017110313581738f.jpg
クデ。


その正体はヲキタナゴ、っつーヲサカナ。


クデ、という呼称は山形特有の言い方で、その美味さに、

「もっとくで(くれ) !! 」

…と、言わせる程だから、というのが由来



…と、隣席の御常連 3 が教えてくれた。



しかも、関東圏には出回ってないよ、とのこと。



解説、ありがとうございます。

では、ヲ近付きの印に、
DSC09132_20171103135820ba5.jpg
ぱんぱ~い


実にゴキゲンだった御常連 3 。


色々なヲ話を聞かせて下さったが…


残念。


訛りが強くて半分何を言ってるか解らなかった。

…笑


だが、地元のシトと楽しく呑み交わす事が出来るのは、呑み師冥利に尽きるワイ


他に何かヲススメはありますか?


訊ねたトコロ、
DSC09133_20171103135821566.jpg
メバル西京漬焼


…が飛び出した。


をを、それは好いですね



…この時の我杯は既にかなり腹いっぱいであり、

このヲ店では何が人気メニューなんですか?

…という意味で訊ねたのだが、御常連 3 が気を利かせてヲーダーして下さった…
ks.gif



だが、美肴を前にして !!

満腹を理由に我が箸は退かヌ !! 媚びヌ !! 省みヌ !!




こうなったら、トコトンに酒田の夜を呑み尽くす !!
DSC09136_20171103141248395.jpg
初孫 魔斬

…をば、トドメに頂戴する !!


これこそ山形 !! これこそ酒田 !!



酒田市「居郷留」(おるごおる) - Spherical Image - RICOH THETA
このアットホームな雰囲気、幸手の「友」にクリソツだわ、と所感。

居心地がいい。




美人ママは厨房専任だったようで、ゴアイサツ叶わなかったが、
垣間見たトコやはり「ウワサ」は本当だった !!




うぎゃ~、呑んだ呑んだ !!
DSC09138_20171103140839a6b.jpg
再訪を期し、ヲ店を後にする…



さすが、我杯。


相変らず スカ はない !!




ここまでの酒量、かなりのモンだったように記憶しとる。



記憶しとったが、定かではない。



まあ、せっかくの遠征ですし。


呑まなきゃ、何の為に来たのかだし。
(((笑)))





かくして、酒田の夜は更けていった…
DSC09148_20171103135823246.jpg
這う這うの体で宿泊先に帰還、泥人形の様相で爆沈…。



そして。


酒田市内の観光は一切 !! しなかったこと付け加え、今回はここまで。


旅はまだまだ続きます…




tbc.jpg
 

大逃亡2017 発進篇 聖地巡礼72 ~ 酒田・久村の酒場 ~

いやいや。

世の中、ツッコミ所が多過ぎる…


大茶番の衆院選挙。

特に野党の迷走振りは目も当てられなかったですなぁ。
(↑ シニカルな笑み)


…あ。

そ~いや、枝野 3 て、欅坂のファンだったんですね…笑



そして、日本の製造業の信頼を崩壊させかねない数々の不祥事…。
subarusu.jpg
虚偽、捏造、隠蔽…。


…まあ、我杯からすれば、

「何を今更」

…なんですが…
(↑ 製造業従事者 )



さて。


泊まりで呑みに出掛けちゃう恒例のヲバカ企画「大逃亡2017」にて、新潟に漂着した我杯。



そこからいよいよの目的地に向かいちみヲん


羽越本線のスーパー編成、E653系 !!

特急いなほ 様 に搭乗 !!


DSC09058.jpg
キレーな車内



ほぼほぼ貸切


新潟駅で調達した一本、
DSC09059_201710281817469d6.jpg
鶴齢 純米雪男
(新潟県南魚沼・青木酒造)


…をば、旅のヲトモに
DSC09060_20171028181747fe2.jpg
この一杯が後々にキーポイントとなったのだが、これは後述…。


辛口の一杯を、
DSC09062_20171028181749206.jpg
駅弁と、


DSC09067_2017102818174266d.jpg
日本海の眺めを肴に頂戴する。



う~ん、極上のヲトナ旅…


いなほ 様 に揺られる事、2時間…。

新潟、豊栄、
DSC09065_2017102916394245e.jpg
中条、坂町、村上、桑川、府屋、あつみ温泉、羽前大山、鶴岡、余目…


そして、遂に到着 !!
DSC09069_201710281817524a2.jpg
最寄より、10時間と42分を要す。


はぁ~、遠かった !!
DSC09072_20171028181755e62.jpg
…毎回、こんなコトしてて思うのだが。


「うわ、『呑む』ってだけで、こんなトコまで来てしまった !! 」


…っつー、やらかした感がヒシヒシ…笑


ふ~む、ふむふむ…
DSC09071_2017102818175305f.jpg
だが、何より、「酒」田市である。




今回のメインである、一軒にゴゥ !!


それこそがコチラ、
DSC09085_20171028181758887.jpg

久村の酒場


…である !!

DSC09086_20171028181756e4f.jpg
くむら。

吉田類 先生 はモチロン、名立たる日本の「名呑み師」が訪れる聖地である。


この久村 3 、それだけのネームバリューからして、連日満席になる繁盛振りだという。


ならば事前に電話予約を…と画策したのだが、何度かけても、


電話に出てくれない !!



ど~やら、開店と同時にヲ客が大挙して押し寄せる為、電話に出られないらしい。



ならば、と我杯は開店30分ほど前にヲ店の前で待機した。



これが覿面 !!



あれよあれよと「同好の士」が我杯の後ろに長蛇の列を成し始めるでは内科 !!
(アブネー、アブネー)




そして、開店 !!



我杯をアタマにした長蛇は、一気に店内へ雪崩込む !!


カウンター席に着陸 !!
DSC09103_20171028181804c58.jpg
カウンターはなんと、そんまんまのガラスケース !!

その中に陳列されたツマミをヲーダーできるのだ



長旅の疲れを癒す為、生ビールを頂戴する


…をを…見給え、諸君。
DSC09104.jpg
ガラスケース上のジョッキはまるで浮遊しとるかのようではないかね?
(↑ 何様)




そのガラスケースから、
DSC09105.jpg

DSC09107_20171028181810729.jpg
ヲ通し代わりに二皿を



ウレシイのはこれだけではない。


酒田の地酒「初孫」を始めとして、
DSC09106_20171028181808113.jpg
日本酒の品揃えが実に豊富 !!



日本酒と結婚している我杯は、
DSC09109_20171029170242155.jpg
上喜元 純米大吟醸 愛山
(山形県・酒田酒造)


…をば、それこそ上機嫌で頂戴する
DSC09108_20171028181802190.jpg
因みに「愛山」とは、このヲ酒の原料米。

扱いが難しい種類なので、このヲ酒自体もなかなか出回ってない。


この一杯が我杯から「美味い !! 」という言葉を引き出すのは、至極当然であった訳で…




久村 3 の人気の一皿、
DSC09110_20171028182512c7d.jpg
名物コロッケ


をば。


なるほど、確かに名物である !!
DSC09111_20171028182514903.jpg
中身の具材、その味わいが柔らかく、優しい…

特にピーマンの青い味わいがそれを余計に引き立たせている…


んでもって、サイズがデカイ。


これは食べ切れないと判断した我杯、隣席に居合わせた「同好の士」にヲ裾分け


そーしましたら、モチロンに盛り上がる訳ですな !!
DSC09116_2017102818251745f.jpg
はい、ぱんぱ~い !!



隣席 3 、我杯と同じく 吉田類 先生 のヲ導きで訪れたらしい。


しかも、我杯が道中で傾けた「雪男」が好みの一杯だったらしく。


これは奇遇 !!

さっき、それ呑んでたんですよ !!



てな感じで、とにかくヲ酒談義に華が咲き乱れる。


畏れ多いことに、
DSC09113_20171028182514afb.jpg
イカゲソと自慢揚げ

…をばヲ裾分けで頂戴した。




自慢揚げ。


厚揚げだが、「自慢できるほどに美味しい」というのが名の由来。


そして、それは本当だった。



店内の様子。
酒田市の聖地「久村の酒場」 - Spherical Image - RICOH THETA


満席


店内奥。
DSC09120_20171028182523a0d.jpg
小上がり前の板の間は、通称「松の廊下」とデンチューライクに呼称される。

もちろん、刃傷沙汰は御法度であるからして。




隣席 3 が一足先に御退場


楽しかったですね !!

またどこかで杯を合わせましょう !!



しかし、ヲ客は入れ替わり立ち代り。


我杯はトドメの一杯に酒田の地酒中の地酒、
DSC09117_20171028182518953.jpg
初孫
(東北銘醸㈱)

…をば頂戴する。


結構な杯テンションだったが、
DSC09118_20171028182520fde.jpg
この一杯は呑まなくてはいかんべぇよ。



ああ、呑んだぜ !!
DSC09119_20171028182521de4.jpg
しかし、かなりの安価で財布にeco !!


美味い、安い !!


なるほど、日本が宇宙に誇る三大呑兵衛、 吉田類 、太田和彦 、なぎら健壱 各先生 がこぞって降臨される訳ですわ !!
DSC09121.jpg
神棚とも言える3枚の色紙に手を合わせ、我杯も退場…。



遠路、足を運んだ甲斐があった !!
DSC09122_201710281825268c9.jpg
我杯が背にした時も、まだまだ店内からは賑やかな声が響いていたのである。


この酒呑み人生でまたいつか、必ず再訪したい一軒 !!



酒田の夜、好スタート !!
DSC09123_201710281825245fb.jpg
勿論、この一軒では終わらせません !!



次なる一軒を求めて酒田の夜を彷徨う…


…が、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…
tbc.jpg

食べられない刺身尽くし(泣) ~ 幸手・酒蔵 玄海 ~

以前に胃カメラ検査やりまして、なことをボソッ、と申し上げた事があったんですが。


胃腸の異変に気付いたのはトイレで用を足した時だったんですな。


「ためしてガッテン」か何かで、

「トイレは用を足した後に便器を覗いて見ましょう。

身体の中を一巡りしてきているのだから、健康のバロメーターでもあるワケです




…なんてなコトを言っていたので、覗き込んだトコロ…



…んんん… !?


何だか、便の色が妙にドス黒い…




そーいや、妙に胸焼けがしていたし…


先ずはネットでこの症状を検索してみたら…。


案の定、ロクな事が書いてなかった !!



「胃腸上部、食道や胃、十二指腸などからの出血の疑いアリ。

血液中に含まれている鉄分が胃酸等と反応し、黒く変色、それが便の色に表れる。

胃潰瘍、胃がん、云々が疑われる…」



10ガーン
ガガーンガガーンガガーン


ヲラ、まだまだヲ酒を呑みたいだ~ !!
uen



急いで病院へ赴き、胃カメラ検査…。


数日後に出た結果。

先生が仰るには…
ikaiyounoato.jpg
(↑ 胃カメラ画像のイメージ)

「胃の内部なんですけどね、ここに白くなってる部分があるでしょう

コレね、胃に開いた穴を周囲の部分が寄り集まって塞いで治した痕跡なんですよ。

即ち、胃潰瘍の治った痕です」




…治った痕…?


てなことは、もう問題無いんですか?



「そうですね、もう治ってますよ

まあ、原因としてはストレスによるものでしょう。

今後、それでも何か異常が感じられるようでしたら、またいらして下さい




そうか !!

「ストレス」が原因だったのか !!

「飲酒」が原因ではなかった !!
(((笑)))



やたっ !!
35おめでとう




…この時の我杯、先生には飲酒の趣味を申告していませんでした。



だって、訊かれなかったからです。




そんな訳で皆さん、こんにちは。

それでも多少は飲酒量に注意するようになった、学習型バカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


我杯の胃潰瘍の一因でもある KTJM兄さん (笑)が我杯の地元、
DSC08969_20171008131904b99.jpg
幸手にやってきた。


 KTJM兄さん より以前からリクエストのあった根城「玄海」へいよいよの御アンナイとなった。




それにしても、あの馴染んだ幸手駅の駅舎が消失してしまったのは寂しい
DSC08970_20171008131905383.jpg
古びてはいたが、味のある駅舎だったのに…。


寂寥感を感じつつ、限界の縄暖簾を潜る


はい、それでは、
DSC08971_20171008131907f98.jpg
玄海にようこそようこ~


…それにしても、 KTJM兄さん はどこにでも出没するなぁ~(笑)



玄海に潜伏したからには、
DSC08973.jpg



DSC08974_201710081318532d2.jpg



DSC08975.jpg
刺身の数々を食して頂かねばならない


しかし、我杯は刺身を口に出来ない !!


ズルかったぞ、 KTJM兄さん  !!




それでも、
DSC08976_20171008131856015.jpg
タコ刺を頂戴する我杯


日本酒
DSC08977_201710081318583e9.jpg
自宅だと思って呑んでって下さいな…笑


そんな KTJM兄さん の好物が降臨。
DSC08978_20171008131859994.jpg
アジフライで相好を崩す



毎度の御常連 3 ・サチエ 3 が、
DSC08979.jpg
娘 3 と杯を合わせていた。



親子で呑みに行けるって、いいですねぇ。





今日も賑わう「酒蔵 玄海」
幸手「玄海」にKTJM兄さん、降臨 !! - Spherical Image - RICOH THETA

…しっかし、このぐるっとカメラ、便利やなぁ


話好きの御常連 3 とトークを弾ませつつ、今宵も楽しく…


DSC08980.jpg
兄さん、またいらして下せぇ

聖地巡礼71 ~ 川口・松ちゃん ~

いつもヲ世話になってヲります。



最近の台風はタチが悪い。


思い出したように方向転換しては、日本を蹂躙していく…。




あれですよ。

偏西風とか高気圧をうまく動かしてですね。


ロケット花火ばっかり打ち上げてくる、アタマのヲかしい半島上に滞留させてやればいいんですよ。



そうすりゃあ、無茶はできまいて、ククク…。




そんな訳で皆さん、こんにちは。

「台風一過」という言葉は、どうしても「台風一家」なニュアンスのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さいたま新都心駅 - Spherical Image - RICOH THETA
さいたま新都心ッ !!


映画を観に来た我杯であるッ !!

DSC08854.jpg
実写JOJOッ !!


かつて、日本が世界に誇る優良マンガは、幾度も低質実写化され、原作ファンを失意のドン底に陥れてきた…。




圧倒的な世界観で我々を魅了している「JOJOワールド」が、果たして実写映画化に堪えうるノカ… !?


多大な不安を胸に、作品を鑑賞…。


…。



…ををっ。




気付いたら、「フツーに」JOJOを観ていた気がするワイ。



これは、今後に期待させて頂きやす



特に、「広瀬康一」役のカミキリューノスケ 3 。

ナイス・アクトですた !!






映画鑑賞後、我杯は、
DSC08855.jpg
川口駅

…に降り立っていた。



酒場逃亡記、初上陸
DSC08857_20170918142230602.jpg
かつて、鋳物の街として栄えた川口の街。


吉永小百合 様 を信奉するサユリストの聖地でもある…そうだ。



そんな街で毎度ヲ馴染み、 ケムラー先輩 と KTJM兄さん と合流
DSC08858.jpg
実に感じの好い商店街を10分ほど。



今回潜伏するべく訪れた一軒、
DSC08859_20170918142234a6c.jpg

松ちゃん


…に到着 !!



開店と同時に飛び込み、ヲ店奥のテーブルに陣取り。


それでは各々方、
DSC08860_2017091814223128f.jpg
今宵もよろすく !!



ホッピー黒で幕が上がる。


「やきとん 煮込み」を看板にする「松ちゃん」、
DSC08863_2017091814223629f.jpg
串焼きアラカルト


DSC08866.jpg
冷やしピーマン


…やらを頂戴する。


冷やしピーマン、やきとん の脂を上手い具合にリセットしてくれる。



単純な一皿だが、これは盲点だったワイ !!



DSC08865_20170918142239472.jpg
極厚ハムカツ

…で、腹に満足感を与える。




肉と脂の最強タッグが我々のジョッキを空にする。



川口「松っちゃん」 - Spherical Image - RICOH THET
マンゾクなヲレたち


実に茶色い店内。


この色合いが串焼き、ホッピーの旨味をより一層引き立てる !!





…ヲや?


我々酒呑みを魅了する一品がありますね


秋田県の名品、いぶりがっこ に
DSC08869.jpg
チーズ添え。


ならば、杯を変えなければなるまい。



コチラの「松ちゃん」、日本酒の品揃えが豊富なことでも名を馳せている。


「どんなヲ酒がありますか?」


尋ねると、
DSC08870_20170918142242fab.jpg
冷蔵庫からズラリ、と取り出して下さった。


これは、これは…



その中から、
DSC08871_20170918142243342.jpg
賀茂金秀 特別純米 原酒13度
(広島県・金光酒造 合 )

…をば傾ける…。


13度と、日本酒にしてはアルコール度数は低めだが、この口当たりの良さは呑み過ぎ注意 !! である。



追加 !!
DSC08875_20170918142245c38.jpg
明鏡止水 純米 垂氷(たもひ)
(長野県・大澤酒造㈱


…をば。


原料米は山田錦。


その美味さに我杯のこの手が真っ赤に燃えるゥッ !!


勝利を掴め、と轟き叫ぶァッ !!
(↑ ドモン)




…ど~ゆ~訳か、この「松ちゃん」を酒場放浪記で拝見した時、


「ああ、このヲ店は ケムラー先輩 とか KTJM兄さん だな」


…と思い浮かんだのが、今回の一件。



それでも2、3年は経過してしまったが、今回、ようやっとの実現。


ヲ二方、
DSC08879.jpg
ヲ付き合い、アリガトーございやした !!


酎ハイで「松ちゃん」を〆る。


川口「松っちゃん」 ゴチソーサマでした。 - Spherical Image - RICOH THETA


カウンター上に貼られた多くの日本酒ラベル。



我杯の知らない銘柄も多々あり。


まだまだ乳呑み児の我杯、これまた勉強の為に再訪は必至である !!


DSC08880.jpg
よき哉、松ちゃん。

DSC08881_201709181422517c2.jpg
こんな素晴らしいヲ店を擁するキューポラの街が羨ましい限りである。



川口の賑やかな商店街を千鳥歩く…。 - Spherical Image - RICOH THETA
千鳥3匹、駅前に向かう。
フラフラフラフラフラフラ



途中、
DSC08884_20170918142254b5d.jpg
そろそろ看板、という惣菜店に引っ掛かる。


「これ、ツマミで引っ掛けましょうよ」



妙案が飛び出した。



ほぼほぼ投売り状態の惣菜を何パックか買い込み、ヲ酒を抱きしめ、
DSC08886_20170918142255669.jpg
駅前に即席の宴会場が出来上がった。

DSC08888.jpg
ぱんぱ~い


駅前だけに、人通りは多く。


駅から降りてきた人々が、


「こんなトコで何呑んでるんだ、コイツラ !? 」


…みたいな表情でコッチを見ていたが。



そんな視線ですらこの時の我々にはツマミになった…笑




なるほど、楽しい街ではないですか、川口 !!
DSC08892.jpg
さて。


そんな我々が一軒でヲ開きになる訳がなく。



モチロンにもう一軒求めて彷徨う…


…が、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login