酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼71 ~ 川口・松ちゃん ~

いつもヲ世話になってヲります。



最近の台風はタチが悪い。


思い出したように方向転換しては、日本を蹂躙していく…。




あれですよ。

偏西風とか高気圧をうまく動かしてですね。


ロケット花火ばっかり打ち上げてくる、アタマのヲかしい半島上に滞留させてやればいいんですよ。



そうすりゃあ、無茶はできまいて、ククク…。




そんな訳で皆さん、こんにちは。

「台風一過」という言葉は、どうしても「台風一家」なニュアンスのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さいたま新都心駅 - Spherical Image - RICOH THETA
さいたま新都心ッ !!


映画を観に来た我杯であるッ !!

DSC08854.jpg
実写JOJOッ !!


かつて、日本が世界に誇る優良マンガは、幾度も低質実写化され、原作ファンを失意のドン底に陥れてきた…。




圧倒的な世界観で我々を魅了している「JOJOワールド」が、果たして実写映画化に堪えうるノカ… !?


多大な不安を胸に、作品を鑑賞…。


…。



…ををっ。




気付いたら、「フツーに」JOJOを観ていた気がするワイ。



これは、今後に期待させて頂きやす



特に、「広瀬康一」役のカミキリューノスケ 3 。

ナイス・アクトですた !!






映画鑑賞後、我杯は、
DSC08855.jpg
川口駅

…に降り立っていた。



酒場逃亡記、初上陸
DSC08857_20170918142230602.jpg
かつて、鋳物の街として栄えた川口の街。


吉永小百合 様 を信奉するサユリストの聖地でもある…そうだ。



そんな街で毎度ヲ馴染み、 ケムラー先輩 と KTJM兄さん と合流
DSC08858.jpg
実に感じの好い商店街を10分ほど。



今回潜伏するべく訪れた一軒、
DSC08859_20170918142234a6c.jpg

松ちゃん


…に到着 !!



開店と同時に飛び込み、ヲ店奥のテーブルに陣取り。


それでは各々方、
DSC08860_2017091814223128f.jpg
今宵もよろすく !!



ホッピー黒で幕が上がる。


「やきとん 煮込み」を看板にする「松ちゃん」、
DSC08863_2017091814223629f.jpg
串焼きアラカルト


DSC08866.jpg
冷やしピーマン


…やらを頂戴する。


冷やしピーマン、やきとん の脂を上手い具合にリセットしてくれる。



単純な一皿だが、これは盲点だったワイ !!



DSC08865_20170918142239472.jpg
極厚ハムカツ

…で、腹に満足感を与える。




肉と脂の最強タッグが我々のジョッキを空にする。



川口「松っちゃん」 - Spherical Image - RICOH THET
マンゾクなヲレたち


実に茶色い店内。


この色合いが串焼き、ホッピーの旨味をより一層引き立てる !!





…ヲや?


我々酒呑みを魅了する一品がありますね


秋田県の名品、いぶりがっこ に
DSC08869.jpg
チーズ添え。


ならば、杯を変えなければなるまい。



コチラの「松ちゃん」、日本酒の品揃えが豊富なことでも名を馳せている。


「どんなヲ酒がありますか?」


尋ねると、
DSC08870_20170918142242fab.jpg
冷蔵庫からズラリ、と取り出して下さった。


これは、これは…



その中から、
DSC08871_20170918142243342.jpg
賀茂金秀 特別純米 原酒13度
(広島県・金光酒造 合 )

…をば傾ける…。


13度と、日本酒にしてはアルコール度数は低めだが、この口当たりの良さは呑み過ぎ注意 !! である。



追加 !!
DSC08875_20170918142245c38.jpg
明鏡止水 純米 垂氷(たもひ)
(長野県・大澤酒造㈱


…をば。


原料米は山田錦。


その美味さに我杯のこの手が真っ赤に燃えるゥッ !!


勝利を掴め、と轟き叫ぶァッ !!
(↑ ドモン)




…ど~ゆ~訳か、この「松ちゃん」を酒場放浪記で拝見した時、


「ああ、このヲ店は ケムラー先輩 とか KTJM兄さん だな」


…と思い浮かんだのが、今回の一件。



それでも2、3年は経過してしまったが、今回、ようやっとの実現。


ヲ二方、
DSC08879.jpg
ヲ付き合い、アリガトーございやした !!


酎ハイで「松ちゃん」を〆る。


川口「松っちゃん」 ゴチソーサマでした。 - Spherical Image - RICOH THETA


カウンター上に貼られた多くの日本酒ラベル。



我杯の知らない銘柄も多々あり。


まだまだ乳呑み児の我杯、これまた勉強の為に再訪は必至である !!


DSC08880.jpg
よき哉、松ちゃん。

DSC08881_201709181422517c2.jpg
こんな素晴らしいヲ店を擁するキューポラの街が羨ましい限りである。



川口の賑やかな商店街を千鳥歩く…。 - Spherical Image - RICOH THETA
千鳥3匹、駅前に向かう。
フラフラフラフラフラフラ



途中、
DSC08884_20170918142254b5d.jpg
そろそろ看板、という惣菜店に引っ掛かる。


「これ、ツマミで引っ掛けましょうよ」



妙案が飛び出した。



ほぼほぼ投売り状態の惣菜を何パックか買い込み、ヲ酒を抱きしめ、
DSC08886_20170918142255669.jpg
駅前に即席の宴会場が出来上がった。

DSC08888.jpg
ぱんぱ~い


駅前だけに、人通りは多く。


駅から降りてきた人々が、


「こんなトコで何呑んでるんだ、コイツラ !? 」


…みたいな表情でコッチを見ていたが。



そんな視線ですらこの時の我々にはツマミになった…笑




なるほど、楽しい街ではないですか、川口 !!
DSC08892.jpg
さて。


そんな我々が一軒でヲ開きになる訳がなく。



モチロンにもう一軒求めて彷徨う…


…が、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

自宅呑みアレコレ ~ ヲはよう日本(後付け) ~

今、東武鉄道で売出し中の「快速リバティ」を今更ながらに目撃 !!



DSC08586_20170820181714230.jpg
ヲヲ、カッコヨス !!



カラーリングもステチだわ
DSC08588_201708201817148e8.jpg



DSC08591.jpg

DSC08590.jpg
会津まで走ってくれるのね。



…ヲし、今度コレに乗って「会津・呑み倒し」を敢行するか…



好物を入手。
DSC08732.jpg
手取川 大吟醸 生酒 あらばしり
(石川県・㈱吉田酒造店)



ヲキニのヲ店、「やまよし」のマスター 3 がコンスタントに揃えてらっさる銘柄。
DSC08733.jpg
因みに「あらばしり」とは、日本酒を搾る際に、あまり圧力をかけない状態で出てくるヲ酒のこと

即ち、搾りの初めに出てくる部分(?)の事で、別名『一番搾り』とも言えるでしょう


口中に含むと、キュッ、と引き締まるような感覚が味わえたこの一本。


色々なアテに合いそうなので、我が宅のレギュラーと致したい



やはり、いつぞや、「やまよし」にて出逢った一本、
DSC08741.jpg
会津娘 特別純米酒 別捌 無為信(べつさばき むいしん)


…をば、傾ける。


娘、大好き !!
(↑ 末期症状)



スペック !!
DSC08742_201708201817245df.jpg

いわゆる「ヲりがらみ」なので、
DSC08743_2017082018335044f.jpg
白濁しとります。


このテの日本酒は非常に危険 !!



危険な日本酒 = 美味い !!




アタシャ、イイ歳コイて、

「日本酒呑めない」

…とヲっさる方々に、こ~いった美酒を流し込んで差し上げたい。


きっと、食わずならヌ、「呑まず嫌い」なんだろうからして。


そんな美酒を我が手製の、
DSC08740.jpg
茄子チーズ焼き



…で、合わせてみたのだが。



やはり、合わなかった…


会津の娘 3 はシトならヌ、アテ見知りが激しいようだ…。



まとめて2本をヲ取り寄せ !!
DSC08907.jpg
純米吟醸 ささまさむね 生 頒布会スペシャル
(喜多方市・笹正宗酒造㈱)



…と、我が永遠の恋人、
DSC08908_20170820181729ad4.jpg
風が吹く 無農薬 山廃 純米吟醸 生

…ヲば、毎度のヲ取り寄せ


DSC08909.jpg
一気に合わせてババァ~ンと呑んじゃうよ !!


どちらも我杯のヲキニの銘柄。


「ささまさむね」は酸味が効いた口当たりで、気付けば際限なく含んでしまう。

「風が吹く」はドシリ、と重くインパクトを残す口当たりで、気付けば際限なく呑んでしまう…


…って、結局、ドチラも我杯の深酒仕様 !! …笑




今夏、「彼女達」が原因で、自宅遭難を幾度もヤラかしてます…




一人で気侭に呑むのも楽しいけど、
DSC08734_20170820181718e8b.jpg
…そうねぇ…


一緒に呑みたいシトですかぁ…





星の数ほどいらっさいますねぇ…






















…あ !!


いらっさいました !!


「NHKの まゆゆ」と呼ばれるこのヲ方ですね。
waku-mayu
何は無くとも、必ず朝のNHKは拝見する日々。

聖地巡礼70 ~ 上野・みちのく料理 北畔 ~

ヲ盆休み、大満喫中のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



それにしても何ですか、このグズついた天気が続くってのは !?



せっかくに洗濯やら洗車やら、まとめて片付けてやろうと思っていたのだが…凹


猛暑一転、「冷夏」とは !?



フザけるんじゃあ、ないよ !!




…まあ、暑いのはコリゴリですが…



さて。

東京都台東区は上野界隈をフラつく我杯。

目的の一軒へと歩を進める。


狙いはマルイの裏手にある、
DSC08682.jpg

みちのく料理 北畔

DSC08683_20170811155801d3e.jpg
ほくはん。


賑やかな表通りから転じて、静かな佇まいで暖簾を掲げる。


我等が 吉田類 先生 御降臨のヲ店、期待を胸に潜伏



カウンター席に着陸
DSC08684_20170811155802d5b.jpg
ヲ品書きを眺める。


なるほど、日本酒は青森由来の品々ですか


ですが、先ずはの一杯には、
DSC08685.jpg
生ビールを頂戴しやしょう


この日は暑かったッスからね、一気に半分空きましたよ


DSC08686.jpg
ヲ通しにヤッコが登場。



店内、静かにジャズが流れ、実に落ち着いた雰囲気
DSC08687_201708111558074ec.jpg
並びの先客 3 も、何故か一言も発さず…。


これは落ち着いて酒肴を楽しめるワイ。


カウンター上や、店内のそこかしこに、
DSC08688.jpg
かような置物がチラホラ。

DSC08689.jpg
このヲ店の創業者だった先代女将、その長男である陶芸家・阿部和唐 氏 の作品が並べられているのである。


味わいのある作品を眺めながら、次なるヲーダーをば


DSC08690.jpg
厚揚げ


コレデモカに盛られた薬味、サクラエビの風味が香ばしい


DSC08691_201708111557534e1.jpg
この風味をサッポロ二杯目で受け止める。


別に私語、発声を禁じているワケではないのだが。


余りにも静かな空気の在り方に、眠気さえ感じる…
DSC08693_20170811155753b15.jpg
後から入店してきたヲ客 3 、

「うわ、静か !! 」

…と、声にしてその空気を感じ取っていた。



さて、一献頂戴しやしょう
DSC08694_20170811155755062.jpg
桃川 (青森県・桃川㈱

…で、この日の暑気を払う。



…ヲヤ。


他店ではヲ目に掛かった事の無いヲ品書きが。



これはヲーダーせねばなるまい
DSC08695_20170811155757985.jpg
鮎の風干し

…をば。


完全な干物ではなく、半干物といった状態のものを焼き上げる。


身はふっくら
DSC08697_20170811155813770.jpg
塩加減が非常にヲ酒に合います


板さんを垣間見る。
DSC08698.jpg
ひたすらに板に向き合い、ただ黙々と包丁を振るう。


創業、昭和34年とのこと。
DSC08699_20170811155816c0d.jpg
店内にその歴史が確かに封じ込められている。



いやいや、ゴチソーサマでした !!
DSC08700.jpg
酒肴もさることながら、ここまで落ち着いた雰囲気を堪能できるとは。



暖簾を潜り数歩歩けば、途端に都会の喧騒が我が身を包む。


そ~いや我杯は上野にいたんだっけか。



自身の居場所を数刻忘れさせてくれる「北畔」。



また、隔離世の雰囲気に包まれたい時にヲじゃ魔女させていただきましょう…。




ヲしまい

夏野菜と東京タワー ~ 幸手・玄海 ~

ヒサブリの根城「玄海」



「ヲう、生きてたか」
DSC08844_20170813171211db8.jpg
マスターのヲ言葉を頂戴し、近況報告。


DSC08846_20170813171214025.jpg
ヲ通しの茄子の挽肉和えがウマイ。




カウンターの冷蔵ケースに、とても美味しそうな刺身が並んでいたので、
DSC08847_20170813171205c4b.jpg
鯛のカブト焼き

…をばヲーダー…笑


「何 !? 刺身が食べられなくなったぁ !?

…不憫なヤツめ



マスターの弔辞を頂戴しながらも、カブト焼きで我杯はジョッキを更に傾倒させる。



最古参の御常連 3 、たっちゃん が来店。
DSC08848_20170813171207faf.jpg
ど~も、ヒサブリです


「ヲ前ェよ、もっと足繁く顔出せよ。

居酒屋ってのはそ~ゆ~モンだろうがよ」



そんな たっちゃん は親方気質なので、こんな我杯にコレデモカにゴチソーしてくれた。
(↑ 大感謝)



「玄海」には長年通ってたつもりだが、初めて顔を合わせた御常連 3 に遭遇。
DSC08849_2017081317120824e.jpg
あれ、ヲ初です…笑

訊けば我杯の御近所。


これからもヲ手柔らかに…笑

今宵の「玄海」。
幸手「玄海」 - Spherical Image - RICOH THETA


この日はミョ~に来客が少なかったな。



「外に野菜持ってきたから持って帰れよ」


呑み友の シマちゃんが持参した野菜をコレデモカに頂戴した。


茄子、ピーマン、キュウリ。


ワケワク夏野菜。



しばらくヲツマミに困らないわねっ


振り向き様の赤提灯



確かにな~。


いつでも潜伏できる一軒なのに、ど~ゆ~訳だかアシが遠い…。



… !!



アレか !?

港区民がなかなか東京タワー行かないってのと同じヤツかしら !?
(↑ )

杯テンション ~ 一ノ割・大衆割烹やまよし ~

いつもヲ世話になってヲります。


アレですよ。

暑いからって、冷たい呑み物を口にするじゃないですか。



するってぇと、人体は内臓を冷やすまいとボーエーホンノーで、その周りに脂肪を蓄えるんだそうですな。


所謂、「内脂」っつーヤツですね。


そんな訳で今夏、内臓脂肪が急増中の我杯。
agag agag


我が宅のタニタ体重計は、そんな我杯を「隠れデブ」扱いする


アタマに来たので、どんなに暑かろうが疲れていようが、コレデモカにトレーニングしてやった




そしたら、ほれ見ろ、ざまぁみろ。

内臓脂肪が落ちたのでタニタは黙り込んだ。



ははは、や~い、体重計め !!

(↑ レベルの低い対抗心)



そんな訳で皆さん、こんにちは

今んトコ、ヲ腹がペッタンコのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


…。

毎度ヲ馴染み !!


駅改札に設置された監視カメラに、
DSC08593.jpg
ツバメが巣ぅ作っとった



で、一ノ割とくりゃぁ、
DSC08594_20170806183704b6e.jpg

大衆割烹 やまよし


…でっす !!


今回、「とある武道」で大変にヲ世話になった「生ヨーダ 様 」こと、ナガミン 3 が道場を御勇退。
Yoda.jpg
ナガミン 3
(↑ イメージです。
…笑 )





慰労会として、一席設ける。


VIPを優待申し上げるに、コチラの「やまよし 3 」は実に最適であり。
(グッジョブで大丈夫)



この一席に相応しいメンツを集め、
DSC08595_201708061836519b6.jpg
ぱんぱ~い !!


DSC08597.jpg
黒ラベルでスタート。


DSC08596.jpg
名物のヲ通しで2合はイケる。
(↑ 本当に)



早々に、
DSC08598.jpg
日本酒に切り替え !!



今回の共犯メンバー。

ヲ酒は何でもゴザレな方々ばかりなので、ブログ的にかなり楽…笑


レ・ミゼラブル。
DSC08599.jpg
ここぞとばかりにヲ出ましの刺身盛だったが。


…我杯、一箸も手が出せず…





悔しかったので、
DSC08600_20170806183658232.jpg
夏野菜の天ぷら盛


…は、人一倍に箸を運ぶ !!


だって、美味しいんだものよ。




ナガミン 3 、
DSC08601_20170806183659eb3.jpg
齢を80を越える大超人。


もっと御指導を賜りたかったが。


…まあ、稽古と酒宴は別モノ。

これからもヲ付き合い頂きましょい。





さて、マスターのヲススメを頂戴しやしょい。
DSC08604.jpg
秀鳳 純米酒 夏純(kasumi)
(山形県・㈲秀鳳酒造場)


夏の時期、日本酒は「夏酒」が出回ります。


そんなアリムラな一杯で、夏を呑み乾す…


シメにはモチロン、
DSC08607_2017080618370769c.jpg
つみれ団子汁

…をば頂戴する。


この生姜が絶妙に効いた一品は、飲酒後の余韻をベストの形で纏め上げてくれる。


我杯的に、この「やまよし 3 」の看板メニューと認定するものナリ !!



今回、初めての来店だったアンショク 3 やベーハラ 3 も、きっとゴマンゾク頂けたかと。



…それにしても、かなり呑んだ…。



で。


別件でウロついたある日。


近くまでアシを運んだので、躊躇わずに暖簾を潜る
DSC08703.jpg
…と、申しますか、コチラ「やまよし 3 」を擁する、
DSC08702_20170806215559f24.jpg
すずらん通り。


正直、他にも魅惑的なヲ店が数多く暖簾を掲げているのだが。



それでも我杯はヲレンジ暖簾にマッシグラ
(カルカン)


一ノ割のインフルエンサーなんである。
(ブンブンブン ブンブンブン  hey hey hey)



さてか。
DSC08704.jpg
何を頂戴致しやしょうか…。


「やまよし 3 」の刺身はマスターの腕前が百花繚乱、盛り付けが綺麗。

余計にその美味さが倍増するのだが…。


我杯、刺身に未練はあるものの、どこで食しても同じかも知れない、と強がる。
(↑ よっぽどでなければ、だが)



ならば、マスターの腕前がより一層に際立つ煮物とかを頂戴するのが得策 !!


思い当たった我杯は、
DSC08709.jpg
北海道産身欠ニシンさんしょう煮



…と、この一皿に、
DSC08705.jpg
石槌 純米 土用酒(どようざけ)
(愛媛県・
石槌酒造)

DSC08706.jpg
…をば、マスターのヲススメで頂戴する。

コチラの一本、名前の通り、
DSC08707.jpg
ウナギによく合う仕上りである。

だが、この土用サスペンスは、
DSC08708_201708062156097f1.jpg
コチラのニシンに大合致 !!



いや、マスターの味付けに合ったのだ !!


山椒のピリリとした味付けでまとめられたニシンの脂を、この一献が綺麗に押し流す。


リセットされた味わいは次なる一箸を促し、そして、杯の傾きを助長させる…。



嗚呼、美しき哉、酒場のエンドレスワルツ…



パンパイ攻勢
DSC08712_20170806215612cd3.jpg
隣席に居合わせたこの御仁。


わざわざ蒲田からいらしたそうで。


その上、我等が 吉田類 先生 とちょくちょくプライベートで呑んでいるらしい。


…ギョーカイのシトなのかしら !?


とにかく豪快に杯を傾けていらした。


コチラは、
DSC08714_201708062156161f7.jpg
ヲ店御近所の御常連 3 と。


酒とは。

酒場とは。


何やら懇々と話し込んだ我杯がいた。



嬉しき楽しき、酒場のエンカウンター



酒場に年齢、立場、肩書き、

そんなものはありません。




楽しく呑んで、食べて。


老若男女一つになりゃ、争い事なんて起きないんですよ。





「先日いらした時には皆さんでかなり空けていきましたねぇ。

今回もヤりますか?




マスターの『挑発』を何とか捌いた我杯、今回はここまで


DSC08716_20170806223922d53.jpg
フラフラで地球(自宅)に帰還…。



猛暑の続く日々。


限りなく近日にヲレンジを潜ろう…。


「バカモノ・ブログ見ちゃってる皆さん !!
I-did-it.jpg
アンタも一緒に付き合えよ !! 」


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login