酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ボクラの「いこい」通信 ~ Not only Sakura, but also Sakura ~

うげあっ



花見、出来ずに終っちゃった…



毎度のことだが、桜が開花・満開になった途端に、大雨だの大風だので…。




しかし !!


櫻花だけが花にあらず !!


ほら、御覧なさい。
DSC08098.jpg
この世には、我々に春を堪能させてくれる花々が数多く咲き乱れているのです。

DSC08101.jpg
こうした花々の咲き誇る姿は、

DSC08111.jpg
生きとし生けるものへの生命賛歌として伝わってくるのであります。


惜しくも今年の桜見物は見逃してしまいましたが、
kirakira-sakura.jpg
今年の「さくら」はコチラでヨシとした。
(↑ 年中行事)



そんな訳で皆さん、こんにちは。

花も木もないジャングル・ブログ、酒場逃亡記です。


DSC08096.jpg
いこいエピソードの連投になるんですが。


今回、ナイス・ディッシュにスティック・ストライクだったので報告申し上げます。
DSC08086.jpg
先日、いつも通りにヲバちゃんが、ヲススメの一皿を出してくれはった。



それがコチラ。
DSC08088.jpg
(ばーん)

マグロステーキぃぃぃ !!
(↑ 大山のぶ代 先生)



マグロの胴体、輪切りにした、っつーシロモノですな。


血合いからトロの部位までが万遍無く含まれた、なんともゼータクな一皿。


これまた、非常に食べ応えのあるサイズで


その大きさの比較対象に、
DSC08089.jpg
ヲてもと を並べてみた。


何となく、そのボリューミーさが伝わるかと



で、これまた、
DSC08090.jpg
美味しんですよ !!


ヲバちゃんの話によると、


「本当はさ、前の晩に出そうと思ってたんだよ。

ところがさ、出しはぐっちゃったんだよ」




あら、勿体無い。

何で、メニューに載せなかったのよわさ。


「ヲ父さん(マスター)、昨晩呑み過ぎちゃったんだよ」



…ぎゃふん



…まあ、そのヲ蔭でこの逸品にありつけたのだから、これ即ち僥倖か。




ところで、ステーキだけあって、濃い味付けナリ。


チト、強めのヲ酒で流すのが得策か。



そこに差し出されたるは、
DSC08091.jpg
むぎ焼酎 天春


コイツをロックで頂戴し、マグロの旨味を洗い流す…。



…嗚呼、何とも心地好い、味と心の洗濯であるよ…


そして、この一本こそが、マスターの呑み過ぎの正体だったとは…笑



今回はガッツリな潜伏だった。



シメ、トドメ、アガリ、ヲシマイ。


我杯的に珍しく、
DSC08094.jpg
炒飯

…を食べた。


これまた飯粒、
DSC08095.jpg
パラッパラ !!



溶きタマゴは米粒と米粒との間に程好く塗され、叉焼がその間を取り持つ…。


口中にてそれらの具材は一旦解きほぐされるものの、やがては混ざり合い、一体化し、

「美味」としてのインパクトを与えながら喉を通り過ぎていく。


しかして、空になった筈の舌上には、まだ確かな味わいの歓喜が色濃く居座り、

その余韻をも味覚の一部として、最後までこの食事という行為を飽きさせることはないのである…。







…ううん、なんだ !!

ウダウダとほざく用はない !!



美味かった !!




この一言で十分!!





「そうだろ?ウチに不味いものなんか、ねェんだよ」




マスターの決めセリフで今回も満悦。



だから通う、「いこい」なんである。

ボクラの「いこい」通信 ~ No Ikoi, No Life ~

いよいよの桜満開でございますわね !!




…長らくこのバカモノ・ブログを御覧の皆さんにはナイショだったのですが、


実は、


自分の本分は自衛官であります。


世界情勢が不安定化する中、国民の生命と財産を守る為に、

身命を賭す覚悟は完了しています。




しかし、我々自衛隊の存在意義や活動内容は、

まだまだ国民の皆さんからは、充分な御理解を得られているとは言えません。


そこで、我々自衛隊の活動を皆さんに御理解頂くべく、イベントを各所で開催致してヲります。



この画像は、
jsdf.jpg
自分が交流イベントにて参加者の皆さんに御案内を致しているところであります。



…なんてな冗談が言えるような画像を ケムラー先輩殿 より頂戴しました。
…笑


勿論、画像は我杯とは別人の、モノホンの自衛官の方であります。



我杯自身でも、似ているなぁ、とナットク。
(↑ 世の為、シトの為、という点では天地だが)



我杯の特徴が、

眉毛、メガネ、ヒゲ

…ということを再認識…。
…笑



足繁く通う居酒屋「いこい 3 」。



今回は(も)、ひたすらに呑み食いしたものを御紹介。

ボンヤリ、と呑んでいれば、ヲバちゃんはヲ通しとかの残りを次々と供してくれる。


これはもう、いつも通りの流れだったりする。


以下、勝手に(笑)供されたヲ皿たちを紹介致します。
DSC07202.jpg
アジ南蛮揚げとか。


「ホンモロコがあるよ」
DSC07204.jpg
いいではないですか



また、ある日。
DSC07335.jpg
ふぐ皮ポン酢に白子。



これは日本酒でしょう。
DSC07338.jpg
真澄 辛口生一本 純米吟醸
(長野県・宮坂醸造)


キリッ、と辛口 !!


…を堪能していたら、御常連 3 が飛び込んできた。


「いい茄子が採れた !! 厨房貸せ !!


鍋をガシャガシャ振り回し始める…。



何だろう、イキナシ…


…と、供されたるは、
DSC07340.jpg
茄子の胡麻油焼き飯


これがまたまた… !!



牡丹餅ドコロではない。

棚から重核子爆弾クラスの僥倖…。


居酒屋のルビー、
DSC07368.jpg
マグロブツ

DSC07366.jpg
生シラス
(↑ 鎌倉行った時にも食べなかったのに…)


「ブリ大根の残り !! 」
DSC07367.jpg
その味が染みまくったタマゴと一緒に。
(↑ )


DSC07417.jpg
自家製〆サバ


〆サバは我らが 吉田 類 先生 の「得意技」


それに倣い、我杯も攻める。


そして、我杯が本当に「美味い」と思う〆サバは、

いこい、玄海、やまよし

…の3軒にある。



昨年(2016年)の、営業最終日に潜伏


歳の瀬感を味わう為に、
DSC07476.jpg
少々遅い時間に赴いた。

流石に、
DSC07481.jpg
店内は賑やか。


DSC07482.jpg
全員、御常連 3 。


…忘年会のノリになってきた。


黙ってたら、
DSC07490.jpg
刺身テキトー盛り合わせ
(↑ 笑)

DSC07479.jpg
あん肝

DSC07499.jpg
数の子

DSC07492.jpg
里芋ゴロゴロ煮


…が、矢継ぎ早に。
(↑ ケッコーな皿数だったな…)



仕方がないので、
DSC07489.jpg
呑んじゃう。


マスターも最終日だったので、
DSC07488.jpg
呑んじゃう…笑


この日の、
DSC07498.jpg
我杯の席。


…ケッコー大暴れだったな…笑


「呑み過ぎだよ。

アスファルトと喧嘩しちゃうからもう止めな」

DSC07500.jpg
ヲバちゃんのストップが入る


これまた、絶妙なタイミングなので安心感・莫大。



こーして、我杯は「第3の実家」に通い続ける…。

自宅呑みアレコレ ~2本立て ~

アレですよ。

ここしばらく、我杯をこの上なく不機嫌にさせていた、愛車の損傷事件。


ディーラー 3 にメンテを兼ねて診断してもらったトコロ、

「ああ~、相手の車の塗料がこびり付いてるだけでしたよ。

およそ、錆や劣化になってしまうような傷じゃあ、ありません」





…ヨカッタ…



多少の凹みは残ってしまったが、言われなければ判らない程度だったし…。



…因みに、これがモノホンの損傷だったら、修理費用は10万は下らなかったらしい…
(↑ 冗談じゃあ、ねぇぞ)



ある日。

我が宅に、こんなモノが「同時に」届いてしまった。
DSC08005.jpg


遂に我が宅に、
DSC08008.jpg
シン・ゴジラ、来襲 !!


日本の、我が宅の平和を守る為 !!


遂に我が宅にて !!
DSC08012.jpg
無人在来線爆弾、炸裂 !!



ヲヲ、何と勇ましき光景か。
DSC08011.jpg
首都防衛の為、ステンレスの車体が大散華 !!



…『シン・ゴジラ』、このシーンの為にあると言ってもいい…。



そして、
DSC08025.jpg
我が宅を悠々と航行する、アンドロメダの勇姿…



我が宅にて、『ヤマト』と『ゴジラ』の2本立て同時上映 !!


これが劇場興行ならば、1回5000円でもヲかしくないだろう…。
(↑ Viva !! 独り暮らし !! )



自宅での映画鑑賞にヲ猪口は欠かせヌ。


今回、ヲ招きした『美女の皆さんです。

金星 寺泊 (新潟・㈱北雪酒造)

佐渡の醸しですよ。


この一杯を珍味、
DSC07184.jpg
鮎「うるか」で流す…


※うるか…鮎のワタの塩漬け。苦くって、サイコーのヲツマミ




勤め先の仲間からプレゼントを頂戴した。
DSC07206.jpg
国稀(くにまれ) 特別純米
(北海道 増毛・国稀酒㈱)


日本国、最北端の酒蔵 3 の醸し。


以前、テレビで紹介されたのを観て、気にはなっていたのだが、まさかの入手で大歓喜 !!



ヲいしい呑み方は…
DSC07207.jpg
人肌燗。


人肌…。


最近、そんな温もりは感じていませんね。


温かいのは布団とトイレの便座だけですよ。



「大逃亡2016・NGT篇」で入手した、
DSC07361.jpg
今代司 大醸し祭り Ver.(新潟・今代司酒造㈱)
天領盃 純米大吟醸原酒(佐渡・天領盃酒造㈱)


…を、同時に頂戴した。
DSC07364.jpg
何と贅沢な呑み較べ

新潟、あの旅での収穫は大きかった…。



浦和の角打ち「新井商店 3 」で入手した、
DSC07506.jpg
萬歳楽 純米生酒(石川県・㈱小堀酒造)


その呑み口のキレ、この上なく我杯を至福へと誘う…。


ここで、「海の自然薯」と称される秋田県の名産、
DSC07511.jpg
ぎばさ

…に御登場願った。


ぎばさ。


海草だが、トロロを凌駕する粘度。


一箸で全部付いて来ちゃう。



DSC07613.jpg
陸奥 八仙 純米吟醸 新春祝酒Ver. (青森県・八戸酒造㈱)

DSC07614.jpg
正月に開けた(空けた?)一本。


ホントに一気に五合、呑んじゃった !!
(↑ 美味いから)


呑み過ぎたせいで、甥っ子達にヲ年玉を渡し忘れた。


「ヲジちゃんはケチンボだ !!


…怒られた。



毎回ヲ世話になってる会津の酒屋 3 、植木屋 3 の頒布会。


必ずラインナップする銘柄、
DSC07668.jpg
会津中将 純米吟醸 一回火入れ(鶴乃江酒造㈱)

…と、同時に取り寄せたる、
DSC07672.jpg
大和川 ヲりがらみ生(大和川酒造店)


DSC07673.jpg
白い、白い…


DSC07674.jpg
ありがとう、呑み比べ。

ありがとう、ニーチェ先輩。
(↑ ???)



はたまた、
DSC07779.jpg
彌右衛門 ヲりがらみ生原酒(大和川酒造店)

御覧くだせぇ、この薄濁り。
DSC07781.jpg
深海に舞い落ちるという、マリンスノーを思わせる…。

DSC07782.jpg
かなりの酸味。


やっぱり同時に取り寄せたるのは、またもや、
DSC07840.jpg
会津中将 純米吟醸

DSC07841.jpg

生原酒なモンで、
 
DSC07843.jpg
やはり、薄濁り。


濁り酒、大好き。
(↑ 最近、思考が濁ってきてるヤツ)



やっぱり、呑むにあたってヲツマミは不可欠なモンで。


こうやって方々に呑み歩きしていると、犬も歩けばスティック・ストライク、

美味い一品に出逢うことが出来る。



美味いヲツマミが我が宅である程度再現できるのなら、こんな楽しいことはない。



まっこと、ヲ酒に合う珍味を再現してみた。
DSC07682.jpg
塩辛とクリームチーズを合わせる。


…これまた… !!




不思議なことに、塩辛が甘くなる !!




ヲ試しあれ。



それでは、今日はこれからゴジラと龍の歯医者観ますので。


ここら辺で…

珍怪魚を食べてみよう

いつもヲ世話になってヲります。


今まで、数々の愚行・珍道中を曝け出してきたバカモノ・ブログ・酒場逃亡記でありますが…。


この度 !!


史上、最も奇妙なイベントに参加して参りましたので、報告申し上げます !!


gogogogogo.gif
 DSC08027.jpg
池袋駅ッ !!

東京都豊島区に存在する、JR東日本、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロが集約する駅ッ !!


因みに、この北口より徒歩1分のトコには、池袋演芸場ッ !!

我杯の旧知の噺家、金原亭 龍馬 師匠 がチョコチョコ出演されてるので、ヲ立寄りの際はZEHI !!



…そしてッ !!


今回、我杯が池袋に降臨せしは、


珍怪魚を食べてみようッ !!


…なんてなイベントがあったが故ッ !!



普段、ヲ目にかかることのないヲサカナ 3 達を食してみよう !!


そんなイベントを知ってしまったからには、看過不可能ッ !!


即座に出撃ッ !!

両舷強速、黒二十ッ !!



北口出口から徒歩数分、
DSC08064.jpg
今回の会場。


現場に到着すると、既に数多くの「同好の士」が路上に。


すぐさま、スタッフのシトが、

「ヲ待たせしました~ !!

『珍怪魚』の方はコチラに並んで下さ~い !! 」



…我々は珍怪魚のシトではない…笑


半地下の店内に入り、チェックを済ませると、今回のメヌーが。
DSC08029.jpg
…ぐぬぬ…


どれもこれも、今まで見た事も聞いたことも無いヲ品書きばかり…。



そして、そのヲ品書きの脇には、
DSC08028.jpg
…な、何か、いる…

DSC08037.jpg
アブラボウズ 様 。

DSC08035.jpg
ゲホウ 様 (右)と、ギンザメ 様 。


そして、このイベントのアイドル的存在である、
DSC08036.jpg
ウツボ 様 …。



うわわ…


そう。

彼らこそ、今回のイベントの『主役達』


しっ、しかし…っ !!




だが、期待度は急上昇 !!
agagagagagag
DSC08034.jpg
会場内、適当なスペースを確保、陣取る。


今回の共犯者は、イソップ君


御仁、

チョイと脇道へ外れたジャンルに造詣が深い


我杯のよき理解者。
…笑


先ずは食前酒。
DSC08039.jpg
ぱんぱ~い


今回、嬉しいのは、
DSC08040.jpg
ヲ酒はあるだけ呑み放題。



それでは、ビュッフェ・スタイルで供される料理を見てみよう !!
DSC08031.jpg
ウツボのたたきサラダ…。


まさかのヲ頭付き !!



さっそくに箸を運ぶ。
DSC08049.jpg
…うヲっ !?


初めての食感 !!


強いて申さば、コンビニで売ってるような、安っちぃ鰻重の、

ゴムのような歯応え?みたいな?


しかし、身と皮の間にふんだんに含まれているプルプルの部位が !!


美味い !!



何でも、女性が摂取してウレシイ成分だそうだ。



DSC08032.jpg
ミシマヲコゼのカルパッチョ…。


…やはり、ヲ頭…。


因みに、このミシマヲコゼ 様 。

海中では砂の中に潜み、獲物をひたすらに待ち構える、というハンティング・スタイル。

砂中でただただ、自身の上側を睨みつけている。


なので、その姿は、
DSC07022.jpg
…かように現れる…


ただ、救いなのは、上部を見つめ続けるその姿から、

Star Gazer (星を見つめる者)

…と、ロマンティックな英語名が冠されている点である。


DSC08053.jpg
ギンザメのラグーと春キャベツのパスタ…。


どこにギンザメ 様 が潜んでいたのか…。

言われなければ、美味しいパスタで終わってしまっていたが…

DSC08047.jpg
ヒヲウギ貝のボイル…。


ホタテと遜色なく。


いや、むしろ、ホタテよりコクがあって、我杯はコチラが好きだ。


イソップ君も、

「今日イチバンの当たりメニューです !! 」

…と、大歓喜。




我杯の当たりメニュー。

DSC08048.jpg
アブラボウズの鍋…。


鍋で薄い味付けで供されていたが。


アブラボウズの身をクチにした途端、口中に迸る、

信じられない量の脂という名の旨味 !!


食感は 銀だら 様 に似ているのだが。


銀だら の旨味を水彩絵の具として例えるのなら !!

コチラのアブラボウズ、それはペンキ級 !!



そして、もう一品の当り皿。
DSC08051.jpg
マグロヒレの塩焼き。


っこれが、また…っ… !!



スーパーとかで、マグロのカマとか売ってると思うんですが。


あんな感じで、骨や皮の間に潜んだ身をこそぎ落として食すんですが。


やはり、脂の量 !!


トンデモな量が、


溢れる、滴る、迸るゥッ !!


周りの方々、手やクチの周りをベタベタにしながらも喰らい付かれていましたわ…笑



DSC08050.jpg
アカマンボウのレアステーキ…。


これが、サカナというよりは、鶏肉のササミとか、胸肉辺りを思わせるような食感。

DSC06998.jpg
アカマンボウ 様 。


さて、今回のイベントの仕掛け人がコチラ、
DSC08042.jpg
HOLIDAY JACK 3 (左)。

6年間かけて世界一周を果たした旅人。

その先々で口にした食材を紹介、シトとシトとの繋がりを拡げていく…。


…といったコンセプトのイベントを開催してる方。



そして、もう一人(右)が、さかな芸人 ハットリ 3


…「サカナ芸人」ってぇと、『ギョギョギョ !! 』のあのシトがいらっさるが。


それでも、『サカナ愛』に満ち溢れる情熱から、サカナ・ネタで頑張る。


更には、
DSC08045.jpg
日本さかな検定(とと検)1級の知識で、今回の『主役たち』の解説を。


…さかな検定なんて、あったんだ…。


トライしてみようかな?



ネタを御披露。
DSC08058.jpg
紙芝居風イラストで展開。

笑いながらサカナを学べるネタで会場を盛り上げる。



一言、面白い !!


余りにもメジャーな先駆者 様 がいらっさるが、コチラもどうして !!




ゴアイサツ申し上げ、
DSC08060-1.jpg
ハットリ 3 、ツカミのポーズで2ショット


門前仲町の居酒屋 3 でバイトしとるとのことなので、今度ヲジャ魔女してみやう。




ラストのトドメ、
DSC08061.jpg
アブラボウズ 様 が、ダメ押しで鍋に追加。


イソップ君、ビールの呑み過ぎで既に腹満杯


ええいっ、軟弱者っ !!



今回、頂戴した深海魚とかって、基本、肉食らしい。


そのせいか、どのサカナも脂の量がスゴかった、てのが我杯の所感。


ビールや日本酒では「洗い流せない」旨味成分…。


濃度高めの芋焼酎でちょうどいい。


…もしかしたら、泡盛なんかがバッチリとハマったかも !?



そろそろ、宴タケナワ。
DSC08063.jpg
とにかく目立った、若い女性。


飾ってあったウツボを手にしてはしゃぐシトとかもいて、何と言うか…


まあ、やはり、若い女性には一言、御礼申し上げたいんですよ。
(↑ )



あ~、面白かった !!


解放は午後15時と早かった。



それでは山返し。
DSC08066.jpg
大宮に降り立った



ならば、
DSC08067.jpg
ココであろう。

DSC08068.jpg
イソップ君とは初潜伏。


ヒサブリの大宮。
DSC08069.jpg
相変らず安定感抜群ですな


息を吹き返した筈のイソップ君だったが、
DSC08072.jpg
ウッカリ口にした梅割焼酎で轟沈。


口当たりの爽やかさに騙されて、焼酎の濃度に気付かなかったらしい…笑


それっぽいメニューをツマみながら、
DSC08070.jpg

DSC08071.jpg
今回は無難な時間にヲ開き



…さあ、いかがでしたでしょうか、今回のイベント報告。



次回はどんな企画に顔を突っ込んでやろうかしら?





…そしたら後日、次回のイベント案内が届いた。


『 珍肉BBQ !!

イノシシ、ウサギ、ダチョウ、ラクダ、カンガルー、そして、ワニ !!

普段、クチに出来ない肉のBBQ大会で盛り上がろう !! 』





…え~と…

まだまだ燗酒 !! ~ 浦和・新井商店、和浦酒場 ~

いつもヲ世話になってヲります。




れぢすた 3 が遊びにいらっさった。


何だか、個別相談会だか何だかがあったらしい。



それじゃあ一杯引っ掛けますか、と浦和へゴアンナイ。



れぢすた 3 も酒呑みだから、イキナシ日本酒でも構わなかんべぇ、と。




浦和では何度かヲジャ魔女している、


新井商店


…へと潜伏


この日はたまたま、
DSC07919.jpg
開店2周年だったので、全品表示価格より2割引の特典が。





DSC07915.jpg
我が埼玉帝國の地酒を手軽に楽しめる一軒。

呑み比べセット(今月の埼玉帝國のヲ酒)を堪能する。



マスター 3 ヲススメの、
DSC07917.jpg
ローストビーフ

をヲ出迎え。


更に、
DSC07918.jpg
ネギホイル焼き


…を頂戴する。


ごま油で焼いた、簡単な一品だが、それ故にウマイ



先ずは、準備運動


本腰を入れるべく、以前からチェックしとった一軒、
DSC07923.jpg

和浦酒場


…へ突入。


この一軒を何で知ったかと申さば、我等が 吉田類 先生 と双璧を為す酒場巡りの達人、

太田和彦 先生の「ふらり旅 いい酒いい肴」なる番組で非常に良い印象を受けたが故に。


ヲ店は、
DSC07924.jpg
ビルの2階に。

酒呑みにはキケンな角度の階段を昇る。


DSC07925.jpg
さてさて、どんな一杯が待っていますかね…

先の新井商店 3 で軽く日本酒だったので、
DSC07927.jpg
ヲ口直しにビールをば


…随分と縦長に見えるグラスである。

こーゆーの見ると、鶴とキツネの童話を思い出すんだよなあ。
(↑ ヲ互いが食事に招待してヲきながら、食器でイタズラするアレ)


そんなイヂワルは我々には勿論、無い !! …笑
DSC07928.jpg
はい、乙です~



(↑
ありやとやんした)




さて、ツマミは何にしやしょうか。

手書きのヲ品書きを眺める。
DSC07929.jpg
ふーむ、ふむふむ…


…あ、コレ、美味しそう !!


つーことで、
DSC07931.jpg
新玉ねぎホイル焼き

…をば
(…この日はネギばっか食べてたのね…笑)



そのまんま、シンプルな一品だが、玉ねぎの持つ甘みを堪能。


後日、自宅でもやってみて、かなり美味しかったので、その日はかなり呑み過ぎた。




さて、コチラの「和浦酒場 3 」。


ウリは様々な温度で楽しめる『燗酒』でして。

DSC07932.jpg
カウンター奥に鎮座する酒燗器。


このヲ店には「看板娘」ならヌ、『燗番娘』なる方々がいらっさって。

実に丁寧に燗をつけて下さる。



はたまた。

皆さん、『夏子の酒』という漫画を御存知ですか。


亡き兄の意思を受け継いだ妹がOLから転身、実家の造り酒屋でヲ酒造りに奮闘する物語。

和久井映見 様の御主演でドラマもありました。


その漫画の原作者である、尾瀬あきら 先生が、このヲ店をモデルにした漫画を現在執筆中。


更にはヲ店にもいらっさる、という御関係があるらしく。

店内には先生直筆のスタッフ 3 の似顔絵イラストが飾ってあったり。


供される平杯には、
DSC07937.jpg
先生のイラストが描かれている。


…う~ん、何か、ブンカテキ…


埼玉帝國の銘酒、「神亀」を始めとして、
DSC07933.jpg
様々な純米酒が名を連ねる。


どれもこれも、
DSC07934.jpg
ヲ初にヲ目にかかる銘柄ばかりである。


先ずはのヲ燗酒に、
DSC07935.jpg
「神亀」を頂戴し、燗酒だからこそ香り立つ風味を味わう。



刺身が気になったので、
DSC07944.jpg
盛合せを頂く。

炙りで供される刺身は、脂が閉じ込められるから、クチにするとその旨味が倍増するのよね


今回、座したカウンター席。
DSC07926.jpg
あれよあれよで満席に。


テーブル席も、
DSC07940.jpg
ほぼ埋まり、実に賑やか。


隣り合わせたヲ客 3 にヲススメを伺ったトコロ、
DSC07946.jpg
「いづみ橋 恵」なる銘柄を御指南頂き、


DSC07949.jpg
頂戴した。



我杯的に、神奈川県産のヲ酒はあまり見かけない。


また新たなる「味わい」に遭遇してしまった。



…う~む、そこそこに日本酒なるものは呑んできたつもりだったが、どうやらまだまだ。
DSC07947.jpg
「真の日本酒通」になる為には、まだ長い道のりを歩く要があるな… !!



結構呑んだ…。
DSC07952.jpg
れぢすた 3 をヲ見送りし、一人、夜の浦和駅。



翌朝、割と健やかなる目覚めを迎える。





やっぱ、アレですかね。


燗酒はヲ酒自体が柔らかくなるから、身体に無理が無いんですかね?


…そうか、初めて知ったよ !!
(↑ 何を今更…
gzgz)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login