酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


まだまだ燗酒 !! ~ 浦和・新井商店、和浦酒場 ~

いつもヲ世話になってヲります。




れぢすた 3 が遊びにいらっさった。


何だか、個別相談会だか何だかがあったらしい。



それじゃあ一杯引っ掛けますか、と浦和へゴアンナイ。



れぢすた 3 も酒呑みだから、イキナシ日本酒でも構わなかんべぇ、と。




浦和では何度かヲジャ魔女している、


新井商店


…へと潜伏


この日はたまたま、
DSC07919.jpg
開店2周年だったので、全品表示価格より2割引の特典が。





DSC07915.jpg
我が埼玉帝國の地酒を手軽に楽しめる一軒。

呑み比べセット(今月の埼玉帝國のヲ酒)を堪能する。



マスター 3 ヲススメの、
DSC07917.jpg
ローストビーフ

をヲ出迎え。


更に、
DSC07918.jpg
ネギホイル焼き


…を頂戴する。


ごま油で焼いた、簡単な一品だが、それ故にウマイ



先ずは、準備運動


本腰を入れるべく、以前からチェックしとった一軒、
DSC07923.jpg

和浦酒場


…へ突入。


この一軒を何で知ったかと申さば、我等が 吉田類 先生 と双璧を為す酒場巡りの達人、

太田和彦 先生の「ふらり旅 いい酒いい肴」なる番組で非常に良い印象を受けたが故に。


ヲ店は、
DSC07924.jpg
ビルの2階に。

酒呑みにはキケンな角度の階段を昇る。


DSC07925.jpg
さてさて、どんな一杯が待っていますかね…

先の新井商店 3 で軽く日本酒だったので、
DSC07927.jpg
ヲ口直しにビールをば


…随分と縦長に見えるグラスである。

こーゆーの見ると、鶴とキツネの童話を思い出すんだよなあ。
(↑ ヲ互いが食事に招待してヲきながら、食器でイタズラするアレ)


そんなイヂワルは我々には勿論、無い !! …笑
DSC07928.jpg
はい、乙です~



(↑
ありやとやんした)




さて、ツマミは何にしやしょうか。

手書きのヲ品書きを眺める。
DSC07929.jpg
ふーむ、ふむふむ…


…あ、コレ、美味しそう !!


つーことで、
DSC07931.jpg
新玉ねぎホイル焼き

…をば
(…この日はネギばっか食べてたのね…笑)



そのまんま、シンプルな一品だが、玉ねぎの持つ甘みを堪能。


後日、自宅でもやってみて、かなり美味しかったので、その日はかなり呑み過ぎた。




さて、コチラの「和浦酒場 3 」。


ウリは様々な温度で楽しめる『燗酒』でして。

DSC07932.jpg
カウンター奥に鎮座する酒燗器。


このヲ店には「看板娘」ならヌ、『燗番娘』なる方々がいらっさって。

実に丁寧に燗をつけて下さる。



はたまた。

皆さん、『夏子の酒』という漫画を御存知ですか。


亡き兄の意思を受け継いだ妹がOLから転身、実家の造り酒屋でヲ酒造りに奮闘する物語。

和久井映見 様の御主演でドラマもありました。


その漫画の原作者である、尾瀬あきら 先生が、このヲ店をモデルにした漫画を現在執筆中。


更にはヲ店にもいらっさる、という御関係があるらしく。

店内には先生直筆のスタッフ 3 の似顔絵イラストが飾ってあったり。


供される平杯には、
DSC07937.jpg
先生のイラストが描かれている。


…う~ん、何か、ブンカテキ…


埼玉帝國の銘酒、「神亀」を始めとして、
DSC07933.jpg
様々な純米酒が名を連ねる。


どれもこれも、
DSC07934.jpg
ヲ初にヲ目にかかる銘柄ばかりである。


先ずはのヲ燗酒に、
DSC07935.jpg
「神亀」を頂戴し、燗酒だからこそ香り立つ風味を味わう。



刺身が気になったので、
DSC07944.jpg
盛合せを頂く。

炙りで供される刺身は、脂が閉じ込められるから、クチにするとその旨味が倍増するのよね


今回、座したカウンター席。
DSC07926.jpg
あれよあれよで満席に。


テーブル席も、
DSC07940.jpg
ほぼ埋まり、実に賑やか。


隣り合わせたヲ客 3 にヲススメを伺ったトコロ、
DSC07946.jpg
「いづみ橋 恵」なる銘柄を御指南頂き、


DSC07949.jpg
頂戴した。



我杯的に、神奈川県産のヲ酒はあまり見かけない。


また新たなる「味わい」に遭遇してしまった。



…う~む、そこそこに日本酒なるものは呑んできたつもりだったが、どうやらまだまだ。
DSC07947.jpg
「真の日本酒通」になる為には、まだ長い道のりを歩く要があるな… !!



結構呑んだ…。
DSC07952.jpg
れぢすた 3 をヲ見送りし、一人、夜の浦和駅。



翌朝、割と健やかなる目覚めを迎える。





やっぱ、アレですかね。


燗酒はヲ酒自体が柔らかくなるから、身体に無理が無いんですかね?


…そうか、初めて知ったよ !!
(↑ 何を今更…
gzgz)

我が良き友よ ~ 幸手・居酒屋 友、玄海 ~

もの凄いヒサブリに「友」に顔を出した。

1年以上、潜伏出来ずにいた。

だが、我杯の顔を見るなり、ママ 3 は、


「あらぁ、生きてた !? 」


…ドッコイ生きてるシャツの中。

我杯はこの世全ての美味いヲ酒を腹に納めるまでは死にましぇん。


ママ 3 のヲススメで早速に、
DSC07753.jpg
南部美人 (岩手県・㈱南部美人)


…をば頂戴する。






さて、「友」といえば、ママ 3 の手料理である。


とにかくに味付けは優しく、柔らかく、家庭的である。


しかし、その味付けはこれまた他では味わえヌ、妙なるものであり


今回は、
DSC07755.jpg
肉豆腐

…が、我が眼前に。



そして、一箸つけた瞬間に、我杯は1年以上に及ぶ『友』へのブランクを激しく後悔。



この味付けは、何だ !!

この感動は、何だ !!



…それにしても、分からない…。

何か、『隠し味』があるのだが、その正体が判別出来ヌ…。



やはり、素人には真似の出来ない世界、それが居酒屋なのだと思い知る…。




「にごり もあるから。呑みなさい」
DSC07756.jpg
まるで、

「風邪をひいたなら薬を飲みなさい」

…と言われたかのような自然な流れで供された南部美人の にごり。



徐々に、徐々にカウンター席は御常連 3 で埋まり始め、
DSC07760.jpg
店内は賑やかさを増していく。


そして始まるカラヲケ大会。
DSC07761.jpg
御常連 3 の「社長 3 」。

実に宗右衛門町ブルースを気持ちよく歌い上げる…笑


皆さん、カラヲケ採点ゲームがヲ好きなんである。


80点後半を出せば御の字。



そんな最中、一曲振られた我杯は「夜桜ヲ七」で余裕の90点を弾き出す…。



やめたまえ、諸君…。


我杯は『歌はとても上手』なのだよ…。




やはり、幸手で呑むなら、『友』への潜伏は外せない !!


「また来なさいよ?」


ママ 3 のヲ言葉を背に受け、我杯はヲ店を出る…。




…。



…まだ我杯には帰れる所があるんだ… !!



こんな嬉しいことは無い !!



感動の余勢に乗って、
DSC07763.jpg
「玄海」でもう一杯。


相変らずカウンター席は御常連 3 で埋まっていた。
DSC07764.jpg
シマちゃん、たっちゃん、サクライ 3 …。


筋金の御常連 3 連中と酌み交わす。



いつも、絶対いるよな、アナタ達 !!



安定の安心感



そんな御常連 3 達との駄トークに華を咲かせつつ、
DSC07767.jpg
別腹のシューマイをつまむ。


…たま~に !!

あるんだ。


無性に餃子やシューマイを欲する時が。





居酒屋巡り、新規開拓に於ける新たな発見も楽しいが、
DSC07769.jpg
通い慣れた一軒での杯も、これまた美味である。




改めて思う。




やはり、ヲ酒は「雰囲気」で頂戴するものだと。



酒場巡り。


改めて、呑み歩きのスタイルを見つめ直してみようかしら…?

愛の呑み師たち 嚆矢篇 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

風邪かな?

それとも、熱は無いから花粉症かな?


とにかく、咳が止まらない、鼻が詰まる !!



この週末は「とある武道」の稽古も見合わせて、ゆっくりと自宅で療養…


…しない。

実にヒサブリに降り立ったる さいたま新都心。

モチロンに目的は、
DSC07785.jpg
ボンサイ。


…じゃない。
DSC07786.jpg
祝 !! 新シリーズ・発進 !!




これで向こう1年以上は退屈しないで済むッ !!



バカモノ・ブログを御覧の皆さん。


コチラ、しばらく「ヤマト、ヤマト」でウルサイですよ…笑
yamato_03.gif


…それにしても、久し振りに目の当たりにした。


「満席の映画館」


…ってのを !!




圧巻のストーリー展開に満足の我杯、
DSC07787.jpg
やはり、ヒサブリの北浦和駅に


もちろん、目当てでゴザイマス


駅から延びる商店街を探索…
DSC07789.jpg
気になるヲ店のチラホラ散見されるが、シト通りはチト寂しいような。



…まあ、イバラキなんかよりは賑やかですが !!

(↑ 大悪意)


…ヲや。
DSC07791.jpg
サザヱ 3 家に出入りしてそうなヲ店…笑


駅反対側に出た。
DSC07792.jpg
電車から線路沿いに居酒屋 3 が見えていたのでフラフラと探索…

…しとったら、
DSC07793.jpg

大衆割烹 鳴子


…のヲ店に辿り着いていた


…まあ、そもそもでコチラが第一目標だったんですが。



以前もヲじゃ魔女したことのある一軒。


開店間もないタイミングでフェードイン


カウンター席に着陸。
早速に、
DSC07794.jpg
「本日の晩酌セット」をばヲーダー


これまた実にリーズナブルなセットメニューでして、
DSC07795.jpg
呑み物一杯、ヲ通し(ヲカラの和え物)

DSC07796.jpg
串焼き(今回はネギ間)

DSC07797.jpg
それに揚出豆腐のセットで、なんと¥1080- !!


特に、この揚出豆腐、
DSC07798.jpg
ダシがとても優しく効いていて、これまたヒサブリに「まいう~♪」なる言葉を発した…笑


こら、かなりヲ得なセット


これもテレザート星・テレサ 様 のヲ導きに違いない。
(↑ ???)




コチラの鳴子 3 で供されるヲ酒は、
DSC07802.jpg
高清水

この一本を推奨。


「鳴子」の店名の通り、秋田県の銘酒をぬる燗で頂戴する。



それに合わせるは、
DSC07804.jpg
鮭とば


これを軽く炙ったものを頂く。


するとどうでしょう。

噛むほどに口中にて甘味が増す !!


高清水がみるみるで無くなってしまったワイ。



もう一本 !! と行きたかったが、余力を残してヲきたかったので、今回はこれで



実に落ち着いた雰囲気の鳴子 3 。
DSC07805.jpg
ゆっくりとヲ酒を堪能出来ました


次の「ヤマト」は6月末に公開。
DSC07806.jpg
では、その頃にまた伺いましょう。


きっとその頃には暑くなってきているだろうから、また違う楽しみも発見出来そう…





さて、最近はそろそろ日も長くなってきました。



時間もまだ宵の口。


せっかくの北浦和。




次なる一軒へ向け、両舷前進、最大
戦速 !!
yamato_03.gif




…ですが、これは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…



tbc.jpg

杯テンション 2 ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

いつもヲ世話になってヲります。


…。

一ノ割ッ !!


駅前に展開する呑み屋通りを横目に見つつ、
DSC07708.jpg
アシを向ける場所はアソコしかないッッッ !!


そう !!
DSC07709.jpg

大衆割烹 やまよし



異例の同店連続アップ !!


何故かッ !?



ずぅぅぅ~っと !!

以前から、 タッキーさん 、 ケムラー先輩 御両名より、


「やまよし 3 へ連れて行け !! 」


…と、ハナシがあったのだが、勿体ぶって逃げていたのだ !!
(↑ あ~はっはっは !! )


今回、ようやっとの解禁…笑


それではヲ二方、
DSC07710.jpg
ようやくの「やまよし 3 」、ヲメデトウございました



カッコつけないで 酒を呑め !! ヲ酒に酔わなきゃ始まらない !!


少々遅参した我杯。

先着の タッキーさん は既に、
DSC07711.jpg
自家製〆サバ刺

…をヲーダー済み


流石は呑み師の タッキーさん。


初潜伏のヲ店でも、何をヲーダーすればいいのか、把握なさってヲられる !!


「うヲ、このヲ通し、美味いよ !! 」
DSC07712.jpg
恒例のヴァラエティ ヲ通しに感動されるヲ二方。



冷蔵庫の中から引っ張り出したる、
DSC07714.jpg
白瀑 山本 6号酵母 純米吟醸生原酒
(秋田県・山本合名会社)


流通限定の一本。

しかも使用酵母は「協会6号」 !!
(↑ ヲ酒好きにはタマラない響き)


さあ、踊れ !!
DSC07713.jpg
一言、美味 !!



「美味い !! 美味い !! 」


…を連呼するヲ二方。



流石の「やまよし」セレクト。

美味至上の一献である !!





ママ 3 が煽りまくる我々を見て、

「2合づつ出しちゃうよ~♪」
DSC07715.jpg
いつもより大きな器で供してくれました


早速にガブガブな我々…笑


我杯と タッキーさん は次の日に「とある武道」の稽古が控えているのだが…


明日の稽古 関係ねえ 入り身・一教もアゲアゲで !!


…てなワケで、
DSC07716.jpg
厚揚げ

ヲーダーした…笑


前日、「ヲんな酒場放浪記」の再放送観てたので、
DSC07718.jpg
その日の白和え

…をば

ヲ二方に召し上がって頂いた。


モチロン、頂戴したコメントは予想通り



「やまよし 3 」の美酒・美肴に、
DSC07717-1.jpg
ブライトリィ・スマイリングなヲ二方。
(↑ はははは)


この日、ヲ酒はマスター 3 のヲ任せで。


すると、面白い一本が登場。
DSC07719.jpg
宮の雪 純米酒
(三重県・㈱宮崎本店)


今回、頂戴したヲ酒の中では辛口の一本。


しかも、肩書には、
DSC07720.jpg
サミットで供された、という見事な触れ込みが。


…しかし、「真の酒呑み」であるならば、この『㈱宮崎本店』なる酒蔵 3 が、あの

キンミヤ焼酎

…の醸造元であることにヲ気付きの筈 !!




テンション ション ション ション ション …テンション マックス !!
DSC07721.jpg
タッキー 3 はともかく、普段は日本酒を呑まないケムラー先輩でさえ杯をグイグイ


盛り上がってまいりました !!

ヒートアップしていこう !!




そしたら、ヒートアップ超過気味のタッキー 3 、

「呑み比べしたい」

…なんて言い出すから、マスター 3 に無理言って、
DSC07722.jpg
天穏 純米原酒
(島根県・板倉酒造(有)

川鶴 純米生原酒
(香川県・川鶴酒造店)

…をWヲーダー !!



冷蔵庫ごと呑み干すつもりか !?


その時、ケムラー先輩殿の目が鋭く光った !!



「気になるメニューがあるんですがね…



そうして、ヲーダーしたるは、
DSC07725.jpg
真イワシ紀州梅煮


ヲヲ、何たる何たる !!

今宵、ヲ二方に味わって頂こうと画策しとった逸品を、ケムラー先輩殿は見抜かれてヲいでだった !!


眼にも見よ !!
音にも聞いて
鼻で嗅げ !!
DSC07727.jpg
ヲ解かりでしょうか、この一箸のテカリ具合…


脂の乗り方がタマラン…


その脂の旨味が付け合せの紀州梅の酸味でサッパリと昇華…




呑み比べ、なんて称してヲーダーしたヲ酒も、あっという間に胃袋へフェード・イン


宴もタケナワな頃合、タッキー 3 が妙に静かになってきた。


訊けば、スタートの数時間前から引っ掛けていたと言う…。



そら、流石にヘロヘロになりますわな…笑



こうして、
DSC07728-1.jpg
ヲ二方はサイコーにハッピーな御様子でした…。



てな訳で一ノ割接待、大成功
DSC07731.jpg
やはり「やまよし 3 」 !!

最後の一瞬も Happy End !!






「今回も…
I-did-it.jpg

楽しかった… ♪ 」




ずっと座ってる どこかの偉いシト あんたも一緒に付き合えよ



(ぱちんっ)

杯テンション ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

ぼんやりと「ヲんな酒場放浪記」を眺めていたら、昨年(2016)に放送された、

一ノ割 大衆割烹やまよし

…の回、再放送でした


早いなぁ…


我杯が運よく、
DSC04780-1.jpg
万サマ こと、万波 奈穂 様 にヲ逢いしてから、1年が経過…




万サマ、あれから我杯に会えずにいて寂しい思いをしてないだろうか…?
(↑ 筋金バカ)


『ヲレが握手会に行かなくちゃ、あのコ(アイドル)はきっと悲しむ !! 』




愚かな妄想を抱くアイドル・ヲタのような思考を巡らせた我杯は、毎度ヲ馴染み、


大衆割烹 やまよし


…へ、コンバンワ




「とある武道」の稽古帰り。


程よく身体を動かし、ノドは120%で乾いていたので、
DSC07107.jpg
生ビールでスタート


「やまよし 3 」、福島は会津の銘酒「会津中将」は常備
DSC07109.jpg
早速に『本線』へシフトチェンジ



…本線や、本線 !!


支線、引き込み線はウソやで !!
(↑ )



マスター 3 にヲ願いして、
DSC07110.jpg
自家製〆サバ刺 & サンマ刺


…を盛り合わせてもらう。


「中将」が焼石レヴェルで蒸発


はい、ぱんぱ~い !!
DSC07111.jpg
御常連 3 の センセイ が隣席に


…実はコチラの センセイ 、バドミントンの名手なんである。


そして何と、バドミントンの日本代表選手の皆さんとも御昵懇だとかで。



バド…って、どんな動きで行うスポーツなんですか?


なんて話から始まった「身体の使い方談義」



…なるほど、我杯が傾注する「とある武道」、その完成へのヒントを得た !!


「いつも有り難うね~」
DSC07112.jpg
…なんて言いながら、一緒に呑み始めちゃうママ 3 …笑


…この「やまよし 3 」は会津のヲ酒の取り揃えが豊富。


それはママ 3 が福島御出身なのが一因なんである。


そんな一本を今宵も頂戴しましゃう
DSC07113.jpg
豊久仁 ひやヲろし 純米吟醸
(会津坂下・豊国酒造)


DSC07114.jpg
…アタシャ、すっかり日本酒は会津派。


ヨソのヲ酒を頂戴していても、会津基準でテイスティングするクセが染み込んでしまった。


「ああ、この風味…好物の『風が吹く』に近いわ


…なんてな感じで。
(↑ 実は日本酒、詳しくないのに)



そんな美酒に酔い痴れ、
DSC07115.jpg
今宵も完食 !!


…モチロンに大葉やツマも



マスター 3 はいつも通り、ヲ店の外までヲ見送りして下さる。



ヲ店の中で終わらせない、


「最後までのヲもてなし精神」


…である。




帰宅してからの余韻までが楽しい…



そう思わせてくれる「やまよし 3 」は、稀有な一軒。



まさに、
happy-end.jpg
最期の一瞬も Happy End

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login