酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


郷に入らば… ~ 北浦和・ペントハウス ~

いつもヲ世話になってヲります。


特に予定の無い日は、ひたすらキッチンで料理しているバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。



方々の居酒屋で出会ったツマミ、肴を果たして自身で再現出来るノカ。


いや、到底出来っこないんスが、自分なりの

味の分析

…っつーんスか?


アレやコレ、試行錯誤しながらアレ混ぜたり、コレ刻んでみたりしてたら…。


「ヲヲ !? 我ながらヤルでは内科 !!


パカパカパンパンパ~ン♪
agagagagagagagagagag



わがはい はレベルが あがった !!

ほうちょうさばき の すばやさ があがった !!

あじ の ちょうごう が じょうず になった !!

さんまいヲろし の わざを ヲぼえた !!


…と、JOJOに腕前が上がってる…?



…だが、難点、アリ…。



鍋の容量100に対して、130くらいの具材を突っ込んじゃうこと、しばしば…
(often)




明日から向こう3日間はシチューを食べ続けねばならなくなった…





電車が通過する 轟音と風の中…


我杯は ケムラー先輩 殿と合流し、
DSC08269.jpg
千駄ヶ谷駅に降り立ったんだがや。
(↑ ニコちゃん大王)


アレですよ。
DSC08270.jpg
東京体育館で行われた「共生スポーツ祭り」に赴いたハナシです。

我等が 吉田類 先生 のトークイベントが行われた時のネタです。



トークイベントだけでなく、
DSC08272.jpg
色んな催しが行われてたんですわ。



そんな中、人体の動きをサポートするバックアップユニットの体験が出来るブースがあったので試してみた。



重い物を楽に持ち上げたりできるっつー、アレ。


事前に筋肉から発せられるパルスみたいなものを読み取るパットを貼り付けられ。


いざ、ユニットを装着、重量物を持ち上げてみる…
DSC08292.jpg
…が、どうにも我杯の動きと合致しない。

何故かしら


スタッフのヲ姉さん曰く、

「もう、『持ち上げよう !! 』と意識するだけで、筋肉にパルスが走っちゃうんです。

無心で持ち上げると、上手くシンクロしてくれるんです。

シンクロ率上げるには、少々のコツが必要なんですよ?」



…むう…。


そんな、汎用人型決戦兵器みたいなシステムが実用化されとったとは…




…ヲっと !!
DSC08298.jpg
素晴らしいブースもあるではないですか !!


別のブースにあった、
DSC08297.jpg
牡蠣をサカナに、一献


このイベント、 吉田類 先生 とも握手出来たし、大収穫の一時でした



さて。
DSC08356.jpg
会場を後にした我々、

DSC08357.jpg
今度は市ヶ谷へ降り立ったんだがや。

DSC08358.jpg
外堀を越え、徒歩10分ほど…


大の自衛隊マニア、 ケムラー先輩 殿を、
DSC08361.jpg
…へと御案内…笑


こんなん眺めて喜んでるのは我々だけや !!
…笑
DSC08363.jpg
稲田ともちん、いないかしら?


そんなアホな戯言を発しながらも、滅多に訪れる機会のないこのロケ、

まさしくヲトナの遠足 !!


いいじゃないですか、いつもなら躊躇してたことも、太陽は許してくれるんですよ。
(↑ ???)



皆さん、こんにちは。


「詠め !! 鉄道川柳 !! 」の時間です。


これは、鉄道に関する一句を詠んでしまえ、っつーコーナーです。


…とはいえ、鉄道ファンの間ではかなり有名なアソビ。


芸人・ダーリンハニーの吉川 3 の得意技でもあったりする。



そんな中、東京メトロ・南北線で一句
DSC08368.jpg
飯田橋 市ヶ谷 四ツ谷 永田町


全国各線、津々浦々で詠めます。


「ウチも一句、詠んだるゑ?」


…てな方、御投稿下さい…笑



さて、今回、滅多に訪れない都内の「聖地」巡りを画策しとったのだが。
DSC08373_201706101717557ac.jpg
我杯のリサーチ不足で、このような憂き目に…


ケムラー統合幕僚長 殿、方々に無駄足、申し訳アリマセンでした !!

(↑ 軍法会議)



流れ流れて、北浦和の鉄板、
DSC08376.jpg

ペントハウス


…に漂着。


日はまだ明るかったが、店内には既に数組の先客 3 。


カウンターに着陸


我杯は好物のホッピー黒。

 ケムラー先輩 殿は生ビールを所望されたのだが…


「生ビール…?

…ああ…あるにはあるんだけどね…」



…と言ったきり、マスターは黙った。


…我杯は知っていた。


生ビールのサーバーは店内の奥にあり、

カウンター内で動くマスターの立ち位置からは離れているのだ。


そして。


マスターはそこまで行くのが、

面倒

…なのだということを。
…笑



それを察した我杯、ホッピー黒を二組ヲーダー


そしたら、スグに出て来た…笑
DSC08377.jpg
不思議そうな顔をされる ケムラー先輩 殿。
(↑ ははははは)



とにかくこの「ペントハウス 3 」はモツが美味い !!
DSC08380.jpg
串焼き !!

DSC08379.jpg
煮込み !!


その濃厚な旨味は、他店と一線を画す !!



そしてそれは、手元のホッピー黒を瞬く間に空にする。


追加ドリンクに酎ハイをヲーダー…


…したのだが、
DSC08382.jpg
水割りが出て来た。


マスター曰く、

「…ああ、あぶく入れるの忘れちゃったよ」
(しれっ)



…これが、「ペントハウス 3 」なんである。



このスタイルを知っている我杯、いや、実は水割りが呑みたかったんですよ !!

…と調子を合わせてみたら…。


「…そうだ !!

君は、このヲ店が分かってる !! 」




…マスターから認められたぞ
(↑ いいのか !? )


御常連 3 の輪に突入
DSC08383.jpg
「この店はな、俺達が客じゃあ、ないんだ。

マスターが客。

俺達が接待しなきゃなんねェんだよ
(笑)


衝撃の事実に抱腹する ケムラー先輩 殿。


DSC08384.jpg
相変らずテキトーな応対ながらも(笑)、心地好い時間を過ごせる一軒


マスターも御常連 3 も、訪れる度に(いい意味で)テキトーに迎え入れてくださる。

DSC08385.jpg
これからもボチボチ立ち寄らせて頂きやす !!





さてさて。




楽しい一時を過ごした我々。


更に北浦和を楽しむ義務がある !!




任務遂行の為、哨戒行動を続行 !!




…しましたが、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…


tbc.jpg

ボクラの「いこい」通信

エゲレスのシト達って、


バカなのか !?


EU離脱問題で全世界が揺れ動いているが。


離脱か残留かを決める選挙の後に行われたインタビュー。

そのエゲレス国民の返答に我杯は思わず吹いた


「『離脱』に投票したんだが…それって何かイイコトがあるのかい?」

「将来に不安を感じる…何も考えないで『離脱』に投票したが…後悔しているよ」

「面白そうだったから、ノリで『離脱票』にした」


…っつー輩が中にはいたらしい。
(もちろん、こんなのばっかじゃないだろうがっ)



エゲレスってトコは、全世界の国々の中でもけっこー「マトモ」だと思っていたのだが…


…まあ、何でもいいが。


だが、離脱の影響でカップ焼きそばが10円値上がりします、なんてなコトにはしないで下さいよ~?



はい。

エゲレスの女の子には決して相手にされない酒場逃亡記です。



このバカモノ・ブログを御覧の皆さんから、

「一度は行ってみたい」

…と、結構人気のヲ店、
DSCN2375.jpg  
いこい 3


ヲ酒好き、美味しいモノ好きの皆さんをゴアンナイしたいのは山々なんですが、所謂「最寄りの駅」が無い。

一応、東武本線の急行停車駅の中で最も乗降人員の少ない(((((笑)))))、和戸駅っつートコ最寄りなのだが、徒歩ではとても…



ココで宴会するなら、送り迎えの確保は必須なんですよ



そんなある日。


暖簾を潜り、ヲ酒を頼むと、粋な桝で供された


ふーむ、ふむふむ…
DSC05427.jpg
御柱祭…


どーやら、マスターとヲばちゃん、ヲ店の御常連 3 の数名で見てきたらしい。


どーだった???

ヘタすりゃシト死にが出るんだから、相当な迫力だったでしょう???



「それがよ。

全くの外れ席だったから、よく見えなかったんだよ



…そんなモンか…凹


そんな、ガックリ・マスターが腕を振るわせて、
DSC05429.jpg
カンパチ・イワシ盛り合わせ
(↑ )

…を我杯の眼前に


ドチラも我杯の大好物のネタ。



余計に2杯呑んだ



また、ある日。
DSC05463.jpg
早々に仕事を切り上げるマスターと
(↑ ははは。)


今回もヲ任せで盛り合わせてもらう。
DSC05465.jpg
じゃーん


…うっあああ~


真鯛もタマランが、
DSC05466.jpg
生蛸 !!



実は我杯も倉本康子 様 レヴェルでのタコ好きでして。
DSC01301.jpg
が~しゃっしゃっ !! (← 笑い声)

我々よりもヲヤジ的な呑みをされるヤッコ 3 。


ぜひ一度、ヲ手合わせを願いたいものだ…



またまたある日。


黙ってても供されてきた、
DSC05537.jpg
イワシ刺身


いいノカ、こんなに !?


…と、心配になる程の盛。


余所じゃ4,5切れしか乗らない価格でありつけるのはウレシイ。




冷蔵庫の中には普段、見慣玲奈い一本があったのでヲーダー
DSC05539.jpg
真澄 純米吟醸 辛口生一本
(長野県・宮坂醸造㈱)


…が、呼ばれて飛び出て、じゃじゃじゃじゃ~ん
(↑ 大魔王)

名が表す通り、
DSC05542.jpg
辛口の味わいでイワシ刺の旨味を包み込む…。


酒呑み人種の特権が、この瞬間に具現化する…



またまたまたALFEE。(メリーアン)
DSC05640.jpg

DSC05643.jpg
ヲばちゃん得意の煮もののヲ通しをモグモグ


さて、今日は何を摂り込むべぇか、と思案するフリをしていたら、
DSC05647.jpg
カンパチのハラモ塩焼き


…が出てきた。


…ヲばちゃん、何故、このヲ皿が飛び出した???


「アタシが食べたいからだよっ


…そうか、ヲばちゃんが食べたいノカ。


だが、コレはヲレの皿だ
(↑ ケチ。シミッタレ。因業。)


この日、ヲ土産でもらった、
DSC05650.jpg
煮凝り。


フツー、これは冷え固まった半固形の状態で頂戴するのが定石だが、我杯は敢えて温めた。


まあ、元の「煮物」に戻るだけなのだが、十二分に染み出した旨味が… !!



またまたまたまたALFEE(ディスタンス)。
DSC05729.jpg
今日は何だんべぇか…。


ヲばちゃんのKiller Dish 、
DSC05730.jpg
煮っ転がし


ジャガイモの皮むきが土砂崩れ級にキライな我杯、これはイキナリの感涙モノである。



「チャーシューがある。チャーシューがある。チャーシューがある…」
DSC05732.jpg
呪文のようにヲばちゃんが3回繰り返したので、ヲーダーせざるを得ない ←


いこい 自家製。


しっとり、ふわふわ、とろり…。


様々なウレシイ触感が同時多発…。


これはまるで、
hikomaro1.jpg
味の自爆テロや~ !!
(↑ なんてことを… !! )



最後…笑
DSC05863.jpg
暑い時期にはネバネバ系の食べ物が効く


ヲクラをつまみながら、酒をすする。



「うまく出来た


ヲばちゃん自画自賛の…笑
DSC05864.jpg
タケノコ煮


…が本当に美味かった。



パ無いッス !!


ヲ店的にはヲ通しなのだが、数皿ヲかわり。
DSC05866.jpg
…ヲ通しだけでヲ酒呑む、不出来な常連がヲレ…笑


またもヲばちゃんは呪文を唱えた !!



「煮込みがあるよ。煮込みがあるよ。煮込みがあるよ…」
DSC05869.jpg
にこみ が あらわれた !!


何故、この暑い盛りに煮込みをドッサリと用意したのかは不明。


だが、口中にした途端にとろけ、消えゆくモツの食感に、思わず椅子から転落。


「美味いから売りモンにしてんだよ」



気心知れちゃってるから口にするマスターだが、あながち冗談ではない。


自信の顕れが他ならなヌ一皿一皿に顕現しちょる…。





我杯はいわゆる「ヲフタイム」、即ち比較的席が空いている時間にヲ店に潜伏する。


だが、最近はそんな時間帯にも多くのヲ客 3 が入店してくる機会が見受けられ。



贔屓のヲ店が人気なのは嬉しいが、何か、我杯の居場所が削られていくような居心地の悪さが…。



…ちっと、ジレンマ。
gzgzgzgzgzgz

聖地巡礼61 ~ 吉祥寺・ 玉秩父~

こんな事を言うと怒られるかもしれないが。


ダメージを受けたニンゲンの、そこから立ち直るというか、その復活力は実に物凄いものだと思う。


熊本の大震災発生から13日で新幹線が、そして箇所によっては一週間で道路が復旧したと報じられている。


流石の中国も日本の「復活力」に驚嘆。
各メディアで紹介しとるそうだ。
f42e5_620_717c107f_70c57f33-m.jpg
(↑ これね)


…いや、中国じゃなくたって、我杯だって びっくりぽん ですわ



…とはいえ、まだまだ災害の被害はこれから明らかになっていくのだろう。


我杯にも何が出来るかを考えながら、微力ではあるが支援を継続していけたら、と思う…。
kumamon.jpg
負けるな !! くまモン !!



さてさて。


リッパなことを言いながらも、記すは酒呑みの話題。



我杯的に珍しいロケ・吉祥寺。
DSC05140.jpg


「原点聖地」の「いせや」に窮屈な潜伏を果たした後、次なる一軒へ向かいちみヲん
DSC05139.jpg
「いせや」とは線路を挟んで反対の方角へ出た。


賑やかな駅前。



そんな一角に、
DSC05130.jpg
我杯の好きな銘柄「澤乃井」の専門店を発見


…スゲー。
DSC05131.jpg
置いてあるヲ酒がトコトン「澤乃井」…らしい。


…「らしい」ってコトで、詳しいことは入店しなかったのでワカリマセン
(↑ テヘペロ)


さて。


この吉祥寺には、酒呑みならば決して避けては通れないスポットが存在する。


それこそが、
DSC05132.jpg
ハーモニカ横丁 !!


あの新宿の魔空空間こと「思い出横丁」に勝るとも劣らない、アヤしいスポット。


DSC05137.jpg
迷路のような細い路地が展開し、その中に胡散臭い(笑)ヲ店が所狭しと軒を並べる。


やはり、何軒か明るいうちから開いている居酒屋が見受けられる


そんな薄暗い路地のドン詰まりに、知るシトぞ知る一軒があるという。


それこそがコチラの、
DSC05136.jpg
ささの葉

…なる一軒。


我杯よりも凄腕(?)の呑みブロガー達が『吉祥寺の名店』と讃えるヲ店。


残念ながら今回は潜伏は叶わなかったが、このハーモニカ横丁の最深部にて一体、どのような光景が見られるノカ…。


是非に再訪せねばなるまい。



さてさて。


次なる「聖地」を求め辿り着いたるは、
DSC05141.jpg

玉秩父

DSC05142.jpg
駅から歩いて5分ほどの通りにヲわしますこのヲ店。
勿論に我等が 吉田類 先生 御降臨の一軒。


暖簾を潜ると、
DSC05144.jpg
小さなL字カウンターがヲ出迎え。

少々寒かったので、北海道の銘酒「千歳鶴」を燗で頂戴する。



一品も温かいものを
DSC05145.jpg
もつ煮込み

…をばヲーダー

DSC05146.jpg
味わい深く煮込まれた具材が口中にてユルユルと蕩ける…

寒い日にはヲ燗と煮込み。
最高の組み合わせなんですよ。



御常連 3 は年配の方々が多いようだ。
DSC05147.jpg
そのせいか、実に寛げる空間が醸されている。

カウンター内、明るい女将 3 と店主が忙しく動き回る。


二杯目に緑茶割りをば頂戴する。



次なる一皿に、
DSC05148.jpg
ホタルイカ


この時期、実にウレシイ一品である。


ゴチソウサマなヲ皿と杯は、
DSC05149.jpg
カウンター上の丸太に返却。
女将 3 が引き取ってくれる。

 

隣席に居合わせた御常連 3 から漬物のヲ裾分けを頂戴した
DSC05151.jpg

いやいや、これはかたじけのぅございます !!
DSC05150.jpg
それではヲ近付きに


創業1972年。
DSC05154.jpg
年季の入ったカウンター。

DSC05152.jpg
店内にも味があります。


…ヲヤ。
DSC05153.jpg
ドスコイな写真が掛けてあるが、実は店主 3 は元・力士なのである。


「玉秩父」という店名は、力士時代の四股名だったそうでして。


だからと言ってちゃんこ鍋はウリにしていない。


あとで分かったのだが、コチラの一軒はとにかく「納豆料理」が秀逸らしい。


…ウムム、キチンと事前に情報は収集せねばならんな !!



我杯が酒場放浪記を観ての潜伏である事を伝える。

女将 3 のヲ話では、 吉田類 先生 はたまにヲ店に降臨されるそうである。


足繁く通えば、 類 先生 と酌み交わせるか !?


いやぁ~、楽しかった !!
DSC05155.jpg
一見の我杯に明るく応じてくれた「玉秩父 3 」、有難う御座いました !!


賑やかな吉祥寺にて、実にゆったりと楽しめる空間でした。





さてさて。
DSC05157.jpg
街が明るく浮かび上がってきたトコで、吉祥寺とはヲ別れ



…とはいえ、まだまだ宵の口。


せっかくの遠征、更にもう一軒潜伏する位の余裕はある


再び電車に乗り込んだ我杯、次なる一軒を求めて彷徨うが、これまた次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…
tbc.jpg


ブレる。 ~北浦和・ペントハウス~

いつもヲ世話になってヲります。


嗚呼、終わってしまった…
DSC05248.jpg
「あさロス」状態の我杯…


毎回シッカリ観ていた訳ではないが、ちょこちょこと目にしていたので、


「あれからどうなったのかしら???」


…なんて、気にはなっていたんだす


そして、いよいよ最終2話分はシッカリ録画 !!

クロレッツ新次郎 3 が亡くなってしまう場面は涙、涙…

画面が見えない…



せっかく明るい内容だったんだから、死別シーンなんか描かずに最後まで


「ヨカッタヨカッタ、めでたしめでたし


…にしてくれればよかったのに…


あと、ラストにチョイ役で大島優子 3 出すんだったら、
山本 彩 様 の方がよかったような。


関西の話やったんやし





…それにしても、波瑠 様 の御尊顔を拝めなくなってしまったのは寂しい…凹




…ん !?


これは「あさロス」じゃなくて、「波瑠 様 ロス」か !?
(↑ ははは)



そんな訳で皆さん、こんにちは。

朝が来ないバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さてさて、今回のバカモノ・エピソードはコチラ、
DSC05064.jpg
北浦和駅


…からスタート !!


夕暮れ迫る北浦和駅前
DSC05066.jpg
今回の共犯者は毎度ヲ馴染み カーノさん 。


「春の呑み鉄企画について打ち合わせが必要なんですよ」



…とのことで、今回潜伏先に選んだるは、
DSC05084.jpg

ペントハウス


駅から徒歩でスグ


もつ焼きのヲイシイ一軒


二階にはジャズ・ライブハウスが併設。

何故なら、このヲ店のマスターは大のジャズ・ファンなのである。




 先客 3 数組が杯を傾けていた中、カウンター席に着陸
DSC05068.jpg
ぱんぱ~い


毎度毎度のバカモノ・トークでスタート…笑


先ずはの一皿に、
DSC05070.jpg
煮込み

…をば頂戴する。


モツは他と比較すると粒が大きめで、食べ応え充分


…だったのだが、 カーノさん はモツ料理は(食わず)嫌いなので、箸がのびない…


それでは、このヲ店のウリ、もつ焼きをヲーダーしましゃう


脂の旨味、その頂点 !!
DSC05073.jpg
てっぽう串

…と、
DSC05074.jpg
とんバラ串


…をば頂戴する。


この「ペントハウス」に来て、串焼きは必食 !!

さもなきゃ、握手会に来て握手しないようなモンだ



何とも言えヌ色合いの店内。
DSC05075.jpg
御常連 3 達が賑やかに。


…。
DSC05076.jpg
ここまでして車に乗ろうとする輩は即刻に射殺するべきだ。


…トランプ 3 ならそう言う筈…笑


ホッピー黒から、
DSC05077.jpg
酎ハイへとシフト。

もう一皿の必食メニュー、
DSC05078.jpg
にら玉


…自身でも玉子料理は作るが、どうしたってこのような「妙味」は出せない。


シンプルかつディープ、それが玉子なのかもしれない…



煤けた店内、その雰囲気を肴に酒を呑む。
DSC05079.jpg
…と、ここでこの「ペントハウス」のマスター 3 があれやこれやと話題を投じてきた。



引き上げ時かと思っていたのだが、せっかくなので、
DSC05080.jpg
浦霞・本醸造本仕込
(宮城県・佐浦酒造店)


…と、
DSC05082.jpg
つくね串


…をば追加、マスターの話題に乗る。


「最近の音楽ファンはそれを再生する機器、そればっかに傾注しちゃって本来の音楽を聴いてないよ。

そーゆーのは『音楽』じゃなくて『音』を聞いてるんだ」



…ほほヲ~


「だからな、ジャズなんてのは昔からインチキなんだよ」


マスター、ジャズ・ファンでしょうが。
何て事を言うんだよ


「だってそうだろう、シンバル細かく叩きゃあ、

『インチキインチキインチキ…』

…って聞こえるだろうがよ」



空耳アワーかっ…笑


「な? だからな、マグロの中トロは埼玉の為にある食べ物なんだよ」


…ぅんんん !? 




とにかくアッチコッチにブレまくるマスターの話題…。


理解、収拾も侭ならず。



…我杯、このヲ店に潜伏したのは2回目だったが、マスター 3 は誰にでもこんな感じなのかしら???…笑



ヲ店を出て、チョイとフラフラ
フラフラフラフラ


この北浦和には、 吉田類 先生 が降臨された「聖地」が他にもあるので立ち寄ってみた。


今回は定休日だったが、
DSC05089.jpgDSC05088.jpg

かつみ


…は ヲでん がウリの一軒


ヲでん を肴に、熱燗で一杯 !!


…といきたかったが、もう季節は過ぎてしまったか…



もう一軒は、
DSC05091.jpg

鳴子


家庭的な雰囲気でヲ酒や料理が楽しめる一軒


やはり定休日だったが、その入り口には、
DSC05090.jpg
 吉田類 先生 の御足跡。


自宅から近いし、期を改めて潜伏せねばなるまいな…



ひとっ風呂入りたくなるような銭湯を発見
DSC05085.jpg

DSC05086.jpg
にゅうにゅうせっけん よいせっけん

…なんて、歌ってた覚えがある…笑



…って、石鹸だけじゃなくて、牛乳シャンプーもあったの !?



これか !!
 
nyuu-nyuu-shampoo.jpg
知らなかった !!



ふ~む、ふむふむ…


頭皮への刺激の少ない植物性アミノ酸系洗浄成分を使用。
豊かな泡が古い角質や皮脂汚れをすっきり落とします。

(↑ とあるビューティー・コスメのサイトより抜粋)



…へぇぇぇ~…




…って、このバカモノ・ブログも話題がアッチャコッチャのブレまくりやね。


何より、呑み鉄の企画話なんてしなかったし…笑








ヲいでシャンプー その長い髪 君の香りに ときめくよ…

大宮回遊録 ~ 大宮・大阪屋、たちのみ いしまる、いづみや ~

いつもヲ世話になってヲります。


なんとも切ないニュースを目にしますた…


北海道は美瑛町に佇んでいた観光名所の一つ、
tetugak1.jpg
哲学の木


♪ この木何の木、みるみるきー ♪


…が、観光客のマナーの悪さに、この木の所有者である農家 3 が激怒、伐採されてしまったそうである…



何でも、

立ち入り禁止の看板を無視して所有者 3 の畑に侵入したり、

停めてあった自家用トラクターに勝手に乗り込もうとしたり、

麦畑に車で乗り入れてきたり…



傍若無人な振る舞いに、ついに我慢の限界になってしまったそうだ。


一度は目にしたかった光景が失われてしまい、少なからずショック…



我杯にも覚えはあるが、どうにも観光客の中には、


遠い所まで旅行に来た

せっかくだから、やりたい事をやり尽くさねば損 !!

時間と金をかけてきた、そんなワタシは「ヲ客サマ !! 」

だから、好き勝手やってもいい野田 !!



…つー、心理が働くような。


もちろん、そんな訳ないのだが。



…で、ここへきて激増している日本への外国人観光客。


ニュースでぼちぼち「マナーの悪さ」が報じられ。




各地の観光名所では、その対策に苦慮しとるそうだ…



だが、これは日本人・外人とか、観光地に限った問題ではないでしょう


我杯だって、呑み歩きと称して、様々な場所へ赴く。

しかも、何かとかこつけては飲酒してるのだから、ますますもって「公共マナー」は意識しなくてはいけないハズ。
ウンウン


これからも、「健全なる酔っ払い」(← ???)を自覚して、行動していかなくては…。




…。


埼玉帝國・大宮。


最近、何かと大宮づいてる酒場逃亡記。



今回は「宮城の鉄血呑み師(←笑)こと、 れぢすた 3 が、またもや我が埼玉帝國に遊びに来てくれたので一席。



遠方よりの来客に しらふ で会うのは非礼である…笑
DSC04800.jpg
事前に毎度ヲ馴染み「いづみや」にて波動Alcエンジンの回転数を上げる。


今回、れぢすた 3 は、
DSC04812.jpg

大阪屋


…が第一のヲ目当てだったようなので、早速に暖簾を潜る。


はい、ヲヒサです、
DSC04801.jpg
ぱんぱ~い

そして、今回もヲ土産、アリガトウございますた



コチラの大阪屋 3 、
DSC04811.jpg
昭和42年創業、大宮の老舗。

DSC04803.jpg DSC04804.jpg
モツ焼き、煮込み などコッテリ、ガッツリしたメニューが楽しめる一軒。


大振りの具材は食べ応え十二分
DSC04809.jpg DSC04810.jpg
これらの串焼きを、このヲ店特製の 味噌タレ で頂戴すると気絶する程に美味しい…


…らしい。
(↑ ???)


我々が潜伏した時は、他にヲ客 3 はいなかったが、あれよあれよ、
DSC04807.jpg
カウンター席は満席状態に

地元の御常連 3 が足繁く通うこの一軒、その理由は供される皿の上にある。




さて。

次の目標は我々得意の「日本酒」 !!





はいはい、任せて下さい !!

通も唸る一軒に御案内致しますさかいにな !!
DSC04824.jpg

たちのみ いしまる


旦那はん、こちらですぅ !!


ヲ店は人通りの少ない通りにある上、急な階段を昇った二階に位置する、酔っ払い殺しの立地。
(↑ ははは)


店内は…
DSC04813.jpg
毎度毎度の満員御礼状態


全国津々浦々の地酒を楽しめる一軒。



そして、ここで我々に合流したるは毎度ヲ馴染み「酒場の風来坊」 KTJM兄さん 。
DSC04814.jpg DSC04815.jpg
コンチキショーなまでの酒好き3人が杯を合わせる


我杯、ここで早速に燗酒を所望。


…つか、この「錫の器」で呑みたかった。


これ、コチラのマスター 3 が、

「錫の器はヲ酒の味をまろやかに味わうに最適なんですよ」

…と、こだわり抜いて取り揃えたもの。


ううむ、確かに…


我杯も欲しくなってきた。


…かっぱ橋に売ってるかしら !?



日本酒呑んでると、どうしても欲しくなる「アレ」。


ここでヲーダーしたる、
DSC04819.jpg
刺身盛合せ


肉厚に供される一片一片がタマラン


刺身が美味しいのが嬉しくなっちゃったので、
DSC04822.jpg
山間(やんま) 無濾過生原酒 (新潟県・新潟第一酒造㈱)


…を頂戴する。


最近、よく巡り逢う「無濾過生原酒」。


しかし、そこは新潟、酒処。


その喉越し、風味に、我杯は独り悦に浸る…



ヲ酒、肴、そして器。


こだわり抜いた在り方から、新進気鋭 という言葉が浮かんでくる。


これから益々に楽しみなヲ店です。




…と、ここで !?


背中越しに居合わせたヲ客 3 からのヲ声掛けを頂戴した。


「何だか日本酒、詳しそうですねぇ???

ヲススメ、何かありますか???」



いえいえ !!


我杯はただ酒場で遊んでるだけで、酒には詳しくありません !!




…とは言え、袖擦り合うも多少の縁。
DSC04820.jpg
ここは一つ

ヲ相手のヲ二方、同じマンションの呑みトモダチ。


野球ファンだったらしく、 KTJM兄さん と れぢすた 3 の野球話に耳が傾いちゃった…笑


途端に始まる大宴会…笑



 

…何だか、ハナシが大層に盛り上がっちゃって、収拾つかなくなってきたので…



「いづみや」に移動


この日、我杯は出戻りである…笑


それでは、
DSC04826.jpg
ぱんぱ~い !!


…皆さん、気付いていたのだろうか…???


日本酒を散々呑んだ後に、「いづみや」特製の焼酎梅割りでの杯合わせ…。


高濃度Alcの梅割り。


この状態で摂り込むことは、眼前の炎に三尺玉を投下するようなモンである…




何を呑み食いしたのかは記憶に定かでなく…


ただひたすらに盛り上がったのは記憶しているが…




宴もタケナワ。


何故か我々はヲ店を出たトコで通りすがりのシトにカメラを渡し、
DSC04827.jpg
画像残してもらってた…笑


我杯はともかく、ヲ互いがこの日、初対面だったのだが…


再会を期しつつ、今回の「大宮回遊」は終わりを告げる…





…筈もなく…笑
DSC04830.jpg
京浜東北線ホームにて


「あの車体の軋みが !! 」

「あのフレームが !! 」

「あの編成が !! 」



…もはや、タモリ師範の「流浪の番組」のノリ…笑


貨物列車の通過を眺めるヲ二人。
DSC04835.jpg
そんなジックリ鑑賞出来るものなのかぁ !?


…どうして、我杯の呑み仲間は趣味・趣向が同じなんだろう…



それとも、我杯が無芸大食なだけ…???
ガガーンガガーンガガーン




うあ。
なんか、凹むなぁ…


いえいえ !!


ヲ酒は絆 !!


初対面でもシトとシトを結び付けてくれる、至上のコミュニケーション・ツール !!


人生を楽しく過ごしたいなら、呑めないシトもヲ酒を呑みましょうね !!
(↑ ある意味、暴論…)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login