酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ ~ 我が生涯に一片の… ~

それにしてもクッソ暑ィですな。



洗濯物がよく乾くのはいいんスが、強烈な日差しに晒されたシャツやらタヲルやらが何だか可哀想に思えてくる…笑


さて、そんな時は自宅に引き篭もって呑むに限る。


つか、我杯行き着けのヲ店ってのは、ことごとく刺身の美味いヲ店であり、

そして、それを口に出来なくなったモンだから、

正直、最近酒場逃亡は大変ヲロソカになってます。


だって、刺身食べられなくて面白くないんだもの。





さて、今回我が宅にヲ招きした「美人 3 たち」はコチラ。
DSC08436_2017071715312981a.jpg
澤屋 まつもと Tojyo
(京都府・松本酒造㈱


御覧の通り、
DSC08437.jpg


DSC08438_20170717153128da8.jpg
かなりイイトコ取りの一本


量販店である「はせがわ酒店」の企画物。

店員 3 に伺ったトコ、コチラを真っ直ぐにヲススメしてくれた。


「期間、本数限定 !! 」


…とか言われちゃうと、ついつい…。


DSC08441.jpg
風香 袋しぼり生原酒 純米吟醸
(奈良県・梅乃宿酒造㈱


DSC08442.jpg
原料米は備前雄町。


もういっちょ !!
DSC08462_20170717153135728.jpg
辰泉 純米吟醸 美山錦 生酒
(会津・辰泉酒造)


はい、コチラの三美女を、
DSC08465.jpg
どーんっとまとめて、ぱぱっ、と呑んじゃうよ !!
(大至福)


「辰泉」はキレ。

スッキリ呑めて、余韻さわやか。

「風香」は濁り。

文字通り、風味と香りが口中に気持ちいい。

「澤屋…」は、これは日本酒なのか。

通り越してワインまで行っちゃってるような口当たり。

まるで、口に含んだ途端に、舌と一体化しちゃうような感覚が。



ほらね。

自宅で呑み比べ出来る我杯は、刺身なんか食べられなくたって悔しくないんだ…
(↑ 震える声)



DSC08574.jpg
會津宮泉 酵母無添加 純米生酛 生酒
(会津・宮泉銘醸㈱

DSC08575.jpg



DSC08576_20170717153142856.jpg
生酛醸りの一本。

DSC08577.jpg
コチラこれまた口中にズシリ、と響くインパクト。


その一口一口に確かな「日本酒の重さ」を実感できる。



そうそう。

以前に横浜のキリンビール工場にてビール製造体験教室に参加し、



その時に造ったビールが、
DSC08615.jpg
我が手中に届いた !!

DSC08616_201707171531482a8.jpg

これまた、
DSC08617_20170717153144aad.jpg
呑み易い !!
そして、美味い !!



ホップの旨味が確かに実感出来る。

それなのに、サラサラと呑めてしまう、市販の物とは一線を画した味わい。



これは今夏を通して常呑したいが、残一本…。



最後の一本をいつ開けるか、機会を伺っている…。



やはり自宅呑み。


どっぷりと「油断」しちゃうんである。



自宅居間にて呑むのだが。



寝室まで辿り着けない。



酒量は350ml缶3本程度なのだが、居間のソファで眠りコケちゃう事が多々。



いや、寝ちゃうとか酔い潰れるとかのレベルじゃない。




ペシャンコに気絶しとる…



こんな事を週に何度も…凹




…最近、「我が最期の瞬間」が視える…。



「今頃気付いたか」
kenshirou.jpg
「貴様の頭上には既に死兆星が輝いているのだ !! 」





…我杯が天へ還る時が近いというのかっ… !!



このままだと、マトモなコト達成しないで終わっちゃいそうだなぁ…

酒場逃亡記(半分)終了のヲ知らせ

dai-hihou.jpg
永きに渡ってヲバカな酒場巡りをヲ届けして参りましたバカモノ・ブログ、酒場逃亡記ですが。




何と我杯は、
DSC07985.jpg



DSC07678.jpg



DSC07860.jpg


DSC08014.jpg

刺身を食べられなくなった…。





この数ヶ月間、起床時に身体に痒みを伴う発疹が出るようになった。


最初は蚊やダニなどの虫刺されかと思い、布団やら絨毯やら、部屋の掃除を徹底的に行ったのだが、発疹は出続けた。


そもそもで、虫に刺されたなら「噛み痕」が残る筈だが、それが無い。


しかも、しばらくすると、発疹はキレイサッパリ消えちゃうのだ。



はて、それでは何か食べ物に中ったか…?


色々と注意を払ったトコロ、その正体が種類を問わずに刺身であることが判明。






…。







miru-nande.jpg
(↑ 魂の叫び)




ヲ酒のヲ供はヲ刺身、な我杯。


それが生魚アレルギー…。



ここへきて、他ならヌ自分自身に裏切られるとは。



過去、幾度無く女性にフラれ続けてきたが、そのどれよりも
ショックがデカイ…凹



「いこい」や「やまよし」のマスター 3 からも、


「それは不憫過ぎる」


…との弔辞を頂戴した…




てなワケでして酒場逃亡記は、
kenshirou.jpg
「もう(半分)死んでいる…」






…あべしっ !!


碧魂忌

2009年6月13日。



プロレスラー、三沢光晴 氏 の命日であります。




misawa.jpeg



まるまる8年が経過…。


一昨年あたりからこの追悼記事を記すにあたり、


「あれっ !?

つい先日にも書いたばっかりじゃないのよさ !! 」


…と、年月の経過の早さに驚く。




…何て思ってたら、ヲ笑いエピソードを思い出した。



これは、同団体の選手が語っていたのを観たのだが、


よく試合終了後とか、選手みんなで夜の街へ打ち上げに繰り出していたそうだ。



煌びやかな衣装のヲ姉さん達を囲って大宴会。




いくら著名なプロレスラーたちとは言え、プロレスを知らないシト達にとっては、

ガタイがメチャメチャでかいヲジサンたちに過ぎず。


この時もヲ姉さん達は三沢の正体を知らなかったらしい。



「スッゴイ大きなカラダですね~ !!

皆さん、何の仕事してるんですかぁ?」




…と、問いかけるヲ姉さんに、三沢は、


「うん、ヲ弁当屋さん



…と、答えたとか…笑



他にも結構、バラエティ番組とかにも出演してたのを観た覚えがある。



リング上の表情とは違った、かなりくだけた対応で、

明るいキャラクターの一面も持ち合わせていた点も印象深く記憶に残る…。



ファイトが見られなくなって久しい。


…が、毎年この時期になると何かを思い出させてくれる。


来年は何を思い出させてくれるだろうか。


今からそれが楽しみですぞ !!





 
偉大なるレスラー

三沢 光晴よ

永遠なれ !!








蜘蛛の糸

仕事の行き帰りに、自販機の釣り銭口をニヤニヤしながらあさっている輩を目撃。
(↑ それそれ別人)


一日の始まりと終わりに、シトとしてサイテーな姿を目にしたモンだから、


我杯のその日一日がまるっ、と浅ましく卑しいものにひっくり返ってしまったような気がして。


帰途、何故だかかなり気落ちする…。



こんな時、
(↑ 心身的に過度の疲労困憊状態な時)


アタシャ、ムショーに「スゥイーツを欲してしまう。


早速にコンビニに立ち寄り、スゥイーツを購入。



レジに並ぼうとしたら、部活帰りと思しき日焼けした高校生諸君とはた、とかち合った。



びみょ~な間合いだったが、タイミング的には高校生諸君の方に優先権があったので、

我杯は彼等の後ろに並ぼうとした…


「あ、ヲ先にどうぞ !! 」



その高校生諸君は我杯にレジの優先権を譲ろうとしてくれた。


いやいや、前途ある若者から先に用を済ませて下さいな


しかし、高校生諸君は、


「いえ、ヲレは後でいいですから !! 」





…。




我杯は有り難く先に会計を済まし、高校生諸君に礼を述べた…。





感動である !!




先程までドン底に陥っていた我杯の一日が、素晴らしく光輝いたものに昇華したのは述べるまでもなく。



地獄の底に蜘蛛の糸ドコロか、Φ480位の鋼鉄製ワイヤーが降りてきて、急激に引き上げられたような、
(↑ カンタダ)



実に嬉しく、晴れやかな一日になったのだった。
agagagagagagagagagagagag



そして、我杯は高校生諸君に教えられた。


シトという存在は素晴らしい、ということを !!


今、話題の

DSC08481_20170525210438c48.jpg
「うんこ かん字ドリル」


…を購入。



…。




抱腹 !!

…笑…笑…笑…笑…笑…笑



内容は確かに漢字ドリルなのだが。



例文が一々、


バっカでぇ~ !!

(↑ コサキン風に)


例文が一々に「うんこ」絡み…笑


例えば、漢字「七」の例文に、


ありがとう。これで うんこ が七つ そろったよ。




…。



バッカじゃないの !?

(↑ 大敬意)



うんこ 七つ揃えて、ど~すんのよ !?


神龍を呼び出すか !? …笑




ところが。


出版社はモチロンに大真面目



「学習をより楽しく !! 」


…を、モットーに発刊された、とのこと。


しかも !!



編集者の方が美人 !!

(↑ …こればっか…)




さて。


同様に抱腹してしまった案件があり。


その詳細はここでは語れないのですが。




ただ。


ちんこ とわざかるた


…っつーワードを検索したらいけません !!




皆さん !!


絶対に !!


ちんこ とわざかるた



…っつーワードを検索したらダメ !!




絶対に、ダメ !!




「…絶対に…?
ikoi-yuihan.jpg
分かり易い フリですねぇ?





…一体、どんな方々がこんなのを作ったのか…。









「かわいさ余って ○○○百倍」
(↑ )




…それにしても。



ど~して、

「うんこ」「ちんこ」

…は無条件に面白いんですかね?

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login