酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大血涙






全国の酒呑み達をコケティッシュ渋滞中に陥れる、酒呑み界のアイドル、


万波奈穂 様 。



…が…
gokekkon.jpg
…されたそうです…。


(↓ 関連ニュース)
http://www.sanspo.com/geino/news/20180219/mrg18021916270001-n1.html




DSC04775.jpg
(↑ 在りし日の万サマ…)




…う、狼狽えてなんか、いないッ !!



愛するヲンナの幸福を願ってこそヲトコ !!







…なんて、レイみたいなセリフは我が口からは出て来ない…。



我杯はなんて情けないヲトコなんだ…凹
medama2.jpg
…私には、もう…




神サマの姿が見えない…

酒逃的社会論考 ~ 格差篇 ~ Ver.1.07

怪獣や宇宙人からの侵略行為から地球と酒場の平和を護る特務チーム…。

その名も『S.A.K.E』 !!
(Special Agents of Kaijyu-u Emergency)

彼等には盆暮れ、正月は関係無い。

そんな彼等が24時間365日、不断の任務で我々の安寧を護っていてくれていることを知るシトはいない…。

sake-East-base.jpg
S.A.K.E.極東支部


じんぐっべ~ じんぐっべ~ 鈴ヶ森~


「キャップ !! 明けましてヲメデトウございます !! 」
w-hayata1.jpg
S.A.K.E.極東支部隊員 我ハヤタ 隊員 (我杯)

「本年も頑張って行きましょう !! 」


「あ、我ハヤタ隊員、ヲめっとさん
kimono-yuihan.jpg
S.A.K.E.極東支部 キャップ  リクヤマ ユイ

「今年も頑張っていきましょうなぁ」


「ウヲヲっ、キャップ !!
waga-hayata.jpg
「新年早々にキャップの艶やかな御姿を拝する事が出来るとは… !!

この我杯、大変に嬉しゅうございますぞっ



「なんや、恥ずかしい。

ヲ屋敷の爺やみたいなコト、言わんといて



「…で、そんなヲ姿の割にはまた変な言い回しで何か歌ってましたねぇ。

何かされてたんですか?」



「あ、聞こえてもうた?」
ikoi-yuihan.jpg
(↑ 早着替え)
「いや、今な、クリスマスケーキ食べとったんよ」




「…はい !?
waga-hayata.jpg
クリスマスケーキって…。

そのケーキ、いつ、買ったんですか !? 」



「そのまんまや。

クリスマスに買うたんよ」



「大丈夫ですか、そんなモン食べて !! 」


「うん、まあ…ちびっ、と酸っぱいニヲイと味するけど、大丈夫やろ?」


「ダメですよ、そんなの口にしちゃあ !!


「スーパーフレスコ木津店で閉店間際に投売りしとったん、ついつい買い過ぎてしもたんよ。

食べな廃棄や、勿体無いやん?

それにほら、鯛だって腐っても食べるやんか



「アレはそ~ゆ~意味じゃないですよ。

ダメです、アイドルがそんなの食べちゃ !!

没収します !! 」

(↑ 無情の廃棄処分)

gennnari-yuihan.jpg
「えぇぇ~ !!

なんや、勿体無い…。

我ハヤタ隊員、ケーキとかスゥイーツ、よう食べへんの?」



「いえ、食べますよ。

…いや、食べさせられている とでも言いますかねぇ…。

『不景気』という、何の味ッ気も素っ気もない、不味いケーキを !! 」



「あはは、何や、シャレやんか」


「いや、笑えないですよ…。

どっかのソーリダイジンは経済政策が上手く運んでる !! なんて言ってますが。

実際のトコ、我々の生活は何も変わってないじゃないですか !!

寧ろ、真綿で首を絞められているかのように、ジワジワと苦しくなってる気がしますよ !!

これも一部大企業が利益を独占しているのが悪いんだ !!

富の一極集中を許すな !!

格差社会を糾弾、是正セヨ !! 」

(↑ 市民の大憤慨)


「…。
normal-yuihan.jpg
…なあ、我ハヤタ隊員…。

『格差』って、何なんやろな…?」



「え…。
w-hayata1.jpg
それは勿論、収入の差のことでしょう !! 」



「そない意味ちゃう。

シトとシトの『格差』って、何やろな、思てな」



「シトとシトの格差、ですか…。

そうですねぇ…例えば、収入、財力の他を言うのであれば、名分的な権力や地位、家柄とか…。

個人的なものならば、知力や体力…あとは周囲への影響力、魅力=カリスマみたいなモンですかね?


…って、どうしたんですか、急に?」



「なあ、我ハヤタ隊員…?

例えばや。

ヲリムピックとかで超一流アスリートが100m走で世界記録出したとするやんか。

あれ見て、どない思う?」



「どう思うか、ですか…?
f0041730_963960.jpg
やっぱりスゴイなぁと素直に思いますね。

賞賛、驚嘆、感動、ってな感情に満たされますよ」




「そこや。

逆に、

『あのドヂン、自分より脚が速くってズルイやん !! 』

…とか思われへん?」



「今 !!

しれっ、と言いましたね !!


…いや、そんな事思わないですよ !!

アスリートは途方もない努力を積み重ねて、自身を高めているんですから。

生まれついての身体能力とかもあるでしょうが、とても我々が成し得ないことを達成するんですからスゴイ存在ですよ」



「そしたらな…。
normal-yuihan.jpg
さっき、我ハヤタ隊員が言うとった『一部企業の利益独占』。

そない一部企業はどないして利益を得られるようになったんやろか?


何もせんと、ぎょうさん稼げるやろか…?」



「いやいや、そんなことはないでしょう。

企業は企業なりの努力でもって…

waga-hayata.jpg
…あ…


「な?

どないなコトやろうと、シトが向上していくには『努力』は欠かせんやん?

会社企業だってシトの集まり、要はシトそのものや。


アスリートの世界記録とシトの収入向上と獲得。

それを達成する為の『努力』に質の違いはあるやろか?」



「『努力の質』ですか…?

まあ、目的こそ違いますが、シトが向上する為の目線とでも言いますか。

それはやはり『上』を向いているという点で同じだと思いますが」



「まあ、全部纏めて一括りにはでけへんやろが…。

でもな、我ハヤタ隊員。

メダリストやノーベル受賞者の『成果』にウチら一般人は尊敬・感嘆して、

それが財力に向けられた成果となると、違うた感覚をその獲得者に向けとるやんか?

それは『羨望・嫉妬』やろ?」



でもアレですよ。

横領だの賄賂だの、不正でもって私腹を肥やすような悪党に対しては怒りを感じますよ。


…う~ん…

でも認めたくはないですが、確かに対象にはネガティブな思いを抱きますねぇ…。

やはり、裏側にそ~いった根性が隠れてるんですかねぇ?

gzgzgzgzgzgz


「これがシトのじゃまくさいトコやな。

glasses-yuihan.jpg
ええ? 語るで?

メダリストの脚力や横綱の腕力…。

彼らには自身の立場とあまりにかけ離れた立場と成果があるが故に、尊敬の念を。

せやけど、財力を有する者にはネガティブな念を向ける…。


でもな、タダでヲ金なんか稼げへん。

自分から知恵や行動力を搾り出さな、そない「成果」なんか得られへん。

真っ当な財力獲得者には、そないなるまでの努力は確実に存在しとる筈や。




…もし、やで?


本当にこの社会から財力的な「格差」が無くなったとしたら…。



果たして、ホンマに世の中良くなるやろか?」




「…ど~ゆ~ことでしょう?」



「例えばや。
normal-yuihan.jpg
我ハヤタ隊員の月収が月50万やったとする。

せやけど毎日齷齪して、やっとで稼いだ額や。
(↑ あくせく。ヲヲ、こういう風に書くのか !! )


一方、ニートにナントカ手当てとかいったメーモクでやっぱり50万支給されとったら…?


しかも、そのニートは我ハヤタ隊員の収入は多過ぎてズルイ !! とかクレームつけとったんよ」



「…それは不条理過ぎる」


「そう思うやろ?

一所懸命に働いとるシトとニートの収入が同じやったら不思議やんか?

そのバランスを鑑みてみ?

成果主義=結果に応じた賃金が支払われるシステムに
今の日本、いや、世界が成り立っとるんは当然なんかもなぁ

このシステム上でウチラが生きとる以上、いわゆる『意図された格差』はどないしたって生じるんよ。


…仮に、極端な共産主義圏があったとしてや。

即ち格差の無い構造下では、労働従事の有無にカンケー無く所得が得られる。

でもな、そない社会に平等感なんか生まれるやろか…?

逆に労働従事者の不平不満が蔓延、労働意欲の低下が生じて、結果 生活向上は見られへんとちゃう?

『ヲ金』で生きる以上、ウチラは
(真っ当な生き方ならば)、社会貢献度に対しての対価報酬というシステムの上に乗っとるしかないんやないか?」




「あ~、でもな~ !!
w-hayata2.jpg
それにしても『金が金を呼ぶ』なんてコトバは許せないなぁ !!

何で、バランス良く巡って来ないんでしょうか !? 」


「それはマネーゲーム、ヲ金で遊んでるシトのコトとかとちゃう?

そないコトやっとるシトは、それこそ財力者や。

ヲ金持っとるシトが投資して手持ち増やすんは、アタリマエやん。

金利10%の投資の元手が100円と10000円だったら、こらもう瞭然やん。

資金を投げ込んどるシトに儲けは入る。

せやけど、上手く行くかどうかは自身で見極めなアカン。

だったら、ここで勉強=努力が必要やわ」




「う~む、金とは賢者にのみ許された賜物だというノカ…凹

ならば、我々にはひたすら努力を積み重ねる、という選択肢しかないのだろうか…




「もしかしたら、そうかもしれへんけど…

努力すること自体は、個人的には何も悪いコトやあらへんやん。

誰かが『努力は必ず報われる』なんて言うとったやんか
…笑
(↑ 前任者)


確かに上ェ見上げとったらキリあらへん…。


せやけど、遥かな高みを見上げてただ指ぃ咥えとるよりは、
目の前の段差を少しずつ、確実に乗り越えていくのも立派な向上やんか。

ちびっとでも上を向いて、
前へ歩けるんやったらええやん。

キョクタンな他と自分を比べんと、それを継続したらええんや。

こないなコト、サカモト ココノツ 3 が何十年も前から言わはっとる」


「そこ、キュウ です !!

清々しいボケを有難うございます !!

w-hayata1.jpg
…キャップ !!

今日のアナタほど素敵で立派な方はいない !!

アナタこそ真のセンター・ゴッデス !! 」



「寧ろ、選挙や政策指針で『格差社会を是正する !! 』なんて声高に叫んどる輩のコトバなんか、真に受けたらアカンてコトや。

あんなん、大衆の財力者へのマイナス感情逆手に取った、悪意のあるハーメルンの笛吹きや。

…いや、ホラ吹きやな」

(↑ シニカル・キャップ)


「…キャップ、やはり我々は頑張って生き抜いていくしかないんですね !! 」
モーレツに!!



「そない風に頑張るシト達を、ウチは応援したい…。

ハナシは最初に戻るんやけど、ニンゲン、誰でもスゥイーツ目の前にしたら明るい気持ちになれるやんか?
sweets-umaso.jpg
ウチはそんな、スゥイーツみたいなアイドルになりたいんや」



「ヲヲ、キャップ !!

なんですか、プリキュアみたいな事を言っちゃって。

いやいや、もう充分にそ~ゆ~存在じゃあ、ないですか !!

しかも、総監督までヲ勤めなんですから」




「…え?
ikoi-yuihan.jpg
それ、ちゃう。

アレやろ?

ウチにソックリのヨコヤマなんとか、って娘やろ?


ウチはアチラ 3 とまた違うた、新しいスタイルで皆を励ましていきたいんや」

(↑ なりすまし の詭弁)


「…。
waga-hayata.jpg
…ど~ゆ~事です…?」


「ハイハイ、よく尋いてくれました !!
ikoi-yuihan.jpg
ウチな、ヲ菓子・スゥイーツをコンセプトにした !!

今までにない !!

全く新しい !!

アイドル・グループを創りたいんや !!


もう、グループ名も決定しとるんよ !!

それでわハッピョーします !!

その名も !!

ドルルルルルルっ」
(↑ ドラムロール)

 
cakezaka46-1.jpg
じゃ~ん !!

ケーキ坂46 !!


スゥイーツの定番、チーズケーキをモチーフにした独創的なロゴデザイン !!

ええやろ?」





「…。
waga-hayata.jpg
…よしなさい」


「な?イケそうやろ?」
ikoi-yuihan.jpg
(↑ 聞いてない)
「ヲ菓子・スゥイーツのコンセプトやで !!

めっちゃ受けるやろ~?

メンバーみんなでマカロンで~す♪ ショコラで~す♪ みたいにアピールしていくんよ !!


更にはファンとの交流を深める為の握手会イベントを随時開催 !!

更にはファン投票で人気投票、一番人気のコを前面に推し出していくという、

プロデュース側とファン側との垣根を無くした、ゼンダイミモンのアイドル・グループの誕生や !! 」




「はいはい、平成ももうすぐ終わりですよ~
waga-hayata.jpg
早く目を覚ましてください、キャップ~


…通用する訳、ないでしょう !!

既出以前の、もはやテヲクレのコンセプトですよ !! 」




「えぇぇ~ !?
gennnari-yuihan.jpg
アカンかなぁ…?」


「世界で最もダメなプレゼンなんですよ。

第一、既存のグループと響きがほぼほぼ同じ !!

もしコレが通用するなら、我杯のノーミソでもアキモト某ですよ」



「…う~ん…
thinking-yuihan.jpg
…スゥイーツなだけに甘かった、か…」


「ぎゃふん



翌日。


「我ハヤタ隊員 !!
U11216.jpg
本日、キャップはトンデモな嘔吐、下痢、腹痛で休むとの連絡がありました !! 」



(キャップ…)
w-hayata3.jpg
(途中まではいいハナシだったのになぁ…)




バカモノ・ブログを御覧の皆さん。

明けましてヲメデトウございます。

本年もこんなです。

宜しくヲ願い申上げます。


今回の記事内容につきましては、アクマでも個人的解釈・見解によるものであり、実際の動向・思想に何等影響・寄与するものではありません。

また、実在の人物、団体、施設には一切の関係はゴザイマセン。

…って、言わずモガナ、ですか…笑

『食』への無知

本ッッッ当に !!


バカだよなぁ、ファミマ…


2017年の流行語大賞に、

忖度

…が、選出されたことによって、期間限定で、

こんな弁当を売り出したらしい。

コンビニでの買い物なんて、1コイン、過ぎても漱石センセイ1枚以内での額でしょう。


それを今時分、800円での強気の提供 !!
((((;゚Д゚))))ガクブル


…多分、ファミマの企画のシトは考えたんでしょう。


「今年の流行語には『忖度』が必ずノミネート、入賞する筈です !!

その機に合わせてこの弁当を店頭に並べれば、ヒットは間違い無いでしょう !! 」



…自信満々にプレゼンしたのでしょうが…。



悪ノリのプレゼンだったんでしょうなぁ…。



今年(2017年)、我々の中に「忖度」という言葉はマイナスイメージで残ったではないですか。


それをバカ正直に、まるで時代劇のヲ代官と大黒屋みたいなブラックなイメージを踏襲した商品パッケージ…。
(↑ 左の人物はよう見っと、ABE総理によう似ちょう !! )


案の定、


全く売れていない


…そうです。


そして、コンビニ業界恒例の、

手付かずの食品は期限過ぎたら即刻に廃棄処分 !!

…が、粛々と行われたそうでして。


食するにあたり、全く問題の無い食品を廃棄せざるを得ない、ファミマ店員 3 の怒り、嘆きがツイートに上がってるそうです…。
http://www.sankei.com/life/news/171203/lif1712030048-n1.html



コンビニ店員 3 の嘆きと言えば、
ehoumaki_haiki-5.jpg
恵方巻の大量廃棄という惨劇もある。



我杯のまっこと、個人的な意見なんですが。


単純に良し悪しで述べると、コンビニ業界の姿勢ってのは完ッッッ全に !!



なんですよ。


朝夜という天然自然の流れを無視し、シトの生活リズムを狂わせ。

目先の企画立てに奔り、かような食料品の大量廃棄を専らとする。


「ウルセーな !!

こちとら、それでも売り上げの数字弾き出して、業績上げて !!

メシを喰っていかなきゃならねーんだよ !! 」




当事者はこう仰るでしょう。



…ふふんっ


知るか、そんなモン。



個人的な意見だ、悪く思うな。



アタシャ、食品を使い捨ての商売道具にしか見ない姿勢が気に入らネーだけなのよ。


飯食っていくんだったら、まだ食べられる「廃棄処分品」を召し上がればよろしいのではないですか?




…と。


強気に申し上げてはいるものの。


「食」を蔑ろにしているのは、消費者の我々側にもいるのである。
news_20171127193959_thum800.jpg
これは。

某ファミレスでメニュー全品をヲーダーし、手を付けずに帰った輩の名残。


何でも「ユーチューバー」なる、動画サイトに自身の企画動画を発信する人種の、

その中でも特に心無い人物の所業だったそうだ。


散々に店内で騒ぎ散らし、他の客や店員 3 に迷惑を掛けた上でのこの置き土産。


それを傍から目の当たりにした方の、怒りの発信がこの画像。




…。



何たる、何たる…。



我々は日本人は、「食事」は当たり前に享受できる、と勘違いしているのだ。


だが、世界には最低限の食事すら儘ならず、

飢えに喘ぐニンゲンが数多くいるのを我々は昔から知っている。


その上で、かような愚行を平然とやってのける輩は、そのような情報すら耳目にしたことはないのだろう。

または、「食事」とは、実に多くの労力を隔てた上で、我々の食卓に届くという事がハナっからアタマに無いのだ。


「食育」という言語は、こーいった食事に対する無知、無礼が顕在化してきたが為に露出してきたものなのだろう。


食に対して学ぶもの。

食を摂ることで学べるもの。



この知識さえ持ち合わせていれば、このような恥知らずな行為は出来ない…


…ハズ。




今、急激な気候の変化によって食材の調達に懸念すべき下落が生じつつあるのは誰もが知る所であり。


または、傍若無人なる中国、半島の浅ましい連中が日本の漁場を荒らしまくり、

結果、漁獲高が急落しているのは連日の報道で明らかである。


残念ながら、これらの諸問題に対して有効な解決策は見出せず、じわじわと我々日本の食卓は衰退していくだろう。


それに気づいた時にはもう遅い。



食べたい時に食べたいものが食べられない。



日本人が『飢え』に苛まされる時が、遠からず来訪する筈である。



そんな時に、「食無知」なる輩は何を思うだろう…?



「え?

食べ物無かったら、コンビニ行けばあるんじゃん?」




言いそうだな、未来の日本は…。



今、もう一度考えるべきである。

自身の口に食べ物が届くまでの間にどれだけの労力が
費やされたかを。


収穫、運搬、販売…。


この労力に気付き、感謝すること。


それこそが、本当の「忖度」なんじゃあ、ないでしょうか?

ルシータ・トゥエル・ウル・ラピュタ

当バカモノ・ブログの秘密兵器として導入したぐるっと360度カメラ、シータちゃん。
DSC08843_20170730214250d2e.jpg

何だか、

画像表示が上手く行かない

…というヲ声を頂戴しとります。


変な色合いで出てきたり、いつまで経っても画像が再生されなかったり、と。



その不具合、コチラでも確認してヲりました。


ど~やら、再生するのに多くのメモリを要するらしく。


パソコンやスマホに多くの負担が掛かっているのが原因…?


あのクルクル画像は、クラウド形式にてリコーのサイトにアップしてから公開しとるのですが。


何だか、そのサイトとのやりとり不具合で発生するトラブルみたいです。





なので、これからは読み込みの負荷を軽減する為にリンクのみを貼りますんで、

興味のある方はそこから画像を読み込んでみて下さい。



…って、大した画像じゃあ、ありませんが…。





「ええいっ、面倒臭いッ !!
hidou-musuca.jpg
中途半端なシステムで手間をかけさせるんじゃない !! 」

(↑ 稀代の大悪党)




…因みに。


画像上でマウスのポインタをグリグリやると上下左右を自在に見渡せる機能があったんですが、御存知でしたでしょうか?

今から思うと

不思議な、奇妙な体験を不意に思い出したので書き出してしまう。



我杯がヲバカの片鱗を発揮し始めた小学校低学年頃のヲハナシ。


クラスで何かの係だか、クラブ活動だか。


参加したい、やりたいシトは手を挙げて。


希望者が重複した時は「じゃんけん」で決めましょう、なんてなことがあった。

で、我杯が挙手した事柄に希望者が重複し、じゃんけん大会と相成った。

(↑ 相手は一人だったが)


さて、何の手を出そうか…。


我杯が画策しとったら、その時、クラスメートだった フジキ君 が、ふっ、と席を立ったかと思うと、我杯に耳打ちしてきた。



フジキ君。


我杯よりは確かにヲツムが良かったような印象があり。

とは言え、普通に一緒に遊んでた記憶もあるヲトモダチ、な記憶。


そんな フジキ君が我杯の耳元で、


「次の手、グー(だったかパーだったかチョキだったか)を出してごらん」


…と、囁いた。


急に何だろう。



不思議に思いながらも、我杯は彼の進言のまま手を出してみた。



すると、その勝負に我杯は勝った。


だが、その役割決めは(確か)3回勝負だったので、我杯はもう1回の勝利が必要だった。


すると、フジキ君は再び我杯に耳打ち。


次の手を言われるままに出すと…。


何と、また勝った !!



こうして我杯は希望の係だか、クラブ活動に参加出来た。
(↑ 相手は物凄く嫌な顔をしていたが)




…のだが。



何故、フジキ君はこの時の趨勢を確実に予測、

否、的中出来たのだろうか…?



相手の顔に描いてあった訳もなく。



勿論、我杯は

「何で、(次の手が)わかったの !? 」


…と、フジキ君に尋ねたのだが、彼は、


「エヘヘ


…と笑うだけだった。



今から思うと、本当に不思議で仕方がない。



アレ、何だったんだろう


今となっては知る由もないが。


うん。


ちょっと思い出したので。

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login