酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ 「ルパン電影キャプテン少女翼Ⅲ世」

最近の休日はキッチンから離れられない酒場逃亡記。


冷蔵庫内の具材を無駄にしてはなんねェぞと、

アレやコレ、必死こいて調理しちょりもす…🍴🍴🍴


さてさて !!


自宅呑みは相変わらずに会津酒🍶
DSC00041_20180520182032208.jpg
彌右衛門 酵母無添加 おりがらみ 生原酒
(会津・大和川酒造店)


濁ってます。
DSC00042_20180520182031a13.jpg
ヲりがらみ故の芳醇なテイスツ


「この一杯…
DSC00326_20180520182036be6.jpg
外しは無ェぜェ、とっつぁん !? 」



もう一本、来ました

DSC00320.jpg
国権 てふ 純米大吟醸 生酒 (頒布会限定)
(会津・国権酒造㈱)

DSC00321.jpg
生酒 !!

DSC00322_20180520182047249.jpg
純米大吟醸 !!


「ミサキくん !!
DSC00315.jpg
これなら、いくらでもいけるよ !! 」
⚽⚽⚽
(↑ 未成年)

DSC00325_201805201820348d9.jpg
澄み切った一杯…


「2018年前半の !!
DSC00316_201805201820419cf.jpg
トップレベルの強烈な一本だァァァ~ッ !! 」


…正直、純米大吟醸に有り得ない価格。


スカイラブハリケーン級の感動…



ヲ酒の肴にすんべぇかと、急襲スーパー・ジャパンミートにて、
DSC00311_20180520182049ba9.jpg
ホウボウ


仕入れました。



勿論、刺身目的。

ヲ店に頼めば三枚にヲろしてくれるのだが、そんな他力本願は許せないバカモノ・ブログ。


まるっ、とそのまま自宅に搬入、我が手に依って引導を渡してやるワイ !!


大丈夫、仕上がりのイメージは既に大完成。
DSC09947_201804221856167b0.jpg
(↑ 一ノ割・やまよし 3 で頂戴したホウボウ刺)


You Tube でホウボウの捌き方動画を熟見し、我が手法なりに「やまよし盛」を再現してみた。


皿の上に花びらのような広がりをイメージ、切り身を盛っていく…。




出来た !!
DSC00317_201805201820428aa.jpg
…。




「ふぅん…
DSC00314_20180520182038557.jpg
台無し、だね…
gzgzgzgzgzgz


…今回、ど~ゆ~ことかと申しますと、要はビデヲ観ながらグデグデになっている、という…

自宅呑みアレコレ ~ 芳根とタイムボカンと斉彬と電影少女 ~

うにゃ~。


今、多くの小説家や脚本家など、我々にドラマや物語を送り出す方々は、

「そんなシチュエーションがあったノカ !! 」

…と、歯噛みされているに違いない。



女性警察官が暴力団員とネンゴロになっちゃったっつーアレ
https://t.co/9ozMS6H22R



ゼンダイミモンの出来事…


何々…?

取調べ中から面識を持ち、そこから交際が始まって…?




…へぇぇ、そんなコト、あるんだ…。


ただただ、驚嘆…



きっと、ヲトコは相当なイケメンだったのだろうか…。


なんて、下衆な勘繰りではなく、我杯はある「心理状況の解説」に思い当たった。



ストックホルム症候群



…っつーんですけどね。


皆さんも、

「誘拐事件や銀行強盗犯と人質との間に生じる恋愛感情や連帯感」

…なんてなハナシ、どこかで耳にしたことがないでしょうか?


極限の状況下に於いて生み出される合理的判断


…という説明がされとるようでして。

簡単に申さば、互いに共有し、高まった緊張感が、そのまま恋愛感情とかに変化してしまう奇妙な心理状況なんだそーだ。



今回のこの女性警察官は年齢23歳と、花も恥らうヲトメな御年頃だったそうで。


警官としての経験がまだまだ浅いトコ、暴力団員取調べの緊張感が、そのまま変化しちゃったのだろうか…?



…女性警官と聞いて、
bandicam 2018-03-21 13-44-33-497
芳根 京子 様

…を想起。


これも合理的判断。



そんな訳で皆さん、こんにちは。

緊張感皆無のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さて。


自宅呑みでボンヤリ。

そんな時は、ツマミ肴の調理に気合を入れる時でもあります


頂き物。
DSC09659.jpg



DSC09660_20180321144230c38.jpg
大嶺 純米
(山口県・大嶺酒造)


コヤツを、
DSC09661.jpg
ボラ刺身で頂戴しやした


t02200165_0800060011777421318.jpg




酒場逃亡記の自宅呑みは、専ら会津酒
DSC09770_20180321144233b1b.jpg
天明 坂下五百万石65 直汲み生原酒
(福島県・曙酒造)


その一杯は、
DSC09774.jpg
うすにごり。



またある日。


目ぼしいツマミがなかったので、ヲ酒片手に実家へ赴く。

土産にしてはゴリッパ過ぎる一本。
DSC09782.jpg
会津中将 生純米原酒 無濾過初しぼり
(鶴乃江酒造㈱)


この一本で、
DSC09785.jpg
実に多くのツマミ肴を得ることができた…笑


タマに食べるととても美味しい、
DSC09786.jpg
アボカドで擬似トロ刺しを堪能


そして何故だろう。

我杯と父母、3人して、
DSC09787.jpg
タイムボカンを最初から最後まで観ていた…笑


父母は、

「(我杯が)小さい頃、よく観てたよなぁ」

…なんて、懐かしがっていたが。


そげんこつ、なか。

今でも似た様なのはよう観ちょりもす…。



DSC09809.jpg
ロ万 純米吟醸酒 二火
(花泉酒造)


熱燗でも美味しい一本が届く。


そーいや、今冬、
DSC09807_20180321144237906.jpg
自家製あん肝 が、我杯史上最高の出来だった


なんちゃあない。
DSC09808.jpg
クックパッドのレシピ通りにやったら、上手く(美味く)でけたのだ。


ヲ店で一皿650円で提供出来るレヴェルだったぞ


皆さんにも味わって頂きたかったが、一人で全部食べちゃった。


じゃっどん、今のヲイを感動ばさせよるんは、こん あん肝 やなか !!
DSC09775_20180321154629258.jpg
御殿・斉彬 様 、渡辺 謙 アニキがカッコ良過ぎる !!

今んトコ、西郷どん・鈴木リョーヘー 3 が、

完ッッッ全に、押されちょう !!


主役やぞ、リョーヘーどん !!


チェスト !!  気張れ !!



そして今。
DSC09863.jpg
山の井 あやめ 50 生
(会津酒造)

…をば、絶賛痛飲中


とてもヲ酒のラベルとは思えない、ステキなデザイン。
DSC09862.jpg
会津在住の画家、Ayumi Monoe 氏 による、頒布会ヲリジナル。


よう見よっと、
DSC09861.jpg
「髭文字」ちゅう文字ば、薄っすらと隠されよる。


DSC09867.jpg
味もデザインもよう楽しめる一本でございもす !!


こん一杯を、
DSC09860_2018032114460788d.jpg
新タマネギホイル焼き

…で頂戴しもうした。


何も加えず調理すっと、タマネギ本来の甘味ば、よう出よる。


わっぜぇ、美味かでございもす、皆さんも是非に試してみてたもんせ !!

自宅呑みアレコレ ~ 2018が始まっていたノカ ~

明けましてヲメデトウございます。



年末年始の晴れ間が嬉しいバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です

いやあ、布団が毎日干せるって、スバラシイ !!!


そらそうと、1月2日夜の「スーパームーン」がスゴかったですね !!
DSC09613.jpg
明らかに明るさ、大きさが違ってましたね !!

更には30日夜に皆既月食だそうですヨ。



それにしたって、酒浸り。

だって、内にも外にもヲ酒があるんだモン。


そんな月にヲシヲキされそうな我杯は、

山本 純米吟醸 潤黒-ピュアブラック-
(秋田県・山本合名会社)

…をば、呑んでいました。

この銘柄、見付けたら即座に入手しないといけない。

舌先に炭酸のような酸味を感じさせるほどの味わい。



「2017大逃亡」にて入手した一本を忘れてヲったワイ。

道中で引っ掛けるつもりだった、
DSC09403_20180103143232f37.jpg
今代司 新潟しゅぽっぽ
(新潟県・今代司酒造㈱)

…を、冷蔵庫の片隅にしまい込んでヲったワイ。
DSC09404_2018010314323176c.jpg
辛口の一口が、かの旅を思い起こさせる…


この一口を 吉田類 先生 に献上。
DSC09448_201801031432341df.jpg
登山に臨まれる先生の御健全なる姿が国営放送の電波に乗る。


…うん…。


この一口は思ったよりも優しくて、風景が不意に滲んでくる…。




地元のヲ酒を試してみた。
DSC09450_201801031432399e2.jpg
寒梅 純米酒 米の恵
(埼玉帝國久喜市・寒梅酒造㈱)

DSC09451.jpg
ラベルの説明通り、後味のキレは確かに良い

ヲ値段も手頃だし、これから何気に手元に置いてそうな予感。


その心地好いキレを、
DSC09447_201801031432360a6.jpg
「空耳」で楽しむ…笑



さて !!

面白い銘柄を入手すますた。
DSC09468_201801031432428d8.jpg
ARROZ(アロス) ワイン酵母仕込み純米酒
(埼玉帝國加須市・㈱釜屋)


確かに日本酒なのだが、
DSC09471.jpg
どう呑んでもワイン !!

度数もやや低めとゆ~事もあり、かなり呑み易い。

近所の銃声スーパー・ベルクに最近入荷し始めたので、入手も容易い。

我が家の「常備品」になりそうだ…


今現在、ウチの冷蔵庫のエースである。
DSC09531_20180103144206b80.jpg
五橋 五 (five) ヲレンジラベル 28BY
(山口県・酒井酒造㈱)

ラベルの「Z」は、実は「五」を崩したデザインなんだとか。


…黒いボディに赤いZ(↑ 本当はヲレンジ)…。


どうしたってボクラは、あの「鉄の城」 !!
Mazinger-Z2018.jpg
マジンガーZを連想してしまうでわ内科 !!
(↑ 早く観たいぞ !! )


五橋の一杯が卓上にパイルダー、ヲン !!
DSC09533.jpg
ウム !!

美味い !!

これしか言えない !!

しかも、開封してきてから徐々に味が変化、その風味の変化の違いを楽しめる。

最初の一口は柑橘系の風味だったが、最近は味がまろやかになってきた。



正月なので実家で両親と呑むことにした。


何故なら、
DSC09597.jpg
ツマミがぎょうさん出てくるからである…笑

DSC09598.jpg
はい、今年もよろしく~

DSC09596-1.jpg
手土産にARROZとモノホンのワインを持参、呑み比べてみた。

そしたら、ARROZの方がワインみたいだった(← ???)

しかし、ワインの方もうっかり12年寝かしていた逸品。


結果、ヲ酒は呑めば皆、美味しいという結果にまとまった。
(↑ ぎゃふん)


DSC09599_201801031442493da.jpg
さて、2018年はどんな逃亡劇になることやら…


DSC09600_20180103144243d1a.jpg
先生 !!
今年も宜しく御指導下さいませ !!


それでは皆さん、今年も酔い1年にしていきましょう !!

自宅呑みアレコレ ~ つまり ~

マンガのヒーローになりきり、その内容さながらに敵と闘った。


…という夢を見たバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


イイ歳こいて…笑



これが子供時分だったら、「チョー楽しい夢だった !! と喜んだろうが、

起床時、思ったのは、

「疲れた…

…だった。




もう2017年もヲシマイだわわ…

なのに、

秋刀魚。


今年は卓に上げる機会がほぼありませんでしたねぇ。


いや、「上げられなかった」というべきか。


先ず、スーパーとかでもマトモに売ってませんですし。


頃合になれば大々的に売り場に並ぶはずなのに。


前代未聞の不漁が原因だという。


で、タマに食しても、なにか味気ない、っつーか…


…こ~やって、食べられなくなる食材がジワジワ増えてるような気がしますね。




秋の味覚が減ってしまっても、我杯はへこたれずに自宅で杯を傾ける。
DSC09265_20171126221001648.jpg
ロ万 純米吟醸酒 一火
(福島県・花泉酒造)


酒造行程の「火入れ」という作業が一回のみなので、
DSC09266.jpg
原酒に近い風味を楽しめるのである


DSC09267.jpg
秋の味覚と併せ呑み、夜長を満喫…



DSC09274_20171126221008eb1.jpg
Yamayoya Zennai 純米無濾過生原酒
(喜多方・㈲峰の雪酒造場)


精米歩合60%。
DSC09275_20171126220959684.jpg
「食中酒」とのヲススメですが、我杯は相変らずヲ酒のみで5合グイグイ…。



ある日。


こんな美味いヲ酒を独りで呑むのは勿体無い。

我が実父もヲ酒好きだからして、タマにはゴチソーしてやんべか。


殊勝な心構えの我杯は酒瓶をぶら下げ、実家へと乗り込んだ。

手土産には、
DSC09270.jpg
永寶屋 純米辛口
(会津・鶴乃江酒造)

…をば。

福島のヲ酒を呑んだ事の無かった我が実父は口にするなり、

「をを !! まるでグレープフルーツのようだワイ」

…と素直に感嘆したのだった。


それにしても、実父とヲ酒を酌み交わす、なんてのはあまり記憶に無かった。


実に新鮮な感覚である。


ヲマケに我が実母、即ちマイマザーが冷蔵庫の残り物を一気に放出してくれたので、ツマミにも困らず


ヲヲ、これは盲点だったワイ。


これからは実家呑みの機会を増やしてヲ金を浮かす…笑



実は埼玉帝國ってのは、日本酒の出荷量が全国一位なんである。
(↑ 本当)


その埼玉帝國は秩父の銘酒、
DSC09420.jpg
武甲正宗 本醸造
(秩父・武甲酒造㈱)

…が、我が手元に届く。


辛口の一品。

秋の夜長には、
DSC09421.jpg
燗がいい。



…美味くなってきちゃったなぁ、燗酒 !!






DSC09427_201711262210163b0.jpg
會津龍が沢 純米吟醸原酒生詰め
(会津・栄川酒造㈱)

「龍が沢」とは、日本名水百選・磐梯西山麓湧水群の名称。

その湧き水を仕込み水に使用した一本



…との触れ込みでしたので、
DSC09430_20171126221019e87.jpg
こらまた、スッキリと呑める、期待以上の味わいです… !!



特に何の慶事もなかったのだが、近所の投売りスーパー「ベルク」で、鯛がかなり安かったので、
DSC09425_20171126221014821.jpg
塩焼きにして頂戴いたしました。


…ウム !!

上手く焼きあがったワイ


「龍が沢」を合わせ、至極の一時を堪能する…


しかし、我杯はまだまだ乳呑み児。
DSC09269.jpg
 吉田類 先生 の「天啓」を仰ぎながら、今宵も勉強、勉強… !!



「放浪記」内にて先生はシメの一皿に、
DSC09268.jpg
新潟は十日町の「妻有うどん」を召し上がられていた。


妻有で「つまり」。
(へぇ~)


我杯もそこそこの蕎麦・うどん食いであり、よく食します。


…が、何だか味気なくて面白くない…。



何故だ…







ああ、そうか !!


「独り」で食べてるからだ !!


我杯は独身なだけに、


つま(妻)らな
(無)


…のだ !!


ヲ後がよろしいようで…。







…。





よろしくないなぁ…。


何か、自分で言ってて腹が立つ…。

自宅呑みアレコレ ~ ヲはよう日本(後付け) ~

今、東武鉄道で売出し中の「快速リバティ」を今更ながらに目撃 !!



DSC08586_20170820181714230.jpg
ヲヲ、カッコヨス !!



カラーリングもステチだわ
DSC08588_201708201817148e8.jpg



DSC08591.jpg

DSC08590.jpg
会津まで走ってくれるのね。



…ヲし、今度コレに乗って「会津・呑み倒し」を敢行するか…



好物を入手。
DSC08732.jpg
手取川 大吟醸 生酒 あらばしり
(石川県・㈱吉田酒造店)



ヲキニのヲ店、「やまよし」のマスター 3 がコンスタントに揃えてらっさる銘柄。
DSC08733.jpg
因みに「あらばしり」とは、日本酒を搾る際に、あまり圧力をかけない状態で出てくるヲ酒のこと

即ち、搾りの初めに出てくる部分(?)の事で、別名『一番搾り』とも言えるでしょう


口中に含むと、キュッ、と引き締まるような感覚が味わえたこの一本。


色々なアテに合いそうなので、我が宅のレギュラーと致したい



やはり、いつぞや、「やまよし」にて出逢った一本、
DSC08741.jpg
会津娘 特別純米酒 別捌 無為信(べつさばき むいしん)


…をば、傾ける。


娘、大好き !!
(↑ 末期症状)



スペック !!
DSC08742_201708201817245df.jpg

いわゆる「ヲりがらみ」なので、
DSC08743_2017082018335044f.jpg
白濁しとります。


このテの日本酒は非常に危険 !!



危険な日本酒 = 美味い !!




アタシャ、イイ歳コイて、

「日本酒呑めない」

…とヲっさる方々に、こ~いった美酒を流し込んで差し上げたい。


きっと、食わずならヌ、「呑まず嫌い」なんだろうからして。


そんな美酒を我が手製の、
DSC08740.jpg
茄子チーズ焼き



…で、合わせてみたのだが。



やはり、合わなかった…


会津の娘 3 はシトならヌ、アテ見知りが激しいようだ…。



まとめて2本をヲ取り寄せ !!
DSC08907.jpg
純米吟醸 ささまさむね 生 頒布会スペシャル
(喜多方市・笹正宗酒造㈱)



…と、我が永遠の恋人、
DSC08908_20170820181729ad4.jpg
風が吹く 無農薬 山廃 純米吟醸 生

…ヲば、毎度のヲ取り寄せ


DSC08909.jpg
一気に合わせてババァ~ンと呑んじゃうよ !!


どちらも我杯のヲキニの銘柄。


「ささまさむね」は酸味が効いた口当たりで、気付けば際限なく含んでしまう。

「風が吹く」はドシリ、と重くインパクトを残す口当たりで、気付けば際限なく呑んでしまう…


…って、結局、ドチラも我杯の深酒仕様 !! …笑




今夏、「彼女達」が原因で、自宅遭難を幾度もヤラかしてます…




一人で気侭に呑むのも楽しいけど、
DSC08734_20170820181718e8b.jpg
…そうねぇ…


一緒に呑みたいシトですかぁ…





星の数ほどいらっさいますねぇ…






















…あ !!


いらっさいました !!


「NHKの まゆゆ」と呼ばれるこのヲ方ですね。
waku-mayu
何は無くとも、必ず朝のNHKは拝見する日々。

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login