酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ ~ 2018が始まっていたノカ ~

明けましてヲメデトウございます。



年末年始の晴れ間が嬉しいバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です

いやあ、布団が毎日干せるって、スバラシイ !!!


そらそうと、1月2日夜の「スーパームーン」がスゴかったですね !!
DSC09613.jpg
明らかに明るさ、大きさが違ってましたね !!

更には30日夜に皆既月食だそうですヨ。



それにしたって、酒浸り。

だって、内にも外にもヲ酒があるんだモン。


そんな月にヲシヲキされそうな我杯は、

山本 純米吟醸 潤黒-ピュアブラック-
(秋田県・山本合名会社)

…をば、呑んでいました。

この銘柄、見付けたら即座に入手しないといけない。

舌先に炭酸のような酸味を感じさせるほどの味わい。



「2017大逃亡」にて入手した一本を忘れてヲったワイ。

道中で引っ掛けるつもりだった、
DSC09403_20180103143232f37.jpg
今代司 新潟しゅぽっぽ
(新潟県・今代司酒造㈱)

…を、冷蔵庫の片隅にしまい込んでヲったワイ。
DSC09404_2018010314323176c.jpg
辛口の一口が、かの旅を思い起こさせる…


この一口を 吉田類 先生 に献上。
DSC09448_201801031432341df.jpg
登山に臨まれる先生の御健全なる姿が国営放送の電波に乗る。


…うん…。


この一口は思ったよりも優しくて、風景が不意に滲んでくる…。




地元のヲ酒を試してみた。
DSC09450_201801031432399e2.jpg
寒梅 純米酒 米の恵
(埼玉帝國久喜市・寒梅酒造㈱)

DSC09451.jpg
ラベルの説明通り、後味のキレは確かに良い

ヲ値段も手頃だし、これから何気に手元に置いてそうな予感。


その心地好いキレを、
DSC09447_201801031432360a6.jpg
「空耳」で楽しむ…笑



さて !!

面白い銘柄を入手すますた。
DSC09468_201801031432428d8.jpg
ARROZ(アロス) ワイン酵母仕込み純米酒
(埼玉帝國加須市・㈱釜屋)


確かに日本酒なのだが、
DSC09471.jpg
どう呑んでもワイン !!

度数もやや低めとゆ~事もあり、かなり呑み易い。

近所の銃声スーパー・ベルクに最近入荷し始めたので、入手も容易い。

我が家の「常備品」になりそうだ…


今現在、ウチの冷蔵庫のエースである。
DSC09531_20180103144206b80.jpg
五橋 五 (five) ヲレンジラベル 28BY
(山口県・酒井酒造㈱)

ラベルの「Z」は、実は「五」を崩したデザインなんだとか。


…黒いボディに赤いZ(↑ 本当はヲレンジ)…。


どうしたってボクラは、あの「鉄の城」 !!
Mazinger-Z2018.jpg
マジンガーZを連想してしまうでわ内科 !!
(↑ 早く観たいぞ !! )


五橋の一杯が卓上にパイルダー、ヲン !!
DSC09533.jpg
ウム !!

美味い !!

これしか言えない !!

しかも、開封してきてから徐々に味が変化、その風味の変化の違いを楽しめる。

最初の一口は柑橘系の風味だったが、最近は味がまろやかになってきた。



正月なので実家で両親と呑むことにした。


何故なら、
DSC09597.jpg
ツマミがぎょうさん出てくるからである…笑

DSC09598.jpg
はい、今年もよろしく~

DSC09596-1.jpg
手土産にARROZとモノホンのワインを持参、呑み比べてみた。

そしたら、ARROZの方がワインみたいだった(← ???)

しかし、ワインの方もうっかり12年寝かしていた逸品。


結果、ヲ酒は呑めば皆、美味しいという結果にまとまった。
(↑ ぎゃふん)


DSC09599_201801031442493da.jpg
さて、2018年はどんな逃亡劇になることやら…


DSC09600_20180103144243d1a.jpg
先生 !!
今年も宜しく御指導下さいませ !!


それでは皆さん、今年も酔い1年にしていきましょう !!

自宅呑みアレコレ ~ つまり ~

マンガのヒーローになりきり、その内容さながらに敵と闘った。


…という夢を見たバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


イイ歳こいて…笑



これが子供時分だったら、「チョー楽しい夢だった !! と喜んだろうが、

起床時、思ったのは、

「疲れた…

…だった。




もう2017年もヲシマイだわわ…

なのに、

秋刀魚。


今年は卓に上げる機会がほぼありませんでしたねぇ。


いや、「上げられなかった」というべきか。


先ず、スーパーとかでもマトモに売ってませんですし。


頃合になれば大々的に売り場に並ぶはずなのに。


前代未聞の不漁が原因だという。


で、タマに食しても、なにか味気ない、っつーか…


…こ~やって、食べられなくなる食材がジワジワ増えてるような気がしますね。




秋の味覚が減ってしまっても、我杯はへこたれずに自宅で杯を傾ける。
DSC09265_20171126221001648.jpg
ロ万 純米吟醸酒 一火
(福島県・花泉酒造)


酒造行程の「火入れ」という作業が一回のみなので、
DSC09266.jpg
原酒に近い風味を楽しめるのである


DSC09267.jpg
秋の味覚と併せ呑み、夜長を満喫…



DSC09274_20171126221008eb1.jpg
Yamayoya Zennai 純米無濾過生原酒
(喜多方・㈲峰の雪酒造場)


精米歩合60%。
DSC09275_20171126220959684.jpg
「食中酒」とのヲススメですが、我杯は相変らずヲ酒のみで5合グイグイ…。



ある日。


こんな美味いヲ酒を独りで呑むのは勿体無い。

我が実父もヲ酒好きだからして、タマにはゴチソーしてやんべか。


殊勝な心構えの我杯は酒瓶をぶら下げ、実家へと乗り込んだ。

手土産には、
DSC09270.jpg
永寶屋 純米辛口
(会津・鶴乃江酒造)

…をば。

福島のヲ酒を呑んだ事の無かった我が実父は口にするなり、

「をを !! まるでグレープフルーツのようだワイ」

…と素直に感嘆したのだった。


それにしても、実父とヲ酒を酌み交わす、なんてのはあまり記憶に無かった。


実に新鮮な感覚である。


ヲマケに我が実母、即ちマイマザーが冷蔵庫の残り物を一気に放出してくれたので、ツマミにも困らず


ヲヲ、これは盲点だったワイ。


これからは実家呑みの機会を増やしてヲ金を浮かす…笑



実は埼玉帝國ってのは、日本酒の出荷量が全国一位なんである。
(↑ 本当)


その埼玉帝國は秩父の銘酒、
DSC09420.jpg
武甲正宗 本醸造
(秩父・武甲酒造㈱)

…が、我が手元に届く。


辛口の一品。

秋の夜長には、
DSC09421.jpg
燗がいい。



…美味くなってきちゃったなぁ、燗酒 !!






DSC09427_201711262210163b0.jpg
會津龍が沢 純米吟醸原酒生詰め
(会津・栄川酒造㈱)

「龍が沢」とは、日本名水百選・磐梯西山麓湧水群の名称。

その湧き水を仕込み水に使用した一本



…との触れ込みでしたので、
DSC09430_20171126221019e87.jpg
こらまた、スッキリと呑める、期待以上の味わいです… !!



特に何の慶事もなかったのだが、近所の投売りスーパー「ベルク」で、鯛がかなり安かったので、
DSC09425_20171126221014821.jpg
塩焼きにして頂戴いたしました。


…ウム !!

上手く焼きあがったワイ


「龍が沢」を合わせ、至極の一時を堪能する…


しかし、我杯はまだまだ乳呑み児。
DSC09269.jpg
 吉田類 先生 の「天啓」を仰ぎながら、今宵も勉強、勉強… !!



「放浪記」内にて先生はシメの一皿に、
DSC09268.jpg
新潟は十日町の「妻有うどん」を召し上がられていた。


妻有で「つまり」。
(へぇ~)


我杯もそこそこの蕎麦・うどん食いであり、よく食します。


…が、何だか味気なくて面白くない…。



何故だ…







ああ、そうか !!


「独り」で食べてるからだ !!


我杯は独身なだけに、


つま(妻)らな
(無)


…のだ !!


ヲ後がよろしいようで…。







…。





よろしくないなぁ…。


何か、自分で言ってて腹が立つ…。

自宅呑みアレコレ ~ ヲはよう日本(後付け) ~

今、東武鉄道で売出し中の「快速リバティ」を今更ながらに目撃 !!



DSC08586_20170820181714230.jpg
ヲヲ、カッコヨス !!



カラーリングもステチだわ
DSC08588_201708201817148e8.jpg



DSC08591.jpg

DSC08590.jpg
会津まで走ってくれるのね。



…ヲし、今度コレに乗って「会津・呑み倒し」を敢行するか…



好物を入手。
DSC08732.jpg
手取川 大吟醸 生酒 あらばしり
(石川県・㈱吉田酒造店)



ヲキニのヲ店、「やまよし」のマスター 3 がコンスタントに揃えてらっさる銘柄。
DSC08733.jpg
因みに「あらばしり」とは、日本酒を搾る際に、あまり圧力をかけない状態で出てくるヲ酒のこと

即ち、搾りの初めに出てくる部分(?)の事で、別名『一番搾り』とも言えるでしょう


口中に含むと、キュッ、と引き締まるような感覚が味わえたこの一本。


色々なアテに合いそうなので、我が宅のレギュラーと致したい



やはり、いつぞや、「やまよし」にて出逢った一本、
DSC08741.jpg
会津娘 特別純米酒 別捌 無為信(べつさばき むいしん)


…をば、傾ける。


娘、大好き !!
(↑ 末期症状)



スペック !!
DSC08742_201708201817245df.jpg

いわゆる「ヲりがらみ」なので、
DSC08743_2017082018335044f.jpg
白濁しとります。


このテの日本酒は非常に危険 !!



危険な日本酒 = 美味い !!




アタシャ、イイ歳コイて、

「日本酒呑めない」

…とヲっさる方々に、こ~いった美酒を流し込んで差し上げたい。


きっと、食わずならヌ、「呑まず嫌い」なんだろうからして。


そんな美酒を我が手製の、
DSC08740.jpg
茄子チーズ焼き



…で、合わせてみたのだが。



やはり、合わなかった…


会津の娘 3 はシトならヌ、アテ見知りが激しいようだ…。



まとめて2本をヲ取り寄せ !!
DSC08907.jpg
純米吟醸 ささまさむね 生 頒布会スペシャル
(喜多方市・笹正宗酒造㈱)



…と、我が永遠の恋人、
DSC08908_20170820181729ad4.jpg
風が吹く 無農薬 山廃 純米吟醸 生

…ヲば、毎度のヲ取り寄せ


DSC08909.jpg
一気に合わせてババァ~ンと呑んじゃうよ !!


どちらも我杯のヲキニの銘柄。


「ささまさむね」は酸味が効いた口当たりで、気付けば際限なく含んでしまう。

「風が吹く」はドシリ、と重くインパクトを残す口当たりで、気付けば際限なく呑んでしまう…


…って、結局、ドチラも我杯の深酒仕様 !! …笑




今夏、「彼女達」が原因で、自宅遭難を幾度もヤラかしてます…




一人で気侭に呑むのも楽しいけど、
DSC08734_20170820181718e8b.jpg
…そうねぇ…


一緒に呑みたいシトですかぁ…





星の数ほどいらっさいますねぇ…






















…あ !!


いらっさいました !!


「NHKの まゆゆ」と呼ばれるこのヲ方ですね。
waku-mayu
何は無くとも、必ず朝のNHKは拝見する日々。

自宅呑みアレコレ ~ アテ選びに苦慮 ~


「バカモノ・ブログ見ちゃってる、みんなにしつも~ん !! 」
bandicam 2013-11-12 05-14-42-028-0-00-39-719
(↑ 3年振り)

「とっても暑い日本の夏 !!



そんな日本の夏の風物詩と言えば、なんでしょ~


花火? 夏休み? 海や山へのレジャー?




…正解は…




『ヲ酒の呑み過ぎ』


…でした~ !!


このバカモノ・ブログ、ひと月ほど毎日呑んでたら、見事に胃腸をヤラれたよ !!
gzgzgzgz


だから、このクソ暑い毎日、しばらくヲ酒も呑めないで、

DSC08585_20170707224554b4b.jpg
ノンアルコールに追い詰められた !! …笑


こんなにF○CKなバカモノ・ブログにハリウッドから一言 !! 」

 
 juri-baka2.jpg
(自虐もいいトコ)


「皆さんも、暑いからって、ヲ酒の呑み過ぎには気を付けて下さいね~ !!




…って、

achayuu.jpg
『呑み過ぎ注意 !! 』っていう意味が理解出来ないのが、


酒呑みなる人種…。


バカにつけるクスリなんか、ねェかぁ…」



てな訳でして、ヒサブリに自身を追い込んでしまったバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。



でも、一週間ほどヲ酒を断っていたら、良い感じで快復。
agagagagagag


これで明日からグイグイとイケます。
(↑ 教訓を得る、という言葉も理解不能)



さて、こんなに追い詰められたのは、我が宅に「美人美女が訪れるからなのであります。


我杯を骨抜きにしたそんな彼女たちを御紹介。


先ずはの一本。

名倉山 純米吟醸 月弓(げっきゅう) かほり
(会津若松・名倉山酒造㈱


かほり。


名前も美人


そんな会津の美人が酒場逃亡記は大好き


原料米は「美山錦」を使用。
DSC08000_20170706074140824.jpg
うすにごりの生酒は、

DSC08003_20170706074142c74.jpg
見事に濁り(笑)、その味わいは果実を思わせる。


この嬉しさを、
DSC08004.jpg
 吉田 類 先生 の神講義を拝聴しながら傾ける。


そんな一口に、
DSC08016.jpg
厚揚げ・納豆 醤油焼き 刻みネギ添え

…っつー、実に大豆フルな料理で迎えてみた。


Soy,soy,soy !!


この上なく手軽な料理だが、かなり美味しい。



だが、この「かほりちゃん」との組み合わせは大失敗ナリ。
gzgz gzgz



ヲ酒もヲ皿も風味が強すぎて、味覚の合致が得られない…凹


類 先生、我杯はまだまだ未熟であります…



もう一本
DSC08077_20170708000031fbe.jpg
奈良萬 純米吟醸 酒未来
(喜多方・夢心酒造㈱

DSC08079_20170708000033569.jpg
にごり。


幾度無く「奈良萬」銘柄は頂戴しとるのですが、
DSC08078_20170708000032dd2.jpg
大体、この酵母が大活躍しとる性質のものなので、


DSC08080_201707080000350a6.jpg
口当たりは炭酸飲料を思わせる。


その強烈な酸味が我が口中を、
DSC08082.jpg
かようなイキヲイで駆け抜けていく !!

(↑ 呑み過ぎて爆散)


この時、「いこい」でヲ土産にもらった、
DSC08081_20170708000030cfa.jpg
ホタルイカ

…があったので、コレマタ喜んで口に運ぶ。


ホタルイカのびみょ~な歯応えが呑み師の口に心地好い。



その中からにじみ出てくるワタの甘さを酢味噌と合わせ、

この妙なる味わいの時間に感謝する。



感謝したが、


やはり、「奈良萬」には合わなかった…



はて、どうしたモンだか。



周りの酒呑み仲間もやはり、


「最近の日本酒は美味しくなり過ぎちゃって、合わせるアテ選びが難しい」


…と、口にする。



研究中。



どなたか、こんなヲ酒には、こんなアテが合いますYO !!

…なんて情報がありましたら教えてくりゃれ~。


自宅呑みアレコレ ~2本立て ~

アレですよ。

ここしばらく、我杯をこの上なく不機嫌にさせていた、愛車の損傷事件。


ディーラー 3 にメンテを兼ねて診断してもらったトコロ、

「ああ~、相手の車の塗料がこびり付いてるだけでしたよ。

およそ、錆や劣化になってしまうような傷じゃあ、ありません」





…ヨカッタ…



多少の凹みは残ってしまったが、言われなければ判らない程度だったし…。



…因みに、これがモノホンの損傷だったら、修理費用は10万は下らなかったらしい…
(↑ 冗談じゃあ、ねぇぞ)



ある日。

我が宅に、こんなモノが「同時に」届いてしまった。
DSC08005.jpg


遂に我が宅に、
DSC08008.jpg
シン・ゴジラ、来襲 !!


日本の、我が宅の平和を守る為 !!


遂に我が宅にて !!
DSC08012.jpg
無人在来線爆弾、炸裂 !!



ヲヲ、何と勇ましき光景か。
DSC08011.jpg
首都防衛の為、ステンレスの車体が大散華 !!



…『シン・ゴジラ』、このシーンの為にあると言ってもいい…。



そして、
DSC08025.jpg
我が宅を悠々と航行する、アンドロメダの勇姿…



我が宅にて、『ヤマト』と『ゴジラ』の2本立て同時上映 !!


これが劇場興行ならば、1回5000円でもヲかしくないだろう…。
(↑ Viva !! 独り暮らし !! )



自宅での映画鑑賞にヲ猪口は欠かせヌ。


今回、ヲ招きした『美女の皆さんです。

金星 寺泊 (新潟・㈱北雪酒造)

佐渡の醸しですよ。


この一杯を珍味、
DSC07184.jpg
鮎「うるか」で流す…


※うるか…鮎のワタの塩漬け。苦くって、サイコーのヲツマミ




勤め先の仲間からプレゼントを頂戴した。
DSC07206.jpg
国稀(くにまれ) 特別純米
(北海道 増毛・国稀酒㈱)


日本国、最北端の酒蔵 3 の醸し。


以前、テレビで紹介されたのを観て、気にはなっていたのだが、まさかの入手で大歓喜 !!



ヲいしい呑み方は…
DSC07207.jpg
人肌燗。


人肌…。


最近、そんな温もりは感じていませんね。


温かいのは布団とトイレの便座だけですよ。



「大逃亡2016・NGT篇」で入手した、
DSC07361.jpg
今代司 大醸し祭り Ver.(新潟・今代司酒造㈱)
天領盃 純米大吟醸原酒(佐渡・天領盃酒造㈱)


…を、同時に頂戴した。
DSC07364.jpg
何と贅沢な呑み較べ

新潟、あの旅での収穫は大きかった…。



浦和の角打ち「新井商店 3 」で入手した、
DSC07506.jpg
萬歳楽 純米生酒(石川県・㈱小堀酒造)


その呑み口のキレ、この上なく我杯を至福へと誘う…。


ここで、「海の自然薯」と称される秋田県の名産、
DSC07511.jpg
ぎばさ

…に御登場願った。


ぎばさ。


海草だが、トロロを凌駕する粘度。


一箸で全部付いて来ちゃう。



DSC07613.jpg
陸奥 八仙 純米吟醸 新春祝酒Ver. (青森県・八戸酒造㈱)

DSC07614.jpg
正月に開けた(空けた?)一本。


ホントに一気に五合、呑んじゃった !!
(↑ 美味いから)


呑み過ぎたせいで、甥っ子達にヲ年玉を渡し忘れた。


「ヲジちゃんはケチンボだ !!


…怒られた。



毎回ヲ世話になってる会津の酒屋 3 、植木屋 3 の頒布会。


必ずラインナップする銘柄、
DSC07668.jpg
会津中将 純米吟醸 一回火入れ(鶴乃江酒造㈱)

…と、同時に取り寄せたる、
DSC07672.jpg
大和川 ヲりがらみ生(大和川酒造店)


DSC07673.jpg
白い、白い…


DSC07674.jpg
ありがとう、呑み比べ。

ありがとう、ニーチェ先輩。
(↑ ???)



はたまた、
DSC07779.jpg
彌右衛門 ヲりがらみ生原酒(大和川酒造店)

御覧くだせぇ、この薄濁り。
DSC07781.jpg
深海に舞い落ちるという、マリンスノーを思わせる…。

DSC07782.jpg
かなりの酸味。


やっぱり同時に取り寄せたるのは、またもや、
DSC07840.jpg
会津中将 純米吟醸

DSC07841.jpg

生原酒なモンで、
 
DSC07843.jpg
やはり、薄濁り。


濁り酒、大好き。
(↑ 最近、思考が濁ってきてるヤツ)



やっぱり、呑むにあたってヲツマミは不可欠なモンで。


こうやって方々に呑み歩きしていると、犬も歩けばスティック・ストライク、

美味い一品に出逢うことが出来る。



美味いヲツマミが我が宅である程度再現できるのなら、こんな楽しいことはない。



まっこと、ヲ酒に合う珍味を再現してみた。
DSC07682.jpg
塩辛とクリームチーズを合わせる。


…これまた… !!




不思議なことに、塩辛が甘くなる !!




ヲ試しあれ。



それでは、今日はこれからゴジラと龍の歯医者観ますので。


ここら辺で…

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login