酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


秋の呑み鉄 2016 !! 「35分、いや、35年戻りたい」~ 真岡鉄道、三匹が呑む !! ~

いつもヲ世話になってヲります。


いやあ、このヲジちゃん、面白い !!




まさしく、「クチから先に生まれてきた」ような御仁ですな !! …笑


何とかして自身を真っ当な立ち位置に運んでいこうとしているみたいですが…。


まあ、こんな時、誰しも口にするのは、

「やましい事が無ければ、ハッキリと答弁出来る筈だ」

…という御言葉ですが。


このシトの場合、ハッキリと言えば言うほど、自身を追い込んでいるように思うのだが。
…笑



我杯的、トーシロ考えで推察するに



防衛相・稲田ともちん との過去のやり取りが露わになった途端に、ともちん が総攻撃に遭ったのを見て、


「こら、しめた !!

矛先が変わったでぇ !!

ほなら、二度とコッチに向かんよう、ソーリの名前でも出しとくか !!



…なんて、打算があったんですかねぇ…?



仮にも一国の総理大臣。


真っ当な襟元ならば、金銭の授受には慎重に事を運ぶでしょうに。


そうでなくても、決して表社会に顔を出さないような。

裏社会のドンみたいなシトを相手にするんじゃあ、ないんですかね?



それが、こんなペラ助関西に「封筒」なんか渡しますかいな?


ないない



…まあ、もしかしたら、本当の事を答弁していたかも、だけど。


なんにせよ、このカゴイケ 3 。

自ら墓穴を掘るドコロか、カソーバに Death Dive !! しとるように見えますわ。



そんな訳で皆さん、こんにちわ。

沈黙は金、余計な事は一切言わない酒場逃亡記です。




さて、とある休日
DSC07221.jpg
我杯は下館にいたのであります。



そう !!

「秋の呑み鉄 2016」の敢行であります !!




「…なヌ !?

『秋の呑み鉄』ゥ !?

そんなアンジェラ、何時の話やっ !!




…なんてなヲ声は一切、届かない…笑



ほあ、御覧下さい。
DSC07224.jpg
蒼穹に映える鉄の白煙を


この日は毎度ヲ馴染み カーノさん に加え。

酒場の風来坊・ KTJM兄さん がいよいよの呑み鉄本格参戦 !!


ヲ二方、我杯とスタートが違ったので、この下館駅で合流と相成った。



待つこと、暫し。


ヲ二方を乗せた、
DSC07227.jpg
関東鉄道 キハ2406 様 が御入線。


…駅のホームから眺めるに、車内は満員のように見受けられたが…。




ヲ二方に合流



既にハイテンション。



…つか、酒臭い !!


あの満車状態の中、呑んでたの !?



…イヤだねぇ、酒呑みは…
(↑ この時、我杯はまだ素面だった)


…と、
DSC07230.jpg
即座に同種に化す…笑




さて。

今回はどんな賑やかな道中になることやら…。



最初の目的地、
DSC07232.jpg
真岡駅に到着


流石、SLで盛り上げているだけあって、
DSC07234.jpg
駅舎までSL仕様 !!


立派過ぎる !!



駅前広場には、
DSC07256.jpg
様々な車両やら、

DSC07250.jpg
SLが展示してあり。

DSC07254.jpg
その鉄の重厚さを楽しむ家族連れやら 鬱陶しい 鉄道ファンで賑わう。


それにしても真岡駅のSL推しは、
DSC07255.jpg
テッテーテキなんですな !!



…因みに、メチャクチャ快晴だったのは、 カーノさん 、 KTJM兄さん 御両人がスゲー晴れ男だから。



グッズ売り場にて、
DSC07258.jpg
満面の笑みを浮かべるヲ二人。



鉄話で盛り上がる。


一方、我杯は「笑神様…」の 宮川大輔 状態…




真岡駅から移動。
DSC07261.jpg
まさに旅日和

DSC07262.jpg
茂木駅に到着


ここで食事にしようと。


何でも、ヲススメの一軒があるというので、駅前を探索開始。


すると、
DSC07263.jpg
このような掲示を発見。


…なるほど。


世の中には、様々なスタイルで身を立てている方がしらっしゃるのだなぁ。


…なんて感心しながら歩いていたら、エルビスの楽曲がドコからか聞こえてきた…。


…あっ !!
DSC07266.jpg
御本人 !!


「特設ステージ」で軽やかに歌を御披露されとったのは !!


皆さんよく御存知の !!


桐生 大輔 3


…その方でありました !!



…。



…え~と…



…頑張って下さい… !!



目指してた一軒に潜伏が叶わなかった…。




だが、腹は減っている。



そこで急遽、コチラのヲ店、
DSC07270.jpg

げんき


…に潜り込むことにした。

DSC07272.jpg
揚げ物や焼きそば、ヲ好み焼き、たこ焼き…。


粉モノ・フーズが目白押し


ヲ酒を所望したら、

「ゴメンサイ !

ウチは学生 3 相手なんで、ヲ酒は置いてないんだよ。

良かったら、向かいの酒屋 3 で買ってきてくれるかなぁ?」




…え?


持ち込みヲーケーなんですか?



それでは、と向かいの酒屋 3 で物資調達、
DSC07275.jpg
始めた…笑


では、学生諸君が堪能しているという、
DSC07273.jpg
粉モノを頂戴しやう


いや、
DSC07274.jpg

これまた、

DSC07276.jpg
美味い !!



学生 3 相手だけあって価格も大安心 !!



店主 3 も、やたらと明るい方で…笑


こりゃ、ジモティが裏山しい
DSC07277.jpg
流石に粉モノ、腹が膨れたワイ


…ヲヲ、
DSC07279.jpg
側壁は…。


ドリフの師匠方が勢い良く壁を突き破ってきそうである…笑



帰途。
DSC07281.jpg
再びの「特設ステージ」…。



そして、茂木駅。
DSC07282.jpg
実は、コレからがメイン・イベント。


「メイン」がいらっしゃるまで、駅舎内をウロウロ。
DSC07285.jpg


それにしても、
DSC07284.jpg
何度目の。



「汽笛」が鳴り響き、本日のメインに乗り込む
DSC07287.jpg
これこそが、今回の旅のキモ !!


いよいよの「旅」がスタート !!


…なのだが、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…
tbc.jpg

大逃亡2016 序章 ~ 秋の磐越 !! 酔いどれ西線物語 ~

いつもヲ世話になってヲります。


またもや、地震ですか !!



しかも、福島 !!


福島はやめてけれ。


アソコには我杯の知ってる中で一番にイイヲンナが在住しとるのだ。



先の熊本のように忘れた頃にデカイ揺れが再び…なんてなコトにならなければいいが。





もう日本にこれ以上の地震と増税は要りません !!


どうぞ、ヲ引き取りあそばせ !!




とある早朝

我杯は最寄り駅の始発に乗り込んだ。



揺られ揺られて数時間
DSC06545.jpg
郡山駅に到着


なんともヲサレな車両に出逢った。
DSC06534.jpg
「走るカフェ」フルーティアふくしま 號

DSC06535.jpg

DSC06537.jpg
車内で福島県産フルーツを使用したヲリジナル・スイーツが楽しめるそうで、


DSC06546.jpg
車内は実にシャレヲツな内装 !!


スイーツ・ヲヤジの我杯には何時に魅力的な編成であるが今回は、
DSC06540.jpg
赤べこ 號 に乗り込むのである。


出発、進行 !!
DSC06551.jpg
車内は行楽客でいっぱい


…因みに「出発進行」っつー号令(?)は、


「出発指示信号機が青表示、即ち進行状態であることを、運転士は確認しました !! 」


…っつー意味であり、「あ~ !! よっしゃいくぞ~ !! 」っつー掛け声ではないんだそうだ。


…へ~



ではコッチで、あ~ !! よっしゃいくぞ~ !!
DSC06552.jpg
時刻は10:23(ヒトマルフタサン)時、ヲっ始めるには頃合でした…笑


目の前のシートにラクガキを発見。
DSC06550.jpg
ふ~む、ふむふむ…


…ぷっ、ふふふ…
DSC06550-1.jpg
…何故、これをここに書いた…?



10:51(ヒトマルゴーイチ)時、
DSC06554.jpg
会津若松に到着。

ここには友人の カネピン氏がいるのだが、停車時間は7分と極短。

目通りは叶わず。



さあ、ここからが本番 !!
DSC06553.jpg
あがの 號 に搭乗。


今回の旅で、コヤツへの乗車時間が一番長い。


その時間、まさに158分 !!


いざ楽しめ、磐越西線 !!
DSC06558.jpg


をを~、長大ナリ、磐西。
DSC06559.jpg
これまた電車旅のイイトコだ。


途中、カネピン氏が情報をくれた。


…ナニナニ?


「山都駅着直前に通過する鉄橋は建造当時、東洋一(長い)と謳われた」



…ですと?
DSC06561.jpg
これけ。


…車上からではトーヨーイチっぷりがよく分からんな



チョット、他所様から画像を拝借しましょう。
img192.jpg
ヲヤ、これはステチ !!


一ノ戸川鉄橋

磐越西線の風景写真としては定石、定番、鉄板のスポット。
幻想的なライトアップもされたりするそうで、機会があれば見てみたいのぅ。



山都駅に到着。


この山都駅は皆さんよく御存知の、
DSC06562.jpg
あの !!

ハスヌマ先生御生誕の地なのです !!


ね?

皆さん、よく知ってたでしょう、ハスヌマ先生。
(↑ ???)


ハスヌマ先生に、
DSC06564.jpg
ぱんぱ~い !!
(↑ …)



出発してから6時間が経過。



呑んではいたが、食わずだったので、流石に腹減ってきた。
DSC06568.jpg
郡山で購入したヲ弁当をいよいよに食す


津川駅。
DSC06569.jpg
ふ~む、ヲ嫁に来てくれるならこの際、シトでもキツネでも構わんワイ。



いよいよ見える景色が拓けてきた。
DSC06570.jpg
最後の トンネルを~

DSC06571.jpg
抜ければ近付く 美しいあの街

DSC06572.jpg
希望が住むと信じてきた

DSC06575.jpg
私が呑んで潰れた全てを知ってほしい



始発06:00、到着13:39 !!

所要時間、7時間39分 !!


遂に今回の目的地、
DSC06578.jpg
新潟駅に到着 !!



全国屈指のヲ酒処 !!



さあ、呑んじゃるけぇのぅ !!


文字通り、浴びる程の呑んだ暮れ紀行(奇行)は、次回の講釈で


呑んで呑んで呑みまくります !!




tbc.jpg



ヲ酒はいつも 姿見せずに待っている 弱音吐き甘えないように…

夏の呑み鉄2016 『前橋駅前逃亡記』

今年2016年の『話題のシト』と言えば、それは間違いなく、

東京都知事

…のシトだと思い枡。


ヲリンピックやら豊洲やら、様々な都政に関する報道が連日されるが。


その際のテレビ画面に、


アップを映し出す


…のはどうか、御勘弁願えないだろうか !?
CjjisH33.jpg
寝起きとかの状態で、イキナリ目にする画像にしては、チト…



そう、二日酔いで胃もたれしている日の朝食にカツ丼やカツカレーを食べさせられているような…





話は変わるが、ヲ笑い芸人の八幡カヲル 様 、という方がいらっさるのだが。

彼女の繰り出す、都知事の顔真似が激似だった件について。
thumb-12105-5585-entame.jpg
ははははは
…笑


「今、何時? 都知事 !! 」

…が、キャッチネタだそうである…笑



さてさて。


夏の呑み鉄2016、わたらせ渓谷鐵道を堪能する カーノ 3 と我杯。


次なる目的地へ着陸

水沼駅。


コチラには駅舎に、
DSC06351.jpg
温泉施設があるんでゴザイマス



駅舎で温泉入れるなんて珍しいモンですから、
DSC06346.jpg
多くの著名人の方々が。

…太川陽介 3 が余りにも達筆…


モチロン欠かせヌ、
DSC06349.jpg
風呂上がりの一杯


旅の疲れを癒したんだか、それとも倍増させたのか、
DSC06354.jpg
水沼駅から桐生駅、JR両毛線に乗り換え、

DSC06355.jpg
…モチロンに片手がヒマになることはなく…

辿り着いたるは、
DSC06356.jpg
前橋駅。

この時、流石に夏だけあって、
DSC06357.jpg
立派な雲がそそり立っていた。


…これはどう見ても…
DSC09529.jpg
「龍の巣だぁっ !! 」


幸い、この日の前橋の空にヲ城は浮かんでいませんでした。


DSC06358.jpg
何故か全く人通りのいなかった前橋駅通り。


とある理容室のポスター
DSC06359.jpg
「ああ、ヲカダジュンイチだ。ヲカダジュンイチ」


暫らくフラついていたら、ヲ寺を発見。
DSC06362.jpg
楽しい旅が出来るように、そしてバチが当らないようにヲ参り


「東福寺…イースタン・ハッピー・テンプルなんですよ。うはは」
(↑ 王者の魂)

イイエテミョーな英訳に成功した カーノさん 。




DSC06363.jpg
見事なタイル壁。


因みにフレスコ画ってのは、壁に直接絵を描く技法の一つ

生乾きの壁に水溶の顔料をで描き、壁の乾燥によって絵を定着させるものなのだ、覚えとけ !!
(↑ )


DSC06366.jpg
…寂しい張り紙。

これが前橋の現実なのだ…。
(↑ )


フラつくこと小一時間。
DSC06367.jpg
中央前橋駅に到着

やはりここにも寂しい光景が。
DSC06368.jpg
しかし、もしかしたら明るいうちから出来るヲ店があるかもしれない。


周辺を探索してみたら、
DSC06369.jpg
開いてはいなかったが、

DSC06370.jpg
そこかしこに、

DSC06371.jpg
ヲ店が軒を連ねる。

DSC06372.jpg
これはヲンタイムにはさぞかし魅惑的な光景が見られることだろう。



しかし、残念ながら潜伏可能なヲ店は発見出来ず
DSC06376.jpg
駅待合室…笑

そんな場所で何故か、
DSC06375.jpg
ネギトロとか食べてるバカモノ二人…笑

DSC06374.jpg
「ハイハイ !!

こんなバカモノ・ブログを見ちゃってる皆さん !!

駅の待合室での飲酒やネギトロは禁止ですからね !!

グズグズやってる呑み鉄紀行だけど、今回はひとまずここまで !!

またまた次回に引っ張るケド、モチロン、期待厳禁 !!

それじゃあ、また来週~ッ !!

(御出演:北原ゆうき 様 『鉄道むすめ』より)


tbc.jpg


…次回はしっかり、乗って、呑みます…笑

夏の呑み鉄2016 『夏の不利&意地 !! 呑(や)っちゃヲう !! わたらせ渓谷鐵道 !! 』

いつもヲ世話になってヲります。


散々に引っ張った『京急』。
(↑ ははは)


その京急で10月14日、とあるイベントが開催されたという。


10月14日とは、『鉄道の日』


その日に京急がキリンビールとのコラボ企画で、


ビール電車


…なるものを運行したという !!

news_20161014213930-thumb-645xauto-96310.jpg
(↑ 『J-CASTニュース』サイト画像より引用)


車内で ドドンゴ キリンビールが呑み放題 !!

定員80名のスタープラチナチケットは、5分で完売したそうだ。


キリンビールの横浜工場の最寄り駅が京急・生麦駅。


そこから京急川崎駅へ向かい、ウワサの大師線(笑)を2往復する2時間の間、車内で大宴会。


そして、これがミソ


京急の大師線と本線は直接の乗り入れがない為、川崎駅本線を発車した車両が多摩川上の橋で折り返し

そこから連絡線を通って川崎駅の大師線へ入線という、普段は繋がらない行路をこの日のイベントでは走行…


…と、ヲ酒と鉄道好きには堪らないイベント !!



呑みながら電車に乗れるなんて、グレートですよ、こいつァ !!




…って、ソレを毎回やってるバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です
(↑ ここは鉄ファンのソレではない)


今回は、

『酒場逃亡記完全ヲリジナル企画・呑み鉄』です…笑

今回は東武日光線は栗橋駅からスタート

DSC06320.jpg
総合プロデューサー、 カーノさん を乗せた車両が恭しく入線。

DSC06322.jpg
早速に


京急ビール電車、電車内で呑めるとは何て素晴らしい企画だ !!

…なんて一瞬舞い上がったが、何の事はない、いつもやってる事だ…笑


今回、振り回したヲトクな切符は、
DSC06323.jpg
ぐんまワンデー世界遺産パス


群馬県(一部埼玉県を含む)のJRや他の路線をコレデモカ、に乗り放題 !!



世界遺産に認定されたナンチャラ製糸場巡りなんかも可能だったが、モチロン、そんなトコには目もくれず。
(↑ ぷぷっ)




夏の群馬をゆったりと呑み放題&乗り放題 !!

これこそ夏のFree & Easy !!



揺られながら呑むことしばし。
DSC06324.jpg
車窓も立派なツマミの一つ



DSC06326.jpg
桐生駅に到着


さてさて、ここで今回のヲタノシミのメイン路線、
DSC06328.jpg
わたらせ渓谷鐵道 様

…に、フェード、イン !!


DSC06329.jpg
なんつーんすかね、純朴、素朴、といった雰囲気の車両と路線。


春には桜、秋には紅葉と、路線沿線はミドコロ満載。



そんなラインへ夏に乗る…笑


この道中、車内にて「ギタレレ漫談」の芸人 3 、ぴろき 師匠と遭遇。


あのまんまの格好で乗車してきた !!
((((笑))))


ゴアイサツしはぐったのが惜しいトコだった…


神戸(ごうど)駅に降り立つ。
DSC06330.jpg
この駅は桜の見応えのある景観を楽しめるんです


…が、季節は夏だったのです…笑
DSC06331.jpg


さて、この駅には、
DSC06332.jpg
列車のレストラン 清流


…がヲわします。



駅の片隅に設置されたコチラの車両、
DSC06333.jpg
全宇宙で無敵を誇る東武鉄道 様 で運用されていた『1720系電車』、即ち、


デラックス ロマンスカー


その中間車両をそのまま転用しているもの !!

…なのだそうだ…。




車内? にて飲食を楽しめます
DSC06335.jpg
蕎麦やら うどん やら定食やら。


そんな中、我杯はモチロンに、
DSC06337.jpg
本醸造 榛名山 ぐんまちゃんカップ
(牧野酒造㈱)


そのアテに、
DSC06338.jpg
舞茸てんぷら


…を合わせる。


ウム、旅先の日本酒と塩ッ気は、実に染み入るワイ…




…と、 カーノさん のヲーダーした定食がなかなか出て来ない…。


乗らねばならない車両の到着まであと数分。


もしや !? と思ってヲ店のヲバちゃんに尋ねたら、案の定、


「あらっ !? ちょっと待っててね、スグ作るから !! 」






いや、あと数分しかないからもういいです、結構です


キャンセルを申し入れるが、


「平気平気。そんだけ時間があれば食べられる !! 」



…。



出て来た料理を慌ててがっつく カーノさん 。


味わうとか、雰囲気楽しむとかあったもんじゃあ、ない…




「群馬名物・かかあ天下」を堪能した我々、
DSC06343.jpg
神戸駅を後にする…
(
フラッシュ・ゴードン)



…と、ここでもハプニング続出。


先ず、レストランの中でも
子供が非常にウルサかった家族連れ。


列車が発車するというタイミングで、


「パパがまだ乗ってないよ !! 電車止めてよ !! 」



…と、何故か我々に言ってきた。


何のこっちゃ !?


動揺してたら、そのパパとやらが慌てて乗車してきた。


その手には売店で購入したと思われるアイスクリーム。


どうやら、ヲ子様が直前になって所望したものをバカ正直に買いに戻ったらしい。





…で、いよいよ発車。


ドアが閉まる…


…と思いきや、今度は老齢の女性がそのドアに身体を挟まれながらも無理矢理に乗車してきた。



何してやがんだ、アンタはよ !!



老女は何事も無かったのようにノロノロと空いていた座席に座り込んだ。


休日のわたらせ、こんなのが茶飯事なノカ !?



この時、駅には何故か「もしもしカメよ、カメ 3 よ…」がBGMとして流れていた。


どうしてそんなにノロイのか


老女に対して浮かんだフレーズがこれだった…
(↑ 笑い転げること約5分)



子供𠮟るな いつか来た道

年寄笑うな いつか往く道



…誰が言ったか知らないが、我が実母、即ちマイマザーがよく口にする格言?である。



気を取り直し、
DSC06344.jpg
駅の売り子ヲバちゃんから購入したカレーパンを食す


ヲ味は…まあ、そこそこ。


わたらせ の鉄路に揺られる。
DSC06345.jpg
いや~、夏だね、夏 !!
(今更…)


夏だから、呑(や)っちゃヲう !!

いつもなら躊躇してたことも

呑み鉄は許してくれる !!




2016の夏を堪能すべく、我々は次の目的地を目指すが、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…




tbc.jpg

侵略者と呑め !! ~ 番外篇 ~


sake-East-base.jpg
S.A.K.E.極東支部


「キャップ、ただ今戻りました」
waga-hayata.jpg
S.A.K.E.極東支部 隊員 我ハヤタ隊員(我杯)


我ハヤタ隊員(我杯)は、神奈川県・川崎市にある『怪獣酒場』での調査を終え、その報告に戻ったのだった。


「うん、はばかりさん どした♪」
ikoi-yuihan.jpg
S.A.K.E.極東支部 キャップ リクヤマ ユイ


「で、どないどした? 怪獣酒場いうんは?」


「はい、まったく、右を見ても左を見ても店内は宇宙人、怪獣だらけ。

それだけに止まらず、ヲ酒もツマミも美味しいときてます。


今回、調査に同行した  タッキー隊員と 一気隊員は後日改めて調査に赴いたそうです。



その際、店内にはウルトラセブンを模したロボット、
fake-seven.jpg
にせウルトラセブン

…が出現、ヲ店に訪れたヲ客 3 の心をアイスラッガーでバラバラにしたそうです。



更には、

pegassa-noodle.jpg
ペガッサ星人のダークゾーン 海鮮イカ墨やきそば


…に舌鼓を打っていたとのこと。


実に美味しそうですね !! 」




(画像提供:タッキー隊員)


酔い子のウルトラ怪獣ヲール百科

pegassa.jpg
放浪宇宙人 ペガッサ星人



故郷の星が爆発した為、宇宙空間に都市(ペガッサ市)を建設し、宇宙を放浪している。
その動力システムが故障、地球と衝突しそうになった為、地球に軌道の変更を要請してきた。
それが不可能だと知り、地球の爆破を目論む。

(小学館 刊 ウルトラ怪獣全百科 より)


この上ない無茶ブリをカマしてきたペガッサ星人だったが、地球側と対話によって事態の解決を図ろうとした。

しかし、思惑のすれ違いによって、ペガッサ市はウルトラ警備隊によって爆破されてしまう。


怒りのペガッサ星人はウルトラセブンと対峙するが…


相互理解しあえる場面があるものの、結局は共生への道は断たれてしまう。


それは、今現在の地球上、国家、人種間にて頻発している事態である。


果たして、我々地球人に「平和的統合」の道はあるのだろうか…



「そんな訳でキャップ、
waga-hayata.jpg
『怪獣酒場』とは我々ヲトナは勿論、チビッ子まで幅広い世代で楽しめる、この上ないプレイスポットでした !!

また、機会を改めて調査に赴きたいと思います。

以上です !!」


ikoi-yuihan.jpg
「そら、よヲございましたなぁ。

…ウチはウルトラマン、よヲ知らんけど、そないに楽しいやったらまた行きはったらよろしい…。




…で、我ハヤタ隊員。


ウチが頼んだ「アレ」、撮ってきてくれはったやろか?」




「…ああ、京急の画像ですね。

DSC06168.jpg
撮って来ましたよ。コレでいいんですよね?」


眺めてて思ったんですが、
DSC06169.jpg
京急って、色んな車両が走ってるんですねぇ。

DSC06170.jpg
見てて面白かったですよ。

…まあ、我杯は鉄道ファンじゃないんでね、そこら辺止まりなんですけどね、あはは…」




「…これ…アカンやつや…」


「…え? キャップ、何か言いました?」




「…これ…違うやん…
gogo-yui.jpg
「…何で…?  これ…大師線やんか…」


「え…」

waga-hayata.jpg
「コレ、京急じゃないんですか !? 」


「京急や。

これ以上無いくらいの、立派な京急はん や…。

せやけどこれ、大師線やんか。

何で撮ってきたん?」



「…え…あ、いや、我杯、調査の直前に大師様にヲ参り行ったんですよ。

そのとき乗った車両を撮ってきたんですが…。


いや、他に
(見たい車両)あったんですか?


ちょっと分からなかったですねぇ、アハ、アハハハハ






chauyaro-1.jpg
chyauyaro-2.jpg



本線や、本線 !!


フツー、車両写真撮る言うたら、本線走っとる車両撮るやろがっ !!



あと、ゴジラに蹴散らされとった車両言うたら、

DSC06191.jpg
この京急800系 様 や !!


先ず、コレ撮らなアカンやろがっ !!」


「え? え? え?



「あと、コレとか !!
DSC06193.jpg


DSC06195.jpg
コレとか !!

コレや !!
DSC06198.jpg
口の両端指で引っ張って『金沢文庫』って言うてみぃ !? 」


「…え、口の両端をですか?


64abaa4070e6c9c462bab49e1eb4ba37_400.jpg
『カナザワウンコ』


waga-hayata.jpg
…って、何やらせるんですか。


…キャップ !!

京急の画像いっぱいあるじゃないですか !!」



「何だって『本』が大切なんや !! 」(← 聞いてない)
DSC06200.jpg
『本番』 !!


DSC06201.jpg
『本物』 !!



『本腰』 !!


これ守らな、センター立たれへん !!


本線走る京急が『本物』の京急なんや !!


分かったんや? 我ハヤタ相談員 !! 」




『本物の京急』とか『相談員』とか、生活笑百科みたいに色々とツッコミたいトコあるんですが…。


…スミマセンでした、キャップ。


そうしましたら、次回の調査時に改めて京急の画像を撮り直してきます !! 」




「アカン。

今すぐ川崎行って撮り直してきて」


「えぇっ !? 今から、ですかっ !?
waga-hayata.jpg
キャップ…間も無く終業時間ですし、今から川崎行って帰ってくるとなると、かなり遅くなってしまいます…。


ほら、自分の都合で申し訳ないんですが、今日、洗濯物ベランダに干しっ放しなんですよ。

我杯、独り暮らしですから、早く帰って取り込まないと、せっかく乾いた洗濯物が夜露で湿気っちゃうんですよ。


湿気ると衣服が臭っちゃうんで、今日のトコはゴカンベンを…」




「それが、どないしたん?
gogo-yui.jpg
メーレーや、はよ、行って来てな。

ウチ、キャップやで?」



「あっ !! 自分で『キャップ』って言った !!
waga-hayata.jpg
そんな、電車の画像撮影で残業だなんて、キャップ、ヲーボーですよ !!

立場悪用したショッケンランヨーですよ !! 」



yui

「早う、行っとなはれやぁっ !! 」

bandicam 2016-10-09 12-44-26-883
酒ワッチッ !!




頑張れ、 ノミトラマン !!





ヲわり


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login