酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ロング・デスティニー ~平井・大衆酒場 豊田屋、酒楽~

いつもヲ世話になってヲります。

この上ない共犯者である 衣ヤン から、脱走計画を持ち掛けられた。

「ウマイ、と評判のアンコウが食べられるヲ店がある」

まだまだが美味なる時期であった為、勿論、我杯は飛びつく。

トキトバは、
DSCN3282.jpg
東武亀戸線・東あずま駅。
北千住からは10分程度の時間で到着。


駅から徒歩10分程度、下町ック感が溢れるロケを眺めながら、蔵前橋通りにソコはあった。
DSCN3283.jpg
浅草無双!!

…じゃ、なくて、
DSCN3284.jpg

大衆酒場 豊田屋


DSCN3285.jpg
推しメニューは瞭然

開店は1630(ヒトロクサンマル)時だが、我々は30分前に到着
一組の「共犯者」が既に並び待ちだった。

あ~、思ってたほど混雑してなくてヨカッタ、なんて思ってたら、我々の後ろに続々と人が並び始め、

「あっ!!」

という間に長蛇の列!!
一足違いで大惨事であった。アブネーアブネー


入り口の脇には、
DSCN3286.jpg
厨房の換気扇


…う~ん、長年に亘る使用で完全変質したか、
「新宿・カブトの妖怪ランプ」を彷彿させる…

換気扇ならヌ、感奇染 と言ったトコロか…
071203_233034.gif


開店。
長蛇の列が、小さな店内に一気に雪崩れ込む 
カウンター12席、チャイチーなテーブル席が4卓、小上り1卓の店内は、開店同時に満席に
DSCN3288.jpg
首尾よく年期の入ったカウンター席に着陸した我々、先ずは下町ハイボール@250で、ぱんぱ~い
ここで、「ハイボールの素って、何だ?」談義



座したカウンター席から店内を眺める。
DSCN3290.jpg
事前に連絡をすれば、席を予約、確保出来るようだ。
実際、「予約済み」の札で抑えてあった席が数席。

次々と舞い込むオーダーを、このヲ店のにこやかな初代店主と、ブッキラボーな(笑)二代目店主が確実に捌いていく

ヲ品書き、1
DSCN3289.jpg
ヲ手頃価格ですね

ヲ品書き、2
DSCN3291.jpg
ここで我々、これらを眺めながら
「鐘ヶ淵・はりや」を思い起こし、

「あのヲ店はインパクトが絶大であった」

と、はりや 談義で大いに盛り上がる…笑

メインオーダーの あんこうが来るまでに、
DSCN3293.jpg
豊後アジ刺@700を愉しむ。
肉厚な切り身に、我々、その気持ち好い味覚を堪能


キターッ!!
DSCN3296.jpg
サリドツ、勿論、あん肝入り@1500
1軒目で、イキナリのメインイベント、さて、その衝撃は如何に?

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login