酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


GW,大満悦 !!

GW,真っ最中 !!

即ちコレ、ガブ呑みウィークなり !!




そんな中、我杯と ケムラー先輩 はとあるイベント会場にいた。
DSC08301.jpg
晴天の下、数多くのシト達が待ち侘びているのは…


そう !!

我等が !!
DSC8302-1.jpg

吉田類 先生 である !!


ネ申の降臨に、大いに沸く我々信者…笑



千駄ヶ谷は東京体育館にて開催された、

「共生スポーツ祭り」

…っつーイベントにて、 吉田類 先生 のトークショーが行われたんですよ。
(大感謝)



支離滅裂なトークが小一時間繰り広げられ…笑


しかし、最後には、

「ヲ酒とは、神様より賜った御神酒です。

ただだらしなく酔う為の道具ではなく、日本という自然から頂いているという、

感謝の気持ちで頂戴しましょう !! 」



吉田類 先生 だからこそ発することの出来る金言を我々は賜ったのだった。




イベント終了後。
DSC8312-1.jpg
我々信者からの握手攻めに遭う先生。


我杯も握手を2回、賜ることが出来た !!



しかし、先生は非常に気さくに応じて下さった。


これが人気のヒミツなんでしょう。



青森県や岩手県などから出店していた地酒の試飲ブースも設置されていたので、
rui-3.jpg
先生はそれらをヲ巡りになられた。



その後を我々が追随し、試飲ブースは大混雑 !!



…まあ、その様子は別の機会で報告致します。




帰途の京浜東北線。


…どうにも、線路沿いにカメラを構えたニンゲン共が多数見受けられた。



…これは、もしや… !!



とある予感がした我杯は、南浦和駅にて下車。

カメラを構えていたシトにその理由を尋ねた。


…やはり、その答えは我杯の予想通り !!






そして、間も無くソレは姿を現した !!




超絶豪華列車「四季島」を、早々に目撃出来た、この僥倖 !!



興奮のあまり、ワケの判らないことを口走る我杯…笑




何という日か。


吉田類 先生 の奇蹟に触れ、走る100億円の姿を目の当たりにし !!


もう我杯のGWは完全達成です !!


聖地巡礼65 ~ 恵比寿・たつや ~

一体、何だったんだ、コイツ。
台風10号2
台風10號

ウロウロとしたかと思いきや、思い出したように反転、散々に好き勝手やっていきやがった。



…こーゆーの、ニンゲンでもいますわな。


その時は、


「あ、いいよ、いいよ。大丈夫 !!


とスルーしといて、後から思い出したように


「何なんだ、アレ !! 聞いてないぞ !! 」


…とか言ってくるような。


我杯の勤め先にもいるワイ。


「何度も言わせないでくれるかなぁ !? 」


…とゆー指摘を後から初めて言ってくる輩が。


我杯は根っからの「正直者」なモンで、そーゆー時に思わず、


「ふんっ。まぁた好き勝手に言ってらぁ。ばぁか。


…とか、オモテに出しちゃうんですよねぇ…


この世の中、正直者にチャンスの順番は廻って来ないように出来てるから、我杯がセンターに立てる機会は無さそうである。
(↑ ははは)



そんな訳で皆さん、こんにちは。

最近、身辺状況の収拾がつかないバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


ちゃんと寝床で朝を迎えたい…。

真っ直ぐ歩きたい…。

カラヲケに行きたい…。
(↑ ???)


どうしたモンだか、うっすらと「最期」が見えてきたような気がするワイ…



さてさて。


『ヱビスビール記念館』にて、プレミアムな一時を過ごした「とある武道」の呑み師部会。


一杯二杯は呑んだウチに入らない。

「これからが本番だ !! 」と乗り込んだるは、恵比寿駅西口、徒歩1分、
DSC06130.jpg

たつや


…である。


我等が 吉田 類 先生 も御光臨された一軒であるが、そうでなくても大人気の「銘店」


しかも、朝08:00(マルハチマルマル)時から開店してるっつー、タカミヤマ級に嬉しい一軒 !!



今回は地下の店舗に潜伏

店内奥のテーブルに案内された我々。


朝から晩まで営業しているだけあって、店内はほぼ満席状態&わっぜえ(← スゴイ)賑わい !!


ウチらも負けてられへん !!



それでは皆さん、
DSC06123.jpg
ぱんぱ~い !!



因みに、今回の共犯者は実に頼もしかった。


「とある武道」の稽古仲間の中でも、特に「猛者」と呼ばれる方々。


「武里のナックル星人」… タッキー 3

「ニンゲン大吟醸」…盛 3

このバカモノ・ブログはヲ初。大社長…一気 3

紅一点(???)、
「アルコール・プリンセス」…ともちん


…の面々。


このメンバーなら、居酒屋 3 一軒を呑み潰すことが可能 !? …笑



因みに、JRと円谷プロとのコラボでスタンプラリーを開催していたらしいのだが、何故か恵比寿駅で入手出来るスタンプは、
popup_ebisu.jpg
…だった…笑



店内は売りの串焼きの煙が程よく漂い、
DSC06124.jpg
イイ感じで我々も燻される


早速に串焼き盛り合わせをヲーダー
DSC06125.jpg
歯応え満点ナリ


咀嚼し、飲み込むまでに労力を要するレヴェル。


…ところで皆さん。

複数人での一席で「串焼き」をどうやってシェアしますか?


…やはり、具材を串からバラしますか?


…実は、我杯的にはそれ…



認められない


…ヤリ方なんですよ。


一人一本、まるっと派


…でしてな。


いや、だって…。



mrk.jpg
「バラしてもうたら、串刺した意味…あらへんやん !?」
(↑ 酒場逃亡記は さや姉 派)



求む、意見具申 !!




…ヲっと、ここで !!


一気 3 が、ガーデンプレイスでの「美味いビールの注ぎ方」を実践、見事に
DSC06127.jpg
完成させた !!



最初の注ぎをグラスの底面に叩き付けるように勢いよく行い、その泡が落ち着いた頃合を見計らって「二投目」をやんわり、優しく注ぐ…だったかな !?


すると、この画像のようにクリーミーマミな泡立ちを造成出来るのだ !!



やんわり、とした泡立ちを堪能可能なテクではあるが、性急な呑み師には非常にツライ待ち時間。


それは懲役100年の囚人がその刑期終了を待ち侘びる心境に似て。
(↑ 無謀)


胃袋がガンキョーな今回の共犯者の皆さん。
DSC06129.jpg
若鳥のから揚げ


…をツマミながら話題にするは、


「次(ヲ店)、どこにする !? 」



…ヲイ、ヲメーラ !!



呑みながら次の一軒のハナシって、どんだけだよっ !!
(↑ 大歓喜)



ドッシリ系統のヲツマミには、
DSC06126.jpg
やはり、ホッピーは頼もしいヲーダー。



コチラの「たつや 3 」のもう一つの売りが、「三冷ホッピー」


即ち、

ホッピー割り材、焼酎、グラス

…をそれぞれに冷やし、その『相乗』を愉しむ、というものなのだが、ここで盛 3 からクレームが噴出。


「ホッピーはねぇ !!

自身の加減で割って呑むのが美味いんだよ !!


駄ァ目だよ、勝手に
(割って)持って来られたら !! 」
(↑ 憤怒)


…あああ…


ヲ店の「売り」を全否定の盛 3 をなだめつつ、退店…


美味なるヲーダーは他にも数皿あったのだが、我杯がすっかり「出来上がっちゃっていた」ので、未収録…。
(↑ なっとらん)


今回は「地下1階店」への潜伏だったのだが、
DSC06132.jpg
所謂『本店』を外から眺める。


店内はコの字カウンター席で賑わう。


カウンター席はいいね


適度の距離感で、隣り合わせたり、相席した客同士の表情も楽しめる。



この「たつや 3 」を愉しむなら、是非ともこのカウンター席に着陸したいトコロだが、それはまたの機会にヲ預け


この日の恵比寿駅前は、
DSC06136.jpg
ヲ祭りでした。

御覧の通りに、
DSC06135_20160903232657236.jpg
わっぜえシト出 !!


DSC06133.jpg
シトゴミを掻き分け、掻き分け…


ようやっと駅に到着
DSC06139.jpg
キンキン !!

…とくれば、ケロンパ…笑


さぁて、これからどうするの???




よし、今回の参加メンバーの最大公約数である、
DSC06140.jpg
足立区にしようやっ !!


…と、降り立つ北千住




アルコール摂取、一人あたり1ガロン !!


変なノルマを達成せんが為、我は歩を進めるが、その詳細はまたもや次回の講釈で



旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

第三の男たち ~渋谷・ヱビスビール記念館 潜伏記 ~

いつもヲ世話になってヲります。



『疫病神』


…に憑りつかれる時があるんですよ。






jbq_bor_rou.jpg
…いや、本当なんですよ。




 仕方なく 出勤するその途中で時々見掛ける人物がいる。



その人物こそが、『疫病神』



jbq_bor_rou.jpg
…まあまあ


話は最後まで聞くモンだ。



もちろん、その人物の詳細は知らない。



でわ、何を根拠に『疫病神』呼ばわりするか。



…それは…



ソイツを通勤時に見掛けてしまった場合、その日一日は、


まるでツイてない


…のである。



その日一日の業務が、まるで形を成さない。



いや、本当。



簡単な業務が全く進捗しない。

機械・設備が故障する。

クレームが押し寄せる。

深更に及ぶ残業を終業間際に命じられる…。




…などなど…。


入社して十数年。


ソイツを見掛ける度に、このようなトラブルに見舞われる…。




本ッ当 !!




見るからに『疫病神』なんですよ。



貧相な、顔色の悪い痩せぎすの小男。



とにかく、視界に入るだけで本能的にギクリ、となる。



…何か、因縁があるのだろうか…。



まさか、朝一番で、


「ヲ祓いだ !! 厄落としじゃあっ !!


…とか言って、殴り倒す訳にもいかないし…。
(↑ 本当に酷い言いがかり)



…でも…


これからもヒドイ目に遭う危険があるんだったら、やっぱり…




殺るしか…
(↑ 通報モノ)



そんな訳で皆さん、こんにちは


幸運の女神には一度もヲ会いしたことが無いバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です




さてさて。
今回のロケは…
DSC06088.jpg
ィ恵比寿ッ !!



「とある武道」の稽古仲間、人間大吟醸の 盛 3 の発案で、ヱビスビールに乗り込んでやろう。

ついでに呑み倒してやろう !!

…となった次第。




疫病神が襲い掛かってくるのなら、ヱビス 様 で厄払いじゃ !!




今回、「とある武道」の稽古仲間でも特に屈指の「呑み師」が顔を揃える。



快晴
DSC06089.jpg
ヲシャンティな広場を通り抜け、

DSC06092.jpg
ヱビスビール記念館

…へ到着
DSC06093.jpg
ここが今回の我々の居酒屋 3 …笑


見るからにシャワセになれそうなヲブジェがヲ出迎え
DSC06094.jpg
因みに、アニメファン視点からのヱビスビールと言えば、


「エヴァ」の葛城 3 。
ebisu-misato.jpg
自宅の冷蔵庫に満載のヱビス。


あと、あの「獺祭」をラッパ呑み !!


ヱビスや獺祭を常呑とは、やはり、特殊任務に就くだけあって、高給なノカ !?



さてさて。


先ずは、

「ヱビスビールとは何ぞや !? 」

と優子とで、会場内、資料展示物を巡りながら、
DSC06105.jpg
ヱビスのヲ姉 3 が解説してくれる。



発売当初(1890年・明治23年)、
DSC06102.jpg
価格は14銭であったという。


14銭。


現在の価格にして、ヲよそ3000円だとか !!
(びっくりぽん )


1943年の戦中。
DSC06107.jpg
ビールは配給制となり、商標が各社共通の「麦酒」に統一された為、「ヱビスビール」の名前は一旦消滅。




…などなど…。


ヱビスビールの成り立ちや歴史を学びつつ、ツアー参加者はいよいよヲ楽しみの試飲会会場へと。
(↑ これが本来の目的やったん…笑)


通された卓上に、原料のホップが展示してあった。
DSC06108.jpg
「へぇ~、コレが『好物』の原点か…」


「…あっ、ヲ客様 !! ケースの蓋は開けないで下さい !!
(↑ ヱビスビールのヲ姉 3 )


…開けちゃったヲレ達…笑


試飲で供される2種類の杯
DSC06111.jpg DSC06114.jpg
ヱビスビールと琥珀ビール。

その味わいの違いを楽しむ時間がやって参りました !!


それでは、御一同 !!
DSC06112.jpg
ぱんぱ~い !!



う~ん、ダンケシェーン !!
(↑ 今までありがとう。あと、交わる線と離れる線)


飲酒中もヲ姉 3 の解説は続く。
DSC06116.jpg
ヲいしいビールの注ぎ方を教えてもらいやした


…うん、今度はヲ姉 3 とヲいしい思いをしたいぞ。
(↑ どぅくし )


試飲の次は本飲(?)だ。
DSC06121.jpg
テイスティング・サロンにて


我杯は、
DSC06117.jpg
ヱビス スタウト クリーミートップ


…なる一杯をヲーダー


ウムム、やはり、ソンジョの味わいと一線を画しますな !!



ヲツマミに、
DSC06120.jpg
冷やしヲでん

…をばヲーダー


「要は『冷めたヲでん』だよねぇ?」


…誰かが言ってしまった…


DSC06122.jpg
ビールってのは色々な食材に適応する一杯である。

ズーチー盛合せを皆でツマみながら、ヱビスのコクを堪能する。



「さぁて、この後は !? 」



はいはい、任せて下さい !!


ヲよそ、仕事じゃやらない見事な手回し、既にしてありますさかいにな !!


「とある武道」の呑み師部会、いよいよの本格始動。
(↑ 『本番』ばっかり…笑)



ですが、それは次回の講釈で



旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

聖地巡礼64 「渋谷で呑むならココで呑め !! 」 ~ 渋谷・多古菊 ~

観た !!


否 !!



目撃したぞ !!
shin-godzilla.jpg

シン・ゴジラ !!



全国民、必見ナリ !!




今まで、様々なゴジラを観てきたが、ようやっと !!

観たかったゴジラに辿り着けた !!




様々な場面を実にリアルに描き切った 庵野 秀明 監督に最敬礼 !!




ゴジラをこんなに「恐ろしい」と思ったのは初めてである !!


国防ヲタから、鉄道ヲタまで楽しめる(???)この作品、劇場にて複数回鑑賞は必須ナリ !!



本当ね、この感動が溢れ出して瞳から伝えたくなるんですよ。


あなたと一緒に歩きたい。
(↑ ???)



…さて、今からもう1回観てこよう…



さてさて。

「東京會津祭 2016」を完飲した我杯とヲイソ氏


ラブホ街を手を繋ぎながら通り抜け(笑)、せっかくの都内出征、もう一軒潜伏しようと。




辿り着いたるはコチラ、


多古菊


…なる一軒。


ネ申番組「酒場放浪記」にて紹介された聖地である。


外からでも分かるほどに賑やかな店内に早速に潜伏


店内のテーブルに着陸
DSC06005.jpg
あい、ヲ疲れ様でした~

DSC06006.jpg
モチロンに流し込むのはホッピー黒



さてさて。


今回、この「感動」をこのバカモノ・ブログを御覧の皆さんにヲ伝え出来るのは、実に感銘の至り。




ってのも、今回ヲーダーした一皿一皿がとにかく !!


美味い !!


四の五の言わずに紹介して参りましょい !!


先ずはコチラ「多古菊 3 」の、夏限定ながらも大人気メニューである、
DSC06009.jpg
冷やしヲでん

ヲでんの具材が煮こごり状態で供される、面白い一品。
DSC06010.jpg
ゼリー状態となった出し汁はアッサリと、そして涼やかな味わい


これはアイデアの勝利とも言える、夏の酒呑みにウレシイ味方である !!




ヲ次は、
DSC06011.jpg
生アジフライ


コヤツがこれまた… !!


今まで食したアジフライの中で、「一番美味い」と断言出来る一皿。


今後、我杯はこの「多古菊 3 」以外で食すアジフライをアジフライと認めないこととす。



ヲ次 !!
DSC06013.jpg
肉だんご揚げ

…をば、添えられたチリソースで頂戴する。


このチリソースが、表面カリカリの肉だんごの食感によく合う !!


ヲイソ氏と競い合って箸を運ぶ


ヲ次 !!
DSC06018.jpg
ネバネバパラダイス


御覧の通り、納豆、ヲクラ、山芋など、身体に良さ気な品々が一同に会した一皿。


…これを食して以降、我杯宅の冷蔵庫には納豆とヲクラが常駐するようになった。



ラスト !!
DSC06020.jpg
チーズハムカツ


サクサクに揚げられた衣。
その狭間から熱々に、そして柔らかく滲み出してくるチーズの食感… !!



「よっくもまあ、いっぱい食べたねぇ」



…なんてなヲ声が聞こえてくるようだが、これらの品々は、
DSC06023.jpg
コチラのヲ店の御常連 3 のマストヲーダー。


ならば、一見の我々としては外せない !!


店内中央に配置する大テーブルは相席仕様。
DSC06014.jpg
一見と言わず、次回の潜伏時には是非とも御常連 3 と酌み交わしたいモンである。



いやぁ~、美味しかった !!
DSC06025.jpg
安いし、美味いし !!

退出間際にヲ店のスタッフ 3 に「酒場放浪記」を観て来たことを伝えると、


「有難うございます !! 是非またいらして下さいね !! 」


…と、実に明るい御対応。




今後、渋谷で呑むなら不可避の一軒に巡り逢えたワイ。


これぞ 吉田類 先生 のヲ導き。


心身ともに満たされた我々、今回の逃亡劇を美しく終え…



…なかった…笑


何を思ったか、
DSC06031.jpg
新宿に漂着


この時分、都知事選目前だったので、
DSC06032.jpg
このシトを目撃した。

何を訴えるワケでもなく、ただスマイル振りまいてただけだった。
(↑ ¥ 0-)


そーいや !!
DSC06034.jpg
このシトに目の前で支持表明すると、ハグさせてくれる特典(???)があったそうだ !!


…チクショー、我杯が都民だったならば、選挙期間中ずっと支持表明していたものを !!
((((()))))



せっかくなので、ヲイソ氏を

竹千代

へゴアンナイしようと画策したのだが、何故かママもマサルちゃんも不在だった。


せっかくのヒサブリ機会だったのだが、残念…


…まあ、また行くから遊んでネ !!




フラつく。
DSC06036.jpg
ウワサには聞いとるが、果たしてどんな世界が広がっているのだろうか…


その「世界」を少々垣間見る。
DSC06035.jpg
ヲヲ、ジョーでは内科 !!


どうやらこの扉の向こうでジョーが独り、呑んでいるらしい。



ヒジョーに興味があったが、この我杯の趣味のせいで、ヲイソ氏が帰宅手段を失ってしまった !!
(↑ 終電タイムヲーバー)



こりゃ、すまなかった !!


また懲りずにヲ付き合い下され。




…我杯???


ちゃっかりと帰還は出来たが、やはり、居間で朝まで大の字…
gzgzgzgzgzgz
(ぎゃふん)

潜入 !! 東京會津祭 2016 !!

いつもヲ世話になってヲります。


渋谷 !!

わっぜえシトゴミやね !!


どっちを向いても、
DSC05964.jpg
シト、シト、シト… !!


道路が僅かにしか垣間見えないなんて、まあ、イバラキじゃあり得ませんね。
((((笑))))


…それにしても、
DSC05963.jpg
外国人観光客の多いことよ。


遊びに来てくれるのはいいんだけどさ、日本では日本のルールを守ろうね。

In Japan,Speak Japanese !! っつーコトだぜ !!



流石はシブヤだ。
DSC05962.jpg
変なのがいたワイ。

この外人も帰国したら周りの友人に言うんだろうな。


「ゲットしたYO !! POKEMON !! 」



さて。

今回、渋谷に訪れたのは、会津の酒蔵 3 が集まる日本酒試飲イベント、

東京會津祭

…に、参加する為。



我杯的に今回が3回目の参加。


更には勤め先の呑み仲間である ヲイソ氏 を巻き込み、早速に会場へと向かいちみをん



途中、酩酊状態の御婦人に出くわす。


今回のイベントは、3部制。


多分、先の部に御参加された「同好の士」にちまいない


「討ち死に」だけはするまいぞ…。



兜の緒を締める意味で我々は、
DSC05967.jpg
事前に一本摂り込んだ…笑



途中、
DSC05965.jpg
崩壊寸前の物件を目にする。


因みに、ヲイソ氏は「廃墟マニア」


何となく嬉しそうな表情をしていた !?



会場に到着
DSC05966.jpg
嬉しそうな顔したシト達が続々と乗り込んできた。


で、毎回毎回、
DSC05968.jpg
クラブとか、ライブハウスで開催されるのだ。


主催者がDJやりたいから、だそうである…笑




さあ、戦闘開始 !!
DSC05971.jpg
先ずはの一杯に鶴乃江酒造 3 のブースに乗り込む。


ヲイソ氏のヲ気に入り、「会津中将」を摂り込む為である。
DSC05972.jpg
あ~ !! よっしゃいくぞ~ !!


2時間呑み放題、という修羅への道へと突入する…。


我杯はヲキニの銘柄である、
DSC05973.jpg
「奈良萬」夢心酒造 3 のブースにへばりつく

モチロンに全種類を制覇 !!



…今回、チト「厄介」だったのが、DJで流されるミュージック
DSC05974.jpg
クラブハウスならではの重低音がズシズシと胃袋に響く。


…何だか、妙な酔いの回り方だったワイ…




今回、このイベントに初参加である、
DSC05977.jpg
笹正宗酒造 3 のブースに突入


どれにしようカナ…
DSC05978.jpg
…とか言わずに、並んでる物は全て頂戴した…笑


特に、この「にごり」の一杯は、
DSC05979.jpg
思わず数杯ヲかわりしてしまったんですな。




またもや鶴乃江酒造 3 に出戻る。
DSC05982.jpg
永寶屋 辛口純米

…の飽きない味わいにしばし釘付けになる…


優しい口当たりの、
DSC05981.jpg
ゆり 純米吟醸


…は、ヲ酒を醸した女性杜氏 3 の名を冠した一本



会場内、そこかしこにて「アテ」を入手可能。



ヲ酒によく合うツマミが用意されていたが、今回、我杯がハマったのはコチラ !!
DSC05983.jpg
にしん の山椒漬け


会津の代表的な郷土料理。


とにかく、ヲ酒に合うので、やはり、ヲ替わり…笑



今年もヲ逢いできました !!
DSC05990-1.jpg
永峰 恵 様 !!


…この時の我杯は、過去に類を見ないレベルのだらしない表情だった…


DSC05992.jpg
会津娘 純米吟醸 雄町 (高橋庄作酒造店)


このコに合う一皿を探す。


そしたら !!
DSC05993.jpg
生シラスのチーズ添え


…が、神懸かった美味さ !!



この一見ミスマッチな一皿が、
DSC05995.jpg
我杯を至高の時へと誘うのだった…
(↑ 大感謝)



始まりました、恵 様 の民謡ライブ
DSC05997.jpg
コロコロと転がる声が会場内に響き渡り、

DSC05998.jpg
今宵のイベントは最高潮を迎えたのであった。



このイベントのプロデューサー 3 である、
DSC06001.jpg
植木屋商店 3 。


毎回、美味しいヲ酒を有難うございます。


かくして、ことしの「まつり」は閉幕。


…楽しかった…ぜ…



どうしたことか、
DSC06003.jpg
アサヒの350mlが¥700で販売、という暴力が振るわれていた。



はい、ヲ疲れ様ですた~
DSC06004.jpg
我が戦友よ、またどこかで呑み交わそうぞ。


さて。


はけたとは言え、まだまだ宵の口


もう一軒 !!


勢いに乗った我杯とヲイソ氏。


ラブホ街通りを手を繋ぎながら後にするのだった…笑


tbc.jpg

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login