酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ゲームセンター荒らし ~町屋・亀田、藤や(北千住)~

いつもヲ世話になってヲります。



坊主頭にしたら、

「総選挙の結果が原因なの !? 」

と、本気で思われてたり。

「ビッグダディみてぇだ 
16笑う

とか言われたり…。


前者は0.0048% は本当なので ともかく、後者は大勢の子供どころか、カミ 3 すらいないんだから、かなりデッケェ ヲ世話なんですよ




さて。


今回、いまだに子供のシトにしか分からない表記」で満載です。


御了承下さい…笑





DSC02833.jpg
…。


ヒサブリの町屋っス。

今回は、あの 「類友会」 で御一緒させてもらっている、 KTJM兄弟 との愉快な(?)逃亡劇でヤンス

「町屋に紹介したいヲ店がある」

との、有難いヲ誘いを受けて、早速に降り立ったのだが…。



合流まで少々余裕があったので、
DSC02834.jpg
都電を眺めてニコニコすることに



線路脇をフラつくと、

DSC02836.jpg  DSC02837.jpg
下町情緒溢れる町屋、



夕刻の忙しさと、ノンビリした光景を合わせて見る事が出来た。
DSC02838.jpg  DSC02841.jpg
…をっと、時間である。




時間通りに現れた KTJM兄弟と合流、早速に今回の潜伏場所へ案内して頂く


都電線路沿い、駅前交番から、徒歩3分48秒ほど。

そこに現れたるは、
DSC02858.jpg


DSC02859.jpg

亀田


当初、我杯は待ち合わせ時間を17:00(ヒトナナマルマル)時にしませんか、と具申していたのだが、それだと NG だとおっさるので、少々早めの待ち合わせとなった。

その理由が…。






DSC02843.jpg
何と、開店前から、ヲ店の前にはシトがヲ並びになっていたのである !!

しるシトぞ知る有名人気店であったか !!

開店同時にヲ店になだれ込むと、店内はほぼ満員になった
これはスゴイ

3人ともノド渇いていたので…笑
DSC02846.jpg
下町ハイボールで ぱんぱ~い

…これ、焼酎と炭酸と「謎の液体」の、奇跡の組み合わせ…。


このヲ店のスタイルで、ヲ替わりする度に中のレモンスライスが増えていく。

我杯の杯、最後は都合7枚のスライスが入っていた。
それほど呑み易い…笑



ニューメー1。
DSC02845.jpg
ふ~む、ふむふむ…。

その2。
DSC02844.jpg
安い !!

これは…良い !!

町屋周辺在住の方々がウラマラしい…


ヲーダーを兄さんにヲ任せしたら、
DSC02849.jpg DSC02850.jpg
串焼き祭りになったった…笑

タレの味付けと、下ハイが…合う !!
こりゃ、ヲ酒がススム訳だワイ…


相席になった御常連さんと
DSC02852.jpg
この界隈では名と顔の知られた方々だったようで、色々とヲ話を

初めて居合わせたシト達とワイワイ楽しめる。
これが下町酒場最大の魅力である…



ところで。
今回、何で我々が「類友会」の中から選抜(笑)されて集合したノカ。


実は、我杯と兄さん、その昔は散々にゲームセンターなる場所へ通い詰めた、ゲームセンター荒らしだったのである


前回、新宿で呑んだ時、兄さんと昔ゲームで燃えたクチつー、ヲ互いの素性が判明した為、

「じゃあ、今度ゲームの話ししながら呑もうよ

つー、まるで小中学生みたいな理由が、今回の開催理由
16笑う


…いいんだ !!

かつてのゲーム少年だった我々のハートの中では、今でも「炎のコマ」(※)が燃えているんだッ !!


(※)炎のコマ…小学館刊「コロコロコミック」に連載されていた漫画「ゲームセンターあらし」の主人公、石野あらし 少年が駆使する超絶テクニック(必殺技?)
インチキプログラムで作られたゲームを攻略すべく、そのプログラムの処理速度を超える操作テクニックを習得すべく、素手で独楽を高速回転させる特訓を積んだ結果、独楽と下敷きの板野板の間に摩擦が発生、激しい炎を噴き上げたところから命名された。

DSC02965.jpg

当時、このマンガを読んだ我杯を含めたゲーム少年達により、全国のゲームセンターでこの乱暴な技が模倣され、操作レバーやボタンを損壊させてはゲームセンターのヲジサンに怒られる、という社会現象が起きた…笑


因みに、この高速で両手を動かす、という系統の必殺技は、同時期に連載されていた超絶ヲ受験バトルマンガ「とどろけ !! 一番」に登場する 轟 一番 少年が、高速で答案に解答を書き記す「秘技 ゴッドハンド」に見受ける事が出来る。



…いかん、大好きな話題はキリが無い…笑



先ず出た話は、「1943」だっけか?



1943.gif

1943 ミッドウェイ海戦

ゲームメーカー「カプコン」が1987年に発売したアーケードゲーム。
実在の米軍戦闘機・P-38ライトニングを操作し、旧日本軍をモチーフとした敵機を撃墜していく縦スクロール型シューティングゲーム。
様々な武器を駆使して、面の最後に待ち受ける攻撃力・耐久力ともに強大な親玉(ボス)を撃破すると、ステージクリア。
そのボスの多くは、実在した日本海軍の戦艦や空母であり、国産ゲームだが、設定はまさに逆輸入。


ステージの開始時には、最終攻撃目標の名前が「それらしく」表示されるのだが、特に最終面の、


1943ymt.png

という二文字は、当のプレーヤーや周囲のギャラリー、即ち我々戦争を知らない世代を、

「…これだけは違う…」

という、一種、畏怖の念を含んだ沈黙と緊張感で包み込んだ。

実際、最終局面は、ゲームバランスを無視した「完全に殺(ヤ)りにくる」攻撃パティーンと化し、幾多のプレーヤーが大和の前に散華した。



…あと、何だっけ、パチモン の話題か !? …笑


コイツだ
1982_zig_zag.gif

ZIG ZAG (ジグザグ)


いわゆる、「デッドコピー」と呼ばれる模造コピー製品。
オリジナルの「ディグダグ」はナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が1982年に発売したゲームで、地中を掘り進みながら、モリポンプや落下する岩などで敵キャラを退治していくコミカルなアクションゲーム。

このジグザグは、我杯の近所のゲーセンに置いてあった。
オリジナルと大きく違うのが、一定時間、地中をすばやく掘り進む事の出来るツルハシの存在であったが、ゲーム攻略に特に大きな効果影響は無く、グラフィックやSEなど、明らかに薄っぺらい印象と内容であった。


…KTJM御兄弟、当時はこんなパチモン、いっぱいあったヨ。
「ゼビウス」のパチで「ゼビオス」とか…笑




…あと、コレ !!
DogouSoukenGame01.png

怒号層圏(どごうそうけん)

ゲームメーカー・SNK が1986年に発売したゲーム。
異世界に引き込まれたプレーヤーを操作し、敵キャラを撃破しながら進行するシューティングアクションゲーム。
自らのキャラ自体はイライラするほど移動速度が遅いのだが、火力は圧倒的であり、比較的難易度は低く、我杯でもノーミスクリアが出来たくらいである。

このゲームのウリは、操作レバーが「ループレバー」といった形で、これをドライバーのように回す事で、自身のキャラクターが八方向に向きを変えることが出来た点である。
この操作により、後退しながら前方に攻撃したり、側面を向きながら前進したりと、今までになかった操作感が楽しめたのだが、タマにこのループレバー操作が出来ない不具合品があり、その際のゲーム難易度は恐ろしく上昇してしまった。
また、プレイ途中でよくバグ(プログラムの不具合)を引き起こし、画面が気が狂いそうなほどに乱れた後、操作出来なくなるゲームでもあった…笑


よく、Dマートで カネピン 氏 と毎週日曜10時半頃にプレイしたゲームである(うはははは)


…なんて、話してたら、我杯は下ハイ7杯の効果で、かなりベロベロになってしまった…

しかし、下ハイがあまりにも うまたん♪ だったので、まだイケそうだったが、チョイと移動しましょうか、ということで。


北千住へ



このヲ二人には「下町酒場」が似合うだろう。
そう踏んだ我杯は、ヲキニの「藤や」へご招待
串煮込みの うまたん♪ うれたん♪ な一軒である。


我杯自身も久し振り。
前回は…あら、ほぼ1年前だ !!



どーやら、気に入ってもらえたようで一安心
DSC02862.jpg
居合わせた「共犯者」の方々と、ママを交えて大いに盛り上がる。

ここでは、ひたすらにキンミヤのほうじ茶割りなのだが、下町ハイボールと口当たりが違うので、また呑めちゃう…笑


とはいえ、ヘロヘロ。


…っだのだが、この夫婦さんの間にチラ見え出来る、このチビッコ
妙に我杯に懐いてしまい、最後まで我杯といろいろ話してた

まあ、我杯には甥っ子兄弟怪獣がいるので、チビッコとのじゃれ合いは慣れっこ。

何より、精神年齢が同程度なのである…笑




さてね、気付いたら地球(自宅)への最終電車が迫っていた
駅前「日高屋」で最終調整をするヲ二人に別れを告げ、我杯は帰途へ。



KTJM兄弟、今回も本当に有難う御座いました




次回は…



…え !?




南越谷(こしみな)の「やまちゃん」 !?



あそこをロケにしちゃったら、「アノ人達」が集まってきちゃうよっ !?






…う~ん、次回の「アレ」は、デッカイ宴会になりそうだワイ…怖

聖地巡礼17 ~町屋・大内、もつ焼き 小林~

いつもヲ世話になってヲります。



DSC00493.jpg



…。


…はっ !!
ガガーン


何故、我杯は「町屋」にッ!?


…ああ、そうだった、こんな事があったんだっけ… (以下、回想場面)



「とある武道」の稽古開始前、口髭の似合うチョイ悪ダンディ(笑)、シロウサギさん は、いつも道場に一番乗りである

道場に我杯が入ると、


「ヲウ、今日、この後 時間あるかよ?


無いわけではなかったが、翌早朝に所用があった為、この日は一日大人しくしようと思っていたので、丁重にヲ断り申し上げたのだが…


「よし、わかった。じゃ、4時に町屋な



…。




…つー訳で、まさかの「町屋」なのであった。

そーいや、町屋って、以前、
呑みトモダチの ナヲちゃん と呑んだ時以来ですな
再び、この地を再訪する事になるとは

そもそも、シロウサギさん は、「とある武道」で着用する袴を御新調される為に、町屋の道着屋に訪れたのであった。
道着の仕上がりまでに多少の時間が空いたので、チョイと周辺をブラウヘノ
dash_c.gif


まだ明るい呑み屋街を往く。
DSC00498.jpg
むふん
コイツァ、オンタイム が楽しみな景観ですな


ふと、空を見上げると、
DSC00499.jpg
なんとも見事な秋空ではないか
わしも、あの雲の彼方に流れていきたいものよ。
なあ、松風? (ヒヒーン)


さて。
シロウサギさん の御所用も済み、いよいよ、我々の「本目的」、開始ですよ
先ずは、の一軒目は、

DSC00502.jpg

大内


さて、どんな潜伏が出来ますかね、楽しみであります
初逃亡であります、こんばんス~

DSC00504.jpg
店内、座敷メインの非常に広々とした造りでして、これはゆっくり寛げますぞ
カウンター席もあったみたいだけど、我々は座敷に着陸


ヲススメは…
DSC00503.jpg
ヲサカナ系ですか


ま、先ずはヲ飲み物で。
DSC00505.jpg
シロウサギさん は生ビール、我杯はホッピー白で、ぱんぱ~い


…う~ん、まさか、重鎮・シロウサギさん とサシの逃亡をすることになろうとは…
こいつぁ、レアな機会だぜ…


今回のゴールド・セレクション
DSC00506.jpg
トロあぶり串@650

シロウサギさん も、口にするや否や、

「ヲ !! こりゃ、ウメー!!

と、絶賛


トロ本来の旨味を内包しつつ、香ばしい焼き上がりに、ヲイシサ温度は急上昇落ち着かないのは真夏のサガだね(← ?)


早速に日本酒にシフト・チェンジしたシロウサギさん、追加ヲーダーをば
DSC00507.jpg DSC00508.jpg
牛すじ煮込み、白身梅肉揚。


…そろそろ、煮込みがヲイシクなってくる時期ですねぇ


で、この「梅肉揚」が、なんともTastes Good !!
白身の、ふんわり、とした感触に、梅肉の酸味がナイス・フォロー


コチラのヲ店、ヲ料理が何ともウレシイですね
近くへ来たら、また是非ともに再訪したいですねぇ


さて、もう一軒
ウワサのヲ店に潜伏してみることにしやした


その名も、
DSC00509.jpg

もつ焼き 小林


以前、潜伏しはぐったヲ店である。
DSC00510.jpg
1800(ヒトハチマルマル)時の開店を待って、潜伏開始
我々の他にも、数名の「共犯者」がヲ店の前で暖簾が掛かるのを待っていた。


さて、コチラのヲ店、
DSC00511.jpg
 吉田類 先生 の御降臨された聖地である。

…今の 吉田 先生 のサイン色紙と比較すると、何か趣が違うような…
調べたら、 吉田 先生が降臨されたのは今(2012年)を遡ること7年前の2005年であった。


店内は「J」の字?カウンター14席のみの造り。
DSC00512.jpg
目の前で大きな鍋が煮えたぎる、ベストポジションに我々は着陸


鍋の中を 泳ぐように モツという串が おどぉるぅ~



DSC00513.jpg DSC00514.jpg
酎ハイ@350で、ぱんぱ~い

煮込みセット(オビ、ガツ、ハチノス、ヒモ、フワ)の5本で@400

我杯、串煮込みではフワ(肺臓)の、あの独特の食感が好きでしてね


さて、このヲ店の人気メニューは、この煮込みの煮汁をスープにして頂く、つけめん である。

…のだが、我杯のポリシーとして、

「ヲ酒を入れた胃袋にラーメンは入れない」

であるからして、今回は見送り


どうやら、シロウサギさん の逃亡スタイルは、一杯一皿の

長っ尻無用」

であるらしい。


グラスを空けるが早いか、


「ごちそーさん !! ほら、行くぞ !!



…何とも、男気の溢れる…



この後、


「焼鳥が食べたいなぁ


というリクエストにヲ応えして、北千住の我杯のヲキニ、
「ごっつり」へ。


…なのだが、ヲ店のスタッフに、

「何だ、妙に人出があるな。何だ?


「あ、今日は足立の花火大会なんですよ」


「ん !! じゃ、電車が混雑するな !! ゴチソーサン !!


ええっ!?
ガガーン
今、ホッピーのヲカワリと、ヲニヲンスライス、ヲーダーしたばっかりなのに…!!


駅のホームには、接続の良い電車がナイスタイミングで入ってきた

ちょうど良かったですね、さ、乗りましょう


「駄目だ。混んでる


え…あの、どちらへっ?



そして、まさかの、
DSC00515.jpg DSC00518.jpg
北千住~春日部 間を、スペーシアで移動…


「ちょっと¥追加するだけで、早くて楽に帰れるんだ。コッチが良いに決まってるだろう


…なんとも、男気に溢れた行動力である…

果たして我杯は、このような「漢」になれるのだろうか…


anryzr.jpg「ヲ答エシマス。ソノ確率ハ 0% デス」


ぃやかましいわっ !!


駅のホームからは、
DSC00516.jpg
多分、今年最後でしょう、大きな打ち上げ花火が見えましたとさ。





まあまあ、たまにはイイじゃないですか ~町屋・食い処Bar Jan Jan~

いつもヲ世話になってヲります。

DSCN4122.jpg
…。

町屋。

普段、降車しませんね。
では、何故に!?

酒場逃亡記・初登場、呑み友達の ナヲちゃん から連絡をキャッチしたからである!!

とはいえ、我杯、町屋には初上陸

…あ、都電だ
DSCN4124.jpg
軽く迷子になった我杯であったが、何とか ナヲちゃん と合流したが… あれ、もう一人、カワイイ娘さんがいらっさるよ

「妹です」

…なんと!!

我杯、複数のヲンナノコと同時に話せるのは、ホタルイカが謎の大量発生した時だけですよ。
どうなる!? 今回の嬉しき楽しき逃亡劇!?

どうやら、今回の目当てだったヲ店は休業だったらしく、その代わりに飛び込んだのが、
DSCN4139.jpg 
食い処Bar Jan Jan

…あ、イイ感じですね、どーぞヨロシク
10席?位のカウンター席を抜けて、ヲ店奥の座敷席に着陸

先ずは、ルービーっすかね。
DSCN4125.jpg
はい、ぱんぱ~い
我杯、複数のヲンナノコ相手にヲ酒が呑めるのは、第3金曜日の満月の晩だけですよ。

あ、妹ちゃん、ショーコちゃん てのね。 どーも、初めまして

…そーだ!!
このヲ2人、この「酒場逃亡記」史上、最年少の共犯者であります!!
どれ位に最年少なのかは、もう言えない位なので、もう言わないのであります!!(←)

ところで、コチラのヲ店、
DSCN4127.jpg  DSCN4128.jpg
ヲ料理がイケるのであります

推しメニューは串焼きですが、
DSCN4130.jpg  DSCN4129.jpg
その他のメニューも何で何で、どうしてどうして、大変大変

「ボトル、いっちゃいましょ~!!」

段々「何か」がアガッてきた ナヲちゃん、ボトルをゴツン、と
DSCN4131.jpg 
「コッチの方が安上がりですからね」

…むむむ…その若さでヲ酒の呑み方を熟知しているとはな…
あ!! そこの赤いシト!! 教えて下さい、ヲ酒の呑み方とは!?

シャア宴会とは、常に二手三手先を読んで行うものだ…

は!! 了解したであります!!


…ここで、ショーコちゃんから、衝撃のヲ言葉が。

「トモダチ、合流しちゃっていいですか?」

…と言うが早いか、ヲトモダチの モモちゃん 電撃参戦!!

うあっ!! 我杯、こんな状況でも平気でいられるのは、太陽系で惑星直列が起きた時だけですよ!!

近年、稀に見る「ネ申 的状況」の中、
DSCN4132.jpg  DSCN4133.jpg
ヲ茶ハイでパリサツしつつ、追加オーダーの かぼちゃサラダ@?をば。
コヤツもまた、美味なる一品だったスね
つか、ここのヲ店、本当にヲ料理、イケてたっス


今回の女ネ申たち。
matiya.jpeg
左から、モモちゃん、ショーコちゃん、ナヲちゃん
我杯の超絶低脳デジカメ「フリーメイソンの眼」も、この時ばかりは、シャープなシャッターを切っていた…笑

勿論、「ヲジサン連中」から問い合わせ殺到するから、素顔非公開!!


さて、我杯、実に残念ながら、地球(自宅)に向かう銀河(東武)鉄道がそろそろ無くなりそうだったので、撤収準備

「次、どこ行きますぅ?」

エンジン、フルドライブの ナヲちゃん からの嬉しいヲ誘いもあったが、ごめんね、我杯、これ以上イイ思いしちゃうと、遊星爆弾が自宅近くの公園に落ちてきちゃうから

また、呑みに行きやしょうね

あ~、楽しかった!!
…帰宅後、夢心地でムニャムニャ寝ていたトコへ、真夜中のメール着信
送り主は「あの」 イヤミくん…

「仕事(夜勤)明けたら、そのアシでキミの自宅へ行くのねん!! をゑっ!!」

…黙って来いよ…

翌早朝、彼はジマンの新車で、我杯の自宅まで(わざわざ牛久から)やってきた。
DSCN4144.jpg 
「新車の走り心地と、取り付けたナビの性能を見たかったのね!! オピロピロ~!!」



イヤミくん と今後の「逃亡」について、10分少々、立ち話

その様子を、たまたま遊びに来ていた甥っ子怪獣(ヲトート)が訝しげに眺めていた。
akr.jpg 
「あのシト、ヲジチャンのヲ友達?」

ううん、違うよ。
でもね、あのヲジサンは夜中、神社の賽銭箱の周りをウロついt…
16笑う

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login