酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


諸行「無情」!! さらば、広島!! ~広島・厳島神社~

…ヲはようございます
ブンブクレにムクんだ顔を引っ下げ、我杯とケムラー先輩は朝イチで宿泊先をチェックアウトした。


DSCN4496.jpg
今回の我々の逃亡劇の舞台「流川通り」

ヲ世話になったでヤンス。 また必ず戻って来るでヤンスよ


朝食もそこそこに、
DSCN4498.jpg
路面電車に飛び乗り、運ばれる事、一時間あまり
idou161.gif


宮島口」に到着。
DSCN4500.jpg
そこから発着の超絶フェリー「この世の栄華丸(←嘘)に乗船。

10分ほどの航程で、
DSCN4503.jpg

到着しましたよ

キヨモリさん、呑みに来ましたよ…笑
DSCN4504.jpg


日本が全宇宙に誇る超絶世界遺産である



我杯、コチラへは高校の修学旅行以来なのだが、
DSCN4505.jpg
その時は、帰宅して土産を見るまでは、どこへ行ったのか知らなかった、という経験をしている (←バカ)

ただ今、大河ドラマで「旬」ですからね。
itk1.jpeg
多くの人出。
結婚式を挙げてるシトがいましたが、
我杯とケムラー先輩には、全く関係無い事ですんでね、目もくれずに素通りしてやりましたよ、ええ!!

…あ
我杯も名前をカタカナ表記の「ケンイチ」にしようかな。
そうすりゃ…


いや、今回、素で驚いたのがですね、
itk3.jpeg
後白河法皇が直接にヲ植えタテマツリアソバシオワシたという、松の遺木なんですけど、

これ、木じゃなくて、岩でしたよ
いや、本当になんか、こう、ガツーン、とした
itk2.jpeg
以前は、直接に触れてご利益をタマワレタらしいですが、現在は御覧の通りでして

…しかし、まあ、このような「完成品」が、
DSCN4506.jpg
千ウン百年も前に完成していた事に、驚くと申しますか…

この「宮島」自体が、ネ申として、信仰の対象とされていたそうですね

DSCN4507.jpg
しかも、今で言うところの強力な「パワースポット」だそうで。
…昔のシト達は、どうやって、そーいったのを見極めたのかしらん…


ところで、大鳥居越しに目に入る、対岸のホテルだか何だかの建物!!
かなり目障りでしたな!!


景観を損ねるってヤツだッ!!
艦砲射撃による爆破撤去を望ム!!
今こそ甦れ!! 大和!!




…ここで我杯、やらかした。
DSCN4508.jpg
この厳島神社の祭神サマは、3柱の女ネ申サマだったのだ。
手ブラで行ってしまった
次回はバラの花束を持参せねばなるまい
クノイチネモウス。

さてね、ヲ腹が空きましたね。
マトモな食事をしてみましょうか


「絆」の意味 ~広島・旨み屋 創楽、どりーむ~

程よくメーターの上がってきた我杯とケムラー先輩、広島・繁華街の更なる深部を目指す。
DSCN4482.jpg
明るく賑わうその光景は、新宿の「歌舞伎町」を彷彿させる。
そんな中、ミョーに落ち着いた、小さなヲ店を発見

DSCN4488.jpg

旨み屋 創楽

…何かこう、ひっそり?とね。
派手な看板出している訳でもなく。

小さな入り口にかかる縄暖簾を潜る。
…この「縄暖簾」て、何かいいですねぇ~

ヲ初です、こんばんス


…もう、それはそれは小さな店内で。
6人で満席の変形コの字型カウンターのみで、その中に大柄のマスターさんが、のっそり、と

空いていた席に着陸した我々、

DSCN4483.jpg
我杯、相変わらずの酎ハイと、ケムラー先輩の生ビールで、ぱんぱ~い
この時点で2143(フタヒトヨンサン)時

…う~ん、今回、「朝」から引っ掛けてた訳で…

何杯目?…笑

御常連さんと思しき先客さんとマスターの会話を小耳に挟みつつ、メニューを眺める。
その中から、

「もうすぐ食べられなくなっちゃうからねぇ

と、
DSCN4484.jpg
レバ刺もどき@?

「もどき」だって、それっぽい味と形の物(コンニャクね、コレ)をゴマ油で頂けば、中々にイケル訳でして

…こーゆーメニューが用意してあるって、何か「コッチ側のヲ店」な気がして、いいですね

もう一品、
DSCN4485.jpg
ピリ辛ソーセージ@? をば

…うん!!
狭くて小さなヲ店で、特別なメニューこそ無いものの、何か、

「納まるべき処に納まったゼ!!」

な、感じ。

さすが我杯、旅先での「嗅覚」は更にレベル・アップ!!

(パカパカパンパンパ~ン)

わがはい はレベルが あがった!!
「のみや さがし」が 15 あがった!!
「たのしさ」が 23 あがった!!
「かしこさ」が 4800 さがった!!(←)

「旅行で来たんですか? いいヲ店でしょう?

と、御常連さん。

DSCN4486.jpg
埼玉から広島までアシを運び、初めて入ったヲ店で酒肴を心底楽しむ。
これが、いい店でなくて、なんであろうか?

「ああ、埼玉から来たの?」

そうです 
「大和ミュージアム」と飲み歩き目的で。
他には一切、目もくれず!!…笑

「平和記念公園は、修学旅行で来たことあったけど、あまりの悲惨な展示内容に気分が凹んじゃった」

ケムラー先輩がヲっしゃる通り、我杯も「あの展示」を見た後、終始無言になってしまった経験を持つ…

「(笑) 確かに、平和学習の一環で地元の児童も行くけどなあ…」

と、
DSCN4487.jpg
男気溢れるマスターは語る

店内のテレビで、被災地のガレキ受け入れ反対を掲げ、処理場の前で搬入阻止を行った一団の報道が流れていた。
小さな子供を抱える親からすれば、この上なく不安な出来事であろう。
だが、明らかに

「他所でやれ!! ここではやるな!!」

エゴを剥き出しに、声高に口にする輩の姿も多々、見受けられた印象もある。
震災直後、やたらと「絆」という言葉を見聞きしたが、果たして…?

「ヒロシマも復興を遂げた街だけどな、今回のはまた、違うな」

をを、そうであった。
御当地・広島は、正に戦争で灰燼に帰した街であったのだ。

「俺も(年齢が)五十ナンボだけどな、戦後の生まれだが、物心ついた時にも、まだガレキの山は残ってたのを見たからな」

…。

単純に考えて、二十年近くは経過していたであろう時期に、まだ戦後の処理は終わっていなかった、という事ではないか?

「今回」は、また様々な事情が絡み合い、その進捗を妨げている。
一体、何年、何十年を要するのであろうか…?
やはり広島、平和、復興を一考させられる街であった。
そんな中、呑んだくれててスマンす…


時間にして、2310(フタサンヒトマル)時、そろそろ夜も更けてきた。
ゴチソーサマでした

そろそろ、次でラストですかね。
今宵、最後の潜伏先を探す我々を、何とマスターはわざわざヲ店を閉めて案内してくれた

広島の男気マスターが紹介してくれた「今宵のシメ」とは…?

手も足も出ない ~広島 流川通り・カープ鳥、いな穂~

さて。
「大和ミュージアム」で瞳を閉じたケムラー先輩と我杯広島駅前に戻ってくると、


何だか、色々な屋台が出てましたね。
焼き牡蠣をば食してみる

「さ!! これから、どんなヲ好み焼きが食べられるんだ?」

御当地、ヲ好み焼きを期待されていたケムラー先輩だが、残念!!
そんな、当たり前の物を食べて嬉しいんですか?
今回、ヲ好み焼きは、ありません!!

「ゑ…

絶句するケムラー先輩を尻目に、宿泊先のホテルから頂戴したガイドを辿って訪れたのは、
DSCN4457.jpg

カープ鳥

…外観、名前からして、広島ファン御用達のヲ店ではないですか
面白そうだから、潜伏してみましょうよ

DSCN4458.jpg
額に青筋を4本並べたケムラー先輩を尻目に入店
こんちは~す
…もうね、名前からして「野球ファン」のヲ店じゃないですか。
だけど、ケムラー先輩と我杯は、野球の事なんて、知らない知らない

店内、L字カウンター14席、テーブル2卓、小上がりが2卓、15、6人は上がれそうな大座敷と。
1900(ヒトキュウマルマル)時、チョイ前に潜伏しますたが、ほぼ満員
我々、カウンター席の一角に着陸

我杯は酎ハイ@300、ケムラー先輩は生中@450で、
DSCN4459.jpg
はい、ヲ疲れ様でした、ぱんぱ~い!!

ところで、このヲ店、
DSCN4460.jpg
ヲ品書きが広島カープの選手名」で表記されているのである…笑
因みに酎ハイは「シンカー」、生中は「スライダー」でヲーダーが通る…笑
だけど、我々、野球のことなんて、知らない知らない

あ、ヲーダーした串焼きが来ましたよ。
DSCN4466.jpg
栗原(牛バラ)@250と、

DSCN4467.jpg
バリントン(笹身しそ巻)@200と前田(砂肝)@120。

…。

我杯、「前田」は あっちゃん とアキラ兄さんしか知らない知らない

大いに賑わう店内ですが、
kapudori.jpeg
勿論、交わされるは「カープ談義」
過去、色んなヲ店を飲み歩いたが、ここまで周囲の話題が耳に入ってこないのは初めてである…笑
だって、我々、野球のことなんて知らない知らない

無言な時間が、ひたすらに続く…
















o0640048011456944072.jpg


…なんたって、このヲ店では話題が出てこなかった…







ヲ店の入り口付近に飾ってあったユニフォームは、
kapudori2.jpeg
ミスター赤ヘル、つー方…ですね。
多分

あ、このシトなら知ってます
DSCN4463.jpg
28号のシトですね。
うん!!

もう、これでもか、な野球(広島)尽くし
DSCN4465.jpg
色んな意味で、ヲ腹一杯になってきますた

ランス。
DSCN4468.jpg
「ホームランか三振か」
潔いなぁ…笑

終始無言だった我々、それでも追加ドリンクをヲーダーしようとされたケムラー先輩を制し、ここらでゴチソーサマ

会計時、ヲ店のマスター(監督?)とほんのチョイ挨拶を交わせた。
いや、さすが御当地広島、とても賑やかなカープ尽くしですね

「チームの方もね、成績が賑やかならいいんだけどね。あ、飾ってあるユニフォームは、本物だよ

…そうですか。
(よく分からないけど)神奈川あたりと競ってるんですよね。頑張って下さい。
まあ、広島の方がマシなんじゃないんですか?
16笑う


あ~、面白かった
さて、今度はどんなヲ店に潜伏しましょうかね。
賑やかさを増す広島の繁華街をフラついてみましょう
ikachan.gif


CLOSE YOUR EYES ~呉・大和ミュージアム、てつのくじら館~ Ver. 1.01

つー訳でですね、今回、我杯と「とある道場押忍!」の大先輩である、ケムラー先輩と足を運んだのは、広島県は呉市にある、
「呉市海事歴史科学館」、またの名を大和ミュージアム
であったのですわ。

もう、何年も前から「行こう、行こう」と言っていたのだが、今回、やっとの実現
…何の事は無い、ヲ互い「身軽な身上」なので、いつでも行けたんだわ…

呉駅から徒歩5、6分ほど

うっかり、ミュージアム自体の外観を撮り忘れてしまった

だってよ、
mutu1.jpeg
イキナシ、体温が5、6度アガッちゃうようなモンが展示してあるんだぜッ!!
モーレツに!!
コレはですね、戦艦「陸奥」のスクリュープロペラでヤンスね
並び立つケムラー先輩。 その大きさがヲ判りでしょう

目を惹くのが、
mutu3.jpeg
やはり、戦艦「陸奥」の主砲筒でヤンスね


説明は下記を参照。
mutu2.jpeg
…これを遥かに凌駕していたという「大和」とは、一体…?



…あ、因みに戦艦「陸奥」てのは、
img_1080203_16981446_2.jpg
コチラです(画像、よそのブログさん から引っ張ってきちゃいました、スマンス)

さて、早速に館内に突入してみましょう

入り口入ってスグ三時方向に入場券販売コーナー、九時方向にグッズ販売コーナー。
興味を大いに引かれるが、ここは後程までヲアズケ
…カウンター席や、小上がり座敷席は…無いな…笑


そして、今回「一番の目的」は、勿体振る事無く、すぐさま我々の眼前に現れた。
「それ」を目の当たりにし、驚愕する我杯に、ケムラー先輩は静かに、しかし、重く応えたのであった…笑
wh.jpg
「…こ、これは…ッ!?」

kcptn1.jpg
「…そうだ…













大和だ…ッ」










DSCN4427.jpg
戦艦「大和」 1/10スケール。

…1/10、っても、30m近くある大きさである。
ソンジョソコラの船よりも、遥かに感じる重厚さ。
モノホンは…どんだけ大きいんだ!?

大日本帝国軍艦 「大和

艦種…戦艦
全長…263m
最大幅…38.9m
吃水平均…10.4m
最大速力…27ノット (1ノット…時速1.852km/h、約50km/h)
機関出力…150,000軸馬力
航続距離…7,200海里
乗員(沖縄出撃時)…3,332名

兵装(沖縄出撃時)
46センチ3連装砲…3基9門
15.5センチ3連装砲…2基6門
12.7センチ連装高角砲…12基24門
25ミリ3連装機銃…50基150挺
13ミリ連装機銃…2基4挺

(ディアゴスティーニ「戦艦 大和をつくろう」解説より)



艦首菊花紋章
DSCN4428.jpg
「大和」のものは特に大きいサイズだったことが確認されている



46センチ3連装砲塔
46センチ3連装砲塔
当時、最大最強の兵装であり、この砲塔部分だけでも、他の艦一隻分に匹敵する重量があったそうである。
また、砲弾発射時の爆風、衝撃波は凄まじいものであり、その際は甲板にいる乗組員に「退避命令」が発令されたとか




艦橋部。
DSCN4429.jpg
上部レーダー部、測距儀は15mほど、世界最大であった。
因みにこの開発をしたのは日本光学工業、現在の「ニコン」なのは有名なヲハナシ


球状艦首(バルバス・バウ)
DSCN4435.jpg
主砲塔と並んで「大和」を象徴するこの独特な形状は、航行時の水の抵抗を軽減させる働きをする。

…「宇宙戦艦ヤマト」では、特にディフォルメされて描かれている部分ですね。


館内、ガラスの仕切に写っていた姿が、
DSCN4436.jpg
思わず、「大和」の同型艦、「武蔵」と並び立つ姿を連想してしまった





さて、他の展示物も見て回りましょうか。

…流石にここでは、ヲ酒は呑めませんね…笑

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login