酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


全日本「夕刻の志士」総決起大会 後篇 ~ 赤羽・馬ん馬んいくどん、etc… ~ Ver.1.01

我が愛しの甥っ子怪獣・アニキが、今春、いよいよに中学に進学なんである。




…早いなぁ…


13年が瞬く間に経過してしまった…。




…っつーことは、あと「7年」なんか、更にあっ、つー間ですな !!



早よ来い、成人 !!

早よ来い、飲酒解禁 !!





さて。


日本の現状を憂い !!

日本の将来を考える、

「前日本 夕刻の四肢 総決起大会」

…を赤羽にて開催した我杯、ケムラー先輩殿、そしてKTJM兄さん。



偏りに偏った偏執談義、いよいよの開幕であります !!
🗾



赤羽にて、知るシトぞ知る一軒、「馬ん馬ん いくどん」に潜伏した我々、

敢えて店外の立ち呑みテーブルにて談義を開始。


居酒屋 3 の特徴が色濃く出るのが、
DSC07138.jpg
自家製ポテサラ

…だと思うのです。


味付け、具材の割合、種類など…。


このメニューでヲ店の「腕前=センス」が判るのだ !!


そして、この一皿はまっこと、逸品 !!




ここで我杯、1人で大喜び。



ヲ店の姉 3 が、これまたイイ感じで、イコマちゃん にクリソツだったのね !!
(↑ 15、6年後位の)
ikoma-kawaii.jpg
感謝したい程にカワイイ イコマ 様 。


…いや、ホント。


多分、全宇宙900億のイコマ・ファン、その3割位は、


「…あ…あ~あ~ !! あ~…なるほど… !! 」


…と、反応なさるにチマイない



だが、コチラのイコマちゃんは、カウンター内で喫煙されとった。
🚬



変に夢を失いたくない輩は要注意




さあ、メイン・メニューを馬ん馬んいくどん !!
DSC07140.jpg
馬刺しって、実は中々に巡り合わない一品。


その肉質は、やはり食べ慣れた牛、豚、鶏とは一線を画す。


だからこそ、いざ口にした時の感動も一入なんである。
DSC07141.jpg
しかも嬉しい、ヲ値段が超絶リーズナブル !!



我々、改めて「美味い食べ物」を口に出来る現状に感謝…




コア・タイムに突入したか、賑やかさを増してきた赤羽。
DSC07139.jpg
シト通りが多くなってきた !!


屋外で立ち呑む我々には、この赤羽の雑多なイキフンは最高のツマミだ !!


「夕刻の四肢」談義もいよいよの盛り上がり、である。
DSC07145.jpg
熱の入った談義を交わす両弁士。


「やはり、我々定刻新民は、先の滞船による擬制車、その玉志位の安寧を図る為に !!

安国陣蛇への産廃を心掛けるべきであります !! 」



「品ごときが方々で粋がっているようですが… !!

我が国J隊の加力を以てすれば、ものの数分で殲滅であります !! 」



…と、言ったとか、言わなかったとか…
(↑ やめちくりよ、本当に…)



注意…丁寧に読まないで下さい。




談義(極論 !? )が進む中、
DSC07146.jpg
ヲ酒も同時に進みます。


そんな中、妙にこのヲ店を眺めて円満な笑顔浮かべる老紳士がいらした。


呑む訳でも、つまむ訳でもなく、ヲ店を出たり入ったりしながら。


そして、ヲ店を外から眺めて微笑む…。









…ははあ、分かったどん !!


あの老紳士は、このヲ店のヲーナー、馬越 栄一郎 3 だ !!
(↑ 勝手に呼称)


そして、誰かが馬越ヲーナーに声を掛けた。
(↑ 誰だったか…? ヲイラだったか !?)


我:「あの、スイマセン !! このヲ店のヲーナー 3 ですか !? 」

馬:「… !? あ…いやいや…別にそんな…」

我:「やっぱり、そうですか !! じゃあ、一緒に写真撮らせて下さい !! 」
(↑ ???)
DSC07147.jpg
パシャ


否定もしなければ肯定もしない。


それでも一緒にフレームに収まって下さった馬越ヲーナー。
(↑ 勝手に呼称)


Everyone Welcome .


これが、北区・赤羽の魅力なのだろうか…。
(↑ 間違った解釈だと思う)


これまた逸品 !!
DSC07149.jpg
馬タン燻製


…をば頂く。


これまたウマい !!
(↑ ベッタベタ)


バカモノ・ブログをご覧の皆さん。


もし、赤羽を訪れる機会があるならば。
DSC07151.jpg
是非にこの「馬ん馬ん…」にて、馬刺の魅力に触れてみて下さいな。


我々がいかに美味なる品々に恵まれた国に生きているのかを。


確かに実感出来るはずなのです !!





いや、偶然の潜伏だったが、美味なる品々に巡り合えた我々。


これはバルチック艦隊撃破級の大戦果でありました !!



意気揚々と次なる一軒を求め、ヲ店を後にする…


…と、ここで !!


「あのぅ !! スマホ、ヲ忘れじゃないですか !? 」



振り向くと、そこには イコマちゃん !!


この時、KTJM兄さんがウッカリのスマホ置き忘れ !!


しかし、この場合はグッジョブで大丈夫 !!




届けて下さって、本当に有難うゴザイマス !!

御礼に一緒に写真撮らせて下さい !!
(↑ まさにバカモノ)


「…え…? …え… !?  え…???


困惑しながらも、
DSC07152-1.jpg
パシャ📷


一緒に収まってくれた『赤羽のイコマちゃん』。


しかも、ピースまで…笑



これが赤羽の Free & Easy なのだろうか…。
(↑ 君の名は『希望』)




さて、この後。


安パイの
DSC07161.jpg

八起

…に潜伏、
DSC07156.jpg
赤羽の夜を更に堪能する…



…はずだったのだが、
DSC07159.jpg
何故かヲ店のスタッフ 3 に妙にウルサがられて、居心地悪かったので早々に退散。


…別に大声や奇声発したとか。


そんなの全く無かったのに、何だったんだろう、アレ。




気を取り直して、向かいにある「癒し」の一軒、
DSC07168.jpg
稲穂

…へ潜伏。


何だ、先ずココに来るべきだった !!


相変わらず賑やかに盛り上がる店内。



ケムラー先輩殿は一時期、足繁くヲ通いしてたらしく、マスター 3 の覚えがいい。



それでは各々方 !!
DSC07163.jpg
抜かりなく !!



…だったのだが、実は我杯、この「稲穂」での記憶は一切残っていなかったのであります。


ヲ店に潜伏した時点で完全に記憶は消失。



どーやら、今から思えば。



「馬ん馬ん…」のコーヒー割が効いていたいたのでは…? と、思う。





散々にカラヲケ歌ったり、御常連 3 と話してたりしてたようだ。



これは、翌日にデジカメ内の画像見て確認した事柄であり。


だからして、
DSC07181-1.jpg
こんな風にみんなで写真を撮ってもらったことなんざ、一切合切…




ケムラー先輩殿も同様だったそうで、


「あの、自分、稲穂とかでヲ金をちゃんと払いましたかね !? 」


…なんて、問い合わせが…笑



…やはり、ディープなトコだったぜ、赤羽 !!



皆の衆 !!



世の中、ツマラない、ヲ金がない、仕事がない、なんて嘆くヒマがあったら !!



赤羽に行くどん !!




…って、ケムラー先輩殿とKTJM兄さん、まだまだ話足りなかったらしい…。



そうですか…。


じゃあ、今度はヲ二方でどうぞ~。


我杯?


「イコマちゃん呑み」してます…

全日本「夕刻の志士」総決起大会 前篇 ~ 赤羽・丸健水産、馬ん馬んいくどん ~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


20161212001-a.jpg
…なんだ、コレ。


「月末金曜は早く仕事を切り上げて、週末を楽しみましょう」


…だと !?




…誰だ、バカな寝言をホザいているのは。


午後3時なんかに切り上げて帰ってみろ。


我杯のブラックな勤め先なんか、その次から午前3時まで残業させやがる。



こんな習慣が社会に定着する訳ネェだろうっ。


机上の絵空事だ、もう少し「現状」ってのを見やがれ、アホ経産省 !!




…なんてなコトは言わないよっ。


長時間労働が美徳と捉えられがちな現代ニッポン。


人生ダイナシにされちゃってるシト達の報道も耳目にします。




でも、これをキッカケに午後3時には帰れないまでも、少しでも早く帰宅出来るように、今の仕事のやり方を再考するとか。


そんな旗振りとして考えればいいじゃ内科。
(↑ プラス思考)



…まあ、傷病人、病み上がり、年配者をいいようにコキ使う我杯の勤め先には在り得ないハナシだがね。
(↑ ホント、何か天罰を与えてくれ)



そんな訳で皆さん、こんにちは。


毎度ヲ馴染み、流浪のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です
(↑ タモリ師範😎)


今回は、
DSC07117.jpg
赤羽にやってきました。


赤羽。


最近、各方面へのアクセスの利便性や、その独特の土地柄で人気急上昇中のエリアだそうです。
agagagagagag


そんな「独特」を求めてアシを運んだ訳でゴザイマスが…。



今回、我杯との共犯者は ケムラー先輩  KTJM兄さん の御両名。


ヲ二方、現状の二本の在り方を常に心中にて憂う「哀哭者」 !!



「日本」が大好きなヲ二人が、何故か全てに対して無頓着な我杯を巻き込み、何かが始まる… !!




題して、


「善に本 夕刻のシシ 総決起大会」


…の開催 !!



※ 注意

今回、当て字、伏字、遠回りの表現などを多用致します。

「その筋の方からの誤解・接触を回避する為ではありますが、勿論にタダのバカモノ・ブログで御座います。

実在の団体、個人、思想、体制を揶揄、誹謗中傷する目的は一切ゴザイマセン !!



さて、早速の一軒目に赤羽の有名店、
DSC07122.jpg

丸健水産


…にへばりつく。


看板、暖簾にはウリの一品である、
DSC07120.jpg
ヲでん の文字が躍る

コチラの「丸健 3 」、
DSC07119.jpg
ヲでん種をつまみながら、通りに面したヲ店の周辺で角打ちよろしく一杯楽しめる、実にヲープンゲットな一軒。



朝から営業してますし、
DSC07118.jpg
と優子とは、朝から呑める、という訳でしてコレマタ赤羽らしさが感じられる。


…実際、そーゆーシトが集う街なんだが…笑



先ずはヲデンタネをチョイス
DSC07123.jpg
店先で選んで、その場でヲ会計。


ヲ酒も一緒にヲーダーして、空いているスペースに陣取る。


それでは、各々方…
DSC07124.jpg
抜かりなく !!


DSC07125.jpg
温かいヲでんタネをツマミながら路上で立ち呑み。


コレを「最高かよ !! 」と叫ばずして、なんとする !?


ヲ次の一杯に、
DSC07126.jpg
丸眞正宗
(北区・小山酒造㈱)

…のカップ酒を頂戴する。


DSC07127.jpg
コチラの小山酒造 3 、東京都23区内「唯一の酒蔵」なんである。


…因みに、この小山 3 のきき酒師 兼 広報担当の方は、とてもカワイイ



いかに赤羽、フリーダムだらけの街にもルールはある。
DSC07128.jpg
立ち呑みスペースは路上に面しているので、道路にはみ出れば、それ即ち往来妨害罪。


違反者はその場で即刻射殺。



路上にはみ出ないようにテーブルにシッカリとへばり付く、という注意が必要ナリ
(↑ ガールズルール)



…申し訳ないが、赤羽という先入観から、さぞかしガサツな応対なんだろうなぁ、と所感しとったのだが…笑


とんでもない、ヲ店のヲバちゃんはにこやかに、しかも細々と対応してくれて。



間違ったものの見方、謝罪致します !!





少し変わった呑み方を。

カップ酒にヲでん だし汁を投入するやり方である。
DSC07129.jpg
「こりゃウマイ !! 」

…なんてな雄叫びは出ないが、まあ、なんだ、面白い呑み方もあるもんだ。



「しっかし、コレ、どう見ても台所の洗い水ですよね」


 KTJM兄さん がウッカリ率直な意見を述べる。


何て事を言うんだよ !!
…笑



先ずは軽くエンジンを廻し始めた我々、ふと、はす向かいにある一軒に注目。


この日、我杯が所持していた「昼から呑める店」案内本にも掲載されていたので、潜伏してみることにした。



それがコチラ、
DSC07132.jpg

馬ん馬ん いくどん


…どうやら、
DSC07134.jpg
とことんに馬にこだわったヲ店のようである。


もう、コレデモカに、
DSC07133.jpg
馬表記。


店内の席を勧められたが、ここは敢えて店外の立ち呑みテーブルへ。


そこに掲げられしヲ品書きに、アヤシイ一杯を発見。
DSC07136.jpg
コーヒー割りか…。


コーヒーの風味に、焼酎が掻き消えてしまうのだ。

「3杯まで」という但書が、その危険度を物語る…



虎穴に入らずんば、馬を得ず !!
DSC07135.jpg
我々がこのコーヒー割からスタートするは必定 !! …笑


何をヲーダーすんべかなぁ、と画策しながら、先程の丸健 3 を眺める。
DSC07130.jpg
う~ん、実にアカバネアカバネしとるヲ店やなぁ…


…って、うううううんっ


あの、青いシャツ着てるヲ姉すゎん…
DSC07131.jpg
裸足だよ…



きっと、ヲ酒で火照ったカラダに、地面の冷たさが心地いいにチマイナイ…
…笑






流石に赤羽 !!



今回も楽しい逃亡劇になりそうだワイ !!




…ですが、この続きは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…


tbc.jpg

元旦呑み鉄2016 「大気が怒りに満ちてヲる…」 ~ 東十条・三兼酒蔵 ~ Ver.1.01

またもやスゴイ発見がされたということで。


「重力波」


超重量の物質がさざ波のように力場???を発生させ、それが
時空間に影響を与える事象。
(↑ …だと思ったが…?)

この発見はこれからの天文観測学に飛躍的な発展を与えるという…




…響きがいい…。


「重力波」





その衝撃によって、

時空に歪みが発生する

…そうだ。
(↑ )

すると、その時空に在る物質にも歪みが生じるとのこと。

今回、その歪みを計測できたことで「重力波」の存在を確認できたらしい。
(↑ 大発見)



…どーゆーことかと申せば、例えば正確な1cm四方の立方体があるとする。


その立方体が、この重力波の影響により縦幅は1.1cm、横幅が0.98cm、深さが0.96cmとかに歪む…ということらしい。




…う~ん、シビれる、憧れるゥッ !!




「時空が歪む」




アニメ、漫画じゃよく耳目にする響きなんですが。



この研究が更に発展すれば、宇宙創世の謎の解明、ブラックホールのより正確な観測が可能とのこと。




これはワクワクする !!






「副長 !! この宙域に重力波を感知しました !!

…Unknown…ワープアウトしてきます !! 」

yamato
「…ふ~む…

大方、ヲ酒と電車とA○B好きとかのロクデナシだろう…」

(↑ 大正解)



はい、愚行で周囲に歪みを与えるバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


さてさて。


毎年恒例、「元旦呑み鉄」で山梨の美味を堪能してきた我杯と カーノさん 。


無敵の青春18切符の恩恵に与り、降り立ったのは、

東十条駅。


ここに降り立ったならば、決して外す事のできないパワースポットへ
DSC04691.jpg DSC04692.jpg
ゆきりんネ申ネ土



元旦の厳かな雰囲気の境内。
DSC04690.jpg
手を合わせ、頭を垂れ、本年の無病息災を願う…


「何だかんだ言ってもですね、木白木 3 とは御縁があるんですよ」


ブツクサ独りごちる カーノさん 。
(↑ ははは)


さて、ヲ清めだ


昨年も暖簾を潜った、
DSC04694.jpg

三兼酒蔵


…へと新年のゴアイサツ。


元旦から開けて下さるとは、有り難い一軒


カウンター席のみの店内、既に御常連 3 が賑やかに盛り上がっていた。


隣席に居合わせた御常連 3 からのヲススメで、
DSC04696.jpg
白龍 初しぼり 無濾過生原酒 純米吟醸
(新潟県・白龍酒造)

…をば頂戴する。


その名の通り、元旦当日に瓶詰めして出荷される一本。



その詰めたての風味でもって、今回の旅の疲れを癒す
DSC04697.jpg DSC04698.jpg
我杯の好きな酸味の利いた風味が、今回の旅をまとめ上げる


…う~ん !!

この風味、愛おしくて切なくて、心は格子柄だよ !!
(↑ ???)


元旦早々、明るく賑わう店内
DSC04699.jpg
居合わせた御常連 3 もゴキゲンで杯を傾ける


正月だ、メデテェ、ということで
DSC04701.jpg
枡酒で我杯の酩酊度、マックスハイテンション !!

アイヲンチューでアイニーヂューな一皿、
DSC04703.jpg
ネギトロ

…で枡が空になる



何故か カーノさん は、焼き魚が大好物。
DSC04706.jpg
アジ開き

…をそれこそサカナに、今宵の宴は最高潮を迎える…。



振り向き様の三兼酒蔵 3 。
DSC04708.jpg
毎年毎年、明るい雰囲気で出迎えてくれて有難うゴザイマス


散々に遊び倒し、呑み倒した今回の元旦呑み鉄もグッド・エンディングを迎えつつ…


ヲや…???


実に久々に「あのコーナー」の登場です。



こんにちは。

「ジブリで一杯 Collection」の時間です。

これは、ジブリ・アニメをこよなく愛する我々が、その名場面をヲ店の小物を利用して再現していくという、クラフタバル・イマジネーションなコーナーです


今回は、我々の心に今尚、颯爽と吹き抜ける名作、


「風の谷のナウシカ」


…からです。




大変です !!

東十条駅前の大気は、「怒り」に満ち満ちてヲりました !!

DSC04707.jpg
この大地を埋め尽くす赤い発光 !!



そう !!
これこそ大地、即ち「王蟲」の怒りだったのです !!
d023a606.jpeg
「ババ様…アタシたち、死んじゃうの…?」

pk1410p.jpg
「酒呑んだくれて、バカなことしてりゃあね…」
(↑ スゴイね、似たシトっているんだ… !! )

Coming together in Kathmandu ~赤羽・大衆酒場まるよし、八起~

いつもヲ世話になってヲります。


何だか、アメリカで「同性婚」が全面で認められたっつー事で、俄かにこの日本でもソレを認めてけつかれ~ !! と持ち上がってるみたい


それに関してNHKが街頭インタビューしてたんだが、やはり意見は様々で、

「結構なことだと思う」という肯定派から、

(ニンゲンとして)ルール違反だ」というのは、やはり年配者に多い意見だったか。


「自分との関係無い所で好き勝手にやってくれ」

という若者の意見に我杯は同意…笑



ただねっ !!

この報道で非ッッッ常に !! 残念なのが、日本でこの同性婚の法制化を訴える団体の中に、コチラの
f0195000_23413039.jpg
牧村朝子 様


…がいらっしゃるという事実 !!
(↑ タレント 3 )

牧村 様 、既にフランス人女性とフランスの法律に則って同性婚を果たしとるとのことだが…



…このようなステチな方が男性にソッポ向くから、世にあぶれてしまうヤロウがいるのだよ…
(↑ ヲ~イヲイヲイ)



さて。


以前に聖地・
赤羽の りっちゃん家こと「川栄」に潜伏した際のヲハナシ。


毎度ヲ馴染み カーノさん と人気店「川栄 3 」に潜伏するつもりだったのだが、生憎の満席。


空き席が出るまで他のヲ店に潜伏しましょうということで、先ず訪れたのが、
DSC02472_20150711161018d61.jpg

まるよし


大衆 of 大衆 !!

外せません !!

「赤羽の安心」がココにはアルマンドゥ !!


ほぼ満席だったが、
DSC02464_201507111610167f4.jpg
カウンターに着陸した我々、先ずはの生中でカンパイドゥ


コチラのヲ店の看板メニュー、
DSC02465_20150711161016612.jpg
キャベ玉

…は、ヲーダー必須だドゥ !!


キャベツ炒めの玉子とじ。

ただそれだけのシンプルなメニューなのに、家庭では決して真似の出来ない美味マンドゥ


「川栄」を後に控えていたので、ドリンクヲーダーは控え目だった我杯。
それでも、ホッピーの白と黒を半分ずつで割った、
DSC02468_20150711161020987.jpg
ホッピーハーフ&ハーフ

…という、アサダマヲみたいな一杯で場を繋ぐんだドゥ…笑


DSC02466.jpg DSC02467.jpg
もつ焼きの旨味をマヲちゃんで流すんだドゥ。


狭い店内、隣り合わせればヲトモダチ
DSC02469.jpg
非常に気分のいい兄 3 方とぱんぱ~い

我々が潜伏したのが17:00(ヒトナナマルマル)時チョイ過ぎ。

この兄 3 達、初めて訪れたという赤羽で14:00(ヒトヨンマルマル)時頃から引っ掛けていたという。


「いや、いいッスねぇ、赤羽 !! 本ッ当、サイコーですよ !! 」


完全に出来上がっていた彼等、本当に気持ち良さそうだドゥ…笑


ヲ店のママ 3 にやたらと勧められたのでヲーダーした、
DSC02470_2015071116361329c.jpg


…。


…なんだっけ? (← どぅくし )


なんちゃら春巻だったか、肉巻きだったか…?


ヲススメだけあり、安価だったし美味しかったのは紛れもなく


賑わう店内。
DSC02471.jpg
大久保佳代子 3 にクリソツな姐 3 もカウンター内で忙しく、かつ的確に立ち回る。


まさしく「赤羽の関所」とも言うべき「まるよし 3 」を堪能した我々、気分のサイコーチョーだった兄 3 達との再会を期しつつ、ヲ店を後にした



この後、 カーノさん の奥方・ルリ姉と合流、メインの りっちゃん家 「川栄」に潜伏…。



んで。

ルリ姉をヲ迎えといて一軒では済まない。

それに、 カーノさん が騒ぎ足りない…笑


りっちゃん家の後、我々が安心して騒げるヲ店、
DSC02515.jpg

八起


…に潜伏


2階に忍び込んだ我々、
DSC02500.jpg
レモンサワワで仕切り直し !!


… 最近、カーノさん がビール一辺倒からシフトチェンジした…
(↑ じぇじぇじぇ )


もう、ここまで来ると酒肴は関係なくなるのだが、
DSC02506_20150711163955409.jpg
まぐろ納豆


…とかを美味しく頂戴してたりする。


我杯はそこら辺に合うように、
DSC02513.jpg
ヲ酒を頂戴したりする訳ですなっ


赤羽の元気が凝縮された「八起 3 」。
DSC02512.jpg
店内は多くのサラリーマンが、その日の疲れを癒し、活力を摂り込む


酒場無くして世界の経済活動は有得ない。


そう、酒場は『正義』なのだ !!



…酒場にいて感じる感覚は…

我杯は『白』の中にいるということだ…。

日常は『黒』 !!

酒場は『白』 !!

『黒』と『白』がハッキリ分かれて感じられるぜッ !!

…傷ついた体でも勇気が湧いてくる…

『正しいことの白』の中に俺はいるッ !!




…てな、フランス出身のスタンド使いみたいな思考に浸っていたら、今回も見付けてしまいました !!



こんにちは。

「ジブリで一杯 Collection」の時間です。

これは、ジブリ・アニメをこよなく愛する我々が、その名場面をヲ店の小物を利用して再現していくという、クラフタバル・イマジネーションなコーナーです


今回は、全ての台詞が名言金言、「天空の城ラピュタ」からです。




今回は我杯がミヤザキハヤヲ
DSC02510-1.jpg
「団長、コレは何ですか」


見たまえ、ワモノ君  カーノさん …。
これはだね、物語の大団円で飛行石を抱えた大樹が空高く昇っていくシーンを

完全再現

…したものなのだよ。
(↑ 総統口調)


ホレ、コチラ
bandicam 2015-07-11 23-15-46-426




コヤツを当バカモノ・ブログなりに再現するとだね、
rapta.jpg
こうなるのだよ…笑






…待てよ。





これはどっちかと言うと、ラピュタより

「宇宙に漂う マモー の脳ミソ」

じゃあ内科 !?

nou.jpg
↑ コレ。


…コイツを当バカモノ・ブログなりに再現すると…
mamo-nou.jpg
こうなる…笑


…なんか、「元」よりカッコヨクなってしまった…笑



もちろん、最後は
DSC02516_20150711164000875.jpg
恒例、名残の一本。


赤羽駅前には我々に似たような同胞がやはり同じ事をしでかしているので、心置きなく楽しめる。
(↑ ははは)


とっとと帰ればいいモノを、愚にもつかないやりとりで時間を過ごし、ようやっとの解散は何となく終電近く…



我杯は別れた後、乗り過ごしを恐れてフラフラながらも座席に座らず、何とか帰還…



…したのだが、 カーノさん は…





…いや、ここでは語るまい…





owari_201406291758074cf.jpg
バカをやる 愚行的りふれぇぇぇん

【緊急報告】 聖地巡礼52 ~赤羽・川栄~

いつもヲ世話になってヲります。

「武蔵小山 篇」の途中ですが、急遽、番組内容(← ?)を一部変更してヲ送り致します。


gogogogogo.gif

ヒサブリの聖地、赤羽



DSC02462.jpg
平日のまだ明るい内に到着。

何故か。

会社をズルして早引けしてきたからだ…笑(← どぅくし )


今回は何度もアシを運びながら、満席で潜伏出来なかった「アノ店」にようやく訪れることができた



その一軒とは…
DSC02498_2015042917292454b.jpg

川栄


赤羽の超絶有名店 !!
DSC02499_20150429172925da7.jpg
我らが 吉田類 先生 、「ヲんな酒場…」の 倉本康子 様 も御降臨されている。


酒場放浪記は勿論、様々な番組やメディアで紹介されている老舗。

普通にアシを運ぶと、まず入れない。


今回も4、5日前に予約を申し込んだのだが、満席…

夕方の開店時間18:00(ヒトハチマルマル)時の僅かな空き席を狙って1時間前にヲ店の前に並ぶが、案の定、我杯の直前の順番待ちで満席に…

席が空き次第に連絡を入れてくれるというので、番号を伝えて待つ事1時間半…。


連絡をもらって、ようやくの入店


細長い入り口を抜けて、小さな卓に通される。


この「川栄 3 」の推しメニューと言えばこの、
DSC02473_201504291729274d4.jpg
珠(ホロホロ)鶏料理 !!


これを食さずして「川栄 3」は語れない !!



※ ホロホロ鶏…
8212.jpg
キジの仲間らしい。
主にアフリカ大陸は下半分の草原や森林地域に生息しとるそうだ。
日本には江戸時代にヲランダ船によって持ち込まれたらしい。

その時の使われていた名称「ポルポラート」が和名の由来みたい。

フランス料理では有名な食材だそうだが日本では気候の関係で飼育が難しいらしく、我々日本人向けの料理のレパートリーは、今のところ焼き鳥などに限られちゃってるらしいっス
(↑ 以上、曖昧解説…笑)


そして、今回の共犯者は…
DSC02474_201504291733543a4.jpg
毎度ヲ馴染み、 カーノさん 夫妻。
(↑ 頻出。毎回毎回の呼び出しで申し訳ない…笑)

夫妻は生ビール、我杯は日本酒。
銘柄は 蔵 大吟醸(福島県・(有)峰の雪酒造場)を頂戴する。


とってもウレシイヲ通しは、
DSC02475_20150429173356f11.jpg DSC02476.jpg
合鴨ロースト。

流石は鶏料理が看板、ヲ通しからテンション高くなる !!


コチラは聖地なので、
DSC02477.jpg
吉田類 先生 の御足跡が。

…最初、「味は人なり」「味はんなり」と読んでしまった。
先生、 何故、京都なのですか !? と…笑


はたまた、ヤッコ 3 や、グルメリポートのネ申、
DSC02491.jpg
石塚英彦 先生も御来店。


隣のサインは…指 3 だ !!
(↑ 指 3 が「川栄 3 って…笑)


さて !!

早速にこの「ホロホロ鶏」メニューを堪能せねばならない !!

店員 3 にヲススメを尋ねてみると…

「盛合せ3点盛り¥1800-がございますが、これにもう2点追加した5点盛りもヲススメです」


5点盛ですか。

でも珍しいヲ料理ですし、けっこうイっちゃうんじゃないですか?

…5点盛のヲ値段…いくらですか?


「¥2200です」


うん、ちょうどいいっ
pon.jpg



そして供される、
DSC02479.jpg
ホロホロ鶏5点盛 !!

美しい !!
たたき、ハツやモモ肉の刺身、レバ(← これは蒸したんだな)が皿上にて色鮮やかに…
(↑ だったのだが、どうにも照明が原因で色合いがイマイチ…)

我杯的にレバが超絶うまたん !!

レバなんて焼く調理法しか知らなかったが、そうか、あん肝ライクにやってみればいいのか。

今度、自家製にチャレンジしてみやう


コチラは通常の鶏で、
DSC02484.jpg
皮串をタレで頂戴する。


とろっとろ の くにっくに で、ノド越し感触サイキョー !!


更に、
DSC02485.jpg
レバ串をタレで。


もう一皿に、
DSC02486.jpg
ぼんじり串、コチラは塩で。

レバ串は特に大きめで、食べ応え充分 !!


…ところが、 カーノさん はモツ系統の料理がイマイチ食指が進まないタチだったようで…。

独りで喜んじゃって、さぁ~せぇん


次なる杯に、
DSC02489.jpg
常温でもう1本。
今度は本醸造・辛口


そして、もう一つのメインディッシュ、到着 !!
DSC02492.jpg
うなぎ 白焼き。
(↑ やっぱ、色悪いわ…)


もはや、高級食材ですがね、
DSC02494_20150429173809619.jpg
ここまで来て、看板メニューは素通り出来ませんやね。

わさび醤油で仲良くシェア
やっぱ、日本の食卓にウナギは欠かせませんわ。




ところで、ただ呑んで、騒いでいるワケではない。

「川栄 3」の落ち着いた雰囲気の中、我々は日本の内患外憂について熱く論議を交わしたのである。


先ずは カーノさん 。
現在の福祉・介護現場の問題点を大いに斬りまくる。
DSC02483_2015042917381105d.jpg
(↑ 修正するんだから、表情は要らないって言ったのに…)
「ボクチャンが思うにですね、現行の介護制度ではこの先満足出来るようなサービスは提供出来ないんですよ。

人手、施設、それに対する報酬…。その全てが諸外国のそれに大きく遅れを取っている。

ここで気付いて欲しいのはですね、『老い』は誰にでも平等にやって来る、ということなんですよ。

この事を念頭に入れればですね、現状は実に憂うべきものなんですよ。

解決の為に我々は何が出来るのか。

ニンゲン、地域、支え合い。そして、地球…。

多くのヒューマン・パワーが今こそ必要なんですよ。

もっともっと、我々は真剣(マジ)になってこの問題に取り組んでいかねばならないんですよ」



DSC02490_20150429173812e4e.jpg
酒場逃亡記・主宰、我杯こと 隆軒 一郎 も現在の人心の乱れを大いに憂う。

「現在、世界では実に様々な犯罪が分刻みで多発しています。

これは、我々シトの心の中から『信心』が失われつつある事に他ならない。

信心とは即ち、自身より大いなる存在に意識を向けること。

宗教に於けるネ申や、または大自然に向ける意識の事です。

しかしそれは、宗教活動に傾倒するということではありません。

言わずとも、我々は大自然の恩恵に与って生きています。

そして、シトは昔から大自然をネ申として崇め、奉ってきました。

自然=ネ申、と考えてもいいでしょう。

裏を返せば我々は自然無くしては生きていけない、ちっぽけな存在だということです。

しかし、その大いなる『手のひら』の中で、我々は何が出来るノカ…。

それを知る為に必要なのは、敬い、礼節、そして、手段としての辛抱の精神です。

尊敬、感謝、忍耐。そして、地球…。

これこそは我々現代人が地球全体規模で考えていくべき問題なのです」





我杯は呑み歩きを通じて気付きました。

これからは、もっともっと周辺の事柄に意識を向け、様々な問題課題について発信していかねばならない、という事に。


これからこの「酒場逃亡記」はこうした問題に取り組み、皆さんと共に考えていけるブログとしてその舵を切ろうと思いますので、宜しくヲ願い致します








…ヲや?



早速にこの「シフト・チェンジ」についての御感想を頂戴しました



神奈川県、R.K 3 からです。










usodarouga_20150429173814662.jpg




…バレたか…

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login