酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


珍怪魚を食べてみよう

いつもヲ世話になってヲります。


今まで、数々の愚行・珍道中を曝け出してきたバカモノ・ブログ・酒場逃亡記でありますが…。


この度 !!


史上、最も奇妙なイベントに参加して参りましたので、報告申し上げます !!


gogogogogo.gif
 DSC08027.jpg
池袋駅ッ !!

東京都豊島区に存在する、JR東日本、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロが集約する駅ッ !!


因みに、この北口より徒歩1分のトコには、池袋演芸場ッ !!

我杯の旧知の噺家、金原亭 龍馬 師匠 がチョコチョコ出演されてるので、ヲ立寄りの際はZEHI !!



…そしてッ !!


今回、我杯が池袋に降臨せしは、


珍怪魚を食べてみようッ !!


…なんてなイベントがあったが故ッ !!



普段、ヲ目にかかることのないヲサカナ 3 達を食してみよう !!


そんなイベントを知ってしまったからには、看過不可能ッ !!


即座に出撃ッ !!

両舷強速、黒二十ッ !!



北口出口から徒歩数分、
DSC08064.jpg
今回の会場。


現場に到着すると、既に数多くの「同好の士」が路上に。


すぐさま、スタッフのシトが、

「ヲ待たせしました~ !!

『珍怪魚』の方はコチラに並んで下さ~い !! 」



…我々は珍怪魚のシトではない…笑


半地下の店内に入り、チェックを済ませると、今回のメヌーが。
DSC08029.jpg
…ぐぬぬ…


どれもこれも、今まで見た事も聞いたことも無いヲ品書きばかり…。



そして、そのヲ品書きの脇には、
DSC08028.jpg
…な、何か、いる…

DSC08037.jpg
アブラボウズ 様 。

DSC08035.jpg
ゲホウ 様 (右)と、ギンザメ 様 。


そして、このイベントのアイドル的存在である、
DSC08036.jpg
ウツボ 様 …。



うわわ…


そう。

彼らこそ、今回のイベントの『主役達』


しっ、しかし…っ !!




だが、期待度は急上昇 !!
agagagagagag
DSC08034.jpg
会場内、適当なスペースを確保、陣取る。


今回の共犯者は、イソップ君


御仁、

チョイと脇道へ外れたジャンルに造詣が深い


我杯のよき理解者。
…笑


先ずは食前酒。
DSC08039.jpg
ぱんぱ~い


今回、嬉しいのは、
DSC08040.jpg
ヲ酒はあるだけ呑み放題。



それでは、ビュッフェ・スタイルで供される料理を見てみよう !!
DSC08031.jpg
ウツボのたたきサラダ…。


まさかのヲ頭付き !!



さっそくに箸を運ぶ。
DSC08049.jpg
…うヲっ !?


初めての食感 !!


強いて申さば、コンビニで売ってるような、安っちぃ鰻重の、

ゴムのような歯応え?みたいな?


しかし、身と皮の間にふんだんに含まれているプルプルの部位が !!


美味い !!



何でも、女性が摂取してウレシイ成分だそうだ。



DSC08032.jpg
ミシマヲコゼのカルパッチョ…。


…やはり、ヲ頭…。


因みに、このミシマヲコゼ 様 。

海中では砂の中に潜み、獲物をひたすらに待ち構える、というハンティング・スタイル。

砂中でただただ、自身の上側を睨みつけている。


なので、その姿は、
DSC07022.jpg
…かように現れる…


ただ、救いなのは、上部を見つめ続けるその姿から、

Star Gazer (星を見つめる者)

…と、ロマンティックな英語名が冠されている点である。


DSC08053.jpg
ギンザメのラグーと春キャベツのパスタ…。


どこにギンザメ 様 が潜んでいたのか…。

言われなければ、美味しいパスタで終わってしまっていたが…

DSC08047.jpg
ヒヲウギ貝のボイル…。


ホタテと遜色なく。


いや、むしろ、ホタテよりコクがあって、我杯はコチラが好きだ。


イソップ君も、

「今日イチバンの当たりメニューです !! 」

…と、大歓喜。




我杯の当たりメニュー。

DSC08048.jpg
アブラボウズの鍋…。


鍋で薄い味付けで供されていたが。


アブラボウズの身をクチにした途端、口中に迸る、

信じられない量の脂という名の旨味 !!


食感は 銀だら 様 に似ているのだが。


銀だら の旨味を水彩絵の具として例えるのなら !!

コチラのアブラボウズ、それはペンキ級 !!



そして、もう一品の当り皿。
DSC08051.jpg
マグロヒレの塩焼き。


っこれが、また…っ… !!



スーパーとかで、マグロのカマとか売ってると思うんですが。


あんな感じで、骨や皮の間に潜んだ身をこそぎ落として食すんですが。


やはり、脂の量 !!


トンデモな量が、


溢れる、滴る、迸るゥッ !!


周りの方々、手やクチの周りをベタベタにしながらも喰らい付かれていましたわ…笑



DSC08050.jpg
アカマンボウのレアステーキ…。


これが、サカナというよりは、鶏肉のササミとか、胸肉辺りを思わせるような食感。

DSC06998.jpg
アカマンボウ 様 。


さて、今回のイベントの仕掛け人がコチラ、
DSC08042.jpg
HOLIDAY JACK 3 (左)。

6年間かけて世界一周を果たした旅人。

その先々で口にした食材を紹介、シトとシトとの繋がりを拡げていく…。


…といったコンセプトのイベントを開催してる方。



そして、もう一人(右)が、さかな芸人 ハットリ 3


…「サカナ芸人」ってぇと、『ギョギョギョ !! 』のあのシトがいらっさるが。


それでも、『サカナ愛』に満ち溢れる情熱から、サカナ・ネタで頑張る。


更には、
DSC08045.jpg
日本さかな検定(とと検)1級の知識で、今回の『主役たち』の解説を。


…さかな検定なんて、あったんだ…。


トライしてみようかな?



ネタを御披露。
DSC08058.jpg
紙芝居風イラストで展開。

笑いながらサカナを学べるネタで会場を盛り上げる。



一言、面白い !!


余りにもメジャーな先駆者 様 がいらっさるが、コチラもどうして !!




ゴアイサツ申し上げ、
DSC08060-1.jpg
ハットリ 3 、ツカミのポーズで2ショット


門前仲町の居酒屋 3 でバイトしとるとのことなので、今度ヲジャ魔女してみやう。




ラストのトドメ、
DSC08061.jpg
アブラボウズ 様 が、ダメ押しで鍋に追加。


イソップ君、ビールの呑み過ぎで既に腹満杯


ええいっ、軟弱者っ !!



今回、頂戴した深海魚とかって、基本、肉食らしい。


そのせいか、どのサカナも脂の量がスゴかった、てのが我杯の所感。


ビールや日本酒では「洗い流せない」旨味成分…。


濃度高めの芋焼酎でちょうどいい。


…もしかしたら、泡盛なんかがバッチリとハマったかも !?



そろそろ、宴タケナワ。
DSC08063.jpg
とにかく目立った、若い女性。


飾ってあったウツボを手にしてはしゃぐシトとかもいて、何と言うか…


まあ、やはり、若い女性には一言、御礼申し上げたいんですよ。
(↑ )



あ~、面白かった !!


解放は午後15時と早かった。



それでは山返し。
DSC08066.jpg
大宮に降り立った



ならば、
DSC08067.jpg
ココであろう。

DSC08068.jpg
イソップ君とは初潜伏。


ヒサブリの大宮。
DSC08069.jpg
相変らず安定感抜群ですな


息を吹き返した筈のイソップ君だったが、
DSC08072.jpg
ウッカリ口にした梅割焼酎で轟沈。


口当たりの爽やかさに騙されて、焼酎の濃度に気付かなかったらしい…笑


それっぽいメニューをツマみながら、
DSC08070.jpg

DSC08071.jpg
今回は無難な時間にヲ開き



…さあ、いかがでしたでしょうか、今回のイベント報告。



次回はどんな企画に顔を突っ込んでやろうかしら?





…そしたら後日、次回のイベント案内が届いた。


『 珍肉BBQ !!

イノシシ、ウサギ、ダチョウ、ラクダ、カンガルー、そして、ワニ !!

普段、クチに出来ない肉のBBQ大会で盛り上がろう !! 』





…え~と…

聖地巡礼48 ~池袋・酒蔵 三福~

(↑ 48 )


いつもヲ世話になってヲります。


いや、我杯もですね、更新はマメにやろう、マメにやろうとはしているんですよ。


ところがですね、世の中には色々とノッピキならない事情というものがありましてですね、中々にコレは難しいトコロなんですよ。


ホレ、ため 盗り 撮りしたビデヲとかも観なくちゃあ、ならないし…。


酒場放浪記とかワカコ酒とか、マジすk…(略)



さて。

何を今更で悪いのだが、我が友人・中Z 氏 が挙式してから早1ヶ月以上…


改めてヲメデトウなのだが、この日、流石なる我杯はやはりタダでは会場にアシを向けなかった。


自宅を出て、大宮駅にて乗換えを待っていると…



をを !!

素晴らしい編成に出逢えましたYO !!


その名も、ジョイフル・トレイン、
DSC01775_20150324213240edf.jpg
宴 様 ですYO !!


JR東日本が全銀河に誇るウルトラ・ヲ座敷列車。


文字通り、車両内のヲ座敷にて、
DSC01778.jpg
宴会が出来るのである。


素晴らしい !!


世の中、宴会こそ全てだ !!
(↑ …ほとんど一刻館の住人ではないか…)


我杯も宴会旅行やってみたいなぁ、と思いながら電車に揺られ、
DSC01779_2015032421324489d.jpg
ブクロに到着。


待ち合わせていた友人・バード 氏 と カネピン 氏 に遅刻をカマし、大迷惑を掛けて我杯の池袋行脚はスタートした。
(↑ すまんかったッス)


式場。
DSC01797_20150324213245024.jpg
ぱんぱ~い


この時、何故か我杯は 心労 新郎の 中Z 氏 を見ながら、ずっとつぶあんの乗った団子の事ばかりを考えていた


結婚式と申さば、一種の同窓会である。
DSC01802-1.jpg DSC01816.jpg
超絶ヒサブリな友人達との再会を楽しみつつ、ヲ酒もシッカリ


もう一つの楽しみと言えば、
DSC01804_20150324220506e65.jpg DSC01812_20150324220506f15.jpg
滅多にあり付けないヲ料理の数々である

ウム !!
素晴らしい「ヲ酒のツマミ達」だっ。

我杯はまたこんな豪華な料理を食べたいぞっ。


また誰か結婚すれ !!
(↑ …)



式会場はサンシャイン60だったので、
DSC01814.jpg
美しい夜景も堪能

我杯はケムリと同じで高い所が大好きなのだが、同席した テジ 氏 はNGだそうで、窓の近くにすら寄り付かなかった…笑





ヲシ !!
今度、皆でスカイツイリー行こうぜ !! (へっへっへっ…)



たぁての糸はあなたぁ~ よ~この糸はわぁたしぃ~



ツツガ無く式は終わり、我杯的にはこれからが本番

我杯の逃亡に ニシ 氏 、コンバ 氏 が共犯してくれた。

そんな二人を引き連れて潜伏したのは…

DSC01848_201503242214321e8.jpg

酒蔵 三福


この直前に「酒場放浪記」にて紹介されていた。

年末年始以外は無休、PM15:00(ヒトゴーマルマル)時に開店しちゃうウレシイ一軒。


聖地へのスピード巡礼が叶ったことに、我杯の呑み魂は歓喜に打ち震える


 吉田類 先生 が降臨された1階カウンター席は満席だったので、2階へと通される。

テーブルへとへばりついた我々、
DSC01831.jpg
ハイ、ヲ疲れ様~

この時に我々が傾けたのは、酎ハイを黒ビールで割った「黒チュー」なる一杯


…まあ、アレだ、我杯的にはホッピー黒だ…笑


何を食うべぇか。
DSC01832_20150324221434859.jpg
豊富な手書きメニューの中から、


DSC01834_201503242214352be.jpg DSC01836_201503242214377fb.jpg
モツ煮込み あん肝 をば

モツ煮込みには、ナンコツ部位も。
それがマタ柔らかく煮込まれていて、味、食感の両方が楽しめる


…あ。

この冬、我杯はあん肝ポン酢を2回、自分で料理したんですよ。

何とか上手く出来たが…

正直プロの味付けには敵わん !!



このヲ店は「やきとん」がウリ。
DSC01837_201503242216280df.jpg DSC01838.jpg
レバ串 たたきナンコツ串 をフラゲ

たたきナンコツ串は、
DSC01839_20150324221630615.jpg
ゴリゴリとしたナンコツの食感にコメカミ部分が疲れてくる、ヒジョーに「食いで」のある1本


ヒサブリな上、ヲ酒もフンダンに入っていたので、
DSC01840-1.jpg
駄トークに花が咲く…笑


「アレ? 俺達って、同ぃドシだっけか !?

…をを !! そうであったか !! 」



なんのこっちゃ…笑


やっぱり同級生は、いつまでも経っても「同級生」なんだなぁ…笑



「やきとん」部位の解説。
DSC01845.jpg
今更ながらに「へぇ~」みたいなものも。


…「シロ」って、具材の色合いからきた名前なのかと思ってた。


流石に池袋、流石に聖地。

もっと杯を傾けたかったが、皆、一斉に

「明日、仕事じゃん…

…と、一気にローギア入ってしまったので撤収…



二人と別れ、一人帰途に就いた我杯、またもや危うく乗り過ごすトコだった…

(↑ もういい加減、学習しようね…)

糸 ~ Hail 2 You ~

ありゃりゃ。

我杯の長年の付合いである友人・中Z 氏 が、



結婚



なんていう、所謂 『修羅の道』へと足を踏み入れてしまった…

やれやれだぜ…

カミ 3 が超絶カワイイのは認めてやるがなぁ !!


色々な機会を !! 楽しみを !!


君は失ってしまったのだよ !!
fhhhh.jpeg

独り身はいいよ?

楽しいよ?

ほ~ら、墓場は冷たくて気持ちいいよ~?



式が終わった直後にだなぁ、
DSC01830-1.jpg
我杯と コンバ 氏 で、二人の晴れの席をジャックしてやったY !! …笑




…あ~あ、ヲメデトウ…

聖地巡礼36 ~池袋・大衆割烹 まるさん~

いつもヲ世話になってヲります。


さあて、いよいよ暑く、否、熱くなってきましたね~

こうなってくると、自分の意思とは裏腹に冷蔵庫にて冷やしてあるモノに手が延びてしまう…



ところで、またもや我杯の同居人である原子力自律型清掃ロボット「ココロボちゃん」が、部屋の片隅で遭難していた…笑
DSC09122.jpg
↑ ロボちゃん


今回は、伯父からもらったCDラックの、ちょっとした段差を感知できず、そこに乗り上げて座礁
gzgz


助け起したら、

「やっほ~



…。

何と きゃわたん なヤツだろーか…



バァァァ~ンッ

池袋ッ !!

池袋とはッ !!

そして、豊島区は池袋の名前にかけて、「ふくろう」を区のイメージキャラクターとしているッ !!

何故かッ !?


それはッ !! その理由とはッ !!
(↑ ジョジョ観た後だと変になる…笑)

何と、豊島区の形を見てみると、羽を拡げたフクロウの形に見えるんですね !!

ほあ
tosimamap.jpg
豊島区全図。

土曜朝のNHKのユるい番組で紹介してますた


…気付いたシト、エライ !!




そんな訳で我杯は、とある休日に池袋にいた。
DSC09124.jpg
シトゴミ、きらぁ~いっ

だけど、独りはもっと きらぁ~い


駅東口の線路沿いにヲわします、
DSC09125.jpg
池袋四面塔稲荷大明神 様 。

シトが多く行き交う雑踏の中に、静かに、そしてチョコン、とヲわします


…大明神、の割には…





さて、何で今回は池袋なのかと申さば、
DSC09129.jpg
我杯のライフワークである「宇宙戦艦ヤマト2199」の原画展やってたんですよ
yamato_03.gif


こらもう、我杯的には絶対に外せないイベントだった訳で…


…え?

開催時期がかなり前…笑?

まあまあ、気侭に更新するのがブログ、てなモンじゃないですか
そこんとこ、ヲッケー ヲッケー !! (バイブス バイブス)



まあ、感動しますた

作品ではほんの数秒しか描写されなかった場面にも実に緻密・綿密な設定がされていて、このヤマト2199が、実にゴイスーな作品であったことを再確認

ヤマトや他の艦艇の設定画なんか、これを元に実物を建造出来るんじゃないか、そんなレベルでしたよ
agag


また、開催は連休時期だったので、会場には我杯と「同好の士」が数多く訪れ、食い入るように展示物に見入る…


サイン入り版画が予約販売されとったんですが、その価格が¥90000-と、いくらマニアの我杯でも手が出せない…


ファンとしては、
keisya.jpeg この作品だけはどうしても手元に置いてヲきたかったが…


…と、展示されてた絵の下には「売約済み」の札がズラズラズラッ、と…

驚いたのは、限定99セット販売なのに、既に50は売れていた…


ヲラにもっとがあれば…



さあ、非力なる我杯は、その涙をヲ酒で押し流す為に とある一軒に潜伏することに。


今回は、
DSC09130.jpg

大衆割烹 まるさん


そう、タイトルからして、我らが 吉田類 先生 が御光臨された聖地である

賑やかな池袋の街に、静かに佇む一軒。
一体、どんなヲ店なんですかね


ふ~む、ふむふむ…
DSC09131.jpg
我杯の大好きなヲ魚メニューが豊富ですよ



暖簾を潜る

DSC09134.jpg DSC09132.jpg
まだ開店間もなかったので、先客 3 は一組。
カウンターに着陸した我杯は、ヲ通しを先ずは生ビールで頂く


をを、見たまえ諸君
DSC09133.jpg
吉田類 先生 の御足跡が。


ヲ品書き1。
DSC09135.jpg
ふ~む、ふむふむ…

優柔不断な我杯は、これだけの品揃えをされると中々に決められない、困ったヤツである



その2。
DSC09136.jpg
日本酒は土佐鶴一種類のみ。


刺身ヲーダーは確実なので、後程にヲ願いすることに。


カウンター席前には、
DSC09137.jpg DSC09138.jpg
色取り取りの具材が並ぶ。


…何にすんべかなぁ、悩んでいたら、店主 3 のヲ声掛けでヲススメを頂戴する事に。

それが、
DSC09140.jpg
三点盛(マグロブツ、活〆石ガレイ、サヨリ)


色々楽しめるので、優柔不断な我杯にはウッテツケ

これらの味覚を、
DSC09139.jpg
土佐鶴の一口でその味わいに輪郭を持たせる。


この時の旬だったサヨリちゃんが、
DSC09142.jpg
盛りの中からチョコン、と顔を覘かせる。

アタマだけになっちゃったけど


活〆石ガレイも、サヨリもツルツルと頂く。
DSC09143.jpg DSC09144.jpg
DSC09145.jpg
ヲイシク完食


我杯がたまたま着陸した座席は、 吉田類 先生 もヲ座りになられた「玉座」だった !! …笑

池袋という喧騒の中に、ひっそりと暖簾を下げる小さな、そして静かな一軒。

確かにヲ酒を頂戴している間は、ここが都心であることを忘れてしまった。


「ヲ客は古くからの馴染みがほとんど」

という店主 3 の言葉から、このヲ店が古くから通い続けるシト達に大切にされ続けてきたことは想像に難くない。


よく使われる言葉であるが、

「時間がゆっくり流れる」

というのは、ここでは本当なのだな、と感じた我杯であった。



もっとゆっくりしたかったが、やはり都心ということでイナカモンの我杯は地に足が着かない…笑
DSC09146.jpg
早々に引き上げよう…




としたのだが、気が付いたら、
DSC09151.jpg DSC09150.jpg
大宮にいた…笑


今回の戦利品を眺めながら、
DSC09148.jpg DSC09149.jpg
煮込みのコクを焼酎梅割りで洗い流す。


「第一、第二、第三空母が仲良く並んでいるのは壮観な眺めだワイ。

我が戦闘空母もアッチの端っこに着陸だッ」
ハンカチを入手したが、吸水性は悪そうだワイ…







…それにしても、展示してあった5、6mはあったヤマトの模型。



欲しかったなぁ…

聖地巡礼25 ~池袋・千登利、豊田屋~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。



…。


ブクロっすね。

訪れたのは…2012年末頃以来なので、半年以上ブリブリかと。

ソロ活動。

今回はですね、「L.A.(えるえー)」の皆さんのライブを観に来たんですよ(嬉)
(↑ 後述)



で、開始の少々前に現地入り、少し呑んでしまうのは、いつものパティーン


なので、今回は 聖地巡礼 として、
DSC02438.jpg

千登利 (ちどり)


…へ、コンニチワ、したんですよ。


周囲は煌びやかなる繁華街、その中にあって、
DSC02437.jpg
池袋の老舗として今も尚。


実はですね、今回が初めてではなく、
DSC02449.jpg
以前(‎2011‎年‎10‎月‎10‎日、‏‎16:40:28時)に1度潜伏しとったんですが、リサーチ不足だったんで、発表には至らず。

下の画像は、その時のものなのだが、

…をや。
Image337~00
前回訪れた時の暖簾は、また違う色だったのね。


で、今回、ようやっとのリベンジなのですわ。
でわ、さっそくに、と暖簾を潜る


店内は白ヒノキの長ぁ~いカウンター席で…13,4席ほどだったかしら?
ヲ店の一番奥には、4人テーブルがあったりする。
DSC02442.jpg
ヲ店奥のカウンター席に案内されて、着陸


カウンター席の上には、
tdr.jpg
立派な額に、これまた見事に黄ばみ、ヨレヨレになったヲ品書きが。


このヲ店に潜伏したらですね、この、
DSC02439.jpg
肉豆腐煮込み をヲーダーせねばなりません

ヲ店入り口近くの、カウンター内に大きな鍋が。
その中で煮込まれる、牛肉とコレデモカ級の大きな豆腐は、これまた絶品…

…ん~、腹の中から、じんわり、温まる…


そこにホッピー黒を合わせたのだが…
DSC02441.jpg

警告 !! 警告 !!



コチラ、取扱注意 !!

多くの店舗ではホッピーに合わせる焼酎の度数は25度ほどなのだが、コチラは米焼酎、即ち米酎、

度数にして 35度 !!


…実は、以前に訪れた、というのは、この池袋にて異業種交流会、即ち、「合コン」 が開催され、「とある武道」のごく一部のフリーな男性数人 で繰り出したことがある
(↑ 参加メンバーの名は秘す…笑)

我杯、事前にこのヲ店に訪れ、ついウッカリ、この高濃度のホッピーをシコタマ浴びてしまった。

勿論、「本番」ではヘロヘロになり、手も足も出なかったのである…
ks.gif


…他のメンバーも勿論、収穫無しですよ (うはははは)



カウンターの上には、
DSC02445.jpg
野菜串が並ぶ。


…ヲ品書きの中に、「鴨」とあったのだが、これはカモネギの意味で、ヲーダーするとネギ焼きが出てくる
DSC02446.jpg
ほあ、こえ。

合鴨串かと思ってヲーダーしたのだが、ネギ焼きが出てきたので、ああ、そうですか…と…笑
他のヲーダーで椎茸、レバーをば



聖地だけあり、
DSC02448.jpg
吉田類 先生 の御足跡が。
「おんな…」では、料理研究家の 栗原 友 様 がいらしてますね。


カウンター内にてキリッ、とした女将さんがビシビシに切り盛り。
それでいて居心地の好い店内は、流石に老舗が醸し出せる雰囲気であるか。
池袋に訪れたなら、是非とも、な一軒であります



軽く酔いが廻ったトコで、今回のメインイベント会場へ



「千登利」のスグ隣にあったライブ会場。
DSC02451.jpg
「L.A.」の皆さん の1st ワンマン ライブを楽しみに地下の会場へ潜り込む。

「L.A.」の皆さん てのは、とある8×6グループの楽曲、その踊りを完全以上にコピーしてパフォーマンスする、5人組のダンスチーム。


そのダンスのキレは、キンタロー。 様 よろしく、本家を遥かに凌駕
更に凄いのは、「実際に歌って」踊る点である…笑


動画サイト「You Tube」で動画がアップされていて、コレによって我杯と カーノさん が受けた影響(← ?)は測り知れない。

うんうん…笑


会場には、本家側から流れてきたであろう、コアなファンが多数


「そんなMIX、知らねェし、打てねェよッ !!」


…っつー位に大いにライブは盛り上がったのだが、華麗なダンスを披露する彼女達の笑顔の裏には、ソーゼツな努力・研鑽があったのだろうと、違うトコで感動…

…また来よう



さて。
ライブで盛り上がった後は、今日の反省会ですよ…笑


池袋駅近くの西一番街通り、てなトコにあった、
DSC02436.jpg

豊田屋


…なる一軒へ潜伏。
華やかな池袋の街にあって、その佇まい、雰囲気が明らかに他と一線を画すッ。
これは潜伏せねばなるまいと、気になったのだ。


そして、我杯の直感はいつもどおり、
DSC02454.jpg
見事に当る

店内はL字カウンター10席ほどの、小さな造り。
煤けた壁面は、昭和レトロを十二分に残した、味のある雰囲気。

目に見える店内全てのものに、セピア・フィルターが掛かっているようである。


カウンターケースには、
DSC02453.jpg
串焼きのネタが並ぶ。


では、コチラでは…
DSC02452.jpg DSC02455.jpg
…って、またホッピー串焼きだよ…笑


ここのホッピー白の「濃度」は正常。
串焼きはハツ、砂肝。
何だか、串の長さが気持ち長いみたいで、ヲ得感に溢れる。


それにしても、こんな雰囲気のヲ店がよく残っていたモンだ。
映画のセットで使われても充分にイケる感じである

店主さんに話を訊いたら、60年超のロングラン、2号3号店も開店して数十年経過するそうである…


池袋が古い街であることを実感させられる…


ところで、先客さんがヲ店を出て行く際に、店主さんが、他店では見られない行動を取った。
今回、我々取材班はその様子を映像に残すことに成功した




…。

何だろう、コレ…。(理由は訊くに訊けず…)
我杯がヲ店を後にした時もコレで送り出してくれた…笑


図らずも、池袋の古参をハシゴした我杯、なかなかアシを運ばないロケであった為、余計に今回の逃亡を堪能出来ましたワイ


L.A.の皆さんにも逢えたし、軽く呑んだ程度なので、明日へのダメージは軽微であろう。

それよか、我杯も実は L.A. のメンバーだったんですよ。

Love Alcohol …笑


…なんて、ゴキゲンな感じで帰途に就くと、あの KTJM兄さん から「亀戸で呑んでる」、つーメールが飛んできた


…。


我杯、他からこのような連絡を頂戴すると、必ず思う事がある。




「このシト、また呑んでるよ」





…え?

我杯には言われたくない?

そら、失礼しやした… !!

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login