酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


侵略者と呑め !! 後篇 ~ 川崎・怪獣酒場、そして… ~

(前回までのあらすじ)


神奈川県川崎市「怪獣酒場」に宇宙人・怪獣が集結し、地球制服を企てているという。


事の詳細を調査するため、潜入捜査を開始した我ハヤタ隊員が見たものとは… !!



「怪獣酒場」の店内にて、とある怪獣の後姿を目撃した我ハヤタ隊員(我杯)。
DSC06260.jpg
この怪獣の登場こそ、本日のメイン・イベント !!


大座敷「怪獣無法地帯」に上陸してきたのは… !!
DSC06264-1.jpg
亡霊怪獣 シーボーズ !!


身長 40m 体重 3万t

宇宙にある怪獣墓場よりさ迷い出て地球に来た。
普段はヲとなしいが、ミサイルやジェット機を手で払いのけられる程の怪力の持ち主。
頭は弱く、少々まぬけな怪獣ではあるが
、性質は無鉄砲で恐いもの知らず。
(小学館刊『ウルトラ怪獣全百科』より抜粋)


…散々な言われよう…笑



誤って地球に落下してきたシーボーズだったが、ただひたすらに元の居場所、即ち『怪獣墓場』に還りたがる姿が描写されたエピソード。


劇中、ビルによじ登り、空を仰いで慟哭する様は、非常に強い郷愁を感じさせるものであった。


地球上の文明・社会に一切害意は無く、『怪獣=破壊の使者』という図式を打ち砕いた稀有な存在である



「…え…何だって !?
waga-hayata.jpg
この席に居合わせた者は、シーボーズと一緒に写真が撮れる、だって !? 」


ウルトラ世界に憧れるシトとして、こんなウレシイ事はない !!



全隊員、シーボーズを包囲セヨ !!
DSC06267-2.jpg
パシャ📷


この場に居合わせた全てのシト達がこんな感じで大歓喜。




…まさか、宇宙人や怪獣の真の目的とは、こうやって我々地球人の心を奪うことだったノカ !?



卓上には新たな怪獣が出現 !!

エレキングのアイスクリーム


…ううむ…実に…実に… !!


エレキングじゃあ、ないか !!



添えられた青いジェリーは、エレキングやピット星人が潜んでいた木曽谷・吾妻湖をイメージしたものか…?


芸が細かい !!





b0003180_1873919.jpg
宇宙怪獣エレキング

身長 53m 体重 1万5千t

普段は小さなトカゲのような生物で、ピット星人のペットにされている。
頭の角で指令電波を受けると巨大化し、暴れ回る。
口から放たれる放電光線はカミナリの数倍の威力を持ち、長い尻尾を相手に巻き付け、50万ボルトの電流を流して感電させる。
(小学館 刊『ウルトラ怪獣全百科』より)


通常、『眼』の部位にあたる箇所から、クルクルと回転する角が生えているのが実に特徴的である。


「頭には眼が2ツ付いている」という固定観念を見事に打破した造形であり、当時の製作スタッフの方々の創造力には、ただひたすらに頭の下がる思いである。



今まで様々なヲ酒を呑んできたが…


遂に本気になった侵略者達と決戦の時が訪れたようだ !!
DSC06268.jpg
人気一 地球侵略 特別侵略仕込み


…が、我が手元に送り込まれた !!


メフィラス、ガッツ、メトロンの三大星人が醸したという日本酒である。
DSC06269.jpg
そして、これがまたイケル… !!



旨いツマミに美味いヲ酒に酔い痴れるS.A.K.E.メンバー…


これは侵略者たちの、我々の弱点を衝いた作戦勝ち。


最早、地球は征服されたも同然なのか… !!


この状況を打破する為に、店内を捜索。


しかし、ヲ一人様用カウンター席は既に怪獣たちによって制圧されていた… !!、
DSC06272.jpg
『セブン』怪獣。


DSC06273.jpg
『帰ってきたウルトラマン』ケース。


一番手前に立つのは、巨大魚怪獣 ムルチ


この怪獣が登場するエピソードは、ウルトラ・シリーズの中でも屈指のトラウマ話…



差別・偏見による多から個への排他的攻撃…。

そして、救済、解決のない結末…。

ウルトラシリーズは、現代にも通ずる社会問題とも戦っていたのだ !!



カウンター席の頭上には、屈指の人気を誇るアイツ !!
DSC06275.jpg
古代怪獣 ゴモラ

…のヘッド・スタチュー !!


ゴモラほど、全てに於いてパーフェクトな怪獣はいない !!


そして、一度は観てみたい !!


王道怪獣同士の激突を !!





ゴジラ vs ゴモラ





…と、我ハヤタ隊員(我杯)は思うのだった。
(↑ 大興奮)



再び、怪獣仏壇前。
DSC06276.jpg
地球より遥か、M78星雲まで響き渡るウルトラ木魚。


心静かに叩けば、怪獣達の冥福も安らかなものに…


…ではない !!



「よくもやったな、ウルトラマン !!


これは怪獣達の恨みを晴らすために叩くものなのだ !! …笑



いよいよ、我々のカラータイマーが点滅を始めた。





店内には、
DSC06279.jpg
かつて、地球の平和を守り抜いた防衛隊やウルトラ・シリーズのヒーローの色紙が… !!



フジ アキコ隊員、モロボシ ダン、アンヌ隊員…



ををを…っ !!
DSC06280.jpg
北斗 星児 … !!



ウルトラ・マンガの第一人者、
DSC06282.jpg
かたおか徹治 先生。


これは何と重々しい。
DSC06283.jpg
確かなタッチのバルタン星人。


…このまま掛け軸にして和室に飾りたいモンだ…。
(イエスタデイ)




店内の特設(?)スペースを垣間見る。


何でも屈指の謀略宇宙人、メフィラス星人と「談話」出来るらしい。
DSC06281.jpg
…と、残念ながら、この部屋には「誕生月」のシトしか入室出来ない…凹



…5月に来よう… !!





入り口にあった「ジャミラの真実の口」を試す。


そして、我ハヤタ隊員(我杯)がM78星雲の出自であることがバレてしまった !!


途端にジャミラの双眸が光を放ち、手に噛み付いた !!
DSC06284.jpg
(↑ 敢えて歓喜のアホ面をさらす)


同時にジャミラの「鳴き声」も発せられるのだが、やはり、切な気な響きがある…。




『ボェェ~』




何とか怪獣酒場より脱出した我々だったが、
DSC06285.jpg
入り口前には長蛇ならヌ、ナース級の列が !!


こ、これは… !!


侵略者達の吸引光線に吸い上げられているに違いない !!


くれぐれも洗脳されないように注意してくれ !!




一気 隊員の奥 3 と娘ちゃんは一足早く帰還


残ったメンバーで、「怪獣酒場」での戦いの労を労うべく、タッキー隊員が目星をつけた一軒にアシを向ける。



…ヲヤ…???



…この風景、既視感があるぞ…???



そして気が付いたら、
DSC06286.jpg
大衆酒場食堂 丸大ホール本店


…で、呑み直していた !!



そう !!


このヲ店は、我ハヤタ隊員(我杯)が、他のメンバーと合流する前に立ち寄った場所 !!



同じヲ店へ一日に2回も潜り込もうとは、異次元人・ヤプールの計略に嵌められてしまったか !? 



今回の調査報告発表。
DSC06287.jpg
「ヲ酒を呑むと酔う」


…というのが、今回の調査で判明した項目だ。
(↑ 今さら何を)



しかし、このヲ店、
DSC06288.jpg
昼夜関係なく大勢のシトで賑わう。


DSC06291.jpg
何処にでもあるメニューもまた、気安く利用できる要素の一つである


まさに大衆酒場の王道を行く。
DSC06292.jpg
だが、こーいったヲ店はあるようで実は中々見当たらない。



川崎という場所は、シトを引き込む「キケンな場所」が数多く存在するようだ。


これからも継続調査の要、アリである !!



帰途の山手線、PM21:00頃。



「これまた(怪獣酒場には)行かないといけないねぇ」


…なんて話をしていたら、車両が緊急停止 !!
DSC06294.jpg
車内の照明、冷房は落とされ、一気に温度が上がり始めた…


何事か !?



いや、それよりも、冷房だけはつけてくれ !!


容赦ないJR東日本の仕打ちに耐えていると、車内放送が。


「ただ今、線路に侵入者がありました為、安全確認を行ってヲります…」




程なく車両は走り始めたが、それにしても侵入者だって… !?



「侵略者」、じゃあないノカ !?




気を取り直し、
DSC06301.jpg
名残の一本
(((((笑)))))



我々のカラータイマーが再び光を取り戻した瞬間…。



こうして、我々S.A.K.E.メンバーは一先ずの戦いを終えた。



しかし侵略者達は、次々と新たな手段でその作戦を投じてくるに違いない !!



地球の平和を守るため、我々は幾度となく「怪獣酒場」に突入しなければならないだろう。
(↑ 遊びたいが為に…笑)


真の平和が訪れるその日まで !!


負けるな、S.A.K.E. !!



つづく…?



侵略者と呑め !! 前篇 ~ 川崎・怪獣酒場 ~

今、我々が住む地球は、実は重大な危機に見舞われている…。


我々の知らないところにて宇宙人や怪獣が暗躍し、虎視眈々と地球征服の機会を伺っているのだ… !!



そんな彼等の謀略から、地球の平和を守る為に身を投じる勇者達がいる !!


宇宙人・怪獣による非常事態に対する特殊部隊、


Super Agent of Kaiju Emergency


シト呼んで、


S.A.K.E.


…である !!

(↑ ナレーション:石坂浩二)




sake-East-base.jpg
S.A.K.E.極東支部



「キャップ !!
U11216.jpg
神奈川県川崎に宇宙人や怪獣が集まり、地球征服を企てているという情報をキャッチしました !! 」



「うん、ホンマですか !? 」
ikoi-yuihan.jpg
S.A.K.E.極東支部 キャップ  リクヤマ ユイ

「エラいことやん、それ。

急いで調査に行かなあかんなぁ…。


我ハヤタ隊員 !! 頼まれてくれはる?」



「ハイッ、キャップ !! 」
waga-hayata.jpg
S.A.K.E.極東支部隊員 我ハヤタ 隊員 (我杯)


「早速、調査に行ってきます !! 」


「調査、言うても相手は宇宙人、怪獣や。

油断しはったら あかんよ?



…いや…待ってな…。


イチイチ調査やなんて、邪魔くさくないやろか?」



「…どーゆー意味ですか、キャップ ?」

 
「いやな、いっそのコト先手必勝 !!

コッチから先制攻撃仕掛けるいうんはどないやろ?」



「…結構、ヲラヲラなんですね、キャップ…


で、何か、方法はあるんですか?」



ikoi-yuihan.jpg
「はいはい、任せて下さい !!

まだ、どこにも無かった斬新な作戦、講じてあります !! 」



「ヲヲっ、それはスゴイ !!

それはどんな作戦ですか?」




「うん、プラレールをな、」


「…ぷられぇるぅ !? 」



「プラレールをな、爆装して宇宙人や怪獣にぶっつけたるんよ」


「…どうやってですか…???」



「ほな、コレ見てなっ」

「…な???

これなら、どんな怪獣もコロイチやがな」



「…『どこにも無かった』って、キャップ、もうこれは既出なんですが…。


第一、相手が違いますってば。

確かに怪獣ですけど、ゴジラの相手は巨災対に任せた方が…」



「うん? ホンマですか !?

えぇ手やと思たんやけど…」



「まあ、そもそもプラレール持ち出してること自体に無理ありますから…笑

では、行って参ります !! 」




「…あ !! 待って、我ハヤタ隊員 !!

…一つ頼みがあるんやけど…」



「…はい、何でしょう?」



「向こう行きはったら、ケイキューの写真も撮ってきてくれはる?」


「…ケイキュー…?


それって、京浜急行のことですか?


…何でまた?」




「我ハヤタ隊員…『シン・ゴジラ』観はったやろ???」


「え…ええ、2回観ました。

せめて、あともう一回、と思ってるんですが…」

(↑ ははは)


「そないなら分かるやろ?

冒頭部分でゴジラにイキナリ蹴散らされとったやんか、京急。

アレ観て、

『嗚呼っ !! 可哀想な京急 !! 』

…って、思たやろ?」




「…可哀想???」


「せやから、せめて写真
くらい撮っといたらんと、と思てな。
ikoi-yuihan.jpg
…頼んますえ?」


「…は…はぁ…。

…では、行って来ます…





「…前振り、長過ぎた…


でも、キャップ、シン・ゴジラの感想言えるなら、電車突っ込ませる作戦がヲリジナルじゃないのは分かるだろうに…。

やっと着いたぞ、京急川崎駅前…。


…うん???

今回、共同作戦のタッキー隊員と 一気 隊員は既に先行している だって !?


場所は駅から歩いて5分…


…あ !! ここだな !! 」




我ハヤタ隊員が目にしたのは、ビルの地下一階にあるという、
DSC06220.jpg

怪獣酒場


…だった !!


「怪獣、宇宙人が夜な夜な集まっては地球征服作戦を企てているだって !?


一体、どんなヤツラが…



…あっ !!
DSC06221.jpg
イキナリ、入り口に ジャミラが !!

…なに?


『ジャミラの真実の口』、だって !?


防衛隊関係者や光の国出身の者は噛み付かれるから注意 !! だと !?」




戦々恐々と店内奥に進み、無事に合流した我杯、
DSC06222.jpg
今回一緒の作戦に参加した 一気隊員の奥 3 と娘ちゃんにゴアイサツ


一気隊員の奥 3 と我杯は同年代なので、ココラ辺の話は共有可能なのだ


しかも、まだ小学生の娘ちゃんも、やたらとウルトラ怪獣に詳しい。




これは頼もしいパートナーだ。



今回、作戦実行の舞台となったのが、このアジトのいわゆる大座敷。


通称、怪獣無法地帯 !!


そこには、
DSC06225.jpg
同じ目的の勇士が数多く集まり、それぞれの作戦を実行していた !!


皆、『本気』で嬉しそうな表情だ…笑



こ…この雰囲気… !!
DSC06226.jpg
今までにない、感動を通り越した『何か』に包まれているッ !!


まるで、メトロン星人の幻惑剤を吸ってしまったかのような感覚だ !!


こ、こいつはヤバいぞっ !!
DSC06228.jpg
この座敷、ウルトラ怪獣に完全に包囲されている !!



運ばれてきたジョッキには、
DSC06231.jpg
ウルトラ怪獣が既に潜んでいた !!


左からドドンゴ搾り、ジャミラ ドライ、ウルトラ ニセ生 ジョッキだ。


ドドンゴはキリンの麒麟に酷似しとるし…笑

ジャミラは「ドライ」の意味が違うような気がするが…。


いわゆる、ウルトラマンではない !!
DSC06232.jpg
ザラブ星人が化けた『ニセ・ウルトラマン』がモチーフのジョッキ。
(↑ 中身は本物の生ビールだ)


一気隊員の娘ちゃんは当然ながらヲ酒は呑めないぞ。
DSC06229.jpg
…と、コレで安心だ


し、しかし !!


これだけの怪獣・宇宙人に囲まれてしまっては、もはや変身するしかない !!


みんな、力を貸してくれ !!
DSC06233-1.jpg
ウルトラ・タァァァ~ッチ !!



um-hensin.jpg


um-hensin.jpg


um-hensin.jpg


(ずず~ん)
bandicam 2015-12-05 00-57-34-316
へあ”っ !!


説明しよう !!


βジョッキを光らせる事により、我ハヤタ隊員はノミトラマンへと変身する !!


ノミトラマンは女性相手では3分だが、ヲ酒がある宴会では延々と闘い続けることが可能なのだ !!
(↑ 下ネタ…笑)


ニセ生をやっつけた !!


次の杯はイキナリの強敵が登場 !!


怪獣ドリンク、
DSC06237.jpg
宇宙恐竜ゼットンの「The“最強”」


ゼットン。


もはや、説明不要であるが、敢えて…

後述しよう !!



一方、一気隊員は、別の怪獣(ドリンク)と格闘中だった !!
DSC06240.jpg
双頭怪獣パンドンの「火焔トロピカル」



…なるほど、添えられたトウガラシが怪獣・パンドンの双頭に見えるぞ !!



そこへ、飛来する円盤状の物体、アリ !!
DSC06242.jpg
宇宙竜ナースのトルネード・ソーセージ !!


ワイルド星人を乗せて宇宙飛行する際の、ナースの円盤形態を模した一皿。


こんな見応え&食べ応えのある皿は初めてだ !!


次々と現れる怪獣達に苦戦する我々。



更に我々のテーブルだけではなく、ほぼ全部と言っていいテーブルに同時出現した、
DSC06244.jpg
ツインテール フライ

「グドンの大好物「ツインテール」の味にそっくりな海老。
大海老2尾を生ベーコンで巻いたジャンボエビフライ」

(↑ 怪獣酒場HPより)



酔い子のウルトラ怪獣ヲール百科

b0003180_1101026.jpg

古代怪獣 ツインテール


「副都心新宿の工事現場から卵のまま発見された。

孵化直後のツインテールはエビのような味で美味しく、怪獣グドンの大好物である。

マット・バズーカの攻撃で両目を潰されたところをグドンに食べられてしまった」
(小学館・刊『ウルトラ怪獣全百科』より)

p004.jpg
ツインテールの天敵・地底怪獣グドン。



いやはや、これはグドン、怪獣の気持ちが理解出来るぞ !!

DSC06247.jpg
プリプリの大海老2匹をベーコンで包み、サクサクに揚げた逸品 !!


本当に美味い !!


…なるほど、グドンは『味』を知っていたグルメ怪獣だったのか…



この怪獣酒場のスタッフが宇宙人の手先にされているようだ。
DSC06248.jpg
このスタッフを洗脳したのは、この服装からして…


24178_original.jpg
三面怪人 ダダ

…に相違あるまい !!


怪獣達に完全に包囲されてしまったようだ…。
DSC06249.jpg
各々、目に入る怪獣からのウルトラ・エピソードがこれでもか、と口を衝く


いけない !!


 タッキー隊員がピンチ !!
DSC06250.jpg
日本酒『純米総攻撃』の攻撃に晒されている !!


我杯も一口、応援に駆け付けたのだが…


美味い !!




恐るべし、怪獣酒場。


どうやら、名前を借りただけの「キワモノ」ではなかったようだ…




作戦を立て直す為に、一時戦線離脱しようとした我杯の前に、
DSC06252.jpg
クール星人が出現、行く手を阻む !!


ウルトラの宇宙人の中でも屈指の頭脳派であるクール星人。


ウルトラセブンの力を借りて、
DSC06253-1.jpg
ワイドショットで対抗 !!


…したのだが、構えが逆だったので不発 !!



いかん !!
DSC06254.jpg
さっき腹に収めた筈のナースが復活している !!


この際だ、願いを叶えてもらヲう !!


「ヲギノ ユカ 様 みたいなカワイイ実子が欲しいのですが…」
(↑ 神龍と違う)


しかし、地球陣営もただ戦ってはいない。
DSC06257.jpg
激闘の末、倒した怪獣達の菩提を弔う気持ちも持ち合わせているのだ…


日蓮系仏式供養を模したこれは、実際「ウルトラマン」第35話『怪獣墓場』で登場した場面を再現したもの。


そしてこれは、

『とある重大な前フリ』

…であったことを、この時の我杯は知る由も無かった…。


店内にトイレが無いので、店外の設備に頼る。
DSC06258.jpg
うヲっ !?

テレスドンをはじめ、多くの怪獣、星人がここにも !!




そして、遂に出現 !!


ウルトラマンを倒し !!


怪獣歴史に燦然と『最強』の名を残す !!


宇宙恐竜 !!
DSC06259.jpg

ゼットン !!

『宇宙恐竜 ゼットン

身長60m、体重3万t

口から吐く一兆度の火球、スペシウム光線、八つ裂き光輪をも跳ね返す電磁バリヤー。

怪力、テレポート能力…。

ウルトラマンを倒した最強怪獣(恐竜)』



入り口に轟然と立ちはだかるゼットン。


…実は我杯、来店時にこのゼットンの存在に気が付いてなかった…




ゼットンまで現れた !!


早く、仲間の元に戻って新たなる作戦を練り直さなくては !!


テーブルへと急ぐ我杯の前に…
DSC06260.jpg


「…あっ !!
waga-hayata.jpg
こ、この後姿は、まさか… !! 」




またもや出現した新たなる怪獣 !!



その正体とは !?




その正体は次回で明らかになる !!



待て、次回更新 !!

 


つづく



…あ~、疲れた…

聖地巡礼66 ~ 京急川崎・大衆酒場食堂 丸大ホール本店 ~

いつもヲ世話になってヲります。


流石はデーモン小暮閣下。
bb20160909_ym_daemonkakka-w500_0.jpg
(画像:日刊スポーツ サイト記事より)


広島カープの25年振りのリーグ優勝を受け、球団が優勝した際に行われる『ビールかけ』について一言呈されていた。



広島カープのファンであらせられる閣下は御自身の悪魔的ブログの中で、以下のように御言葉を述べられた。

(以下、要約)


『 広島カープは他の球団とは一線を画す「市民球団」

全員が全員をカバー出来る魅力のある球団である。

ビールはあくまでも食品。

飢餓に苦しむ多くの国と地域を慮るべきである。

また、食品を粗末に扱う、という観点もあるが、地球によって生かされている人間は、神羅万象の恵みに対して謙虚であるべき。

「金持ち球団的な慣習」を断つ大英断に期待する 』







…流石は我杯が心底より信奉、敬服申し上げるデーモン閣下。


視点・論点が悪魔的なレベルで『シン』を衝いている。
(芯、心、真、深、鎮…)


我々、酒呑みは常々、『酒は血の一滴』と口にする。


その観点から見るに、ビールかけ とはただただ、


勿体無い



…行為。


そして、広島という地は、過去の大戦によって完膚無きまでの被害を被った場所。


そこから完全以上の復興を成し遂げた地であるからこそ、過去の犠牲を慮り、派手な演出は配慮すべきである。



…との閣下のヲ考えに、我杯は心底から打ち震えた。


今、現在がどのような過去を辿って形成されたのか。


それを再考するに、実に深長な御発言である !!


これを鑑みれば、カープの皆さんもビールかけなんぞ…



bandicam 2016-09-11 18-12-56-583
…って、あらぁ…



bandicam 2016-09-11 18-13-40-472
優勝、ヲメデトウございます…




…。

イキナシの川崎大師駅 !!


京急大師線、京急川崎駅から3ツ目の駅。


その名の通り、厄除け大師として知られる、


真言宗 智山派 大本山 金剛山 金乗院 平間寺


…を擁する駅であり、
DSC06173.jpg
駅前からは参道に続く道が延びる。


ノンビリ、と大師 様 に向かう
DSC06174.jpg
…この日も暑かったなぁ…



この道の途中には、我等が 吉田類 先生 が降臨された聖地、
DSC06175.jpg
篭屋

…がヲ店を構えていたのだが…


何やら入り口脇に張り紙が。
DSC06176.jpg
…Holy Shit… !!


潜伏を謀っていた『聖地』に潜伏出来ズに閉店されてしまうと、やること無くなっちゃうっつーか。


何つーんスかね、逃がした魚は泳いでる、っつー気分になるんスよ…。



賑やかに構えるも、
DSC06179.jpg
この日は妙に静かだった仲見世通りを抜け、


辿り着いたる、
DSC06180.jpg
大師 様 。


恭しく門を潜り申上げ、
DSC06181.jpg
大師 様 に手を合わせる…


…のだが、ここで我杯、ヤラかした。


大師 様 にヲ参りする時は、


拍手は打たない


…のね !!



なのにアタシったら、北斗剛掌波ばりの音響で拍手打ってしまったわ !!



ふと、周囲見回したら、みんな、


「何やってんだ、コイツは」


…みたいな顔して見てるし…



…。



…それさぁ…
hayaku-i-1.jpg


厄除けグッズを購入し帰途、
DSC06184.jpg
くず餅 摂取でこの日の甘味はヲケ


舞い戻ったる京急川崎駅前。
DSC06203.jpg
この日、「とある武道」の稽古仲間と「一席」の約束が。


素面で会うのは失礼…笑


そこで、事前に立ち寄ったるは、
DSC06207.jpg

大衆酒場食堂 丸大ホール本店


吉田類 先生 降臨の一軒。


何と朝の08:30(マルハチサンマル)時から開店している有り難いヲ店である。



暖簾を潜り、空いていたテーブル席に着陸


潜伏時は15:20(ヒトゴーフタマル)時頃だったが、
DSC06209.jpg
既に 先客 3 がイイ感じでメーターを上げている。


さて、何にすんべぇか
DSC06210.jpg
定食メニューが豊富。


コヤツラをツマミにして傾けることも可能だ


先ずはの一杯に、
DSC06208.jpg
酎ハイで大師 様 に御礼申し上げる。


あっという間にカラになった一杯目の補填を図る為、
DSC06211.jpg
レモンサワワをヲーダーし、

DSC06212.jpg
若鶏の唐揚げ


…をば、ヲーダー


ここで我杯、やらかした。


店内のヲ品書きの中に

「ヲつまみカレー

…なる文言を目にした。




夏の暑い季節はどーゆー訳か辛味を欲する。


しかも、安価。


小鉢サイズの手軽な一皿だんべぇ、と堪らずにヲーダーを入れたトコロ、
DSC06213.jpg
こんなガッツリ、シッカリな分量で供されてしまった !!



jojo
「な…なんてこった !!

ちょいとばかり分量が多過ぎるんじゃあ、ないかっ !?

この後「本番」が控えとるというのに…

前哨戦で腹一杯にして、どうするんじゃぁっ !?」




全くもって考えナシの我杯であるが、この危機をも楽しむ、っつーんスか???
DSC06215.jpg
カレー唐揚げにして口にしたら、サイコーに美味かったんスよ !!



揚げ物とカレーの無敵のコラボ…。


グレートですよ、コイツぁ…


我杯的に珍しく、
DSC06216.jpg
ライムサワワをヲーダー…


…って、やっ !! しまった !! 呑み過ぎた !!
(↑ 八島)


慌てて飛び出る丸大ホール
DSC06217.jpg
でも、正直、


サイコーな一軒 !!
DSC06218.jpg
良い意味での雑多なイキフン、食堂呑みならではか。




大師 様 の御利益か、今回も素晴らしい一軒に巡り逢うことが出来ましたYO !!




さて、そろそろ待ち合わせに頃合
DSC06219.jpg
舞い戻ったる京急川崎駅前。


この後、「とある武道」の稽古仲間であるタッキー 3 と 一気 3 &奥 3 娘ちゃん と合流

一席を設けたのだが。


この一席は、酒場逃亡記史上、


最高にウルトラな一席


…であったことを予告させて頂き、次回の講釈と致します


旅はまだまだ続きます…


tbc.jpg



…って、次回の記事がサイコーに面白いって、訳じゃないからねっ !!

罰当たり墓参りツアー ~本厚木・中村屋~

いつもヲ世話になってヲります。

至極真っ当な酒呑みブログ、酒場逃亡記であります…笑




…みんな !!




「信じる」という言葉を信じようぜッ !!
(↑ 錯乱中)





本厚木駅ッ !!

ネ申奈川県厚木市和泉町に位置する小田急電鉄は小田原線の駅であるッ !!

通称は本厚(ホンアツ)であることを初めて知ったッ !!


で、ここには我杯の母方の祖父母の墓があるので、時間を見付けてまたぞろ墓参した次第。
(↑ 我杯はエライのだ…笑)


駅からタクシーで10分15分ほど、
DSC02349.jpg
墓のあるヲ寺 3 にて手を合わせる…

はい、祖父母よ。
あなた達の孫は未だに立派なニンゲンになれていません…


我杯の住むトコから片道2時間を越える行程だが、墓の周りを軽く掃除し、花を添え、手を合わせた時間は10分あるかないか…。

まさか墓の前で歌を歌う訳にもいかないので、あっけなく墓参はヲシマイ。


また来るよ~ん


我杯はよくヲ祭りに出くわす。
今回も、
DSC02348_201506141618255a2.jpg
何だかチビッ子神輿がキャイキャイやってた


帰途は寺から駅まで歩いてみる


大丈夫、ちゃんと道は覚えてヲいたから、迷うハズがない…


…と思ったが、あと一歩のトコで変なトコに迷い込んだ。


本ッ当に !! 方向音痴な自分に幻滅する…


さて。

駅前の花屋 3 にて供える花を購入した際、変に目敏い我杯は気になる一軒を発見していた。



それこそが、
DSC02350_20150614161826499.jpg

中村屋


御覧の通り、至ってフツーの酒屋 3 である。


酒屋 3 であるが…
DSC02351_20150614161828958.jpg
へへへへへ


「立ち飲みスペース」、アリ。


即ち、「角打ち」が出来るっつー、嬉しき楽しきヲ店なのである


店内に入ると、店番のヲバチャンがニコニコとコジマコばりの笑顔で出迎えてくれた


角打ち…ヲ酒を販売してる酒屋 3 で呑んじゃうやり方。

きっと、ヲ店でヲ酒を買ったはいいものの、帰宅するまでガマンの出来ない性急なシト、例えば道路が渋滞しているからといって、シトで溢れかえる歩道に車で無理矢理乗り込んでしまう吸血鬼みたいなシトがやり始めたにチマイナイ



店内の冷蔵庫を物色し、ヲ店の奥の小さなスペースにて、
DSC02352_20150614162424cd6.jpg
デコポンチューハイとリッツ。


先客 3 が一人いらしたが、我杯が入ったら居心地悪くなっちゃったのか、出て行ってしまった…


立ち飲みスペースから、
DSC02353_20150614162425c49.jpg
ヲ店を覗くと、

DSC02354_20150614162427c67.jpg
こんな感じ。

本当にフツーの酒屋 3 。


…今更なのだが、地ビールが売ってたのでソッチを呑むべきだったが、何故デコポン選んだんだろう…?



特に他に誰が来るわけでもなく、小さなヲ店の隅っこで、ぼんやりと缶チューハイ。


だが、この狭苦しさが妙に居心地が良い…



ヲ店のヲバチャンが妙に色々と話してくれて、

「平日の夜なんかはね、もっともっとヲ客 3 は来るんだよ。中には一人で来る女性の方もいるんですよ」


…へぇぇ…


女性への飲酒文化の浸透は、既に角打ちにまで及んでいたノカ !!


「はぁ~い、全国のカワイコチャマの酒呑みの皆さん~ !!
bandicam 2015-02-14 16-53-05-725
我杯はいつでも相席OKよ~ん !! 」




…はい、以上です。



まさか、酒屋のチョイ呑みで1時間も2時間も呑んでる訳にもいかないので…笑


つか、今回の我杯の目的は、小田急線を新宿に向かって上りながら、その途中にある居酒屋 3 に巡礼をカマすことであった。
(↑ 墓参はついで、というバチ当りぶり…)




軽くAlcを摂り入れたトコで次の目的地へと向かう我杯だが、これは次回の講釈で。



そんな訳で酒場逃亡記、寝ても覚めても 呑みりんワールド !!
次回のエピソードでも、





mutyuu.jpg




それでは皆さん、また来世~ !!





「…。

bandicam 2015-06-14 16-45-26-115

…さようなら…木白木 3 …」


tbc.jpg

「独り暮らし、始めますたよ」 ~本厚木・居酒屋 十和田~

いつもヲ世話になってヲります。



我杯はですね、こーいった、
DSC00239_20141109170750706.jpg
「余計なコト」をするシトが大好きなんですよ。

なんの必要があって、クロネコをこんなメダマギラギラの宇宙人みたいにしちまうのさ !? …笑


コレ見て、あの宇宙人を連想した。

コイツ。
1dbe3d55.jpg
(↑ 出典:NAVERまとめ より)

絶対、遭いたくない輩の一つだ。

多分、フワフワ浮くんだろうから、左中段廻しも、四方投げも効かないんだ。


…でも、子供の頃からこの画像にはビビらされてるから、ここらでそろそろ仕返ししてやりたい。

この究極の丸顔に思い切り右肘、否、右のエルボーをブチかましてやりたいぜッ !!
(↑ 実は友好的な宇宙人かもしれないのに…)


また、

「ヲレなら、こう闘う !! 」

といった、範馬刃牙や、関根勤 先生、武井 壮 様 みたいなシトがいましたら、コメント下さい…笑
(↑ 武井 壮 様 のツイッターには、ヲトコの魂を揺さぶる名言がテンコ盛りなんですよ)



gogogogogo.gif
DSC00271.jpg

DSC00272_20141109170753620.jpg
降り立つ !!
本厚木駅 !!


開けた駅前。
DSC00273_201411091707542b8.jpg
何故に我杯がこの地に降り立ったか。


我杯の母方の祖父母、そのヲ墓がこの地にあるからである。

ここ数年、丸っきり墓参をしてヲらず、引越したことを報告がてら「呑みに来た」のである…笑


理由は何であれ、シュショーな心構えの我杯である…笑



因みに、父方は新潟。

行こうと思っても、場所の詳細を知らない。
車でも、駅からでも不便な、何だか広大な田んぼのド真ん中の、小高い山中にあったのは記憶しとるのだが…




…そーいや、先祖代々の墓を「放棄」する風潮だそうだ。
墓を守る、といった意識が薄れてきているとのコト。





…寂しいね…。





… !!


我杯の「戒名」って、どんなだろう?








「酒呑居士」


…を、希望しよう !! …笑



…あ~、いやいや


本厚木駅からタクシーで20分程。
DSC00275_20141109170756c81.jpg
祖父母の菩提寺に到着

祖父母の墓前にて自身の現状を報告、チョイと運動がてら駅前まで歩いてみた。


小一時間は歩いたか。


本厚木駅前には色々とあるという目星はつけていたのだ


駅前は、
DSC00276.jpg DSC00277.jpg
実に賑やかで、「ヲンタイム」にはさぞかし美しい光景が…


事前に我杯は、「本厚木 昼から呑める」で検索、検索 !!


結果、出てきたのは、
DSC00278.jpg
DSC00279.jpg

居酒屋 十和田


もう、入り口からして、呑み師の魂を揺さぶるッ !!
我杯の好物、海鮮の取扱も豊富そうで、期待大ッ !!


暖簾を潜ると、明るい「いらっしゃいませ~ !! 」の声のヲ出迎え

店内(1階)は少々キュークツな感じだったが、コレマタ酒場情緒アリ !!

カウンターに着陸した我杯は、
DSC00280.jpg
酎ハイにて長旅の疲れを流す



…染みる~


目の前の壁一面には、
DSC00282_201411091754339d1.jpg
手描きイラスト入りのヲ品書きがコレデモカ、と。


しかも、一枚一枚シッカリと描き込まれていてる…


そんな中、何だか「今日の祭」、即ち、大特価ヲススメ !! があったので、ヲーダー

それがこの、
DSC00283.jpg
あじ刺身

しっかりとした盛りにも関わらず、たったの280円 !!

埼玉帝國・幸手市サイキョー安値の暴風スーパー「ジャパンミート」より安いでは内科 !!


プリプリの一切れを堪能。
DSC00284.jpg
…素晴らティン…


隣席の 先客 3  が美味そうに徳利を傾けていたのだが、我杯的に初号機レベルの暴走が予想されたので、ここはガマン


ヲ品書きを眺めてたら、
DSC00285.jpg
ヲ店ノスタッフからヲススメの一杯があるという。


それがこの、
DSC00286.jpg
自家製梅サワー

グラスの底に沈殿した特製ウメが、コレマタ甘酸っぱくてナイス・テイスツ !!


「美味しいでしょう?」


得意げに微笑むスタッフ 3 に、サムアップの我杯


店内の様子。
DSC00288.jpg
奥の座敷では、ゴ家族と思しき一団が賑やかに。

サラリーマンの一団が顔を真っ赤にして、業務談義
DSC00289_20141109175628a1e.jpg
カウンター席は御常連 3 か、黙々と杯を傾ける。


我杯は名残の一皿に、
DSC00290_201411091756286a9.jpg DSC00292_201411091756298a7.jpg
さば焼きをば

血合いがうめぇーんだよッ !! 血合いがァァァーッ !!




…う~ん、美味かった !!


「この後」の狙いがあったので、このヲ店では2杯でガマン。
なんの、しっかりと墓参をすれば、また来られるヲ店なのさっ
(↑ 何しに来てるんだ:祖父母・談)


アスタラ・ビスタ、本厚木 !!
DSC00294.jpg DSC00293.jpg
比類無きヲダQ線・車両内にて、我杯はしばしの一休み


このまま自宅に直行…



なんてなコトはモチロンやらない !!
DSC00295.jpg
初・降車 !!


何が起きるのだ、この経堂で !?


我杯的にも稀に見る「美し逃亡劇」の幕開けだったのだが、コレマタ次回の講釈で…。



それじゃあ、次回もヲ酒が うまた~ん !!
tbc.jpg

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login