酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ヲレの隠れ家「せきぜん」潜伏日記 ~ 東鷲宮・のみ処 せきぜん ~

なんだよ。

「沖縄、全国に先駆けて梅雨明け !! 」


…ってよ !!


もっと早く明けてくれてりゃあ、よかったのに !!
gzgzgzgzgzgz




さて、そんな りりPONG な我杯は、


ふらっ、と自宅近所の一軒、
DSC04446_201601311752565f6.jpg

のみ処 せきぜん


…へと。


頃合は既に「タケナワ」。

店内は多くの御常連 3 で賑わっていたが、辛うじて空いていたカウンター席に着陸


「毎度どうも



タマにしか顔を出さない我杯にも、マスター 3 はにこやかである。


「いいの、入ってますよ


早速にヲススメをば頂戴する

俵雪 上澄み(山田錦・出羽きらり)純米吟醸しぼりたて生原酒
(山形県鶴岡市・羽根田酒造)


DSC08408.jpg
酒造好適米の雄、山田錦 様 含有


ウム !!
DSC08413.jpg
美味ナリ !!


相変らずこのヲ店はステキなヲ酒に巡り逢わせて下さいますわ


DSC08410.jpg
ヲ通しのタコ焼き。


このヲ店、ほぼほぼ御常連 3 で席が埋まる。
DSC08411_20170620215615698.jpg
今回もそのテであり、それぞれに楽しげに会話と酒を楽しむ…。


小さなヲ店ながらも活気に満ちた、「居酒屋らしい居酒屋」


何よりも安いし



…もっと足繁く通わなくては… !!

濃いする 焼酎 久喜 ~久喜・居酒屋 おぐま ~

いつもヲ世話になってヲります。


GWっつーコトで、甥っ子兄弟がアソビに来ていたのだが。


アニキの方が今春に中学生に進学し。



中学生っちゃあ、部活も本格化するじゃないですか。


で、何の部活に入ったのけ、と尋ねたら、何と卓球部だという !!



いや、ドコラヘンが「何と」なのかと申さば、我杯も中学時は卓球部だったモンで。



なので、むしり取った衣笠で、早速に特訓を開始 !!




…とはいえ、
DSC08431-1.jpg
まだラケットの握り方もよく判っていない有様。


…まあ、頑張れ。


その内、ポコポコ打てるようになるよ



ついでに付いて来たチビ(弟)の方も。
DSC08430-1.jpg
…返ってくるコースはともかく。

何故かチビの方がラケットの真ん中でボールを捕らえることが出来ていた。



因みに、チビ共が握っているラケット。

我杯が中学の時に使用していたウン十ウン年モノ。



それにしても…

あんなに小さかった甥っ子ドモと卓球できるようになるとは…




…え?

我杯は選手だったのか?


そんなバカな。



参加はしてましたが、ヲにゃんこクラブの話ばっかしてましたよ、ええ。
(↑ 昔っから…)



そんな訳で皆さん、こんにちは。

ヲにゃんこクラブの推しメンは 高井麻巳子 様 だったバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。
…笑




久喜駅周辺事情を連投です。


いや、実に困ったトコだ、久喜ってのは。


ある日、やはり、どうにも気なったヲ店を発見してしまったので潜伏



今回はコチラ、


DSC07701.jpg

居酒屋 おぐま


暖簾を潜り、6、7人ほどのカウンター席が右手に。
DSC07691.jpg

席にへばりつき、ヲ品書きをば。
DSC07686.jpg
ふ~む、ふむふむ…


…店長ハム…?




先ずはのゴアイサツ。
DSC07685.jpg
初めまして、ど~もど~も !!
(↑  吉田類 先生 ばりに)


カウンター内のマスター 3 、我杯とあまり変わらない年恰好か。



これまでの経験上、

ヲ店の名前を冠した一皿は無難なセレクト

…というのが分かってきた。


なので、
DSC07687.jpg
おぐまピクルス

…なる一皿を頂戴する。


ウム

無難である…笑


たまに、無性に欲する、
DSC07689.jpg
ネギ間

…で、一杯目を流し込む。


さて。
DSC07690.jpg
二杯目には何を合わせようかしら…。



これまでの経験上、

ヲ品書きのトップに記された品は、そのヲ店のヲススメ

…ということを理解できている。


なので、ヲ品書きのトップにあった、
DSC07692.jpg
鹿刺し

…をばヲーダー



すると、マスター 3 は、我杯を見てニヤリ。




…なっ、何だス !?


「いや、実はですね。

鹿刺てのはワタシが『これは !! 』と思ってラインナップしたんですけどね。

正直、ヲーダーが出ないんですよ。

とても美味いと思うんですが…。

そこへヲーダーもらったんで、思わず
(笑)



…なんと、不憫な…。



いや、不憫なのはマスター 3 ではない。


鹿刺という、美味なる逸品の存在を未だ知らずにいる幾多の衆生が、である !!



我杯はクジラとかウマとか、シカとか。


見付けたら千載一遇 !! とばかりにヲーダーしちゃいますけどね。
(↑ 我杯は馬、鹿じゃないモン)
usibaka.jpg
(↑ ???)


さあ、そんな逸品を、
DSC07694.jpg
胡麻ダレ、ニンニク、ショウガ、醤油で頂戴していきます。


DSC07695.jpg
同時に納めるタマネギが、刺身の旨味に確たる輪郭を持たせる。




DSC07696.jpg
胡麻焼酎をヲ湯割りで。


盃の傾きで鹿刺の余韻を包み込む。



今宵の潜伏が正解に導かれた瞬間…




ところでマスター 3 、このヲ店は何年ほど営業されとるんですか?


「ワタシになってからまだソコソコです。

ヲ店自体は何十年もやってた老舗です。

ワタシは元はこのヲ店の客だったんですが。

先代が引退する際に、『誰が後継になる?』ってなって。

このヲ店を失くすのは惜しかったんで、じゃあ、ワタシが、と…」





…どっかで聞いたハナシだな…。


DSC07699.jpg
もっと早くに訪れるべきだった !!


この黄色提灯も、マスター 3 が、


「結構、目立ちますよね?」


…と。


DSC07704.jpg
こうして、我杯は地元の根城を増やすのだった。



帰途。



…ヲや…?



あんなトコロに赤提灯が…





どうやら、この久喜という街はまだまだ奥深いようである…

濃いする 焼酎 久喜 ~久喜・居酒屋 楽 ~

いつもヲ世話になってヲります。


世間様でよく言われる「五月病」。


コレ、やっぱりGWが原因だそうです。


一年を通して、滅多にない大型連休。


その大いなる現実離れから、現実へと戻る際の揺り戻し。


その振り幅が大きいからこそに被るダメージだそうです。


そのダメージを軽減する為には、普段と同じ生活を保つことが大切なんだとか。



…無理です。



最後の最後までシコタマ、です。




埼玉県 久喜市。

県東部に位置、人口154,209人。
(2017年2月1日現在)


この街、イイ感じの居酒屋 3 が多いんである。


ふと、気になる一軒を見つけた。


すると、そのヲ店の裏側に、もう一軒。

そして、そのヲ店の裏側にも…。


イモヅル式にヲ店が見つかっちゃうんである。


今回は、その皮切りとして、
DSC07640.jpg

居酒屋

…へ潜伏


久喜駅周辺は何かとウロウロしとったので、
DSC07641.jpg
その度に目に入った看板に誘惑されとったのである。


今回の共犯者はケムラー先輩殿。

小雨が振りそぼる、小寒い夜であった。


暖簾を潜り、カウンター席に着陸
DSC07642.jpg
それでは、ヲナシャス !!



さてさて。
DSC07655.jpg
何を頂戴しやしょうか。


DSC07643.jpg
ヲ通し。


DSC07645.jpg
レンコン挟み揚。

DSC07644.jpg
マグロ赤身

…なんて頂戴していた。


そしたら、ヲ店のマスター 3 、

「最後の一口だから」

…と、
DSC07649.jpg
久保田 萬寿

…をサプライズで !!



ううんっ


やっぱり、口当りからして違うっ !!



人生捨てたモンじゃないよね あっと驚く奇跡が起きる




「味覚」は時として犯罪。


シトの人生を狂わせる。


我杯の大好物、
DSC07653.jpg
クリームチーズ酒盗和え( with りっちゃん)

DSC07654.jpg
…が、我杯の三半規管を狂わせる。



…皆さん。

一度でいいですから、クリームチーズと酒盗(若しくは塩辛)を逢わせてみて下さいな !!


発酵、最高 !!

DSC07652.jpg
そらぁ、酒も呑み過ぎる訳ですわな。
(↑ 自己弁護)


カウンター席は4、5人ほどだったか。
DSC07647.jpg
小上がりがこんな感じ。

マスター 3 と、
DSC07648.jpg


マスター 3 、このヲ店の二代目。

先代が引退をする際、御常連 3 達の間で、

「誰かが跡を継がなくては !! 」

…となって、

「じゃあ、ヲレが


…の流れだそうだ。



結構、このテのハナシは耳にします。




かく言う我杯も、実は、

「店、継がねェかい?」

…と、言われる。


…トンデモ !!



だって、好きに呑めなくんっちゃうじゃんよ





住宅街に、ぽつん、と灯る小さな灯り。
DSC07656.jpg
酒呑みは今宵もその灯りに引き寄せられる…。



居酒屋。


それは人生を写し出す鏡なのかもしれない…。




…てな訳でタッキー 3 。

ヲ問い合わせの一軒はコチラでした。


ヲレ達の Good-bye Year Party 2016 !! ~ ヲレ達の時間はあの時のままに… ~

「バカモノ・ブログ、酒場逃亡記を御覧の皆さん、Merry Xmas !!


「大逃亡 2016 NGT篇」の途中ですけど、流石に年末 !!

忘年会とやらが立て込んでくるこの時期、多分に漏れずに、そんなネタを今回はヲ届けします !! 」

(↑ ビスコ坊やは、一説には女の子だというウワサがある)



2016年も押し迫ったある日。


中・高と同級だった友人、 ケーイチ から忘年会の誘いを受け、席を設けた。


…実は、昨年に同じ話が出ていたのだが、立ち消えてしまい
gzgzgzgzgzgz


メンツも集まり、ようやくの開催
DSC07399.jpg
我が自宅に近い「かごや 3 」からスタート。


それでは、諸君 !!
DSC07397.jpg
かなりのヒサブリです、ぱんぱ~い !!



ケーイチの他に、やはり高校で同級生だった、ナスシン、シンちゃんが参加して計4人の集まり。


そして、我々の共通点として、全員の名前に「イチ」という響きが含まれている。



なので、この集まりは「イチの会」に決定…笑


「かごや 3 」のウリはモツ焼きなので、
DSC07390.jpg
コレデモカに串焼きをアレコレ。


そして店内は、
DSC07396.jpg
焼き台からの煙で満たされている。


やはり、シーズンだけあって満席


そして、我杯以外、みんな体格がデカイので、狭い小上がりでヲケツが痛くなってきた。



「場所変えんべか。気になる一軒があるんよ」



…と、誰かが言ったので付いて行ったら、
DSC07403.jpg
そこは我杯の隠れ家「せきぜん 3 」だった。


ナスシンは高校時代からのバンドマン。



それは今でも継続中。


なので、やはり「音」が趣味のマスター 3 と即座に意気投合


我杯は我杯で、
DSC07405.jpg
やたらゴキゲンだった御常連 3 と



小さな店内、やはりコチラも満席




で、3軒目


ナスシンは子供の寝顔が見たいから、というウラヤマシイ理由で一足先に撤収


我杯、ケーイチ、シンちゃん の3人で駅前の白木屋になだれ込む。
DSC07410.jpg
はい、ヲツカレサマです


流石に飲み物が「柔らかい」ものになってきた。


なのに、
DSC07409.jpg
「飲み放題にすんべよ」


…と、誰かが言った。



入店した時点で既に23時を経過。

この期に及んで飲み放題とは何事か。




しかし、ここからが真の盛り上がりであった。


何をどうしたのか、ケーイチが急に昔の記憶を取り戻し、我杯の過去の愚行、その全てを語り始めた。


そして、そのあまりのバカさ加減に一同抱腹。
…笑…笑…笑


あ~、ヲカシイ !!
ホントにバカだったんだな、我杯。
(↑ 継続中)



気付けば、日付は既に移り変わり、時計の針は午前2時を過ぎていた。



取り敢えず店を出たが、
DSC07415.jpg
帰ろうとしないアイツラ。


なので、駅前ロータリーで暫らく屯していた。




極寒風が吹き荒ぶ中、ベンチで丸まって寝てるシトがいたが、大丈夫だったろうか…?



そして、午前3時過ぎ。


「またヤんべな !! 」



彼らはようやく帰途に就いた。



それにしても、思い出話に掛かる時間の、なんという早さと短さよ !!



時間にして9時間は共に過ごした( !! )が、それは実に あっと言う間であり。



ヒサブリに楽しい時間を過ごせたワイ…。





朝。



流石に今日一日は身動き取れまい。


そう思っていたのだが、何故かシッカリ起床出来たので、良かれと思って「とある武道」の稽古に赴いたのだが…。



「コラ !! 酒臭いぞ !! 道場を穢してヲるぞ !!



皆さんに怒られ、散々に投げられる…



どうにも要所要所でカッコつかない…凹




でも、楽しかった !!

夏の呑み鉄2016 『急行りょうもう 和戸 通過』 ~ 久喜・居酒屋 けんちゃん ~

ヲイ、地震 !!


鳥取県の倉吉市は揺らさないで下さい。


アソコには知り合いがいるんですよ。


崩されたり、壊されたりとかはかなり困る。



地図上、もう少し上方の半島とか、大陸の方面で好き勝手やって下さい。


なんだったら、海中に沈めてくれても構いませんYO !!
(↑ 大暴言)


…しっかし、今回は「未知の活断層」とやらの仕業だそうで。

日本ってのは想像以上にズタズタなのね…。




全てに於いてズタズタのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さてさて。


酒場逃亡記の完全ヲリヂナル企画(笑)、『夏の呑み鉄2016』


今回は わたらせ渓谷鐵道の連発ハプニングを堪能し、前橋駅前の寂れたイキフンに打ちのめされ。


そして今回、いよいよ感動のフィナーレへと列車は向かう !!
(↑ )



「それでは、『夏の呑み鉄2016』 最終便 !!

側灯、滅!

hyon-go.jpg
出発、進行っ !! 」
(↑大完封勝利)



DSC06367.jpg
中央前橋駅。


それは群馬県が誇る、比類なき 上毛電気鉄道 様 の発着駅。


飲酒禁止の待合室で一杯引っ掛けた我々(← どぅくし)、車両に搭乗すべく改札を潜る。

…。


このドラゴンボールに触れながら我杯が願う事は…

 

…いや、言うまい…



DSC06379.jpg
入線してくる車両を眺めつつ、

帰途のアシも兼ねた 居酒屋 車両に乗り込む。
DSC06380.jpg
…なにやら、涼やかなフロント・ラッピングだが、それもその筈。

DSC06393.jpg
夏の特別企画、はしる水族館 仕様だったのであります。



…とはいえ、車内をサカナが泳いでいるワケではなく、
DSC06383.jpg
サカナのイラストやら何やらで装飾されとったのです。


DSC06386.jpg

DSC06387.jpg
ミノカサゴ は、見た目の美しさとは裏腹に有毒です


沿線にヲ住まいのちびっ子が描いたのでしょうか、
DSC06389.jpg

DSC06388.jpg
れいな 3 に みヲん 3 ですか。


…どっかのアイドルグループにいそうです。



ところで、上毛って、
DSC06384.jpg
自転車持ち込み可能なんですな !!



…。
DSC06392.jpg
里英。


そんなこんなで、
DSC06395.jpg
赤城駅に到着


駅周辺をフラついてみたが…


食べたり、呑んだり、眺めたりとか、これといったトピックは発見出来ズ…





駅に戻り、見慣れた車両に再会。
DSC06394.jpg
そう、東武鉄道 様 である。


帰りのアシは、東武鉄道が全7つの宇宙に誇るスペシャル列車、
DSC06397.jpg
特急 りょうもう


…に搭乗、一気に住み慣れた街へと帰還する算段。


DSC06399.jpg
はい、自宅に帰るまでが遠足です。


ところで、山返しはドコにしましょう???


久喜駅に手頃なヲ店がありますが。


「そうしたらですね、一回、東武動物公園駅(TDK)まで行きましょう」


…はてな ?


それだと、久喜駅を通り過ぎちゃうのだが…


「いいんですよ。

急行りょうもう 和戸 通過。

これを為さずして、今回の呑み鉄の完成は有り得ないんですよ」

(↑ ヲばんざい)


…他には伝わらない『とある符号』を完成させる為、無駄足を踏む我々…



そして、本当に降車すべき久喜駅を一度スルー


動物公演駅から律儀に久喜駅に舞い戻り、山返しの会場に選んだのは、
DSC06400.jpg
久喜駅徒歩0分。

DSC06401.jpg

居酒屋 けんちゃん


ヲ昼から開店してる有り難い一軒である


週末なんかは結構繁盛してるのだが、今回この日は日曜日。
DSC06402.jpg
店内はかなり空いていました。


…まあ、明日からまた仕事だってのに、一日中いいように遊んでるってのはいないでしょうよ。


もうね、考えるとか、わきまえる、そういった事は言わずもがなの筈なんですよ。
(↑ それが出来ない酒場逃亡記)

DSC06403.jpg
御常連 3 か、ゆる~く呑んでる以外はこの通り。


まあ、疲れを癒す(増す?)には、落ち着いたイキフンもいいでしょう
DSC06404.jpg
はい、乙でした~

散々に呑み疲れた我々、レモンサワワで今日一日を振り返る。

DSC06406.jpg
ヲ品書きは多種に亘り。


温かい一皿が欲すぃ
DSC06408.jpg
ニラ玉子焼き

追加で、
DSC06409.jpg
ししゃも


…で胃袋に温度を取り戻す。




店内のテレビに映し出されていた某リフォーム番組をぼんやりと眺め…


今回の長旅もグズグズの内に終了…
DSC06410.jpg
やれやれ…明日からまた仕事が始まりますねぇ…



しかし !!

今回、我々はJR、東武鉄道、わたらせ渓谷鐵道、上毛電気鉄道、一日4路線の制覇に成功


呑んで乗る !!


呑み鉄の意義、ここにあり !!




「…あ


…どないしました?


「ボクチャンですね、リフォームするなら書斎が欲しいんですよ」


…それで、何とする???


「…え~とですね…」
(↑ 特にこれといった目的は無かった様子…笑)




ヲわり

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login