酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ヲレ達の Good-bye Year Party 2016 !! ~ ヲレ達の時間はあの時のままに… ~

「バカモノ・ブログ、酒場逃亡記を御覧の皆さん、Merry Xmas !!


「大逃亡 2016 NGT篇」の途中ですけど、流石に年末 !!

忘年会とやらが立て込んでくるこの時期、多分に漏れずに、そんなネタを今回はヲ届けします !! 」

(↑ ビスコ坊やは、一説には女の子だというウワサがある)



2016年も押し迫ったある日。


中・高と同級だった友人、 ケーイチ から忘年会の誘いを受け、席を設けた。


…実は、昨年に同じ話が出ていたのだが、立ち消えてしまい
gzgzgzgzgzgz


メンツも集まり、ようやくの開催
DSC07399.jpg
我が自宅に近い「かごや 3 」からスタート。


それでは、諸君 !!
DSC07397.jpg
かなりのヒサブリです、ぱんぱ~い !!



ケーイチの他に、やはり高校で同級生だった、ナスシン、シンちゃんが参加して計4人の集まり。


そして、我々の共通点として、全員の名前に「イチ」という響きが含まれている。



なので、この集まりは「イチの会」に決定…笑


「かごや 3 」のウリはモツ焼きなので、
DSC07390.jpg
コレデモカに串焼きをアレコレ。


そして店内は、
DSC07396.jpg
焼き台からの煙で満たされている。


やはり、シーズンだけあって満席


そして、我杯以外、みんな体格がデカイので、狭い小上がりでヲケツが痛くなってきた。



「場所変えんべか。気になる一軒があるんよ」



…と、誰かが言ったので付いて行ったら、
DSC07403.jpg
そこは我杯の隠れ家「せきぜん 3 」だった。


ナスシンは高校時代からのバンドマン。



それは今でも継続中。


なので、やはり「音」が趣味のマスター 3 と即座に意気投合


我杯は我杯で、
DSC07405.jpg
やたらゴキゲンだった御常連 3 と



小さな店内、やはりコチラも満席




で、3軒目


ナスシンは子供の寝顔が見たいから、というウラヤマシイ理由で一足先に撤収


我杯、ケーイチ、シンちゃん の3人で駅前の白木屋になだれ込む。
DSC07410.jpg
はい、ヲツカレサマです


流石に飲み物が「柔らかい」ものになってきた。


なのに、
DSC07409.jpg
「飲み放題にすんべよ」


…と、誰かが言った。



入店した時点で既に23時を経過。

この期に及んで飲み放題とは何事か。




しかし、ここからが真の盛り上がりであった。


何をどうしたのか、ケーイチが急に昔の記憶を取り戻し、我杯の過去の愚行、その全てを語り始めた。


そして、そのあまりのバカさ加減に一同抱腹。
…笑…笑…笑


あ~、ヲカシイ !!
ホントにバカだったんだな、我杯。
(↑ 継続中)



気付けば、日付は既に移り変わり、時計の針は午前2時を過ぎていた。



取り敢えず店を出たが、
DSC07415.jpg
帰ろうとしないアイツラ。


なので、駅前ロータリーで暫らく屯していた。




極寒風が吹き荒ぶ中、ベンチで丸まって寝てるシトがいたが、大丈夫だったろうか…?



そして、午前3時過ぎ。


「またヤんべな !! 」



彼らはようやく帰途に就いた。



それにしても、思い出話に掛かる時間の、なんという早さと短さよ !!



時間にして9時間は共に過ごした( !! )が、それは実に あっと言う間であり。



ヒサブリに楽しい時間を過ごせたワイ…。





朝。



流石に今日一日は身動き取れまい。


そう思っていたのだが、何故かシッカリ起床出来たので、良かれと思って「とある武道」の稽古に赴いたのだが…。



「コラ !! 酒臭いぞ !! 道場を穢してヲるぞ !!



皆さんに怒られ、散々に投げられる…



どうにも要所要所でカッコつかない…凹




でも、楽しかった !!

夏の呑み鉄2016 『急行りょうもう 和戸 通過』 ~ 久喜・居酒屋 けんちゃん ~

ヲイ、地震 !!


鳥取県の倉吉市は揺らさないで下さい。


アソコには知り合いがいるんですよ。


崩されたり、壊されたりとかはかなり困る。



地図上、もう少し上方の半島とか、大陸の方面で好き勝手やって下さい。


なんだったら、海中に沈めてくれても構いませんYO !!
(↑ 大暴言)


…しっかし、今回は「未知の活断層」とやらの仕業だそうで。

日本ってのは想像以上にズタズタなのね…。




全てに於いてズタズタのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



さてさて。


酒場逃亡記の完全ヲリヂナル企画(笑)、『夏の呑み鉄2016』


今回は わたらせ渓谷鐵道の連発ハプニングを堪能し、前橋駅前の寂れたイキフンに打ちのめされ。


そして今回、いよいよ感動のフィナーレへと列車は向かう !!
(↑ )



「それでは、『夏の呑み鉄2016』 最終便 !!

側灯、滅!

hyon-go.jpg
出発、進行っ !! 」
(↑大完封勝利)



DSC06367.jpg
中央前橋駅。


それは群馬県が誇る、比類なき 上毛電気鉄道 様 の発着駅。


飲酒禁止の待合室で一杯引っ掛けた我々(← どぅくし)、車両に搭乗すべく改札を潜る。

…。


このドラゴンボールに触れながら我杯が願う事は…

 

…いや、言うまい…



DSC06379.jpg
入線してくる車両を眺めつつ、

帰途のアシも兼ねた 居酒屋 車両に乗り込む。
DSC06380.jpg
…なにやら、涼やかなフロント・ラッピングだが、それもその筈。

DSC06393.jpg
夏の特別企画、はしる水族館 仕様だったのであります。



…とはいえ、車内をサカナが泳いでいるワケではなく、
DSC06383.jpg
サカナのイラストやら何やらで装飾されとったのです。


DSC06386.jpg

DSC06387.jpg
ミノカサゴ は、見た目の美しさとは裏腹に有毒です


沿線にヲ住まいのちびっ子が描いたのでしょうか、
DSC06389.jpg

DSC06388.jpg
れいな 3 に みヲん 3 ですか。


…どっかのアイドルグループにいそうです。



ところで、上毛って、
DSC06384.jpg
自転車持ち込み可能なんですな !!



…。
DSC06392.jpg
里英。


そんなこんなで、
DSC06395.jpg
赤城駅に到着


駅周辺をフラついてみたが…


食べたり、呑んだり、眺めたりとか、これといったトピックは発見出来ズ…





駅に戻り、見慣れた車両に再会。
DSC06394.jpg
そう、東武鉄道 様 である。


帰りのアシは、東武鉄道が全7つの宇宙に誇るスペシャル列車、
DSC06397.jpg
特急 りょうもう


…に搭乗、一気に住み慣れた街へと帰還する算段。


DSC06399.jpg
はい、自宅に帰るまでが遠足です。


ところで、山返しはドコにしましょう???


久喜駅に手頃なヲ店がありますが。


「そうしたらですね、一回、東武動物公園駅(TDK)まで行きましょう」


…はてな ?


それだと、久喜駅を通り過ぎちゃうのだが…


「いいんですよ。

急行りょうもう 和戸 通過。

これを為さずして、今回の呑み鉄の完成は有り得ないんですよ」

(↑ ヲばんざい)


…他には伝わらない『とある符号』を完成させる為、無駄足を踏む我々…



そして、本当に降車すべき久喜駅を一度スルー


動物公演駅から律儀に久喜駅に舞い戻り、山返しの会場に選んだのは、
DSC06400.jpg
久喜駅徒歩0分。

DSC06401.jpg

居酒屋 けんちゃん


ヲ昼から開店してる有り難い一軒である


週末なんかは結構繁盛してるのだが、今回この日は日曜日。
DSC06402.jpg
店内はかなり空いていました。


…まあ、明日からまた仕事だってのに、一日中いいように遊んでるってのはいないでしょうよ。


もうね、考えるとか、わきまえる、そういった事は言わずもがなの筈なんですよ。
(↑ それが出来ない酒場逃亡記)

DSC06403.jpg
御常連 3 か、ゆる~く呑んでる以外はこの通り。


まあ、疲れを癒す(増す?)には、落ち着いたイキフンもいいでしょう
DSC06404.jpg
はい、乙でした~

散々に呑み疲れた我々、レモンサワワで今日一日を振り返る。

DSC06406.jpg
ヲ品書きは多種に亘り。


温かい一皿が欲すぃ
DSC06408.jpg
ニラ玉子焼き

追加で、
DSC06409.jpg
ししゃも


…で胃袋に温度を取り戻す。




店内のテレビに映し出されていた某リフォーム番組をぼんやりと眺め…


今回の長旅もグズグズの内に終了…
DSC06410.jpg
やれやれ…明日からまた仕事が始まりますねぇ…



しかし !!

今回、我々はJR、東武鉄道、わたらせ渓谷鐵道、上毛電気鉄道、一日4路線の制覇に成功


呑んで乗る !!


呑み鉄の意義、ここにあり !!




「…あ


…どないしました?


「ボクチャンですね、リフォームするなら書斎が欲しいんですよ」


…それで、何とする???


「…え~とですね…」
(↑ 特にこれといった目的は無かった様子…笑)




ヲわり

ヲレの隠れ家「せきぜん」潜伏記 ~ 東鷲宮・のみ処 せきぜん ~

あ~ちあ~ち、あっちっち~ !!





まぁた !!


『夏』のヤローがケンカを売ってきやがった !!




いいように気温を上げてくるじゃあ、ないかっ !!




…そのせいだ。


酒呑み仲間達は異口同音に、


「昨夜こそは呑まないつもりだったが、こうも暑くちゃ…


…と、嘯く。
(↑ ははは)


さあ、2016年の夏よ !!



我にイヤという程に酒を呑ませてみろ !!
994902201407625_common.jpg


堪え難きを堪え !!


忍び難きを忍ぶ !!



その心構えは既に出来ている !!
kakugo-kanryou_convert_20121125172313.jpg
かかってこいやぁっ !!





さてさて。


実のトコロ、そんなに気合の入っていないバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


…無理ですがな。

こうも暑くっちゃ !!




…ふと気付くと、ヘタレの我杯は居城近くの隠れ家・「せきぜん 3 」にて、

春霞 純米 赤ラベル
(秋田県・名)栗林酒造店)

…と、
DSC05873.jpg
寫楽 純米酒
(福島会津・宮泉銘醸㈱)


…との併せ呑み !!
DSC05874.jpg
…をば、マスター 3 のヲススメで頂戴する。


この『呑み比べ』が楽しい…


全く異なる味わいを同時に楽しむ、『至福』の一時…


さてか
DSC05875.jpg
この杯に合う「一皿」をばヲーダーせねばなるまい。


ヲ品書きを眺めること司馬氏…。


ふーむ、ふむふむ…


取り寄せたるは、
DSC05876.jpg
日本酒のヲ供セット


…なる、マスター 3 の「狙いすました」一皿


ホタテの貝柱、ヲ新香、キュウリ、塩辛…。


どれもが杯の傾けを助長する。




…その『助長』が、実は厄介。



何故なら杯が進み、追加ヲーダーしなきゃいけなくなるからだ。




その助長にまんまと乗せられ、今尚、手間暇にこだわる「生酛(きもと)造り」。


その一杯を楽しめる、
DSC05879.jpg
大七 本醸造
(福島県・大七酒造㈱)

DSC05880.jpg
…をば、手元に取り寄せるハメに


…うん…


やっぱり、何か「浸み込み」が違う…




潜伏したのは結構遅い時間帯(21時前頃)だったのだが、
DSC05881.jpg
店内は御覧の通りに盛況な有様。


マスター 3 が以前に言っていたのが、


「ウチの店は、所謂『二次会』以降の店。

余所より遅い時間帯からが本番なんですよ」




…てなコトだった。




なるほど、ンなるほど
DSC05883.jpg
確かにその通りでございまして。


二次会、三次会以降。


呑み足りないなぁ。



なんて思ったらこの「せきぜん 3 」に潜伏するが、吉でしょう



小さいながらも、楽しい我が家 !!
DSC05884.jpg
…ではなく、呑み屋 !!




…でも、少し悩みが。




「御近所」なだけに、

「いつでも行けるからいいや」

…的な油断があり、実のトコロ、そんな足繁く通えてない…



ダメよね。



もっと本気(マジ)にならなきゃ…
(↑ 仕事にも本気になろうね)


化石の『功名』 其の2 ~ 久喜・ 居酒屋 駅前喜楽~

さてさて。


都知事選って、タダで立候補出来るワケじゃあ、ないんですよねぇ?


確か、供託金とやらで300万支払うハズ。


そして、候補者が有効投票総数の1/10を獲得出来なければ、その供託金は没収されるんだと。



これは、売名行為とかで候補者が乱立しないようにする、という意味合いもあるんだそうですが。


それでも、毎回毎回ミョーな輩が立候補しちゃいますなぁ。


気は確かか !? と、疑いたくなるようなのもいるし。


大恥曝して大金没収されちゃうなんて…



さてさて。

イレギュラーで久喜駅に降り立った我杯


東口をフラつく。


駅周辺にはけっこう呑み屋 3 が散見される。


ちょくちょく駅前を通るので、気になるヲ店がいくつかあったのだが、今回は、駅から徒歩1分、
DSC05809.jpg
ぼんやりと灯る赤提灯が魅力的

DSC05810.jpg

居酒屋 駅前喜楽


…へ、ヲじゃ魔女してみることにしますた



10人ほどのL字カウンターに、小上がり座敷が2卓。


数名の御常連 3 が賑やかに杯を傾ける。



入り口近くのカウンターに着陸した我杯、カウンター内の女将 3 に、
DSC05811.jpg
先ずはの瓶ビールでゴアイサツ


ヲ通し。
DSC05812.jpg
煮っ転がしの味付けが優しい


日本酒に杯替え
DSC05815.jpg
雪の松島 本醸造
(宮城県・大和蔵酒造㈱)

辛口の味わいを口中に迎える。


…ヲや、これは面白い !!
DSC05816.jpg
グラス、枡から溢れたヲ酒を更に受け皿が受け止める、3段構えの杯。

 
ヲ得感タップリな、実に壮観な眺めだワイ
nm
この嬉しいヲ酒に合う一皿をヲーダーだッ !!
(ハイッ)



女将 3 にヲススメを尋ねる。


それでは参りましょう、


ummmm.jpg
DSC05820.jpg
まぐろアボカドサラダ

DSC05821.jpg
濃厚なアボカドがこれまたマグロに合う !!



ニコニコしながら箸を運ぶ我杯に、御常連 3 がヲ声掛けをくれた。
DSC05822.jpg
初めマシテ、宜しくドーゾ


この日の我杯の服装を妙に褒めてくれたので照れ臭かった


いや、甥っ子ちゃんとデートだったので、気合入れてただけです


奥で微笑む奥サマは我杯の御近所 3 らしかった。


そんな御常連 3 のヲススメで、3杯目、
DSC05824.jpg
寒梅 活性にごり生 桶地酒
(埼玉帝國・寒梅酒造㈱)


…を頂戴する。


コチラの酒造 3 、他ならヌ御当地・久喜市の酒蔵 3 である。

まさに地酒。


濁り独特の酸味をふんだんに摂り込む


DSC05832.jpg
目の前の水槽で泳ぐメダカちゃんが涼やか


それにしてもアットホームな雰囲気である。
DSC05833.jpg
御常連 3 、小上がりにて囲碁始めちゃった…笑


あ、囲碁やるんだったら、マンナミ姫呼びましょうよ !!
DSC04775.jpg
(↑ 勝手に召喚…笑)


今回我杯がこのヲ店の暖簾を潜った理由がこの、
DSC05834.jpg
開け放たれたままの入り口。


外へと溢れ出して来たアットホーム感に我杯は引き寄せられたのである。


シメのサービスで供された、
DSC05836.jpg
あら煮


…で、今回は終了。


ゴチソーサマでした、また来ま~す !!


ウム !!
DSC05837.jpg
毎度のコトながら、我杯の「アタリ」を引く力の強いことよ !!




これまた新たなる根城の発見である。



これからヲ世話になる事にしましゃう




気分良く、次の一軒を求めて彷徨うが、これまた次回の講釈で…



今回はフツーにシメ…笑

居酒屋ルール ~栗橋・のまっしょ 元~

いつもヲ世話になってヲります。

いよいよ蒸し暑くなってきましたな。



帰宅後、速攻で入浴するが、肌の「ヌタヌタ感」が、何とも不快…


一応、無味無臭でいる筈の我杯だが(笑)、もしや、気付かないトコで異臭を放っているのでは !?

…と心配になり、より丁寧に身体を洗うように心掛けているのだが。


ところが、「もう一人の我杯」と呼ばれる 福山雅治アニキ は、石鹸やボデーシャンポーの類は使用せず、ヲ湯だけで身体を洗っているという。


何でも、ニンゲンの皮膚表面には確かな「自浄作用」があり、過度な石鹸やヲいでシャンポーはこの作用をも洗い流してしまうので、皮膚へのダメージが増えてしまうのだそうだ。


…成程


ならば、と思い試してみた。



…が、二日目に全身から異臭が立ち込めた !!



先ずクサイし、肌に触れた際の「ヌタヌタ感」は、信じられないレヴェルでの不快感 !!



本気で「死ねッ !! 自分 !! 」と思った…。



しかし、何故だッ !?

もう一人の福山アニキである筈の我杯に、どんな決定的な差があると言うのだっ !?
(↑ 大どぅくし)



皆さん、こんにちは。


愛だけは忘れたはずのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


多分に漏れず、勤め先の仲間からヲ酒好きで名を馳せる我杯。


そんな仲間内から、

「美味いイカワタ料理を出す店があるんス

行きませんか?」



…なんて、実に有難いヲ声掛けを頂戴し、実に !! 実に珍しい地元ロケ、

栗橋駅

…へと赴く


この栗橋、遥香な昔は宿場町として栄えた場所であり、その歴史は古い。


古い町には昔ながらの居酒屋が…


…と思うが、衰退化が顕著な実に残念なロケである。



…とは言え、全く何もない訳ではない。


我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を駆り、指定された一軒へ向かいちみヲん。


駅から徒歩2分。
DSC05471.jpg

のまっしょ 元

…が明るく店を構えている。


地元とはいえ、我杯は初潜伏。


こじんまり、としたヲ店だが、店内はほぼ満席状態、家族連れなどで賑わう at Home なイキフン


小上がりに座した我々、早速に杯を合わせる
DSC05474.jpg
我杯はモチロンの黒ホッピー。


「…ホッピーって、何なんスカ???」


今回の共犯者、ミサヲちゃん は我杯に質問を投げかける。


…。


…ホッピーって…何なんスカ…だと…???



…。





jojo
「ギャ、ギャニィィィ~ !?

なんじゃと~ッッッ !?

大衆居酒屋にて必須の一杯であるホッピーを知らんじゃと~ !? 」



「ええ、初めて見ましたよ」



…Holy shit … !!



…だが、これこそいい機会じゃよ~。


ホッピー呑んで新たなる幸せを感じるのじゃ !!


はい、ホッピー、うれピー、よろピクね~♬
(↑ )




ところでこの「のまっしょ元 3 」、メニューの取り揃えが充実
DSC05475.jpg
炙り〆サバ

…が秀逸




刺身のメニューが豊富だったので、
DSC05476.jpg
アレやコレやと頂戴したが、

DSC05477.jpg
…。

…はて、これらの皿は何の刺身であったか…???
(↑ 忘れてやがる)


…あ !!
届きましたYO !!


今回の一席は発起人、ショーちゃん がこの一皿を食べたいが為に開催されたもの。
DSC05478.jpg
イカのワタ炒め


ウムム !!

確かにこの味はヲ酒によく合う !!



この旨味を更に昇華させる為に、
DSC05480.jpg
高清水 生貯蔵酒


…を摂り込む


焼き物もシッカリとヲーダー
DSC05482.jpg
串焼きセット

…は一人では決してヲーダー出来ないボリューム
(↑ 普通、一人ではヲーダーしないが…笑)



店内のヲ品書きを改めてよく見たら、日本酒の品ぞろえも充実しとった。


「日高見」なんかも置いてあった。


我杯、初潜伏にも関わらず、マスターに、
hayaku-i-1.jpg
…のクレームを。

当然、マスター 3 は「何のこっちゃ」な表情である。



散々に高清水空けてたが、まだ間に合うとばかりに、
DSC05484.jpg
萬代芳 特別本醸造生
(会津・白井酒造)

…をば、ダメ押しの一杯に


ところで、今回の共犯者、ミサヲちゃん とショーちゃんが実に頼もしい。


年齢は我杯より遥香に若いが、しっかりと「居酒屋マナー」を心得ている !!


そう !!


バイトの女の子にしっかり「ヲヤジ的アプローチ」を仕掛けていたのだ !!


「え~? 今、高校生?」

「部活は何やってるの~?」

「カワイイね~。彼氏いるの~?」



このように、居酒屋に於いて最も重要な事は、


酔っ払いヲヤジは、女の子みたらニコニコすること !!



基本をしっかり抑えたこの二人、実に将来有望である !!
(↑ 本当かぁ )




「今度、(我杯が行くような)ヲ店に連れてって下さいよ」




…なんてな頼もしい発言に、嬉し涙がチョチョ切れる…


次回の居酒屋巡りを確約し、今回はヲ開き


帰途。



我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を自宅まで走らせる。


1、2度角を曲がれば、あとは田んぼ道を自宅まで一直線の安易なルート…


…の筈だったが、ここで我杯は天性の方向音痴ぶりをまたもや大発揮。


真っ暗な田んぼ道を彷徨い、果てはシト様の庭先にまでウッカリ侵入してしまうバカモノっぷり。


ヲマケに真っ直ぐ帰還出来ていれば遭わなかったであろう雨にも祟られ、いらヌ被害を被ったのだった。




それでは、今回はこの一曲で皆さんとはヲ別れです。


酒場逃亡記、次回もヲ楽しみに~ !!



あたしバカよね ヲバカ 3 よね…

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login