酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼56 ~ 下北沢・酒亭 二軒茶屋 ~ Ver.1.01

毎回申してヲりますが、年々気象の変化が厳しいものになってきています…

なんつーか、極端な気候の変化に不安を掻き立てられますわ…


「こんな早い時期に真夏日最速更新 !! 」とか、
「雪が降り出して止まらない !! 」
「梅雨? 今年はどこいった?」…みたいな。


天候に左右されるもので命を繋いでいる我々としては、果たして、これから先も今と同等の生活が送れるノカ…。


…いや、我々はいい。

今を明るく、無邪気に生きるチビッ子達の未来に、一体、何が待ち受けているのやら…


ネ申よ、我々の未来に光を照らしたまえ…




「…イヤ !! 駄目ダ !! 」
nantene.jpg
「ウチラ ニ明ルイ未来ナンカ、ヤッテ来ナインダ !! 」




…なんてね ♪



はい、皆さんコンニチワ

マジメなことはそれなりに語りますが、全てマユユツバな酒場逃亡記です。
(↑ バチを当てろ)


本厚木~祖師ヶ谷大蔵~千歳船橋ときて、いよいよ最後の一駅に降り立つ



一体、どんだけ無茶をしてるんだ !?

ああ、そうさっ !!
一度呑み始めたら止まらないのさ !!

我杯の呑み(マヂ)を見せてやる !!

小田急線沿線呑み歩き、これにて決着 !!




今回我杯が最終目標に選んだロケは、下北沢 !!
(↑ …珍しく、駅の画像を撮影してなかった…)


過去、何度かアシを運んだ事はあったが、酒場逃亡記としてはヲ初でゴザイマス


やはり、
祖師ヶ谷大蔵や千歳船橋とは違った、賑やかな雰囲気


演劇や舞台が盛んな事で有名だが、その他、様々なサブカルチャー発信の地として、その独特の雰囲気は他と一線を画すエリアである


…正直、ノープランで降り立ったのだが、何とか「聖地」の存在を確認出来た



今回、我杯が潜伏したのは、
DSC02412.jpg

酒亭 二軒茶屋

DSC02411.jpg

駅から徒歩5分の場所に、実に味わい深い一軒を発見…


…のだが、 吉田類 先生 が放浪されたという情報以外、何も無い。


一体、どんなヲ店なんでしょうか?
早速に入ってみましょう !!

こんばんわ~、と暖簾を潜ると、店内は7、8人ほどのカウンター席が目に入った。

カウンター内には、2人のヲ姐 3 。

先客 3 がヲ3方、既に盛り上がっていた。


もしかしたら店内奥に座敷とかあったかもしれないが、そこまでは確認出来ず
(↑ 後日確認、どうやらカウンター席だけのようだ)


入り口手前の席に着陸した我杯、京都・伏見の銘酒、
DSC02406.jpg
玉乃光(京都府・玉乃光酒造㈱

…をば頂戴する。

我杯的に関西方面のヲ酒は珍しいチョイスだが、それもその筈、このヲ店を切り盛りする姐 3 方は京都の御出身だそうで


郷に入らばヒロミでジャパァァァン、って言うじゃないですか。


…え…言わない…?
(↑ きゃっ)



ヲ酒にあてる一皿に、
DSC02407_20150623213012c27.jpg
焼き葱の味噌和え

…をばチビチビとつまむ。


 先客 3 がヲ帰りになられた後の店内。
DSC02408.jpg
訊けばヲ店を開いたのが昭和46年。



…にしてはとてもキレイなカウンター


姐 3 方が大切に守ってきた、その表れでございましょう


京都御出身のヲ姐 3 方と色々な話をしているウチに「向こうの言葉」に釣られそうになるのを何とか抑える。


つい「向こうの言葉」の言葉を発し、


「…何で今、関西弁使うたん?

…ウチラから『はんなりキャラ』盗るつもりやろ?」



…と、なるのを警戒したからである…笑
(↑ ンな訳、あるかい)


また、京の言葉は他の関西弁と違ぅてヲもろい、独特のイントネーションやね


カウンター内に目をやると、
DSC02409.jpg
今は懐かしい黒電話。


…姐 3 、この電話は現役ですか?


「鳴らしてみはったらよろしい」


番号を教えてもらって掛けてみる…。


じりりりりんっ。


ををっ、何とも懐かしい響きである !!

この音は他ではサザエ 3 家でしか聞けないぞっ。



…潜伏したのは21時過ぎ。

ヲ客は我杯の他にはいない。

多分、今日はコレでヲシマイでしょう。

早仕舞いは姐 3 達も楽でしょうし、長居して「ぶぶ漬け」出されたら大変なので、今回はここらで


それにしても、姐 3 達は京都から東京に来て今年(2015年)で44年…。

コチラの言葉に害されず、綺麗な「京弁」でヲますなぁ?


「そらそうやろ。 (京都出身の)姉妹2人で揃っとるんや」


…せやねっ



小田急沿線呑み歩きの最後は、実にゆったりとした雰囲気と時間の中で過ごす事が出来た


今回のシメに、最極上の時間。


流石に我杯、選択にいちいち間違いが無いねぇ~…笑




「二軒茶屋 3 」から駅までの帰途…。


一見、週末の楽しげな雰囲気に包まれた下北沢の裏で、熾烈な「テッペン争い」が繰り広げられていた…!!

(以下、特別限定会員 様 向け)



DSC02414.jpg
「道を空けろよ…」
(↑ 超絶棒読み)


酎ッ 酎ッ 酎ッ~ 酎ッ 酎ッ 酎ッ Ru~
DSC02413.jpg
「テッペンには…まだ遠い…」




瞬殺で空ジョッキ !! ヲ前の母ちゃん デベソ !!

ここで呑み会 やりたきゃ

呑み(マヂ)すか Ready to go Fight  !!

(杯ッ !! )




…とっとと帰れよ…

屋根の上の ~千歳船橋・ゆうな~

最近、始めたことがありましてな。

「レコーディング・ダイエット」つーヤツですわ。


…でも、ダイエットと言うと、少々語弊があるんですよ。



自身の運動不足を自覚しとったのは間違いないのだが、頑張りたくない。


それでも自身の現状を見てみようと体重計に乗る。


…。



…う~む、危機的な状態ではないが、身体に身軽さは感じられない…。



じゃあ、食事に気をつけてみよう。

億劫にならない程度でいいから少し運動してみよう。

ついでにサントリーの特茶の効能がホンマモンか試してみやう



…と、色々と試して記録していくうちに、ある事に思い及んだ。


RPGとかでキャラクターのレベルアップに勤しみ、攻撃力や防御力の数値が上がったとかで楽しむように、それを自身でやってみるのだ、と。


考え方が変われば、億劫な、大きな努力を要するダイエットというものが、自身をヲモチャにした遊びに感じられたのである


出来る時に少しずつ、というカタチなので劇的な変化は見受けられないものの、いわゆる現状維持か、週末には少し体重が減る、みたいな感じで数週間が過ぎてるんですよ


そんな訳でしてね、ブログの更新が遅いんですわ…笑


…特茶の効能もイマイチだなぁ…



さて。

小田急沿線居酒屋巡りを敢行した我杯、次なる場所に降り立つ。


今回は、

千歳船橋駅。


駅前。
DSC02389_20150621153958a76.jpg
ん~、フツーの駅。
(↑ ?)


ちらっ、と周囲を見回した程度なので、周辺事情はしっかり確認出来なかったが、この画像奥の通りには我杯好みの商店街が続いていたようである


目的地へ向かう。
DSC02390_20150621153958052.jpg
あらあら、やぁ~ねぇ。
ワタシは花の乙女、きんどーちゃん よ !!

…なんてフレーズが思い浮かぶシトは古いシトである…笑



駅から徒歩10分ほどの住宅街の入り口に、今回目指した聖地、
DSC02392.jpg
居酒屋 おおすぎ


…があったのだが、何と満席で潜伏叶わず…


何と、ここまで来て聖地巡礼が叶わないとは… !!


しかし、手ブラでは帰れない !! と、更に歩を進めた先に…



DSC02394.jpg

ゆうな


…なる赤提灯があるでは内科。

せっかくなので、今回はコチラに潜伏してみることにした。


10人?ほどのカウンター席のみ。

他にヲ客 3 はいなかった。


席に着陸すればマスター 3 のゴアイサツで、

「…あれ? ここら辺の方じゃないですね?」


…との言葉から察するに、いつもなら御常連 3 で賑わってるヲ店なのだらう



そう !!

それでですね、ここで出会った一杯があの、
DSC02395.jpg
日本酒のライム割り

…だったんですよ


日本酒(剣菱)をロックにしたものに、ライムシロップを混ぜたもの。

マスター 3 曰く、


「昔からある呑み方だよ」


との事だが、我杯は今までこの一杯の存在を知らなかった。


また、使用するライムシロップは、「明治屋のが一番 !! 」だそうである
meiji-lime.jpg
↑ コレね。 別に宣伝してるワケじゃあないヨ


ヲ通しに、
DSC02396_20150621154322f6c.jpg
筍の煮物。

薄めだが、しっかりと染み込んだヲダシが効いてるザマス


店内は最近ヲープンしたのかと思うほどキレイ
DSC02397_20150621154323a4a.jpg
どこか、料亭や割烹で修行されてたのかしら。

何か、腕に覚えアリ !! な雰囲気を背中で発するマスター 3 。


ヲ品書きにあった中から、
DSC02399.jpg
にしん煮付け

及びに、
DSC02400_20150621154326dca.jpg
ワカサギの揚げ物


…をば、ゲッツ !!


にしん…のあっさりとして、それでいて味わいの深さに感動

ワカサギ…の盛り付けが美しい…


少々の料理なら、ある程度は真似して調理出来る自信は(根拠無く)持ち合わせているが、これは真似出来まへんっ


どうやら、コチラのマスター 3 、タダモノじゃあなさそうである…



結局、我杯の他には誰もヲ店に現れなかった。


「珍しい。いつもなら誰かしら来るんだが」


「ゆうな 3 」のいつもの様子を見てみたかったが、今回それは叶わず。


危うくライム割りを4、5杯頂戴しちゃうイキヲイだったので、ここで自制してヲシマイ。




DSC02401.jpg

「ゆうな 3 …。いや、実に味わい深い、良い一軒でしたね。

千歳船橋。探せばこんな一軒が他にもまだまだあるんじゃあないでしょうか !?

そんな訳でもう一軒 !! 行って参ります !! 」



吉田類 先生 ばりに締めたくなったこの一軒。

またヲジャマしやしょう !!





駅までの帰途。
この千歳船橋には、
DSC02402.jpg
…なる通りが存在するッ !!


もちろん、あの 森繁 久彌 様 である。

かつて、千歳船橋駅から旧 森繁邸に通じる通りがいつからかこう呼ばれるようになった、つー由来があるようデス


その気になれば、屋根の上でラッパ練習出来るかも知れない…


…ん?

アレはギター? ウクレレだっけか?
(↑ どぅくし )




これだけでは気が済まなかった我杯。


もう一軒行きましょうか、と電車に乗り込んだが、これまた次回の講釈で。



まだまだハナシを 引っぱるる~ !!


tbc.jpg


聖地巡礼55 『来たぞ !! 我らの…』 ~祖師ヶ谷大蔵・まかべ~

一度、やってみたい事があるんですよ。


「鼻毛の全脱毛」


一度でいいから、鼻腔の「地肌」を体験してみたい…


何故か。


以前、ドバイだか何だかの裕福な国をテレビで紹介してたんですよ。

向こう 3 も身だしなみとして鼻毛の手入れをするというのだが、その方法がまた…。


先ず、床屋 3 で鼻の中に樹脂だか何だかを塗布した細い棒を挿し入れてもらう。

コイツはある程度熱したトロトロとした粘着質の物体なのだが、冷えると固まる性質のもの。

で、数分置き、冷え固まって鼻毛を存分に絡め取ったトコを、一気にブチブチブチッ…


撮影クルーのシトが試しにコレを敢行し、一気に引き抜かれた痛みでもんどりうっていたが、ゴッソリと引き抜かれた鼻毛を想像したら、何だか、是非やってみたい !! みたいな衝動に…笑


…何か、日本でも出来るような、代替品は無いのかな?


アロンアルファ…だと、内側の皮膚まで持って行かれてしまうか…



さて。

祖父母の墓参を口実に、小田急線沿線の居酒屋巡りを敢行した(罰当たりな)我杯。


とある駅にて降車、ホームから改札に向かうと…



ンヲッ !?
DSC02355_201506141821139a7.jpg DSC02356_20150614182114212.jpg
ウルトラマン !!
ゾフィー !!
キング !!
レヲ !!
アストラ !!
80 !!
ユリアン !!
ゼアス !!
ナイス !!



DSC02357.jpg DSC02358.jpg
セブン !!
ジャック !!
エース !!
タロウ !!
メビウス !!
マックス !!
ティガ !!
ダイナ !!
ガイア !!
アグル !!
ネクサス !!
コスモス !!



我らが地球の平和を守ってきたウルトラの戦士が出迎えてくれた、この駅は…



DSC02360.jpg
祖師ヶ谷大蔵 也ッ !!



駅前の案内板にて、
DSC02359_20150614182703886.jpg
ウルトラマンがスペシウム光線を放つッ !!




そして、駅前広場には…
DSC02362.jpg
いたぞッ !! 我等の ウルトラマン !!


そう、この祖師ヶ谷大蔵という地は、ウルトラマンシリーズを世に送り出した「円谷プロ」があったのだッ !!
(↑ 今は跡地にマンションが建っている)



因みにウルトラマンの足元に垂れ下がってるタスキは、選挙の投票を呼びかける目的のものだったようだが、肩に上手く掛からず、このような状態に。

傍らで役員だかなんだかのシトが「タスキが掛からないよ~なんて困っていたが。


…ふふんっ
ウルトラマンは全宇宙の平和を護る存在。

地球のツマラナイ選挙なんぞにそれこそ肩入れするようなヒマな無いのだッ !!
(↑ 総選挙とかには『全く興味の無い』
ヲトコ…笑)



そのウルトラマンの功績(?)に与って街を盛り上げていこうということで、駅前には、
DSC02363.jpg

素晴らしいッ !!
DSC02364_20150614182707118.jpg
『ウルトラマン商店街』が展開しているのだ !!


…何とステキな…


商店街が大好きな我杯、祖師ヶ谷大蔵は「宇宙一住みたい街」になってしまったヨ



そんな祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩3分。
今回の潜伏先がこの、
DSC02366.jpg

まかべ


何とも味わいのある外観である


暖簾を潜ったのが17:43(ヒトナナヨンサン)時。
店内はコの字カウンター席、小上がり座敷が 3 卓ほど。

モチロンにカウンター席に着陸した我杯、先ずはのヲーダーに
DSC02367.jpg
酎ハイをば
ヲ通しは りっちゃん リッツ。



この「まかべ 3 」は 吉田類 先生 が御降臨された聖地。
DSC02368.jpg
先生のサイン色紙は見当たらなかったが、その御足跡はしっかりと



カウンター席で語らう御常連 3 。
DSC02369_201506182104118d9.jpg
その楽しげな表情に、このヲ店の居心地の良さを我杯も共有できた。
カウンター内では、マスター 3 が焼き台と向かい合う。


その焼き台から我杯の前に届いたのは、
DSC02371.jpg DSC02372.jpg
DSC02373.jpg
ゲソ焼き、ぼんじり、レバの 3 串。

方向音痴の我杯、ここへ到達するまで案の定の無駄足。
(↑ バカモノ)

疲れたカラダにこの塩味は染みる染みる、染みるッ !!
(↑ …はい、大切な事なので3回言いましたよ…笑)


いいねぇ、この温かい雰囲気…
DSC02374.jpg
…この右片隅に写り込んでいるヲ兄 3 方の会話が聞こえてきた。

聞き耳を立てたつもりは無かったが、狭い店内、どうしても耳に入ってしまったのだが…


どうやら、以前住んでいたアパートの隣人とのトラブルについての話。


「…ヲレが聴いてた音楽がウルサイッ !! って、クレームきたんだよ。

うるさいったって、こんな(と、手でその大きさを示す。小脇に抱えられるようなサイズだった)小さなラジカセで、しかも聴いてたのは○○だよ?
(↑ よく分からなかったが、そんな派手なロックバンドとかではないらしい)

そしたらソイツ、ヲレが留守の時にヲレの部屋のドアノブの鍵穴にアロンアルファ注入して固めやがってよ !!

その上、ヲレの表札に『ウルサイ』って落書きしやがんだよ !!


ここで我杯、密かに大ウケしてたのだが、


「いや、流石にアタマきたからさ、ヲレ、そのアパート引越する際に、ソイツの部屋のドア鍵にアロンアルファ、逆注入してやったさ !! 」



ははははは



次なる一皿に、
DSC02377.jpg
サーモンステーキをば

…鮭の塩焼きね。

DSC02381_20150620165308e4f.jpg
皮が美味ェんだよッ !! 皮がァァァ~ッ !!





店内には数枚のサイン色紙が飾ってあったが、その中に…


DSC02378.jpg
野球マンガのネ申、水島新司 先生の色紙が !!
ケツバットガール…笑



小上がり座敷の壁…
DSC02380.jpg
染みのように見えるのは、これは、ヲ客 3 が寄りかかった跡なんだろうか。

多くのシトが寄りかかって、それが跡として残って。

この「まかべ 3 」に長い年月、多くのシトが訪れたという証やね…



ゴチソーサマでした


今回の一席を振り返る。
DSC02382.jpg

この一軒は、
DSC02383.jpg
商店街から外れた小さな路地にある。

遠めに眺めると、仄かに燈る提灯が温かく感じられる…


日の暮れた商店街
DSC02384_20150618210740ee5.jpg
街灯もウルトラマンを模したデザインに。


この造形は…タロウだなっ。

ウルトラマンが見守ってくれる商店街。

何とも頼もしいこと、この上ない !!



駅に戻る。



DSC02385.jpg
ウルトラマンが見送ってくれる。


いい街だ、祖師ヶ谷大蔵 !!

3分と言わず、3日滞在したかったぜ !!

これは我杯は「帰ってきたノミトラマン」として再訪せねばなるまい !!



ホームにて電車の到着を待つ。
DSC02387_20150618210743f13.jpg
列車の発車メロディは、

来たぞ 我らの ウルトラマン


徹底したコダワリ振りだぁね



次の一軒を求めて、我杯の小田急線沿線逃亡劇は続く…


tbc.jpg

聖地巡礼43 ~梅ヶ丘・洒落亭~

変なニュースを小耳に挟んじゃったヨ


何でも、福岡県にある女子大「進みたい学科がある」と受験しようとした20代の「男性」が、それを、即ち男性である事を理由に受験を断られ、それを不服として国に訴えた、つーハナシ。



…。




…う~ん。


「女子大」って、言ってるよねぇ…
gzgz



だったらさ、我杯も人生やり直したいから、幼稚園に入園させてくれ、と言う。
(↑ ちょっと違う…?)



「入り口」の入り方、解釈が自分本位過ぎないか !?




…まあ、世の中面白い、ってコトで !!


ははははは、っと



さてと。
 DSC00325_20141115150147209.jpg
DSC00328_20141115150149967.jpg

経堂駅近くの聖地「赤ちょうちん 太郎」にて至福の一時を過ごした我杯、調子付いたイキヲイで今度は梅ちゃん駅に降り立った

この時、何だか「夏まつり」みたいのやってましたね…笑


駅から目的地へと向かう途中、
DSC00329.jpg
コチラのヲ寿司屋


すンげぇシトだかり !!
安いのか、美味いのか、評判のヲ店らしいが我杯はスルー…笑


目指すのは、この地の「聖地」のみなり !!




それこそがコチラの一軒、
DSC00333.jpg

洒落亭


古風な外観の雰囲気に、我杯の波動Alcエンジンは更なる唸りを上げる !!


DSC00332.jpg
…コレ、何て言う道具だったっけ?

カチカチ山で、我杯や カーノさん みたいな性格のタヌキが背中に火を点けられてしまう道具…笑


…それはともかく、非常に好い意味での「田舎情緒」満点の一軒に、開店と同時に潜伏 !!




…大正解 !!
DSC00339.jpg
呑み師魂を一気に沸点に導くロング・カウンター。


もう、これだけで一杯頂戴した気分になれるゼ !!


目の前には、
DSC00338.jpg
腹が鳴る鳴る大皿料理(とマッハ号)。



ヲ品書きを眺める。
DSC00337.jpg

DSC00341.jpg
ふ~む、ふむふむ…
(↑ 日本酒、大好き)

DSC00343.jpg
…こりゃ、タマラン !!


チェーン店に入れな(玲奈)くなってしまったのはですね、こーゆーこ(優子)となんですよ。


いつも用意してある「定番」ではなく、

「今日は(たまたま)こんな一品がありますよ !! 」

といった、その日ならでは、なメニューに出逢える。


それこそが居酒屋巡りの醍醐味ではないでしょうか?



へいへいっ !!
DSC00340.jpg
先ずはの一杯にホッピー
ヲ通しの丸芋の胡麻和えでスタートを切る。


まさに目の前にあった皿料理、
DSC00344.jpg
長芋の酒盗煮 をばヲーダー

DSC00345.jpg
煮込まれた芋の旨味、和えられたネギの歯応え…。
まさに「酒盗」の名に相応しい味わい…


酒呑であったことを幸運に思う…


店内の様子。
DSC00350.jpg
画像じゃ他に誰もいないみたいだけど、実際は席が埋まるほどの盛況。
皆、このヲ店の雰囲気と酒肴に惹かれて集うのだろう。


我杯も 吉田類 先生 のヲ導きとは言え、一人の酒呑みとしてこのヲ店に惹き寄せられたのは必然に思う…。


御常連 3  との一杯
DSC00352_2014111515081780c.jpg
…普段、ヲ店の片隅でムニャムニャ言ってるシトなんだろうな…。

一見の我杯を「話し相手が出来た !! 」といわんばかりに色々と話掛けてくれましたヨ


だけどもですね、



「何だろうとな、アナタはまたこのヲ店に来なくちゃいけない !!

ここで、また呑まなきゃいけないんだよ !! 」



…と頂戴したヲ言葉に、我杯は打ち震える…。






応 !!


例え、行手に二日酔いが待ち受けていようと、


それが避けられヌ運命(さだめ)ならば


「望んでいたぞ」と微笑む魂(こころ)、既に我が心中にアリ !!


これこそ酒呑みの「覚悟」なり !!
(↑ 大仰…笑)




酒呑みが腰を据えて呑めるヲ店の雰囲気、美味い酒肴…。

我杯は立て続けに「当りに巡り逢えたようだ



祖父母をダシに使うようだが、墓参は毎年の恒例行事にしなけりゃならないようか !? …笑




本厚木、経堂、そして梅ヶ丘。



小田急線沿いの聖地巡礼を楽しく、十二分に堪能した我杯、心地良く地球(自宅)に帰還…



…しなかった !!






トドメ !!
DSC00354_2014111515240742a.jpg
帰途、降りちゃったよ…笑


さぁて、ここで我杯は何をしたんだろうか !?




それは次回の講釈で。

旅はまだまだ続きます…
tbc.jpg


聖地巡礼42 ~経堂・赤ちょうちん 太郎~

ヲイヲイヲイッ !!

chiaka.jpg
何が「密漁団」だ !?

思いっきり 強盗 じゃあないか !?


悠長な事言ってないでさぁ、撃っちゃえよ !! 沈めちゃえよ !!
吹けよ、ネ申風 !!
悪いヤツラを鮫の餌食にしてしまえ !!


221031.gif 「え。あんな(杏奈)不味そうなヤツラ、ハラ減ってても喰いたくないッスよ




本当に何から何まで節操の無い国だっ !!



…将来、食料から資源から、全てに於いて枯渇する時がやってくるだろう。

その時、アイツラは

「ここは最初から我が国の領地だったアルヨ !! 」

とかヌカして進出、否、侵略してくるのだろうな…。


そして、いつか、世界が終わりを迎える時、その引き金を引くのは間違い無く彼らであり、最後まで生き残ってるのもまた彼らなんだろうな…。



SFコミック「テラフォーマーズ」という作品がある。

遠い未来、火星を移住できる環境にする為に、特殊な苔とゴキブリを送り込む計画が実行される。
しかし、そのゴキブリ達は人間大の姿に異常進化し、人類に襲い掛かる…といった物語?



…。


いや、別にゴキブリ呼ばわりするつもりはありませんがね、生命力は近似しとるかなぁ、と…




さて…笑


初上陸、小田急線・経堂駅。


本厚木で祖父母の墓参を済ませた我杯、ちょっと一杯引っ掛けた後、 吉田類 先生 が降臨された一軒を目指し、この地へ降り立ったのだった


駅の目の前には、
DSC00297_20141110194736818.jpg
すずらん通り


…つー、小粋な商店街通りがある。
この通りに、今回目指す一軒があるのだ



徒歩2分もなかったか、ビルの一角を覗き込むと、
DSC00298.jpg
鈍赤色の提灯が目を惹く…


足元には、
DSC00299.jpg
目指す一軒の看板が我杯を誘う…


ビルの合間の路地に入ると、今回の聖地、
DSC00300_20141110194739508.jpg

赤ちょうちん 太郎


…が営業中
勿論、開店時間に合わせて訪れた


入り口前には、
DSC00301_20141112060345c71.jpg
コレデモカ、な 吉田類 先生 アピール…笑


早速に暖簾を潜ると、 先客 3 が一組、既に杯を傾けていた


カウンター席に座した我杯、
DSC00302.jpg
先ずはの酎ハイで腰を落ち着ける


最初のヲーダーは何にすんべかなぁ、と思ってたら 先客 3 がやたらと

「コレ、本当に美味しいねぇ !! 」

と絶賛する一皿があり。


そこまで言われてはヲーダーしない訳にはいかない !!


その一皿がこの、
DSC00303.jpg
さつま揚げ である。


一見、何のヘンテツなのだが、
DSC00304.jpg
店主 3 の地元、鹿児島より入荷している一皿。
(↑ 店主 3 は鹿児島出身。…そう !! ゆきr(略)


醤油やタレも不要、そのままで美味しく頂戴できる一品に、グラスは瞬く間に空になる。


「好物に本腰を入れる
DSC00305.jpg
加茂錦 微濾過 純米吟醸 (新潟県・加茂錦酒造㈱)

店主 3 が冷蔵庫からこの一本を取り出すと、この瓶は米袋のようなパッケージに包まれて登場 !!


その呑み口・香りもまさにヲ米 !!

米特有の甘い香り、味わい…。

まさに、日本酒とはヲ米なんだ !! 」と再認識させてくれるウレシイ一杯 !!


この一杯で、我杯の波動Alcエンジン、フル・ドライブ !!


次なる一杯に、
DSC00308.jpg
月山・特別純米


…をばヲーダー

月山つーても、山形県・産ではなく、
DSC00309.jpg
島根県は吉田酒造㈱ の醸である。


DSC00307.jpg
一口するや否や、その深い味わいに今回の逃亡劇が正解であった事を知る…。


流石、島根県、鳥取県の左側だけあるぜ !! (← ???)



…つか、山口県の「東洋美人」や鳥取県の「此君」、この一杯といい、アッチ(笑)の日本酒は侮れませんなぁ…。

要・開拓、だな !!



…って、この至極の一杯に合わせるのは、勿論に刺身


だが、サカナの刺身ではなく、店主 3 ヲススメの
DSC00312.jpg
鹿児島地鶏の刺身

…をば頂戴する。


見て見て、このピンク !!
美味ヲ~ !!


その一箸は、
DSC00313.jpg
勿論、魚類にはないタンパク質フルな味わい。


笑い死にする程に美味かった。


その旨味と「月山」とのツープラトン攻撃に我杯の脳髄は3カウント寸前 !!
(↑  !!  !! …ワアアアア !! )


目の前には多数のヲ品書き。
DSC00310.jpg
どれもこれも美味しそうで、チョイスに難儀した…笑


店内には数多くのサイン色紙。
(↑ もちろん、 吉田類 先生 筆も)
DSC00311.jpg
隣り合わせた 先客さん とヲ酒談義


我杯より少々年齢は上だったかな?
口髭のダンディな紳士だったが、かなりの呑み師のようだ…。


当方に迎撃の用意、アリ !!


「居酒屋巡るなら、ただ呑むのではなく、ついつい銘柄にこだわってしまうのがワタシの悪いクセかな?

ビールだったら○○でしょう !!

△△置いてる店なんかじゃ呑まないよ、ボクは !! 」



…あ、それ、我杯もそうです !!


なんてな感じにかなり話が弾んだが…。


「ボク、一回(脳溢血)やっちゃってるんだよね。

でも、退院して事後の検査とかヲールクリアして、先ず最初にやったのは飲酒だったよ…笑





…。



fhhhh.jpeg

酒呑み、ヲロカな生き物なり !!



「赤羽にちょくちょく出向きますんで。またヲ逢いしましょう


そう言い残して 先客 3 は退場
好い(酔い)一時を過ごした…





我ながらアカンなぁ、と思うのだが、調子に乗った我杯の日本酒攻勢は止まらない。


今回のもう一杯は、
DSC00314.jpg
栄光富士 純米吟醸 無濾過生原酒 (山形県・富士酒造㈱)


…をば、ラスト・カップに頂戴する
(↑ ヲ。今度こそ山形県である)


どうしてですかねぇ…。
DSC00316.jpg DSC00317.jpg
グラスに注がれた薄琥珀色の液体に、我杯は富士の山頂をも越える高みに登り詰める訳ですよ…。



一見にも関わらず、我杯にも明るく接してくれた店主 3 ご夫婦に、このヲ店の持つ「温かさ」を十二分に感じた…



そう、我杯はまたもや素晴らしい一軒に巡り逢えたのだ。



名残惜しいが、今回はここまで


DSC00318.jpg
ヲ店を出て、暮れなずむ経堂の街を見上げる。


それにしても「赤ちょうちん 太郎」、ホンマにえぇヲ店やったなぁ…
DSC00322.jpgDSC00323.jpg
再訪を胸に期し、我杯は比類無き小田Q線に乗り込む



勿論、



「次の一軒」に乗り込む為に、だッ !!



そして、到着したるは、
DSC00324_201411120610051c9.jpg
梅ちゃん !!



さぁて、ここで我杯を待ち受けたる一軒とは、いかなるヲ店だったノカ !?


いい加減に酔っ払っていた筈だった我杯が、更なる覚醒を見せる !!




…のだが、これまた次回の講釈で。

旅はまだまだ続きます
tbc.jpg

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login