酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼51 ~蒲田・さしみや 五坪、山城~

規制が掛かる前にドローンを購入しようと思うんですよ。


…しっかし、日本の40代にはロクなヤツがいないなぁ !?
(↑ ははは)



…さて。

京急蒲田駅前の聖地「権兵衛」に潜伏した我杯、次なる一軒を求めて賑やかな柳通り飲食街をフラつく。



次のターゲットは…

さしみや 五坪


コチラも酒場放浪記にて紹介された一軒。

1階の立ち呑みスペースと、2階は通常の居酒屋スタイルとで分かれたヲ店なのだが、庶民派(← ?)な我杯は立ち呑みスタイルをばチョイス


店名の通り、店内は狭い

コの字カウンターにへばりついた我杯、
DSC02000.jpg
先ずはの酎ハイで再スタート


ヲ店の ヲねいさん がヲ品書きを供してくれる。
DSC01999_201504191905217f8.jpg
ふ~む、ふむふむ…

手頃な品々が手頃な価格にて


この時は、
DSC02001.jpg
二人の個人客と、御常連 3 か、一組の先客 3 がチビチビと。

個人客 3 は我杯と同種のニンゲンか、スマホで飲み食いしとる酒肴の画像をパチパチと記録しとった。


「今、コレをツマミに一杯やってるッス

…とか、発信しとったんだろうか。


この時の我杯はフラゲな気分だったので、
DSC02002_201504191905242db.jpg
ちょろっ、とした からあげ をば


だが、今回イケたのは、
DSC02004.jpg
この ホタルイカ天 !!

美味かった !!


いや、具材や調理は何のヘンテツなのだが、
DSC02005_20150419190705284.jpg
ホタルイカのコクと、塩味がこの時の体調に合致したのか、妙に嬉しくなって、思わずニコニコ、コジマコみたいになっちゃったんですよ


この時も他のヲ客 3 達とのカラミは無かったのだが、ふと、店内の片隅に目をやると…
DSC02006_20150419190707c0b.jpg
何でしょう、映画評論家の 水野晴郎 先生 にクリソツな人形が…笑



サクッ、と呑んだトコでシメ
ヲ店を出る。



…。




…あ、いけね。


店名に「さしみや」ってあったのに、刺身を頼まなかった !!



せっかく蒲田まで来たのだからと、以前にも潜伏した聖地、


DSC02007_201504191907084d7.jpg

山城



…へ再潜伏

ヲ店入り口脇には、煮込みや ヲでん が温かそうな湯気を立てて並べられていた


店内を覗くと、マスターが一人でチビチビと呑んでいた…笑

DSC02008.jpg
大きなテーブルにて 酎ハイ、煮込みで再々スタート。


「…あれ? いつだったか、ウチに来たシトかい?」


マスター、薄っすらと我杯の事を覚えてくれていた


そうそう
以前、
初めて潜伏したのにも関わらず、大騒ぎしたニンゲンですよ…笑


「埼玉だっけ?わざわざ来てくれるなんて、嬉しいねぇ…


この時は、
DSC02009_2015041919082624e.jpg DSC02010_2015041919082791c.jpg
テーブル中央の鍋はダンマリ。
入り口脇で煮込まれていた ヲでんが供される


…今度は我杯以外に誰もヲ客が来ない。


この日は土曜日。


「いつもなら誰かしら顔出すんだけどな。こんな日もあるんだなぁ」


じゃあ、もういいや、とマスター、東京は青梅、奥多摩の自然が生んだ銘酒、
DSC02013_20150419190830e32.jpg DSC02012_20150419190829d45.jpg
DSC02014.jpg
澤乃井・冷酒を取り出して
(↑ ははは)


マスターとアレやコレ、懇々と語り合った。

「ヲレはねぇ、本当は病気色々とやってるからヲ酒呑んじゃあ、イケナイんだよ。

…ンな事、出来る訳ないじゃないか
…笑

医者から言われるよ。

『呑んじゃいけないのに呑んで、何とも無いのはスゴイ !! 』

…ってなぁ !! 」



自慢か !? 自慢なノカ !?


…そうだ !!

自慢なのだ !!

酒呑み、それは自身の命を削ってまでもヲ酒を求める悲しき存在。


…否 !! 命を捨てて誇りを守る気高き存在なのだ !!
(↑ うあははは)


壁を見ると、
DSC02016_201504191909433e4.jpg
マスターの似顔絵。


浅草へ出掛けた際に描いてもらったらしい。
DSC02018_201504191909463d6.jpg


…それにしても、なんとも温かみのあるイラストだぁねぇ…

どんな方が描いたのかしら?
後日、サインにある「ちする」、もしくは「ちずる」で検索したのだが、思しき結果は見当たらなかった…


女性のイラスタレーター 3 らしいのだが、思い当たる方がいましたら教えて下さいね~。



「ヲ店に来るヲ客の子供が描いてくれたんだ」
DSC02017.jpg
ノートに鉛筆描き。


マスターが慕われる人柄である事は言うまでもなく



何だか、人の家に上がり込んで呑んでた感覚だったワイ


こちとら埼玉帝國なんでね、中々に行けるロケではないが、近くに来たら必ず潜り込みたい一軒。


さて、じゃあ帰ります、〆て下さいとなったが、マスターもシコタマだったので会計は実にあやふやだった(←
ks.gif )


そんなマスターは帰り際に何かヲ土産を持たせてくれた。



遠路遥々と帰路に就き、地球(自宅)へ帰還…。



翌朝


玉手箱の中身は、
DSC02019.jpg
ドッサリな海苔巻き !!



…これは増々に再訪せねばなるまい…。


…とはいえ、蒲田。


遠いなぁ。


どなたか、どこでもドアを貸してくれまいか?

聖地巡礼50 ~京急蒲田・権兵衛~

いつもヲ世話になってヲります。

ふ~む、ふむふむ…。

何でも国のヲエライ 3 達がまたもや悪企みをしているようだ…。


何でも、

『自民党は酒の安売りを規制するために、酒税法改正法案を国会に提出。

酒類販売で適正基準を決め、量販店などによる安売り競争から小規模な酒販店を保護するのが目的。

従わない業者には販売免許取り消しも可能とする措置を取る』


…という内容らしいが…。


…。



でっけぇヲ世話だ、バカヤロウ



我々が生活していく上で、不可欠な「安売り」を規制するとは、どーゆー了見か !?

ただでさえ消費税のせいで我々のダイドコロジジョーは逼迫しているというに、どうしてここまでチョッカイ出してくるんだろうねぇ !?


…とはいえ、安売りするようなヲ酒はあまり呑まない我杯…


…う~ん、まあ、諸般の品々が更に値上がりするような処置はヤミてケロよ


もしくは、タニガキとかいう輩をブン殴らせてくれればいーや。
(↑ 我杯的になんか癇に障る…)




…。

京急蒲田駅。


チョイと思うところがあり、彼の地周辺に赴いた。
(↑ 何か、駅poidな画像が撮れなかった)

この頃、(以前にも述べたが)近年稀に見る心身的な絶不調に陥り、ヲ酒ドコロか食事もマトモに摂らない状況であったのだが、まあ、我杯的に

「控え過ぎるのもよくないだろう」

…という勝手なコジツケの元、社会復帰(?)の意味を込めて…笑


駅周辺は再開発が進行中で、大きな工事用の衝立が張り巡らされていた。
あとしばらくもすれば、駅前には大きなビルが建つのだろう。


そんな京急蒲田駅周辺には、
DSC01978_20150410224215446.jpg
賑やかな商店街、飲食店が軒を連ねる。


これはこれは…


何とも選択に困るが、こんな時は我らが 吉田類 先生 の御足跡を辿るのが正解であろう


今回潜伏したのは…
DSC01980_20150410224215205.jpg

権兵衛

「酒場放浪記」で紹介された一軒。


入り口は半?地下に
DSC01981.jpg
再開発の影響で2013年に移転していたようだ。
道理で番組で見た時と佇まいに違和感を感じたハズである。

まあ、看板に変わりはないので間違いはアルマイ。


暖簾を潜る


店内はカウンター5、6席とテーブルが3、4卓ほどだったか。

カウンターには 先客 3 が一組。

カウンターに着陸した我杯、先ずは、
DSC01983_20150410224218e64.jpg
ヲ燗酒でスタート


半月以上振りの一口が腹にズシリ、と染み渡る…


コチラの一軒、 吉田類 先生「レバーステーキ」なる一品を召し上がられていたトコロから、モツ系の肴が美味そうである

…とは言え、リハビリにはキツイ一皿みたいだったので、
DSC01984_201504102246026b0.jpg
モツ煮込み をば頂戴しましたよ。

甘めの味付けに、ちゅるんりゅるん♪ に煮込まれたモツがTastes Good !!



…あ~、このブログを御覧の皆さん(特に女性)。


ヲ肌の美容効果があるとされる「コラーゲン」


実は経口摂取では全くと言っていい程、


何の効果もない


…らしいですぞ。

食べても、その効果的な成分はカンジンカナメのヲ肌には届かないんだと

そんな、美容だか医者だかの先生が仰ってたので間違いは無いかと…。




…まあ、信じる者はスクワット、頑張ってくださいネ !!




美容もビョ~ンも関係無い我杯は、
DSC01985_20150410224603209.jpg
にごり酒を一献。


…誰だ、リハビリがキビシイとかヌカしたヤツはっ。


煮込みが心許無くなってきたので、次の一品を。
DSC01986_20150419182123857.jpg
串焼きでも頂戴すんべぇかと、

3本ばっかり。
ヲ店の女将 3 が焼き上げた串焼きを供してくれる。
DSC01988_20150410224606078.jpg
「はい、右からね、タン、カシラ、シロね~」

了解で~す。
恐縮で~す。


手書きのヲ品書きてのはいいですな
DSC01991.jpg
いつでも同じメニューがあるよりは、その都度違ったものが供される。
そんな時節のアラカルトを感じられる楽しみ。


さて。
今回の逃亡劇は少々珍しい事となった。
DSC01990_20150419182125eda.jpg
店内にいらした御常連 3 やヲ店の女将 3 とかと、一切のカラミが無かったのである。


我杯のような一見 3 が来ると、大体のヲ店では、DSC01992_20150410224844183.jpg
「何処から来たの?  何? 酒場放浪記観て、わざわざ来たの? 」

…なんてな話になるのだが、今回は。


これは排他的とか、無愛想だったとかではなく、いつも通りの面々で賑わう「権兵衛」の様子を垣間見る事が出来た、と言える。


この時は御常連 3 一組の他、我杯の後から来た、やはり御常連 3 がかなり久々に顔を出したらしく、ヲ店の女将 3 と、あのシトがこう、このシトがああだ、と情報交換をしきり。


なるほど、いつもこんな感じに盛り上がっているのだな、と所感したトコでシメ


振り向きザマの権兵衛。
DSC01994_201504102248475d0.jpg
入り口上に掲げてある看板は、移転しながらも前のヲ店から持ってきたもののようだ。
看板を守る、とゆーヤツか。


次なる一軒を目指す


この京急蒲田駅前には、
DSC01996_201504102248497c2.jpg  DSC01995_20150410224846682.jpg
…という飲食店街が大層賑やかに広がっている。

多くの赤提灯やネヲンが煌めく通りは、逃亡的リフレイン、再訪を誓いたくなる


しばし、通りの賑やかさを楽しみながら千鳥っていたら…






ぬぬぬっ



我が両親の声が聞こえる…


何故、こんなトコで親の声が聞こえるのだろう…?


どーやら、我杯に何か一言あるようだ。


その「一言」とは…???





Image137~00



…。


全く、その通りです…

さぁ~せぇん…
tbc.jpg

2014 こぼれ話 聖地巡礼46 ~蒲田・山城~

(前回までのあらすじ…笑)

酒場逃亡記・初上陸の蒲田「鳥万 本店」にて至高の一時を過ごした我杯と KTJM兄さん 、次なる一軒を求めて彷徨う…。


次なる一軒は、我杯が以前から潜伏したかったヲ店。


それこそは、


山城


吉田類 先生酒場放浪記にて紹介されたヲ店なのだが、実は我杯には少々懸念があった。


というのも、実にアットホームな一軒として紹介されていたのである


「アットホームな雰囲気なら、入り易いではないか?」


…と、思われるかもしれないが、番組を観る限りでは 御常連 3 だけが集うヲ店 といった印象を受け、流石の我杯でもアウェーで終わってしまうのでは !? と心配していたのだが…。


まあ、 KTJM兄さん という心強い味方もいたので、思い切って暖簾を潜る


「いらっしゃい」


店主 3 が迎え入れてくれた他には誰もいない。


店内中央に大きな堀コタツ様式の卓。

その卓の一角に、
DSC01409.jpg
大きな鍋にて、多種多様のネタが出番を待つ


他に誰もいなかった、とゆーことで、
DSC01410.jpg
ゼイタクに対面の布陣


…居酒屋というよりは、もうほとんど「人の家」に上がり込んでしまったみたいな…笑


多数の御常連 3 に囲まれて…を期待&警戒していた我杯は、少し肩の力が抜けた
DSC01414-1.jpg
店主 3 にゴアイサツ

DSC01415_20150202210738c1b.jpg DSC01417_20150202210739a5e.jpg
気さくな店主 3 と酌み交わしつつ、目の前の大鍋からいくつかチョイス、熱燗で流す…


…たまらん…


しばし、ほっこり、とした時間が流れ、我杯と KTJM兄さん は暮れ行く2014年を見送る…。


…う~ん、最後は静かに、ゆっくり締まるノカ…




…と、ヲ酒の ネ申 様 は、そんな日和った考えの我杯を許さなかった !!


程無くしてヲ店に入ってきた、
DSC01420-1.jpg
御常連 3 達との大宴会、勃発 !! …笑


ここで我々の「呑み師魂」が大再燃 !!


あ"あ"あ"~ !! よっしゃいくぞ~ !!


何でも、ジョギングだか、マラソンだか、とにかく健康的な走りを御趣味とされていた皆さんだったようで、ひとっ走りされた後にヲ店に立ち寄られたようである


ああ~、我々も同じですよ。

居酒屋から居酒屋へと走り回ってたんですよ。
(↑ どぅくし )


ここで我杯と KTJM兄さん は夢の場面に遭遇する。


なんと、
DSC01422-1.jpg

DSC01423-1.jpg
淑女、淑女、淑女に囲まれたのである
(↑ 画像上:鼻乃下 デレ夫 画像下:目尻 下がり之助)

修正した画像越しにも我杯のデレスケ振りが十二分に伝わるかと…笑


余りにも有頂天になった我杯はこの後、生まれたままの姿で高速回転、全身を桃色に染めた桜吹雪となって蒲田の夜を飛び回るのであった…
(↑ ???)


…をっと、夢の大歓迎で、箸が動かない…笑
DSC01418.jpg
ヲ通しは酒呑みに嬉しい品揃え

この日は出番は無かったが、
DSC01419.jpg
通りに面した焼き台は、炉辺焼きよろしく焼き魚も堪能出来る。
店主 3 は以前は伊豆にて板前 3 として御活躍されていたそうだ。


一気に賑やかになった店内の雰囲気を堪能しつつ、
DSC01426_20150202210959977.jpg DSC01424_201502022110004e6.jpg
青梅の銘酒・澤乃井 で今回の逃亡劇、その成功を祝す
ヲ通しの厚焼きたまご、その絶妙の甘さに澤乃井のキレが冴える


「このヲ店は本当に良いヲ店です」


満面の笑みで教えてくれた御常連 3 の言葉が印象深い。



最後の最後で「めぐり合い」が出来たワイ




点数つけるなら、100点満点で1080点(税込)ナリ !!



必ず再訪を果たす !!



熱い思いを胸に秘め、我々はヲ店を後にしたのだった…




帰途、散々呑んだくれた割には平穏に地球(自宅)へと帰還。
yamato_03.gif



明朝のダメージも思ったほどではなかったのは、良いヲ酒を呑んだからか !?


そのヲ蔭で、次の日もシッカリ !! …笑




…さぁて、また蒲田方面に用事を作らなければならないな…





因みに、御常連 3 との会話の中で我杯がブログやってることがバレてしまったのだが、必死に秘匿。


…だって、こんなバカモノブログ見られたら恥ずかしいし…笑


「山城」 3 でヲ逢いした皆さん、もし、コレを御覧でしたら、「他の部分」で呆れないで下さいね~

2014 こぼれ話 聖地巡礼45 ~蒲田・大衆酒場 鳥万 本店~ Ver.1.01

ヒジョーにイヤな夢を見た。


正に「悪夢とゆーヤツだ


しかも、一晩に2ツ、クソッタレな2本立てである。


先ず1本目。

何だか、勤め先での話。

我杯は(どーゆー訳か)ヲ菓子を食べていた。

ミッキーマウスの何だかである…笑


そしたら、同じ職場のシトが現れ、


「そのヲ菓子、ヲ得意 3 に持って行く筈の品だよ !?

何で食べちゃうの !?

ココラ辺には売ってない、浦安限定のヲ菓子だぞ。

どうしてもこのヲ菓子じゃなきゃ駄目だから、今から浦安まで行って買って来て !! 」



…と、叱責を受ける。



ええ~ !?

今から !?
(↑ 夢の中では、あともう少しで終業時間だった)


何で今から浦安へ行かなくてはナランのだぁぁぁ~ !!


思いっきり(変な意味で)ハラワタが煮えくり返る我杯。



何で得意先に持参する菓子が、ミッキーネヅミの何たるかでなくてはならないノカ。


いや、それ以前に、イイ歳こいてヲ菓子を勝手に食べて、それを咎められる我杯って…


何かヲかしいぞ、そう思ったトコで夢が覚めた


因みに、こんな夢を見たのは、その日の昼間に甥っ子のデゼニーランド土産を食していたコトに起因すると思われる。



そして、更に追い討ちをかけるかのような悪夢を見たのだが、コレマタ筆舌に尽くし難く、ココでは表現不可能。


夢とは言え、そんなモンで快適な眠りを自ら妨げる自身に腹が立つ。


…いや、一番悪いのは イヤミくん だ !! …笑



さて。

KTJM兄さん と2014年最後の逃亡劇を繰り広げる我杯は初上陸の、

蒲田駅に降り立つ

果たして、この地には…?

DSC01376_2015020116455585a.jpg
実はこの日以前に KTJM兄さん から、

「蒲田でサイコーの一軒を発見 !! 」

との報を受け、今回の運びと相成った訳である。


そんな我々がアシを向けたるは、JR蒲田駅から歩いて2、3分に立地にある、
DSC01378_20150201164557ae7.jpg

大衆酒場 鳥万 本店

…へと。

DSC01379_201502011721212f1.jpg
このヲ店、
DSC01380_20150201172122164.jpg
何と、一軒の居酒屋ビルなのだ !!


3、4階は座敷席フロアのようで、もうビル1本まるっ、と大宴会なのである


そして、我らが 吉田類 先生 は勿論、倉本 康子 姐 3 も御降臨された一軒。


期待に胸を膨らませ、暖簾を潜る。


店内は、
DSC01382.jpg
年末だけあり、物凄い賑やかな盛り上がり振り


我々は首尾よく1階の隅、テーブル席へ着陸

DSC01383.jpg
ヲ通しは小さな柿ピーパックが供された。

早速に届いたジョッキを片手に、
DSC01385.jpg
ホイ、本番、開始 !!

この、店内の盛り上がりに一刻も早く追随しなければならない !!

我々の(変な)使命感はメラメラと燃え上がったのであった !!


さて、 KTJM兄さん はこのヲ店で魂を奪われた一皿があったと言う。


その一皿こそが、この、
DSC01386.jpg
若鶏の唐揚

…であったと !!


ほぐほぐ…
DSC01387.jpg
通常、供されるような一口サイズの唐揚げと違い、その大きなカタマリに思わずノドが鳴る


思い切ってガブリ
DSC01390.jpg
…。


う~ん !!


トリカラ、万歳 !!


スパイシー、そして、サクサクの衣に包まれたズッシリ鶏肉は充分な歯応えを感じさせつつ、柔らかな弾力でもって口中にて散華する。


ヲよそKFCとは異なる、「ヲトナのフライドチキン」 !!


久々に肉食男子に戻った我杯、この旨味をファーストジョッキの焼酎ハイボールで流す。


更なる追い討ちをかける。
DSC01391.jpg DSC01393_20150201173434a6f.jpg
鯵たたき、もやしにら玉

…を目の前に配しつつ、この皿に合わせるべき杯を模索。


ところでこの「鳥万」 3 、ヲーダーは、
DSC01394.jpg
こんな注文伝票を通すのである。


ビッシリと記されたのヲ品書きの中から、我々の通したヲーダーに素早くチェックを入れる店員 3 に、プロの在り方を見た !!


ヲ酒が進めば、食も進む
DSC01398.jpg DSC01399.jpg
ねぎホイコーロー、揚げなすをつまむ為に、我杯は、

DSC01397.jpg
いか酒

…に手を出す。


炙ったイカを、燗酒に放り込み、あおる。

炙られたイカの香ばしい香りが我杯の鼻腔を至福へ誘う…


この時、我杯は『世界』になったのだ。
(↑ ??? )




そして、『時』は動き出す…。



gogogogogo.gif
DSC01402.jpg
…はっ


…何故、目の前に「アジフライ」が !?
(↑ この日、2皿目…笑)


「ヲレ、アジフライ大好きなんスよ」


…なるほど、 KTJM兄さん のスタンド「ピーチエンジェル・ハルヲちゃん」が発動したという訳か。
やれやれ だぜ…
(↑ ???)




しかし、賑やかなヲ店である。
DSC01406_201502011739583bc.jpg
しかも、安い !!


安心して寛げる雰囲気。


蒲田。

我杯の本拠地・埼玉帝國からアシを運ぶのは中々難しいが、逆に近所でなくて幸運だったかも !?


こんなヲ店が近くにあったら、毎日通ってしまうのは間違い無いからである。


財布が保たない…笑



我々は過ぎ去ろうとする2014年末をシッカリと堪能するのであった。




流石は聖地 !!


またの再訪を期しつつ、我々はヲ店を後にする



もちろん、せっかくの蒲田である。


もう一軒 !!



しかし、ココは我杯にとってアウェーな土地柄 !!


深入りすれば、またもや帰途の電車で乗り過ごし、大損害を被るんじゃあないノカ !?


果たして、我杯は無事に済むのだろうかッ !?






dounaru

「どうなる !? 酒場逃亡記 !! 」





この後の少しも気にならない逃亡劇は次回の講釈で…
 tbc.jpg
チャンチャン♪

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login