酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


豆富プロです ~ 北浦和・豆富(とうふ)料理 季節料理 おみ ~

暑い。



今まで、どう頑張っても65kgを切らない体重だったが、63.7kgとか、見たこと無い数字が…。



びっくりぽん
ガガーンガガーンガガーン



…若かりし頃、「痩しぇればモテる !! 」て思うとったが、

そりゃウソやと判った今日こん頃ばい。
(豪雨に負けるな !! 九州 !! )



呑み歩き。


一言で申さば、それこそ呑気な道楽ではあるが、

呑み師には、酒場探求、そしてその良さを見付け出す『技』が必要。


そして、酒場側は言わずもがな、

美味い酒、料理、そして、ヲ店の雰囲気でヲ客を納得させる『技』が必要…。




技と技…。

激しくぶつかり合って、脆く砕け散るのは、

ヲ客か。

ヲ店か…。

(OPナレーション:加藤登紀子 様 )


さて、やって参りました北浦和。

比類無きJR東日本、京浜東北線に所属の駅であります。

しかし、線路名称上では東北本線となっているものの、旅客案内には東北本線と案内はありませんっ。

そして、埼玉帝國が世界に誇る大宮駅より4.3kmの距離に位置し、1日の平均乗員人数は約50,000人であることは、
熱心な呑み歩きファンの皆さんならば、既にご承知の事かと思われます。
(↑ ロングスピーチ)




そんな北浦和駅西口より徒歩3分。

そこが今回の第2ラウンドの会場ッ !!
DSC08553_2017070815593183d.jpg

豆富料理 季節料理 おみ

DSC08554.jpg
前回にこの北浦和をフラついた際に、このバカモノ・ブログの視界に入った一軒であります !!


さっそくにリング・イン !!


ああっと、なんという展開でありましょうかっ !?
DSC08562.jpg
実に落ち着いた、居酒屋独特の『和み』に溢れた店内であります !!

DSC08561.jpg
実に、実に『和』の魅力を十二分に醸し出した店内であります !!

そして、店内のカウンター内には今日日珍しい、純白の割烹着に身を包んだ女将 3 !!


果たして、昔は芸者 3 だったかと思わせるような落ち着いた、上品な雰囲気 !!


かくも白いガウン(← 割烹着)が似合う佇まいは、他には『狂乱の貴公子』リック・フレアー以外には有り得ないでしょう !!
(↑ )



そして、カウンター奥席には、御常連 3 のヲ姉 3 が一名ッ。


末席に着陸しようとしたバカモノ・ブログでありますが…


「あら、せっかくだから、もっと近くにいらっしゃいよ」



ああっと、御常連 3 ならではこの余裕 !!


かつて、女子プロレスの頂点に君臨した女王・デビル雅美 様 もかくや !!


せっかくのヲ声掛けを頂戴しましたバカモノ・ブログ、リング中央に着陸
DSC08555.jpg
先ずはの一杯でゴングが今、鳴ったッ !!


ヲ品書きの登場ッ
DSC08556_2017070815592517c.jpg
「かわいいデザインでしょう? 河童橋で売ってるのよ」


なるほど、確かにこれはかわいらしい。



かつて、その可愛らしいルックスによって一世風靡した女子プロレスラー、

キューティー鈴木 様

…も、今は既に二児の母。

旦那 様 は元・ホストであることは誰もが知るトコロであります。
(↑ ほっとけや)


コチラ「おみ 3 」、看板にもありますように、「豆富料理」が自慢のヲ店。
DSC08557_20170708155925d7a.jpg
それもその筈、女将 3 は鶯谷の豆富料理の老舗名店笹之雪(※)にいらした方。


※…笹之雪

創業が元禄4年(1691年)だという、とにかくスゴイ老舗の豆腐料理店。

正岡子規とか、赤穂浪士とかも来ちゃってたらしいですよ。




因みに、「豆腐」「豆富」表記にしているのは、縁起担ぎだそうですよ。





毎朝、鶯谷のヲ店まで豆富を仕入れに赴くという、女将 3 。


そんな女将 3 にヲススメを伺うバカモノ・ブログ。


すると、
DSC08558_201707081559278e2.jpg
ちりむし豆富

…が登場ッ !!


ヲススメ、即ち、フェバリット・ホールドだッ !!


蒸し器によって丁寧に蒸された豆富と玉子に添えられた鯛の切り身がこの上ない連携を発揮ッ !!


この連携…

ファンクス兄弟、もしくはスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディの超獣コンビを彷彿するぞッ !!





…いや、この一品…


マジで美味いです !!








「どこから来たの? ここらでよく呑むの?」



ここで嬉しい御常連 3 からのヲ声掛けだッ !!


親睦を深める酒場逃亡記ッ !!


躊躇わず行くよ !! 何も手加減しないで !!
DSC08559_20170708155928aa1.jpg
女将 3 、御常連 3 と杯を合わせるッ !!


これこそ酒場の酒(シュ)ートサインッ !!




get serious !!
DSC08560_20170708160147452.jpg
女将 3 に二杯目を求めるぞッ !!




せっかくの豆富専門店 !!


二皿目も豆富をばヲーダー。



すると女将 3 、


「ちょっと研究中の(メニュー)があるんだけど、食べてもらえるかしら?」



ああっと、何が飛び出すのでありましょうか !?


ヲクトパス・ホールドか !?

それとも急角度のバック・ドロップでしょうか !?
(↑ ンな訳あるかい)
DSC08565.jpg
…これは…


一口…






…大根 !!

大根が細かく刻まれた食感が間違いなく確認出来ました !!



しかし、これは豆富料理ッ !!


豆富が間違いなく含まれている訳ですが、果たしてこれは…


何やら、胡麻の風味を感じ取った酒場逃亡記でありますが…


「ああ~、いい線いってる !! 」



…ああっと、何ということでしょう !!


「味」の正体を教えてくれません、本日の女将 3  !!


しかしながら、必殺レシピを公開してしまっては、それは自らの手の内を明かすこと !!


これは レスラー 店主にとっては自殺行為であります !!


ここでの微妙な攻防を制する女将 3 の手腕、

正しく「豆富プロです」との堂々の発言と取って差支えないでしょう !!



それにしても、
DSC08563.jpg
実に落ち着く、和める雰囲気の店内であります。

DSC08564.jpg
伺えば、この地・北浦和にて40年の営業だそうであります !!
(↑ 大驚嘆)


創業以来、女将 3 一人で切り盛りしてきたこの一軒、

北浦和の趨勢を誰よりも眺め続けてきたのは間違いありません !!



御常連 3 と女将 3 のハナシが尽きることがありません !!
DSC08567.jpg
今回は実に落ち着いた日だったそうであります。


「いつもなら常連客がチラホラ来るんだけどねぇ…。

うん、大体は女性のヲ客なのよ」



ああっと、これは貴重な情報であります !!


人生シングルマッチの酒場逃亡記、これはマメに通うしかないでしょう !!


ヲ土産を貰った。
DSC08566.jpg
何でも、「切り絵」の作家 3 がヲ客としていらしているそうで。


これは嬉しいヲ土産であります !!


また、このカレンダー更新の頃合にヲジャ魔女させていただきましょう。



「ダメダメ。もっと近いうちにいらっしゃい


これは嬉しい一言であります !!


この一撃に、今宵の酒場逃亡記は見事に3カウントを聞いたのでありました !!



試合終了…。
DSC08568_20170708160146273.jpg
リングを降りた今宵のバカモノ・ブログ。



実に楽しく美味しい一時でありました。





帰途に就くのであります…
DSC08572.jpg
果たして、次回はどのような試合展開が待ち受けているのでありましょうか !?


それでは興奮冷めやらヌ北浦和会場よりヲ別れです。


皆さん、ごきげんよう !!






たった一度の人生で

何度 本気で呑めるのだろう

(胃腸)傷つけられても 後には引けない

この酒…

愛の呑み師たち 発進篇 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

いつもヲ世話になってヲります。


カール、売ってた


ドラッグストアに、ぽんっと。


ヒサブリに口にしたせいか、とっても美味かった



嗚呼、モノの有り難さは無くしてからではないと理解出来ないノカ…



そんな訳で皆さん、こんにちは
DSC08534.jpg
ヤマト2観られて万々歳のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。



ガトランティス篇は、


ヤマトが海中より飛び立つ場面の為だけにある物語。

yamato_03.gif
agagagagagag 



…どれだけこの場面で血沸き、肉踊らせたことか… !!
モーレツに!!



大感涙後の さいたま新都心駅前。
DSC08535.jpg
心地よい余韻を自身の内に秘めつつ、

舞い降りたる、
DSC08536.jpg
北浦和。


…最近、我杯の中で指折りのパゥワースポット。



…つか、浦和って何だか落ち着いた、居心地の良さを感じられる場所のような。



駅から徒歩数十秒、
DSC08537.jpg
ハッピーロードの脇をすぐ曲がった通り、

今回も逃げ込んだる、
DSC08538.jpg

大衆割烹 鳴子




 吉田 類 先生 御光臨の一軒だけあり、暖簾を潜る際の「安心感」は保障されている。



カウンター席に着陸


既に気持ち良さそうな御常連 3 が一人



この「鳴子 3 」に潜伏したからには外せない、
DSC08540.jpg
「晩酌セット」をば、ヲーダー



先ずはの一杯に、
DSC08539.jpg
キリンをば


我杯も発進 !!



今回の晩酌セット。
DSC08541.jpg
豚バラ大根、ヲ通し(シューマイ)

…が届きましたよ



大根、染み染み…




もう、これだけでキリンは空になった。



追加の一杯、
DSC08546.jpg
レモンサワワ



…の到着と同時に、
DSC08545_20170626204426d91.jpg
いわしフライ

…が到着


先の二品で結構な大満足なのだが、ほろ酔い加減で口にする

揚げ物

は、その旨味を倍増させる…。





いよいよ暑くなってきましたねぇ



そんな時期、
DSC08547.jpg
入り口を敢えて半開きにするヲ店ってのは、涼やかな雰囲気を醸しつつも、

店内の様子を開示し、初見のヲ客に対してその敷居を下げる


…という、集客的にかなり有効な手立てだと思います。
(↑ 語り)




さて。


個人経営の居酒屋 3 ならば、必ず

「自慢の自家製一品」

…ってのが、ある筈でして。



勿論、この「鳴子 3 」にもありますんで、ヲーダー


それこそが、
DSC08549.jpg
自家製厚揚げ



いや !!

しかし !!

これが !!
DSC08550.jpg
ホンマに美味いんですわ !!



いわゆる「練り物」に含有されたる、絶妙な油加減 !!


その中に練りこまれたタマネギの歯応えが


全宇宙の厚揚げファンに食べて欲しい逸品ナリ !!




賑やかな御常連 3 が登場
DSC08548.jpg
入店するなり、マスター相手に翌日の競馬予想を声高に論じ始める。




「何たって大きなレースを買わなきゃあ、競馬は意味無いよ !!

当てようなんて思っちゃダメだ !!

外れてもいいや、という気持ちで買わなきゃな !! がッはッはッは !!





…それこそ意味が無いんじゃ…?




「晩酌セット」は開店の17時から20時までの限定メニュー。
DSC08551.jpg
御蔭様でとても安く呑めるのであります。





さてさて。


程好く我杯内の波動Alc.エンジンも廻り始め、



次なる一軒に向け、両舷前進強速、黒二十 !!



…ですが、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…


tbc.jpg

地酒立ち呑み ~ 北浦和・COVO ~

よっしゃ~。




そんな訳で皆さん、こんにちわ
DSC08533.jpg
空梅雨のヲ蔭で洗濯物がよく乾くバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。



DSC08530.jpg
当ブログは皆さんの応援を差し置いて、結婚宣言なんてしませんので御安心下さい。
(↑ できない)



DSC08532.jpg
さてさて。



北浦和の夜を彷徨する我杯と ケムラー先輩 。
フラフラフラフラ

フラフラと歩を進めていたら…

ヲや


なにやら、ステキな一文が我杯を誘いますよ。



それこそは地酒立ち呑みのヲ店、
DSC08387.jpg

COVO


…なる一軒。


「酵母」ね。


ディスプレイは、
DSC08388.jpg
なんとも魅惑的な「美女」が勢揃い。


これ潜伏しなければならないでしょう


店内にも、
DSC08389.jpg
これはタマラン !!



実に小さなスペースで、
DSC08390.jpg
これは期待、大 !!



ふ~む、ふむふむ…
DSC08391.jpg
この「1st Order set」なるのがヲ得そうですね




三種類チョイス出来るというので、
DSC08393.jpg
ARROZ ワイン酵母仕込み純米酒
(埼玉帝國・㈱釜屋)


DSC08395.jpg
原田 特別純米酒
(山口県・㈱はつもみぢ)


そしてやはり、埼玉帝國産の日本酒であり、我杯のヲキニの銘柄である、
DSC08397.jpg
花陽浴(はなあび)
(埼玉帝國・南陽醸造㈱)


…の三種類を楽しむことに
DSC08398.jpg
「原田」はにごり。


それでは、
DSC08399.jpg
ぱんぱ~い


この三種類の中で我杯が気に入っちゃったのは、「ARROZ」。


ワイン風に仕上げられたこの一杯、口当たりはまさしくワイン。

それでもって、やっぱり日本酒なものだから、「米」の風味は確かにしているという。


実に不思議な一杯に巡り逢ったワイ。

美味しかったので、もう一杯所望した



DSC08400.jpg
一緒に出てくるヲつまみがこれまたヲ酒に合う


箸に行き場を与える為に、
DSC08402.jpg
茄子煮浸し


DSC08403.jpg
自家製ポテサラ

…をば


我杯は日本酒研究会の一員として ケムラー先輩 殿をヲ迎え致すべく、
DSC08404.jpg
JOJOに ケムラー先輩 殿に日本酒を浸み込ませる作戦に出ている。

 ケムラー先輩 殿が日本酒に強くなるまでこの稽古は続く…。




様々な地酒を手軽に楽しめる、これまた良い一軒に出逢ったワイ
DSC08405.jpg
またまた、潜伏させてもらうことにしやしょう。



 ケムラー先輩 殿がフラついてきちゃったので撤収
DSC08406.jpg
北浦和、まだまだ「鉱脈」が眠っていそうですね。


これからもバンバン掘り起こしていきやしょう。



それでは皆さん、また来襲、もとい、来週。


Have a good Ririka ~ !!
(↑ )

郷に入らば… ~ 北浦和・ペントハウス ~

いつもヲ世話になってヲります。


特に予定の無い日は、ひたすらキッチンで料理しているバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。



方々の居酒屋で出会ったツマミ、肴を果たして自身で再現出来るノカ。


いや、到底出来っこないんスが、自分なりの

味の分析

…っつーんスか?


アレやコレ、試行錯誤しながらアレ混ぜたり、コレ刻んでみたりしてたら…。


「ヲヲ !? 我ながらヤルでは内科 !!


パカパカパンパンパ~ン♪
agagagagagagagagagag



わがはい はレベルが あがった !!

ほうちょうさばき の すばやさ があがった !!

あじ の ちょうごう が じょうず になった !!

さんまいヲろし の わざを ヲぼえた !!


…と、JOJOに腕前が上がってる…?



…だが、難点、アリ…。



鍋の容量100に対して、130くらいの具材を突っ込んじゃうこと、しばしば…
(often)




明日から向こう3日間はシチューを食べ続けねばならなくなった…





電車が通過する 轟音と風の中…


我杯は ケムラー先輩 殿と合流し、
DSC08269.jpg
千駄ヶ谷駅に降り立ったんだがや。
(↑ ニコちゃん大王)


アレですよ。
DSC08270.jpg
東京体育館で行われた「共生スポーツ祭り」に赴いたハナシです。

我等が 吉田類 先生 のトークイベントが行われた時のネタです。



トークイベントだけでなく、
DSC08272.jpg
色んな催しが行われてたんですわ。



そんな中、人体の動きをサポートするバックアップユニットの体験が出来るブースがあったので試してみた。



重い物を楽に持ち上げたりできるっつー、アレ。


事前に筋肉から発せられるパルスみたいなものを読み取るパットを貼り付けられ。


いざ、ユニットを装着、重量物を持ち上げてみる…
DSC08292.jpg
…が、どうにも我杯の動きと合致しない。

何故かしら


スタッフのヲ姉さん曰く、

「もう、『持ち上げよう !! 』と意識するだけで、筋肉にパルスが走っちゃうんです。

無心で持ち上げると、上手くシンクロしてくれるんです。

シンクロ率上げるには、少々のコツが必要なんですよ?」



…むう…。


そんな、汎用人型決戦兵器みたいなシステムが実用化されとったとは…




…ヲっと !!
DSC08298.jpg
素晴らしいブースもあるではないですか !!


別のブースにあった、
DSC08297.jpg
牡蠣をサカナに、一献


このイベント、 吉田類 先生 とも握手出来たし、大収穫の一時でした



さて。
DSC08356.jpg
会場を後にした我々、

DSC08357.jpg
今度は市ヶ谷へ降り立ったんだがや。

DSC08358.jpg
外堀を越え、徒歩10分ほど…


大の自衛隊マニア、 ケムラー先輩 殿を、
DSC08361.jpg
…へと御案内…笑


こんなん眺めて喜んでるのは我々だけや !!
…笑
DSC08363.jpg
稲田ともちん、いないかしら?


そんなアホな戯言を発しながらも、滅多に訪れる機会のないこのロケ、

まさしくヲトナの遠足 !!


いいじゃないですか、いつもなら躊躇してたことも、太陽は許してくれるんですよ。
(↑ ???)



皆さん、こんにちは。


「詠め !! 鉄道川柳 !! 」の時間です。


これは、鉄道に関する一句を詠んでしまえ、っつーコーナーです。


…とはいえ、鉄道ファンの間ではかなり有名なアソビ。


芸人・ダーリンハニーの吉川 3 の得意技でもあったりする。



そんな中、東京メトロ・南北線で一句
DSC08368.jpg
飯田橋 市ヶ谷 四ツ谷 永田町


全国各線、津々浦々で詠めます。


「ウチも一句、詠んだるゑ?」


…てな方、御投稿下さい…笑



さて、今回、滅多に訪れない都内の「聖地」巡りを画策しとったのだが。
DSC08373_201706101717557ac.jpg
我杯のリサーチ不足で、このような憂き目に…


ケムラー統合幕僚長 殿、方々に無駄足、申し訳アリマセンでした !!

(↑ 軍法会議)



流れ流れて、北浦和の鉄板、
DSC08376.jpg

ペントハウス


…に漂着。


日はまだ明るかったが、店内には既に数組の先客 3 。


カウンターに着陸


我杯は好物のホッピー黒。

 ケムラー先輩 殿は生ビールを所望されたのだが…


「生ビール…?

…ああ…あるにはあるんだけどね…」



…と言ったきり、マスターは黙った。


…我杯は知っていた。


生ビールのサーバーは店内の奥にあり、

カウンター内で動くマスターの立ち位置からは離れているのだ。


そして。


マスターはそこまで行くのが、

面倒

…なのだということを。
…笑



それを察した我杯、ホッピー黒を二組ヲーダー


そしたら、スグに出て来た…笑
DSC08377.jpg
不思議そうな顔をされる ケムラー先輩 殿。
(↑ ははははは)



とにかくこの「ペントハウス 3 」はモツが美味い !!
DSC08380.jpg
串焼き !!

DSC08379.jpg
煮込み !!


その濃厚な旨味は、他店と一線を画す !!



そしてそれは、手元のホッピー黒を瞬く間に空にする。


追加ドリンクに酎ハイをヲーダー…


…したのだが、
DSC08382.jpg
水割りが出て来た。


マスター曰く、

「…ああ、あぶく入れるの忘れちゃったよ」
(しれっ)



…これが、「ペントハウス 3 」なんである。



このスタイルを知っている我杯、いや、実は水割りが呑みたかったんですよ !!

…と調子を合わせてみたら…。


「…そうだ !!

君は、このヲ店が分かってる !! 」




…マスターから認められたぞ
(↑ いいのか !? )


御常連 3 の輪に突入
DSC08383.jpg
「この店はな、俺達が客じゃあ、ないんだ。

マスターが客。

俺達が接待しなきゃなんねェんだよ
(笑)


衝撃の事実に抱腹する ケムラー先輩 殿。


DSC08384.jpg
相変らずテキトーな応対ながらも(笑)、心地好い時間を過ごせる一軒


マスターも御常連 3 も、訪れる度に(いい意味で)テキトーに迎え入れてくださる。

DSC08385.jpg
これからもボチボチ立ち寄らせて頂きやす !!





さてさて。




楽しい一時を過ごした我々。


更に北浦和を楽しむ義務がある !!




任務遂行の為、哨戒行動を続行 !!




…しましたが、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…


tbc.jpg

まだまだ燗酒 !! ~ 浦和・新井商店、和浦酒場 ~

いつもヲ世話になってヲります。




れぢすた 3 が遊びにいらっさった。


何だか、個別相談会だか何だかがあったらしい。



それじゃあ一杯引っ掛けますか、と浦和へゴアンナイ。



れぢすた 3 も酒呑みだから、イキナシ日本酒でも構わなかんべぇ、と。




浦和では何度かヲジャ魔女している、


新井商店


…へと潜伏


この日はたまたま、
DSC07919.jpg
開店2周年だったので、全品表示価格より2割引の特典が。





DSC07915.jpg
我が埼玉帝國の地酒を手軽に楽しめる一軒。

呑み比べセット(今月の埼玉帝國のヲ酒)を堪能する。



マスター 3 ヲススメの、
DSC07917.jpg
ローストビーフ

をヲ出迎え。


更に、
DSC07918.jpg
ネギホイル焼き


…を頂戴する。


ごま油で焼いた、簡単な一品だが、それ故にウマイ



先ずは、準備運動


本腰を入れるべく、以前からチェックしとった一軒、
DSC07923.jpg

和浦酒場


…へ突入。


この一軒を何で知ったかと申さば、我等が 吉田類 先生 と双璧を為す酒場巡りの達人、

太田和彦 先生の「ふらり旅 いい酒いい肴」なる番組で非常に良い印象を受けたが故に。


ヲ店は、
DSC07924.jpg
ビルの2階に。

酒呑みにはキケンな角度の階段を昇る。


DSC07925.jpg
さてさて、どんな一杯が待っていますかね…

先の新井商店 3 で軽く日本酒だったので、
DSC07927.jpg
ヲ口直しにビールをば


…随分と縦長に見えるグラスである。

こーゆーの見ると、鶴とキツネの童話を思い出すんだよなあ。
(↑ ヲ互いが食事に招待してヲきながら、食器でイタズラするアレ)


そんなイヂワルは我々には勿論、無い !! …笑
DSC07928.jpg
はい、乙です~



(↑
ありやとやんした)




さて、ツマミは何にしやしょうか。

手書きのヲ品書きを眺める。
DSC07929.jpg
ふーむ、ふむふむ…


…あ、コレ、美味しそう !!


つーことで、
DSC07931.jpg
新玉ねぎホイル焼き

…をば
(…この日はネギばっか食べてたのね…笑)



そのまんま、シンプルな一品だが、玉ねぎの持つ甘みを堪能。


後日、自宅でもやってみて、かなり美味しかったので、その日はかなり呑み過ぎた。




さて、コチラの「和浦酒場 3 」。


ウリは様々な温度で楽しめる『燗酒』でして。

DSC07932.jpg
カウンター奥に鎮座する酒燗器。


このヲ店には「看板娘」ならヌ、『燗番娘』なる方々がいらっさって。

実に丁寧に燗をつけて下さる。



はたまた。

皆さん、『夏子の酒』という漫画を御存知ですか。


亡き兄の意思を受け継いだ妹がOLから転身、実家の造り酒屋でヲ酒造りに奮闘する物語。

和久井映見 様の御主演でドラマもありました。


その漫画の原作者である、尾瀬あきら 先生が、このヲ店をモデルにした漫画を現在執筆中。


更にはヲ店にもいらっさる、という御関係があるらしく。

店内には先生直筆のスタッフ 3 の似顔絵イラストが飾ってあったり。


供される平杯には、
DSC07937.jpg
先生のイラストが描かれている。


…う~ん、何か、ブンカテキ…


埼玉帝國の銘酒、「神亀」を始めとして、
DSC07933.jpg
様々な純米酒が名を連ねる。


どれもこれも、
DSC07934.jpg
ヲ初にヲ目にかかる銘柄ばかりである。


先ずはのヲ燗酒に、
DSC07935.jpg
「神亀」を頂戴し、燗酒だからこそ香り立つ風味を味わう。



刺身が気になったので、
DSC07944.jpg
盛合せを頂く。

炙りで供される刺身は、脂が閉じ込められるから、クチにするとその旨味が倍増するのよね


今回、座したカウンター席。
DSC07926.jpg
あれよあれよで満席に。


テーブル席も、
DSC07940.jpg
ほぼ埋まり、実に賑やか。


隣り合わせたヲ客 3 にヲススメを伺ったトコロ、
DSC07946.jpg
「いづみ橋 恵」なる銘柄を御指南頂き、


DSC07949.jpg
頂戴した。



我杯的に、神奈川県産のヲ酒はあまり見かけない。


また新たなる「味わい」に遭遇してしまった。



…う~む、そこそこに日本酒なるものは呑んできたつもりだったが、どうやらまだまだ。
DSC07947.jpg
「真の日本酒通」になる為には、まだ長い道のりを歩く要があるな… !!



結構呑んだ…。
DSC07952.jpg
れぢすた 3 をヲ見送りし、一人、夜の浦和駅。



翌朝、割と健やかなる目覚めを迎える。





やっぱ、アレですかね。


燗酒はヲ酒自体が柔らかくなるから、身体に無理が無いんですかね?


…そうか、初めて知ったよ !!
(↑ 何を今更…
gzgz)

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login