酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


感涙(かんなみだ)サプライズ2 ~北千住・大升、ごっつり~

到着、北千住
…しかし、まぁ、ここまでハマってしまう場所とは思わなかった。
都内のどこへ出掛けても、どうしてもここで降車したくなってしまう位、「逃亡者(のがれもの)」の我杯にはウレシイ場所である。
例によって、東京スカイツリーライン(笑)北千住駅・西口に出た我杯、ガンダムのビームライフルよろしく、真直ぐに呑み屋横丁を目指す

…ん~、この雑多な雰囲気、落ち着く…
吉田類 先生のように後手に組み、ブラブラと次なる逃亡先を物色…。

やがて、行き着くは…
DSCN3269.jpg
…ぬをを…
この佇まい…
ここを素通りしては、「逃亡者(のがれもの)」の名折れ!!

いざ!!
DSCN3270.jpg
大衆酒場 大升


DSCN3271.jpg
…駄目だぜ!!
身体が、本能が、ココのヲ店で一杯引っ掛けることを求めているぜッ!!
四の五の言わずに逃亡だッ!!
こんばんス~

…ウナギの寝床
店内はL字カウンター12,3席のみの造り。 唯一空いていた席に我杯は着陸

呑みたくて、仕方が無ェッ!!
DSCN3257.jpg
故其疾如風、ソッコーで酎ハイ@310をオーダーだ
ぱんぱ~い

…いやぁ、ツイてる
満席ジャマイカ
このヲ店、何かあるな…
DSCN3258.jpg
…しっかし…

DSCN3259.jpg
千社札のように壁に貼りまくられた、オーダーの数々…
神社を彷彿させるぜ。

…待てよ。

「黄ばんだメニューに外しは無い」

…そうだよな、衣ヤン?…笑

…と、我杯の目の前に、ダイレクトに手書きの「推しメニュー」が。

よしゃ。 牛煮込み@380、下さい
DSCN3260.jpg
来た来た

かなり落ち着いた村上ショージさんのようなマスターが、静かに我杯の前に鍋を置く。
見ると、並びの殆どの先客さんの前には、この器が置いてある。 期待、極大

食。

…。
zudon.jpg
をををっ!!
久々に来たぜッ!!
煮込みにしては、サラッ、とした食感だが、コイツは常習性、アリ!! 危険だ!!
まさに、味覚のエマージェンシーや~!!(←?)

…それにしても、入客の割には沁み沁みと、静かに呑める雰囲気だ

たまたま居合わせた先客さん同士の会話が、耳に流れ聞こえてくる。

「酒はただ呑んで、酔えば いいってモンじゃない。店で呑む、という事に意味がある。

だから、最近は 八代 亜紀 の歌の意味が判ってきたんですよ…」

我杯とあまり歳の変わらないであろう御仁が、遥かに年配の先客さんに、静かに、しかし、熱く語る。

そんなことを語らせる原因に、
DSCN3261.jpg
こういった、

DSCN3262.jpg
気取らず、しかし、確実に残ってきたものが一因となっている事に、不思議は無い。

完食、牛煮込み
DSCN3263.jpg
昔懐かしい、学校給食の食器を思い出させるぜ…


吉田類 先生に倣って、〆サバ@350をオーダー
DSCN3266.jpg
売れてます
そこかしこに〆サバブームが巻き起こりんぐ

それに合わせて、ぬる燗@450をオーダーしたのだが…
daimuster.jpeg
…来ない
完全に忘れられている…

damasu.jpeg
入れ替わり立ち代りに、客足の途絶えないことに加えて、いつもいる筈の女将さんが、不在らしい。
再確認しずらい雰囲気だったが、意を決して

あの~…

「あ、ゴメン。 あったまってるよ

ヤットデタマン
DSCN3267.jpg
…ふぅ~、ムマイ…

沁み沁み呑めば 沁み沁みと 想い出だけが 行き過ぎる…

…ああ、我杯にも、子供の頃から聴き慣れたこの歌詞の意味が、ヤット理解出来た気がシタマン…

それにしても、入客が途絶えない。
老若男女、問わずにここの雰囲気を愉しんでいる。
勿論、我杯も、ずっとここに居座りたい気分に駆られている…。

近くの御常連さんが、
DSCN3268.jpg
「このカウンターはな、40年前から変わらず使われてんだよ」



テキトーにフラついて、このような当りに出逢えるとは…
どうやら、我杯、一冊の本を出版出来そうか!?…笑

しかし、驚き。

「土曜日は、混んじゃって廻し切れないから、定休」

そんな、モッタイナイ…


駅前全てが「黄ばんだメニュー」の北千住、またもやグランプリ候補を発見してしまった我杯、勿論、「ヲキニ」を目指して東口へ逃亡…

感涙(かんなみだ)サプライズ ~鶯谷・鳥椿~

いつもヲ世話になってヲります。

最近、各方面の方々から、

「ブログの更新、遅くなってない?」

と、言われてます。

ええ、遅くなってます

どうにも、好きでやっている事とはいえ、常軌を逸した部分もチラホラ出始めてしまい、

「これは、いくない!!

と、ヲノレを戒めるため、別件の外出機会を増やした為であります

なので、これからは期待をせずに、それでも首を長くして待っていて下さいね…笑

さて。
とある週末、我杯にある出来事が。
都内で買物をしていたところ、
「君のことが好きだから と、大声 で伝えたい位に 会いたかった」
シトにバッタリ遭遇
あまりの涙サプライズに我杯、祝杯を挙げることにしたのです

とはいえ、フラついてた鶯谷の聖地「ささのや」は、この日は休業日
なので見付けた
DSCN3243.jpg
炭火焼 鳥椿


DSCN3244.jpg
朝1000(ヒトマルマルマル)時から開店している、強気なヲ店
こじんまり、としてて、いい潜伏が出来そう
初逃亡であります、こんちわ~

…狭い
L字カウンター7席、小上りと呼べない小上りが2卓。狭いカウンター内を、愛想の好いヲニーサンが切り盛り。
先客さん2人が、既にほろ酔い状態で気分良さそう
我杯、カウンター席に着陸

この日も寒かったですからね、
DSCN3246.jpg
ヲ湯割り(レモン入り)で、ぱんぱ~い
…いやぁ~、偶然とはいえ、僥倖であったワイ

我杯の目の前に
DSCN3245.jpg
特大の「キンミヤ」の瓶。 4.5L入り
う~ん、ギガンテス

このヲ店、推しメニューは勿論、鶏
もう、これでもかっ、て位に鶏推しなので、鶏からは恨まれているでしょう…笑
中でも、鬼推しなのが、
DSCN3247.jpg
コイツ
因みに、コイツは小骨の先っちょに、一口サイズの鶏肉が付いている、その形状からのネーミング

…99個まで推さなくても…

アマノジャクな我杯、
DSCN3248.jpg
ヤッコ@200をば

先客さん、このヲ店のウリ(であろう)「メガジョッキ・1000ml入」のホッピーを堪能中
…そんな、ホッピーばっかり呑んでると、ホッピーになっちゃいますよ?

せっかくですからね、鶏に恨まれてみましょう
揚物入手(フライングゲット)
DSCN3251.jpg
豪快 手羽の一本揚げ@300

…ん~、こ、コイツは… 原形を留めているだけに…

でも、酎ハイで、がっつり!! 頂戴しやしょう

塩味の味付けがトコトン効いた、手羽フェチには堪らない逸品ですね

ゴチソーサマでした
画像 007



食後の「御姿」は、更に生々しくなってしまった…
一つの生命を糧に、我杯は生かされている事を実感した一瞬…

時間的に1600(ヒトロクマルマル)時か、チラホラ、と入店してきたお客人で、カウンター席は埋まってしまった

シメ
ヒョイ、と逃亡した割には、静かに潜伏出来た良店でした。
流石、我杯

ヲ店を出て、その並びに…
hukube.jpeg

苔生してますがな…
営業してるかは判断できないが、もし、機会があれば逃げ込んでみたいものだ…


さて。
まだまだ日はありますからね、勿論、逃げ回りますよ

DSCN3256.jpg
流し撮り成功
この後、日暮里駅にて常磐線にヲ乗り換ヱ、目指すは「北千住」であります
つづく


剛腕喫茶、再び ~宮代・キッチン&カフェ オリーブ~


たまにはね、アルコール以外の一品も口にしますよ…笑

久し振りにね、「とある武道」でヲ世話になったジョージさんの喫茶店に、我杯のキタネー面を出しましたね


昼時でしたから、ランチのキーマカレーをば

いや、ムマイっスよ!!


そして、「あの」ベーハラさんが一気に6杯も(笑)飲まれたっつー、ゴヂマンの紅茶をば

…ヲミゴト!!

ストレート、砂糖入り、ミルク、どれも非常にイケますわ

「うん、ウチの紅茶は美味いと思う

…あ。
自分で言っちゃうのは、いくない!!…笑

T.Kura会、発足 ~春日部・麻生、こい~

いつもヲ世話になってヲります。

我杯の所属する「とある武道」の道場、その大先輩であるT.Kuraさんとの逃亡の機会を得た。

T.Kuraさん、道場では重鎮中の重鎮であり、筆頭家老、平成の田之倉孫兵衛と、その大きな御役割を表現する言葉に枚挙が無い…笑

実は、今回の仕掛け人も「またまた」タッキーさん

御二人、「とある武道」の稽古終了後の合流なので、例によって我杯は一足先に逃亡開始

目指すは東武伊勢崎線(…あ、東武スカイツリーラインだ。変なの)・春日部駅西口から徒歩5分ほどにある、
やきとり 麻生


何度か逃亡したことはありますが、ヒサブリっすね。
こんばんみ~

店内は大きなコの字カウンター、30席くらい。 小さなテーブルで2卓。
1900(ヒトキュウマルマル)時くらいに逃亡したのだが、御常連さんや家族連れのヲ客でほぼ満席

店内奥のカウンター席に着陸した我杯、さて、何を頂戴しやしょーか
DSCN3223.jpg
ムマそうなヲ酒、ヲ酒、ヲ酒…
(でも、我杯にとって芋焼酎は毒薬…)

DSCN3221.jpg
このヲ店、推しメニューはモチロン、焼き鳥なのだが、その他のメニューも豊富で、かつ、魅力的

…なのだが、今回は「次」があるので控えめに
DSCN3222.jpg
最近ヲ得意の酎ハイ@390で、一足ヲ先に、ぱんぱ~い

…いやあ、やっちまった…
今回で、この月の全ての週末は「逃亡生活」に費やしてしまった
しまいにゃ、怒られるぞ…

待ち合わせまで、時間はあるようで、無いみたい。
推しメニューの焼き鳥をばオーダー
DSCN3224.jpg
かわ@120、手羽先@180を塩、レバー、ハツ各@120をタレにて。

…う~ん、手羽先、ついてきた からし味噌との相性がチリバツ
レバーもクリームのようだ、ゼッ!!

…にしても、実に賑やかな雰囲気ですね
店内、満席なのだが、それをものともしない店員さんの的確なフットワークに、プロを見た!!

追加
DSCN3225.jpg
コブクロ@150、ししとう@100

コブクロは、このコリコリした食感が面白いですね

このヲ店、開店してから10年ほどだそうだが、それにしちゃあ、なんつーか「味わい」がありますね。
独りでも、複数人でも、ジックリと腰を落ち着けて呑める、ヲ酒とツマミ、雰囲気をも楽しめる、我杯のヲキニ


…ボンヤリと携帯のカレンダー眺めてたら、ありゃ、ちょうど1年前の同じ巡りの曜日にココへ来てましたね
しかも、思い出した、同じ席に座ってら
…別に何も無いけど

さて、そろそろ時間ですかね、ゴチソーサマでした


T.Kuraさんとタッキーさんをヲ出迎えする為、我杯、「こい」に向かう

呑むだけじゃ、ないヨ ~幸手・友~

寒かったしね、週末だし、アレだしナンだし。
逃亡しに行きましたよ、幸手・友へ。
アシは車だったけど、一晩位なら駐車させてくれるよね、S市立武道館!!…笑


久しぶりに顔出しても、ママさん、にこやかにヲ出迎え
御常連さんのゲッターさん、我杯、1杯も呑んでないのに、

「さ、(カラヲケ)唄え!!

…呑ませてよ~…


そしたらママさん、

「ここら辺じゃ、珍しいヲ酒があるから呑んでみて」

…って、1杯くれたのが、

…不覚!!
ヲ酒の名前、確認しはぐった!!
茨城、出身。

でも、「干し芋焼酎だって。

…げぇ
我杯にとっちゃ、芋焼酎は、劇薬なんだがな…
でも、ママさんのヲススメだし…

飲。

…ムマイ!!

あの独特のニヲイを感じない、パリサツなテイスツ

ゲッターさんのヲスソワケ攻撃も被って、我杯、機嫌好くフクヤマ兄貴と酒乱Q、上手に歌ったとさ…笑


閉店間際、ママさんと「人間社会の現実」について、語り合っちゃったとさ

…世の中には、どーしよーもない、自身にとっては、厳しい現実があるけれども、全ては自然な流れの中にあるのさ
どんなに受け入れたくなくたっても、だ。

実に単純で、簡単な答えと理由を得た我杯、上機嫌で二軒目を求めて逃げ回るが、それは次回の講釈で…

※註…別に、我杯に何らかのトラブルがあった訳ではありませんので、念の為…笑

坂道考

いつもヲ世話になってヲります。

先ずはコチラを御覧頂こう。
DSCN3181.jpg
この画像は、先日我が友人、コンバ・ボーイ と中目黒に逃亡、その道中に撮影したものである。

…別に、画像のどこかに見えてはいけないモノが写っている、という訳ではなく、単純に奥の坂道を記録しただけである。

何故か我杯、坂道(上り坂)を見ると、テンションがアガるんですね…笑

「ブラタモリ」のような考察や造詣なんぞ、カケラも持ち合わせてないですが、小さい頃から、坂道を見ると嬉しくなってくる。
たまに行うジョギング中に、近所の跨線橋は猛ダッシュで駆け上がる…笑

まだ若かりし頃、
saitama.gif
自転車で埼玉を横断した事がありましたが、

目的地は当時の「大滝村」
埼玉県の中で、一番見た目(面積)が広そうなトコだったので、行きたかったんですね。

で、秩父の方へなんとか入り込んだものの、バカですね、地図上での一番の近道を選んだんです。
すなわち、峠を幾つも越えて行く行き方

今でも覚えてますわ。
やっと上り切った坂道の先に、更に壁のよう(に見えた)な坂道が出現!!

そこで我杯、ニィヤァ~
暴れる直前のオーガのような笑みを浮かべてたんですな… (キショッ)

今はもう、そんな元気無いし、第一、坂道は愛用の超奇跡電動自転車「轟天号」でラクラクだし…

アレかな、煙と同じで、高いトコが好きだから、かな!?

高い トコが 好きだから ボクは いつも 坂に行くよ


中目黒潜伏記・後編 ~中目黒・つくねの鳥通~

さて。
待合せの時刻に少々遅参する我が友人コンバ・ボーイ(以下、kb)を待つ間、駅周辺をブラリ

少し駅から離れると、そこは閑静な住宅街
少し入り組んだ路地もあったりして、ここが古くからある街であることが伝わってきた

…なんてトコで、kbが到着したらしい。 駅前で合流

「おお、スマンスマン。(時間通りに)着くかと思ったら、着かなかったんだ」

何だ、そりゃ それを世間様では遅刻と言うのだっ

…いや、待て待て我杯
何であろうと我が友人kbは、目の前にいるではないか。
今回、遅刻したり、トマトを食べられない友人、中Z 氏に

「トマトって、本当はコーラの味がするから食べてみろよ」

と、ダマして食べさせたりしたのは、モンゴルマン、それでいいじゃないか。

納得した我杯、kbの案内で本日のメイン会場へ移動

中目黒駅から徒歩5分ほどか。中目黒銀座商店街にある、
DSCN3182.jpg
鳥通


DSCN3202.jpg
歴史を感じさせる看板には、このヲ店の推しメニューが歴然。
楽しみですね、勿論、初逃亡であります、こんばんみ~

店内、L字カウンターのみの小さな造りだが、広々としたレイアウトが心地良さそう

このヲ店の、明るく元気な女将さん(以下、母ちゃん)が我々をヲ出迎え。
我が友人kbはここの母ちゃんと知り合いだったのだ。共に再会を喜び合う。

さて、寒かったですからね、ヲ湯割り+レモンを頂戴しやしょう。
DSCN3183.jpg
はい、ぱんぱ~い
いや~、わざわざ中目黒に逃亡するたぁ、我杯も好きだねぇ

…何を頂戴しましょうか、なんて考える暇が無かったですね

「これ、食べてごらん!!」

母ちゃんが我々に出したのが、
DSCN3186.jpg
鳥の煮込み

「コラーゲン、一杯入ってるから!! ヲ肌、ハリが出るわよ!!」

…母ちゃん、ヲ肌じゃなくて、ココロのハリが出る煮込みは、あるかい?

でも、ヲ湯割りとの相性がバッチリだ

我々のオーダーは、どうやら母ちゃんのヲススメ、焼き鳥フルコースとでも言うべき路線で決定したようだ
先ず、一発目は、
DSCN3187.jpg
看板メニュー、つくね。

…そーいや、つくね、って、ヲ店によって食感が違うよなぁ…

食。

…をを!!
ハンバーグだ!!
他店とは一味違う一品を、イキナリ持って来るとは、やるな、母ちゃん…

二発目は、
DSCN3188.jpg
ひな皮。
カリッ、サクッ、香ばしさと、皮独特のムチッ、とした異なる食感を同時に楽しめる


ヲ酒は呑めないけど、このヲ店の煮込みでご飯を食べたい!!つー、ヲネーサンがヲ食事中
近所の美容院を御経営だそうで、流石に美容師さんだけあって、レイキー

「ああ、へえ、美容院経営してるんですか。じゃあ、月収いくらですか

…ヲイヲイ、kb、何を具体的な事を訊いているのだ…

三発目。
DSCN3189.jpg
砂肝、レバ、ハツ。

焼き鳥はまだまだ誤解されている」

と、母ちゃんは嘆く。
ホルモン焼きと混同する人がまだまだ多いんだそうだ。

例えば、鳥の心臓なんだから、具はそんなに大きくは無い筈だが、「これ、小さいね」と、言う人がいるとか。

…う~ん、レバ、トロトロとクリーミィですぅ

DSCN3190.jpg

ねぎま。

鶏肉とねぎを組み合わせた最初の焼き鳥職人さんに、我杯は申し上げたい。

アンタ、ネ申だぜ!!

何も出来ずに

1年が経過してしまいました。

被害に遭われた方々には、1年も10年も無い、ただただ、過酷な日々の連続であったであろうと思います。

私の友人も、小さな子供を抱えながら、避難生活を余儀なくされています。

そんな中、こんなウカレた事をしている自分に、後ろめたさを感じることも多々であります。

それでも少しでも明るく、楽しい話題を提供出来たら…と、自己弁護で解釈、言い訳しています。

すいませんが、もう少々、お付き合い下さい。

中目黒潜伏記・前編 ~中目黒・大衆酒場 おおたる~

いつもヲ世話になってヲります。

我杯の中学生来の友人である コンバ 氏(通称・コンバ ボーイ、以下kb)との逃亡の機会を得た。
kb、我杯とあの「幸手横丁」を発見し、今回は、我杯のこのブログの趣旨を理解してくれたか、

中目黒に知り合いがやってる焼き鳥屋がある」

と、逃亡を持ち掛けてくれた友情厚き漢である

そんなヤツの友情に応えるには、この1枚しかあるまい!!
DSCN3160.jpg
宇宙一「友情の厚いヒーロー」キン肉マン
第21回超人オリンピック決勝、VSウォーズマン戦で見せた、「肉のカーテン」Ver!!
この「肉のカーテン」という技は、己の両腕を盾とすることにより超人硬度を(以下、略)

…因みに、このTシャツは、「アートジャンキー」さん、つーWEBショップで取り扱って…いるかも?

さて。
到着、中目黒
DSCN3169.jpg
この日は、とある武道の出稽古へ新宿へ出掛けた、そのアシであり、それが無かったら来られないスね

kbとの待合せ時間は、1800(ヒトハチマルマル)時だが、勿論、一足早く到着
テキトーにフラついて…発見!!
DSCN3171.jpg
おおたる

…ぬっ!?
DSCN3179.jpg
最近の我杯の「火事場のクソ力」の源であるチューハイが、@100だと!?
これは、逃げ込まねばなるまい!!
こんつわ~

…おおお、広い!!
その殆どはテーブル席であり、席数は15、6はあろうか。
ほぼ満席で、それぞれの席で、実に賑やか、和やかな宴が開かれていた
外の看板にゃ、「割烹」と謳っていたが、間違い無く「大衆酒場」ですね。

インドなおばちゃんに案内されて、テーブル席に着陸
そら!!@100を持って来るのだ
DSCN3173.jpg
チューハイ@100とヲ通し。

…なるほど、@100分の分量であるな…

まぁ、酔い、もとい、良い それだけ呑んじゃえばいいのさ
ぱんぱ~い

ニューメー1
DSCN3174.jpg

ニューメー2
DSCN3175.jpg
豊富ですね。
一応、串焼が推しメニューみたいだが、こりゃ、選ぶのに迷いますね

推しメニューの串焼、といきたいトコだが、この後のヲ店が焼き鳥屋なので、
DSCN3176.jpg
揚物入手(フライングゲット)
我杯ヲ得意のゲソ揚@380と、枝豆@280を食べようじゃなイカ!!

…どうやら、御常連さんらしい、60代前後の小柄な、優しそうなシトが来店してきたでゲソ

と、インドなおばちゃん、他の席も空いてるのに、イキナシ我杯のまん前の席に御常連さんを座らせようとするじゃなイカ!!

人口過多だから、そんなキュークツな考えに陥るんじゃなイカ!!(←偏見)

御常連さん、やっぱりヲ優しい口調で

「いや、コッチにするよ」

と、隣りのテーブルへ

チューハイ2杯空けちゃった我杯、
DSCN3178.jpg
レモンサワー@100をば

モデル・女優の香里奈似のインドなネーチャン、首を傾げながら、隣席の御常連さんのオーダー訊き
…多分、全く日本語を理解出来てないぞ、アレ…

数分後、案の定、オーダーしたものとはまるで違うものが御常連さんの前に届く
しかし御常連さん、実に優しい笑顔でミスオーダーを許容する。

…ヲトナだ…
我杯も「逃亡者(のがれもの)」として、かくありたいものである…


…おお、そろそろkbとの待合せの時間ではないか

シメ

会計時に、勤続ニ十数年というヲネーサンにインタビウ

ヲ店としては40年近くの営業年数だそうで、コリはロングラン!!

…ふと、我杯の年齢って、スゲー数字なんだな、と思ふ…

ゴチソーサマですた


…おお、kbからのメールではないか。 なになに…

「ただいま、○○駅。遅刻する。 モンゴルマンより」

おわ~っ!!
まだ、30分近く呑めたではないか!!

ええいっ、許さヌッ!!
サンシャイン!! 地獄のコンビネーションだ!!
DSCN3180.jpg
グフォフォフォフォ…


果たして、遅刻超人kbの運命は!? 奇跡の友情パワーは逆転炸裂するのか!?
波乱必至の後編へ続く!! (最近、こんなんばっか…笑)

三匹が呑む!!・後編 ~春日部・こい、彩鳥~

さて。

健気に合気道の稽古に励む富士記ちゃんだったが、突然、目の前に現れた呑んだ暮れ三匹!!
果たして、富士記ちゃんの命運は!?

…つートコが、前回までのフリでしたが、勿論、彼女には何事も無かった訳で(←あったら一大事ですがな…)

このヲ店「こい」の本来の推しメニューはお好み焼き。
やはり、婦女子にはヲ食事でしょう、つー事でオーダーしてみました

鉄板を温め、油をひいたトコで、何と、那珂皮さんが服をヒミツのベールを脱いだ!!

具材をかき混ぜ、鉄板に乗せ、実にキレイな形に焼き上げていくではありませんか!!
その実に手際の良い動きに、我々が感心するのもその筈、何でも、その腕に「覚えアリ」だそうでして

DSCN3138.jpg
嬉しかったので、我杯とタッキーさんは、日本酒でぱんぱ~い
那珂皮さんの腕前に、思わず富士記ちゃんもウットリしてたとか、してないとか?…笑


…しかし、残念ながら、那珂皮さん、ここで轟沈
何でも、この日は夜勤明けで、ロクな睡眠をとっていなかったとか…
無理は、いくないですヨ

シメ

DSCN3146.jpg
「こい」をあとにする我々。
この日もウッディーは陽気に話し掛けてくれましたね。
我杯、このヲ店には「呑み」には来てないですね。
ウッディーに会いに来てるのだな
また来るよ、ウッディー。ボクはキミと友達になれたことを光栄に思うよ

那珂皮さんと富士記ちゃんは、ここで戦線離脱

更に逃げ回る我杯とタッキーさん、流れ着く先は…
DSCN3154.jpg
彩鳥

こんばんみ~

…とはいえ、我々、かなりグズグズ…
でも、相変わらずの元気なスタッフさん、100Wの笑顔で迎えてくれますね

小上り座敷に着陸した我々、さっそくスタッフさんが、

「こちら、どうです?」

DSCN3150.jpg
黎明

沖縄県発の日本酒だそうでして

DSCN3149.jpg
別角度から。

飲。

…あ~、ヲ米だ、ヲ酒だ、日本酒

独特な味わい、このライス・テイスト溢れるヲ酒に合わせるのは…

DSCN3152.jpg
阿波紅豆腐@750

実はこのヲツマミ、ネ申ツマミ候補からウッカリ外して(忘れて)しまった一品で、ある意味「酒盗」

クリームチーズのような深いコクに、手元のヲ酒はどんどん減っていく。

面白いのが、この「彩鳥」の公式サイト、この一品の紹介書きに、

「(価格が)高い、でもうまい!酒がすすむ!」

と、堂々と紹介されているトコ…笑

確かに、大きさ的には少し大きめの消しゴム位の、決して充分な量ではないのだが、その味わいは価格と見事に釣り合っている(と、思う)

美味なるツマミは、ヲ酒を更に美味しくする。
その味わいと同じく、深く酔い痴れた我杯とタッキーさん、時計を見たら、そろそろ終電だ

シメ

「ヴェェェ~!? オレ、もう電車が無いよォ!!」

タッキーさん、思い出したように嘆いていましたが、なになに、御健脚であることは存じております
我杯はまだ電車あります。気を付けて帰って下さいね~、と非情の放置…笑
(スイマセンでした)


…後日、この記事を書く為に見直した、この時の様子を記した「逃亡手帳」には…

グズグズの走り書き。

…ん?何だ、コレ。「暴走」って、書いてあるノカ!?
誰か、何かやったのかな?
覚えてますか? 那珂皮さん、タッキーさん?…笑

« »

03 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login