酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ブラウヘノ ~日本橋散策、浅草・雷門き介~

いつもヲ世話になってヲります。

とある祝日、噺家の「鈴々舎馬桜(れいれいしゃ ばおう)」師匠 の独演会に、ドシャ降りの中、日本橋までヲ出掛け
img_data3-1286505000-7n38182.jpg
馬桜師匠、寄席を中心に活動される、実力派の師匠である。
我杯が、とある時期に「落語研究会」にいた際、その演技指導を(たまに)して下さった、有り難い御方なのである

この足元の中、

「雨男め」

と、ノリ良くヲ付き合いして下さったのは、
「幸手・権現堂桜堤」の花見で登場された、イナマキ 嬢である。
…いや、我杯、本当に雨男なんス
あと、ブログのアップも激遅なんです、どーもスイマセン


…やっぱり、「落語」は、寄席で拝聴するのが一番でヤス
つーか、色々な意味で「懐かしかった」デス

落語を堪能した後は、滅多に来ない日本橋を雨中散策
途中で立ち寄った超絶デパート「三越」の喫茶店にて、
DSCN3990.jpg
オサレにモンブラン・ケーキを堪能
…う~ん、栗…

デパートを出て、自分らがいたであろうトコを眺めてみる。
DSCN3995.jpg
ををを…
あんな高いトコにいたのか…
道理で人がゴミのように見えた筈だ。
ムスカ大佐も、このような気分を味わわれたにチマイナイ


ここは日本橋、つーことで、
DSCN3996.jpg
日本橋」をブラってみることに
dash_c.gif

昔は、「魚河岸」で賑わった、との事らしく、
DSCN3992.jpg
そのことを顕す碑にご挨拶をば

ブラタモリ」内で、
DSCN3993.jpg
タモリ師範(笑)は、この技術の粋を集めて造り上げられた造形に興奮
我杯も詳しい事は判らないが、こういった、自身では決して為しえない、精緻な技術によって造り上げられる物に、この上ない興味を惹かれるのである

橋の中央にある彫像。
DSCN4002.jpg…以前、ヲ世話になった「とある武術」の師範と、

「何故、龍のイメージは全世界で共通しているのか」

との話題で懇々と話したことがあった。
架空の存在(とされている)にも関わらず、

「首が長い」 「空を飛ぶ」 「全身を鱗で覆われている」 「星の入った玉を七つ集めると、願いを一つ叶えてくれる(笑)」
 

…などのイメージは、現代ほど行き来出来なかった各国間で、驚くほど一致しているのである。

「本当は、遥か太古に実在したのでは!?」

と、ヲトコのロマンを掻き立てずにはいられない存在であるのだ


…本当に実在してくれないですかねぇ。
ヲ願いしたいことがイッパイ!! あるんですが…


真上を走る高速道路を見上げる。
DSCN4003.jpg
…ををを…
見たまえ!! 素晴らしいと思わんかね!?
「直線」と「曲線」で造り上げられる、究極の美だよ!!
その昔、ラピュタ人だけが…云々()

こうやって眺めて、
DSCN4006.jpgやっと、気付いた!! ホントの気持ち!!

「橋」とは、それを渡るものの為だけではなく、その下を潜るものの為にも存在している!!
…のではないか、かもしれない、だと思う、メイビィ、オーフン、サムタイムス…云々…

だってだって、彫像だってあるし、我杯が瀬戸大橋の下を潜った時に、

「スゲー。デケー。海とか河とか跨いでるよ」

といった、威圧感を感じられるのは、実際に「その下」を通った者だけじゃないですか!!


…あ、いえ、分かってくれとは言わないが、そんなに、ヲレが悪いノカ、ララバイ、ララバイ…


そーいや、日本橋って、
DSCN4009.jpg
「道」の中心なんですよねぇ
ここから、東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道と、全国へ道が延びていく訳ですから。

…我杯、何だか、「日本の真ん中」へ立ったような気がして、少し楽しくなっちゃいましたとさ


さて、チョイと場所を変えますか


グズグズ逃避行 ~北千住・大升、加賀屋、野味屋~

到着、北千住

待ち合わせに最適な場所にて、 タッキーさん と合流。
…やはり、 タッキーさん、軽く「仕上がって」ましたね
ま、ヲ互い様ですが…笑
早速、ヲ目当てのヲ店に行きましょう

…ハイ、こちらが「大升」でございます  
(前回の大升)

店内、程好く賑わっていて、「いかにも酒場!!」みたいな雰囲気で満たされてヲります
我々、カウンター席に着陸

んじゃま、酎ハイ@310をば
DSCN3945.jpg
はい、ぱんぱ~い

…しっかし、 タッキーさん もすっかり、飲み歩きにハマッちまいましたね…笑

肴は何を頂戴しやしょう。すると、 タッキーさん は…
DSCN3950.jpg    DSCN3946.jpg
うるめいわし@?と、今回ヲ目当ての煮込み@380をばオーダー

いわし…シヴイ!! この塩っ気と苦味、まさに「肴」ですね
そして、煮込み。 タッキーさん 、これだけが目当てで、我杯を引き出したのである。

最近、とにかく タッキーさん と「逃亡」しまくっているのだが、やはり、「好み」は人それぞれ、ですね。
厚揚げ、煮込み、軟骨の唐揚…どこへ行っても、必ずオーダーしますもんね
peti00003_01.gif

ヲ店の様子。
DSCN3948.jpg
一見、カウンター席は賑わっているようだが、実は(何故か)スゴク静かだった

思うに、酒肴、そして、このヲ店の雰囲気をジックリと味わおう、ということなのかしら。
実際、店主さんは黙々とカウンター内を動き回り、前回は不在だった女将さんが、やはり、それを静かにサポートしていく。
まさに、色々な意味での「暗黙の了解」てーヤツか…

我々もこのヲ店の雰囲気を味わうべく、「珍しく」静かにしてました…笑


さて、二軒目(…あれ?三、四…?)は、何処に逃げ込みましょうか。
つー事で、スグ近くにある「加賀屋」にしましゃう 
(前回の加賀屋)

ビニールシートを潜って店内に潜入、小さな店内、こちらも程好く入客してましたが、一転、賑やかな雰囲気ですね
テーブル席に着陸、先ずは、
DSCN3951.jpg
レモンハイ@330にて、ぱんぱ~い

…う~ん、この時の様子を記した「逃亡手帳」を読み返すと、このヲ店へ来た時点での筆跡がスゴイ…笑
やはり、酔っ払いながら記録を残すのは、若干の無理があるようだ…
16笑う

さて、コチラでは何を頂戴しやしょうか…


ボクは ツイてるね ~南越谷・郷土料理 秋田~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。

さて、
終電を逃して朝帰りをして、一休みした、ある日の夕方

「とある武道」の稽古呑み仲間である タッキーさん からのヲ誘いで「北千住」に。

大升の煮込みが食べたい」

との事。


先ずは南越谷(こしみな)に赴く

どーしても、気になるヲ店があったからである。
タッキーさん も、「山吹」でフライングゲットしてるし…笑


南越谷(こしみな)に到着、我杯の大好きな
「やまちゃん」を横目に見つつ、駅前の喧騒から少し外れた場所に「そこ」はあった。

DSCN3939.jpg

DSCN3938.jpg

郷土料理 秋田

DSCN3940.jpg
魅惑のディスプレイ
「魔王」が、これでもか、と並んでいる
クシャミをしたら、何かが飛び出してくるのでは!?


チョイと店内を覗くと、カウンター席に一人。

時間にして1500(ヒトゴーマルマル)時ほど。
早くから開いている有り難いヲ店だなぁ、と、我杯は暖簾を潜る。


「…あ、いらっしゃい」


先客さんかと思った方は、店主 3 。


…あれ、もう、入っていいんですかね…?


「本当は5時からなんですけどね、大丈夫ですよ」


あ、スイマセン
ヲーケー出たのでカウンター席に着陸
DSCN3928.jpg
L字型のカウンター席で12席ほど、ヲ店奥には10人ほどの小上りがある、小さな造り。


さて、何を頂戴しましょう。
以前から気になっていただけに、期待度高シ


ヲ品書き。
DSCN3930.jpg 
ふ~む、ふむふむ…

DSCN3929.jpg
目が移りますが、

DSCN3931.jpg
「ヲ奨め」がヲ手頃なのは、安心出来ますね

その中で我杯がオーダーするは、
DSCN3925.jpg
秋田県の地酒「大納川(だいながわ)」@650

店主さん曰く、

「横手の蔵元直送、この辺じゃ出回ってない品ですよ」


ならば、頂戴せねばなるまい !! 
DSCN3926.jpg
仕入れた瓶の「一番口」だった…嬉



…美しい…
惜しげもなく注がれる逸品に、否が応も無く、ドキはムネムネ…


それでは、いただきまぁ~す…


…。


うあ!!

美味しい!!


サラリ、とした呑み口、爽やかな余韻…

日本酒を呑んでいる感覚が無い!!



一升、全部呑んでみたい !!

「呑み師」称して呑み歩き、犬も歩けば Stick Strike !!
逸品に出逢えました!!



 
…ヲ通しは、
DSCN3927.jpg
小松菜ヲひたし
小松菜、青いところがあるけれど、実は善意のかたまりのようなヤツ(←?)


日本酒には魚介
DSCN3932.jpg
ほたて刺@600をオーダー



「余ったから」

と、マグロをサービスに
ゴチに成増


店主さん、南越谷(こしみな)でヲ店を開いて約3年。でも、居酒屋歴は30年ほどだとか


御出身は秋田。

「秋田ならでは、の品を召上って下さい」

…と、供されるは、
DSCN3933.jpg
ニシンの麹漬け。


食。

…。

あああああああああっ!!

美味ェッ!!


肴が、酒がッ!!
ヲ互いを求め合っているッッッ!!



この一品で、絶品の「大納川」、消失


マスター、もう一杯、頂戴したいんですが…?
我杯のオーダーに、店主さんは…




「ソムリエの方々が、日本酒をワインと見立てて、その上で金賞を授与したヲ酒ですよ」

と、我杯に押し出されるは、
DSCN3934.jpg
秋田備前@850


純米大吟醸。


ウフフ…
DSCN3935.jpg
口からヲ出迎え


 

…。


美味いっ!!


フルーティ・テイストな味わい


数少ない「人生の正解」に出逢えた感覚…笑


一人でニヤつく我杯に、

「海の自然薯ですよ」


と、供されたのは、
DSCN3936.jpg
「ぎばさ」 という一品。


海草。


…自然薯…???


粘っこい、つーことかしら?
DSCN3937.jpg
…確かに粘っこい…

一摘みしたら、全部ついて来たわ


食。

…。


…あああ

自然薯だ。
トロロだ、納豆だ。


スゲー粘りである

こんな美味なる食材、何でもっと世の中に出回らないの!?
 


我ながら「イイ店」見付けるワイ。


テキトーにフラついて、この発見。
ボクは、ツイているね


また、逃亡させて下さい、本当に気さくな店主さんに挨拶申し上げて、撤収



気分を良くして、「やまちゃん」に潜入、
DSCN3943.jpg
鬼混みだったワイ。

ヒマあれば一番!! 立ち寄りたいヲ店なんですが、なかなか南越谷(こしみな)には…
引越しちゃおうかしら…笑


何だか、早くから出来上がっていた「アンちゃん」達に巻き込まれつつも、
DSCN3942.jpg
シロモツ@100 と、ミニトマト豚バラ巻@180で ぱんぱ~い


ほらみろ、美味しい


…時計を見たら、頃合。
本日のメインイベント、北千住へ向かう為に、我杯は上りの電車に乗り込むので蟻升。


世界の「みなみ」から

こんにちは。
世界の「みなみ」から の時間です。 今日は、フランスからです(嘘)


先ずは画像を御覧下さい。
画像提供:カーノさん

…ほぉ…
これは素晴らしい

間違い無く「みなみ」ですね。

「質の みなみ」

「しちみな」ですね。


…今回、ヲチはありません。

…まぁた、やっちまった… ~御徒町・たきおか、上野・大統領~

さて。
モンナカ(門前仲町)から再び御徒町へ戻った我杯と イヤミくん。
カーノさん と合流を果たし、乗り込むは立ち飲み たきおか 御徒町店」
「たきおか」は何箇所か存在するのだ
DSCN3904.jpg
勿論、ヲトナの立ち飲みスタイル。
はい、ぱんぱ~い

「また、アンタラですか(カーノさん)

…確かに…

今回の我々は、2階席に陣取る。
DSCN3906.jpg
ここは、我々のような呑んだ暮れだけではなく、会社帰りのサラリーマンやOLさんなんかも多くご利用されてますね
でも、コマメに店員さんがヲツマミを売りに持ってきたりしてくれて、我杯、「上野店(本店)」よりはコッチを利用しますね

この顔触れでフライホイールが接続、点火しちゃいましたね
ならば、足を向けるは…

mhollywood_182601.jpg

「大統領ォッ!!」

DSCN2698.jpg
上野のヘソ、大統領です。(画像は前回のものです)

ヲ店の外に並べられたテーブル席に我々は着陸
DSCN3914.jpg
今日も何回目ですかね、ぱんぱ~い
我杯、得意の酎ハイ@?ですが、ホレ、ピントが合ってませんね…

何かオーダーしましゃうよ。
DSCN3919.jpg
「コレ、全部頼もう!!」

イヤミくん、ココにきて完全覚醒である
ならば、と注文を通す

DSCN3917.jpg      DSCN3918.jpg
来た来た
この時点で既に2225(フタフタフタゴー)時。
そんな時間に、よくばりメシ

このヲ店「大統領」の醍醐味は、酒場交流
ヲ隣さんと(いつの間にか)妙に盛り上がってしまうのだ。
daitouryou.jpeg
「楽しそうですね
なんて、我々の姿をヲ隣さんが記録してくれる
久々に顔を合わせて呑んでいた、というヲ二人さん達と、大いに盛り上がってしまった
このヲ店「大統領」に来て、この酒場交流が出来なくては、来た意味が無いですね(…と、勝手に思っている)


…妙に カーノさん がソワソワし始めましたね。

「明日ボクチャン、5時起きなんですよ」

あら、そりゃ大変ですね
そろそろ帰りますか、ところで、今、何時?




…。





kusou.jpeg

まぁた !!

終電を失くしたァァァ~ッ!!!!



テロリストの仕業かァァァ~ッ!? (自業自得です…)

シュ、シュトロハイム少佐ァッ…!!

SBSH3709.jpg
…やれやれ だぜ…



またサウナ付のヲ泊りで余裕の イヤミくん と別れ、「龍の巣」談義で カーノさん と盛り上がりつつも、さて、どうしましょう、我杯…
もう14万8000光年も歩きたくないですよ。

…そ-いや、この数日前、「とある武道」の若先生と、こんな話してたなぁ…(以下、回想)

「南栗橋(くりみな)の駅前って、何も無いんですねぇ(キリッ)」

若先生が南栗橋(くりみな)まで来るような御用事なんぞ、無い筈。
事情を察した我杯、
ヲ珍しいですね、若先生が乗り過ごしちゃったんですか…笑

「いやあ、やっちゃいました。仕方なくタクシーで帰りました。悔しかったですねぇ(キリッ)」

そうですか、我杯もこの前、北春日部から歩いて帰りました、アハハハハ…笑(以上、回想シーン終り)


…。

あの時の会話は予兆であったか…


その北春日部駅前は、絶望的な位に何も無いですからね。
DSCN3923.jpg
春日部駅で下車しちゃえ
…むう、東武野田線・柏(木)ユキですら、終了してヲるワイ…


駅前の24時間営業の牛丼屋で食事してしまった。
夜中の よくばりメシ

さて、どうしよう、とフラつく我杯の目に入ったのは、インターネット・カフェ


…あぁぁぁ、「その手」があったか!!
ココなら休憩出来るし、何より安く済むワイ

2000円チョイで入室、マンガの棚から「範馬刃牙」をドッサリ抱え込んだ
時間にして0200(マルフタマルマル)時くらいだったか
さ、コレで始発が出るまで時間をつb…

…グゥ




…は
マンガ、一冊も読まないうちに轟沈していたようだ。
時計みたら、0530(マルゴーサンマル)時、ちょうど頃合いだワイ。

身体が重たい…
鏡で見る自分は、底引き網に引揚げられた深海魚のような顔をしていた…


さて。
首尾良く(?)朝帰りを果たした我杯、その日の夕方には上りの電車でヲ出掛けしていた
北千住で、タッキーさん と「逃亡」だったのである。
前代未聞、「火の逃亡七日間の始まりであった…笑



Everyday、トチューチャ

肝話休題。

「とある武道・せんげん台」稽古帰り、
「ともや」稽古呑み仲間の井伊縞さんと一献、酌み交わしていた某日の事。


井伊縞さん、我杯を凌駕する「呑み師」であるが、やはり、我々位の年齢ともなると、健康診断でハジキ出される「数値」には、戦々恐々とせざるを得ない
ところが井伊縞さん、こんなゴッツリとした一席の最中、

杜仲茶を飲み続けたら、数値がコレマタ!! 見事に正常値になったのよ

とのこと。
…へー

早速、我が実母に連絡してみると、

杜仲茶!! (我が家に)在庫あるでよ

と。


これで「数値」とやらを気にせずに、逃亡生活が続けられるY

帰宅すると、メモと杜仲茶・粉末のパックが置いてあった。
メモには、

「まずい!!」

と、実母のコメントが。

良薬口に苦し、と言いますからね。
…ところで、杜仲茶の成分て、何?
パックの裏表をシゲシゲと見てみると…


「賞味期限:2008年某月某日」


…そらぁ、不味いだろうよ…
それっきり、我が家の食卓上に、杜仲茶は姿を見せない…。

聖地巡礼9 ~門前仲町・魚三、大坂屋~

さっしー!!



…さて(グスグス…)

東京メトロ、大江戸モグラ線に乗って、辿り着くは門前仲町

以前、 衣ヤン と
「鐘ヶ淵の はりや」に逃亡した際、居合わせた御常連さんから、

「呑むなら門前仲町だぜ

と、アドバイスを頂戴してから、気になって×2、仕方なかったのだが、ようやく上陸できますた
DSCN3873.jpg
ココから徒歩3分48秒、

来たぜ、聖地の、
DSCN3875.jpg
大衆酒場 魚三

…ん?
行列が出来てますねぇ…
有名店なのは知ってたけど、とりあえずは最後尾に並ばなくては。
辿っていくと…

ヲ店が遠い!!

DSCN3876.jpg
ドッゲェェェ!!!!
これ程までとはッ!!

衣ヤン !!
実はヲ判りの通り、既に「魚三」には逃亡済みだったのだが、この通り、超人気店だったのだ!!
要、覚悟!!

1600(ヒトロクマルマル)時、開店。
一気に行列が店内に雪崩れ込む
DSCN3879.jpg
吉田類 先生が御降臨された1F席は、ギャッ、と言う間に満席

我々は流れ流れて3F席に押し込められた
DSCN3881.jpg
その3F席でさえ、満席になる
どんだけ人気があるんだか…。

その秘密は、
DSCN3883.jpg
コイツラだろう。
安価

DSCN3884.jpg
非情に素敵なヲ品書の数々。

店名の通り、推しメニューは「ヲ魚」ですからね、オーダーするは、
DSCN3885.jpg
日本酒の「清龍」を五合@1400ですよ。
五合徳利って、デカくて豪快。
思わず我杯の超念動通話器「ラ・ムーの星」と比較撮影

口頭での注文は捌き切れないようなので、各自配布された伝票に記入した上で、賄いのゾンザイなヲバチャンに渡す

先ずは呑みましょうや、ぱんぱ~い
DSCN3886.jpg
…それにしても、大した賑わいだな…
期待が膨らみますが…

第10048回・大逃亡…下準備 ~上野・たきおか~

いつもヲ世話になってヲります。

副題からヲ判りになります通り、また、イヤミくん です…笑

前回の新宿での大逃亡、その帰り際に出た、

「次回は門前仲町だな

てのを、律儀に実行に移したのであります


てな訳で、やってきました、台東区・上野
マルイの脇には、こんなナウいストリートが…笑
ueno.jpeg
人呼んで、「ドリーム・ストリート(ドリスト)」…勿論、勝手に呼称。


じゃ、イヤミくん とは1400(ヒトヨンマルマル)時に集合てことで、場所は、
DSCN3862.jpg 
立飲み たきおか

ここ一番の有名店であります。
何度も逃げ込んでるんスけどね、アータ、実に紹介が遅くなりました。どーも、スイマセン(三平 風)

店内は名前が示すとおり、
takioka.jpg
ヲトナの立ち飲みスタイルなんですね。
1341(ヒトサンヨンヒト)時点で、こんなにヒトがいちゃって、もう、大変なんスから(三平 風)

それもその筈、このヲ店は朝は0700(マルナナマルマル)時から開店している、夜勤明けにも嬉しいヲ店なのだ
だから、いつ行っても賑やかな、「元気のある」ヲ店なのだ


カウンターにへばり付いた我杯、恒例の
DSCN3863.jpg
ホッピー@390で、一足ヲ先に
代金は、ヲ品と引き換えに
すぐに渡せるようにテーブルの上に小銭をバラまいとく(キャッシュ・オン)のが基本

メニューその1
DSCN3865.jpg
ポッケの小銭で楽しめる豊富な品揃え

メニューその2
DSCN3866.jpg
レバ、タン、シロ等の品書きが安い値段で並んでいるのは、実に壮観な眺めだワイ…
我杯も、アッチの端っこから端っこまでの品書きを全部注文だっ!! (ハイッ)
今度の逃亡もデッカイ出費になりそうだ…

…そんな無茶はせず、
DSCN3864.jpg   DSCN3867.jpg
定番の枝豆@150と、レバ串タレ@200(2本)をば
串焼きは、ヲ店入り口にある焼き台で、香ばしく焼かれてヲります。 

カウンター内では、
DSCN3869.jpg
大きなヲ肉を仕込み中
これがボクラの元気の源になるんですね。


…あ、「雀荘遅刻」の イヤミくん が来た
全く、毎回毎回、アンタ、背中が煤けてるぜ!!
DSCN3870.jpg
…まあ、いいや。
ネ申掛かって寛大な我杯、 イヤミくん と生中@390で、ぱんぱ~い

追加オーダーでね、
DSCN3871.jpg   DSCN3872.jpg
シロ串焼き(塩)@200と、我杯は酎ハイ@290をば

このヲ店では、まさに「慣らし」ですね。
そんな訳で軽くメーターを上げた我々、聖地「門前仲町」へ向かいますよ



…アッサリと、次回に続く

碧魂忌 Ver.1.01

今日、6月13日はですね、プロレスファンならば忘れてはいけない日なんですね。

プロレスラー、三沢光晴の命日であります。

2009年6月13日、プロレス試合中の事故が原因で、他界されたのであります。
享年、46歳。
あまりにも早すぎました。

その夜、やはりプロレスファンであった仲間内で騒然となりました。
どうか、誤報であってほしい、錯綜しましたが、テレビの速報で願いは断ち切られました…

強く、華麗なプロレスでファンを魅了しました。
一時、プロレスを観戦しなくなった私を再び惹きこんだのが、三沢光晴の試合でした。

それから、年に何度も試合会場に足を運ぶようになり、友人達と熱く語ったものです。



画像は、追悼献花式、その会場に飾られていたものです。
当日(2009年7月4日)、会場前から約1km以上は続く行列に並び、数時間して会場入りしてこれを見た時、

「ああ、やっぱり、本当にいなくなってしまったのか」

と、幾度目かの落胆をしたのを覚えています。

今回の副題にある「碧魂」は、三沢光晴のイメージカラーがグリーンだったことから、
私が勝手に呼称しているものです。

今でも入場テーマ曲であった「スパルタンX」を耳にすると、カッ、となります。
体温が2,3度、急上昇するような。
もしまた、プロレスの会場でこの曲を聴いたならば、三沢が颯爽と入場してくるのではないか、
そんな風に思う(願う)のは私だけではない筈。

今日も追悼試合が行われるみたいですね。

「あっち」には馬場さんも、鶴田も、…あ、ブロディもいるぞ。
観たいなぁ、夢のカードが繰り広げられているのかしら…





偉大なるレスラー

三沢光晴よ

永遠なれ!!

ヲトコ達の挽歌 ~幸手・渡邊家、玄海~

いつもヲ世話になってヲります。

困った事に、我杯が所属する「とある武道」の、特に幸手道場は会員数が少ない。
それなのに、副会長であり、ヲ世話になったT.Tさんが四国へトバ転勤、という憂き目に
ならば、と催される送別会
…関係をご存知の皆様、「今更、この話かいッ!?」なんて、ツッ込まないで下さいネ…笑

会場は、幸手では有名な老舗有名店、
DSCN3790.jpg 
渡邊家

単純に「幸手」で検索かけてもヒットする
呑み屋さんじゃないですけどね、ヲ酒は出ます。

DSCN3792.jpg  DSCN3795.jpg  DSCN3796.jpg
さて、宴会が始まりましたよ。
次々に供される品々
ヲ刺身出ますからね、我杯、ここぞとばかりに冷酒「越の誉」をば…笑

コチラのヲ店、推しメニューは、勿論、蒲焼ですんで、
DSCN3797.jpg
シメで出てきたウナ重(カタカナ表記だと、かゆみ止め みたい…)

T.Tさんのヲ人柄か、実に多くの方々が御参加
…後ほど聞いたら、

「いや、とりあえず、酒が呑めるだろう!!」

という、御仁もいらしたとか、いないとか?…
16笑う


会は盛況のウチにヲヒラキになったものの、この時点でまだまだ1400(ヒトヨンマルマル)時をチョイ過ぎたほど。
ここで、「一部の」ヲトコ達のエンジンに火が灯った!!

「一部の」ヲトコ達の紹介。

那珂皮さん
タッキーさん
ベーハラさん
イマイちゃん(逃亡記、初参戦。笑顔のステキな、ボクラの名ホストである…笑)

この時間に開いているヲ店なんぞ、ある訳ないので、地元の超絶温泉「極楽湯」の宴会席に逃亡
ここで何故か「大ハード」の異名を欲しい侭にする 痛くんも参戦、大宴会となる

…皆さん、飲酒後の入浴・サウナは危険です、やめましょう

グズグズ呑んでたら頃合になったので、我杯の根城
「玄海」へ。
早い時間に押しかけたのだが、この日も宴会入ってて、マスターが、

「何しに来たッ!!

みたいだったけど(笑)、我々、小上がりに着陸
DSCN3802.jpg
我杯ヲススメのレモンサワーで、ぱんぱ~い
呑み易いけど、超絶濃度のココのレモンサワー、取り扱いに注意

皆で鍋でもつつきましょうや。
DSCN3803.jpg
海鮮鍋をばオーダー

DSCN3804.jpg
「玄海」は、とにかくネタの仕込がしっかりしてますからね、旨味は十二分に堪能出来るのです

タッキーさんは、もう120%でエンジン回していましたからね、
DSCN3807.jpg
日本酒「北鹿」を摂り込み始めましたね

じゃ、他のメンバーも、
genkai.jpeg
ぱんぱ~い
相変わらず、那珂皮さんに「返り討ち」に遭うタッキーさん
16笑う
それを見て大受けの痛くん

このヲ店じゃ我杯、いつも独りで呑んでますからね、このメンバーがここにいることが何か不思議でしたね。
…つか、ヲ気にのヲ店を皆さんで楽しんでくれたんで、「逃亡者(のがれもの)」冥利に尽きます

さて、宴もタケナワ、ヲ開きに…

ならなかった!!

月も俺を哄笑ってヲるわ・後編 ~新宿・岐阜屋、竹千代~

…う~ん、嫁と妹は前回と変わらず8位と10位か…01_30_10_13003735.gif


…は

さ、さて、極濃の「埼玉屋」「ひな鳥2号店」から脱出した我杯、チョイと「思い出横丁」から出てみる事に
dash_c.gif
出てみるても、入り口脇の通りに入っただけなのだが。
DSCN3713.jpg
ここ。
それでも御覧の通り、呑み屋、呑み屋、呑み屋…

埼玉、イマイチでしたからねぇ。
それじゃあ、関東はやめて、中部地方に眼を向けてみましょうか(←?)
DSCN3743.jpg
岐阜屋

我杯にゃ、中部地方は所縁無いし、ラーメン屋だけど、何だか店内は賑やかそう
チョイと潜伏してみましゃう
DSCN3736.jpg
予想通り、店内はとても賑やか
コの字カウンターのみで25席くらいか、入り口近くに陣取る「ツワモノ達」が、この賑やかさの原因のようだ
我杯、店内奥の1席に着陸

ラーメン屋ですけどね、ラーメンは食べません…笑
ウーロンハイ@?、下さい

…やはり、食事のメニューが多いですね。
まぁ、ラーメン屋だから、それは当たり前田の敦子ちゃんですが。
我杯、「逃亡者(のがれもの)」になってから、ラーメン摂取の機会、激減ですね。
第一、ヲ酒呑んでラーメン食べるなんて、身体に絶対いくない!!

ヲ酒→ラーメン派の方々、ヲ願いです、もう止めてください!!
まだヲ気付きになりませんか? いかに健康な身体でも、身体にいくない事はあったのです!!
それ以上のカロリー摂取は、あなたの自殺行為です、止めてください!!
そして、遅まきながら…

おわ。
DSCN3737.jpg
我杯が気付かない内に、眼前に供されていたウーロンハイ@?
一体、いつの間に…?
全く、店員の気配に気付かなかった我杯、戦国の世なら48回は寝首を掻かれていた筈だ…

さて、いたらきます、ぱんぱ~…

ブッ(゜3゜)=3

またぁ!?
またもや、濃い、濃い、濃い!!
今回は「極濃」の当たり日かッ!? (またもや半分も呑めズ…)
あと、店員!!
人の前で煙草ブカブカ吹かすんじゃねぇよッ!!

しょーがない、口直しにシューマイ@400、下さいな
DSCN3739.jpg
来た来た。
早いね、冷凍モノをレンジでチン、かしら?

…これは、マトモなヲ味でしたね…(一安心)

店内は決してキレイじゃないし、店員に愛想もコソも無い。
…何だろうね、こんな粗雑さの中に、ポリシーのようなものを感じますよ。

「やる時ャやるんだ、黙って見てな!!」

みたいな。

それが、この「新宿」てトコなのかしらね。
深いわ…

そろそろ、カーノさん との待ち合わせ時間ですね。

我杯、ヒョロヒョロと待ち合わせ場所のドンキへ向かいますよ
drank.gif

さて、新宿1900(ヒトキュウマルマル)時
カーノさん と合流を果たした我杯、再び「魔空空間」の入り口に立つ。
DSCN3744.jpg
しっかし、明るいですねぇ…
間違い無く、板倉東洋大前の駅前よりは明るいですよ

人、人、人…
DSCN3745.jpg
間違い無く、我杯の勤め先よりも人がいますよ

(おそらく)日本一過密な雑踏をすり抜け、我々は「竹千代」のある通称バラック通りへ潜入する
DSCN3746.jpg
ソコへ足を踏み入れた途端、賑やかな空気は一転、静かでアヤシイものへと変貌する…

なんたって、道幅は極狭だし、すれ違う人も殆どいない…
DSCN3747.jpg
流石の カーノさん も、この妖しい雰囲気に落ち着かない様子
何をそんなに怯えているの? まるで、迷子のキツネリスのよう…笑

バラック通りの名が示すように、
DSCN3748.jpg
一見、物置にしか見えないのだが、この中で一杯、出来るんですねぇ

さて、「竹千代」に到着しますたよ
DSCN3545.jpg
(前回の竹千代)

こんばんス~
ママさん、ヲ言葉に甘えてヲンナノコ、紹介されに来ましたよ~

「アラ、いらっしゃ~い

今だにキツネリスの カーノさん を引き連れ店内に入ると、何だか、
o0320024010627538562.jpg
こんなシトと、妙齢の女性が小さな店内にいましたね。(注意:画像はイメージです)

「アラ、この娘も今、来たのよ」

…あ、そそそそうだったんですか!?
どーやら、この妙齢の女性こそ、今週の山場、だったようである
どーも、こんばんわ
…妙齢の女性、訝しげな表情…

さて、ぶっちゃけ、この妙齢の女性とはマルッキリ話は盛り上がらなかった
この娘を放っぽらかして、我杯とカーノさん、ママとカロリーメイトと盛り上がっちゃったのである

(当然だが)この妙齢の女性、程無くしてヲ帰りになられた。
携帯番号も一応、交換したので、後日、(一応)ヲ世話になりました、また呑み行きましょう、みたいな連絡を入れたが、水を空気で薄めたような返事がさらっ、と来ただけだった。
まあ、もうヲ会いする事はないでしょう…笑

ところで店内いたカロリーメイト、先客ではなく、竹千代ママの「弟子だった(ワハハ)
見た目はイメージ画像そのままなのだが、口調はヲネエ…笑
カロリーメイトがふと、外のトイレに出たとき、ママが

「あのコ、○○(表記出来ズ)なのよね。アタシの事、ヲンナだと思ってるしね」

…う~ん、深いな、新宿…


さて。
最大の収穫こそ無かったものの、やはり、このヲ店は楽しい♪
キツネリスも最後には王蟲みたいになってたから、今回の逃亡も成功でしょう
(画像が一切無いのは、話が盛り上がり過ぎて、撮影を忘れちゃったから)

ママさん、また来ますね~
…つか、せっかく紹介してくれた機会を活かせなかったから、謝りに行かなきゃ
どなたか、御一緒します?…笑

新宿駅構内のパワースポットにて、コンビニ調達の物資で呑み直し
このコンビニには、多大なゴメイワクをおかけしました、誠に申し訳御座いませんでした…
DSCN3750.jpg
はい、ぱんぱ~い
何故か、めったに買わない週刊マンガ雑誌を、光速で購入したカーノさん。
この雑誌は、鍋敷きとしてカーノ家に納められている…笑

ヲ開き、新宿。

さあ。
この後、我杯は電車の乗り継ぎ、連絡を間違い、何と、ほんの1,2分違いで終電に乗りはぐった!!
何とか東武鉄道・東京スカイツリーライン(TSL…笑)、北春日部駅までは電車に乗れたが、さ、もう歩いて帰るしか…

午前0100(マルヒトマルマル)時
北春日部駅を出る
drank.gif
微速前進、0.5…

最初の1時間位は(それでも)体力は残ってたので、何とか歩けた
ところが、この日の履いていた靴、我杯にしちゃシャレオツな一品
即ち、歩く為の靴ではなかったので、モノスゲー足が痛くなってきた

痛みでムクんでるぅ 足も 今は モドカシイ~

…歌ってる場合じゃなくなってきた。
終いには、バチが当たっただの、自業自得だの、あの時、あんなイタズラしてゴメンナサイ、とか、一人懺悔が始まる。

タクシーには絶対に乗らない。
あの「割増」表記が、いかにも(それこそ)人の足元を見てるようで。

「大変ですねぇ、乗りますかァァァ? 料金はシッカリ!! 頂戴しますがねェェェ~ッ!!」
(荒木 飛呂彦 風)
…こんなドライバーはいないだろうが…笑

「とある武道・宮代」のキンコ会長は、「あの大災害」の夜、大手町から南越谷(こしみな)まで、5時間かけて歩かれたというぞ。
それに比べりゃ、ムニャムニャ…
ツライよう…

3時間半は歩いたか…
いよいよ自宅のある南栗橋(くりみな)は目前となった。
DSCN3754.jpg
権現堂・桜堤を歩く。
…人がいませんね(当たり前っしょ)

いよいよ南栗橋(くりみな)に入る。
DSCN3756.jpg
川辺から見上げるヲ月サマ
この時点で0440(マルヨンヨンマル)時。

傾奇者の前田慶次さん、呑んだ暮れて終電失くして、歩いて帰る我杯の気持ちを代弁して下さい…

tukiwara.jpeg
…はい、有難う御座いました

やがて…

jitaku.jpeg
「見えたぞぉぉぉ~っ!! 地球(自宅)だぁぁぁ~っ!!!!」

長い…
本当に長い道のりだった…

jitaku.jpg
「地球(自宅)か… 何もかも、皆懐かしい…」
(…パタッ…)

西暦2012年某月某日、宇酎戦燗ウヘノyamato_03.gif生還!!
遥か14万8000光年(北春日部~南栗橋)を、4時間の年月(←?)をかけて辿り着いた、遠大なる旅路であった…




月も俺を哄笑ってヲるわ・前編 ~新宿・カブト、埼玉屋、ひな鳥2号店~

いつもヲ世話になってヲります。

ある日、あの
「竹千代のママ」から着信があった

「アンタにヲンナノコ紹介したげるから、ヲ店にいらっしゃいよ 来られる?」

当たり前田の敦子ちゃん!!

カレンダーを眺めて都合を確認したら、ちょうど観たい映画
yamato_03.gifもあったし、それと合わせて、こりゃ、楽しい一日が過ごせそうだY


当日

ワクワクしながら新宿に乗り込むが、何と、映画は満員で鑑賞不可能だった…
01_30_10_13003735.gif
仕方ない、カーノさん を巻き込もう
peti00003_01.gif
カーノさん、仕事が1900(ヒトキュウマルマル)時に終わるてんで、アポ取りヲーケー

ならば、と乗り込む…
DSCN3715.jpg
御馴染み新宿思い出横丁
フラフラと潜伏開始

…気になる…
DSCN3716.jpg
イヤミくんと、「今度、入ってみようぜ」と言っていたが、今回はパス
でも、覗くと、ヲ客はいつもチラホラと入ってる…笑
一体、何が飲み食い出来るのやら…

この時点で1514(ヒトゴーヒトヨン)時。
さて、先ずは勿論、あのヲ店でしょう
DSCN3726.jpg
カブト

新宿に来たら、このヲ店は外せません!!

DSCN3727.jpg
今日も店主のヲヤジさんは、ひたすらに団扇を振り続ける。
程好く賑わう店内、我杯は首尾良くカウンター席に着陸
こんちはス

先ずは、
DSCN3717.jpg
焼酎の梅シロップ割り@350で、ぱんぱ~い
…う~ん、キンミヤ

DSCN3718.jpg
手際良く返されていく串焼き達は、

DSCN3719.jpg
秘伝のタレに漬け込まれて、その味わいに魅力を増していく。

ヲヤジさんの仕事振りを見つめる妖怪ランプ
DSCN3720.jpg
071203_233034.gif 「何とか、コヤツを世界遺産登録出来ないものかのぅ…」


来た来た、我杯の「ヲヤツ」
DSCN3721.jpg  DSCN3722.jpg  DSCN3723.jpg
いつもの「一通り」に合わせて、焼酎がもう一杯
…しっかし、「ニガイのがウマイ」って、不思議な食べ物ですねぇ…

ヲヤジさんが、目の前で団扇を煽る中、
DSCN3724.jpg
我杯の両隣の先客さん同士で話が盛り上がっているようだが…
我杯の左隣、腕っ節のブッとい、ヒゲの豪快なヲヤッさん、右隣は我杯と同年齢位か、二人組の男性。御兄弟だそうで。

「何だい、ニイチャン達は独身か?」

「ええ、まあ、縁が無くてですね…

…そうですよね、どこにも売ってないですよね、縁って…

「縁が無い、なんて言ってるけどな、そんな社会は女性の責任だよな!!」

をををっ!? ヲヤッさん、言葉の意味はよく分からないが、とにかくスゴい自信だ!!

思わず吹き出す我杯も、いつの間にかトークの輪に加わる
これだから逃亡生活は止められないのだ
DSCN3725.jpg
蒲焼・塩@320
これはもはや、食べ物の姿をした、金より貴重なレアメタルです!!

…それにしても、ヲヤッさん、腕、太いですねえ…
もしや?
押忍!

「おお、昔な!! 押忍押忍言いながら、無茶な酒の呑み方、やったモンだよ!! 一気にビール1ケース、とかな!!…笑」

…いつでも、どこでも、「アノ人種」やることは変わらないのですな…

「60歳になってな、ようやく酒の味を理解したよ!!」

はあ、今、ヲ幾つなんですか?

「65だよ!!」

ヲ酒を理解したの、つい最近なんですね
16笑う

「もう、いいだろうよ~」

ヲヤッさんに、ヲ店のヲヤジさんから(ややこしいな)ヲ声掛けが。
どうやら、居座っていたらしい。
ヲヤッさん、「カブト」のルールに従って、退店

さて、我杯と同じ身の上の御兄弟さん、よくこのヲ店にはいらっさるんですか?

「よく、こうして兄弟で呑むんですよ。自分達で言うのも何ですけど、趣味の嗜好も合って、仲がいいんですよ」

へぇ~、どんな趣味です?

「鉄道です」

おお
我杯、鉄じゃないですけど、鉄道眺めながら呑むヲ酒、大好きですよ
もしかして、ヲ仕事も…?

「えへへ、まあ…

と、アニキが鉄道模型のメーカー、弟さんが東京メトロの職員さん、と自己紹介された。
誇らしげに職員証を見せてくれた弟さんは、この上ない「ドヤ顔」であった
peti00003_01.gif


話が弾んで、思わず焼酎を3杯ヤッてしまった我杯、カーノさんと会うまでもたないぞ
名残惜しいですけど、今日も緒を締められました

鉄道兄弟さん、銀河鉄道を開通させたら、我杯を機械の身体にしてくれる星まで乗せてってくれよな!!

さて、次は何所に逃げ込みましょうかね。
DSCN3728.jpg
チョイとフラついてみましょうかね
dash_c.gif




« »

06 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login