酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


夏の呑み鉄!! 江ノ電まつり ~鎌倉・焼とり・串焼 秀吉~

さて、腰越漁港での港呑みから何とか体勢を立て直し、駅前に戻ると、
DSCN4770.jpg
コチラも益々盛り上がってましたね

はい、どいてどいて~
DSCN4773.jpg
どかないと、

DSCN4775.jpg
轢き殺しちゃうよ~ (ンな乱暴な事は言わないが…笑)

DSCN4776.jpg
港呑み、祭りの雰囲気を十分に楽しめましたのでね、移動することにしますた

江ノ電にノンビリ、と揺られながら。
enoden.jpg
今回、割とゆったりしてましたね。
いつぞや乗車したら、乗車率480%で、エライ目に遭ったことが

鎌倉に到着。
DSCN4780.jpg
駅前を本当にフラフラしながら観光、散策
drank.gif


DSCN4782.jpg
シャレヲツなヲ店は我々には無縁なのです

…を。
あったあった
DSCN4786.jpg

焼とり・串焼 秀吉

鎌倉の地で太閤殿下にヲ会い出来るとは、何とも誉れ高き道中である。
たまたまフラついてたら、行き着いたんですが…笑

基本、テイクアウトのヲ店みたいですが、その場でもイケルみたいなんで、
DSCN4788.jpg
砂肝、ハツをばヲーダー

いざ、ぱんぱい!!
DSCN4787.jpg イイサケ呑もう鎌倉バカメ。


さて、そろそろ…という事で、鎌倉駅に戻る途中…
DSCN4790.jpg
…何だ、コリャ。
まあ、一度はどなたかに言われてみたいですな…笑

帰途は、毎度の事ながらヘロヘロですんで、
DSCN4791.jpg DSCN4792.jpg
ヲトナのグリーン車で、ぱんぱ~い
ヲ酒ばかり呑みすぎるのも いくない ので、野菜ジュース割りで (結局、含アルコール)

一気に大宮駅まで戻れたので、
DSCN4653.jpg
駅前の聖地、「いづみや」にて、反省会。

DSCN4794.jpg DSCN4797.jpg
…はい、ヲ疲れ様でした~
今日は、いっぱい江ノ電が見られたでヤンスね
我杯は、ヲススメの焼酎の梅酢割り

この時点で1934(ヒキュウサンヨン)時、共に明日は仕事でしたんで、早い時間に切り上げましてね。


…え?
「酒呑み」が次の日を気にするノカ?


ええ、気にします。
だって、次の日が怖いですし (しれっ、と)

夏の呑み鉄!! 江ノ電まつり ~腰越漁港で港呑み!!~

いつもヲ世話になってヲります。

ひたすらに呑んだくれながら電車に乗りまくる「呑み鉄」企画、今回は江ノ島でヤンス

某月某日、 カーノさん と大宮駅で合流、早速に、
DSCN4740.jpg
ボックス・シートに陣取り、ぱんぱ~い
この日の カーノさん は少し遅刻

「自転車の後輪に傘が挟まって、動けなくNなっちったんですよ+

…嬉しそうですな…

途中、省略!!
はい、到着!!
DSCN4742.jpg
流石に人気の路線、非常に多くの観光客で、今回も多くの人出

今回は、様々な江ノ電車両を御覧頂きましょう
DSCN4743.jpg


DSCN4744.jpg


江ノ島駅。
DSCN4745.jpg
江ノ島駅の踏み切りは、

DSCN4746.jpg
誰もが手軽に楽しめる撮影スポットですね

さて、チョイとフラついてみます。

駅から徒歩7分48秒ほど歩くと見つかる和菓子屋さん。
DSCN4747.jpg
このヲ店にはですね、

なんと、
DSCN4748.jpg
江ノ電車両が埋まってるんですね…笑
実際に走行していた車体らしいですよ

あ、また来た。


DSCN4749.jpg
新旧車両に、様々なラッピング、何種類あるのかしら

…おや。
DSCN4751.jpg
地元の超絶商店「タナベストア」前には、涼やか集団と御輿が。
…何か、賑やかになってきたぞ。

DSCN4755.jpg
どうやら、

DSCN4757.jpg
この日は、ヲ祭りだったようで。
観光客よりは、地元の方々がワンサ、と
どうやら、図らずもナイスな日に訪れる事が出来たようです

この、
DSCN4758.jpg
腰越駅前で、人出は最高でしたね。


DSCN4759.jpg
居酒屋を発見
営業してたけど、店内は出来上がった地元の方々で既に満員
また、次回だな…

DSCN4760.jpg
祭りの雰囲気、江ノ電車両を楽しみつつ、我々は海と江ノ島とヲ酒を堪能するべく、海辺へ移動

腰越漁港へ到着。
DSCN4763.jpg
さて、ヲッ始めますか!!

それでは、
DSCN4762.jpg
あい、ぱんぱ~い

「港呑み」は、
千葉の「那古船形」以来ですね
きたぞ、
マックスハイテンション!!
地元の超絶精肉店で購入した「アジフライ」が、激ウマ!!

「外で食す揚げ物はムマイ!!」

の法則を発見!!

…あ、江ノ島を撮ってないや(ムニャムニャ)、はい、パチリ
DSCN4766.jpg
江ノ島、どこ…?  (左の漁船の陰)

深酒、強い日差し、開放感、iPodから流れるヲキニのBGM…

気付けば我々、10分ほど昏倒

危なかった。
世が世なら、寝首を掻かれていたトコだった…

…つか、漁港で呑んだくれて寝潰れる男二人って…

撤収
DSCN4769.jpg
お。
地層が見えますね。

「関東ローム層ですよ

テキトーな事を、関東労務層の我々が申しております


…はい、「第2部」に続く!!

GIVE ME FIVE !!

我杯の古来よりの友人である 中Z 氏が実に!! 良い物を届けてくれた
DSC00348.jpg
発火遺産、
もとい、八海山の、

DSC00347.jpg

大吟醸である!!


早速に冷やして頂戴しました…Z!!

…ん!!
格調高き香り、辛みを感じさせながら、すっ、と口の中で消えていく味わい…
至高の一品
さすが、このような「逸品」を届けてくれるとは、長年のツキアイである!!

あと、5本くれ!!…笑


友よ それぞれの酒

呑むだけだ タワゴトを言うな

また すぐに呑める

だから今は ハイタッチしよう
…笑



…多謝!!

御礼 2

desucel-711f9_convert_20120225000914_20120225002202.jpg

このブログを御覧の諸君、ヲ元気かな?
またまた逢えて、光栄の至りだ…

3日間のドーム公演、そして、卒業公演も無事に済んだ中、このブログでも祝うべき出来事を迎えられたのだよ。

見たまえ、右下のヒツジさんのカウンター数を…


…理解出来たかね?

共犯者数が5000を突破したのだよ…(嬉)

これも、この下らんブログに、それでも目を通す諸君らあっての偉業である。
しかも、最近になって気付いたのだが、

「まさか、アノ人が!?」

と、耳を疑うような有名人に(ごく、タマに)閲覧して頂いている事も判明したのだよ。


間も無く、このブログも開設1周年を迎える…。

近日に「1周年記念特別逃亡企画」の発表をしたい(と思う)。
是非ともに楽しみに待っていてくれたまえ。


それでは、このブログの存続と、あっちゃん 卒業を祝って ぱんぱい しようではないか!!


では、諸君、次回は(続いていたら)10000突破時にヲ逢いしよう…笑

休日の過ごし方 ~錦糸町・丸源~

いつもヲ世話になってヲります。

錦糸町駅前

…。

錦糸町っス
「歓楽街といへば…」のヲ土地柄ですからね、コチラへの逃亡は必然だったのであります。

駅のすぐわきには、
DSCN4685.jpg
「何かを持っている」入り口がある訳ですね。
チョイとフラついてみましょう

…はぁい、そこのカップル、つないだ手を離しなさぁい。不愉快だから逮捕するぞー()

程なくして発見!!
DSCN4697.jpg

立ち飲み屋さんだ。
これは、気楽に楽しめそうですね。

今回は、
DSCN4696.jpg

丸源

に、逃亡であります、はい、こムにちわ~

店内はですね、20人くらいは並べそうな立飲みカウンターが2本、やはり、立飲みの丸テーブルが5卓。
潜伏は1548(ヒトゴーヨンハチ)時ほどでしたけどね、ほぼ満席でしたね
いい感じの賑わいの中、我杯はカウンターにへばりついたのであります。

では、ノドも渇きましたのでね、
DSCN4686.jpg
ホッピー黒@360で、ぱんぱ~い
…ん!!
チョイと濃い目の焼酎ですが、今回は暑かったですからね、我ながらいい音で飲み干す!!
まさに真夏のSounds Good!!

ヲ品書きをば眺めてみると…
DSCN4687.jpg


コチラ、
DSCN4691.jpg
ヲ安いですね!!

DSCN4688.jpg
コイツは、ビシビシにヲーダーせねばなりませんな!!

賑わう店内。
DSCN4689.jpg
…ん…?
この客層、会話、店内に流れる実況放送…
をを、ここも
浅草の「安兵衛」よろしく、競馬ファンの集うヲ店であったか!!
みなさん、ミミをダンボのようにして実況中継に傾注してますね。
コイツは、(別の意味で)楽しめそうだワイ

システムも同じく、
DSCN4695.jpg
代金引換のキャッシュ・オンですね
…何だ、270円、て。
もっと金を出しとけよ、我杯!!

最近ヲキニの、
DSCN4690.jpg
タマネギンジャーオニオンスライス@200
個人的に、こーゆー、さらっ、としたのが合うようになってきますたね。
年齢ですかね…笑

を、コイツも安い!!
DSCN4692.jpg
ひらめ刺@300
ぺらっ、とね。
ヲヒトリサマには適量ですよ

店内、どうやらメインレースを控えて、緊張(?)の度合いが高まってきたみたいですよ。

我杯の隣席の御常連さん、やたらとヲ店のヲネーチャンに「今日の予想」をアツク語ってヲられますが、果たして…?

比類なき共犯者の イヤミくん を連行すればよかったが、あいにく、この時の彼はラッパを吹いていたのだった

そんな賑わいを横目で楽しみつつ、
DSCN4694.jpg
今回の よくばりメシ、アナゴ一本揚げ@400
…ん!!
コイツは「食いで」があって、グッド・メニューだワイ!!
ナイスな選択!!
ヲメデトウ、我杯!! ありがとう、ヲレ!!

レース、始まったみたいですが…

「…あああああ!? あああああ~っ!!」

店内、阿鼻叫喚。
…どうやら、本命とやらが大きくコケたようですな
あ、そこの赤いシト、こーゆーシト達に一言、プリーズ!!

シャア 「そうそう当たるものではない」

…ですよね~?
peti00003_01.gif (競馬ファンの方々、ゴメンナサイ)


あ~、明るくて、面白いヲ店でしたね。
相変わらず、レースには手を出さない我杯ですが、それを抜きにしても嬉しき楽しきヲ店ですね
また来よっと


さてと、ラストにもう一軒
「ごっつり」 鯖串焼き
我杯の超絶ヲキニの
北千住の「ごっつり」へと
混んでたけど、なんとか潜伏成功

このヲ店、ヲ通しを数種類の中から選ばせてくれるんですね。
今回は、厚焼きタマゴ。
先客さんの殆どがヲーダーしてたので、右へ倣へ。
ダシが利いてて、真夏のTastes Good!!

…我杯の伝票に目をやると、「アチョーさん」とのメモ。
ヲネーチャンがこの日、我杯が着用していた「李 牛龍(リ ソリョン)」、ブルース・リーのTシャツを見て…笑

…ココのヲネーチャン、我杯は足繁く通ってる訳ではないのだが、「変なTシャツを着て来るシト」で覚えててくれてるのね

隣席に居合わせた先客さんと 吉田類 先生 の話で盛り上がりつつ、今回は実に静かにシメ


すんなり、と帰宅して一息
そして思う。


「やっぱり、休日は家で過ごすのが一番だなっ」


(↑ そらぁ、キミ。ヲ店のシトに失礼やぞ…)

1830m +南栗橋~秋葉原 ~水道橋・東京ドーム~

2012年8月某日。




…。

DSC00306.jpg
ここで「何か」が開催され、我杯と カーノさん は赴いたのであります

dome.jpeg

…本ッッッッッ当にッ!!

楽しかったッス!!


…つか、今回、チケを回してくれた、富士記ちゃん に大感謝!!であります!!

イベント終了
DSC00324.jpg
この日の入場者数は、4万8000人?だとかで

…あ~…
DSC00325.jpg
導夢、キレイですね

DSC00331.jpg
風景、ですね

コーフン冷めやらぬ我杯と カーノさん は、
DSC00326.jpg
祝!! ドーム公演!! つー事で

DSC00327.jpg
「げちょう」(笑)のナポレヲン、いいちこ で祝杯

ん!!
ここ数年、こんなにゴキゲンになった覚えがありません!!
DSC00342.jpg
次の日、声が全く出ませんでしたね…笑

我が生涯に一片の悔いも御座いません!!


…あ。
ルリルリ、花火大会をワヤにしちゃって、ゴメンなさいね…

またもや不覚!! ~茨城 五霞・居酒屋 くら~

いつもヲ世話になってヲります。

どーしたモンですかね、あの近隣諸国の方々。


さて。
年中、失態続きの我杯であるが、またもや、やらかしていた

勤め先からの帰途、いつもと違う道を利用したところ、赤提灯を発見!!
こんな所にヲ店があったノカ!?

後日、改めて立ち寄ってみた

我杯の勤め先より、我杯愛用の超絶電動自転車「轟天号」で約10分48秒、
農家さんの集落の中に、

ぼんやり、と暗闇の中に浮かぶ灯火は、いつぞやの
「幸手の赤ちょうちん」を思わせる…
またもや、チョウチンアンコウみたいなママさんが…!?

到着
DSCN4643.jpg

DSCN4644.jpg

居酒屋 くら

どうみても、ひとン家の庭先に店が構えてあるのだが…
不法侵入気分で暖簾を潜る…
こんばんス~

我杯が店内に入ると、他にヲ客はらず、細身()のママさんが新聞広告でゴミ受けをせっせと折っていた。
(↑ 細身好き…笑)

「…あ、イラッシャイマセ~」

(入っても)いいですかね?

「今、ちょうどヲ客サン、一段落したトコだったのよ、ドーゾ」

我杯、テーブルに着陸
DSCN4640.jpg
他にはカウンター5席、小上がり2卓、見えなかったが、20人は入れる座敷席もあるようだ。
これまた違う、家庭的な雰囲気のヲ店でヤンスね
つか、ママさんが、どちらかと言えば乙姫サマで、チョウチンアンコウでなくてヨカッタ…笑

手書きのヲ品書き。
DSCN4641.jpg

ヲ飲物
DSCN4639.jpg
ヲ手頃価格で安心しやした

この日、チョイと残業でしたからね、渇いてましたよ。
DSCN4638.jpg
酎ハイ@350で、ぱんぱ~い
ヲ通しは春雨の和え物で、我杯、コイツは好物である


我杯が潜伏したのは2030(フタマルサンマル)時くらいだったんですけどね、人がいなくなった後の名残みたいのが、
余計に「寂しくない静かさ」を演出。
あ~、落ち着く…


つか、こんなトコに居酒屋さんがあったなんて、気が付かなかったですね。
ヲ店始めて何年くらいですか?

「もう6年ぐらいヨ」

…え。
そんな前から?
ここら辺、10年近くはウロついていたのに…
どうやら、我杯の目はフシダラ節穴だったようだ


メニューを眺める。
何か推しメニュー、ありますか?

「じゃ、少し待ってネ」

と、供されるは、

DSCN4642.jpg
台湾風 たまご焼き@500

韓国料理の「チジミ」を髣髴させる薄焼きで、いわゆる「たまご焼き」のイメージではないですね。

食。

…。



ムマイ

この、塩っ気のある、コリコリした食感は…

「切り干し大根が入ってるノヨ」

をを
そんな調理方法があったとは。

「台湾では、よくある料理ヨ」

ママさんは、台湾出身だったんですな。
もう、日本に嫁いで20年超だそうだが、こんな方だったら、どんどん上陸してもらいたいモンですな

「(ヲ客は)近所の人が殆どなんだけど。よく息子が友達と呑んでるけどネ」

なるほど、この家庭的な雰囲気はそこから醸し出されていたのだな

またもや、良店を発見してしまった

ヒミツの裏メニューもあるとかで、また来なくてはなるまい!!

てな訳で、家から近いですからね、ケムラー先輩、今度行きましょう!!
「家庭の雰囲気」に飢えてる、マグマ先輩も連れて…笑

KDT(今日もどこかでトヨヱツ団) ~北越谷・のんべぇ、鳥一、鷹~

いつもヲ世話になってヲります。

この「酒場逃亡記」にて、比類無き共犯者である カーノさんイヤミくん は、我杯と「とある学舎」を同時期に過ごした同窓生である。

母校、そして過去、現在と学びし者達の、名誉と尊厳の為に名を伏せるが、まあ、そこで我々は時を、場所を同じくして出会ってしまったのである…。

「とある学舎」てのが、
DSCN4549.jpg
コチラを最寄りとする。

我杯が通ってた頃(二十ウン年前)とは違い、
DSCN4553.jpg
現在は高架化、駅前整備で、かなりレイキーになってはいたけど。

…それは、思い出を作り変えられたようで、何かビシサー

だけども、
DSCN4555.jpg
ここらへんは(チョイと寂れてはいるが)変わらずで、安心

今回は、懐かしさ溢れる元・地元で、

総選挙の反省会をしなくてはイケマセン」

と、カーノさん となったので、ヒサブリに立ち寄ってみた

待ち合わせの時間まで間があったので、何と無くアシは母校の方角へ向かう

DSCN4557.jpg
「母校」の近くに、ずーっと、ある喫茶店
今だから言っちゃいますケド、我杯、ここでヲンナノコにフラれた事がありますね
友人の紹介だったんですけど、機会を上手く活かせず…
ま、今となってはイイ思い出…

…な訳、無ェだろうがッ!!0066.gif



…を。
DSCN4561.jpg
我杯の母校、その校門に設置されているポスト
ずーっ、前からココにあるんですよ。
ずーっ、とココに。
このポストを見て嬉しいのは、僅かだと思いますが…
関係の方々、どうでしょうか~? (ルンルン)


元荒川。
DSCN4569.jpg
ココに掛かる橋は「出津橋(でづばし)」てんですが、ココから眺める夕日は本当に最高なんであります…
また、この土手は、春には実に見事な桜が楽しめますヨ


さて、待ち合わせ時間になったので、北越谷駅に戻って  カーノさん と合流
不思議ですね、意識せずとも母校から駅に向かう道筋は、学生時に通ったものと全く同じ!!
…身体が覚えているんですね…



ヲサレな喫茶店。
DSCN4573.jpg
実は、ココには我杯が現役時に散々に通い、アルバイトまでした居酒屋があったのだが、4年前に閉店してたそうで…
気にはしていたのだが、遅かったか…

さ!!
気を取り直して訪れるは、

DSCN4574.jpg

酒処 のんべぇ

…何だよヲイ、現役時にはあまり通わなかったけど、全く変わってないじゃなイカ!!
うあ、懐かしい!! 早く潜伏しましゃう!!

あまりの懐かしさに、
DSCN4575.jpg
い~ても たぁっても い~ら~れ~ないっ

我杯はホッピー黒、 カーノさん は生ビールで、はい、ぱんぱ~い
あ~…   懐かしい地元で呑むヲ酒はヲイシイ…

少なくとも二十ウン年前から営業している訳ですから、
DSCN4577.jpg
ヲ店の雰囲気は保障出来ます

ヲ品書き、その1
DSCN4578.jpg

その2
DSCN4579.jpg
学生価格で、かなり安価

DSCN4581.jpg  DSCN4582.jpg
ポテサラ@250と、のんべぇサラダ@380

…安い、安い
ズルイぞ、学生諸君

追加ヲーダーにて、
DSCN4584.jpg
チョリソー@300、真アジ開き@250をば

…ますます安価で、ズル過ぎるぞ、学生諸君


我々の潜伏開始が1819(ヒトハチヒトキュウ)時だったのだが、小一時間ほど経過した1900(ヒトキュウマルマル)時頃から、続々入店、しばらくして満席になってしまった

その間、我々は何故か「あぶない刑事」の話題で盛り上がっていたのであった


さてと
一軒、二軒じゃ「第二の地元」は満喫出来ませんよ。
次に行きましょうか!!



久々にですね

我杯の逃亡生活の根城である、幸手「玄海」に潜伏出来ましたね()

方々に「逃亡」してばかりだから、月イチでも顔を出せない有様…

とにかく猛暑続きですからね、このヲ店の絶品!!レモンサワー@350を、立て続けに3杯!!

更にタマランのが、

自家製シメ鯖@500

ソンジョソコラのシメ鯖は酸っぱいだけだが、ココのは違う。
魚が本来持つ、とろみ、旨み、コクが、絶妙加減のシメ方で、これでもか、と引き出されているのだ!!

あ~、ムマかった…(満悦)

久々に、このヲ店の御常連さんであり、飲み友達のシマちゃんにも会えたしね。


…そーいや、シマちゃんの趣味って、競馬、パチンコ、麻雀etc…だったな。
「どっかの誰か」と同じだなぁ…笑


世界の「みなみ」から

こんにちわ。
世界の「みなみ」から の時間です。
今回はベネズエラからです。

先ずは、画像を御覧頂きましょう。
パラみな
(画像提供:ハーメルンのチューバ吹き 様より)


…。


「パラみな」


ですね、コレわっ


そんな訳で、盛り上がって(?)参りました、世界の「みなみ」から !!

ふと気付けば、あなたの傍には「みなみ」が…


引き続きに「みなみ」を募集中~!!

どうでしょうか~? ()

聖地巡礼13 ~木場・河本~

いつもヲ世話になってヲります。

あ~、暑ィ。
殺人光線ですよ、


…。

江東区の木場、です。
江東区。
一度だけ素で「えとうく」と読んだ事があります(恥)

この日、やはり暑かったですけどね、
DSC00087.jpg
いわゆる「都会の喧騒」てのからは、かけ離れててましてね。

蝉も元気に鳴いてましたが、


DSC00088.jpg
こういった下町情緒、みたいのが、

DSC00091.jpg
何か、涼やかさを感じさせてくれ…

なかったですね

いや、暑い時はジョーチョも何も無いモンだ
寧ろ、ジョーチョはフアンテーだ、コンチキショー。


さて。
タイトルからして、我等が 吉田類 先生 の追っかけです。
今回、訪れたのは、
DSC00092.jpg

河本(かわもと)

もう、その佇まい、
DSC00093.jpg
暖簾の、所謂「経年劣化」が、その歴史を語る…

…否、劣化ではなく、味わい、と表現すべきか。
DSC00094.jpg
交通量の多い交差点に、そこだけ時代に置いて行かれた様子。
吉田類 先生の酒場放浪記にて目にしてから、気になって仕方なかったし、行きたかったし、呑みたかったし、会いたかった (Yes!!)

さっそく、潜伏してみやしょう、こんちは~す

店内は変形コの字型?のカウンター8席、それとは別に設えられた一本カウンター6席の構造。
我杯の潜伏が1625(ヒトロクフタゴー)時、すでに10名程の先客さんがメーターを上げていた…笑

我杯、入り口スグの変形カウンター席に着陸
DSC00101.jpg
…ん…?
この席、いや、このヲ店、ビミョーに右に傾斜しているぞ!?
変形しているのは、カウンター席だけではなかった!!

さて、ヲ決まりの、
DSC00095.jpg
ホッピー黒セット@400で、ぱんぱ~い

小さなヲ猪口にキンミヤ焼酎を注ぎ、ジョッキの上にてチョロチョロ…垂らしたかと思うと、一気にひっくり返して、カツン!! と供する、女将さんの熟練?の技が眼前にて

…つか、氷、入れてもらえないのですね…
先客さんも「コレ」で呑んでるみたいだし、郷に入ればヒロミに従え、だな…

…て、実は、「ホッピー」は、氷を入れないのがメーカー推奨の呑み方なのです

御覧頂きましょう、店内の様子 (今回、ジックリ撮れました)
kwm1.jpg
色々な物…提灯か、が数多く。

その1ツ1ツが、非常に年期モノ
kwm2.jpg
ところで、このヲ店、eco活動を地で行くヲ店でして

何故かと言うと、エアコンを回さない。
kwm3.jpg
つか、無い!!
ゆる~い扇風機が数台、あるのみ。

…呑みながら、我杯の背中をフクロダの滝のような汗が滴り落ちていくのであった…

諸行「無情」!! さらば、広島!! ~広島・厳島神社~

…ヲはようございます
ブンブクレにムクんだ顔を引っ下げ、我杯とケムラー先輩は朝イチで宿泊先をチェックアウトした。


DSCN4496.jpg
今回の我々の逃亡劇の舞台「流川通り」

ヲ世話になったでヤンス。 また必ず戻って来るでヤンスよ


朝食もそこそこに、
DSCN4498.jpg
路面電車に飛び乗り、運ばれる事、一時間あまり
idou161.gif


宮島口」に到着。
DSCN4500.jpg
そこから発着の超絶フェリー「この世の栄華丸(←嘘)に乗船。

10分ほどの航程で、
DSCN4503.jpg

到着しましたよ

キヨモリさん、呑みに来ましたよ…笑
DSCN4504.jpg


日本が全宇宙に誇る超絶世界遺産である



我杯、コチラへは高校の修学旅行以来なのだが、
DSCN4505.jpg
その時は、帰宅して土産を見るまでは、どこへ行ったのか知らなかった、という経験をしている (←バカ)

ただ今、大河ドラマで「旬」ですからね。
itk1.jpeg
多くの人出。
結婚式を挙げてるシトがいましたが、
我杯とケムラー先輩には、全く関係無い事ですんでね、目もくれずに素通りしてやりましたよ、ええ!!

…あ
我杯も名前をカタカナ表記の「ケンイチ」にしようかな。
そうすりゃ…


いや、今回、素で驚いたのがですね、
itk3.jpeg
後白河法皇が直接にヲ植えタテマツリアソバシオワシたという、松の遺木なんですけど、

これ、木じゃなくて、岩でしたよ
いや、本当になんか、こう、ガツーン、とした
itk2.jpeg
以前は、直接に触れてご利益をタマワレタらしいですが、現在は御覧の通りでして

…しかし、まあ、このような「完成品」が、
DSCN4506.jpg
千ウン百年も前に完成していた事に、驚くと申しますか…

この「宮島」自体が、ネ申として、信仰の対象とされていたそうですね

DSCN4507.jpg
しかも、今で言うところの強力な「パワースポット」だそうで。
…昔のシト達は、どうやって、そーいったのを見極めたのかしらん…


ところで、大鳥居越しに目に入る、対岸のホテルだか何だかの建物!!
かなり目障りでしたな!!


景観を損ねるってヤツだッ!!
艦砲射撃による爆破撤去を望ム!!
今こそ甦れ!! 大和!!




…ここで我杯、やらかした。
DSCN4508.jpg
この厳島神社の祭神サマは、3柱の女ネ申サマだったのだ。
手ブラで行ってしまった
次回はバラの花束を持参せねばなるまい
クノイチネモウス。

さてね、ヲ腹が空きましたね。
マトモな食事をしてみましょうか


恐怖の回避

「親知らず」なんてモノを抜く破目になった
いくつになっても、気が重たいモンである。

先月に治療出来たのだが、生来の面倒臭がりと、何より臆病な性格なので、先延ばしにしてしまったのである。

御蔭で、この一ヶ月間、戦々恐々として日々を過ごし、迎える当日
遅刻はいけないと、少々早めに歯医者に赴き、待つことしばし…



…。



木村文乃




…は

寝てしまった。

そこで、ある言葉を思い出す。
我杯が「その時は」一生懸命に通っていた「とある道場
押忍!」、たまに試合なんぞにも出場していたのだが、決まって出番までに眠くなってしまい、下手をすれば寝てしまっていたのである

そこで、百戦錬磨の漢が、こうのたまった。

「人は恐怖感から回避しようと、脳の働きを鈍くしてしまう。すなわち眠くなってしまうようになってるのだ」

…へー

つか、歯を一本抜くのに、そんなにビビッているノカ、我杯は!?

さて、治療室に呼ばれ、麻酔を打たれ、しばし。
口の中の感覚が無くなって来た。

「じゃ、麻酔の効き具合を見てみますね。ちょっと、押してみます」

我杯の右上奥歯を金具で突く…

(ミシミシミシ…)

うあ
脳にダイレクトに響く鈍い音…
こんな直接に仕掛けられては、一教運動も「龍(ロン)」も、廻し受けも通用しない!!

ええい、やるなら、一思いに殺してくれッ!!(←)

「はい、終わりましたよ

…え。
もう!?

…さっきの ミシミシ、の時ですか!?

ふと横を見ると、小指のアタマ程の歯が、コロン、と。

…。

今までの戦々恐々が、実にアホらしく思えるほど、あっ、つー間に…

これなら、先月に処置してもらえばよかった(←ビビリが何をヌカす)

今宵は大事をとって飲酒はヲアズケ
これが、一番ツライ…

(本文と画像には、何の関係もありません)

世界の「みなみ」から

こんにちは。
世界の「みなみ」から の時間です。
今日はパプアニューギニアからです。


先ずは、画像を御覧いただきましょう。


(画像提供:ケアプランが面倒臭い 様より)

…。


…ん?

これは…


「ポケみな」


…で、いいんでしょうか!?



このように、当番組では訳の分からない、あらゆる「みなみ」を随時募集致してヲります。
是非、身の周りで見かけた「みなみ」をヲ知らせ下さい!!



…よろしくね!!


「絆」の意味 ~広島・旨み屋 創楽、どりーむ~

程よくメーターの上がってきた我杯とケムラー先輩、広島・繁華街の更なる深部を目指す。
DSCN4482.jpg
明るく賑わうその光景は、新宿の「歌舞伎町」を彷彿させる。
そんな中、ミョーに落ち着いた、小さなヲ店を発見

DSCN4488.jpg

旨み屋 創楽

…何かこう、ひっそり?とね。
派手な看板出している訳でもなく。

小さな入り口にかかる縄暖簾を潜る。
…この「縄暖簾」て、何かいいですねぇ~

ヲ初です、こんばんス


…もう、それはそれは小さな店内で。
6人で満席の変形コの字型カウンターのみで、その中に大柄のマスターさんが、のっそり、と

空いていた席に着陸した我々、

DSCN4483.jpg
我杯、相変わらずの酎ハイと、ケムラー先輩の生ビールで、ぱんぱ~い
この時点で2143(フタヒトヨンサン)時

…う~ん、今回、「朝」から引っ掛けてた訳で…

何杯目?…笑

御常連さんと思しき先客さんとマスターの会話を小耳に挟みつつ、メニューを眺める。
その中から、

「もうすぐ食べられなくなっちゃうからねぇ

と、
DSCN4484.jpg
レバ刺もどき@?

「もどき」だって、それっぽい味と形の物(コンニャクね、コレ)をゴマ油で頂けば、中々にイケル訳でして

…こーゆーメニューが用意してあるって、何か「コッチ側のヲ店」な気がして、いいですね

もう一品、
DSCN4485.jpg
ピリ辛ソーセージ@? をば

…うん!!
狭くて小さなヲ店で、特別なメニューこそ無いものの、何か、

「納まるべき処に納まったゼ!!」

な、感じ。

さすが我杯、旅先での「嗅覚」は更にレベル・アップ!!

(パカパカパンパンパ~ン)

わがはい はレベルが あがった!!
「のみや さがし」が 15 あがった!!
「たのしさ」が 23 あがった!!
「かしこさ」が 4800 さがった!!(←)

「旅行で来たんですか? いいヲ店でしょう?

と、御常連さん。

DSCN4486.jpg
埼玉から広島までアシを運び、初めて入ったヲ店で酒肴を心底楽しむ。
これが、いい店でなくて、なんであろうか?

「ああ、埼玉から来たの?」

そうです 
「大和ミュージアム」と飲み歩き目的で。
他には一切、目もくれず!!…笑

「平和記念公園は、修学旅行で来たことあったけど、あまりの悲惨な展示内容に気分が凹んじゃった」

ケムラー先輩がヲっしゃる通り、我杯も「あの展示」を見た後、終始無言になってしまった経験を持つ…

「(笑) 確かに、平和学習の一環で地元の児童も行くけどなあ…」

と、
DSCN4487.jpg
男気溢れるマスターは語る

店内のテレビで、被災地のガレキ受け入れ反対を掲げ、処理場の前で搬入阻止を行った一団の報道が流れていた。
小さな子供を抱える親からすれば、この上なく不安な出来事であろう。
だが、明らかに

「他所でやれ!! ここではやるな!!」

エゴを剥き出しに、声高に口にする輩の姿も多々、見受けられた印象もある。
震災直後、やたらと「絆」という言葉を見聞きしたが、果たして…?

「ヒロシマも復興を遂げた街だけどな、今回のはまた、違うな」

をを、そうであった。
御当地・広島は、正に戦争で灰燼に帰した街であったのだ。

「俺も(年齢が)五十ナンボだけどな、戦後の生まれだが、物心ついた時にも、まだガレキの山は残ってたのを見たからな」

…。

単純に考えて、二十年近くは経過していたであろう時期に、まだ戦後の処理は終わっていなかった、という事ではないか?

「今回」は、また様々な事情が絡み合い、その進捗を妨げている。
一体、何年、何十年を要するのであろうか…?
やはり広島、平和、復興を一考させられる街であった。
そんな中、呑んだくれててスマンす…


時間にして、2310(フタサンヒトマル)時、そろそろ夜も更けてきた。
ゴチソーサマでした

そろそろ、次でラストですかね。
今宵、最後の潜伏先を探す我々を、何とマスターはわざわざヲ店を閉めて案内してくれた

広島の男気マスターが紹介してくれた「今宵のシメ」とは…?

ニュース速報

番組の途中ですが、ニュースです。

たった今、40ヲトコの酒場特捜隊「SKB 40 AGE」からの調査報告がされました。

報告によりますと、特捜隊は、東京都千代田区神田の「とある居酒屋」にて、極上のスイーツを発見した、とのことです。



報告にあった極上のスイーツは、「たっちゃんバナナ」と呼称され、その価格は破格の@1280であったそうです!!

しかし、特捜隊は「値段以上の真価」を、このスイーツに見出し、追加ヲーダーも検討した、との報告がされています。

一体、特捜隊に何が起きたのでしょうか?
詳細は2ヵ月後!!  刮目して待て!!

きっと、

楽しいですよ!!   …多分


手も足も出ない ~広島 流川通り・カープ鳥、いな穂~

さて。
「大和ミュージアム」で瞳を閉じたケムラー先輩と我杯広島駅前に戻ってくると、


何だか、色々な屋台が出てましたね。
焼き牡蠣をば食してみる

「さ!! これから、どんなヲ好み焼きが食べられるんだ?」

御当地、ヲ好み焼きを期待されていたケムラー先輩だが、残念!!
そんな、当たり前の物を食べて嬉しいんですか?
今回、ヲ好み焼きは、ありません!!

「ゑ…

絶句するケムラー先輩を尻目に、宿泊先のホテルから頂戴したガイドを辿って訪れたのは、
DSCN4457.jpg

カープ鳥

…外観、名前からして、広島ファン御用達のヲ店ではないですか
面白そうだから、潜伏してみましょうよ

DSCN4458.jpg
額に青筋を4本並べたケムラー先輩を尻目に入店
こんちは~す
…もうね、名前からして「野球ファン」のヲ店じゃないですか。
だけど、ケムラー先輩と我杯は、野球の事なんて、知らない知らない

店内、L字カウンター14席、テーブル2卓、小上がりが2卓、15、6人は上がれそうな大座敷と。
1900(ヒトキュウマルマル)時、チョイ前に潜伏しますたが、ほぼ満員
我々、カウンター席の一角に着陸

我杯は酎ハイ@300、ケムラー先輩は生中@450で、
DSCN4459.jpg
はい、ヲ疲れ様でした、ぱんぱ~い!!

ところで、このヲ店、
DSCN4460.jpg
ヲ品書きが広島カープの選手名」で表記されているのである…笑
因みに酎ハイは「シンカー」、生中は「スライダー」でヲーダーが通る…笑
だけど、我々、野球のことなんて、知らない知らない

あ、ヲーダーした串焼きが来ましたよ。
DSCN4466.jpg
栗原(牛バラ)@250と、

DSCN4467.jpg
バリントン(笹身しそ巻)@200と前田(砂肝)@120。

…。

我杯、「前田」は あっちゃん とアキラ兄さんしか知らない知らない

大いに賑わう店内ですが、
kapudori.jpeg
勿論、交わされるは「カープ談義」
過去、色んなヲ店を飲み歩いたが、ここまで周囲の話題が耳に入ってこないのは初めてである…笑
だって、我々、野球のことなんて知らない知らない

無言な時間が、ひたすらに続く…
















o0640048011456944072.jpg


…なんたって、このヲ店では話題が出てこなかった…







ヲ店の入り口付近に飾ってあったユニフォームは、
kapudori2.jpeg
ミスター赤ヘル、つー方…ですね。
多分

あ、このシトなら知ってます
DSCN4463.jpg
28号のシトですね。
うん!!

もう、これでもか、な野球(広島)尽くし
DSCN4465.jpg
色んな意味で、ヲ腹一杯になってきますた

ランス。
DSCN4468.jpg
「ホームランか三振か」
潔いなぁ…笑

終始無言だった我々、それでも追加ドリンクをヲーダーしようとされたケムラー先輩を制し、ここらでゴチソーサマ

会計時、ヲ店のマスター(監督?)とほんのチョイ挨拶を交わせた。
いや、さすが御当地広島、とても賑やかなカープ尽くしですね

「チームの方もね、成績が賑やかならいいんだけどね。あ、飾ってあるユニフォームは、本物だよ

…そうですか。
(よく分からないけど)神奈川あたりと競ってるんですよね。頑張って下さい。
まあ、広島の方がマシなんじゃないんですか?
16笑う


あ~、面白かった
さて、今度はどんなヲ店に潜伏しましょうかね。
賑やかさを増す広島の繁華街をフラついてみましょう
ikachan.gif


CLOSE YOUR EYES ~呉・大和ミュージアム、てつのくじら館~ Ver. 1.01

つー訳でですね、今回、我杯と「とある道場押忍!」の大先輩である、ケムラー先輩と足を運んだのは、広島県は呉市にある、
「呉市海事歴史科学館」、またの名を大和ミュージアム
であったのですわ。

もう、何年も前から「行こう、行こう」と言っていたのだが、今回、やっとの実現
…何の事は無い、ヲ互い「身軽な身上」なので、いつでも行けたんだわ…

呉駅から徒歩5、6分ほど

うっかり、ミュージアム自体の外観を撮り忘れてしまった

だってよ、
mutu1.jpeg
イキナシ、体温が5、6度アガッちゃうようなモンが展示してあるんだぜッ!!
モーレツに!!
コレはですね、戦艦「陸奥」のスクリュープロペラでヤンスね
並び立つケムラー先輩。 その大きさがヲ判りでしょう

目を惹くのが、
mutu3.jpeg
やはり、戦艦「陸奥」の主砲筒でヤンスね


説明は下記を参照。
mutu2.jpeg
…これを遥かに凌駕していたという「大和」とは、一体…?



…あ、因みに戦艦「陸奥」てのは、
img_1080203_16981446_2.jpg
コチラです(画像、よそのブログさん から引っ張ってきちゃいました、スマンス)

さて、早速に館内に突入してみましょう

入り口入ってスグ三時方向に入場券販売コーナー、九時方向にグッズ販売コーナー。
興味を大いに引かれるが、ここは後程までヲアズケ
…カウンター席や、小上がり座敷席は…無いな…笑


そして、今回「一番の目的」は、勿体振る事無く、すぐさま我々の眼前に現れた。
「それ」を目の当たりにし、驚愕する我杯に、ケムラー先輩は静かに、しかし、重く応えたのであった…笑
wh.jpg
「…こ、これは…ッ!?」

kcptn1.jpg
「…そうだ…













大和だ…ッ」










DSCN4427.jpg
戦艦「大和」 1/10スケール。

…1/10、っても、30m近くある大きさである。
ソンジョソコラの船よりも、遥かに感じる重厚さ。
モノホンは…どんだけ大きいんだ!?

大日本帝国軍艦 「大和

艦種…戦艦
全長…263m
最大幅…38.9m
吃水平均…10.4m
最大速力…27ノット (1ノット…時速1.852km/h、約50km/h)
機関出力…150,000軸馬力
航続距離…7,200海里
乗員(沖縄出撃時)…3,332名

兵装(沖縄出撃時)
46センチ3連装砲…3基9門
15.5センチ3連装砲…2基6門
12.7センチ連装高角砲…12基24門
25ミリ3連装機銃…50基150挺
13ミリ連装機銃…2基4挺

(ディアゴスティーニ「戦艦 大和をつくろう」解説より)



艦首菊花紋章
DSCN4428.jpg
「大和」のものは特に大きいサイズだったことが確認されている



46センチ3連装砲塔
46センチ3連装砲塔
当時、最大最強の兵装であり、この砲塔部分だけでも、他の艦一隻分に匹敵する重量があったそうである。
また、砲弾発射時の爆風、衝撃波は凄まじいものであり、その際は甲板にいる乗組員に「退避命令」が発令されたとか




艦橋部。
DSCN4429.jpg
上部レーダー部、測距儀は15mほど、世界最大であった。
因みにこの開発をしたのは日本光学工業、現在の「ニコン」なのは有名なヲハナシ


球状艦首(バルバス・バウ)
DSCN4435.jpg
主砲塔と並んで「大和」を象徴するこの独特な形状は、航行時の水の抵抗を軽減させる働きをする。

…「宇宙戦艦ヤマト」では、特にディフォルメされて描かれている部分ですね。


館内、ガラスの仕切に写っていた姿が、
DSCN4436.jpg
思わず、「大和」の同型艦、「武蔵」と並び立つ姿を連想してしまった





さて、他の展示物も見て回りましょうか。

…流石にここでは、ヲ酒は呑めませんね…笑

…あ、タイトルを忘れてしまった…

いつもヲ世話になってヲります。

とある早朝の東武鉄道上り。
時刻にして0555(マルゴーゴーゴー)時

「旭日式麦芽発泡弾、装填準備完了!!」

「…よく狙え。外すなよ…ッッッ撃てェェェーッ!!


ぱんぱ~い
何故か、文字通り、朝っぱらから酒をかっくらう、我杯と「とある道場
押忍!の大先輩、ケムラー先輩。
果たして、我々は何をしているノカ!?

到着、東京駅
DSCN4413.jpg
ボクラの夢の超特急、ネ申速のカモノハシ、N700新幹線 様である。
一編成(16両) 約50億円、プラレールなら1800円くらい

DSCN4414.jpg
我杯の甥っ子怪獣(ヲトート)に言わせれば、「えぬなななっけい」になる。

やった~!!071203_233034.gif
我杯、なななっけい に乗るのはヲ初であった
勿論、それを祝して、
DSCN4416.jpg
ぱんぱ~い
時刻にして0755(マルナナゴーゴー)時

ネ申ヲヤツ、用意!!
DSCN4418.jpg
何故か、ビスコは酒に合う
これは、ケムラー先輩も御公認である

車内、混雑してきました。
我杯の隣席、かなりレイキーな(大学の?)先生がヲ座しになられましたが
DSCN4419.jpg
構わずに「新幹線・酎ハイ作戦」を敢行
酩酊度は、新幹線並みの加速で上がっていきます

世界の車窓から。
DSCN4420.jpg
…って、今回の我々、どこへ向かっていたノカ!?


到着
DSCN4421.jpg
ここでした
時刻、1158(ヒトヒトゴーハチ)時。
東京から4時間。

DSCN4422.jpg
駅の立ち食いそば を素早くすすり、

DSCN4424.jpg
安芸路ライナーの隅っこに搭乗だッ (ハイッ)

今回の目的地、
DSCN4425.jpg
「呉」に到着!!

DSCN4426.jpg
さ、ここには一体、何があるノカ!?

今回、かなりサッパリと、そして、大した事無いケド、勿体ぶって次回に続く!!…笑

大逃亡 終章 ~浅草・捕鯨船、穂里(ほり)

ぼんやり、と夕刻の浅草をフラつく二人の呑んだくれdrank.gifdrank.gif
だが、我杯と イヤミくん が、何の「収穫」も無しに酒場逃亡を続ける訳にはいかない!!

ならば、と訪れた、
DSCN4386.jpg

くじらの店 捕鯨船

「鯨(げい)を喰って 芸を磨け!!」の文字が、浅草が大衆芸能の街であることに気付かされる
我々、今回で2回目の潜伏でヤンス
(前回の捕鯨船)

満席で、少し待たされましたけどね、潜伏成功、でヤンス

入口すぐ、のカウンター席に座した我々、ハイボール@500で ぱんぱ~い

「はい、カンペ~イ ハザマ カンペ~イ
peti00003_01.gif

…ブラックホール級のショーモナ・ギャグをカマす イヤミくん
そーゆー事は、言わなきゃいいのに!!
0066.gif
思わず、ツッコミを入れざるを得ない!!

「あははははは 呼吸、バッチリですね!! スルー出来ませんでした!!」

既に出来上がっていた、隣席のヲニーチャン、我々マイナス温度の やりとり にヲヲウケ

…こんなので良いのか、今日の「捕鯨船」は!?
簡単過ぎるぜッ!!
11067.gif

そのヲニーサンの連れ、二人のヲネーサンの冷やかな視線を受け流しつつ、
DSCN4385.jpg
このヲ店のネ申煮込みをば
もうね、別格ですよ、ここの煮込みわぁっ

どうもね、我々くらいの年代の人間は、
DSCN4384.jpg
鯨と言えば、竜田揚げ@1360なんですよ。
小学校給食での人気メニューは、ヲトナ社会でも人気メニューだということを分かってもらいたいんですよ。

賑やかな店内。
hgs.jpeg
世界遺産の「落書き」は、相変わらずに見応えあり
店内奥のヲ座敷部屋にも、多くの「落書き」があるようで、「気合だァァァ~ッ!!」な方のものも…


さて、今回はどうにも「酒場芸人」としての働きが鈍かった我々
隣席の大胆な胸元のヲネーサンに思いを残しつつ、今回ラストのヲ店に向かうのであります

封印された時流の中に ~浅草・つまがめ~

さてね。
競馬で大した戦果を得られぬままに「安兵衛」を後にした我々、我杯の発見したヲ店へと

それが、ココ
DSCN4356.jpg

酒の店 つまがめ

…なんつー、佇まい…
DSCN4357.jpg
何回か前を通り過ぎた事はあったものの、閉まっていたので、営業しているのかも定かではなかったが、

DSCN4358.jpg
今回は営業していましたね
早い時間から開いていたみたいで、酒飲みにはウレシイ限りですね…笑

「ヲヰ、この建物、傾いてるぞ」

と、 イヤミくん が言うので、引き気味に撮影してみた
aImage271.jpg
…ホントだ!!
何だか、どこかで見たことのある「傾き加減」だなぁ…

…あ。
「アレ」だ
keisya.jpeg
じゃあ、「有事」には、遥か宇宙の彼方まで飛んでいってくれるんだ、地球の為に…笑
yamato_03.gif

「擬装解除!! 傾斜復元!! 船体、起こせェェェ~ッ!!」

船体、おこぉ~せぇ~

んだば、早速に潜伏してみましょう…笑
勿論、初逃亡であります、こムにちは~

店内はカウンター8席に、小上がりと呼ぶのも難しい(?)スペースが1卓。
外観よろしく、非常に簡素、質素、最低限な感じ。
先客さんがカウンター席で3、4人、静かに引っ掛けてましたが、果たして、店主さんは何処に…?

「あ、いらっしゃい」

艦長店主さん、カウンター席で先客さんと一緒に呑んでたよ

我々、カウンター席に着陸、
DSCN4375.jpg
酎ハイ@400で、ぱんぱ~い

…流石の イヤミくん も、このヲ店の醸し出す雰囲気に、いつもの賑やかさは出て来ない。
まあ、チョイと「この雰囲気」を楽しんでみましょうよ

冷奴@300をば
DSCN4377.jpg
大きな氷の上に、直接に豆腐が乗って出てきましたね。
「直冷式」というヤツですな

チョイと、塩っ気のあるものを、つーことで、
DSCN4379.jpg
あこうだい粕漬け焼き@500 をば。

…チビチビとヲ酒を呑むなら、こーいった一品が最適である

…それにしても、静かな、落ち着いた雰囲気のヲ店ですなぁ…
DSCN4376.jpg
店内モニターには、浅草ならではの競馬中継が映し出されてはいたが、音量も控えめ、「安兵衛」のような喧騒は無い。
むしろ、静寂に包まれた空間である…

「静寂」とは、全くの無音では無いような気がする。
何かしらの「音」は耳に届いてはいるものの、それは「音」として認知されず、しかし、その「音」のみが意識された時に、周囲の状況が「音」を出していない事に気付かされる。
ここでは、振り子時計の音、競馬中継、先客さんの会話。
それが「静寂の源」であった。

イヤミくん は宣う。
DSCN4372.jpg

「子供の頃、ばあちゃん家で聞いた、振り子時計のカッチ、コッチ、て音が怖くてなぁ」


確かに、我杯も同様の記憶を持つ。
幼少の頃に訪れた祖父母の家。
遊び疲れて寝床につくものの、慣れない環境に寝付けない。
もし、何か得体の知れないモノが暗闇の底から飛び出してきても、恐怖の余りに救いの声も出せず、忽ちに蹂躙されてしまうのではないか。

その中で、ひたすらに時を刻み続ける振り子時計の音。
「静寂」を強調するその音は、

「決定的な何かを押し迫るカウントダウン」

に感じられ、不可避な、強迫的な感覚に慄いたものである…。

小上がりとは呼べない小上がり。
DSCN4373.jpg
長年の使用に、歪み、傾いてはいるものの、我々より後に入ってきた御常連さんは、フツーに座っていた。

店内を、実に涼やかな風が通り過ぎた。
浅草とはいえ、都内である。
このような場所で、こんな気持ちになれるとは…
これから訪れる猛暑を前に、季節がくれた餞別のように思われた。

DSCN4374.jpg
イヤミくん が小さなガッツポーズを決めた
どーやら、ようやくレースが的中したらしい

この間、我々には珍しく会話は無い。
ヲ互い、独り呑み の際はこんなスタイルであるようだ。
今回、酒場芸人「葛飾モンテカルロ」の出番は皆無であった…

いつからの営業なんですか、我杯の問いに店主さんは、

「戦後間も無く」

と、答えてくれた。

歴史のあるヲ店というのは、どういう訳か、時間の経過が遅く感じられる。
実際、かなり座り込んでいた感覚だったのだが、滞在は小1時間ほどだったか。

すっかり、ヲ店の雰囲気に取り込まれた我々、ボンヤリとヲ店を後にした。
こんなヲ店も、あるんだねぇ、と。

ようやく「現世」に戻った我々、浅草の町を更に千鳥ってみることに…

大逃亡 ~浅草・安兵衛~

いつもヲ世話になってヲります。

スミマセン、タイトルからして、今回も イヤミくん の登場です。

彼との、

「大きな競馬のレース時は、浅草で飲み歩くのがヲトナのスタイルなのじゃあ!!」

も、これで何回目?
なので、

浅草っス。

世界的にメジャーな観光スポットである浅草、もう、駅前はゴイスーな人、人、人ですわ

有名スポット、その1
DSCN4341.jpg
…あ、ヲはようございます

駅前から徒歩48
DSCN4346.jpg
まあ、今はコイツじゃないですかね、「東京ネック・ハンギング・ツリー」
専ら、大型レスラーが得意とする技でね、よく試合の序盤で見られt…(略)

もはや、どこを歩いてても、
DSCN4352.jpg
どこからでも見えてしまう。

まさに、シンボルタワーに相応しい在り方ですね
DSCN4353.jpg
我杯、アマノジャクなんでね、今、非常に「東京タワー」の方に行ってみたいですね
peti00003_01.gif

…おっと、ブラちぃ しとる場合ではない。
待ち合わせ時刻は、目前であった

到着、安兵衛
日曜の浅草、競馬ファンの聖地ですからね、もう路上にまでヲ客が溢れる、相変わらずの混雑振り
イヤミくん に教えてもらわねば、まあ、気付きもしなかったヲ店ですね
(前回の安兵衛)

…ところで我杯、ここに来るまでに「スゴイ発見」をしていた…

「遅いのねん!! 遅過ぎて、サナギになっちゃうトコだったのねん!! ポピュラス!!」

少々に遅参した我杯に対して、イミネー激昂をする イヤミくん
…をを、それは済まなかった。来る途中でスペインの牛追い祭りに巻き込まれてしまったのさ

テキトーな挨拶を交わし、店内へ潜伏
我杯は飲酒、 イヤミくん は競馬で大騒ぎ、がヲ互いの目的


いいから呑もうよ。
「とある武道」の稽古後で疲れてんだからさ
DSCN4359.jpg
はい、ぱんぱ~い
酎ハイ@250は、ここでの我杯の鉄板さ

ヲ皿やグラスなんて洗ってる暇が無いから、プラカップ、トレイが、このヲ店の提供方法

ところで、今日の(負け)レースは?

「何を言うの!! これで私達は数刻後にヲヲ金持ちです!! ポキール!!」

…確か、以前も同じ事を言ってたような…
DSCN4360.jpg
事前に イヤミくん に買ってきてもらった馬券

ここで、我杯の友人の テジ氏 から緊急メール

「今日は握手会 きんぎょ松井とシェイクハンドだぜ!!」

…アノヤロウ…

説明しよう!!
我杯の中学来の友人である テジ氏 は、我杯を差し置いて「握手会なる不思議なイベントに行ってしまう、無慈悲な悪魔超人なのだ!!
また、彼も競馬ファンであり、今回の予想を

「10-11だな」

と予想していた。

イヤミくん曰く、

「いやぁ~、それは有り得ない。パミール!!」

と、のたまうが、果たして…?


さ、いよいよ始まるメインレース、店内のボルテージは最高潮!!

よーい…

どん!!

ysb.jpeg
ゥヲラァァァァァ~!!!!

店内モニター、レースの行く末を見守る我々…笑
(居合わせた清楚なマダムが「あなた達、本当に楽しそうねと、撮ってくれた)

店内に設置されたモニターに注がれる、総ての眼差しは、興奮に血走り、欲に塗れている。
だが、それを非難する者、そして権利はどこにも無い。

「欲」
これこそが生命の原点であり、原動力なのだから。
ならば、今、この店内は生命力に満ちているのだ。


…んな事、考えないですよ…笑
とにかく、的中すりゃあ、いいんですよ!!

…って、あれ? あれ…?

ysb2.jpeg
ショボ~ンヌ…
(撮影は やはり、清楚マダム)

…ヲヲハズレ

来たのは、「10-11」だ…って、あれ!?

「ヲヰ!! 君の友人、的中したぞ!!」

驚愕の表情を浮かべる イヤミくん
すかさず テジ氏 より、入電

「きんぎょ松井も可愛かったし、馬も当たったので、君にはストラップとかヲ土産を買って行ってあげよう

…チクショウ、我杯の「妹」と勝手に握手した上に、万馬券まで!!
だが、ストラップに免じて、許す


…ところでね、このブログは競馬ブログではないですから
キチッ、とムマかった酒肴をレビューしまつ
この2点ですね
DSCN4362.jpgDSCN4371.jpg
なすみそ@100と、鶏肉マヨコチュジャン@200
どちらも、ヲ店のヲネーサンが、

「ヲ願い!! 売れ残っちゃうから買ってぇ~っ!!」

と、超絶混雑の店内を悲痛な叫びと共に運び、押し売っていく品々である…笑


まあ、とてもヲイシイし、安価なので憂い無し!!

この後、何レースかに挑戦していた イヤミくん であったが、どうにも芳しくないようでpeti00003_01.gif
我杯も競馬ファンではないので、そろそろ我杯の「大発見」に逃亡してみましょうかikachan.gif

« »

08 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login