酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


握手の愛 ~南越谷・やまちゃん、とりげん~

いつもヲ世話になってヲります。

古くからの友人である テジ氏 からメールが来た。
彼はいつも、我杯を差し置いて「握手会」に行ってしまう冷酷非情な悪魔超人である。


が…。



「用事が出来て、握手会行けなくなっちゃった。代わりに行くかい?」



…。



行くに決まってるでしょう !!



こう見えて我杯、アイドル大好きなんですよ。


てな訳で、ゲットするネ申チケット


こうして我が友人・テジ氏 は、悪魔超人からネ申友へと昇華したのであった…笑



…で、何処で開催するの?



ココ
DSC00720.jpg

…。

我杯、初めて来たんですケド、ま、正直、遠かったですね…


で、会場に辿り着くや、まあ、人、人、人… !!
DSC00723.jpg DSC00724.jpg


そして無事、本懐を果たす。


握手をすると 元気になれる いつまでも忘れない握手 たからもの~



…膝、抜けました



生きてて良かった。
名古屋の栄へ引っ越そうと思うんですよ
16笑う



我が生涯に一片の悔い、なs…


まだ、未練はあるな…。
まだまだ長生きしよう


ヲ次は、マグマ優子 師範代 の番です…笑



さ、帰ろう。
そそくさ、と乗り込むJR武蔵野線

DSC00725.jpg
乗り継ぎの為、しばらく電車を待つ…


…。


武蔵野線て、「みなみ」多いですね。

南船橋(ふなみな)、
南流山(ながみな)、
吉川美南(よしかわみなみ、よしみな)…


「船橋、流山、吉川の みなみ が仲良く並んでいるのは壮観な眺めだワイ」


我が戦闘越谷も あっちの みなみ に着陸だッ !! (ハイッ)
南越谷・やまちゃん

やまちゃん (画像は、以前のものです)


…コイツは久しぶりにデッカイ みなみ になりそうだ…


さ、祝杯、祝杯

ここで何故か、「とある武道」の稽古呑み仲間である、 タッキーさん と合流
タッキーさん、どこかで開催してた「演武会」が終わるや否や、ウカれた我杯の呼び出しにヲ応えしてくれたのである
DSC00727.jpg
はい、ぱんぱ~い
もう、ホッピー白 しか呑みません…笑

コチラのヲ店、半屋台ですからね、そろそろ立ち呑みスペースだと季節の薄ら寒さを感じますね…

それよか聞いて下さい、マツレナの顔の大きさが、我杯の妹の顔の 1/4  しかなかったんですよ。


DSC00726.jpg DSC00728.jpg
秋ナス焼きと、豚バラミニトマト巻

相変わらず威勢のいいマスターの呼び声に負けない位、我々のアホ・トークも盛り上がりを見せるのであった
gzgz.gif

それよか聞いて下さい、2周目で握手した 桑原3 が頑張ってるんで、これから推していこうと思うんですよ


「次は?」

お任せ下さい
タッキーさん が、ハシゴに期待していたので、今回は南越谷(こしみな)の黄金センターパターン、激安店の

DSCN2444.jpg

とりげん


あ~!! もういっちょ いくぞ~っ !!

DSC00730.jpg
あい、ぱんぱ~い
ホッピー白の嵐。

我杯個人的な推しメニューの、
DSC00732.jpg
クリームチーズ西京漬(右)
毎回、ヲーダーしますけど、いつも我杯一人で食べちゃうくらいにヲイシイ
今度、バケツ一杯、食べてみたい…笑



宴もタケナワ、握手会でウカれた我杯と、タッキーさん ヲ得意の○○トークが炸裂

結局、グズグズに終始する我杯と タッキーさん の潜伏劇。
もう一軒、ハシゴしかける タッキーさん を抑えつつ、今回は劇終。

ホッピー白に徹してたから、翌日の「被害」は最小で済んだのであった



さ !!
次の握手会の為に、参加券付きのCDを50枚くらい買って来よう !!

…なんてな事を言ってるとシトに呆れられちゃうから、今回の事はナイショにしてヲこう…

世界の「みなみ」から

ヲ早う御座います。
世界の「みなみ」から の時間です。
今日は、バヌアツ からです。


先ずは、画像を御覧下さい。



(画像提供:カッツェ渡辺 様 より)




…。



「担当:みなみ」

「たんみな」
、きました。




「(営業)努力は、必ず報われる !!」


が、モットーなんでしょうか。



さて、来年度の国家予算枠内に盛り込まれつつある「せかみな」、相変わらず皆様からの「みなみ」を募集してヲります。

「みなみ」を見掛けましたら、ご一報下さい !!







…無理にとは…言いませんが…




聖地巡礼17 ~町屋・大内、もつ焼き 小林~

いつもヲ世話になってヲります。



DSC00493.jpg



…。


…はっ !!
ガガーン


何故、我杯は「町屋」にッ!?


…ああ、そうだった、こんな事があったんだっけ… (以下、回想場面)



「とある武道」の稽古開始前、口髭の似合うチョイ悪ダンディ(笑)、シロウサギさん は、いつも道場に一番乗りである

道場に我杯が入ると、


「ヲウ、今日、この後 時間あるかよ?


無いわけではなかったが、翌早朝に所用があった為、この日は一日大人しくしようと思っていたので、丁重にヲ断り申し上げたのだが…


「よし、わかった。じゃ、4時に町屋な



…。




…つー訳で、まさかの「町屋」なのであった。

そーいや、町屋って、以前、
呑みトモダチの ナヲちゃん と呑んだ時以来ですな
再び、この地を再訪する事になるとは

そもそも、シロウサギさん は、「とある武道」で着用する袴を御新調される為に、町屋の道着屋に訪れたのであった。
道着の仕上がりまでに多少の時間が空いたので、チョイと周辺をブラウヘノ
dash_c.gif


まだ明るい呑み屋街を往く。
DSC00498.jpg
むふん
コイツァ、オンタイム が楽しみな景観ですな


ふと、空を見上げると、
DSC00499.jpg
なんとも見事な秋空ではないか
わしも、あの雲の彼方に流れていきたいものよ。
なあ、松風? (ヒヒーン)


さて。
シロウサギさん の御所用も済み、いよいよ、我々の「本目的」、開始ですよ
先ずは、の一軒目は、

DSC00502.jpg

大内


さて、どんな潜伏が出来ますかね、楽しみであります
初逃亡であります、こんばんス~

DSC00504.jpg
店内、座敷メインの非常に広々とした造りでして、これはゆっくり寛げますぞ
カウンター席もあったみたいだけど、我々は座敷に着陸


ヲススメは…
DSC00503.jpg
ヲサカナ系ですか


ま、先ずはヲ飲み物で。
DSC00505.jpg
シロウサギさん は生ビール、我杯はホッピー白で、ぱんぱ~い


…う~ん、まさか、重鎮・シロウサギさん とサシの逃亡をすることになろうとは…
こいつぁ、レアな機会だぜ…


今回のゴールド・セレクション
DSC00506.jpg
トロあぶり串@650

シロウサギさん も、口にするや否や、

「ヲ !! こりゃ、ウメー!!

と、絶賛


トロ本来の旨味を内包しつつ、香ばしい焼き上がりに、ヲイシサ温度は急上昇落ち着かないのは真夏のサガだね(← ?)


早速に日本酒にシフト・チェンジしたシロウサギさん、追加ヲーダーをば
DSC00507.jpg DSC00508.jpg
牛すじ煮込み、白身梅肉揚。


…そろそろ、煮込みがヲイシクなってくる時期ですねぇ


で、この「梅肉揚」が、なんともTastes Good !!
白身の、ふんわり、とした感触に、梅肉の酸味がナイス・フォロー


コチラのヲ店、ヲ料理が何ともウレシイですね
近くへ来たら、また是非ともに再訪したいですねぇ


さて、もう一軒
ウワサのヲ店に潜伏してみることにしやした


その名も、
DSC00509.jpg

もつ焼き 小林


以前、潜伏しはぐったヲ店である。
DSC00510.jpg
1800(ヒトハチマルマル)時の開店を待って、潜伏開始
我々の他にも、数名の「共犯者」がヲ店の前で暖簾が掛かるのを待っていた。


さて、コチラのヲ店、
DSC00511.jpg
 吉田類 先生 の御降臨された聖地である。

…今の 吉田 先生 のサイン色紙と比較すると、何か趣が違うような…
調べたら、 吉田 先生が降臨されたのは今(2012年)を遡ること7年前の2005年であった。


店内は「J」の字?カウンター14席のみの造り。
DSC00512.jpg
目の前で大きな鍋が煮えたぎる、ベストポジションに我々は着陸


鍋の中を 泳ぐように モツという串が おどぉるぅ~



DSC00513.jpg DSC00514.jpg
酎ハイ@350で、ぱんぱ~い

煮込みセット(オビ、ガツ、ハチノス、ヒモ、フワ)の5本で@400

我杯、串煮込みではフワ(肺臓)の、あの独特の食感が好きでしてね


さて、このヲ店の人気メニューは、この煮込みの煮汁をスープにして頂く、つけめん である。

…のだが、我杯のポリシーとして、

「ヲ酒を入れた胃袋にラーメンは入れない」

であるからして、今回は見送り


どうやら、シロウサギさん の逃亡スタイルは、一杯一皿の

長っ尻無用」

であるらしい。


グラスを空けるが早いか、


「ごちそーさん !! ほら、行くぞ !!



…何とも、男気の溢れる…



この後、


「焼鳥が食べたいなぁ


というリクエストにヲ応えして、北千住の我杯のヲキニ、
「ごっつり」へ。


…なのだが、ヲ店のスタッフに、

「何だ、妙に人出があるな。何だ?


「あ、今日は足立の花火大会なんですよ」


「ん !! じゃ、電車が混雑するな !! ゴチソーサン !!


ええっ!?
ガガーン
今、ホッピーのヲカワリと、ヲニヲンスライス、ヲーダーしたばっかりなのに…!!


駅のホームには、接続の良い電車がナイスタイミングで入ってきた

ちょうど良かったですね、さ、乗りましょう


「駄目だ。混んでる


え…あの、どちらへっ?



そして、まさかの、
DSC00515.jpg DSC00518.jpg
北千住~春日部 間を、スペーシアで移動…


「ちょっと¥追加するだけで、早くて楽に帰れるんだ。コッチが良いに決まってるだろう


…なんとも、男気に溢れた行動力である…

果たして我杯は、このような「漢」になれるのだろうか…


anryzr.jpg「ヲ答エシマス。ソノ確率ハ 0% デス」


ぃやかましいわっ !!


駅のホームからは、
DSC00516.jpg
多分、今年最後でしょう、大きな打ち上げ花火が見えましたとさ。





幸手ふしぎ発見~幸手・串揚 アジト、やきとり ちょ~さん~

いつもヲ世話になってヲります。

幸手・権現堂堤の「曼珠沙華まつり」が盛況だったんですよ
曼珠沙華、ても、山口百恵さん じゃないですヨ…笑


ほあ。
ほあ、見て。

もう、時期はとっくに過ぎちゃってますがね。


さて。
我が生涯最大の宿敵・
モロモロヲカ(mm)とガンガン呑んでたら、イイ歳コイて朝帰り。
その日の午後、寝床から這い出したら家には誰もいなかった。



…寂しい…


人のふれあいを求めて、我杯はコウモリの如く、夕闇の街に繰り出したのであった


そうだ
mmと呑んでた時に話題になった、「気になるアノ店」い行ってみよう


そのヲ店とは…
Image032.jpg

串揚
アジト


何で、このヲ店が話題になったかと申せば、このヲ店、
Image038.jpg
幸手駅前にある、「自転車預かり場」の中にあるのだ。

そこは駅前の「かなり」細い路地にあるのだが、この看板だけが妙に目立ってヲり、幸手市民ならば誰もが気にはなっているハズである。
今回は、その幸手市民の長年の謎を…暴ぁくッ !!

では、早速に潜伏開始
初逃亡であります、こんばんス~


…を
Image034.jpg
店内、名前のアヤしさとは裏腹に、落ち着いた雰囲気の、「ヲトナ」の飲み屋さん
大きなテーブルで9席のみ。

楽しそうに談笑する、60代半ば位のヲヤジさん達2人が、程よく盛り上がってヲりました


何がございやす?
Image035.jpg
ヲや、ヲ手頃。
何だか、地酒の品揃えがステキ


そんな中から、
Image033.jpg
山形 純米大吟醸 「楯ノ川」@650 をば


…ム !!
どうして、東北産のヲ酒は、呑み易くてヲイシイですかね


さて、このヲ店は「串揚げ」が推しメニューなんですよ


なので、

Image036.jpg
串揚げ5本セット「二の膳」@650 をば
(海老の紫蘇巻き、うずら、サーモン、ほたて、バラ肉の紫蘇巻き)

他にも、チョコッと楽しむ「一の膳」、がっつり食べちゃう「三の膳」アリ。

…ん !!
ヲ酒ばっかり呑んで腹が冷えていたせいか、一串一串がジンワリ、と温かく…


マスターさん にヲ話を伺う。

「ウチは、色んなトコから良い地酒が手に入るようになってるんで、(壁の)品書きは ちょくちょく変わりますよ」


て事は、来る度に違うヲ酒が入荷してるかもしれないし、逆にヲキニのヲ酒が無くなってるかもしれないノカ!!
これは油断ならないヲ店ですな !!


先客さん、ヒサブリの再会なのか、かなり賑やかに盛り上がってヲりましたが、ヲ値段もヲ手頃、落ち着いた雰囲気、1、2人でコッソリ、と楽しむのにも適していると、我杯は見た !!



てな訳で幸手市民の皆様、今回の「アジト」レポート、こんなモンで、

どうでしょうかぁ~?
()




さて。
1、2軒じゃ、逃亡したウチに入らないですよ。

…お。 あんなトコロに赤提灯を発見
Image046.jpg
やはり、幸手駅前から徒歩48秒。
以前、逃亡した
幸手・やきとり の老舗「栄」のヲ隣、

Image047.jpg

やきとり
ちょ~さん

ヲ店入り口脇のディスプレイには、
Image048.jpg
…ををを~
これは、またもや期待が出来ますね~


チョイと潜伏してみましゃう、コチラも初逃亡であります、こんばんス~


店内、カウンター10席、テーブル席2卓の、小さな造り。
カウンター主体の、いかにも居酒屋さんな雰囲気。

ミョーに声の甲高い店主さんが、明るくヲ出迎え…笑

我杯、カウンター席に着陸
Image040.jpg
先ずは、酎ハイとヤッコ@350をば



先客さんはヲ一人のみ。
Image041.jpg
どーやら、このカウンターは「板野さん」じゃないみたい…笑

※註…「板野さん」とは、「一枚板のカウンター」の事であります。


「いらっしゃい !! どうも、ヲ初です !!」

店主さん、ミョーに明るく御挨拶を下さいました。

あ、どうも、こんばんは
ここいらで「呑み歩き」をナリワイとしている者です…笑


「あぁ、そう? てっきり同業者かと思ったよ !!


…何故でしょう?…笑


「ウチはね、新潟の良い地酒、沢山あるんだよ~



と、見せてくれたのは、
Image042.jpg
鶴齢 山田錦、特別純米、とキタ


「まあ、試しに呑んでみてよ」


でわ、遠慮なく
Image043.jpg
店主さんと、ぱんぱ~い


「脱サラしてね、呑みたいから自分でヲ店始めちゃったクチなんだよ…笑」


何だか、「千葉県知事」を髣髴させる、明るい雰囲気の店主さんとトークが弾む


…ん~、とはいえ、何だか「タダモノではない」様子が、端々に感じられる…

何か、もってるな…


「まだまだ、あるよ !!」


ドン、ドン、と
Image044.jpg Image045.jpg
主に新潟の地酒を取り揃えているみたいで、それがどーやら「嬉しい」らしい。


コレクターか !?…笑


今回は推しメニューの焼鳥をヲーダー出来なかったが、どうやら、かなり気軽に楽しめる一軒である
焼鳥はまた次回のヲ楽しみにしときましゃう
では、今日はこの辺で

「ありがとう!! またヨロシク!!」

明るく送り出してくれました



後日、「とある道場
押忍!」の大先輩である、マグマ優子師範代wr.gifと、超絶温泉「極楽湯」で温泉稽古をしていたら、声を掛けて来る御仁が。


この「ちょ~さん」の店主さんであった

「どーも、どーも !! この前はアリガトね !!」


何と
たった1回顔出しただけなのに、覚えられていたようだ。
あ、コチラこそ、どーも

「またおいでね !! ウチのレバ刺食べれば、○○○も×△□〒※☆だよ !! アッハッハッハ !!」



…。



よく温泉に来ているマグマ優子師範代、あの店主さんをよくヲ見掛けになるという。


「以前、あそこのヲ店で呑んだ事ありますよ。他のヲ客と、ずーっと、○ネタ話…笑」



…やはり、なにか持ってるな…


祝杯 !! ~幸手・玄海~

シマちゃん のヤロウ、ピンピンしてやがった


…何事かと申しますと、我杯に比類なき逃亡先である「玄海」を紹介してくれた、友人の シマちゃん が、実はこの半月ばかり入院していたのである。



原因は「脳溢血


体重過多、高血圧、大量喫煙・飲酒…。



…とは言え症状は軽めだろう。
やれやれ、見舞い半分に冷やかしに行こうと思ったら、玄海のマスターに、


「ダメだよ。集中(治療室)だから」




…。



何ィィィッ!?01_30_10_13003735.gif





…それから、しばらく我杯も「飲酒」について省みざるをえなかった…



とはいえ、シマちゃん の情報は「玄海」に入る。
ヒサブリに顔を出したらマスター、


「あいつ、なんちゃあないよ」




…。




ヲ!! 
どゆこと?


「若干、左腕に不具合があるみたいだけどな、一般病棟にも移ったし、余計な事もベラベラ喋ってたよ






…ンなこったろうと、思ったよ !!


バカヤロウ、テメェのせいで、ここ暫くヲ酒が不味くて仕方なかったZE !!




てな訳で、「玄海」特製、

絶対、平日に呑んではいけない超絶レモンサワーで祝杯だッ !! (ハイッ)



全く、心配かけやがって…



近々、見舞いに行った目の前で、缶チューハイでも飲み干してやろう…

世界の「みなみ」から

こムばムは。
世界の「みなみ」から の時間です。

今日はトリニダード・トバゴ共和国からです。


本日は何と、番外編として特別編集枠でヲ送り致します。

先ずは、画像を御覧下さい。


(画像提供:モモゼロばろーくーIT 様より)



…。



こ、これは…ッ !!


確かに、総選挙第2位、次期エース候補ですが、こんな、あからさまに…


そんな訳でして、実は他の「ネタ」も受け付けてしまった「せかみな」のコーナー、皆様の御応募を

ずっと 繰り返して 24時間

受け付けてヲります



それでは、皆様の御応募を、ヲ待ちしてぇ~………
まゆy(略)

ガンガンいこうぜ ~幸手・かごや 幸手店、玄海~

いつもヲ世話になってヲります。


我が生涯最大の宿敵である、モロモロヲカ(以下、mm)と逃亡の機会を得た。

mmは、地元・幸手にて整骨院を開業しており、我杯の超絶肩凝りなどをパツイチで治療してくれる、ドクター鎬紅葉(しのぎ くれは)並のの腕っこきである…笑

コヤツと呑むと、ヲ互いに際限無く呑み始めちゃうので、かなりの注意が必要なのだが…


と、思ったら今回、mmはかなりのグッジョブ

医院の受付嬢である、あきちゃ 嬢 を、今回、この場に引き出したのである。
最近、mmの医院の予約が取れにくくなっているのは、彼女目当てで来院する患者さんが増えたから、というウワサが…笑


では、今回は…
DSC00488.jpg

かごや 幸手店

…に、潜伏でヤンス

幸手駅から徒歩48秒、ローカル・エリアなチェーン店だが、地元・幸手でも名の知られた老舗である

今回、初登場ですね、こんちはス

店内はL字カウンターで10席ほど、テーブルで…10卓ほどだったかな?
我々、入り口「自分で動かす」自動ドア(笑)前の卓に着陸


ではでは、早速に、
DSC00475.jpg
ぱんぱ~い

我杯、ホッピー白@380、mmと あきちゃ 嬢は、生ビールですか

勿論、問い合わせ殺到するので、嬢の素顔は非公開、である!!
嬢にヲ会いしたかったら、捻挫なり骨折するなりして、mmの医院に通って下さい!!…笑


ところで、コチラのヲ店は、串焼き専門店です。
何をヲ召し上がりになります?

「アタシ、とり皮とか、レバー、ニガテなんです。あ、ねぎ間のネギも」

「ヲレも なんこつ とかは食べない」



…。




キミタチ、ここに何しに来たのかねっ!?



「だって、ネギとか要らないじゃないですか(笑)
アタシ、吉野家とか行った時『ネギ、抜いて!!』とか、頼んだことありますヨ」




…かつて、とある牛丼専門店で共にアルバイトした経験のある我杯とmm、ネギを抜く作業がいかに手間だったかを、懇々と嬢に諭したのであった


仕方ない、串焼きは我杯が迎え撃つ。
DSC00476.jpgDSC00477.jpg
好物のハツ、豚レバー@130やら。

…。

ウム!!
このしっかりとした食感、歯応え、我杯の好きなタイプである!!

あきちゃ 嬢、ハツを一口。


「(食)…。 あ。 …。 うん… うん… もういいです




店ェ、変えましょうかぁ !?




移動 !!

…因みに、ここの「かごや」さんは、年中無休の、串焼きメニューもスグに品切れになる、地元では人気のヲ店です
夕方4時から営業中で~す!!


さて。

味にウルサイ二人を満足させるには、
我杯の根城「玄海」に連行するしかアルマイト洗面器。

仕切り直し。
DSC00479.jpg
玄海特製・超絶レモンサワー@380をば。




ジャンジャン溢れる レモンサワー




コチラ、刺身がヲイシイんですよ

「あ、カンパチ、好きです

食うてみぃ。
DSC00481.jpg
玄海特製、超絶カンパチ刺@700


「…あ!! ウメー!!

と、流石のmmも舌鼓を打つ…が、

後日、彼はこの時点で刺身を食した記憶がなかった、と述懐するッ !!
(↑ )


ネットリと、重厚な舌触り

だしょ?
このヲ店の刺身はヲイシイんですよ (← 何故か威張る我杯)



ご飯が欲しくなる、
DSC00482.jpg
とりももピリ辛炒め。

我杯が頼むと、何故か作ってくれないのだが、今回は嬢のヲ蔭で出てきた…笑


…ウム!!
丼飯、48杯は必要ですなっ!!



ココラ辺で、嬢は退場
ヲ疲れ様ですた~
また、(わざと)肩凝りなり、腰痛なりで伺いますんで、受付、ィヨロシクゥッ!!


さ。
ここが今回のターニング・ポイントであった。

DSC00483.jpg
ひたすらに、超絶レモンサワー呑んじゃったので、二人ともエライ事に


ヲ店も看板になり、普通ならヲ開きなのだが、我杯とmmは気付いたら、
DSC00485.jpg
コンビニで物資を調達、mmの自宅で仕切り直しなのであった。

ひたすらに交わされる「男気談義

真の武道とは!? ヤマト男児の進む道とは!? MIXのタイミングとは!?




…。




気付いたら、0300(マルサンマルマル)時近くになってました…



mm、キミと呑むと、命の削りあいになるから、次回からは「いのち だいじに」モードにしようぜ…



帰宅後、入浴、0600(マルロクマルマル)時にヲヤスミナサイ…



午後1400(ヒトヨンマルマル)時、起床…
この日は、家族は所用で出払ってヲり、家には誰の姿も無かった…



…寂しい…



しばらく後、またもや「玄海」にいた我杯。


一方のmmは、奥方に、


「夜中に自宅で騒ぐなっ!! ウルサイッ!!


叱られていたそうだ。



…スマンス…


酢橘

自宅でヲ酒を呑む時にですね、




レモンエキスを注入。


ビールもホッピーも、爽やかテイストになって、これでもか、に呑めちゃう。



つか、フレッシュ・レモンになりたいんですよ。


決定 !? 2012 !! ~幸手・友~

いつもヲ世話になってヲります。


久々に、我杯の窮地の旧知の友人である カネピン が、福島の左遷勤め先から帰省してきたんですよ。

中学生来の友人達と一献、の機会が出来たので、ウキウキしながら自宅を出立


チョイと早めに家を出て、向かったのは
幸手の「友」

「とある武道」の宮代三姉妹のヲネーサマ方に、超絶御支持を頂戴したネ申居酒屋である

はい、こんばんス~

そしたらママさん、我杯の為に取り寄せておいてくれた、

「百年ほしいも」の、最後の一杯を残しておいてくれていた

「他のヲ客さんのヲーダーを断って、残してヲいたのよ」



…ママさん、我杯と結婚してよ…笑


これが呑みたくて来たのよね、本当にヲイシイ…


「新しく取り寄せたヲ酒があるのよ」


と、供されるは、
DSC00465.jpg
「三百年の掟破り」


…山形のヲ酒、なんですって。

我杯、掟破りは藤波→猪木への卍固めしか知らなかった。


飲。


…。





ネ申~ッ!!






超絶フルーツ・テイスツ !!



本当に日本酒なノカ!?


ビール、焼酎、ワイン、etc…


それら以外の、全く新しいヲ酒を味わってみたいでしたわよ!!


こんなヲ酒を呑めるって ボクは ツイているね~


「本当にヲイシイ肴、あるんだけど」


もう、言いなり。
何、何?

DSC00466.jpg
「マグロのカマ焼き」

…。


画像じゃ、ピンと来ないかもしれませんが、超絶ギガサイズ~!!
こんなに食べられないよ~


「(笑)食べられるわよ」



…食べます。



食。





ステーキ。







しかも、極上


色んなトコで呑み、食べ歩いてきたつもりだけど、コイツは…!!

死ぬ死ぬ。

「旨死に」する


悔しかったら、このヲ店に来て、ヲーダーしてみてネ…笑



「年末の御常連さんだけの忘年会を開催するんだけど、来てね」


行きます。


嬉しいことに、このヲ店の「一員」になれたようだ
最早、ココは我杯の「劇場」




…あ。
この後の呑み会を忘れてた…笑。


合流。
DSC00469.jpg
ヨヲ、ヒサブリ


我杯を差し置いて「握手会」に行ってしまう悪魔超人・テジ 氏 が、何かのストラップと、ギンガムなCDをくれた。


許す。
キミは今日から正義超人だ…笑



…つか、この呑み会の後に、キミタチ、隣接するココイチにカレーを食べに行ったよね!?


血液に変なモン溜まって、死んじゃうよ!?

帰り道にコンビニ寄って、購入した菓子パン2個モグモグ食べながら、

「ダイエット考えてるんですよ」

と、嘯く我杯が言うんだから、本当ですよ…笑

合掌




俳優の 大滝秀治さん が、お亡くなりになられました。



大滝さん の舞台やドラマを追いかけて観ていた訳ではないですが、存在感の大きな方でした。


元々、タレントの 関根 勤 さん が大好きでしたので、その流れで…。

どーゆー事かと申しますと、関根さん は、大滝さん のモノマネが持ちネタでしたので、そのモノマネを、私が何かと人前で曝していたのです…笑

関根さん 経由の、大滝さん のモノマネ。



似ていた、とかではなくて、何だか、亡くなった祖母を彷彿させて頂いていたので、何かと気に留まっていたのですが…




残念です。




もし、このブログを御覧頂ける機会があったなら、こう仰られたでしょう。



「つまらん、つまらん!! お前の話は、つまらん!!」

独りヤケクソ大逃亡 ~上野・夜行列車~

いつもヲ世話になってヲります。


「ヤケクソ」なんて銘打ってますけどね、別にイヤな事があってジボージキになった、なんてのではなく、またもや我杯の悪いクセで、方々へ


最近、すっかり秋らしくなってきたので、台風、よくいらっしゃいますねぇ

毎回、

「28号、来るかな?」

つー、カネダショータローみたいなことを考える訳なんですよ(← )



さて、その台風が直撃中だっつーのに、我杯はわざわざ埼玉から、台東区・上野にある、

純米酒BAR 夜行列車


…へ、逃亡したのであります


コチラはですね、何回か潜伏していたのですが、今回、初登場なのであります。
上野の賑やかな街の中に、ひっそりと構える独特の雰囲気は、反って目を惹くんですよ。
では、さっそくに


コチラ、いわゆる「Bar」なので、カウンター13席ほどのみの、小さな造り。


「…いらっしゃい…」


かなり落ち着いた雰囲気のマスターさんが、ぼそっ、と。
このマスターさん、いつぞや潜伏した時に、我杯と同年齢と聞いた。
ヲ店の奥には、店主さん夫婦が。
このヲ店、親子で経営されとるようでして。


入り口近くの席に着陸した我杯、さっそくに、「秋田県」のヲ酒があるかを訊いてみた。
このセレクションは、いつぞや、
南越谷(こしみな)の「郷土料理・秋田」で頂戴したヲ酒が、とてもヲイシカッタ事に由来


「…秋田のヲ酒は… これだけです…」


と、供されるは、
DSC00448.jpg
能代 喜三郎の酒@900


冷蔵庫の中より、新聞紙に包まれた状態で取り出された、開封モノ
DSC00450.jpg
では、さっそくに一番口、ぱんぱ~い


…美味い


今日は、チョイと静かに呑みたい気分だぜ…


このヲ店、店主さんが「筆」に覚えがあるようでして、
DSC00449.jpg
席の敷き紙やコースター、壁に貼られたヲ品書きなどが、全て手書き。
味わいのある一言が、独特のタッチで書されているのである。
ヲ店の暖簾や看板も、多分。


店内の様子。
DSC00451.jpg
ヲ店の奥で、店主さんが御常連さんを交え、新たな手書きポスターを製作中。

DSC00452.jpg
「直送純米酒」の取扱に、コダワリを見る。
実際、他のヲ店では見られない(見た事無い)品揃え。


実に静かな空気の中で、ヲ酒を頂く。


一品
DSC00453.jpg
鮭の吟醸粕漬@800

粕の鼻腔をくすぐる香り、染み込んだ味わいにヲ酒が進み、一杯目を完飲。


二杯目には、
DSC00454.jpg
浜娘@800をヲーダー


何でも、岩手で被災してしまった酒蔵の一品だそうで、他所で蔵を借りて御尽力されているようだ。



…美味い。



一瞬、フルーツ・テイストを感じさせる香りと味わい。
鮭と合わせて、じっくりと頂戴した。



このヲ店、実に静か。
ヲ店の奥では、マスターと御常連さんとで、何だかスズメバチの話で盛り上がっていた。


後から来店した妙齢の女性二人組、ひたすらに「ヲ酒」談義。


一切、口を開くことは無かった我杯。
それは、ヲ酒を十二分に堪能できた証拠であった。


「こーゆーヲ店でヲ酒が呑めるようになったノカ、我杯」


感慨に耽りながらヲ店を出ると、
DSC00457.jpg
強風吹き荒ぶ中、それでも賑やかな空気に世界は一変した。



この後、我杯は、
DSC00458.jpg  DSC00459.jpg
「夜行列車」とは、まるで正反対の「たきおか・本店」に潜伏、その賑やかな雰囲気を堪能。
レバ串@200、ホクホクとした食感、妙にイケたなぁ



さ、もういいでしょう!!
明日も仕事だ、今日はまっすぐに、









DSC00462.jpg
北千住の「ごっつり」


最近、このパターンばっかり…笑


そろそろ雨の降りが強くなってきていたが、ヲ店はほぼ、満員
こんな天気でも呑みに出掛けるか。

イヤだねぇ、酒呑みは…笑



DSC00460.jpg  DSC00461.jpg
選べるヲ通しは、牛の煮込み、我杯のネ申推し、鯖串焼き@300


…グズグズ呑んでたら、急に耳の奥で「ザーザー」言い始めた。
脈も X JAPAN みたいに速くなってきた…


どうやら、日本酒が今になって効いてきたらしかった。
流石に帰りが不安になったので、ここで切り上げた。



その夜、アルコールが効き過ぎて身体が全く休まらず、一睡も出来ないまま出勤…


ああ、どうしてもカッコ良くヲ酒は呑めないようだ、我杯は…

一人新宿放浪記 ~新宿・つるかめ食堂、鶯谷・きせん~

はい、到着、「新宿・思い出横丁

せっかく、ココまでアシを運んだのだから、聖地 of 聖地の
「カブト」で、一献!!
DSC00396.jpg

…と、思ったら、当日は所謂「祝日にあたる日だったので休業だったんですよ
gzgz.gif

てな訳で、代わりに潜伏したのが…
DSC00407.jpg

つるかめ食堂


今回、思い出横丁を一回りして、一番、雰囲気が良さそうに見えたので、入店してみることに。
DSC00408.jpg

…。

…ほお。
ならば、我杯なんかは感動のあまり、口からメガ粒子砲を発射してしまうに違いない


初逃亡であります、こんばんス~


…ん~、流石に祝日の思い出横丁、店内がかなりイイ感じで賑わっているのは、壮観な眺めだワイ
戦闘我杯もあっちの隅っこテーブルに着陸だっ!! (ハイッ)


ヲ品書き を眺める。
DSC00399.jpg
ふむふむ…


その2
DSC00400.jpg
「横丁」は、どこも価格が似たり寄ったりなんですよ。
大差が無いんですよ、シャア大佐!!


シャア「ヲ店の雰囲気の違いが、価格の決定的差でないということを教えてやる!」


その3+(Nなっち)
DSC00401.jpg
基本、食堂なんで、オイシク定食が頂戴できるみたいっス



ヲ店のヲバチャンが、どー見ても、
a3d73194f2.jpg
俳優の「大場健二さん」にクリソツ!!…笑


でも、とっても愛想が好くって、何だか嬉しくなってきてしまった
我杯も、酒呑み状態に蒸着だッ !!

では、そのプロセスを見てみよう !!

先ずはですね、
DSC00402.jpg DSC00404.jpg
酎ハイ@400と冷奴@200で、ぱんぱ~い
追加ヲーダーのキンプラ(きんぴら の天ぷら)@300が、秀逸!!

特別な料理じゃないですけどね、何だか「当たり前な味」が、実にシミルー!!


時刻は2000(フタマルマルマル)時頃。
店内は満席になりましたよ。
DSC00405.jpg
芋焼酎・黒霧島@450を一献。


…しみるー…



ワイワイ、ガヤガヤ
DSC00406.jpg
カウンター席に陣取った4人組のヲニーチャン達、このゴチャゴチャした横丁の雰囲気が気に入ったのか、かなりゴキゲンに盛り上がっていた。


「ヲバチャン、ヲススメは何?」

大場(ヲバ)チャン、

「ウチはね、ソイ丼だよ」

ソイ…?


dmr.jpg総統、この会話をチョイト(choito)小耳に挟んだのですが、どうやらヲ店の前店長はスペイン料理の出身だそうで、これは、大豆と挽肉をカレー味で和えた料理だそうです


…今度、試してみよう…
ヲイシイですよ!!  …多分!!

ますますの盛り上がりを見せる「つるかめ食堂」だったが、そろそろ頃合かしらん。
また来よう !!

でわでわ、ゴチソーサマでした~



さて、今回、我杯が新宿に逃げ込んだのは、新宿随一のディープ・スポット、
「竹千代」へ潜伏したかったからだったのだが…

ヲ店の前までは来たのだが…
DSC00413.jpg

何と、満員御礼状態 !!
我杯の目論見、果たす事は叶わなかった…


「I'll be back !!」



…さて、どうしよう。

今回、最大の目的が2軒ともアテが外れちゃったし、我杯にしては珍しく「ハズレ」の日だったのかしらん
この次の日は、 カーノさん と、東京ドームと じゃんけん大会の反省会(笑)だったし、今日は早めに切り上げて…




…。





DSC00414.jpg

それでも、我杯は呑んでみたい。



…。



…は


気付いたら、
DSC00415.jpg

きせん(鶯谷)


まさかの、都内放浪…笑

はい、こんばムわ~


この時点で、2152(フタヒトゴーフタ)時、かなり晩めの潜伏…
DSC00416.jpg
我杯には珍しい、ウーロンハイ@400で、先ずは一杯


…画像では分かりずらいですが、コチラのヲ通し(フグ皮ポン酢合え)、非常にシャレヲツなんですよ。
なんつーかですね、キレイというか、カワイイというかムニャムニャ


本日、最後の一品と致しましょう。
DSC00421.jpg
新サンマ刺@500

これでもか、と盛られていたネギをかき分け…笑

…んふー、「旬」のモノは何とも言えないですね~
コヤツを、菊水と合わせて頂く。
至福

…何だか、やたらと深いタメ息をついていた、先客さん

その度に、マスターから、

「なるようにしか、ならねぇんだからよ」

なんて、言葉を掛けられていたが、はてさて、何があったのやら…
都会の片隅、小さな人間模様を垣間見る…


…と思いきや、ひょんなことから、ディープな「鶯谷談義」が始まった !!

DSC00425.jpg
んじゃ、ぱんぱ~い


どうやら、御常連さんみたいでした
次々と飛び出すマル秘ネタに、先程のタメ息行進曲は、どこへやら…笑
まあ、少しでも気分転換のヲ相手を務められて、ヨカッタッス



コチラのヲ店、我杯の根城、
幸手「玄海」に、雰囲気が似てるんですよ。


…て、その「根城」には、最近さっぱり、だなぁ…
まぁ、これだけ方々に出入りしてりゃ…笑


よし、もう呑み歩きは止めて、仕事を頑張ろう!!(← )


« »

10 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login