酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


愉しい ♪

面白いアプリ、みっけ ♪


iPhone,iPad 専用アプリ、

「みつを めーかー」

(開発:HENTAI KAMEN 無料アプリ)

が、ソレ。


あの 相田 みつを 先生 風のメッセージを、自分で手軽に作成できるというシロモノで、これが意外と面白い


先行して、いくつか作りましたが、このブログに氾濫する虚言妄言が、人の心に響くような、温かいメッセージに早変わり !?


ホレ


IMG_0292[1]
とか、



IMG_0290[1]
あはは、一人しか喜んでないぞ、コレ





IMG_0293[1]
うん、やめようか、って気になりそう…笑






IMG_0297[1]
なんか、「本物」にもこんな感じのなかったか !?








IMG_0298[1]
 こんなデスラーなら、話せば分かりそう…。




選んだ画像にもメッセージを合わせられるので、
IMG_0300[1]
こんな那古船形なファイルも作成可能



では、最後に、我杯渾身の作品を一つ







…せーの !!














IMG_0301[1]








…失礼しました…笑

細か過ぎて伝わらない逃亡劇 ~市川・川松~

前回までの あらすじ。


JR東日本の超絶企画切符「休日ヲでかけパス」を利用して、千葉県は成田巡りを敢行する我杯と カーノさん。

そこで我々は、思いがけない(?)場所に降り立ったのであった !!



…。

千葉県・市川市。

右から読んでも市川市
左から読んでも市川市

この、日本一シンメトリカルな場所で、果たして我々が目にしたものとは !?



最初、駅北口の方に出たんですけど、非常に賑やかでいつも我杯が好んで潜伏するようなヲ店の雰囲気は感じられなかったんですよ

知ってか知らずか、 カーノさん が反対側の南口巡りを推奨するので、廻ってみたら…



…正解 !!

雰囲気は一転、我杯の「酒場アンテナ」に、コレデモカ、な反応が…(嬉)





…ぬっ !!
DSC02066.jpg
駅から徒歩48秒ほどのロケに重力を感じましたよ



美味しそうなヲ惣菜が大整列
DSC02065.jpg
夕暮れ時だったので、今晩の夕食にと、多くの買い物客で賑わっていました




外で食す揚物はウマイ !!




…を、声高に提唱する我杯としては、ココは素通り出来ません !!



カニクリームコロッケとイカフライ、







フライングゲット

揚物入手(フライングゲット) !!


(…まさかの逆輸入…)



…ヲ店を探してフラついていたら、いつの間にか入手した揚物は胃袋に収まっていたんですよ。



数件の気になるヲ店を横目に見つつ、住宅街に。
駅から多分、5分は歩いたん


…発見 !!
DSC02073.jpg

川松

何だか心惹かれる雰囲気だったので、直感を信じて潜伏してみることに。


DSC02072.jpg

…後で調べたら、ここらの住所は「市川 南」だったんですよ。
(いちみな )



店内はカウンターで10席、テーブルが5卓位あったかしら…。
店内は満員で、我々が納まるようなスペースは見当たらず
どうやらご近所の御常連さんですかね、かなり賑やかでしたわ。

こりゃ撤収か、と思ったが、二階座敷が空いている、というので通してもらったん



…う~ん…
DSC02068.jpg
他にシトはいなかったので、実に広々と
人ン家に来たみたい。


はい、それでわヲ疲れ様でした、
DSC02067.jpg
ぱんぱ~い

…色々なヲ酒がありますが、チョイと疲れた時に呑むビールの爽快感は、他の追随を許さないと思うんですよ
(↑ 最初の一口に限る)


このヲ店は、色んなメニューが豊富にあったので、ヲーダー決めかねていたのだが、




ママさん のヲススメで、
DSC02069.jpg
刺身盛合せ をば


小さな盛ながら、こりゃ、素晴らしい !!


注文を訊きに来てくれたヲニーチャンは、

梅ちゃん 推し

だったみたいだし…笑



結局ですね、この座敷は我々の貸切で終わったので、座り込んでしまったこともあり、まぁ、リラックス出来たんですよ。


「リラックス」 てのは、我杯と カーノさん の場合、細か過ぎて他には決して伝わらないバカ話に終始することなんですが…



「機動戦士ガンダムを落語でやったら面白いと思うんですよ」

「はあ、それはいい考えですね。カイとかスレッガー3 なんか演じたら、馬桜 師匠(※)の右に出る方はいないと思うんですよ」

「左舷、弾幕薄いよぉん? 何やってんだい !! とかね 
16笑う



…。


…駄目だ、コリャ。

全く伝え切れませんね。
言ったトコロで、我々の社会的立場が(更に)無くなるパティーンですよ。



(※)…鈴々舎 馬桜 (れいれいしゃ ばおう) 師匠。

台東区出身、落語協会 所属。
古典落語を主に口演、実力派の噺家 様。
我々が自称学生だった頃に所属していた「落語研究会」の特別技術顧問であり、我々の間で落語、噺家と言えば、この方になる。

因みに、5月の連休時には日本橋の寄席にて「圓朝座」と銘打った、本格的な口演を開催してヲります。
ヲ近くへヲ越しの場合は是非に。

img_data3-1286505000-7n38182.jpg


師匠、長年に亘りロクに御挨拶申し上げられずに、申し訳御座いません…



呑んでる途中で、ママさん から、1階の席が空いたけど、移ります? なんて訊かれたんですけど、ヘロヘロな我々は、これ以上の逗留は危険だったので、残念ながら。


ヲ店を出る間際にその様子をチラッ、と垣間見ましたが、賑やかに盛り上がるその様子から、楽しいヲ店であることは間違いなかった。
今回は、その魅力は充分に堪能出来なかったのは無念 !!





駅前には、

DSC02074.jpg DSC02075.jpg

そそられるヲ店が多々あったんですけどね、今回は残念ながら…

悔しいですね、ヲ酒好きが居酒屋に入れないんですよ。



さて。
帰途は何とか無理の無い時間に地元に帰還出来たのだが…

「ボクチャンはまだ呑めるんですよ」

そう言って聞かない カーノさん は、下車駅である新三郷駅を通り過ぎて南越谷(こしみな)まで来てしまった。

そうなった以上は、我杯も御当地の聖地「やまちゃん」で一献、と思って下車したのだが…




… カーノさん がいつまで待っても改札の外に出て来ない。



何をやってんのさっ



「…切符を失くしてしまったんですよ」




…どうぞ、ヲ引き取り下さいっ


改札を出られない カーノさん はスゴスゴと帰宅していった…

じゃあ、いいや、我杯一人で「やまちゃん」で一献、と思って財布を見たら…



…小銭しか無い…



帰れっ !!



こうして、2013・春の呑み鉄アーは幕を降ろす…





こんな我々の一日を、詩人・我杯田 みつを 先生が表現してくれました…笑


IMG_0288.jpeg



…ええ、分かってますよ。

もう何十年も繰り返してきた事ですからね…

夜桜ヲ酒 ~幸手・権現堂桜堤~

  

紅い鼻緒が ぷつり、と切れた

すげてくれる手 ありゃしない…


  



まあ、我杯にはすげてくれる手ではなく、さげすむ視線だらけなんですがね…




そんな訳で、今年の桜の開花、早過ぎる !!

はい、夜桜見物、ぱんぱ~い




今回は「とある道場」の ケムラー先輩 ですよ。

「さくらマラソン」まで、3月27日現在、あと11日、直前なので勘弁してくらさい、と陳情申し上げたのだが、

「駄目だ、エイシャヲラッ !! さもなくば、ガソリンタンクに角砂糖を入れるぞっ」

と、脅しがあったので(笑)、出動




皆さ~ん
DSC02109.jpg
3月27日現在で、桜堤は八分咲き、な感じですが、



今月内がピークだと思いますよ~

DSC02111.jpg
早く見に行かないと、なくなっちゃうよ~


…あ !!
DSC02112.jpg

皆さん、ゴミは必ず持ち帰りましょうね~




残念ながら、この幸手市の権現堂桜堤は、
毎年、投げ捨てられたゴミが目も当てられない位、大量に出てくるんですよね…





思うに、日本人は

桜は愛でるけど大切にはしない

と思うんですよ



ゴミの投げ捨ては、いくない !! …と、思います !!

みんな、せっかく咲いた桜を大切にしましょうね !!




公共広告機構 からのヲ知らせでした(← ウソ)

2013春の呑み鉄 !! ~千葉・暴走特急の旅 後編~

TOKYO MX で再放送してたドラマ「ウルトラマンを作った男たち」(出演:三上博史、南果歩←)を観て、号泣してしまったんですよ。




さて。

成田山 なる有難い場所へ繰り出してきた我杯と カーノさん 、畏れ多くもネ申様にゴアイサツ申し上げることに


多くのシト達が行き交う中、二人のヘベレケ者は、正門を潜る。
大きな赤提灯が見受けられます。
飲み屋 3 でしょうか?…笑



その大提灯を、
DSC02034.jpg
下から覗いてみたバイ。


…こーゆー装飾って、やっぱり何か「意味」があるんですかね



酔人に厳しい、
DSC02035.jpg
急な階段をエンヤコラ、と昇って辿り着くは


うを、広っ。
DSC02036.jpg
東京ドーム48杯分位はあるんですよ(← 勿論、ウソ)



DSC02037.jpg


本殿?にてヲ参りをしましゃう…


…って、酔っ払ってヲ参りに来て、怒られないですかね。
DSC02038.jpg   ボクチャンにいい考えがあるんですよ」

ほう、それは?

…ふ~む、ふむふむ

…をを、なるほど。

では、それをヲ願いしましょう。



 









「バチを当てないで下さい」





…流石の成田さん山も相手にしないよ、コリャ…





この日は実に好い天気でしてね
DSC02039.jpg
良い(酔い?)ヲ参りになりました
さ、バチが当る前に出ましょう



境内から出た我々、正面にあった広場の休憩スペースにて、
DSC02040.jpg
ヲ清め、ヲ清め。

そーいや、ケムラー先輩 が、この近辺で我杯に御神酒をヲ土産で買って来てくれたんですよ。
ちと、徘徊してみましゃう。


あった。
DSC02044.jpg
鍋店(なべだな)。


「仁勇」
とあるので、マチマイないです
店先で甘酒を売ってたので頂戴してみることに。

ヲ店の隅には、
DSC02042.jpg
試飲コーナーがあったので、そこで ぱんぱ~い


…う~ん、甘酒というだけあって、甘い !!
DSC02043.jpg
うっかり立ち飲み気分になってしまったので、持参したツマミを取り出してしまう有様。
しかし、ここは「たきおか」「やまちゃん」ではないので、土産の地酒ワンカップを購入して撤収




駅までの通りをよく眺めてみると、
DSC02045.jpg
趣き深い光景が多々。


何だか、
DSC02046.jpg


ジブリ映画の、
DSC02048.jpg
「千と千尋の神隠し」の1シーンを思い起こしたんですよ


我々も呑んでばかりだと、豚に姿を変えられちゃうかも !?
DSC02050.jpg
ハクさまぁ~




さて、これから如何なる動きに出ますか?

「アソコに行くんですよ」

どこ?





DSC02052.jpg
…えっ !?
まさかの成田空港 !!


「見送りデッキで呑んでみたかったんですよ」


多くのシトで賑わうデッキ。
DSC02053.jpg
親子連れ、カップル、飛行機マニア、様々な方が飛行機を眺めていたんですよ。


あまり見慣れない光景ですからね、
DSC02054.jpg
こんなデカイのが、目の前で離陸していく様は、やはり圧巻ですよ

「○○め、○○ろ !!  ペッ !! ペッ !!



…同感ですが、他のシトに聞かれたらマズイですよ、ソレ…笑



ですが、デッキ呑み、異論無し !!
DSC02056.jpg
ヲラ、呑んでしまえ~ !!


こちらで頂戴するは、先の甘酒を呑んだヲ店「鍋店」で購入した、
DSC02055.jpg 「仁勇」のワンカップで、一献。


…もうね、何と言われても仕方ないですよ。
ですけどね、目の前に鉄の塊がある以上はですね、ヲ酒を呑まなくてはいけないんですよ(← 自己弁護)



ココでですね、 カーノさん は気付かなかったみたいですけど、目で追っちゃう位に綺麗なシトが我杯の目の前を通り過ぎていったんですよ


我杯もヲトコですからね、しばらく目を奪われてしまったんですが()、そのシト、ベンチに腰をかけると、ドラマの女優3でも出来ないような、物凄い切ない表情で、飛び立つ飛行機を見つめていたんですよ。


やはり、空港。

様々な人間模様が描かれていた訳ですよ。
(↑ コメディーな我々…笑)



さて。

充分に成田というモヤモヤを堪能しましたよ。


昨年(2012)の那古船形巡りで、うっかり、帰還が深更に及んでしまった経験がありますからね、余裕をもって南越谷(こしみな)の「やまちゃん」か、「とりげん」で今回の反省会といきましょうか。


「いや、ココまで来たからには、絶対に行かなくてはならないトコロがあるんですよ」


…。


またもや妙に力の入ったプレゼン…。



今年最初の「ゆきりん神社」参りみたいなノリなんですかね?




…到着。









…ああっ !?
ガガーン
DSC02063.jpg
みおりん !!
wr.gif



またもや、このノリですよ !!

毎回毎回、申し訳御座いません !!



ンな訳で、初上陸のフレッシュレモンな御当地で、我々が目にしたものは !?


それは次回の講釈で !!


それでは皆さん、アスタラ・ビスタ~ !!


tbc

特報 !!

番組の途中ですが、ニュースです


我杯がこの「呑み歩き」なる愚行を始めて以来、魅了されてやまない逸品、
DSC02084.jpg

「風が吹く」



…を、遂に !!

フライング・ゲット !!

┐( ∵ )┌




福島・会津のヲ酒。




このヲ酒は、
DSC02085.jpg
仕込み方によって、ラベルの色が違うのです。
つか、デザインがカッコヨス


今回は、
DSC02086.jpg
コレ



埼玉県・春日部市にある居酒屋
「彩鳥」でハマッて以来、我杯はこのヲ酒の大ファン


いつも呑みたいなぁ、と思ってたのだが、
そうだ  ネット購入しちゃえばいいじゃん、てことで。


さっそくに、
DSC02088.jpg
冷で頂戴しますよぉ~



…う~ん…

ほんのり美しい琥珀色の液体からは、芳醇な香りが立ち上がり、

その味わいは、辛口を感じさせつつも、すっ、と口の中で流れ、消えていく…

そう、まるで、我杯と一体化していくかのように…


一言。



 超絶 うまたん !! 





これは、黙って呑めない。
DSC02089.jpg
吉田類 先生 に報告、報告ゥッ !! …笑




…手元に届いた梱包箱の中には、納品書と一緒に今回の購入先・植木屋商店 3 の女将さんですかね、なんとも心温まる一筆も入っていて、ますますファンになりました !!



これで、ますます外呑みの機会が減るなぁ…笑




  

それでも未来へ 風は吹いている

喉に感じる ヲ酒の旨味

それでも私は 酒を呑んでいく

さあ たった一杯

ヲ酒を呑むことから始めよぉっか?


  





以上、我杯だけが嬉しかった特報 !!



…つか、パクッてばっかで、そのうち怒られますかね…?

2013 春の呑み鉄 !! ~千葉・暴走特急の旅 前編~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。

恒例、春季・呑み鉄ツアーであります


改めて、何のこっちゃ、かと申しますと、我杯の最大級のバカ・パートナーである カーノさん と、色々な鉄道を乗り継ぎながら、観光を愉しみ、ひたすらに呑んでしまおうという、この「酒場逃亡記」ブログ内では、 イヤミくん と一日呑んだ暮れる「大逃亡」に並ぶ、オオバカ企画であります


勿論、普通に乗り降りしちゃうと、アシ代がバカにならないので、JRが季節で発行する企画切符を利用するのが鉄則


今回は、「休日おでかけパス」という、¥2800で関東圏内なら殆どカバー出来る、超絶便利な切符を利用。



とある休日。
我杯と カーノさん はJR武蔵野線・新三郷駅にて合流、今回の行き先を確認する。

毎回そうなんですけど、 カーノさん の思い付きで行き先が決まる、ミステリーツアーなんですよ…笑
今回はドコへ向かうパティーン?

「先ずはですね、我孫子を目指すんですよ」


…先ずは…?


新松戸駅で、今度はJR常磐線に乗り換えますよ


…をっ
柏(木)駅がミエリーノ。



…かつて、柏には泣く子も黙る走り屋チーム、

「柏 牛鬼 (かしわ ぎゅき)」

なる一団が存在し、巷を席巻していたらしいんですよ (← 嘘 uss.gif )




で、第一到達目標であった、我孫子駅に到着
DSC02007.jpg
ココから更に、我孫子支線にヲ乗り換えるパティーン



…ヲっと、忘れてた。
DSC02009.jpg DSC02006.jpg
電車内でシッカリぱんぱ~い

…え?
電車の中で、よく呑めるな?

御安心下さい、利用客が少ないので、我々の乗車した車両内には他に乗客はいないんですよ(嬉)



はい、今回の目的地に到着 !!



そこは… !!
DSC02012.jpg
成田、なんですよ。


そういや、「とある武道」の 「アノ方」は身体が大き過ぎるので、技が効かないんですよ…笑



…を
DSC02010.jpg
ジャッカル様の処刑小屋 を発見

アタマの悪い四十男のバカ笑い声が響き渡る成田駅であった…


bakadana.jpeg




流石に「成田」だけあって、
DSC02015.jpg
大きくて、立派な駅ですよ…笑






…ぅあぉっ !!

このままでは、タダの紀行ブログになってしまう !!

一瞬、ネタ探しに困ったのだが、その不安は駅を出て1分48秒で払拭された。


何故ならば、
DSC02013.jpg
JR成田駅前は、桃源郷とも言うべき、一大飲み屋街だったんですよ


いや、
DSC02016.jpg
これは…



DSC02018.jpg
より取り見取り…


しかも…
DSC02020.jpg
坂道豊富…


…あ~、御存知無い方もいらっしゃるかもなんですけど、我杯、坂道フェチ(← ?)でして、坂道を見かけると、強敵に出会ったサイヤ人みたいにワクワクしちゃうんですよ(嬉)




そして、更には !!
DSC02022.jpg
 吉田類 先生 御降臨の、



 聖地
DSC02023.jpg

さわらや

…を、発見 !!



御覧下さい。
DSC02024.jpg
著名な方々の中に、


我らが、生きネ申様、
DSC02025.jpg
 吉田類 先生 の御姿が… !!


残念ながら、今回は定休日だったので、潜伏すること叶わず…。
だが、日帰りではこの駅前を堪能するのは困難のようだ。
これは、「泊まり」で再訪せねばならないか !?



…そーいや、 イヤミくん の企画立案で、とうとう我々は 吉田類 先生 のイベントに参加、その御姿を拝見するチャンスが出来たんですよ。
首尾良く事が運んだら、隊長 !! 報告、報告 !!



さて、御当地の第一目標に向かう途中、
DSC02027.jpg
インド人・チャダに出会う


ツヤッツヤ
DSC02028.jpg
120%スマイリーに流石の我々も和みング

…を
DSC02029.jpg
滝沢酒店を発見。
きっと、ヲ店の御主人のヲ名前はタキザワ 3 なんですよ。

うん、タキザワ 3 。

うははははは 16笑う




…着いた !!
DSC02031.jpg
我々、初のアシハコビ。



DSC02032.jpg

成田さん



はてさて、こんな崇高なる場所へ、一体、我々は何をしにきたノカ !?
またしても、いつものグズグズのパティーンなノカ !?


それは、次回の講釈で !!


それでは皆さん、次回もヲ酒が うまた~ん !! (← ?)

3月20日

マラソンのトレーニングを始めてから3、4ヶ月は経過しましたか。

まあ、痩せる痩せる。
この1ヶ月ほどで、何かのスイッチが入ったのか、一気に2、3kgほどは


我杯の出場する「幸手さくらマラソン」、10マイル(約16km)コースなのだが、トレーニング上で ようやっと走破出来るようになったばい (嬉)



さあ、そんな時はゴ褒美を

「松蔵ポテト」特製モンブランをパクつくのだ !!

ポテトなので、栗じゃなくて ヲ芋 !!

ふんわり、としたクリームとスポンジを掻き分け掻き分け、食べ進んでいくと、ケーキの真ん中には、甘く味付けされた サツマイモ 3 が隠れてた…



もちろん、激ウマたん !!
35おめでとう



1個しか購入しなかったのが悔しい…
もっと買って来れば良かった…





更に、更にぃぃぃ~っ !!
DSC02082.jpg
「さつまいもの皮をそのまま器にしているのが特徴です。さつまいもの中身をくり抜いて、卵黄・牛乳・砂糖・バターで味をととのえたら、ふたたびさつまいもの皮へこんもりと盛りつけます」

(松蔵ポテト HPより勝手に抜粋 )

しっかり裏ごしされた甘みプリタツのスイート・ポティン !!
皮の部分もヲイシク食べられるので、嬉しさ48倍 !!…笑


多分、ベスト・マッチは牛乳なのだろうが、我杯、ヲ腹の調子が悪くなっちゃうので、NG





…スイーツ女子のブログになってしまった…







さ、こんなに食べたら走らんと


皆さん、ダイエットなんて簡単ですよ !!
真面目に10km走ればいいんですから !! …笑



音楽でも聴きながら走れば、苦しさも紛れますって


…え?
何を聴くか?


勿論、アレですよ。
えい(略)

聖地巡礼23-2 ~秋葉原・赤津加~

さてと。

呑み歩きするには珍しいロケ・秋葉原にて、我杯は次なる潜伏先を求めて徘徊する


流石は秋葉原、往来の所々にメイド 3 の姿をしたヲネーチャン達が、何処から出してんだか、甲高い声で呼び込みしてます。


…う~ん、カワイイ…

思わず潜伏しちゃヲうかと…笑
でも、道端でそんなヲ店から出てきたであろう男性二人組が、

「あんな○○が○○○円だよ !? ていのいいキャバクラだよな !! 」

…怒ってんだか、喜んでんだか。


そんな輩を尻目に辿り着くは、今回2軒目の聖地
DSC01988.jpg

赤津加


この佇まい…
DSC01992.jpg
高級料亭を思わせる造りと構えだが…

DSC01990.jpg
どうやら、この大きく掲げられた看板が、我々でも楽しめるヲ酒があることを教えてくれている。

では、早速に潜伏してみましゃう、こムばムわ~


…ををを…


何ともこれは、和やかな雰囲気…

店内は中央にコの字カウンターが15席ほど?
テーブルが4卓ほど、7、8人くらいの座敷も一席あったような。

いい感じの賑わいで、我杯、秋葉原にまたもや意外なヲ店を発見出来た事に喜びを感じた。


店内奥、コの字カウンター席に着陸した我杯、先ずは、
DSC01993.jpg
最近は珍しいルービーをパイイツ
はい、ぱんぱ~い


潜伏したのは18:18(ヒトハチヒトハチ)時ころであったが、
DSC01994.jpg
ほぼ満席
事実、我杯の直後に入ってきた客人は、それ故に入店を断念。

…フフン。流石、我杯


ヲ品書き 1
DSC01996.jpg
やはり、ヲススメのヲ酒は「菊正宗」ですね。

ヲ品書き 2
DSC01995.jpg
…なんでもありますね
因みに、卓上に置かれた「今日のオススメ メニュー」の品々は、品切れであった…


何をヲーダーすべぇかなぁ…。
食べたい刺身は品切れだったので、お腹に優しい(?)煮物、肉じゃがをば


…と、ヲーダーしたものの、なかなか出て来ない。
忘れられちゃったのかしら、と思ってたら、
DSC01998.jpg
登場。
どうやら、我杯がヲーダーしたが為に、わざわざ一から こさえてくれていたらしい。

こら、とんだヲ手数を

…この、チョイと添えられた青物が、この一品に何だか「色気」のような感じを与えますな


さて、まさに「看板」のヲ酒・菊正宗を一献
DSC01997.jpg
我杯の元に届けられると、カウンターのヲネエサンがヲ酌を。
どうやら、一杯目は注いで頂けるようで、我杯のような独り呑みな人間には、心温まるサービスである


徳利には、店名の「赤津加」の文字が。
心憎い演出ザマス !!
シェー !!


店内の様子。
DSC01999.jpg
カウンター席はどうやら、独り呑みのヲ客人で占められていたようだ。
黙々と酒を呑み、読書に耽るシト、店内のテレビをボンヤリ、と眺めるシト…。


…我杯のように、酒肴をカメラに収めて、悦に浸る輩は見当たらないな…。


カウンター内にて切り盛りしているのは、どうやら、大女将のようで、店内の隅から目配り・気配りを施し、小さな声でヲネーサン連に指示を出されていた。



…う~ん、「とり庄」といい、この「赤津加」といい、秋葉原という街でこんなに落ち着いて、じっくり呑めるとは、実に意外で嬉しかったねぇ

コレは一人でも良いケド、複数人でも心底楽しめそうで、思わずヲ店を出る時に、

「また来ます !! 」

なんて口走ってしまった程である。


コイツはマラソン大会明けに、もう一回、だな…




さて、いかがでしたでしょうか、今回の「秋葉原潜伏記」 !!

御閲覧、誠に有難う御座いました !!
次回も、サービスしちゃうわよ ?
では、また来週~ !!








…あ。




流石に秋葉原ですよ。











DSC02002.jpg
JoJo Tシャツ、入手したゼィッ !!


「ヲイ、見ろよォ、JoJoォッ !! 今回のブログ、何だか『無理』してないかァ? こんなヤツに彼女なんて…いるワケないよなァァァッ ?」

「ああ !! 全くだぜ、シーザー !! ヲイ、ヲッサン !! ヲ前の次のセリフは、
『ホントは生写真やらクリアファイル、山ほど購入しちゃってたのよォォォん !! 』
…だッ !! 」



…まあ、皆さんヲ察しの通り、せっかく秋葉原に来たんでね、ホントは生写真やらクリアファイル、山ほど購入しちゃってたのよォォォん !!
uss.gif





…はっ !!

聖地巡礼23-1 ~秋葉原・とり庄~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。



さぁて、マラソン・トレーニングも調整が上手くいってるんだか、我ながら上々のコンディションだワイ

このままの調子で大会当日を迎えられれば…



…。







…。


…あれェッ  !? 
ガガーン

な、何故、我杯はこんなトコロにッ !?


…こ、ココは…ッ !!
DSC01972.jpg
ガンダム・カフェ… !!

間違い無い、ここは秋葉原だっ !!


…因みに、このショップには、

「ギレン総帥の演説文句入り湯飲み

が、販売されていると、我が友人・ケケ内 くん の報告。



ところで、我杯はマラソンのトレーニング中だった筈…。

何があったの !?
教えて !! 真田さん !!
真田さん
うむ…。
どうやら、極度のランナーズ・ハイとなった身体と精神が、体内に残っていたアルコール・エネルギーと何らかの反応を引き起こし、ワーム・ホールを形成、自らを時空間跳躍、即ちワープさせてしまったのだろう…。

それにしても、ワープ・アウト先が 秋葉原 とは…ッ。
こいつは何かあるぞ、古代ッ !!



我杯は古代クンじゃありませんが…。


勿論、分かってますよ !!
このブログの趣味・嗜好・流れからいったら、「アソコ」は欠かせませんね !!




急行 !!





到着 !!




そう !!
そこは… !!











DSC01974.jpg

炭火焼 とり庄


DSC01975.jpg
賑やかな秋葉原の街中の、小さな路地裏。
そんな、忘れ去られたかのような空間に、赤い提灯は じんわり、と燈っていた。

DSC01976.jpg
「創業・昭和55年」…。

我杯も若かりし頃は無類のゲーム・アニメ好きだったので、よくこの地には訪れたものだが、このヲ店の存在には気付かなかった…。

まあ、その頃は今ほどに飲み歩いていなかったから無理もないが。

このヲ店こそ、呑み歩くには想像もつかない街・秋葉原で 吉田類 先生 が御降臨された、 聖地 であるッ !!


早速に潜伏してみましゃう、こムにちは~



…狭い…
DSC01978.jpg
極細カウンター席が、先客さんの後ろを通るのには、横ばいで歩かねばならない位に細長いヲ店の奥まで伸びている。

勿論、カウンター内も極細で、マスターさん達も横ばいで歩く

我杯は入り口入ってスグの席に着陸したが、ここからではヲ店の奥がどうなっているかは確認出来なかった。
どうやらL字型のカウンターで、10席程はあるみたいだったが、果たして。

二階は座敷席のようだ。



先ずは、
DSC01977.jpg
レモンサワー@450で、 秋葉原、初潜伏 !!

「ヲ通しセット@500」として、メンマ、煮玉子、漬物、〆の鶏スープが供される。


このヲ店の看板メニューは、勿論、炭火でじっくりと焼かれる焼き鳥串。
5本セット@1600~14本@4480のコースがあったのだが、ここは5本コースで


来た来た
DSC01980.jpg
先ずは砂肝、つくね、レバ、手羽先が我杯の前に。

画像からは伝わらないかもしれないが、この串、かなり具がデカイ。
DSC01979.jpg
我杯の超絶念動通話機 ラ・ムーの星 と大きさを比較 。

こりゃ、最近すっかり少食な我杯には多すぎるくらいだワイ

渋谷の「鳥竹」に匹敵しますね、コリャ。


これらの串が、これまた極小の焼き台の上、無口なヲヤジ3の手で丁寧に焼かれていく

極太の つくね串 は、
DSC01982.jpg
身がギッシリと詰まっていて、まさに鶏肉ハンバーグ。
軟骨のコリコリした歯応えが、これまた食感にアクセントを加える
レバ串の ズッシリ とした食感も、これまたイケル。


非常に静かな店内の中、
DSC01983.jpg
二杯目の「酔鯨」(高知)をば


このヲ酒は
西新井の聖地「ゆきひろ」で頂戴して以来の一杯ですわね。


コチラのヲ店、「ヲ酒」の品揃えが実に豊富
カウンター中のヲ品書きには、

奈良満(福島)
住吉、出羽桜(山形)
加茂鶴(兵庫)
真澄(長野)


その他、etc、etc…
津々浦々の品揃え

焼き鳥だけじゃなく、日本酒も楽しめる一軒ですねぇ



頃合を見計らって供された、
DSC01984.jpg
5本目のアスパラ串。

焼き台の横、我杯の目の前に置かれていたヲリーブ油か何かにしばらく漬けこまれていた1本が、満を持して(?)登場。

この手羽先串も、ジューシーで嬉しい一品、否、逸品ナリ


忘れた頃に供された、
DSC01985.jpg
シメの鶏スープ。



これがまた、最高ッ !!

 ウマイッ !!




しっかりと鶏ダシの効いているのに、サッパリとした後味…。
まさに、シメの一品とは、このことナリ !!
いやはや、感服致しました !!


我杯がヲ酒を堪能している間も、コンスタントに入客が。

「(二階の)座席、予約させて下さい」

と、訪れる客も複数いて、どうやら、知る人ぞ知る当地の有名店。
…つか、知らなかったのは我杯だけか?



賑やかな街・秋葉原で、こんなに静かに、ジックリとヲ酒が呑めるとは驚いた。


小さな路地裏に、それでも深く根付いたこの独特の存在感。
まさに、隠れ家に相応しい一軒で、このヲ店に良い意味での「場末感」を感じたんですよ。


…これはまた、潜伏せねばなるまいなぁ…

再訪を期しつつ、ヲ店を後に




…さてと !!
DSC01986.jpg

やっぱり、秋葉原、飲み屋街じゃないから千鳥足な輩は少ないですね。


この時点で18:14(ヒトハチヒトヨン)時。
まだまだ余裕はありますな。


どれ、「アソコ」に向かいますか


微速前進、0.5ォ…
yamato_03.gif







tbc

言い訳Maybe

あ~、先ず、業務連絡です。


ともちん(「とある武道」の方…笑)、三段昇段、また見送りだって?

残念だねぇ。

だけど、ともちん なら、いつでも合格出来るし、ソロでも立派にやっていけると思うよ(← )

ファイティン !!  (← ざわちん風エール…笑)






はい。

あれですよ。

最近、各方面から言われるんですよ。


「マラソン大会終わるまでは、ヲ酒呑まないんじゃなかったか?」



…。



いいえ。



アタシャ、断酒するとも、恋愛禁止だとも言ってヲりません。


「控える」と、させて頂いただけであります  (しれっ)



第一ですね、無理な抑制はメンタルも重要であるスポーツには、

いくない !!

トレーニングによって蓄積されるストレスを「適度に」開放するのもまた、トレーニングの一つなんですよ



ほら、約2000年前の弥生時代の地層からハスの実が発見された上に、その実が開花した、という話もあるではないですか。
それと同じですよ。
(↑ ?????)




  

ただの趣味だと 思っていたのに

今すぐにでも 酒を

酒を呑みたい

May be

May be

好きなのかもしれない

それが酒だと わかってるけど

言い訳May be


  






…ごまかすな?




じゃあ、どうすればいいんですかねぇ?
呑みながら考えてみますよ?
(↑ うはははは)

3月11日

もはや、我々日本人には忘れられない日付となってしまいましたが…。





もう2年、と多くの人が言いますが、被災された方々は、異口同音、


「あの時から時間は止まったままだ」


と仰います。


それは、いまだ進まない復興と現状が、そう感じさせるのかもしれません。







最近、疑問に思うことがあるんですよ。




「東京オリンピック開催を実現させよう !! 」



…。

はあはあ、夢があっていいことですね。




「東京オリンピック実現は、日本の元気に繋がります !! 」



…。

ドコら辺の元気なんですかね?


その為の設備投資に4000億円、計上してるんだとか…。


被災地の港では、施設復興に必要な資金40万円が、色々な規則や制限で出し渋られているみたいですが…。



「開催に対する賛成は7割超です !! 必ずうまく行きます !!」



…その7割、どこにいらしたのかしら。

我杯の勤め先にはいなかったような。




「奇跡の一本松」の再生費用、あれ、1億数千万らしいんですよ。


確かに、生命の力強さや、復興のシンボルとして心の拠所にはなったかもしれませんが…。




アジアでは親日派である台湾国。

2000億円もの支援をして下さったそうですが。



…どこへいったの、その支援は?







まあ、色々なヲ立場の方々もいらっしゃいますし、こんな呑んだくれブロガーが何を言おうとしても、説得力は無いでしょうが。



実はですね、あの阪神・淡路大震災の直後、現地に手伝いとして1週間ほど赴いた経験があります。

我杯、全国から送られてきた支援物資を配付する係になり、その中でも「靴」を配っていたのですが。


ここで我杯は衝撃を受けた。



ゴミ。


つま先、靴底に大きな穴の空いた物、どう見てもホテルの客室からくすねて来たであろう、紙製のペラペラなスリッパなど…



名ばかりのゴミが、「物資」と書かれた箱の中に入っていたんですよ。


被災された方々は文字通り「必死」な状況。


怒られましたね、我杯。


「俺たちをバカにしてるのか !!」


謝るしかなかったですが、その時に脳裏に浮かんだのは、



「こんなモノを送り付けて

『アタシは支援物資を送ったのよ !! 世の中に貢献したの !!』

と、得意顔になっているヤツがいるんだな」



ということでした。

(↑ …あ。女性口調ですが、そうではないですよ)



まだある。




我々、全国から集まった手伝いの人間は、とある公民館のホールで寝袋に包まって寝泊りしてた。


ある日。



夜中だったか、明け方近かったか。

ふと、目を覚ました我杯は、人の話し声に気が付いた。

周りは寝静まっていたので、意識せずともその会話は聞こえてきてしまった。



「…ったく、好き勝手、言いやがって」

「黙って言うこときいてればいいんだよなぁ?」



…。

誰の事を言ってるのかしら…。



「せっかく俺達がモノをくれてやってるんだからよ !!」




その後、実に口汚い言葉が続いたのだが、どうやら彼等は「ボランティア」と称して現地入りした人間、そして、文句の相手は何と、現地の被災された人達だった。



… !!


何だ、コイツラ…。


何を言われたのかは知らないが、何を勘違いして「上から目線」になっている !?

どうやらどこかで捻じ曲がってしまったらしい。

あまりに驚いたので、耳を塞いで聞こえないようにしてしまったのだが。





こんな出来事があったせいか、我杯は今現在、声高に叫ばれる、



「絆」



という言葉が空々しく聞こえてしまう。





本気で

「何とか力になりたい !!」


活動されている方々もいることは充分に理解しています。


我杯だけが目の当たりにした、不幸な事故のような、滅多に無いことだったのかもしれないが…。




あの時、我杯を現地へ連れ出した Oh !! 塚 君、長い間黙っていたが、こんな事があったのだよ。






どんどん不明瞭になっていく「3月11日」。



何の役にも立ってない我杯だけど、

「復興を騙ったビジネス」

にだけはしてくれるな。

ヲレとヲマエの情操教育論 ~幸手・友~

いつもヲ世話になってヲります。


幸手市の居酒屋「友」には、
新年会で行ったきりだったのだが、ようやく潜伏する機会を得た。


約2ヶ月ぶりに顔を出したら、ママさんは何と帰り支度してた !!
ありゃ、ゴメン、もう店仕舞い?

ちょっとした貸切宴会が終わったトコで、もう閉めちゃえ、だったらしい…笑
出直そうとしたが、ママさんは快くヲ酒を出してくれた。


う~ん、そこにシビれるッ !! 憧れるゥゥゥ~ッ !!


また、新しいヲ酒(日本酒)を仕入れたという。
ふーむ、ふむふむ



飛翔の鷹。


…埼玉のヲ酒。

そーいや昔、「グランプリの鷹」っつーマンガがありましたね。
観てなかったケド。


ふーむ、ふむふむ。
辛口のヲ酒なの?
DSC01952.jpg
ほいだら、ピリリ、とした味わいなのかしら…と口にすると…



…をををっ !! こ、これは…っ !!

辛口を謳いながらも、その口当たりは実にまろやかで、口内に自然に流れ込んできて、その味わいを充分に愉しませてくれながらも、さらり、と消えていく。


…能書きはいいッ !!



 ウマイぜっ !! 



…う~ん、ママさんは、どこから「美味いヲ酒」の情報を仕入れるノカ…
近々、岩手の珍しいヲ酒も入荷予定とのことで、ソイツの「一番口」は我杯が頂くぜッ



我杯、日本酒にはヲ刺身派、なので、
DSC01953.jpg DSC01955.jpg
まぐろ刺と、ママ 3 差し入れの揚げ餅でヲ酒をすすっていると、

DSC01954.jpg
わが生涯最大の宿敵であるモロモロヲカ(以下、mm)が仕事を終えて合流
ほい、ヲツカレサマでした~


…とはいえ、ヲ互いに次の日は仕事であり、調子コイて呑んでると間違い無く死んぢゃうので、ぬるま湯に浸かった感じの量で残念ながら切り上げる…。



…つもりだったのだが、帰途、以下の話で盛り上がる。


聞いて下さい、我杯の甥っ子兄弟がですね、何事に対しても関心が薄いんですよ。
先日もですね、叔父らしく小遣いでもくれてやろうとしたトコロ、

「ボクはヲ母さんから貰ってるから、ヲジちゃんからはいらない」

とか言うんですよ、かわいくない


すると、mmは3人の父親でもあるのだが、その子育ての体験から、

「現代の子供は物事への思い入れのようなものが希薄だ」

だという。

我々の子供の頃は欲しかった玩具は我慢に我慢を重ねた上で、ようやく入手したり、それでも手に入らなかったりした為、我が物とした際の感動は大きく、それは後々の思い入れとなって、いつまでも大切にしていたものである。


だが、今は我々が甘ちゃんなのだろうか、すぐさま買い与えてしまう為に、「有難味」を感じないそうである。


我杯は、これは !! と思って買い与えた玩具が、間を置かずにぞんざいに扱われていた事や、mmも我が子が部屋の整理 !! といった際に子供が事無げに玩具を処分した事に多大なショックを受けているのである
gzgz.gif


…NHK教育でも通用するような議論を、コンビニの駐車場で缶ビール片手に交わす我々。


だって聞いて下さいよ、もうすぐ小学3年生になろうかという我杯の甥っ子は、毎週土曜日の夕方から放送される「名探偵コナン」の放送日時を、未だに覚えられないんですよ。

「それはね、録画して後で観ればイイや、ということなんだよ」


…なるほど。
便利な道具が増えた代わりに、曜日・時間の把握力が乏しくなってしまったということか。



我杯が子供の頃は、毎週土曜日ともなれば、

PM17:30~ まんが はじめて物語
PM18:00~  スーパー戦隊シリーズ (ゴレンジャー、バトルフィーバーJなど)
PM18:30~  タイムボカンシリーズ (タイムボカン、ヤッターマンなど)
PM19:00~ コンバトラーV、ボルテスVなど
PM19:30~ あばれはっちゃくシリーズ
PM20:00~ 8時だョ !! 全員集合



ドリフが終われば、勿論、子供は寝る時間。
そのあと、我が実父は「Gメン75」などを観ていた筈である。


このように、めくるめくラインナップで、土曜日を毎週心待ちにしていたものである


また、年中無休、24時間営業、といった店舗の営業形態によって、盆暮れの感覚も無くなってきてしまった。
昔は、年末年始に営業しているヲ店なんぞ見当たらず、それが反って歳末・新年の「厳かさ」みたいなものを感じさせてくれていたのだが…



こーいった感覚は大切だと思うのだが、それは今では無理なのだろうか




ヒサブリにmmと呑んだ機会だったのだが、何だかヲ互いに寂しくなってしまったので、ヲ開き


曜日、時間の感性に乏しい人間が構成していく社会構造とは一体、どのようなものになるのだろうか…

これは、我々もいずれ直面していく問題として向き合っていく必要があるのかもしれません。




…今回はNHK・クローズアップ現代みたいにシメ。

明日のエースは君だ !! ~2013年3月6日 Ver.1.01

何でしょう。

我杯の行く末を憂いた実母、即ちマイマザーが、我杯の占い鑑定書を差し出してきた。


「どこか、身体の具合の悪い箇所はないか」


…まぁ、頭、でしょう。



その鑑定書とやらに目を遣ると…

ふーむ、ふむふむ…


「健康面。循環器系、心臓が、身体の環境が切り替わりやすい」


…と、ある。

…まあ、歳も歳だし、変調をきたしやすいから注意しなさい、というヲ告げなのか?



ふーむ、ふむふむ…


「大腸、腎臓、膀胱、生活習慣病に注意」


…思い当たる節が多々…


今年の動き…?
ふーむ、ふむふむ…


2013年6月~
身辺に、変化、動きがあるらしいが、「保守」の姿勢で。



7月~11月
「新たなる芽」



…。

なんでしょう。
鉢植えの準備でもしといた方がいいのかしら


12月~2014年以降
人間関係に忙しくなり、「何かが決まる」らしい。



…。

何が決まるのかしら。

命運?


…まさか、人生 「GAME OVER」 なんてことはないよなぁ?



…はっ !?
ガガーン

まさか、いよいよもって、可愛くて優しい、野菜好きのヲ嫁 3 が、我杯の元に… !!

こうしちゃおれん、先ずは、ヲ風呂に入らねば !!



総括は…。

ふーむ、ふむふむ…


「日常生活を丁寧に過ごし、新しいスタイルに向かう為に、急所を捉え、行動する事」



…。

「丁寧」、ですか…



思えば、自分にも、他人にも、その他身辺にあるもの全てに対して、粗雑、乱暴、適当に接してきているなぁ…

無理無茶こそ自身の成長の糧 !!
そう思って、バカを見たこと数知れず…

他人の、自分に対する親切や気持ちを当たり前のように思って、仇で返すかのように迷惑をかけたことも…

その他、お金、物など、全てに…



嗚呼、我杯は一体、今まで何をして来たのだろうか…


過去、幾度も自身への疑問、問い掛けをしてきた。
そして、その度に思い起こす言葉があるのだ。




それは、子供の頃に観た、「あのヒーロー」の言葉。



DSC01950.jpg

ウルトラマンAの言葉である。


何の何の、馬鹿にする無かれ、かの偉大なるヒーローは、次のような言葉を我々に遺しているのだ。


因みに画像の蔵書は、我杯が現在も所有する、1978年(昭和53年)刊の、ヲ宝本である





それは、物語の最終話。

友好的な宇宙人に身を扮した悪の異次元人・ヤプール の正体を見破った主人公・北斗星司(ウルトラマンA)。

北斗はヤプールを撃退するものの、その姦計に嵌り、子供達に人を疑う、裏切る気持ちを芽生えさせてしまう。

なぜ、宇宙人の正体が悪者なんだ、そんな事が分かるのはウルトラマンAだけだぞ !! と詰め寄る子供達の前で、北斗は明かしてはならない、自分の正体がウルトラマンAであることを告げると、最後の戦いに挑む。

正体が知られた以上、もう地球には留まる事は出来ない。
最後の戦いに勝利したウルトラマンAは、以下の言葉を遺し、地球を去って行く。



優しさを失わないでくれ。

弱いものをいたわり、互いに助け合い、

どこの国の人達とも

友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。

例えその気持ちが何百回裏切られようと。


それが私の最後の願いだ。





…いかん、歳で涙腺が緩いのか、どうにも…



人を、物を大切にし、信じる気持ちは、かえって自身への「自信」となるのではないだろうか。
そして、それは、更に周囲への波及効果として、より良い関係が生まれていき…


我杯は、いや、「我々」は、果たしてウルトラマンに身命を賭けてまで守ってもらうに値する存在だったろうか。



何故だ、勤め先の上司の言葉なんぞ一言も耳に入らないが、ウルトラマンや仮面ライダーの言葉は数十年経過した現在でも、一言半句違わずに記憶出来ているぞ




何事も優しく、丁寧に。



歳も歳だし、無理しないで生きて行こう。



ありがとう、ウルトラマンA !!
数十年経った今でも、ぼくらを守ってくれているんだね !!
(↑ ガチの童心 )




ウム !!

久々に心が浄化された気分だワイ !!



めでたい !!



よし !!




















 祝杯だ !!
DSC01947.jpg うははははは。

ダメだ、コリャ…

フライングゲット Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


…。

埼玉県・羽生市にある、イヲンモールに来たんですよ。


何故ならば、
DSC01934.jpg
この為に、なんですよ。


今を話題の、
DSC01938.jpg
キンタロー。様が、羽生なんぞに


事の発端は、「とある道場
押忍! 」の、マグマ優子師範代 が、たまたま、この告知を目にされたので、有難くも我杯がヲ声掛けを頂戴したのである。


「どうします?同じ日に西武ドームで『8×6本隊』の握手会やってますが?」


…。


これには我杯も迷った
『嫁』はもうスグ卒業しちゃうし、かといって、キンタロー。様に会える機会も滅多にないだろうし…。


…んまぁ、『嫁』は、今後もソロ活動でやっていくだろうし(希望)、将来も アムロちゃん みたいなガールズ・カリスマで注目されていくだろうし(願望)、ソロ・イベントも度々開催されるだろうから(切望)


てな訳で、今回はキンタロー。様 に会いに行ったのであります。


3月3日(日曜)。
我杯と優子師範代は、朝8時から配布されるという「整理券」
フライングゲットする為に、ヲ互い、無駄な時間を過ごして寝不足だったにも関わらず、(我々にしては)早朝の6時半に合流、出発したのだが…。



ところが !!


予想以上の長蛇の列 !!
整理券とやらは、とっくに午前の部は配付完了、午後の部も半ばまで配付されていた… !!
(この時、我杯が係のシトからもらった整理券の交換券は『48番』だった…嬉)


午後まで待てなかったので、それでも午前の部、立ち見で観覧出来る、というので会場に通されると… !!


DSC01935.jpg
この有様よ。


流石、飛ぶ鳥を脅す落とす勢いの キンタロー。様。
DSC01937.jpg
会場周辺は、あっという間に多くのシト達で埋め尽くされたのであります


そして、開演

先ずは、オジンオズボーン のコントでスタート。

…多分、TVで観たらイマイチであろうネタも、やっぱり、ライブだと伝わり方が違う。
ゲラゲラ笑っちゃいました


で、いよいよ、キンタロー。様の出番。


流石に今、一番人気だけあって、出てきた途端に、会場の方々から、


「あっちゃ~ん !!」

「あっちゃ~ん !!」

「あっちゃ~ん !!」


「うをををっ !! あっちゃ~ん !!」 (← 我杯…笑)


声援が飛ぶ。


今、CMでチョロチョロ、としかヲ目に掛かれなくなっちゃった、本物の 前田3。
みんな、キンタロー。様を通して、前田3を追い求めているのね…



…つか、そもそも、キンタロー。様だし、あっちゃん じゃね~し…笑




ネタは、あっちゃん に始まり、本当にヒドイ 大島 3、鉄板の 光浦靖子 女史 、ユリア様(こじはる)、そして、娘っ子のたかみな(← 我杯、個人的にヲヲウケ)など !!

10分くらいの短い時間だったけど、大いに笑えました
TVで拝見するより、カワイイ印象があったんですよ



「どっから見ても、どう見ても、前田敦子 にそっくりなワタシに、声援、ありがとうございます !!」


キンタロー。様の御言葉に、我杯は膝から崩れるのであった…16笑う


そんなヲ二人を並べてみた。
あっちゃん

キンタロー。様




…うははははは。




でも、一番のウケは、

「ち、の付く県名は?」

「…う~ん………。 栃木 !!」

(↑ 流れ的に、千葉県を正解としたクイズコーナーでの、チビッコの回答)

でしたかね?



で、観覧終了後。
朝からなにも食べていなかった我々、

DSC01943.jpg DSC01940.jpg
ケムラー先輩 ヲススメのラーメン屋で、ヒサブリのラーメンを食す

…なんだか、人気の一軒だそうで、我々が入った途端に入り口前に列が出来た。
でも、ココはラーメン・ブログじゃないので、詳細は割愛


この後は、優子師範代、ケムラー先輩、我杯の三人で構成される、

現実逃避研究会(現逃研)

を、開催する筈だったのだが、



言いだしっぺの、
ケムラー先輩
ケムラー先輩 が、インフルエンザに一本負け  

開催は見送られ、マグマ優子師範代は劇場(パチンコ屋)へ、我杯は自宅呑み、で落ち着く…。


こうして、ヲトコ達のひな祭りは、過ぎていったのであります…



ワタシはぁ、4月7日に開催される「さってさくらマラソン」に出場することを、14歳(← ?)の時に決めました !!
人生で初めての大きな決断でした !!
そして、今日ここで、2回目の大きな言い訳をさせて下さいっ !!



この通り、最近は集中練習している為、逃亡出来ずに、いわゆる「ネタ」がありません !!

ブログ更新の遅くなった、ワタシの事は嫌いだと思います !!

でも、酒場逃亡記の事だけはキライになr$℡☆*¥※〒さいッッッ !!





…┐( ∵ )┌フライングゲット 

« »

03 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login