酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


2013年9月29日(日)の祝い事

この日、夕方よりTVの前にカジリツキだった我杯は、感涙の涙に咽ぶことになった。


遂に、TVシリーズの「2199」も終了したのである。
bandicam 2013-09-30 22-07-47-088

bandicam 2013-09-30 22-09-02-549

そして地球は、元の青さを取り戻した…

bandicam 2013-09-30 22-09-44-782




owari.jpg  








…ではなかった !!






bandicam 2013-09-30 22-10-15-281
bandicam 2013-09-30 22-10-26-399





…ぃやってくれたぜ、出渕監督 !!







一体、どれくらいの数の我杯のような輩がTVの前で歓喜の声を挙げたのか…

(↑ イイ年齢コイて、TVの前で喜ぶヲトコ)




ヲレ達の航海はまだ終わらない !!

(↑ 歓喜)




ヤマト終わって、日曜夕方17:30(ヒトナナサンマル)時と言えば、


bandicam 2013-09-29 18-49-48-306


この日は、「真打昇進披露口上」の放送日。


我等の、
bandicam 2013-09-29 20-54-24-940



 笑点 御出演 !!



どうぞ、このブログを御覧の皆様、


金原亭 龍馬


このヲ名前とヲ顔を御贔屓に !!




…う~ん、充実した日曜夕方であったワイ…



祝杯、祝杯…笑

夏の呑み鉄 !! ヲレ達の夏休み ~越後湯沢にタイムマシンなんていらない~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


坂道を転がり落ちるボールのように、我杯の「何か」も下落する一方なんですよ


…かなり、やばたん なパティーン…






さて。


この1ヶ月あまり、多くの出来事が重なり、実はかなりハードですた


…まあ、全ては自身で招いた結果…


そんな中、チョイと時期は前後しちまいますが、恒例の「呑み鉄を敢行してきたのであります。


これは、青春18切符などの企画切符をフル有効活用し、ユルユルと鉄道を乗り継ぎながら ひたすらに呑んだくれるという、我杯と カーノさん の二十数年に亘るライフワークなんですよ



さて、今回は?
 DSC03757.jpg
先ずは無敵の大宮駅に集結した我々、JR高崎線に乗り込み、早速に

…この時点で、09:08(マルキュウマルハチ)時…笑

そう、我ら呑み鉄に列車の発車時刻以外のルールは無いのだ


水上駅に到着
DSC03759.jpg
ここからJR上越線に乗り換え。


この路線はかつて、新春の元旦呑み鉄で宇宙イチのモグラ駅、
土合駅を目指した時以来の利用なんですよ


そこから30分少々呑んでる車両に揺られると、
DSC03760.jpg
越後湯沢 に到着する訳なんですよ。


…を
DSC03763.jpg  DSC03764.jpg
比類無きJR北越線特急 はくたか 様 を発見

金沢~越後湯沢 間を、時速160kmで疾走する、驚異のスーパーマシンだ。
そのスピードで、深い雪でもシトでもバンバン弾き飛ばすぞ


(↑ 後日、
北越線「JR」ではなく 「北越急行」という第三セクターである』という御指摘を頂戴し、謹んで訂正させて頂く。これはこのブログが様々な方面よりの叡智の結集である事が窺い知れる点でもあるのだ wr.gif )


…。
DSC03765.jpg
アルファベット3文字に過剰反応。



なぜだか 土器土器してきて

僕は 一番目に走るぅ~





…ええいっ、毎度毎度の茶番はやめんかっ。
こんなの喜ぶのは カーノさん だけだっ。



さて、勘の良い方なら既にヲ気付きでしょう


この越後湯沢駅には「アレ」があります




ど~ん !!






DSC03771.jpg

利き酒 越乃室~ !!

(声:大山のぶ代 先生)



DSC03767.jpg



見たまえ、この光景を… !!
DSC03768.jpg
…素晴らしい… !!

DSC03769.jpg
最高のショーだと思わんかね?
(声:寺田 農 先生)


…ぬっ !?
我杯の同好の士が困っているぞっ。
DSC03770.jpg
なんてな…笑


一緒にやらなくたって、同じ事はしょっちゅう やっちゃってるんですよ



さて、ここのシステムは、
DSC03773.jpg DSC03777.jpg
受付カウンターで500円払うと、コイン5枚と御猪口を貸し出してくれる。

そのコインを、
DSC03778.jpg
このようにズラリ、と並んだヲ酒供給マシーンに「コインいっこいれる」と、御猪口一口分のヲ酒が堪能出来るシステムなのだ


だが、特設(?)コーナーには、
DSC03781.jpg
レア物の一升瓶が、ずんずらりん♪


だから我杯は先ず最初の一杯を、超絶限定品と銘打った、
DSC03780.jpg DSC03782.jpg
どぅくし牧之(ぼくし)大吟醸 を頂戴することに。

御猪口一杯でいきなりコイン5枚だ !!


…。


確かに、その価値は充分にあった !!


ナイス・テイスツ !!
ナイス・フィーリン !!
これぞ、日本酒 !!

我杯は心中で雄叫びながら、この芳醇なる一口を堪能したのであった…



とはいえ、御猪口一杯では物足りヌ。
 DSC03784.jpg DSC03787.jpg
DSC03789.jpg
再度コインを購入、「コインいっこいれる」を繰り返す。


 …ん~、どの杯も御猪口一杯では足りない位に、うまたん ♪



さて、日本酒には「塩」が良く合う
DSC03791.jpg
このように、様々な塩をペロペロしながら、ヲ酒を堪能出来るのだが…





…あっ !!



DSC03792.jpg DSC03793.jpg

…。



…え~、この度の「電撃発表」に関しまして、全国数百万人に及ぶファンの皆様に対し、心底よりヲ悔やみ申上げます。


ですが、いつかは「我々」も必ず通る道でございます。


その時こそ、「社会復帰」の時が来たのだと、明るく前を、そして上を向いて歩き出そうではありませんか。




…さあ !!
「あっちゃん」舐めながら呑むのは、このヲ酒しか無いですよ !!

Guidance number 48 !!
DSC03794.jpg

純米吟醸 
山古志


…これまた !!





超絶 うまたん !!




この後に訪れたヲ土産物販コーナーで、迷う事無く購入したんですよ



そのコーナーが、ココ。
DSC03797.jpg DSC03798.jpg
大好きな日本酒をこれだけ並べられると、眺めているだけで酔いが廻りそう…

コチラで、帰途の飲酒用、自宅用「山古志」を購入。


…早く呑みたいので、早く帰りたくなった一瞬であった…笑




さて。


充分にヲ酒を堪能した我杯と カーノさん 。


我等の「呑み鉄」は、往路と復路が同一なんて野暮な事はしない。


総合プロデューサーの カーノさん 、復路はどんなパティーン?



「コチラの車両に乗って頂くんですよ」
DSC03801.jpg
毎度ながら自信満々な表情の カーノさん であったが、この車両は一体…?


それは、次回の講釈で !!


次回も酒浸りで 出発進行~ !!

緊急報告 !! 吉田類と仲間達 Vol.6 ~笹塚・笹塚ボウル、秀ちゃん~ その2

酒飲みの ネ申イベントである、


吉田類と仲間達 Vol.6

in

笹塚ボウル !!



さあ、もう四の五の言わずに、先生に御登場頂きましょう !!
(再生時、音量注意)




…音声がうまく聞き取れない方の為に。

この時の 吉田類 先生 の御発言の趣旨は以下の通りであります


このイベントは、東北被災地復興支援を目的とするものである。

東京オリンピック開催決定により、世界から再注目される日本。
特に注目されているのは「下町・横丁」、その中でも「大衆酒場」であり、これらの保護・保全に努めない限り、
オリンピックは成功しない。



…先生 !!

全く、仰る通りでゴザイマス !! …笑


さて、今回のメンバーは、…
DSC04090.jpg
画像右から、
いとうせいこう 氏
有田 芳生 氏 (ジャーナリスト・参議院議員)
我らが 吉田類 先生
倉嶋 紀和子 氏 (古典酒場編集長)
菅原 昭彦 氏 (㈱男山本店 代表取締役)


途中、イベント準備の為に、メンバーが入れ替わり、御登場されたのが、
DSC04099.jpg
画像右より、(いとうせいこう氏除く)
西山 繭子 氏 (女優・作家。父は伊集院 静 氏)
栗原 友 氏 (料理研究家・おんな酒場放浪記)
中島 さなえ 氏 (作家・父は中島らも 氏)  


…毎度の事ながら、豪華なメンバーである…



ここで、先生は一曲、生歌を御披露 !!
DSC04108.jpg
番組「酒場放浪記」のBGM集が発売されるとのことで、その中の一曲を御自ら…。



そんな 吉田類 先生 の姿は
「コチラ」をクリックで御覧になれますが…。



…ただただ、非常に気持ち良さそう…笑



呑みはぐった「蒼天伝」が、運良く回ってきた !!
DSC04107.jpg
先生の歌?を拝聴しながら、一献…


…美味い !!


是非共に購入をしようと思ったのだが、中々に入手は困難な一品らしい…。

しかし、これは是が非にでも… !!



一応、イベントは終了していたのだが、
DSC04116.jpg DSC04117.jpg

会場内を「放浪」される先生は、

DSC04113.jpg DSC04111.jpg
先々で握手、ツーショット攻めに遭う。


…何故か、割り物をラッパ呑み…笑



今回、我杯は先生とのツーショット獲得には失敗してしまったのだが、
hpsn.jpg
神奈川・桜木町「ホッピー仙人」の仙人(店長とは決して言わない)とのショットをフラゲ !!


ホンマモンに美味しいホッピーを提供してくれるこの一軒、是非共にも再訪せねば… !!

仙人、また修行に伺います !!




そろそろ、会場もシトがはけてきました。
我々もヲイトマすんべぇか、と会場を後にする。


次回は来年開催…?


…一緒に行きたいシトはいるかな?



フラフラと笹塚の町を彷徨う。

DSC04121.jpg
まだまだ宵(酔い?)の口。

あ~ !! もういっちょいくぞぉ~ !!


…と、訪れたのが、
DSC04122.jpg

秀ちゃん


もう、「酒場放浪記」的な一軒で、我々は即座に飛び込む

店内はいかにも我々好みの居酒屋 3

この次の日は祝日ということもあり、大勢の客人で賑わってヲりました



テーブル卓に座した我々、何を頂戴しようかと周りを見回すと…

隣席のご婦人が美味しそうな一杯を…
我々も追随。
それが、

DSC04125.jpg DSC04126.jpg
パッションフルーツ割り !!
南国テイストをサッパリと頂く !!


さあ !! トドメだ !!
DSC04129.jpg
ぱんぱ~い !!

さっぱり甘酸っぱいテイストは、今宵のシメには相応しい飲み口…


…だったと思う…。



この時点で21:00(フタヒトマルマル)時だった。


わたP、クミコ両嬢はともかく、我杯とKTJM兄さんは昼12:00から…


…ってヲイ、9時間呑み かよ !?


ヤり過ぎちゃったなぁ、兄さん !! …笑



タマラン、この雰囲気
DSC04130.jpg
ヲ店は非常に活気があって、ヲバチャンの対応も明るかった

こらまた、次回もコチラに潜伏しなければ



隣席のご婦人と
DSC04131.jpg
このヲ店の歴史も、そして、この御婦人の常連歴もロングランであるそうな。



…さて。




この時、何してたんだろう…?





そうです。







ここら辺の記憶、ほとんどありませんでした



heko2.jpg
「では、ここで、宇酎栓燗ウヘノの愚かな行動について御説明致します」



実は笹塚ボウルを出た時点で イヤミくん とはぐれていた。


同時に我杯の携帯電話の電池が切れ、 イヤミくん とはこのまま音信途絶となった。


何を飲み食いしたか、ハッキリ覚えていなかった。
(↑ デジカメ画像を見直して、ボンヤリと思い出す)


KTJM兄さんや、ヲ嬢サマ方と、いつヲ別れしたのか覚えていない。


地球(自宅)
最寄までの往復切符は持っていたのだが、笹塚~新宿 間は路線違いの切符の為、乗車賃は別途。
改札を出ようとしたら、我がパスモの残金が不足してヲり、通行不能。
更に財布を覗いたら、残金は 0 であった。
(← リアルどぅくし )



還りたい 還れない (アナタの胸に)



そしたら駅員 3 が、

「パスモのデポジット(預かり金)で精算出来ますよ」

とフォローしてくれたので、改札は通れたが、残金はカード・精算の差し引きで300円少々…。
…とてもじゃないが、イイ年齢こいたヲトコの持ち歩く財布ではない…


イベント会場で購入したレア物Tシャツを、どこかに置き忘れてきた。
(↑ 一番イタい…)




…と、何だか最後はイタイ目に遭っただけのように思われるが、 吉田類 先生 に直接逢えるこのイベントは、酒飲みなら必須の行事である !!


気さくに、明るく応じて下さる 吉田類 先生 のその御姿に、我々は二日酔いの日にも、杯を傾けざるを得ない…笑


…とはいえ、流石に次の日は一滴も呑めなかったのだが、「酒場放浪記」を観た途端に一杯呑みたくなってしまったのは…


これは、治療が必要か !?




皆さんも、呑み過ぎには注意してネ !!


それじゃ、次回もヲ酒が うまた~ん !! (← ?)


緊急報告 !! 吉田類と仲間達 Vol.6 ~笹塚・笹塚ボウル~ その1

いつもヲ世話になってヲります。


標記の件につきまして、9月22日に東京渋谷・笹塚ボウルにて開催されました



ネ申イベント



吉田類と仲間達 Vol.6




に突入して参りましたので、報告申し上げます



DSC04052.jpg
…。

会場は
前回と同じく、笹塚にある笹塚ボウル。


事前に配布されるという整理券をゲットする為、我杯と イヤミくん は正午に会場に赴いた。


しかし、今回の共犯者である KTJM兄さん によると、11:00(ヒトヒトマルマル)時時点で少々の列が形成されている、との報告が入る。

イベント開始は17:00(ヒトナナマルマル)時

吉田類 先生 の人気振りには改めて驚かされる…。


無事に整理券をフライングゲット !! ┐( ¯∀¯ )┌


さあ、前祝だ !! …笑
DSC04054.jpg DSC04053.jpg
駅前の日高屋で試運転、開始。


待ち時間は恐ろしく長い   

果たして、我々は正気でいられるのか?…笑


早速に波動エンジンが軽やかに廻り始めてしまった我々、
DSC04055.jpg
少々の酔い醒ましが必要だ。



良い感じの商店街をフラつくフラフラ



…と思ったら、新宿に到達。
DSC04056.jpg
駅周辺は祭りで賑わっていた


へー。
DSC04061.jpg
こんな新宿のド真ん中でヲ神輿なんて担ぐんですか



DSC04059.jpg
屋台で一杯、を期待したが、出店は無かった。


そんな我々は必然的に、



DSC04062.jpg
「思い出横丁」
に吸い込まれるのであった…笑


KTJM兄さんと イヤミくん のリクエストで、岐阜屋に潜伏。
DSC04063.jpg DSC04064.jpg
極狭のカウンターに案内された我々は、瓶ビールで、蒸し鳥と、

DSC04065.jpg DSC04066.jpg
山芋の醤油漬け、キクラゲの玉子とじに舌鼓を打つ


間取りの小さなヲ店をヲ好みになるKTJM兄さん。
よし、今度は
都立大学「のんべい安兵衛」に御案内致そう !!




長かった待ち時間も、あっという間に過ぎ…笑
DSC04070.jpg
会場入り。



事前に購入した波動カートリッジ弾や、
DSC04071.jpg DSC04073.jpg
会場で飲み放題のホッピーで、いざ、本番 !!


会場は 吉田類 先生 の信者で溢れかえる。
DSC04076.jpg
間も無く、ネ申 降臨である



ここで何と、運命の再会 !!
DSC04078.jpg
以前、
江古田で散々に飲み明かした わたピー、クミコ 両嬢に、会場でバッタリ !!


…やはり、一流呑み師。

このイベントの重要性を御理解してヲったか…
メンツは揃った !!



会場でのサプライズプレゼントで、
DSC04081.jpg
キンミヤ 様 の前掛けをゲットしたKTJM兄さん


…似合い過ぎ !! …笑
酒飲みには堪らない、レア・アイテムのフライングゲットは裏山シス






今回も会場では多くのヲ酒が振舞われた。



このイベントは東北の被災地域で、それでも味と伝統を守り続ける酒蔵を応援するのが主旨。


今回、我々がヲ会いしたのは、
DSC04079.jpg
特別純米酒 蒼天伝


ラベル、カッコヨイなぁ…


醸造元は気仙沼の、
DSC04080.jpg
男山本店 様 


我々、酒飲みが出来うる応援は、このヲ酒を呑むことである。

我杯も早速応援に駆け付けたのだが、イベント開始1時間少々で6、7本あった一升瓶は全て空になっていた…。

熱心なサポーターの多いことよ…。


他にも、様々なヲ酒が。
DSC04084.jpg
片っ端から試飲


呑まずにはいられませんよ、このイベントに来たら…笑



無敵・ホッピービバレッジ提供の割り物も大盤振る舞い。
DSC04082.jpg
さっぱりとした味わいは、会場の女性に受けてましたね。





さあ、いよいよ我らが 吉田類 先生 の御登場である !!





御登場なのだが、紙面の都合上、次回へ続く !! …笑

こしみな黄金パティーン ~南越谷・やまちゃん、秋田、パブ M~

いつもヲ世話になってヲります。


嫁が スーパーサイヤ人 みたいになっちゃったんですよ。




新聞の「健康面」なるトコを読んだら、

『増加する定年退職後のアルコール中毒患者』

つー記事に目が留まり。


要は、退職後ヒマになり、やるコト無いから昼間から飲酒→アル中へ、という方々が増加中、ということなのである。


…。



しょーがねーシト達だなぁ(笑)…(← どぅくし )



さて。
とある某日。


何はともあれ、南越谷(こしみな) なのである(← )


もう、ココへ降り立ってしまった以上、他に行くべき場所は無い。


毎度ヲ馴染み、
DSC03734.jpg

やまちゃん


…なのである。


相変わらずに威勢の好いスタッフ 3 の声が飛び交う中、
DSC03728.jpg DSC03729.jpg
ヲキニの品々を頂戴する


この日、暦の上では平日だったのだが、
DSC03730.jpg DSC03731.jpg
店内は満員


最初は屋台から始まったという「やまちゃん」、
DSC03732.jpg
その名残か、店内には…。

通は、この立ち呑みカウンターで一献


カウンター内を忙しそうに動き回るスタッフ 3 であるが、対応は素早い。


…我杯もこの動きが出来たら、勤め先ではもう少しウケがいいんだろうなぁ…



バイス(梅酢)サワーをヲーダー。
DSC03733.jpg
仰角 フタマル コンマ ヒトサン で撮ってみた。


…ヲ酒って美しい…笑


店内、かなり混雑してきた。
長っ尻は野暮である。

とはいえ、時間はまだ早かったので…



久々に、

DSC03735.jpg

秋田


…へ潜伏することに。

賑やかな駅周辺の喧騒から外れて、静かな立地である。


「昼宴会承ります」…。


素晴らしい…



このヲ店へ来たら迷わずに、
DSC03739.jpg
大納川 を頂戴するのである

合わせるのは、
DSC03738.jpg
ぎばさ である。

海草とは思えないこの粘り。

「海の自然薯」と呼ばれるこの一品、一度口にしたらヤミツキである。


…とはいえ、この画像ではソレは伝わらないので、
DSCN3937.jpg 以前に頂戴した時のものを再掲載。

箸でヒトツマミすると、全部ついてきちゃうのである。

それぐらいの粘性を持つ一品であるが、ヲ味は逸品

他のヲ店には(多分)絶対に置いてない。


…コレマタ、ヲ酒に良く合う… !!


店内。
DSC03737.jpg
これまた、盛況



店主 3 、カウンター席角にいらした先客 3 を我杯に紹介してくれた

「コチラ、あなたのブログを見て、今日いらしてくれたんですよ」


…。



え…。


よりによって
ks.gif


どんな事が書いてありましたかね?


「うん、何だかね、『ボクはツイてるね』とかあったから、ソレをみてね」



…。



…こんなスカタンなブログでも一応の宣伝効果があったらしい…。

我杯がその時に、あまりにも「大納川」を美味しく頂戴していたのをみて、それで…との事であったが…



…う~ん…





店主 3 のヲススメで煮込みやポテサラを頂戴しつつ、目の前の杯は空になった


紹介を受けた先客 3 達が賑やかに退出された。

隣のヲ店で呑み直すらしい。

何だか楽しく会話に混ぜて頂いたので、我杯も後から追随してみることにした。



隣のヲ店、それこそが、
DSC03744.jpg

パブ 3216



DSC03743.jpg  
当ブログでは珍しいスナック・パブ巡りであるが、楽しそうなのだから避けようが無い…笑
(↑ 避けようが無い、が先ず『酒用が無い』と変換された。ンな事あるかい)



…何を頂こうかしら。

考える間も無く、
DSC03746.jpg
先程の、我杯のブログを見て「秋田」へいらした方から一杯、ゴチソーに。
こりゃ、ゴチソーサマです

このヲ店の御常連さんだったらしく、更に、居合わせたヲ姉さんは、このヲ店のママ 3 だったのだ。

一見、静かな雰囲気のヲ店だったが、ママ 3 中心にかなり賑やかに盛り上がった


それもその筈、ママ 3 はFMのパーソナリティだったのである


後日、拝聴してみたら、姉さんの放送は…


レインボータウンFM 79.2MHz 毎週木曜21:00~
「アキナめぐみのフレンド×3ナイト」

http://www.792fm.com/



つー枠にて、シンガーソングライターの 大鶴暢彦 3 と賑やかに放送してました


…どーりで、明るい会話に終始する筈ですわ



ママの めぐみ姉さん、様々な方と交流があるようでしたが、驚いたのは、

あの、


肝付 兼太 先生


と御昵懇だそうである !!





…え?

誰だ、ソレ?


何をヲっしゃる !!
声優、その大御所サマですよ !!


スネ夫
銀河鉄道999の車掌 3
ジャングルくろべえ
天才バカボンのおまわりさん
忍者ハットリくんのケムマキ
ギャートルズの父ちゃん
ドカベンの殿間
おそ松くんのイヤミ…

etc,etc…



…と、枚挙が無い…


ホレ、これだけ挙げれば、脳裏に「あの声」が浮かびますでしょう !!


このヲ店のオープン時にもいらしたらしく、う~ん、是非一度ヲ会いしたいものだ…



更に、衝撃の情報をフライングゲット !!


何々?


友情溢れる超人たちの闘いを描いたマンガ、あの「○○エピソード」、モトネタは… !!

その作者の○○氏、実は…

あの国民的アニメの「○○○もん」、○○の交代劇、その背景には… !!



…こ、これは、貴重な情報である !!

(↑ 知りたい方は我杯まで…笑)



御常連さんに混じって、大カラヲケ大会で盛り上がる


ここで我杯、
めぐみ姉さんに「少女A」をリクエスト。




…う~ん、カッコヨイ…



やはり、中森明菜 様 は年上の女性に歌っていただくと実に説得力がある


今のアイドルには無い、孤高の魅力に溢れた方でしたからねぇ…


…つか、「少女A」、聴き様によっては、我杯のような男性を嘆き歌っているように聞こえてくる。


  

じれったい じれったい

結婚するとか しないとかなら

じれったい じれったい

そんなのどうでも関係ないわっ()

特別じゃない どこにもいるわっ

ワ・タ・シ しょぉもねぇ~


  




…同志諸君、夢は諦めなければいつかは希望になり、そして現実となるのだ… !!




何て呑み歌いしてたら、いい時間になってしまった



…そうだ !!



ここで問題です。



この、ヲ店 「M」 、その店名の由来は、めぐみ姉さんが「とあるタレント 3 」の大ファンであり、その名前をもじって付けたという。


さて、そのタレント 3 とは、一体誰でしょう?


正解が分かった方は、ヲ店で姉さんに伝えて下さい。





姉さんが喜びます…笑



owari.jpg

再突入 !! 海底深度10000m !! ~上野・大山、幸手・玄海、友~

いつもヲ世話になってヲります。


たまに遊びに来る我杯の甥っ子兄弟怪獣(アニキ)が珍しく、

「ヲヂチャン、どっかに連れてってよ」

とのたまったので、これサイワイにと、


DSC03964.jpg
「深海展」へ連行。

一度個人で来て、非常に面白かったので再訪を期していたのだが、良い口実が出来たワイ

…いつも、携帯ゲームばかりイジクリ倒している甥であるが、ここで自然の驚異に触れるがいいッ !!


先ずは、「水圧」についてのヲ勉強だ。
DSC03967.jpg
このサンプル、全て同サイズの物なのだが、水圧で徐々(JoJo)に潰されてこのように

我が甥っ子怪獣はイマイチにピン、と来なかったみたいだが、安心しろ。
少なくとも我々がこのような過酷な状況に身を曝すことは無い。
あってたまるか。


「フウセンウナギ(サッコファリンクス) 様 」を凝視
DSC03984.jpg DSC03992.jpg
やはり、この「有難味」はまだ理解出来ヌか…。
だが、カイコウオオソコエビ 様 の凄まじき生態には興味を示す

…そりゃ、掌の上にバス一台分の圧力がかかる世界に生きているんですからねぇ…
ケンカしても勝てないぞ…。


…を
前回には無かった展示が


うぇ~い、サメ。
こえぇ~。
友達になれねぇ~


今週の山場
DSC04005.jpg
ダイオウイカ 様 と御対面


…あまり感動がないようだが…?


「ヲヂチャン、ヲ腹へったよ。あ、その前にヲモチャ屋行こうよ !! 」


gzgz.gif


来る前にウッカリ、みんな大好き「ヤマシロヤ (※)」の話をしたのが地雷であった。
しかし、伯父の財布の中身を察したか、安価な物品要求に留まった…


※…ヤマシロヤ

上野駅前にある、超絶玩具屋 3 。ホビー、雑貨、プラモデル、フィギュアなどを多数取り揃える無敵のヲ店。
我杯、一体このヲ店で幾つの「超合金魂」を入手したか…


あと、近日、「ウルトラマンA」に御出演されていた 南 夕子役・星 光子 様 のサイン会が開催されます !!

皆さん、元祖・みなみ、ゆうみな ですYO !!



…さて。
我杯と甥っ子、昼から夕方5時近くまで飲まず食わずで過ごしてしまった

なので、
DSC04026.jpg

大山

…へ、連行。


「ねぎとろ丼、食べたいよ」


ぃやかましい。
今、美味いモンを食わせてやるワイ。


でも、その前にな、
DSC04020.jpg
はい、ぱんぱ~い…笑

初の甥っ子呑みである…爆
モチロン、相手はウーロン茶だが。


ココにはな、超絶メンチコロッケがあるのだ。
やみつきコロッケと併せて馳走してやるワイ。



一口、口に入れるなり、
DSC04021.jpg
「おいしい !! 」


…と、この表情


どーだ、ヲヂチャンは何でも知ってるんだぞ(← ?)

ところが、もう一つの やみつきコロッケ を口にするや否や、

「これはいらない


え…?






tabenaino.jpg
「食べないの…?」



仕方ない、食わず嫌いの甥っ子のせいで、コロッケ、メンチの計3個を食すハメに。

…この年齢で大量の揚物入手(フライングゲット)はキツイ…



地元・幸手に戻り、甥っ子を先に帰宅させた後は、潜伏タイムである


先ずは根城の「玄海」にて、
DSC04030.jpg DSC04031.jpg
旬のサンマ刺を頂戴する。

…何だか、不漁みたいですが、それでも、時期のモノは外せないんですよ。


脂がのってて、うまたん、うまたん ♪


肴の旨味を「北鹿」で流す…


久々にヲ店に訪れたのでノンビリしたかったが、何だか宴会が入ってて大騒ぎ。
こりゃ、撤退であるな


もう一つの根城、「友」 へ直行
コチラも盛況である



ママ 3 のヲススメで、
DSC04034.jpg
二八


…を頂戴する。
地元・埼玉のヲ酒。


「友」のママ 3 は、毎度毎度コダワリのヲ酒を仕入れては勧めてくれるので、安心である


とても呑み易い口当たりに、グラスはみるみる空いていく…。
DSC04032.jpg DSC04033.jpg
そこへ、追い討ちの煮込みを頂く


…ん~…



 うまたん !! 



さすが、ママ 3 、この家庭的な味わいは、他店には無いな !!
グッジョブ !! です !!


埼玉・幸手に縁のある方は、近くにヲ立ち寄りの際は是非に



帰宅したら、甥っ子は既に寝ていたが、次回開催予定の「恐竜展」も絶対に行く !! と騒いでいたらしい。


よし、ヲヂチャンも行きたいから、それも予定してヲこう


今度は、その後に「立ち呑み・たきおか」にでも連れてってやるワイ、うはははは。





おわり


Discovery The Great Nature

(↓ ディスカバリー・チャンネルのナレーションよろしく、)

It suspects that one of the things which pull our interest most is the "clouds" which is natural modeling things, and there is no room of a doubt in the true thing [ like ] which are not.

(↑ 我々の興味を最も引くものの一つが、自然の造形物である「雲」であることに疑念の余地は無い、つーのをエキサイト翻訳したら、上記のようになった)


…いったい、どうしちまった、日本 !?

ありとあらゆる天災、天の為す災いが矢継ぎ早に来襲してきとるではないか !!
しかも、どうして農作物収穫の直前ですか。


そんな天災の兆候を表すものの一つが「雲」だと思うんですよ


嵐が訪れる直前には、
我々を押し潰すような圧倒的迫力で迫ってくる

…あの「ドンヨリ感」、気の弱いチビッコなら不安で泣き出しますよ。



夏の雲は勇ましいほどの迫力である。
Image555.jpg
大きく聳えるその光景に、我々は自身の存在が如何に小さいものかを思い知る。


…たまに「何か」に見える、つーコトも。
Image552.jpg
何だか、「暴君怪獣タイラント」に見えたんですよ。


暴君怪獣タイラント
タイラント
「ウルトラ兄弟によって倒された怪獣の怨霊が集まってできた合体怪獣。それぞれの強い部分のみを合わせ持っている」
(小学館刊:コロタン文庫「ウルトラ怪獣全(オール)百科」より)


…でも、大きな雲といえば、
Image558.jpg
「有識者」ならば、



龍の巣
「龍の巣」でしょう !! …笑



一片、秋口ともなれば、
Image561_20130917211447878.jpg
実に穏やかな表情を見せる。


激しい天候の直後に、
DSC04036.jpg
このような光景を見せられては、


DSC04037.jpg
「をを、天よ !! 」
その気まま過ぎる在り方に無常を感じざるを得ない…。


DSC04039.jpg


台風一過翌日。
IMG_0606.jpg
果たして、これが同じ空なのだろうか…。



IMG_0608.jpg
一日の終わり。

どうか、今日も何事もなく、こんな光景が見られますように…。





台風、竜巻等により被災された方々の一日も早い復興を祈念申し上げます。




真・大逃亡 最終章 【そしてヲレは行く】 ~東京・はせがわ酒店 東京駅グランスタ店~

徳島・岡山と長旅を続けた我杯を乗せた新幹線は、定刻通りに東京駅のホームに滑り込んだのであった。


定刻通り 。


実に当たり前のように思うが、実はここが日本の鉄道会社のスゴイところだ


我杯が定刻通りに動けるのは、終業時間にシッカリ帰宅することだけだ…笑


東京駅に到着した途端、我杯は、永き夢から解き放たれ、脳内の楽しかった記憶が音を立てて洗い流されていくような、そんな感覚に陥った。

同時に、長旅・強行軍の疲労が一気に押し寄せてきた…
これでは帰宅途中で行き倒れの恐れがある…。


そうはいかん !!
0fc109a0c6b3affee291dc9e760edb0d.jpg

…つー、反骨精神マルダシで(← ?)訪れたのが、
IMG_0542.jpg

はせがわ酒店

東京駅グランスタ店


東京駅の中には、様々なショップが並んでいるんですよ。
その一角にある「はせがわ酒店」は、
IMG_0544.jpg
このように、カウンターバー形式の席で一献楽しめるという、正に、生き馬の目を抜くヲ店なんですよ(← ?)


…以前ですね、「とあるヲ方」「何かの用事」東京を訪れた際には、このヲ店にヲ立ち寄りになられているという情報を耳にしてたモンで…
uss.gif



運良く空いていた席に着陸した我杯、先ずはの一杯で、
IMG_0540.jpg


IMG_0541.jpg
萩の鶴

…をば頂戴する事に

店員 3 のヲススメで、微炭酸で仕上げられた一品が出てきた。


…う~ん、確かに日本酒だが、微炭酸でアレンジされた味わいは、このヲ酒のウリである「甘酸っぱさ」を十二分に堪能させてくれる…

コイツは一杯目から縁起がエェワイなぁ


コチラのヲ酒は宮城県産、つーことで、
IMG_0543.jpg
笹蒲鉾をアテに頂戴する。

…う~ん、やはり、同県つーことでヲ互いが引き立て合うゼッ !!


このヲ店、週変わりくらいのペースで推し酒を用意してあるみたいなのだが、我杯が訪れた日はちょうど、


我杯キラーの、
IMG_0545.jpg
伯楽星

週間だったのだ !!


余計なことは言わない。



このヲ酒は 美味い !!



春日部の「彩鳥」で呑んで以来、このヲ酒は我杯の ネ申推し なのだが、ここでヲ会い出来るとは… !!

モチロンに頂戴し、うまたん、うまたん ♪ な一時を愉しむ…


美味いヲ酒を呑んで、長旅の疲労もチョイと回復


ところで、このヲ店は東京駅の中にあるので、
IMG_0547.jpg
実に人通りの賑やかなロケである。

だが、カウンターに座って呑んでしまえば、そんな喧騒もドコへやら。


更には、
IMG_0549.jpg
販売コーナーも隣接している。
なので、ウッカリ美味いヲ酒を呑んだら、そのままスライド式にヲ酒を購入してしまうハメになる。


…我杯、店頭に立ってたヲ兄ちゃんの言いなりに、720ml瓶、3本ヲトナ買い…笑
(↑ 何を購入したかは、後日報告)


…さぁ、もういい加減、地球(自宅)に還ろう…



長かった「真・大逃亡」も、いよいよヲシマイ…。


我杯渾身の大暴走で、やりたい事を全てやり尽くしてやったぜ !!


これを最後に、しばらくは行動を控え目に…


…にはならなかったが、それはまた機会を改めましゃう。



それでは、皆さん、またヲ逢いする日まで、ヲ元気で。
さやうなら~




(※)この全9篇からなる「真・大逃亡」は、2日の間にあった出来事であったことを付記させて頂きます。

真・大逃亡 岡山潜伏篇~岡山・のんき坊~

さて。

せっかく訪れた岡山、ヲ酒も呑まずに素通りするわけには行かない。


IMG_0522.jpg
何かあるだろう、とフラついてみると…



…を
IMG_0523.jpg
それっポイドなアーケード街を発見。

このようなロケには、古くからのヲ店がある。
それを探して潜入してみようとしたら…



もう、アーケードの入り口にあった
IMG_0524.jpg

のんき坊


「角ハイボール酒場」とある。
我杯、ハイボールは少々ニガテだが、ヲ酒はヲ酒だ…笑
早速に暖簾を潜る


…正解 !!
小さな店内は、カウンター5席、2人掛の小さなテーブル4卓。
我杯が潜伏したのが13:19(ヒトサンヒトキュウ)時。
席はほとんど埋まっていて、なるほど、岡山県人は昼間からメーターを上げられる、素晴らしい県民性があるようだ…笑


空いていたカウンター席に着陸
IMG_0525.jpg
ふ~む、ふむふむ…。


ハイボールのヲ店ですからね、
IMG_0526.jpg
普段はあまり呑まない(呑めない)ハイボールに、ゲソ天、ちくわ天をば


食事も出来るヲ店なのだ。
IMG_0527.jpg
カウンターには天ぷらの皿が並んでいたから、天ぷらうどんが楽しめるでゲソ。

…って、やっぱり、蕎麦は無いんだねぇ…。



うちのハイボールも角だけど、
IMG_0528.jpg  IMG_0529.jpg
ヲ替りはトリス・ハイボールを頂戴するでゲソ。



…昼間から盛況でゲソ。
ヲ店のテーブル卓では、何を語る訳でもなく、ぼんやり、と杯を傾けるとっつぁん達。
我杯の並び、カウンター席には、キャバのヲ姉さんだろうか、2人の女性がキャアキャアと、かなりメーターを上げている。


…一人で呑んでいると、どうしても他の会話が耳に入ってきてしまう。
他人の話を傍から聴くのは趣味が悪いが、聞こえてしまうのだから仕方ない。


ヲ姉さん方は、「あの娘の客の引き方が気に入らない」だのなんだので、かなりヒートアップ


どーやら、夜の世界を華麗に舞うアゲハ蝶たちも、裏ではカマキリのような熾烈な闘いを繰り広げているようだ…
uss.gif


我杯のヲ会計を済ませながら、
IMG_0530.jpg
ヲバチャンの熟達した手際が、ビールを注いでいく。


…なんてったけな、このビールサーバは、何だか特別なカタチの物だったらしいですよ

ついでに車中の弁当にと、このヲ店ヲ手製のカツサンドを購入


ジャイガンスティック・岡山駅前には、
IMG_0531.jpg
元祖・御当地ヒーロー、モモタルァ 様 の御姿が。


世が平成ともなると、ヲ供はイヌ、サル、キジの他に、ハトまでいるモン


何故か岡山は、
IMG_0532.jpg
ナルト推し


我杯、このキャラクターのTシャツまで持っているのだが、それでもマンガ、アニメは一度も見た事が無いんだってばよ !!



いよいよ、東京行きの新幹線に乗車
IMG_0537.jpg
先程購入したカツサンドで、ハイボールのヲさらい。
(↑ 結局、ヲ酒だったら何だって呑むんだってばよ)

…肉を物凄い久し振りに口にした気がした…笑
ああ、うまたん、うまたん ♪


…あ
IMG_0539.jpg
大阪の皆さん、またヲ逢いしましゃう
いつか、必ずゴアイサツに伺います。




さて、我杯、岡山のキオスクで、こんな物を購入してみてみてみた
IMG_0538.jpg
独歩
(宮下酒造 ㈱ )


岡山地ビール、つーことで、早速に呑んでみた


…。



…ウム !!

「爽快なホップ香を持ち、苦味の効いた淡黄金色のビールです」

の説明書きの通り、よく店頭で入手する物より、とてもコクが感じられる !!


…味といい、名前といい、一口呑めば(NMB)、手刀廻し受け(※)で、何でも弾き返せそうだぜ !!


(※)手刀廻し受け とは…

両腕手刀を、己の身体の前で円を描くように交差する事により、前面上半身への攻撃を捌く事の出来る、日本空手道最強の技の一つ。


上げ受け、内受け、外受け、下段払い の、手技による受け技の全ての要素を含んでヲり、実戦での使用は非常に困難だが、マグマ優子師範代ケムラー先輩級の達人ともなると、矢、鉄砲はヲろか、火炎放射までも弾き返すことが可能である。
(民明書房 刊 『サイキョー !! ツトム・タモリのGoGo !! 空手』より)


 mwsuk.jpg

DSC03961.jpg
火炎放射を手刀廻し受けで跳ね返す 愚地独歩 先生。


…実際にこれを真似たシロウトが、己の腕毛全焼失と引替えに、自身の愚かさを悟る動画が、You Tube にアップされていた…笑


…なんて事を考えてたら、疲れが出たのか、車中ではグッスリ、すやたん、すやたん

気が付いたら、東京駅に到着していた




…あ~疲れた…



しかし、家に帰るまでが遠足です !!
自宅までの無事の帰還を果たす為、ヲトコがやる事はただ1ツ !!




次回予告


過ぎ行く想い、差し迫る現実…

己が自身の在り場所を見出す時、新たなる道は拓かれる…


次回、酒場逃亡記 真・大逃亡 最終章


「そして、ヲレは行く」



肝臓滅亡まで、あと123日…(← ?)
tbc


世界の「みなみ」から

こんにちわ。

世界の「みなみ」から の時間です。

このコーナーは、あんな(杏奈) みなみ や、こんな みなみ を、皆さんの投稿画像の中からご紹介していくコーナーです。


先ずは、画像を御覧下さい。
よしみな
(画像提供:ブラジャーカレー 様 より)


…。


これは 「よしみな」 ですね


JR武蔵野線に新設された

「吉川美南駅(よしかわみなみ・えき。通称:よしみな)」

に縁のある物件ですね。


是非共に住人になられた方々には、

「住い? よしみな です

と、堂々と語っていただきたいものです。



それでは、皆さんからの御投稿、ヲ待ちしてヲります。

採用された方の中から抽選で、南栗橋(くりみな)駅のプリントを差し上げます(← ?)


真・大逃亡 ~さらば板野 !! そして天空の城へ… ~

さて。

いよいよもって楽しかった「板野遍路」も、別れの朝を迎えたのであった。


起床し、旅館のヲバチャンに、昨夜は遅い戻りであったことを詫びると、

「ああ~、先に寝ちゃってたから…笑」


と、取り敢えずゴメーワクにはならなかったようだ…
IMG_0489.jpg IMG_0491.jpg
喫茶店風の食堂で朝食を頂戴する


…つか、喫茶店なのだ。
IMG_0496.jpg
今回ヲ世話になった旅館は、1階部分が喫茶店だったのである。


充分に御礼を申し上げ、旅館を出立

…ヲバチャン、不思議に思っただろうなぁ…。

わざわざ、埼玉くんだりから何をしに来たのだろう、と…笑


旅館の向かいにあった
呑み屋のヲバチャンとたまたま会えたので、昨日の報告。


「どうだい? やっぱり面白かっただろうよ、阿波踊り !! 」

面白いも何も、徳島のセンターを張ってきたッス !! …笑

「また遊びにおいでね !! 」


…にこやかなヲバチャンの表情に、我杯の心中には、




必ずここへ 帰ってくると

手を振るシトに 笑顔で応え





…の、鉄板フレーズが流れるのであった…


IMG_0494.jpg
我が青春の板野駅。
…つか、今回、何枚この画像を撮ったんだか…笑


さあ、帰途への車両がホームに滑り込みましたよ。
Image561.jpg
今回は、一度高松にて乗換えを要す。
我杯、鉄道ファンじゃないから、車両詳細は割愛。


我杯の胸中に去来する、
あんな板野、こんな板野…。
Image564.jpg
今、万感の思いを込め、発車のベルが鳴る。

ありがとう、徳島県・板野町。
そして、さらば徳島県・板野町。


さあ !!
地球(自宅)に向けて、出発 !!

syonaraitn.jpg
板野駅を出発。

この時の我杯は、残り少ない後ろ髪を完膚なきまでに引き千切られていたの(板野)であった…


どーゆー訳か、行きと帰りでは、帰りの方が時間は短く感じる。

気付けば、
IMG_0510.jpg
乗り換えの高松駅に到着


…を
IMG_0508.jpg IMG_0511.jpg
IMG_0506.jpg
車両がいっぱい

うれたん、うれたん ♪
でも、我杯は鉄道ファンじゃないから…(略)


ここで、
IMG_0507.jpg
岡山行き、快速マリンライナー26号 様 に乗り換え。


岡山までは1時間少々を要した。


そうなったらですね、
IMG_0512.jpg
もう、頂くしかないんですよ…笑


…着いた



…じぇじぇじぇ !?
Image566.jpg
なんつーデカサだ、岡山駅 !!
端から端が視界に納まらないん(9)ですよ。

流石は四国・九州方面のハブ・ステーション、西のバラン星と言われているだけありますよ(← ?)


東京方面への新幹線搭乗まで2時間の余裕を取ったので、周辺をフラフラ。


そしたらですね、
IMG_0519.jpg
こんなウレシイ催しがあったんですよ。
もちろんに入場

…いやあ…

流石、世界のジブリですよ。

迫力のある背景画の数々に、しばし、幻想の世界へ…

特に「もののけ姫」の森の中の濃密な背景画の数々に圧倒されましたわ…


でも、ジブリと言ったら、
IMG_0520.jpg
「ラピュタ」ですね、我杯は。

…つか、稀代の名悪役、ムスカ 様 推しなだけですが…笑

因みに、ラピュタの天空庭園は、我杯の自宅裏庭をモチーフにして描かれていたんですよ
(↑ どぅくし )


さて。

ノドが渇いた…笑


せっかくの岡山なので、チョイと潜伏先を探してみますか
tbc




閑話休題 Ver.1.03



(↑ 事情を御存知の方は、このBGMを御利用下さい。パソコンでの御視聴を推奨致します)


nm1.jpeg



「アセドー総統、報告申し上げます」
nm22.jpeg
ノミマス帝国副総統 ワモノ・ヲカート


「…ほう、何かね…」
nm3.jpeg
ノミマス帝国総統 アセドー・アルデヒード (我杯)



「あれかね? とうとうコレが動き出したことかね?」


bandicam 2013-09-06 22-39-44-912


「…確かに憧れのアイドルのアタマを蹴り倒されるということは、己がアタマを蹴られるのにも等しい暴挙…。キノコカレー 3 親衛隊の皆さんの天をも衝く、怒りの現れ…。

…げに恐ろしきは執念だぁね…」


「総統、この件に関しましては非常にデリケートな部分ゆえ、当帝国ではアンタッチャブルでいた方が…」


「…をっと、そうだったね…。では、ヲヤスミ ♪ 諸君


「ヲ待ち下さいっ


「何かね?」


「コチラを御覧下さい

bandicam 2013-09-05 18-24-03-066

「…これは…?」


「コチラは当ブログに一日にどれだけのアクセスがあったかを示すグラフでございます」



「…」



「通常であれば、一日に4、50程度のアクセスなのですが、一日だけ突出した日が御座いました」



「176…。このブログにしては異常だねぇ」



「はい、確かに…しょこたん 様 に迫るイキヲイかと(嬉)」



「そこまではいかんだろうwww で? 原因は?」



「は。この日の前後に『徳島・板野遍路 篇』がアップされてヲりました」


「確かその日は…」

「は我々がネ申と崇める  トモミーシャ・イタノンダル 様 の卒業公演が御座いました」


「フッ…」
dsr1.jpg
「なるほどね…。即ち、全国19910703人に及ぶ 同志の皆さんが、ネット検索『板野友美』で、うっかりこのブログに迷い込んでしまったと…」


「他に考えられません」


「以降は普通のアクセス数に戻ったところを見ると確かなようだね…。
 しかも、非難コメントが1件も寄せられていないところを鑑みるに、どうやら我が帝国は全国の同志諸君に認めて頂いたとも考えられるな…」



「いえ、呆れて素通りされたのではないかと…
uss.gif


「ぃやかましい

 …しかし、これで一部の皆さんに板野町という聖地の存在を知らしめることが出来た。これはこれで一定の成果であろうな…」



「しかし、総統。聖地と呼ぶには…」


「そうだね。あまりにも寂しい町だったね。
 そこで諸君、我杯の次の手だ」











tomosake-1_2013091023191624b.jpg




「ぶっ そ、総統 !! こ、これは… !! 」


「なに、ちょっとした余興だよ…。
 諸君、町興しとは何か…?
 ソレは、その名を全国に知らしめることだ。
 その為には、全国の各家庭にその名を冠した地域特産品を持ち帰らせる事が何よりだ。これ即ち、物販に他ならない。」



「なるほど。では我ら帝国としては…」

bandicam 2013-09-09 22-05-04-125  「…そうだ。板野町産の地酒を全国的な銘酒として展開し、町興しの支援を図ろうというのだよ。
…どうかね? これより他に良い手はあるかね?」



heko1.jpg    heko2.jpg
「あろう筈が御座いません」
「完璧です、総統」 (ヘコッ)


「…
 総統、ヲ酒というからには口当たりはどのようなものをヲ考えで?
甘口ですか? それとも辛口ですか?」



「…ワモノ君、君はバカかね?

 このヲ酒は板野だ !! ともちん なのだ !!

 アヒル口
に決まっているだろう」



「…?????」


「あとは、板野町の皆さんがこのブログに辿り着いてくれるのを待つだけだ」


「コチラからは働きかけないので…?」


「そんな事をしたら笑われるだけだ」


「…それでは、コレは…」


「そうだ、ただの冗談だ。うひゃーはっはっは !! 」
uhyahya.jpeg
「…ヲ…ヲかしくなられた…」




owari_201406291758074cf.jpg

真・大逃亡 ~徳島阿波踊り・静かで熱い徳島の夜篇 徳島・ぱん粉家 串仙~ Ver.1.02

ヲ侘び。


全国48万人の「酒場逃亡記」ブックマークファンの皆さん。


我杯、ヤッちまいました。




胃潰瘍




…もう、こりゃ、 どぅくし ×48万じゃ済まないな…

あの時の電気ブランか !? それとも、のどごし生15連発か !?

思い当たる節は多々アリ…


とはいえ、ヲ医者3の話では、軽度、なりかけ、治りかけ、のようなもの、な感じで、今後注意すれば完治は早いかと…。


…まあ、ネタのストックはあるし、それを出し尽くす頃には症状は良くなっているだろうから、そうしたら、今まで以上に呑み倒してやるけぇのうぅ !!

うははははは !!




「待ていっ !! 」



…な、なんだっっっ !?

matei.jpg
「 空が、海が… 大地がっ !!

貴様の行いを哄笑(わら)っているぞ !!

欲望に身を委ね、重ね重ねし愚行の数々…。

やがて、それは大いなる裁きの太刀となりて、己が身を滅ぼさん… 

シト、これを 自業自得 というッ !! 」


…い、いきなり現れてベラベラと…ッ !!
何者だァッ !?

(↓ 再生必須)



…分かる方だけにヲ届け…笑



さて。

徳島阿波踊りを十二分に堪能した我杯、生来のヲマヌケにより、乗るべき電車はとっくの昔に出発していた。
次の発車までの時間をつぶす為に、まだまだ興奮冷めやらヌ徳島の街をさ迷い歩く


徳島駅前メイン通りを脇に曲がると、少々喧騒は薄らいだようだった。


数軒の好い感じのヲ店を見付けたが、今回は、
IMG_0480.jpg


IMG_0481.jpg

ぱん粉家 串仙


…に、潜伏することに。
(くそっ、iPodカメラじゃ、画角、画質が格段に落ちるッ !! )

小さな入り口を潜る
IMG_0471.jpg
店内はカウンター席メイン、小さな居心地の良い造り

テーブル席やもしかしたら座敷があったみたい。


今日もそろそろ終わりかなぁ、みたいな落ち着いた雰囲気の中、先客 3 は妙齢の女性が1人のみ。


我杯、カウンター席に着陸
IMG_0466.jpg 酎ハイで今宵の疲れを癒す。
…この日、何杯目だ !?
だが、阿波踊りの効用(高揚)で、まるでこの日初めてヲ酒を呑んだかのような爽快気分 !!
wr.gif


この時点で21:55(フタヒトゴーゴー)時
かなりの空腹状態であった。

そう、まったくもって食事をしていない事に気付く。
遊びに夢中で食事も忘れていたのだ。

ここら辺、我杯の甥っ子兄弟怪獣と変わらないんですよ(←
gzgz.gif)


なので、
IMG_0467.jpg IMG_0468.jpg
どて焼き をば

牛すじ味噌煮込み、大阪下町の味。
…って、徳島で どて焼き?

そしたら、マスター 3 、本来の出身は神戸なんだそうだ。


更にはこのヲ店の推しメニュー、
IMG_0475.jpg
串揚げを頂戴致そう。


…ぬうぅぅ…。
酒浸りで冷え切った我が腹を、この料理の温かさはまるで ユリア 様 の慈愛のように深く、優しく包み込んでくれるわ…。
この我杯にもまだ、温もりを感じる心が残っていたか… !!
(↑ 無茶してっから、身体壊すんですよ)



ヲススメのヲ酒を尋ねると、やはり「鳴門金時」だったのだが、日本酒でいきたかったので、
IMG_0474.jpg
徳島のヲ酒・芳水 をば。


芳水の洗練された味わいで、串揚げの旨味を洗い流す…



居合わせた妙齢の女性と二言、三言、言葉を交わす。

何でも、ひと月程前に九州から単身で徳島に越してきたそうである。

そんな彼女の言葉は、何か低く、重たい…。

会話の合間にタバコを燻らせる彼女の前には、空けられた多くの杯や皿…。
(冒頭、カウンターの画像。手前の席は彼女の席だった)



…このような時、コチラからの積極的な話掛けはタブーである

まだ不慣れな土地で、それでも居場所を見つけ、一日の「自身」を整理する、大切な時間なのだ。

それをイイヲンナだからって、ヲレはヲレは、と分かったようなクチきくのは野暮ってモンだ。

黙って聴いて、必要最低限な言葉を返す。

それが、酒場のルールだ。



…いいかい?

カッコイイ、てのは こういう事さ
 


マスター 3 、明るい感じのバイト娘 3 と、軽く談笑。
各県の出身の有名人の話になったのだが…。

「大阪神戸言ったら、関東は皆、さんま、さんま言うけどな、あんなん関西の言葉ちゃうで」

何がです?

「あんなん、関東に合わせたウソの関西弁やがな」

へー。

「ところで、埼玉から来た? 埼玉出身の有名人て誰や?」


え?
埼玉出身のタレント ?

…誰だろう…。







いました、小嶋 陽菜  ですよ。


(↑ バイト娘が「意外な名前が出たなぁ」と、吹き出す)


「知らんわ、そんなん 


…しっ、知らないィッ !?
「埼玉の ユリア 様 」と呼ばれている こじはる をっ !?

な、ならば、御主人に問うッ !!
神戸出身のタレントとは、一体誰ぞっ !?


すると御主人、小さなアルバムを取り出して我杯に見せてくれた

「有名人、いうワケやないけどな…」




ふ~む、ふむふむ…







IMG_0476.jpg IMG_0478.jpg


はうあっ


こ、これはっ… !!

我杯の、この世で一番の大好物、美人 ではないかっ !?

御主人 !!
この、元モーニング娘。後藤真希 様 に似たヲ姉すゎんは、どなたっ !?


「姪っ子なんやけどな、こんな(先行きの)分からない仕事しおってなぁ…しょーもな…」


何を仰るウサギ 3  !!
立派なヲ仕事でわありませヌか !!

第一、姪っ子 3 の将来が御心配ならば、我杯にヲ任せ下さい !!
姪っ子 3 と我杯の二人で共に、明るい未来を築き上げてみせますが !?



…え? それはダメ…?

…よし、それじゃ、レースクィーンか !!
我杯、プロのレーサーになろうと思うんですよ
(↑ どぅくし )


…ところで、レーサーの免許って、ドコで取得できるのかしら?
春日部自動車教習所?


…とか言いながら、そのミニアルバムは多くのシト達に見せているようで、少々痛んでいた。

実は御自慢の姪っ子 3 なのでしょう…




※…後程、美人には粘着性のコダワリを示す我杯が調べ上げた結果、このヲ姉すゎんは、



真野淳子(まやじゅんこ) 様


と仰る、超絶トップレベルのモデル 様 であることが判明。


酒場逃亡記は、これからも
真野淳子 様 を応援して参ります



さて。

非常に名残惜しいが、もう時間だ。

まさか徳島でも逃亡出来るとは、我杯の飲み歩き人生は底無しにツイていたようだ

「またな !! 阿波踊りはクセになって、何度も来るシトもヲるで !! 」


…御主人にそ-言われると、単純な我杯は来年もココで呑んでるような気がする…笑

楽しかった「ぱん粉家」を後にして、駅に向かう


帰りのホームは…
IMG_0485.jpg
まだまだ阿波踊りの熱気溢れる

そう、祭りは始まったばかりだったのだ。


多くの興奮を載せ、列車は終点、
Image548.jpg
我が青春の 板野駅 に到着

「鉄郎 3 、着きましたよ。メーテル 3 なら先に…」

謎の車掌 3 が列車到着を教えてくれた…笑


皆さん、御覧下さい。
Image544.jpg
「板野」の名を冠した、 ネ申車両 ですよ。

我杯は鉄道ファンじゃないので、詳細は省きますがね、
Image547.jpg
これだけは。
これだけは撮影してヲかなくてはならない。

確信にも近いカタチでシャッターを切った訳なんですよ。


すっかり遅くなってしまったが…
Image551.jpg
宿泊先が駅の目鼻でヨカッタ…


と、2組のカップルが途方に暮れていた。

駅員 3 に

「え~ !? この時期、空いている宿なんか徳島には無いですよ !? 」

なんて驚かれていたトコを観るに、他所から阿波踊りを見物に「取り敢えず」来たらしい。
が、帰りのアシ、いざという時の宿泊先の手配など、ノープランだったようだ。


…。

我杯の今宵の宿は、我杯以外には誰もいなかったようだが…。




…。



宿のヲバチャン、もう寝ちゃっただろうしなっ。



さ、我杯も宿に戻ろっ

じゃあな !! (← ヲニ)



…こうして、我杯の長い、ながぁ~い !! 一日は終わりを告げた。
明朝には帰還である。



濃過ぎる一日を過ごした我杯、宿にて泥のように寝潰れたのは言うまでもなく…。



時に2013年8月某日の夜であった…(グゥ)

真・大逃亡 ~徳島阿波踊り・センター奪取篇~ Ver.1.01

さて。

呑み屋のヲバチャンにせっつかれて、急遽に徳島阿波踊りに踊り込むことになった我杯。

徳島一番のイベントだけあり、徳島行きの電車は大増発


乗り込んだ時は席はガラガラだったが、次第に満席に
DSC03694.jpg DSC03696.jpg
素面じゃ乗り込めん。
景気付けに一本(心許なかったが…)



DSC03695.jpg
鳴門方面は乗り換えだってばよ !! (← 観た事、無いんだけどね…
uss.gif )


電車に揺られること、30分ばかし。
今宵のステージに到着 !!
DSC03697.jpg
初上陸 !!
徳島の皆さん、コンバンワ。
我杯が、我杯が徳島阿波踊りの会場にやって参りました

DSC03698.jpg
板野 3 (← )
あと、板野 △ (← どぅくし )


臨時増発電車がイッパイ。
DSC03699.jpg
多くの「ネ申列車(板野行き)」が…


是非ともに連れてって下さい、板野まで…笑
(↑ こんな事ばっかり言ってたので、しっかりと時刻を確認していなかった…)



…じぇじぇじぇ !?
DSC03701.jpg DSC03704.jpg
何つーデカサだ、徳島駅 !!


そのデカサたるや、昔、東武鉄道・幸手駅前にあった「東武ストア」を遥かに凌駕していたんですよ。
(↑ ?)

タカシマヤみてーだ !!


…を
DSC03705.jpg
早速に、早速に

こちらは、駅前の「そごう百貨店」の連(※)の皆さん。

※ 連 … 阿波踊りの団体、グループを指す。名立たる連は「有名連」として、全国に名を馳せる。



それにしても…
DSC03707.jpg
何つー人出だよ


…後で聞いた話だが、徳島市人口25万強に対し、阿波踊り4日間の人出は100万超に達するとか。

明らかに埼玉県・杉戸町清地の人口より多いんですよ


今回、我杯のような飛込みのシト達は、
DSC03708.jpg
「にわか連」として参加することとなる。
…多くの参加希望者がいましたね


駅前の通りは、いくつかに区分され、
DSC03710.jpg DSC03711.jpg
演舞場を分けて多くの連が踊るようになっていた(ようだ)。


我々「にわか」は特設ステージ前で、陽気な実行委員のシト達が、
DSC03713.jpg
我々をマックスハイテンションに導く為、事前に踊り方や掛け声をレクチャーしてくれたんですよ



踊りは? (にわかだっ !! )
にわかは? (踊りだっ !! )

ヤットサ~ (ヤットヤット !! )

手を上げて 足を運べば 阿波踊り !!

にわかだ !! にわかだ !!
(ヤットヤットヤットヤット !! )

にわかだ !! にわかだ !!
(ヤットヤットヤットヤット !! )

ヤットサ~ (ヤットヤット !! )


この掛け声を、踊っている間、皆で掛け合うのである。


…ぬぬっ !?
DSC03714.jpg
ナゾの「御当地ヒーロー」を発見 !!
彼の正体は、一体…?



はては、
DSC03716.jpg
(何故か)日曜夕方の「顔」までご登場。


右を見ても左を見ても、
DSC03717.jpg DSC03718.jpg
シト、シト、シト…




あ~ !!

アガッてきたぞぉぉぉ~ !!





さて。
我杯が「にわか」の皆さんとどれだけ大暴れ(?)したか、コチラの映像でまとめてみますた。
いかに我杯が大喜びしていたかがヲ分かりになるかと…笑




単調なリズムと動きで、気持ちがどんどんとアガッて来るんですよ


何というか、倒錯状態というか、ひたすらに楽しいまま…。


古今東西、様々な儀式や儀礼に踊りを取り入れたのは、この踊りによる「高揚感」が最高潮に達した時に、崇める「神」と一体化することができ、神の意思を聞くことが出来ると信じられていた、との説がある


我杯も危うく、ネ申の世界に飛んでいくトコでしたわ…笑


流石に日本一の阿波踊り
出番が終わったとき、参加した皆さんが一種の達成感、至福の一時に包まれていたんですよ



こりゃ、病み付きになるというのも頷ける…





煌びやかに彩られる会場
DSC03719.jpg DSC03720.jpg
我杯の「にわか」としての出番は終わったが…


DSC03721.jpg
まだまだ興奮冷めやらぬ会場。



…ぬぬっ !?
DSC03723.jpg
先程の「御当地ヒーロー」が間近に !!
これは、ゴアイサツせねばっ



…帰宅後、彼の正体を検索したのだが、見当たらなかった。

しかし、ヒーローが名無しでは格好がつかない…。


…ぃよしっ !!
ここは一つ、我杯が名付け親(ゴッド・ファーザー)になってやろう !!


…。

渦潮のような力強さで、阿波・徳島の正義を守るヒーロー…


なるとかいきょう
鳴斗魁強

アワダンガー

(Awa Dancing Guardian)



…というのはどうかなっ !?



さあ、 アワダンガー(仮) !!
阿波・徳島の平和は任せたぞ !!
awadanger.jpg
徳島と埼玉の2大ヒーロー、夢の競演だ
(↑ どぅくし )

我杯は自宅裏庭、犬小屋の平和を全力で守るゼッ !!




…いや、やっぱり、ココまで来てね、阿波踊りを体験せずに帰ろうとしてた自身にビックリですわ
一生後悔するトコですた。


さて、流石に疲れたワイ…。
駅に戻りがてら、周囲を見物…。
DSC03722.jpg
阿波踊り会館…?

阿波踊りっつーだけで、こんなにデカイ建物を建てちゃうノカ !?
間違い無く、春日部のロビンソン百貨店より大きかったですよ。



…と、ここまできて、我杯愛用の深酒場探査艦「はやぶさ」(要はデジカメ)のバッテリーが切れた…

そりゃ、朝から晩まで何百枚も「板野、板野」でシャッター切りまくってりゃ…


更には、乗るべき電車の時間を大幅に間違え、次の時間まで1時間超を要する始末…


…。



…つー事は、取るべき行動は、ただ一つ !!


我杯は夜の徳島に潜伏するべく、アシを進めるのであった…


tbc


真・大逃亡 ~ヲレは板野に逢いに行く (後篇) 板野・季節料理 みつる~

徳島県・板野町遍路を敢行した我杯、一日の疲れを癒す為に、

「板野温泉

に行ってみますた


いい感じのひなび方…
DSC03574.jpg DSC03672.jpg
銭湯ポイドな温泉施設

入り口でランニング姿のヲイチャンがカラダを冷ましている…

かと思ったら、番台に座って、「いらっしゃい」


備え付けの石鹸・シャンプーの類は無かったので、たまたま持ってた洗顔フォームで体を洗った…笑

猛暑日にトドメの一撃 !! と言わんばかりのホットな ともちん温泉 を堪能



さあ !!

健全な成人が湯上りに行う事と言えば、ただ一つだ !!


エピソード4ツ目にして やっと、酒場の御登場である !! …笑
DSC03685.jpg

季節料理 みつる


板野町・酒場巡りの一軒目は、コチラに決定 !!

早速に暖簾を潜る
DSC03678.jpg
店内。

我杯の他にはヲ客 3 はいなかった。

明るい対応のヲバチャンがヲ出迎えしてくれた

カウンター席メインのヲ店だったが、大きな座敷もあったみたい。


さあ !!
今日は暑かったけんね !!
DSC03680.jpg
生ビールでぱんぱ~い !!


…。





ぎゃあ !!




美味過ぎて 死ぬ !!

16笑う



「ヲ客 3 、どこから来たの?」

埼玉です。呑みに来ました

「わざわざ、そんなトコから(笑)」


そうでしょうねぇ。
しかも、地名が「板野」ってだけでの理由で来てるんですから(← )



生ビールは美味過ぎたが、どこでも呑める。
ここは、この場所ならではの一品を頂戴しなくてわっ。

ヲバチャンに訊いてみると、出てきたのが、


DSC03681.jpg

鳴門金時


DSC03682.jpg
特産のサツマイモ「鳴門金時」で醸造された芋焼酎



DSC03683.jpg
水割りで頂戴する。



…ややっ !?

芋焼酎ということで、少々警戒したのだが、何と何と。
芋の独特の甘味で口当たりが非常に柔らかい
うまたん、うまたん ♪


小さな焼き台が置いてあったので、焼肉がヲススメのようだったが「この時点」では、他に見付けたヲ店にもハシゴするつもりだったので、ツマミには冷やしトマトを選択したのだが…


「今日は暑かったねぇ。何たって今日、四万十で41℃記録したって」

…。

場所こそ違えど、最高温度を記録した日に四国へ来てしまうとは、何とも我杯らしい。
やはり、我杯のような熱(苦し)い男は、暑さを呼び込んでしまうようだ…笑



…TVでやけにヲ祭りの様子を中継してますね。

「そりゃそうだよ。今日から4日間、阿波踊りだからね !!

をを、そうであったか。

「もちろん、ヲ客 3 も踊りに来たんでしょう?」

違います。
この板野町へ来ることだけが目的だったのです(← バカ)
DSC03684.jpg
…と、申し上げたら、徳島県人がいかに阿波踊りに誇りを持っているか、説教半分で語り始めましたよ。

今では全国的な行事ではあるが、本来は田んぼの畦道とかで個人個人で小規模に行われていた、小さな小さな催しであったこと。
4日間の祭りの為に、半年以上の期間を費やして練習、準備すること。

何より、この時期、ここに来て阿波踊りを見ないで帰ることは許されん !!
見も、踊りもしないのは、本当にアホである !!

「飛込みで参加出来る『にわか』てのがあるから !! 今からスグに行ってきなさい !! 」


ヲバチャンが簡単に踊り方を教えてくれた。

教えてくれた動きは単純だが、通用するかしら?

「あら、上手だね(笑) それなら充分に踊れるよ


…どうやら、徳島阿波踊りは、一人のスターを求めているようだ…笑

ここ、板野から阿波踊り会場の徳島までは電車で約30分。
超絶余裕で会場入りできる。


こうして我杯は、急遽 徳島阿波踊り「踊り込む」ことと相成った。



ほいだらヲバチャン、行って来るゼッ !!

旅館のヲバチャンに阿波踊りに参加してくる旨を伝えると、

「ほら見なさい。ここまで来て踊らにゃ損だよ」

てな表情してた…笑


再びの ともちん駅。
DSC03687.jpg
さあ、祭りに乗り込むぜ。

夕闇迫る徳島に、
DSC03691.jpg
今年一番の熱い時期が訪れたのだ

埼玉県・南栗橋(くりみな)イチ熱苦しい男が、
DSC03690.jpg
徳島・阿波踊りに旋風を巻き起こす為に、

DSC03692.jpg
今、徳島を目指す !!


もちろん、狙うはただ一つ。
阿波踊り、祭りの中心になる事だ !!





いくぜっ !! センター !!



tbc

« »

09 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login