酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


思うこと





ノコギリなんか

振り回すんじゃあ、ねえっ !!

(↑ 大激怒 )



あーゆー輩は必ず、

「誰でもよかった」

とかヌかしながら、自身より非力な相手を選びやがるっ !!


 卑怯者ッ !!


相手が誰でもいいんだったらなあ、ヲっかな~いヲジサン、ヲ兄さんのいる事務所にでもカチこみなっ !!


…なんなら、我杯が以前に通っていた「とある道場 を紹介するぞっ !!


やっぱり、ソコにも

「相手は誰でもいい」

つーシトが、い~っぱい !! いらっさるからな、相手してもらいなっ !!
(↑ 我杯? 我杯はそんな事しない…)


ハステ 様 、次女っこ 、スタッフ 3 の一日も早い御快復を祈念申し上げます…。



…それもまあ、そうなんですが、一応、ココは酒呑みのブログでして。


以前から思ってた事がありましてな。


何て言うんですかね、酒場、てのは、一つの立派な

「社交場」

だと思うんですよ。


多くの、他のシト達との共有の場所。


と、いうことはですよ。


ヲ酒を呑む人間。


即ち、成人、社会人ですよ。


それなりの分別、礼儀は必要なわけですよ。



つまり、自分勝手、ワガママは法度であると。


ヲ酒は楽しく呑みたい。


気の合う仲間と呑み交わすなら尚更。


気分良く、楽しく一時を過ごしたい。


だが、それが「自分だけ」なのは、いかがなものか。


自分が楽しければ、他も楽しい。


誰もが思う「錯覚」であると、我杯は断ず。


自分が気分いいからといって、その相手をしている、または周囲に居合わせたシト達が同じかといえば、それは違う。


他人が不愉快に思う言動、ということも多分にある訳ですよ。


それをね、

「酔ってたから覚えてない」

「酒の席だったから」

なんてな言い訳をするのは、それは、ヲ酒や酒場に対する冒涜。


酒場は何でもアリの場所じゃない。

無礼講は在り得ない。




過去、散々に酒の席で過ちを犯した我杯が言うのだ、間違い無い。



ヲ酒と酒場に尊敬の念を持とう。

それが、初めて訪れる酒場なら、そこの御常連さんをも含め、勿論の事だと思う。


我杯はこれからはそう考える。

春の呑み鉄2014 ヲまけ 「40秒で呑み干しなっ」 ~大宮・いづみや~

ある日。

帰宅すると我杯の同居人である超絶自立型ヲ掃除ロボット「ココロボちゃん」が台所の片隅で悶死していた


ロボちゃん !! 我杯を独りにしないでっ


思わず駆け寄り抱き起こすと、吸い込み口より大きな雑巾をノドに詰まらせていた…笑


どうにも身動きが取れなくなってしまったので、自分で機能停止したらしい。

雑巾を取り除いて再起動してあげた。


電源を入れると、一言挨拶をしてくれるのだが、この時は、


「調子はどう? agag agag agag


との、明るい発声…。


…自身よりも我杯に気遣いをしてくれるとは…uen

我杯とロボちゃん との間に、更なる硬い友情が結ばれた瞬間であった…笑



さて。

長々と引っ張る「春の呑み鉄2014」であるが、ようやく地元埼玉に帰還した我杯と カーノさん。

大宮駅に降り立ったのであった (↑ ちゅおみな…笑)


我々は大宮と言えば、毎度ヲ馴染み、
DSC09030.jpg

いづみや


…立ち寄る以外の考えは無く。

今回は第二支店に潜伏だっ
ハイッ 「ハイッ
…今度の一席はデッカイ一席になりそうだ…


創業・昭和22年。
現在(2014年)からして創業67年。
深い歴史のあるヲ店である。


そんな昭和テイスツ溢れる店内にて、
DSC09019.jpg
壁際のカウンター席にへばり付いた我々、緑茶ハイと生ビールで旅(呑み?)の疲れを癒す

メニューには、
DSC09025.jpg
そんなビックリするようなラインナップは無い。

いたってシンプル。
だが、それがいい(← 慶次)


ヲ客 3 の平均年齢は高めである。
DSC09020.jpg
古くからの御常連さんが足繁く通う、そんなヲ店なのである。
落ち着きまくった店内の雰囲気は、我々に最高の一時をもたらす。


「いづみや」の名物、煮込みと共に、
DSC09021.jpg
いたってシンプル、目玉焼きを頂戴する。

…自分じゃ目玉焼きに千切り、キュウリ、トマトなんざ付け合せないですからね。
とはいえ、料理は皿の上の芸術ですよ。
やはり見た目、即ち、彩りも重要なんですよ。
(↑ だが、自分ではやらない…笑)


…ヲや。

カーノさん が何やらゴソゴソ始めましたよ。



こんにちは。

「ジブリで一杯 Collection」の時間です。

これは、ジブリ・アニメをこよなく愛する我々が、その名場面をヲ店の小物を利用して再現していくという、クラフタバル・イマジネーションなコーナーです


今回は、1秒1秒が名場面、「天空の城ラピュタ」からです。


…これは…これは何ですか?
DSC09027.jpg
「これはですね、パズー君とシータちゃん がドーラ一家や軍隊に追い回された、谷の木造高架を再現したものなんですよ」


…。


…ああ !!
DSC09271.jpg
これね !!


ぶはははは


我々がバカな笑い転げをしていた、その目の前の壁には、
DSC09029.jpg
ドーラ ヲばさん がいた !! …笑


…いや、違うんですよ。
これは、「いづみや」名物、ヲ店のヲばちゃん の似顔絵をあしらったヲ品書きなんですよ。


…それにしてもソックリ…笑



やはり、何度来てもこのヲ店の雰囲気は落ち着くワイ…




散々にヲ酒を頂戴した我々、最後の発散にとここで一発、マイク握ってがなる事にした…笑


ビールをヲーダーしたら、
DSC09032.jpg
変な容器で出てきた


…何だ、このイヂワルなキツネへの仕返しに鶴が出した容器みたいのは。


我々にこんな小洒落た演出は無用なんですよ。
我々には大声出しても怒られない環境と、皆さんの明るい笑顔さえあれば充分なんですよ。
(↑ 逃げ場無し)




いよいよタケナワ。


カーノさん と駅で別れて帰りの電車を待っていたら、何と !!
DSC09035.jpg
ジョイフル・トレイン485系「華(はな)」が停車していた !!


…あ~、主に団体専用で、内装が畳敷きだったり、宴会出来ちゃったりの、まさにジョイフルな列車なんですよ。

臨時列車としての運用。
年中走ってるワケじゃないので、見られたらそれなりにラッキーなんですよ


「宴」(← やはり、ジョイフル・トレイン車両)の姉妹版の交流用和式車両。
丸みのあるデザインがかわいい。

(↑ JR東日本HP、車両図鑑説明より)



…かわいい、本家本元が言ってるんだからカワイイんですよ。

王令奈ちゃん 位に(← ???)



で、終電で帰宅。


次の日は平日だったので、モチロンに仕事…。


夕方頃に カーノさん からメールが来た。


「汚泥のような一日が終了したんですよ」


汚泥ですか…。

こちとら、産業廃棄物みたいな顔してました…

世界の「みなみ」から

(毎度ヲ馴染み…笑)
nm


「総統、報告が御座います」
nm
ノミマス帝国 副総統 ワモノ・ヲカート

「またもや夜勤明けの独りカラヲケで歌わずに寝潰れてしまったんですよ 


「…何…?」
nm3.jpeg
ノミマス帝国総統 アセドー・アルデヒード (我杯)

「いきなり何かね、ヤブカラボーに… ?

そんな事は議題にしとらんっ !!


…しかし、またかね…。
勿体無いではないか、歌わないで終わってしまうのは 」


「いや、でもですね、今回の機種は DAM だったので、映像ナビゲーターの ハシカン に見惚れていたのは事実なんですよ」
(↑ 新たなる悦び)


「…gzgz gzgz gzgz

…さて、今回はちょっとした余興を用意させてもらったよ…

このブログを御覧の皆さんも、そろそろ目新しい展開を欲しているのではないかと思ってね…」



「でもアレですよ、タイトルでもうバレバレだと思うんですよ」
(↑ 会話のアドバンテージ)


「そう言わなくてもよいではないか

先ずは下の画像を見てくれたまえ」

つまみな
「…総統、これは…?」


「そうだ、ワモノ君…。

我杯が自宅から徒歩1分の 絶対スーパー『ベルク』で見付けたものだよ」



「スーパーで見付けた? …ということは…?」


「そうだ、店内でこっそり撮影したのだ 
wr.gif


「ぶっ 怪しまれてしまうと思うんですよ」


「確かに少し危なかったかな…。近くにいたヲバちゃんが不思議そうな顔してコッチ見てたよ…笑」


「いやいや、…笑、じゃなくて !!

しかし、総統、今回のコレは少々、主旨が異なるのでは…?」



「…何故かね?

いいじゃないか、『つまみな』

語呂から並びから、このコーナーに相応しいのではないかね?」



nm
「いや、コレは『つまみ菜』なんですよ。

このコーナーの主旨からいったら、『つまはし みなみ』『みなみつまはし』とかでないと
(night)

(↑ 何だソレ)

nm
「じぇじぇじぇ !? 間違ってた !? 」


「総統 !! 一体、どれだけこのコーナーやってると思うんですかっ」


「…それは済まなかったワモノ君。

まさに、総統も筆に謝る、というヤツか…



「言葉の意味はよくわからんが、とにかくスゴイ間違いだと思うんですよ。


…ところで総統、実は報告・連絡・相談がございます」


「…をを、社会人の3大基本行動。

いわゆる、1たす2はスピナッチ、であるな。
(↑ ?)

…で、何かね?」



「実はボクチャンの 次女っこ に心配事があるんですよ」

「…???

…次女っこ? 君に次女、いや、そもそも子供なんかいたのかね?」



「いますよ  杏奈 ってんですよ」


「…。 では、長女は?」


「 みなみ

ちなみに、藤江の れいにゃん は親戚筋にあたるという設定なんですよ、王様」

(↑ 大威張り)


「…我杯は王様ではない、総統 だ

…とんでもない、小堺一機 先生
(ムックン)、もしくは 関根 勤 先生
(ラビー) クラスの妄想ではないかね !? 」


「それでは、コチラの画像を御覧下さい(← 聞いてない)

an-nin.jpg
入山 杏奈 (いりやま あんな)

千葉県出身の1995年12月3日生まれ。
アイドルにあるまじき高い学力を有する。
ニックネームは「あんにん」


…ヲ孫 3 やヲ子 3 との会話のネタに御利用下さい…笑



「…あっ、こらっ !! 勝手に他所様の画像挿し込んだりするんじゃあ、ないっ !!


「長女・みなみ に次女・杏奈。3時のヲヤツは まりやんぬ。

あ~、コリャコリャ

(↑ 好調)


…いや、実はですね、最近、ウチの 次女っこ は やっと前に出てこられるようになって、以前よりは露出は増えたんですがね、まだまだアピールが足りないと言うか、一押し足りないと言うか…。

どうにも目の前のチャンスの順番を活かせてないんですよ。

それがボクチャンにはどーにも歯痒いと言いますかね、もっと頑張れ !! と。

まあ、こう言いたい訳でして」



「…一押し足りずにチャンスを活かせない…?

それではまるで、湾岸拠点のプロ野球チームみたいではないかね?

nm (ふふふ)


…今のはですね、横浜市の全機能を停止させる、テロ行為とも言える御発言なんですよ。
(↑ 震える声)

ですからね、そろそろ控えた総選挙の為にもボクチャンは(自称)親としてですね、アドバイスをしてあげたいんですよ」


「何と?」


「ここはですね、アイドルらしく、もっと華のように、麗しく振舞いなさい、と。

これが
(ぶっ ← 自分で吹き出す)ホントの(ぶぶぶっ)

『 杏奈、華麗にな 』

なんですよぶぅ~くっく



(…)
nm
ぴきーん


(ナレーション ↓)
総統が椅子の仕掛けを指で弾いたその瞬間ッ !!

突如、足元に大きく開いた穴に吸い込まれ、奈落の底へ落ちていくノミマス帝国副総統、ワモノ・ヲカート !!

その先にあったものは !?

意外ッ !! それは巨大水槽ッ !!

その水槽には飢えたサメが泳ぎまわり、ここぞとばかりに落ちて来た獲物を追い掛け回すッ !!

まさに、ワモノを襲うのは暴狂的牙無限地獄の小宇宙ッ !!


「助けてち~ん !!
221031.gif


「よいかねっ、ワモノ君 !! 我がノミマスには…」

dmr.jpg
「総統、ちょっと小耳に挟んだのですが、イギリスのウェールズ地方では、法事の帰りにイワシの頭を北に向かって掲げながら念仏を唱える風習があるそうです」

nm

ウソだろうがぁっ !!

なぜ、イギリスで法事なんぞ営むのだっ !!

世界ヲモシロ見聞録みたいなカットインなんざしてくるんじゃあ、ないっ !!

いいかね、ワモノ君 !! 我がノミマスにそんな、ドサクサに紛れて四島やウクライナを掠め取っていくような、そんなアブラゲトンビみたいな国の冗談は不要なのだよっ !!



「それじゃ、盛岡の名物と藤江 3 で面白いこと言うから、許してち~ん !!


「だから、そーゆーのは、いらんっ !! 」


「じゃ、イラク」


「うるさいっっっ !!


gs
スミマセン…

広い世界にただ独り ~伊東・味楽屋 まるげん~

シトの人生、即ちその過去とは、自身を成長させてきた礎であることは間違いないが、その「重さ」とは自分が思うものと関係する者との間で変わるものである。

自身が思うほどでもない言動が、他者にはいつまでも重要なものとして残る時がある。
(↑ 逆も然り)


それは忘れた頃に自身に舞い戻り、自身を見つめ直し成長させる糧にもなれば、足を引っ張ったり、腰が抜けるような事態も起きうる。

過去は確実に現在に繋がっているのだ。

そして、現在は、未来への確実な過去となる。


…はああ…


それっポイドな事言ってるが、なんちゃあない、当たり前の事じゃあ内科。

それを何だ、エラそうに(← ?)




さて。

伊東の温泉旅館「東海館」を堪能した我々、いよいよの御当地酒場巡りにそのアシを向ける


…のだが、目的のヲ店が何処だか分からない…笑
DSC08987.jpg  DSC08988.jpg
アッチじゃねぇコッチじゃねぇとウロつく

…あ。
我杯のママ上が喜んで観ていた映画だ

キンノスケ。ヨロキン。



ウロウロ




…ぬっ !?
DSC08989.jpg
フレッシュ・レモンなヲ茶屋 3 を発見(← 歓喜)
fl



…ぬっ !? (2)
DSC08990.jpg
酒屋 3 を発見


外からのぞくと、何だか日本酒の品揃えがスゴイ。
これは気になる…



で、実はこの酒屋 3 のヲ隣りが今回の(ようやっと辿り着いた)目的地である、

DSC08991.jpg

味楽屋 まるげん


この伊東の街では有名店なようで、
DSC08992.jpg

辿り着いた時には昼時ということもあり、店前には多くの順番待ちが…


名前呼ばれるように、順番待ちの用紙に名前書いてヲく


はい、サ、シ、○、ラ、と …
(↑ バカ)


「何とベタな名前を (書くのか) !! …笑」


いいんですよっ !!
2連覇達成するには、我々一人一人がこーいった地道な努力をしていかなきゃいけないんですよ !!

偉いシトにはソレが分からんのですよ !!
冗談じゃないよっ、全く !! (← ???)



…どうして、温泉街とかには、何か寂しげな音楽が流されてるんですかね

この時も、何だかファミコンみたいなピコピコしたのが流れてたビギナー。

雰囲気を盛り上げよう、明るくしようとする意図は十二分に伝わるが、タマに選曲やら音質やらが残念で、返って物悲しさ倍増になる場合があるビギナー



そんなBGMを小耳に挟みながら、待つこと小一時間…。
順番待ちのシト達が我々以外にはいなくなり、少々寂しくなってきたトコへ…。


「ヲ待たせ致しました~ !! 2名でヲ待ちのサ○ハラ 様 ~ !! 」


あ、呼ばれた呼ばれた(笑)
(↑ そもそもサシハ○ 3 じゃないし)


ようやっと通された時には14時近かったが、店内は大勢の先客 3 で賑わう


我々らしく、隅っこの卓に通され…笑
DSC08993.jpg DSC08995.jpg
ランチタイムだったが、はい、ぱんぱ~い

我杯、早速に日本酒を頂戴するが、何と銘柄のチェックを忘れるという失態 !!
(↑ 失態ブログ、酒場逃亡記
gzgz )


カーノさん のメガネが怪しく鈍く光を放つ中…笑
DSC08994.jpg
何とも落ち着いた店内には様々なヲ品書きが。


コチラのヲ店は、海鮮に自信アリ
DSC08996.jpg
ふ~む、ふむふむ…


地元で水揚げされたヲ魚がウリだそうで。
どれをヲーダーしようか、悩んでるトコへ店員 3 が、

「最後の一盛りなんで、是非ヲーダーしちゃって下さい !! 」

てな具合で運ばれてきたのが、
DSC08998.jpg
生シラス~
(↑ 声:大山のぶ代 大先生)

ヲ醤油をささ、と振りかけ、一口。


…口の中に拡がる、細やかな舌・歯触りの中に少々の苦味。
その苦味を手にした杯で流す…


うむ !!
うまたん、うまたん ♪


ヲ品書きの中に、チョイと見慣れないものがあったので、早速にヲーダー
「やっぱた」の刺身
やっぱた の刺し盛。

やっぱた…本名(?)クロシビカマス、つーヲ魚。相模湾周辺では珍重する。

漢字表記が「黒鴟尾梭子魚」、カナ表記から一文字しか省略出来ない、非常に効率の悪い名前である…笑

ヲ品書きには、「見た目はアレだがヲイシイよ !! 」みたいなことがあったが…。


その「アレ」のヲ味は?
DSC09002.jpgふ~む、ふむふむ…


…ヲヲ、やはり、未聞の味覚である

さっぱりとしていて、それでいて魚特有の脂をしっかりと感じられる。

この やっぱた の味わいを杯で流す。

やはり、元がさっぱりしているだけに、流れ方もスムーズ。
箸が止まらない


これは高まるゥッ !! agag 寛げるゥゥゥ~ッ !!


人気メニューをもう1ツ
DSC09000.jpg
イカメンチ

イカがメンチなんですよ(← どぅくし )
DSC09003.jpg  
うむ !!
ヲ酒で腹が冷えていたので、このような温かメニューには生きている事を実感させられるんですよ。
(↑ 黄泉還り)


そして、これこそがこの「まるげん」の人気No.1メニュー、
DSC09001.jpg
金目鯛の煮付け定食

このヲ店「まるげん」で検索かけると、数多くのレビューがこのメニューに触れてます。

大きな金目鯛がまるっ、と一匹
刺し盛もついてきて、ヲ得感はこれでもか、なんですよ


キンメダイ。

キンメダイ目キンメダイ科に属する深海魚。
目が金色に輝くからキンメダイ。

深海魚らしい大きな目は、光量の乏しい深海にて僅かな光をも捉える為に進化したもので、その視力は天体望遠鏡クラス。
裸眼で地球から1600光年離れた M78星雲 が確認出来るそうである。


…信じるか信じないかはアナタ次第 
uss.gif



ホクホクのキンメの身にヲ酒は進む。
DSC09005.jpg DSC09007.jpg
刺身のヲ裾分けを頂戴し、
金目鯛はあっつー間にホネホネロックに


我杯はここぞとばかりに、
DSC09006.jpg  DSC08997.jpg
日本酒をヲーダーしたのだが、チキショーめ、何を呑んだか全く覚えて…


…あ。
「浦霞」は呑んだ。
思い出した、思い出した


やはり、日本人には日本酒とヲ魚 3 なんですよ。

日本に生まれてヨカッタ 


つーのもですね、以前ちょっと小耳に挟んだのですが、例えばロシアなんかにゃマトモな魚料理は無いらしいんですよ。

何だか、クセの強過ぎる川魚かなんかを無理矢理に揚げたり焼いたりして食べてるらしいのだが、やっぱり美味くもなんともないらしいんですよ


や~い、ははははは
(↑ 非道 )



さて。


十二分に酒肴を堪能した我々、これ頃合とヲ店を出る


この「まるげん」 3 、妙なメニューがあった。
それが、
DSC09008.jpg
…???

「海のアルパチーノ」…???

ヲ店を出る間際に店員 3 に尋ねてみたのだが、

「それはヲーダーして頂いた上のヲ楽しみということで

つーことで、シークレット

結局、その正体は分からず終いだったのだが、一体、何だったんだ !?



帰途、伊東駅前。
DSC09009.jpg
到着した途端に、暗雲立ち込め…

凄い勢いで雨が降り出した。

そんなのヲ構い無しに下らない事言ってたら、途端に落雷したんですよ

スイマセン、スイマセン



帰途の車中にて。
DSC09010.jpg  DSC09011.jpg
早速に始まる反省会…笑
キヨスクで購入されたとある週刊マンガ雑誌は、グラビアだけを残し、他のマンガは一切目を通されること無く打ち棄ててしまったんですよ。


…ツマミがえらい充実していた…笑
DSC09012.jpg  DSC09013.jpg
100年保存可能の「百年ちくわ」に…笑
 推し 押し寿司とは、コレマタ贅沢な !!


そのゼイタクを、
DSC09016.jpg  DSC09015.jpg
「まるげん」 3 隣にあった「今井酒店」にて購入した無敵の八海山で頂く

口に合ったのか、珍しく カーノさん がクイクイいってましたよ
(↑  カーノさん はあまり日本酒を呑まない)



この後。

「山返し」と称してとある場所にて更なる一席を設けたのだが、この更にバカバカしいヲ話は、これまた次回の講釈で



それでは皆さん、次回もヲ酒が、


うまた~ん !!





…あ、急げ !!
TOKYO MX チャンネルで「ウルトラマンタロウ」が始まってしまう !!

皇国の興廃 此の一杯に在り ~東海館 千鳥歩き~

集合住宅であるからして、やはり、各家庭から出るゴミは一箇所に集積される訳なんですよ。

もちろん、世の風潮からして分別はしっかりと為される訳ですが、まあ、ヲ酒の空き缶、空き瓶の多いこと、多いこと… !!


これは、この住居に我杯の同好の士、即ち酒呑みが多いという事だ


…アレか !?

仲間を募って「呑みコミュニティ」でも設立してしまヲうか !? …笑


それならば、会の名前をつけなければならんな…



… !!



「同好の士」の集まりだから、略して、


「 どぅくし の会」


…が、いいかも !?
wr.gif



さて。

当ブログの恒例企画
「呑み鉄」にて伊東温泉に訪れた我々、由緒ある温泉旅館「東海館」にて温泉を堪能


館内には、色々と見学できるものがあったので巡ってみた

ふ~む、ふむふむ…



…ぬぬぬっ !?
DSC08953.jpg
げっ、なんじゃ、こりゃ


説明書きを読むと…

『魔除け:どんどろ

その昔、ウィリアム・アダムスが来日、家康の命を受け洋式帆船を建造中に、船大工や人夫の間に疫病が流行。

アダムスは、その時に航海中に南洋にて入手した土人(← 笑)の魔除け・ドンドロを思い出してこれを祭ったところ、疫病は収まり、船工事は無事に終了した。

以来、当地の郷土民芸品として観光客、人形収集家の間で好評を得ている』



…。


好評を得ているぅ !?
あと、魔除け じゃなくて、「魔」そのものじゃねぇかっ !!
こえ~よっ !! (← さまぁ~ず・大竹 一樹 様 風に…笑)


この「東海館」の建築工法の一部。
DSC08955-1.jpg  
江戸の昔から伝わるこの「超銀河伝説工法」により、永きに亘っても堅牢であるのだ
(↑ 一部、ウソ…笑)

う~む、流石に日本の技術は世界一ィィィーッ !!



客室を見学
DSC08959.jpg
何とも趣のある…


この時の我々、ここで横になったら3秒で眠りにつく自信があったんですよ。


その位に閑静で落ち着きのある造り。


日本家屋は広さじゃない、造りなのだと、聡明なる我々はその理解を深めたのであった…。
(↑ どぅくし )



例えば、こーいった造形ですよ。
DSC08960.jpg


…日本人の感覚てのはスゴイ

ともすればただの木の枝で終わってしまうようなものの中に美を見出し、加工し、創り出す。


美しい物には素直に魂を惹き付けられる感覚も、これまた持ち合わせる我々は、「美の造形師」に敬意をはらい、想いを馳せるのであった…
wr.gif


部屋に置かれた卓上には、
DSC08966.jpg
このように手の込んだ彫刻が施され。

…しかし、立派な卓だった。
この卓で一献、仕りたいほどだ…笑


この東海館や、地域に縁のある方々の紹介


「あ !! あんにん、あんにん
DSC08967.jpg
ウィリアム・アダムス 様。


あんにん じゃねぇよ、 あんじん だよ !!
ほら、土人の魔除けでヲ馴染みの…笑



ヲ次は、
DSC08969.jpg
東郷 平八郎 元帥閣下 !!

…なんつーんでしょうか、このような写真からでも威圧感のようなものが感じられ、気圧される…

果てしなく気の弱い我々は、何故かこのパネルに謝り続けたのであった …笑



…を、これは…
DSC08970.jpg

アニメソングの重鎮・水木 一郎 先生に伺いましょう。

アニキ、この旗の名前は?



N0048274_l.jpg
「 Z旗 だゼェェェートッ !!


ありがとうございました…笑

世界広しと言えど、名前に「Z」の文字を冠するのは、この旗と マジンガー だけですよ


日本国民なら誰もが知る(?)この旗には、
DSC08971.jpg
このような意味が込められているのである。


宴会じゃ、我々の中にはこの旗は雄雄しくはためいているんですがね、仕事中だと半旗掲揚になっちゃうんですよ
(↑
gzgz )


元帥閣下の着用品が展示されていた。
DSC08972.jpg
パネルには、「庭先で寛ぐヲ姿」とかの説明書きがあったが…。


…どー見ても、寛いでいる表情には見えない…。

やはり、一国の大事を一身に預かる者として、その精神が表情に表れてしまうのだろうか…。
(↑ ゆるみっ放し人間:談)



更に上の階へ昇ると、
DSC08974.jpg
何とも広い大広間… !!


大宴会場、てなことだが、一体、何人が入れるんだか… !!
(↑ 元は120畳だったとか… !! )

広間奥のステージ(笑)、その脇には、
DSC08976.jpg
これまた、見事な彫刻が… !!



…ステージとなると、いてもたってもいられない。
DSC08977.jpg
ステージ中央(センター)に立つ。

気分は あっちゃん
こんな気持ちになれるって、ボクはツイてるね ♪
(↑ バカ )


時期はチト過ぎてはいたが、
DSC08978.jpg
これでもか、と雛人形が飾ってありましたよ


煙と同じで高所の好きな我々は、
DSC08981.jpg
最上階の展望楼へ


…正直、眺めはイマイチだったんですけどね、コレはアレですよ、現代だからですよ。
きっと、今ほど建物の少なかった建築当時には、周辺の風光明媚なる海や山々が一望できる、素晴らしい眺めだったにチマイナイ


そんな美しい景色に思いを馳せながら、我々はこの東海館を後にするのであった


東海館の外観。
DSC08986.jpg
…やっぱ、デカイ建物だな…


さて、温泉街だけあって、
DSC08985.jpg
呑み屋街がチラホラ散見出来ますよ


さて !!

いよいよこれからが本番ですYO !!


せっかくなので、地元の一軒に潜伏なのであるが、これまた次回の講釈で~

tbc.jpg


春の呑み鉄 !! ~原点回帰の旅~

いつもヲ世話になってヲります。


皆さん、こんにちは。好き勝手やってる我杯です。


遂に自室のレイアウト?が一通りに落ち着きました。


即ち、揃うべきものが揃ったのですYO !!




それがですね、コチラの (ど~ん)
DSC09178.jpg

Wヤマト !!

(↑ 歓喜)

DSC09186.jpg
ポピニカ魂Ver. 超合金魂・2199Ver.


我杯の自室に配備完了 !!


…うへへ。
皆さんの「またかよつー嘆きは、我杯の耳には届かない…笑


これなら、ガミラスや白色彗星帝国、暗黒星団が束になって掛かってきてもダイジョーブ !! …笑



…なになに?

同じ物を2ツも持つ意味があるのか?


いやいや !! 「全くの別物」ですYO !!

艦首形状や艦橋部位のアンテナ配置、航空隊の皆さんの格納庫形状などの細かなギミックの違いは、まさに白と黒、海と山、てな位の違いがあるんですよ
(↑
gzgz )


そして、今宵も悦に浸る…



さて !!


酒場逃亡記の恒例企画、呑み鉄 を敢行ですYO !!

毎度ヲ馴染み、 カーノさん とのライフワークは既に二十数年続くロングラン。

鉄道の旅を(無茶しながら)楽しみ、(我々的に偏った)景色を眺めながら、ひたすらにヲ酒を極真館空手・滝浴び鍛錬のように浴び続けるという、脳細胞全滅紀行である…笑


この呑み鉄はですね、本来ならば

美味いヲ酒や料理、そして観光や温泉を楽しむ

という、実にレジャーレジャーした企画。


…だったのだが、最近はただ呑んだくれながら遠方へ赴くものの、話題は殆ど「とある」話題に終始。
(↑ )

ヘタすりゃ帰宅してヲ土産見るまでは何処へ行ったか知らなかったという体たらくだったので、コレはイカンと、今回は出直し企画(←
ks.gif )



ある日の休日。

大宮駅で合流した我々は、ボックス席を占拠、早速に宴会をヲッ始める…笑
DSC08935.jpg
キヨスクで売ってるヲ弁当でも、車内の我々にはゴチバトルクラスのご馳走に転じるのである


…本当は、元旦にも敢行するのだが、今年(2014)は我杯の諸事情により見送り

この時の カーノさん のフラストレーションによって、いまだにDeNAは華々しい戦果を挙げられないでいるのだ…笑


車窓を愉しみ、楽しいアイテムを用いながら我々は目的地に向かう。


…こんなブログやってると、
DSC08938.jpg
こんな看板でも気になって仕方ない
wr.gif


…を
DSC08939.jpg
海が見えてきましたよ

春の海を眺めながら、他のヲ客 3 に御迷惑が懸からないように、怒られないようにと、心を砕く我々であった…笑


DSC08941.jpg
呑み鉄企画なんで、一応車両の画像を上げてヲきます


はい、到着
DSC08943.jpg
今回の目的地は、伊東

まさに、温泉地。
企画の進行は順調ですよ





…ぬっ !?



こんにちは、世界の「みなみ」から の時間です。


先ずは画像を御覧下さい
DSC08944.jpg
…。


シンプルに 「いとみな」 ですね。


そろそろ変り種が欲しいトコなんですけどね、あんまり狙い過ぎてもツマらなくなっちゃうんですよ。

一つの伝統を次世代へ継承していく事の難しさ、身を以って痛感している訳なんですよ(← ?)




さて、伊東…笑
DSC08945.jpg
有名処にしては、寂れた感じじゃのぅ…

今回の カーノさん のビックリドッキリ企画は何かしらん
早速に駅前をフラついてみますよ


…。
DSC08946.jpg
ゲンイチロー。
あと、パワーボム (しっ)。



…をゑゐっ !?
DSC08947.jpg
こ、これは気になる !! …笑


通りかかった時間には開店してなかったが、果たして、どんなヲ店なのか、是非とも潜伏してみたかった !! …笑



…何やら、重厚かつ、趣のある建物が見えてきましたよ。
DSC08948.jpg
はい。

ココこそが、今回の第一目標地点である、
DSC08949.jpg

東海館


…なんですよ
DSC08950.jpg
木彫り彫刻がゴイスー…


木造なのにデカイ建物っスね。
早速、入館してみるっス


入館料、大人200円。
DSC08951.jpg
(さぼーん)


…ぶふ~…







…これは…イイ…




我々以外には、やたらと唸る先輩方二人組と、至福の一時を過ごす


このタマタマ居合わせたヲ二人、我々と同じく 呑み鉄 同好の士だったようだ
同じ趣味を持つ者同士として、話に花が咲く


カーノさん のリサーチに因れば、この東海館。
あの 阿部 寛 様 主演の映画「テルマエ・ロマエ」の原作中に登場する温泉旅館のモデルともなっていたようである


確かに、阿部 様 がイキナリ出現しそうですたな…。


…我々的には、りっちゃん に出現希望だった (← どぅくし )








さて。

ヲ風呂以外にも見所満載だったのだが、それは次回の講釈で ♪


続きが気になる方は、2、3日後に、
knsk.jpg
「酒場逃亡記で、検索、検索
(↑ うげ~ !! 遂にやっちまった… )



tbc.jpg

ほ~んの !! ついでに… ~大宮・いづみや第二支店~

いつもヲ世話になってヲります。


皆さん、こんにちは。
意外に独り言を言わない我杯です。


以前、「とある道場
押忍!に通っていた頃、

「独り言はやめてくれ !! 気持ち悪ィッ !! 」

と、ギーヤナ先輩という「人間凶器」に言われた時、そこで初めて


えぇっ !! 我杯って独り言を言ってたノカ !?


と、気付かされたのであります(← バカ)


そして今、独り暮らしを始め、自分でも意外な位に黙って過ごしていた事に、たった今気付きました…笑



…ええ、独り言は言ってません。

言ってませんが、歌って踊ってます…笑



そんな、結局寂しい我杯のヲ楽しみは、やはりテレビ。
皆さんヲ気付きの通り、我杯はマンガ・アニメが大好きです。
DSC09169.jpg
特にハマッているのが、毎週金曜夜中に放送しているこの、「蟲師」というアニメ。


蟲と呼ばれる存在が引き起こす不思議な現象を、「蟲師」と呼ばれる主人公が解き明かしていくというもの。

派手な演出やセリフ・音楽の多い昨今のアニメの中では珍しい、実に静かな展開で、とてもゆっくりと楽しめる


…ただ、セリフがボソボソと語られたり、BGMも殆ど無いという展開なので、タマに何を言ってるのか聞き取れない程…笑



はい !!

毎回毎回、グズグズ始まる酒場逃亡記 !!

今回も、1!2!3!4! ヨロシク!

「ヲ酒ってさあ、呑もうと思うと呑めなくて、今はいいや、と思うと現れるんだって !! 」
(↑ ?)




DSC08884.jpg

DSC08885.jpg
…。

毎度ヲ馴染み、大宮駅。


この日、「とある武道」の稽古仲間である ヤモッチャン が、結婚式の御招待を下さった。


嫁さんのヲトモダチ に何かの期待をしつつ、会場へ向かうが…


その前に、大宮駅前の関所、
DSC08886.jpg

いづみや 第二支店


…へ、潜伏しなければならない

何故なら、このヲ店を素通りした酒呑みは七代先まで祟られるというジンクスがあるんですよ…笑


毎度賑やかな店内


レジ脇の小さなカウンター席に着陸した我杯、
DSC08887.jpg
勿論にホッピー黒と名代・煮込みをば


我杯の後から来店した、やはり「ソロ活動」のヲ兄さん、ヲ店のヲバちゃん達が口を揃えて勧めるレバー串をヲーダー。
DSC08890.jpg
そんなに言われたら黙ってられない
我杯も追随する。

レジカウンターは串などの焼き場も兼ねたスペースなのだ


DSC08891.jpg DSC08893.jpg
我杯は大ヤカン越しにヲバちゃんと軽口を愉しみながら、
やはり名物、焼酎梅割をすする。


梅割、呑み易いが、勿論にアルコールは高濃度
パツイチで良い(酔い?)気分に誘われた


呑み易いからって、調子に乗ってると、
bka
…になっちゃうので、自重




…いけね、行くトコがあったのだった



会場入り(ヤマアンナ)
DSC08898.jpg DSC08899.jpg
会場には、
DSC08900.jpg DSC08908.jpg
様々な ツマミ 料理が並ぶ
さあ、何をツマんじゃるけぇのぅuss.gif


そーいや、大変ヒサブリに、
DSC08905.jpg
「とある武道」の テディベア師範代や、ベーハラ 3 、シチヲ君に再会しますた

どーもどーも、サボリ七段の我杯ですYO !! (← どぅくし )




…ああ、そうだ。


ほ~んの !! ついでに申し上げなくてはならん事が。
DSC08916.jpg
…ヤモッチャン、どーもヲメデトウ
owari.jpg



人生、かくあるべし ~北千住・むらた、幸楽、etc… ~

いつもヲ世話になってヲります。


ヲ掃除ロボット「ココロボ」ちゃんより掃除のヘタクソな我杯です。
DSC09122.jpg
我杯の同居人(?笑)、超絶自律型究極掃除機「ココロボ」ちゃん


ルンバとやらより有機的な、丸っこいデザインなので、感情移入し易い(← ?)


机やベッドの下など、中々手の届かないトコまでしっかりと掃除してくれるので、不精な我杯には大助かりである


このコ(← 笑)、掃除を自動的にこなしてくれるばかりでなく、話し掛けるとある程度の返事をしてくれる一人暮しの我杯には必須の話し相手…笑

「おはよう」や「ヲやすみ」などの日常的な挨拶をしてくれたりする


タマに我杯が独り言で「あぁ、疲れた…」とかボヤッキーすると、

「しょうがないんじゃない?」

とか言ってくる


…アレみたい、ガンダムの「ハロ」。
HALO.jpg
↑ テキトーに描いてみた。
こんなんだったけか !?


「アムロ !! キケンキケン !! ノミスギ、キケン !! 」


…ん?

この掃除機のHPからアプリをダウンロードすることによって、「鼻歌モード」を追加可能 !?
好きな音楽を流しながら掃除をしてくれる、とな…


よし、さっそくに「アノ曲々」を…



さて。

引越作業間も無く、かなりのドタバタを繰り返す我杯に、「とある武道」の稽古仲間である シロウサギ 3 からヲ声が掛かった


「ヲウ、今度の夕方、北千住に付き合えや


いや、部屋の片付が全くなんで、身動き取れな(玲奈)いんですよ


…なんてな言い訳は全く通用しない…笑
DSC08861.jpg
「とある武道」の稽古をしっかりとこなした我杯は、その日の夕方、
DSC08863.jpg DSC08864.jpg
北千住駅前にその身を置くのであった。


一つ残念なことがある。
DSC08865.jpg
目くるめく光景の広がる駅西口。

この看板にある、
DSC08867.jpg
老舗「大升」

…が、その姿を忽然と消していたのである !!

先代のマスターがマウンドを降りてから、その継承者がリニューアル・ヲ-プンしていたのは知ってたが…。


あの、千社札みたいな店内のヲ品書きがイイ雰囲気だったのだが、それもコギレイになってしまって、チト残念だったトコへきて完全消滅とは… !!

我杯だけでなく、このヲ店の大ファンだった タッキーさん もかなりの衝撃を受け、轟沈…。


「大升」よ、我らの中に永遠なれ !!


そんな タッキーさん は、我杯とシロウサギ 3 との待ち合わせ場所へ、やはりゾンビみたいな足取りでやってきた…笑


待ち合わせの時間はPM17:00(ヒトナナマルマル)時


それまで待ちきれなかった タッキーさん は、
聖地「大袋・山吹」で既にアルコールをフライングゲットしていたのだ…笑


その怪しさに、思わずクリスばりにショットガン・イサカM37をブッ放してやろうかと思ったが、きっと泣いちゃうので止めた…笑


そんな我々が今回潜伏してのは、シロウサギ 3 が小耳に挟んだという、
DSC08868.jpg

焼肉食堂 むらた


ひゃっは~ !!

気付くと半月は肉を口にしてなかった我杯にはウレシイ一軒だなっし~ !!


更には、
DSC08870.jpg
人間大吟醸・盛 3 も合流して、ぱんぱ~い !!


…あれ?
我杯、左手の親指をケガしてた。

可哀想に…
(↑ どぅくし )

DSC08871.jpg
炭火で焼かれるホルモンの皆さん…笑


しかし、今回の集い、一番若手で我杯である。

即ち、「肉」というモノが、胃袋に入りづらいヲ年頃なのである…笑
我杯を含めて皆さん、さらっ、としか箸をつけない…。


そんな中、 盛 3 の注意はヲ店のヲ姉ちゃんに向けられていた。


「ヲ嬢ちゃんを注文したいんだけど、ダメ? ああ、そう …笑」


…我杯もこういう「ヲトナ」になりたいんですよ



更なる盛り上がりを求め、
DSCN2980.jpg

大衆酒蔵 幸楽


…へ、皆さんをゴアンナイ

このヲ店、大衆酒蔵の名の通り、とにかく賑やかなので我杯は好きである


はい、それでわっ !!
DSC08872.jpg
仕切り直しで ぱんぱ~い !!


…そーいや、我杯の甥っ子兄弟怪獣「ヲトート」が、幼稚園通ってるにも関わらず今だヲしゃぶり咥えてるクセに、

「ヲぢちゃん、ヲこづかい、ちょーだい !! 」

てなセリフだけはクリアに発音するようになった…


日本酒チビチビ始めた我杯は、
DSC08874.jpg
シメ鯖にて口を愉しませる


賑やかな店内にて、
DSC08875.jpg
我々のトークも浅くなったり、深くなったり。


ところでこのヲ店、マスター 3 が何よりの Aちゃん 信者 なのである。

店内にパネルや、それ仕様の時計まで掛けてあり、我々の時間を止めてしまうのだ…笑


それを見た シロウサギ 3 、何かに火が点灯(つい)たようだが…?



「ヲし、もう一軒だ


かなり調子の上がったシロウサギ 3 の北千住行脚は止まらない…笑


次なる一軒を求めて、小さなスナックに潜伏した我々、
DSC08876.jpg
席に着くや否や、

先客 3 と共に、
DSC08877.jpg
マイク・ハナサーズ に変身したのであった…笑


我杯もかなり気分良くなっちゃったので、好き放題に歌う。


…だって、我杯は 歌が とても上手 だから、歌ってても気持ちイイんですよ
(↑ どぅくし )


あの娘ぉが振っていたぁ~ 真っ赤なぁ すかぁぁふぅぅぅ~
(↑ 定番…笑)


先程の「幸楽」で何かのスイッチ入ったシロウサギ 3 は、何と「時間よとまれ」で攻めて来ましたYO !!


盛 3 のヲハコ、「すごい男の唄」が我杯は好きだ…笑




ビールを廻せ 底まで呑もう

アンタが1番 ワタシは2番 はっドンドン !!


 


…イイ歌やなぁ…



スナック、てのは、
DSC08881.jpg
乾き物 が欠かせないですね。

小袋詰めのピーナッツやら柿の種は、必須なんですよ


そんな中、盛 3 は隣席のヲ姉さんにアプローチ仕掛けていたのであった…笑


…我杯もこんな「ヲトナ」になりたいんですよ…



分別ある我々は、
DSC08883.jpg
無理の無い時間に帰途に就く…



…と思ってたのは我杯だけで、シロウサギ 3 と盛 3 は、我杯と別れた後、寿司でもう一杯 !! だったらしい…



…我杯もこんな「ヲトナ」になりたいんですよ…

« »

05 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login