酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


Escape of the year 2014

いつもヲ世話になってヲります。


このブログを(飽きずに)御覧の皆さん、今年もありがとうございますた


もう間も無くです。

もう間も無く !! 紅白で皆さんが(略)



さて !!

毎年、その1年に特に印象深かったヲ店や酒肴を振り返る、いわば、酒逃的リフレイン !!


Escape

of

the
year 2014


…のヲ時間がやってまいりました !!




好きすぎて 好きすぎて 好きすぎて

もう僕は ヲ酒以外 見えてない !!





…今までは、ヲ酒やヲ店に無理矢理順番付けてたんですけど、今年はどーゆー訳か、呑むヲ酒、食べる料理、潜伏するヲ店にハズレが全く無くて、甲乙点け難い…


なので、過去記事読み返しながら、テケトーに紹介してきま~す。



先ずこの1年。


1番通ったヲ店が、
DSCN2375.jpg

大衆酒蔵 いこい

…ですな。

ほぼ毎週日曜、「とある武道」の稽古後には必ずなので、タマに顔を出さないと、ヲ店のヲバチャンが我杯の心配をしてしまう。

逆に、行かないと我杯の体調も悪くなってくる…笑


…あ。
あとですね、池袋の、
DSC09130.jpg

まるさん


コチラのヲ店の雰囲気は良かったなぁ~

池袋という喧騒の中に、ひっそりと佇む小さな一軒。

旬の刺身も美味しかったし、年が明けて早々に我が友人が池袋で結婚式を挙げ(やが)るから、それに合わせて再訪だッ !!

…つか、式はついでだ…笑


あ~ !!

あと、アレですよ !!

曳舟駅から1分の聖地、
DSC09265.jpg

居酒屋 むさし


コチラのヲ店、悪逆非道の『アベ一味』による大増税で苦しみに悶える我々の為に、実にリーズナブルな値段で酒肴を提供してくれる。

DSC09243.jpg
ほら。

しかも、安いからって量が少ないとかじゃない。
むしろ、他店より遥かに量は多かった !!

DSC09248.jpg
このポテサラ、美味しかったなぁ~

あとこの、
DSC09256.jpg
龍の巣級の盛り、キス天。

一人じゃ食べき玲奈い



…あんなに安価でやっていけてるのかしら…?

ヲ店、まだあるのかな?

少し心配…



ヲうヲう !!

アソコだ !!
「酒場の風来坊」、毎度ヲ馴染み KTJM兄さん に紹介してもらった、
DSC09352.jpg

おとんば (北千住)


コチラで頂戴した、
DSC09365.jpg
炙りハラミ

…は、我杯的2014年 MVP !!

ヲメデトウ !!

賞品は何もありません…笑


…MVPで思い出した。

もう既に『今年1番 !!』と賞賛した一軒があったのだよ、ワモノ君(← ?)


埼玉県・春日部の、
DSC09485.jpg

大衆割烹 やまよし


大衆…なんて掲げてましたけどね、落ち着いた、それでいて和める一軒。

供されるヲ酒や料理も、
DSC09497.jpg DSC09499.jpg

DSC09500.jpg DSC09496.jpg

まっこと、ヲいしゅうござった !!

年内、再訪を期していたのだが、叶わなかった…



…そーいや、会津に表敬逃亡したんだっけなぁ。

帰途、一口呑んだ直後に磐越西線の脱線クラスの横揺れによって車内床にブチまけられることとなった、悲劇の一杯、
DSC00045.jpg
Dr.野口カップ…

…まあ、道中、シコタマだったけど…。



最後の最後でイイ店を見付けてしまったな。
DSC01127_20141229105834683.jpg

大宮の たちのみ いしまる


我杯の大好きな日本酒の品揃えが豊富 !!
DSC00977_2014122222131689d.jpg
まだ2回しか潜伏してないから、まだまだ全容は見えてヲらヌが、なに、これからジックリと研究させてもらますぁ !!





まだあるよ…笑


ヲ蔭様でこの春に引っ越してから好き勝手ヤラしてもらってた訳ですが、何たって「自宅呑み」の機会急増 !!


…まあ、自炊せねばナランのだし、外で呑むよりは安価。


それにしても、随分と取り寄せてたモンだ

…どんだけ呑んだんだろう…

引っ越してからの軌跡を振り返る。


DSC09156.jpgDSC09207.jpgDSC09212.jpgDSC09312.jpgDSC09194.jpgDSC09513.jpgDSC09791.jpgDSC09799.jpgDSC09772.jpgDSC09873.jpg<br />DSC09878.jpgDSC00596.jpgDSC00230.jpg

DSC00240_20141029213830ae5.jpgDSC00402_20141124124012c93.jpgDSC00420.jpgDSC00666_201412112217202c9.jpgDSC00680_2014121122191095e.jpgDSC01044.jpgDSC01078.jpgDSC01110_20141228150606d68.jpgDSC01113_20141228150608944.jpgDSC01117_201412281506088c2.jpg

28本か…


…ま、まあまあ呑んだな…


未発表もまだ数本あるし…




そんな訳でこのブログ、今年のシメに御座います !!


また来年も宜しくヲ付き合い下さいませ !!


さ !!
我杯はこれから大晦日恒例・根城:玄海にて年越し蕎麦を食べてきます


それでは皆さん、来年もヲ酒が うまた~ん !!


酒巡る我杯 ~大宮・たちのみ いしまる~

いつもヲ世話になってヲります。


さぁて。

いよいよヲシマイだぁね。


流石に今までのような極端なやり方の呑み歩きは減りましたなぁ。



カラダが楽だ…笑




それでも、かなり !! 好き勝手やらしてもらってました。


もちろん、これからも(← どぅくし )


そんな今回の好き勝手な一幕は…
gogogogogo.gif
DSC01137.jpg
年末の大宮。

この時は12月25日を目前にしてましたのでね、駅前は華やかな雰囲気に満ち満ちてヲりましたネ

う~ん、クリスマス、クリスマス…笑



今回も大宮の新定番、
DSC01127_20141229105834683.jpg

たちのみ いしまる


…へと潜伏


もう、完全にこのヲ店にハマりましたわ…笑


今回も店内は大変な賑わい
DSC01128_20141229105834d3c.jpg
何だか、どこかの関係の貸切状態だったのだが、それでも空いてた片隅のテーブルにへばり付いた。


早速に燗酒は、
DSC01129_20141229105836d97.jpg
やまとしずく (秋田県・秋田清酒)


…を、やはり、超絶逸品の〆サバと合わせて頂戴する。



運命の出逢いであった。
DSC01130.jpg
美味い。


美味過ぎる…


なして、秋田の酒はこんなにウメェんだぁ!?


賑やかな店内、一人で唸ってしまった…



だが、悲劇。


「スイマセ~ン、一口分しかもう残ってないんですよ~


ヲ店のヲ姉 3 の非情なる品切れ宣告。


この超絶な美酒を、たった一口しか出来ないという生殺しの憂き目に遭う…


気を取り直してもう1本。
DSC01132_20141229105954f48.jpg
尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 (群馬県・龍神酒造)

DSC01133.jpg
…をば頂戴する。


今度は冷推奨の一杯
DSC01134_2014122910595728a.jpg
その名前の通り、爽やかに口中に拡がるなめらかな味わい…


至福の一杯…。



…と、今回は時間が無かったので、軽めでヲシマイ。

また来よっと


駅に戻る間に、
DSC01135.jpg
そこかしこの小路に趣深いヲ店がチラホラと…




この日、我杯のとっての重大イベントがあったのだ。
DSC01141_20141229110229662.jpg
公開日だったので、隣駅のさいたま新都心に京浜東北線で赴くはずが…


電車に乗り込むが…


…発車しない…


「ただいま、蕨駅にて人身事故が発生した為、運転を見合わせてヲります



…バカヤロウ


ヨソで事故りやがれっ !!
(↑ 非情)



慌ててタクシーを利用、時間には間に合ったが、想定外の出費…



駅前は煌びやかに光り輝いてヲりました
DSC01144_2014122911023225e.jpg

二人でウットリ、独りでションボリな画像で今回はヲ別れです。
DSC01143.jpg

DSC01142_201412291102293bb.jpg

DSC01139_20141229110227b05.jpg


それでは皆さん、さやうなら

自宅呑みアレコレ9

このブログを編集、管理する画面の片隅に出る、
bandicam 2014-12-29 09-58-24-759
 この広告がUZAい…


我杯はコンビニ弁当になんぞ、頼らヌ !!

何であろうと自炊だ !!


この信念、退かヌ !! 媚びヌ !! 省みヌ !!
そして、最後に『愛の力』に目覚めるのだ。
(↑ ???)



…それにしても、「自宅呑み」のカテゴリが急増した。


まあ、それだけ全国の日本酒が美味しい、ということなのだが…笑


今回も毎度ヲ馴染み、福島県・会津の植木屋商店 3 からのヲ取り寄せで、

ロ万 (ろまん) 純米酒 植木屋頒布会 Ver. (南会津・花泉酒造)

…と、

DSC01044.jpg
末廣 初しぼり 純米吟醸 原酒生 (会津若松・末廣酒造)


…の2本で仕る

「ロ万」のラベルは頒布会ヲリジナルなので、他では入手出来ない。

ふはは、また我がコレクションが増えたワイ。


これらの逸品を、我が手製の、
DSC01042.jpgDSC01076.jpg
上手に出来過ぎた(笑) イカ・ブリ大根 と合わせる。


…自分で言うのもナンだが、我杯の大根煮は…美味い !!
(↑ 笑)


冷で呑むのが主なのだが、流石にこの時期は燗でも呑む


末廣は燗したらひっくり返るほど美味だったのだが、気付いたのは殆ど呑んでしまった後だった…



この時観ていたタモリ倶楽部は、
DSC01047.jpg
なぎら先生が、世界の煮込みを紹介する、という内容だったのだが、この収録が行われていたのが、
東京・秋葉原にある聖地『赤津加』 だった。

冒頭のヲ店の佇まいや、店内の雰囲気で看破してしまった我杯って…



更に、変わりダネとして、
DSC01078.jpg
スノードロップ ベリーベリー(会津・曙酒造)


…なる、可愛らしい一本を入手


日本酒ベースのヨーグルトリキュール。
DSC01080.jpg
イチゴとブルーベリー果汁が入っているので、我杯的には全くのジュース…笑

冷蔵庫で寝かせてヲいたら、アルコール以外の成分がかように沈殿。


まあ、軽く呑みたい女性向けなのだろうか、
DSC01081.jpg
キャップもカワイイ


「炭酸で割って呑むと美味しいヨ」との説明があったので、
DSC01083.jpg
やってみたら、更にジュース度が増してしまい、一本一気に空けてしまったのだが…


少しも酔わなかった…笑



また、ある日。


我杯の食料調達御用達の暴風スーパー、ジャパンミートのヲ酒コーナーで、
DSC01109_2014122815040339b.jpg
加茂錦 微濾過酒 (新潟県・加茂錦酒造)


…をば、発見 !!


コチラのヲ酒、
DSC01110_20141228150606d68.jpg
我杯がかつて、
世田谷区の聖地『赤ちょうちん 太郎』で呑んだ一杯と同じ蔵元 3 との再会である。


…まあ、純米ではないので、前ほどのヲ米風味はなかったが…



また、そんなある日…。


我杯は引っ越してから「アレ」を呑んでいなかったに気付いた。
DSC01113_20141228150608944.jpg
大納川 (秋田県・備前酒造)


このヲ酒のフルーティな味わい、忘れられヌ !!

何故、忘れていたのか、自身に腹が立ったワイ !!


…入手する際に、「とある武道」のズースキ 3 の多大なる御協力を頂戴。

この場を借りて御礼申し上げマス
(↑ …こんなブログ見てないと思うが…笑)


この一本と合わせて取り寄せた、
DSC01117_201412281506088c2.jpg
森雫山恵


これがマタ、
DSC01118.jpg
口中に拡がる風味に、思わず天を仰ぎ見る…

DSC01119_2014122910554305d.jpg
…コイツは、アタリだぁぜ…


美味いので、大事に大事に呑んでます。

リピートは必定だな、コリャ…

大宮 新定番2 ~大宮・角打ち 酒屋の隣~

我杯、特に忙しい身の上ではないハズ…。


炊事洗濯はそれこそ茶飯事、忙しい内には入らないのだが、やはり年の瀬、妙にセカセカしてしまうのぅ…


…確かに、普段は滅多にやらない手書きの通信、即ち年賀状の準備やら大掃除やらで、締め括りをシッカリやらなければ !! つー、日本人特有の「ケジメ感」が駆り立てるのであろう。



…ともすれば、我杯も日本人の端くれ、つー事だ、ヨカッタヨカッタ



さて。

埼玉帝國 首都・大宮。

新しい大宮の足掛りを発見した我杯、その余勢を駆って、もう一軒の潜伏先へとアシを進めた。


その一軒こそがコチラの、


角打ち 酒屋の隣


古風な佇まいが酒呑み根性をかき立てるではないか…?


更に店頭には、
DSC00996.jpg
「さあ !! 呑みたまえ !! 」


そんな挑発とも取れるディスプレイが…


…我杯はね、「分かり易い」つーのが大好きなのだよ



DSC00997.jpg
…石丸酒店…。


ココへ訪れる前に立ち寄った「いしまる」と何か関係があるのかな?
(↑ やっぱり調べない…笑)


こんばんは。


「角打ち」と言えば、酒屋のついでに呑める、といった雑然としたイメージなのだが、なんのなんの、コチラの一軒は実にヲサレな様相。


本腰入れたデートにも充分な落ち着いたイキフンですよ

…このヲ店の雰囲気が気に入らないなんて言う輩は、何処へ出掛けてもツマラナイと言うだろう。
(↑ ガチ断言)


イカした立ち飲みカウンターにへばりついた
DSC00998.jpg
ふ~む、ふむふむ…

DSC01003.jpg
DSC01004.jpg
選り取り見取り…( by シーマ 様 )


ファースト・アタック !! 仕掛けるよ !!
DSC01001_20141223213656d92.jpg
東力士 純米大吟醸 無ろ過生原酒


…をば頂戴する。



コチラの一軒もキャッシュ・ヲン スタイル。

様々なグルメ・サイトで紹介されている、知るシトぞ知るヲ店。

ヲ酒の画像もシッカリ撮らせてくれる…笑


DSC01000.jpg
…。


ゆうちょ。




ところでね…笑



我杯は「和食」が世界に名立たる存在感を示す、というのは至極当然であると思いましたヨ。



日本酒を堪能するなら刺身は必需の我杯、豪気にも「鯛の刺身をヲーダー


供された一皿は…
DSC01006.jpg




もはや、これは『絵画』だ !!
(↑ チト、画像は暗めだが…)



配色、配置、造形、装飾…。


食材、料理というものにここまでの「意味」を持たせることが出来るのは和食の他には無い !!
(↑ ガチ断言2)


そして、店内の雰囲気は…
DSC01005.jpg

DSC01009.jpg
古民家を想わせる。


日本人であること、そして、僅かながらでもこのような雰囲気に馴染み、楽しめる自身に感謝である…


ふふふ…。


今宵の我杯に容赦の二文字は無いのだよ…。
DSC01010.jpg
DSC01012_20141223214945a8f.jpg
不動 純米吟醸 吊るし無ろ過生原酒 (千葉県・鍋店㈱ )


…をば流し込む。



鍋店 3 。

以前(2013年の春)、「呑み鉄」で成田山参りした際に立ち寄ったヲ店ですよ。


再会ですね



キレのある一口に、
DSC01013_20141223214946a93.jpg
鯛刺はその甘みを更に増すのであった…


ソンジョのカウンター・テーブルではなかった。
DSC01014_20141223214948b71.jpg
高級感充分に溢れる設え。

「角打ち」という庶民的な響きに違和感を感じざるを得ない…


…アタシャね、
DSC01015_201412232149499fe.jpg
和食がタダの料理で終わらないトコは、こーいったトコだと思うんですよ。


人参。


人参が何故、かようにも我杯の目を惹くのだ…???


ぬぅぅぅっ !!


包丁なる秘具をその掌中に握りし達人達よ !!


そなたらは、その「包丁捌き」にて、天をも捌き切るつもりかっ !?
(↑ 声:内海 賢二 先生)



その秘奥義、我が腹中に納めようぞ !!
DSC01018.jpg
酒盗サーモン

その味わい…
DSC01021.jpg
しかと受け取ったわぁっ !!





我が皿に一片の喰い残し無しっ !!
bandicam 2014-12-24 00-04-10-636
(バァァァーン)



トドメの一杯は、
DSC01020_20141223215436d86.jpg
三連星 純米 冷ヲろし
(滋賀県・美冨久酒造㈱ )


…をば、燗にて頂戴する。



…。



…三連星…?



燗だったので、瓶は確認出来なかった。


世代的に「引っ掛かる」銘柄だったので、調べてみた



そしたら、
sanrensei.jpg
こんなラベル・デザインだった。



…。




黒地に紫のカラーリング…。




道理で味わいがジェット・ストリーミィだった訳だぜ…笑
(↑ 楽天で頼んじゃった…笑)



よっしゃ !!


シコタマ呑んだったY !! (← 満悦)


大宮ネタに乏しいなぁ、なんて思ってたのが一気に払拭 !!


後日、再訪してしまった…



最早、シミツとは言わずに、大宮を訪れた方々には、是非ともこの感動を我杯と共有して頂きたいものだ !!



日本酒をあまり呑まないシトでも、きっと、
DSC01023_20141223215437444.jpg
さらり、と楽しめることでしょう…。


ヲしまい
(チャンチャン♪)



…入手出来ないので、コチラ(↑)の画像でゴカンベン下さい、押忍…笑

大宮 新定番1 ~大宮・たちのみ いしまる~

いつもヲ世話になってヲります。


…何、もう2014年、ヲーシマイ ?


何でこーも1年が、あっつー間かね?


今年も何も出来てない…

こんなんじゃ、武井 壮 様 じゃあないが、人生がいくつあっても足りない !!


我杯には、まだまだやらなきゃいけないことがあるんですよ。





ggg.jpg  

…。



埼玉帝國 首都・大宮。



はい、さらり、と進行します



我杯的には大宮に訪れたならば、
DSC00965_20141221181650586.jpg DSC00966.jpg
毎度毎度の「いづみや」は不可欠なのだが、今回は新規開拓してみようと。


いづみや とは反対口、即ち、西口方面を攻めてみた


東西口を抜ける通りにて、
DSC00968_20141221181651104.jpg
面白そうなイベントをやってた

自宅呑みに重宝しそうな「いぶりがっこ」とか即座に購入 ♪


…ヲサレなハチマキ(?)をしてますね
DSC00969_201412211816536e5.jpg
実はこの方、山形県は村山市にある「こめやかた」つー、宿泊施設(素泊まり専門)の番頭 3 。

テレビでも何度も紹介されとったようで、明るくハナシをしてくれました


「是非、遊びに来てね !! 」


なんて、仰ってくれてたので、コラ、次回の『大逃亡』は山形か…?



久々に、
DSC00970_201412222211451a2.jpg
西口へ降り立つ


事前に「大宮の居酒屋」と検索かけたら、上位に出てきた今回の一軒。


それがコチラの、
DSC00972_20141222221147448.jpg

たちのみ いしまる



小さな路地の、小さなビルに控え目な案内が。


その(急な)階段をのぼり、その2階に、
DSC00973_201412222211473d0.jpg
入り口。

居酒屋にしてはなんつーか、無機質?な感じだが、それは潜伏するやいなや、完全に払拭された


店内は10人にも満たないような小さな立ち飲みカウンターとテーブル。

座敷もあった。


先客 3 がかなりの大盛り上がりで、こらまた、見た目とは異なる、賑やかな一軒であった


カウンターにへばりついた我杯、先ずはの一杯に、
DSC00974.jpg
萩の鶴 特別純米酒 (宮城県・萩野酒造㈱)をば、ファースト・カップに


宮城のヲ酒は看過出来ませんやな !!


…ぐるナビとかの紹介記事も多く、我杯のような酒呑みブロガーが多数押し寄せているようだ。
ヲ店の取り計らいか、ちゃんと瓶の撮影タイムがあるのだ…笑


支払いは立ち飲み屋らしいキャッシュ・ヲン スタイル。
品が届く度にヲ姉 3 が小銭を持って行ってくれる


我杯の目の前に、
DSC00976_201412222211509a9.jpg
コレデモカ、と瓶が並ぶ


…持って帰っちゃうぞ…笑


更に頭上には、
DSC00977_2014122222131689d.jpg
多数のヲ品書き。

冷、常温、燗、と、それぞれでのヲススメに分かれているのが分かり易い


…しかも、一杯一杯が安価でウレシサ倍増


ヲ酒のアテは、 吉田類 先生 に倣い、
DSC00978_201412222213180f9.jpg
〆サバ を頂戴する。


惜しげもなく、
DSC00980.jpg
肉厚に供される逸品

一人前と、その半分で頼み分けられるのだが、今回ヲーダーしたハーフ・サイズでも充分な量 !!
しかも、自家製のようで、〆サバとはいえ、口中にトロリ、と拡がる味わいに思わず唸る… !!


一言、


美味い !!


あっという間に杯が空いてしまったので、ネクスト・ヲーダー
DSC00981.jpg
山陰 東郷 (鳥取県・福羅酒造㈱)


…をば、燗にて頂戴する


…コレマタ、イカした器で出てきたヨ
DSC00982_20141222221318395.jpg
掌にすっぽりと収まる、かわいいサイズだが、何か趣が違う…


…欲しい…


「ソレ、『錫』製なんですよ。

一組で1万円はする品ですけど、ネット・ヲークションで格安、見付けました


…やはり、「いい物」だったか…。

どうやら、我杯の目利きも伊達ではないようだ…?



3杯目 !!
DSC00983_20141222221319d44.jpg

DSC00985_20141222221321730.jpg
直汲み 笑亀 無濾過生原酒 初しぼり (長野県・笑亀酒造㈱)

…をば。


むふふ…。
DSC00984.jpg
い~い色だぁ…

名前の通り、笑みがこぼれる…


笑いながらヲ酒を呑めるとは、ラフィング角にはハッピー来たる !!
(↑ ルー大柴 先生)



先客 3 、つーか、御常連 3 か。

かなりのテンションで盛り上がる。
話の内容も二転三転、あるんだか無いんだか。


何故か今はちびっ子に流行の「妖怪ウォッチ」を熱く語る(イイ歳した)モノノフが一人。


あまりの下らなさに、部外の我杯も思わず…
…笑



こんなに呑むのなら、もう一皿ヲーダーせねばなるまい。
DSC00988_20141222221607053.jpg
ふぐ皮 煮こごり

DSC00993_20141222221610043.jpg
口中でチュルチュルと溶け出す味わいを笑亀でエスコートする…


…ヲや、エスコートが過ぎて、ヲ酒が先に無くなってしまった…


笑亀の後任に、
DSC00989_20141222221608bbf.jpg
遊穂の あか 山おろし純米吟醸 (石川県・御祖酒造㈱)

DSC00991_201412222216093d7.jpg
…をば、ラスト・カップに


器も小さいし、量的には程ほどのハズなのだが、美酒・美味なる料理に、我杯の酩酊度は海面から飛び立つヤマトのように急上昇


いやあ、実に楽しく !! 美味しい一軒である !!


好物の日本酒の品揃えも然ることながら、色々と試してみたいあの皿、この皿…



何度も通いたいヲ店、見つけた !!



もう、このヲ店は我杯だけのシミツにしよう !!

誰にも教えてあげない…笑




気持ち良くヲ店を出たが、
DSC00994_201412222216129f8.jpg
呑んべぇには、非常に危険な角度の帰り道…


慎重に一段一段と下り、無事に下山…笑



いやあ、楽しかった !!


この余勢を駆ってもう一軒 !!



…だったのだが、これまた次回の講釈で。


旅はまだまだ続きます
tbc.jpg

つくばエクスプレスまつり2014

いつもヲ世話になってヲります。


得意料理、という訳ではないのだが、この時期は 寒たん なので、よく野菜のごった煮スープみたいのを作る
(そして、サムターン回し)


キャベツ、長ネギ、タマネギ、ニンジン、しめじ、ニンニク、冷凍モンの鶏ダンゴ。

これらの食材を水600ccのマギーブイヨンとバター一片で気が済むまで煮込む…笑


水とマギーブイヨン、バターの分量以外は全てテキトー。

だけど、テキトー過ぎて、

…野菜、入れ過ぎてしもうた…笑

でも、毎回毎回…美味い…



DSC00699.jpg
…。

つくばエクスプレス、守谷駅。


なんでまた、こんなトコへ。


実はですね、今回はまたもや カーノさん との呑み鉄企画なんですよ。


所謂、車両基地見学会、つーヤツですよ。
(↑ ヤツ、っても谷津 嘉章じゃないヨ)


会場最寄駅に到着した我々、会場までホロホロと徒歩ることにした


途中、
DSC00700.jpg
明治神宮 を発見したんですよ。

由来はよく分からない(← 調べない)。


…。


「めいじ」じゃなくて、「あけはる」とかかもしれない…笑




着いた
DSC00702.jpg
ここで、つくばエクスプレスの色々な なんちゃら(笑) が見学出来る。


早速に、
DSC00703.jpg
車両群との握手会…笑


…をとっとと終わらして、出店ブースにて美味そうな食材を調達、
DSC00704.jpg
ヲッ始める…笑

最近の我杯のヲキニは、「ワンカップ大関」。



「私の話、聞いてます?」



調達した食材たち その1
DSC00706_20141218214858052.jpg DSC00707.jpg
ジャンボつくね。

名前の通り、20cmくらいはあろうかというデカ串 !!

酒呑みにはタマラン食い応え !!


調達した食材たち その2
DSC00708_20141218214859300.jpg DSC00709_201412182149022de.jpg
メンチコロッケ。

「野外で食す揚物はウマイ」


中身ギッシリの食感はウレシイ


持参したカップ酒がグイグイに進むワイ(← わはははは)


この日、
DSC00714.jpg
晴天なれど、波高し !!


何故か。


我々が陣取った場所、そのスグ近くにあったスピーカから、こんな音楽が流れてきたからである

…このBGMを耳にした時、我々の脳裏に浮かんだのは他でもない、志村けん 先生 の御尊顔であった…。
(↑
…笑 )

散々に呑み、笑う我々を、つくば…の関係者の皆さんは怪訝そうな表情で見ていた…


チョイと移動
DSC00715.jpg
… カーノさん の弟 3 は、この表示を「でろ」と読んだことがあるらしい…笑


物販ブースへ到着
DSC00719_201412182154271c5.jpg
鉄道小物の放出、要はガラクタ市なのだが、見るシトが見れば、宝の山であるらしい。


嬉しそうに品々を物色していた カーノさん は、
DSC00718.jpg DSC00720_20141218215430f92.jpg
あれやこれや のうちに、駅設置の伝言板やら車内案内やらを購入。
(↑ 変なポーズは何だ?)


「一家に一枚、この伝言板は必需なんですよ」


…この後、 このかさばる ガラクタ ヲ宝を カーノさん は嬉々として持ち帰り、奥方の ルリルリ に超絶呆れられたという…
gzgz


…先程の「出口」が「でろ」ならば、
DSC00725_20141218215432d9b.jpg
コチラは「いちにち いちていし」になるか?


…果たして、何を見たんだか、本筋の基地内見学はかなりのヲザナリで終了

そもそも、我杯はつくば…はあまり乗る機会は無いし、逆に カーノさん は年中乗り倒してるし、で…笑



会場を後にした我々は、
DSC00730_20141218222226574.jpg DSC00732_201412182222284ce.jpg
流山おおたかの森駅 にて東武野田線 柏(木)行き を眺めながら、居酒屋の開店時間を待ち、

DSC00735.jpg DSC00736.jpg
はなの舞 に潜伏、今回の反省会(↑ ホッピー)


DSC00739.jpg DSC00740.jpg
牛すじ煮込み、揚げだし豆腐 やらをつつく。

ヲ店のヲネーサンのヲススメで、
DSC00742.jpg
海苔巻き寿司をば


タマにはチェーン店もいいかしら、なんて思ってたら、またもや カーノさん がゴソゴソと…。

このノリは、またもや「ジブリ」か !?



こんにちは。

「未来に受け継ぎたい日本の風景」の時間です。


これは、美しい日本各地の風景を、酒場の小物を使って表現していくという、ほとんどアレなコーナーです。


「コチラを御覧下さい」
DSC00745.jpg
「ヲ分かりになりますでしょうか。

コチラはですね、福島県は南会津
(← あいみな)『塔のへつり』を再現したものなんですよ」


…。


この爪楊枝は…


DSC09978.jpg

この吊り橋か !?
…笑



…我杯、今年の夏に行って来たばっかりだったから、腹筋崩壊…




永久に湧き出ずる 汲めども尽きヌ 無限のバカ話…
DSC00747.jpg
…とはいえ、次の日はヲ互いに出勤だったので、我々にしては早めに撤収



それでは、これにて つくばエクスプレス まつり 潜入リポート、終了で~す !!







…え?



あっさりしててツマらない?




…スイマセン、伝えようにも伝え切れない箇所が多々、でして…

元気の「源」

皆さん、よく御存知の通り、


我杯は下戸である。



…いや、本当ですって !!


ホンマな、ヲ酒は好きやけど、量はよう呑めへんねん



そやさかい、甘いモン、めっちゃ好きやねん
DSC01295.jpg
さてさて。可愛いクリスマス・ラッピング


中身は…
DSC01296_2014121622414953f.jpg
これまた大好物のチーズ・ケーキ !!
(↑ 画像、暗いなぁ…)


むっちりスゥイート・サワーな一口に、
DSC01297.jpg
感涙…


小さなカップの底には、
DSC01299.jpg
サクサク生地がカワイイ歯触りアクセント




美味しかったよヲヲヲ~ !!





…う~ん、完全にハマった…

自宅呑みアレコレ8

…あ~、体調、悪い…


少しばかり弱音を吐けば、心身ともに、といったトコロか…。

最近どうにも『ゼッコーチョー !! 』といった、現役時代のナカハタキヨシみたいな感じが無い。


やはり、日頃から常としている「不摂生」が原因なのだろうなぁ…


…まあ、分かっちゃいるけどヤメラレナイ、なんてのは昔から言われてる事だしなっ…笑



そんな自身を励ます為の自宅呑みだが(← 諸悪の根源)、呑みながら眺める「ヲんな酒場放浪記」は、
DSC01301.jpg
なんたって 倉本 康子  様  の呑みっぷりがタマラナイ !!

毎度毎度のオープニング・生中と、タコ料理推しがなんとも…笑


そんな我杯は、近所の酒屋 3 で入手した、
DSC00596_20141211221720563.jpg
大山 『封印酒』 純米吟醸 (山形県鶴岡市 加藤嘉八郎酒造 ㈱ )

…をば頂戴する事に


「封印酒」とは、また限定品、つートコから由来しとるらしいが、

酒瓶を包む包装もコレマタ酒呑みのココロをくすぐるワ
(↑ 遮光により風味の劣化を極力避ける !! つー意図である)



またある日。


我杯の酒蔵(冷蔵庫の野菜室)がカラになってしまった事態を回避する為に、買出し。

これまた(我杯的に)よくヲ目にかかる、
DSC00666_201412112217202c9.jpg
浦霞 からくち (宮城県・㈱佐浦)

をばフラゲ


名前の通り、
DSC00667_20141211221721c69.jpg DSC00668.jpg
辛口の一口を、サバ焼きで堪能する…


…う~ん、サバのジューシーさが、活きる活きる…(← 感謝)



はたまた。


このブログでは毎度ヲ馴染み、福島県の『植木屋商店』 3 からのヲ取り寄せ。
DSC00680_2014121122191095e.jpg

DSC00681.jpg
野恩 (喜多方市・大和川酒店)


…をば、我が手中に

DSC00683.jpg

しかも、この一本は、500本限定生産
DSC00682_20141211221913d38.jpg
今回、我杯は317本目を入手



…317…。

みいな。

あと、出身は関東の方…笑



…あ、いやいや


そして、その一口は、
DSC00685.jpg
「…ああああああ…美味い…

…と、嘆息混じりに出た言葉が我杯の最大の感想…


美味なるヲ酒に出逢う度に思う。



一升って、少ないなぁ。
(↑ 早死に)



基本、日本酒の我杯だが、実は焼酎なら「芋」 !!


以前、呑み方を誤りかなりイタイ目に遭ったのだが、それを教訓に飲み方を研究したら、とてもアリガタイ ヲ酒であることが判明…笑


鳥取の友人が贈ってくれた、
DSC00696.jpg
砂丘長いも焼酎 (鳥取県・梅津酒造 ㈲ )


…をば。
DSC00698.jpg DSC00697.jpg
ヲ湯割りで良し、そのままでも好し



…タマランチ



この「切れ味」を、
DSC00695.jpg
手製の鶏肉・キャベツ&ピーマン塩コショウ炒め をアテに、舌上にて転がす…



…ピーマン、キャベツの炒め物…。

テリー・ゴディ、スティーブ・ウィリアムス組級の最強の組み合わせだな !!



自分で言うのもなんだが、手製の料理が美味いと、ヲ酒も美味い !!


だもので、これから我杯が求める理想の女性像から、「料理の腕前」は削除します。


料理、ヘタでも構いません。


先ずは「カワイイ」でいいです
(↑ どぅくし )

聖地巡礼44-EX ~北浦和・ペントハウス~

冬だぁね



樹々の葉たちが、
Image099.jpg
色付いたと思いきや、季節の寒風は容赦無く葉を散らし…

Image103.jpg
その葉を誰の目にも付かない片隅へと追いやるのである…。




枯葉が風に ひらひら 私の涙のように

枯葉が風に ひらひら 心に舞い落ちて来る

私 1人きりの ステーション





皆さん、こんにちは。

メランコリック&センチメンタルに始まる枯葉剤ブチ撒けブログ、酒場逃亡記です


今回、「酒場の風来坊こと、 KTJM兄さん と潜伏した聖地、
DSC00659_2014120521115047c.jpg
ペントハウス


…だったが、コチラは我杯の琴線に触れまくりの、実に趣深い一軒であった


我杯が着陸したカウンター席の横の柱。
DSC00653.jpg
…と、言い切っているのである


…確かに、豚肉を食した後は、妙に体調がイイような…?


その脇には秋田県の銘酒、
DSC00652_201412082112176de.jpg
新政 の酒樽が。


…いや、店内のヲブジェなのだが、我杯の好きなこのヲ酒、一度樽ごと楽しんでみたいワイ…


カウンター内には、
DSC00648_201412082112155d2.jpg
DSC00649_20141208211217b94.jpg
日本全国の銘酒地図。

…酒呑み遍路…か…


我杯がウットリしていた一方、 KTJM兄さん は、
DSC00643_2014120821121816d.jpg
御常連 3 と話に花を咲かせていた


何でも御常連 3 のヲ一人が、大の機関車ファンで、
DSC00654.jpg
自ら蒸気機関車を作製、様々なイベントで走らせているそうなのである !!


上の画像は、この御常連 3 御持参の写真をみせてもらったもの。

シトをワンサカ乗せて力強く走る姿とか、よく夕方のNHKニュースで報じられてますな



タマタマなのか、実はそーゆーヲ店だったのか、御常連 3 と KTJM兄さん の鉄道談義は尽きることは無く…
DSC00655_201412052134586f9.jpg
すっかり意気投合の KTJM兄さん と御常連 3 。


傍から見てたら、「タモリ倶楽部」の鉄道特集みたいだったヨ…笑




…さて。

尽きる事無い話が尽き、またこのヲ店で呑みましょう !! と、解散
DSC00660_201412082114541b6.jpg
楽しい一軒、流石に聖地 !!


…って、我々がこの日のラストの客になってしまった。



…皆さん、覚えてヲいででしょうか?

我杯と KTJM兄さん はこの「ペントハウス」にほぼ開店時刻の17:00(ヒトナナマルマル)時に潜伏したのだ。

そして、退店時刻は22:12(フタフタヒトフタ)時







fhhhh.jpeg
一軒のヲ店で5時間も呑んじゃったよ !! …笑
(↑ 後日、 カーノさん にこの話をしたら、『先発完投』と評された)




流石に呑み過ぎたなぁ !!


今日は素直に、





帰らない(← 毎度毎度…笑)
DSC00662.jpg  DSC00663_20141205213617669.jpg
駅前の「日高屋」で、恒例・名残の一杯(← どぅくし )


いやはや、 KTJM兄さん には付き合ってられませんワ !!
(↑  兄さん も同じ感想だったようだが?…笑)



だが、実に楽しかった !!
又の再訪が楽しみな一軒である !!


…って、実はこの「ペントハウス」は、
DSC00661_20141211214136ea8.jpg
正体はJAZZ ハウスなのだ !!
(↑ 店主 3 が大のJAZZマニア)


毎週火曜日午後8時より、JAZZの生演奏が聴けるイベントを開催、年内もギリギリまでブッぱなしちゃうらしいですよ


JAZZYなアンタは、北浦和にGo !!








…我杯もタマには違うジャンルの音楽も聴いてみるかなぁ…。

ここ数年、ずっと アレ だものな…
(↑
gzgz )

(号外) 世界の「みなみ」から

こんにちは。

世界の「みなみ」から 緊急号外版です。




当ブログの超絶人気コーナー(← 笑)、世界の「みなみ」から の(非)公式イメージキャラクターであらせられる 娘っ子 こと、


高橋 みなみ 様


…が、2014年12月8日、遂にメガンテをヲ唱えになられました


「次に卒業宣言するのは ユリア(小嶋 陽菜) 様 である」

という大方の予想を覆し、現・総監督であらせられる立場からのいきなりの爆弾発表


その時期は1年先ではあるものの、多くのファンの心情は遥か因果地平の彼方へと吹き飛ばされたのであります。



当ブログの常連であり、何故だか勝手に

「父親としての親権はボクチャンにあるんですよ」

と放言する カーノさん からは、一言、

「帰ってヲいで」

と、やはり勝手な内容のメールが飛んできました…笑




…いよいよ、我々の間での 皆さん熱 も下火になるか…?




「何の何の。ボクチャンはまだまだ次女っ子や咲良 様 を見守っていかなくてはならないんですよ」



…はあ、サイですか…



※…メガンテ

「ドラゴンクエスト」の魔法の呪文。
唱えた術者の命と引替えに、敵キャラクターの命をも道連れにする凶悪な呪文。


聖地巡礼44 ~北浦和・ペントハウス~

いつもヲ世話になってヲります。



祝 !!

「宇宙戦艦ヤマト 2199」

劇場最新作公開 !!


yamato_03.gif


ソッコー観た !!

良い !!
(↑ …我杯、観て喜んでる映画って、ヤマトだけなんだな…笑)


今回の劇場新作が公開される少し前、

我杯は さいたま新都心 にいたのです。

握手会じゃゴザイマセン
DSC00622.jpg
いわゆる、「再編集版」が公開されとったのでアシを運んだのである。
一度観たものと内容は同じなのだが、ソコはソレ、ファンだから仕方ない(←
ks.gif )


んでもって、更に満足を得たい欲張りな我杯は、
DSC00625.jpg
北浦和駅 へと降り立つ。

次の日が大安心な休日だったので、聖地巡礼でもすんべぇか、と。


それにしても、
DSC00626_20141205211148ffc.jpg
初めて来たヨ。

しかも、その理由が「酒場巡り」…笑


さらには、この共犯者には、またもや「酒場の風来坊」、 KTJM兄さん の御登場だ


駅で合流した我々、そこから徒歩2分ほどの聖地、
DSC00659_2014120521115047c.jpg

ペントハウス


…へと漂着。

開店間もない店内は、充分に空きスペース有り
御覧の通り、小さいながらも実に「味」のある空間だ…
先客 3 もチラホラ。


店内奥のカウンター席に着陸、
DSC00627.jpg
ホッピーでスタートを切る


開始時間、17:09(ヒトナナマルキュウ)時…


目の前の壁には、年季の入ったヲ品書きが並ぶ。

串焼き煮込みなど、ガッツリ系のメニュー
DSC00629_20141208235544275.jpg
その中から、いくつかの串焼きをばヲーダー
焼き上がりを待つ


開店間も無く、
DSC00630.jpg
御常連 3 と思しき方々が店内に陣取り始める。


早速の到着は、
DSC00631.jpg
とんばら串


厚い肉から迸る脂分(=旨味成分)は、まさにウレシサ120% !!
DSC00633_20141205212556c6e.jpg
特製味噌ダレをチョイ乗せ、口に運ぶ。

そして、口中に拡がる肉の旨味を、ホッピーで洗い流す…。


至福…


そして、今回はかなりのガッツリ攻め
酒場放浪記で 吉田類 先生 も召し上がられていた、
DSC00634_20141205212558f2b.jpg
にら玉

…をば頂戴する。
厨房で女将 3 が焼き上げてくれた一皿には、自宅では得られない「妙味」が隠れている…。


DSC00635_20141205212559f13.jpg
てっぽう


キング オブ 脂 !!


くにくに とした食感から、まさに溢れ出す脂分…。

その旨味は、我が口中にてホッピーと出逢うことにより、新たなる昇華を遂げる。

そう、それはまさしく新しい味の「スープ」へと変貌を遂げるのだ



まだまだ !!
DSC00636.jpg
ハラミ串


…最近の我杯にしては珍しく肉食で攻める。


…まあ、メインメニューが串焼きであるからして当然なのだが…笑


ヲ酒にも本腰を入れる。
DSC00639_2014120521260204c.jpg  DSC00647_20141205213245902.jpg
北海道の銘酒、男山・生酛・本醸造(北海道旭川市・男山㈱)、
そして宮城県の銘酒は浦霞・本醸造本仕込(宮城県・佐浦酒造店)を立て続けに頂戴する。
(↑ さっほ~)


…今回の(も?)我杯には自制心は皆無。

どんどん呑んじゃるけぇのぅ !!
(ダイナマイトどんどん。名優・菅原文太 様 の御冥福をヲ祈り致します)


改めてヲ品書き。
DSC00645_20141205213243150.jpg
DSC00646_20141205213244a83.jpg
…をを、忘れてヲった !!


これだ !!
DSC00642_20141205213241abf.jpg
煮込み 食べなきゃ !!

ジックリ煮込まれたモツの一片一片に染み込むタレの味わいが、我杯を至福へと誘う…



ラストの一献に、
DSC00657_20141205213501454.jpg   DSC00656.jpg
梅の寿(埼玉県さいたま市・㈱小山本家酒造)

…のキレで、煮込みの味わいにトドメを刺す。






コレデモカな呑み食い、聖地「ペントハウス」であるが、どうにも楽しい一軒だったので、伝え切れない部分が多々有り


それはまた次回の講釈で。



そんな訳で続きます
tbc.jpg

玄海イカ尽くし ~幸手・玄海~

いつもヲ世話になってヲります。


すっかり朝夕が 寒たん になってしまって、我杯的には実にニガテな時期が到来してしもうた…
(サムターン回し)



寒い時は熱燗で一杯は必定ナリ
 DSC00615.jpg
相変わらずの根城・玄海なのだが、この時期、熱燗に合わせるのは、

DSC00616.jpg
イカの丸煮 で決まりじゃなイカ !!

イカにゲソを詰め込んで、
DSC00617_2014120520120827f.jpg
イカわた で煮込む逸品は、我杯の大好物でゲソ


ホレホレ
DSC00618.jpg
煮込まれた イカわた の旨味、想像出来なイカ?


この一皿で徳利が何本もカラに出来るでゲソ



また、ある日。
DSC01094.jpg
やっぱり寒かったので、熱燗をば


するってぇと、何だい、我杯の目の前にこんな ヲ品書き があるじゃあなイカ !!
DSC01100_20141205203709ca3.jpg
…はてさて?

こんなメニュー、あったカナ?



分からないならヲーダーするのが吉でゲソ
DSC01095.jpg
イカ ヲろしポン酢 の到着でゲソ。


その名の通り、ボイルなイカに大根ヲろし、ポン酢で和えた一皿。
DSC01098.jpg
シャキシャキの かいわれ と共に頬張る。


…。



 美味いじゃなイカ !!



マスターに作り方を尋ねたら、特別な方法は不要。
実にヲ手軽

こら、我が家の新たなる一皿として加わって頂かなくては…



イカ尽くしな我杯は、後からやって来た、
DSC01099.jpg
ネパールの友人と一献

尋ねたら、やっぱり、日本のヲ酒は美味しい、と。


外人のシトが日本酒、美味シイネ !! 」なんて言ってくれると(何故だか)ウレシイですな


…まあ、誰だって自分の好きな物をやはり、他のシトが好きだったらウレシイだろうが。


因みに、ネパールには自国ヲリジナルなヲ酒は無いそうだ。




気分良く ほろ酔ったその帰路。


昼間に降った雨が上がり、気持ち温度が上がっていたせいか、
DSC01106_20141205201738aec.jpg
極濃濃霧が我杯の視界を奪った !!


こわ~。


何にも見えないんだもの。


酔って転んで車に撥ねられるのはキライなので、我杯は極力裏通りとかを通るのだが、そんな道は大体に街灯が乏しい。

霧のせいで視界が3mも無かったのでまさにゴリムチュー。


今度は道を踏み外して、田んぼに落ちないように細心せねばならんかった…

DSC01107.jpg
…なんとか帰還…


だが、我杯の着装していた冬物衣類たちは、ビッシャビシャに湿ってしまっていましたとさ…



ヲしまい。

見上げるのはもう飽きた。

我杯が記事を上げてるブログ・サイト「FC2ブログ」だが、このサイトにてブログを上げてる方々のランキング、てのが分かるようになっている。


カテゴリが色々とあるのだが、我杯が登録したのは、

「日記」「会社員・OL」というトコ。

そしたら、「日記」カテゴリに登録しとるのは総勢491060人。
(2014年12月1日 現在)
我杯はその中で1765位

更に、「会社員・OL」の54173人中、
339位


…。


割と上の方にランキングされとるではないですか !!




…でも…

(↑ ハイハイ

コレが使いたかっただけなんです…)




チャンチャン ♪

我、「名店」ヲ発見セリ~幡ヶ谷・浜屋~

いつもヲ世話になってヲります。


いやあ、参った参った

「とある武道」の若先生による特別剣術指南、全く理解・体得できなかった !! …凹

DSC01108.jpg
(↑ 参加者全員が「袴穿き」てのは、壮観な眺めだワイ)


何度やっても正しい動きが出来なかった !!

そのクセ、稽古相手だった シチヲ君 は、あれよあれよとコツを掴み、シッカリとした打ち込みをしてくるでは内科 !!

挙句の果てには、構えの甘さから我杯のカワイイ小指を強かに痛打されてしまう始末 !!


全く、戦国の世ならば我杯は48回は命を落としていたトコだ…


…まあ、初めてやる動きであるからして、イキナリ上手に動ける訳はないのだが、それにしたって自身のモノ覚え、要領の悪さには凹む…


まるで、剣術どころか人生全てがダメ人間であると宣告されたような気がするワイ…


せっかくの休日を凹んで締め括る、の巻…
gzgz



さて。

今回は、世紀のネ申イベント、
「吉田類と仲間達 Vol.7」に参加してきた際の前後譚。
(↑ 今さら、なのだが…笑)


イベント開始前に配付される整理券を入手したものの、開始までには数時間は空いてしまうので、我杯は共犯者の「酒場の風来坊こと KTJM兄さん と、

比類無き京王線・幡ヶ谷駅にて合流した
(↑ ツタヤじゃないヨ)


我杯はいつも通り、事前に「幡ヶ谷駅 昼から呑める」で検索、検索 !!



そんな一軒は、駅から徒歩5分ほどの所に。
それこそが、
DSC00486_20141130174034b2a.jpg

浜屋


なんと、午後1時から開店してくれるウレシイ一軒


我々はほぼ開店時間に入ったのだが、何と既に多くの 先客 3 がメーターを上げていた !!

…いったい、何時からヲっ始めとんねん…?



10人ほどのカウンター席に着陸、ヲ品書きを眺める。
DSC00458_20141130173951d02.jpg


DSC00457_2014113017395045e.jpg
ふ~む、ふむふむ…

DSC00456_20141130173948879.jpg
看板通り、ヲサカナメニューが豊富

…う~ん…
DSC00455.jpg
めっちゃ安いやん !!  



もうイベント前の慣らしだなんて言っていられなくなった。


先ずはの ぱんぱ~い
DSC00459_20141201194443aa6.jpg
「この後あるから、控え目にしとかなきゃ」


…しかし、この誓いはシャボン玉よろしく、浮かんでスグに消えたのである…


何故ならば、プリプリ !! 脂乗りまくり !! の、
DSC00461_201412011944449ef.jpg
新サンマ刺


潮の風味が芳しい !!
DSC00463_201412011944453cc.jpg
殻付きホヤ刺


…このような逸品を目の前に出されてしまっては、イベント前がどーの、とか言ってられなくなった !! …笑


後先考えずに全力投球することにしたヲバカな我杯は、
DSC00465_20141201194447cf7.jpg
刈穂 極辛口純米うすにごり なまはげラベル Ver.
(秋田県・秋田清酒㈱)


…にて、海の幸、その味わいを口中にて封じ込める…


続いて到着、
DSC00468.jpg
新サンマ塩焼き


滲み出る脂分(← 旨味そのもの)は、手中の箸を長時間労働へと駆り立てる…


今週の山場ァァァ~ッ !! (← 声:八奈見 乗児 先生)
DSC00476_2014120119470036f.jpg
とうみょう と桜エビの塩炒め


ナニゲにヲーダーした一皿だったのだが…


これまた !!
DSC00475_201412011947002bf.jpg

 激ヤバ うまたん !!

程好く炒められた とうみょう のパリパリ、シャクシャク感に、桜エビの香ばしさが口中に芳しく拡がる…


ここで我々、あまりの美味さに笑い出してしまったのである。
(↑ 真実。まみ ではない。あと、クリーミー)


ここで急遽、
DSC00477_20141201194702af1.jpg
KTJM弟 3 、合流


ますますテンション上がってしまった我杯は、
DSC00478.jpg
雅乃詩 (合同酒精㈱)

DSC00479_201412011948400a9.jpg
…をば、トドメの一杯に頂戴する


その一口に合わせるのは、
DSC00480.jpg
エリンギ・ニンニク バター炒め で決まり !!


エリンギの柔らかな歯応えに、ニンニクの風味が酒を誘う… !!


…美味い… !!



安価なのに、その一皿一皿には一切の妥協ナシ !!


またもや最高の一軒を見つけてしまった !!

エライぞ、我杯 !! …笑



…それにしても、吉田類 先生 のネ申イベント前に完全暴走してしまった我杯…。
DSC00514_20140930055908b87.jpg
イベント中、そして終了後には完全崩壊。


その体たらくは、帰途にて一緒だった ケムラー先輩 の存在を完全忘却する、というカタチで顕現したのだった。



…ははは。こりゃケッサクだ
(↑ どぅくし )



次回のイベントの時もまた行こうっと !!


でも、安くてヲイシイ一軒だから、我杯だけのヒミツ !! …笑
(↑ 公言)

« »

12 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login