酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑み11 ~思い付きでこさえてみた~

もうニュース見たくない。


犯罪史上、稀に見る凶悪な少年事件の犯人が逮捕されたが、果たして真相は…?

判明したところで、我々は更に暗鬱な気持ちにさせられるのだろう。


そんなトコへ、都内で火災が発生、幼い兄妹が助からなかったというニュースが追打ちのように。

救助隊が火災のあった家屋に飛び込んだら、4歳の兄が2歳の妹の上に覆いかぶさるようにして倒れていたという。



…こんな小さな子供でさえ、命とは守るべき大切なものである、と理解しているじゃないか。


…それなのに… !!



…と、ここしばらく、かなりブルーかつ、激尾古な気分の我杯であります


どうにも何て言うんですかね、年取って体調崩すと、

人間としてのレベルが下がる

…んですかね?

身体機能の完全復調が実感出来ない反面、精神的脆弱さが増大してきているような…



最近、とにかくよく 泣く


ニュース見て泣く、大河ドラマ観て泣く、ドラえもんの6巻見て泣く…


とにかく泣いてばっかり




これはイカン !!




だから気分を紛らわす為に、最近、ヲ酒ではなく料理に逃げる


思い付きで調理してみた、

もつ煮込み


レシピも何も見ないで、「今までの記憶」で料理。


多分、モツ、ニンニク、ショウガ、大根、人参を、味噌と焼き鳥付け合せの辛子味噌を溶いたもので煮込むのだろう。





…てな感じでテキトーにやったら、ヒジョーに上手く(美味く)いった !!
DSC01649_201502282045593be.jpg
もちろん、煮込みにはホッピー


ヲ相手は、
DSC01653_201502282045591dd.jpg DSC01661_20150228204601271.jpg
梨奈 様 と、
古賀 えりりん
(↑ 最近、見掛けないケド…)



また、何を今更ながら我が宅に、
DSC01705_2015022820460260a.jpg
電気ブラン 様

…にヲ越し頂いた


もちろん、最初の一口は大冒険のストレートに
DSC01706_2015022821203598e.jpg DSC01707.jpg
ぎゃをっ

乳飲み子の我杯にはキツイので、これまたホッピーで割って呑む。


これが問答無用に美味いんだな~


電気ブランの風味がホッピーによって柔らかに、そしてより、味わい深く…


ヲ試しあれ !!



あと遂に自分で、
DSC01709.jpg
串焼き を作成。

スーパーとかで鳥皮とかレバー安く売っちょるけん、ヲ手頃たい(← ???)


…ところが、具材を串に刺す作業が非常に難しかった !!

以前、上野の「カドクラ」にて、そのテクニック(具材に対し、串を斜め上から縫うように刺していく)を盗み見ていたのだが、実際は… !!


何とか串に刺した物をヲーブン・レンジで焼くこと約5分…
(↑ 換気に失敗、部屋中に煙が立ち込める有様 危うく警報器鳴動… !! )



この時、合わせて、
DSC01710.jpg
とり皮煮込み

…をも同時進行してみた。


モツ煮込みが上手くいったので、気を良くして…笑


さぁて、どうかな !?
DSC01712_20150228221237cb2.jpg DSC01713.jpg
Bene !!

とり皮、表面はカリカリ、中(?)はムッチリとした焼き上がりッ !!
レバー、あの独特の食感、ふっくらとした食感を再現成功だッッッ !!
DSC01711_201502282213071b8.jpg
そして、とり皮煮込み
とり皮のクニクニ感を充分に保持したまま、一緒に煮込んだ大根のショミショミ感(← ?)がコレマタ !!



成功ゥゥゥーッ !!


このよい子達を、
DSC01714.jpg
エビスのレモン・エキス割で頂戴した。


レモン・ビール、美味い…


…店、開いてみる…笑



ある日。

近所にある関東最強神社・鷲宮神社にて新車の安全祈願をば
DSC01726.jpg DSC01724.jpg

そしたら、
DSC01727.jpg
ヲ土産(笑)くれたので、さっそくにヲ清め


(画像は静かにヲ神酒を頂く我杯のイメージ)
DSC01723_20150228212343f52.jpg
…。




…ぷしゅ~
(↑ 1合なので、あっつー間…笑)



毎度ヲ馴染み、福島県・会津は植木屋商店 3 より


2月分の頒布会は、
DSC01763.jpg
宮泉 純米酒 (会津若松・宮泉銘醸㈱)


…の御登場。

我杯好物の「果実系」の含み香がたまらない1本


呑み易いからついつい…

…てなことをせず、慌てず、 急いで、正確に頂戴する


同時に取り寄せた、
DSC01769_201502282126316d8.jpg
彌右衛門(やうえもん) ヤマヨ×別品Ver. (喜多方・大和川酒造)


コチラは御覧の通り、
DSC01771.jpg DSC01773_2015022821263354c.jpg
真っ白な、麹が生きている生酒で、開封すると、シュワシュワと芳しい香りが…

酸味の効いた、実にタマラナイ味わい…。


もう、本当にガブ呑み…笑



ここで我杯、またもや思い付きで、
DSC01765_20150228212346da3.jpg DSC01767.jpg
鳥つくね

…を作ってみた。

とりもも肉をミンチにしたものに、やはり とりナンコツを細かく砕いたものと大葉を混ぜ合わせ、塩コショー。
つなぎに卵黄を使用。


雰囲気出そうと串に刺すつもりが上手くいかず、そのままフライパンでテスト焼き。


そしたら、トリハダ立つ位に美味かった !!
(↑ 自讃…笑)


この時は白菜鍋で食べちゃった



あと、ヲマケで、
DSC01903.jpg
もちチーズ。

とろけちゃうチーズを餅に乗せて焼いただけ。


でも、美味い

ケチャップかけて食べたら、やっぱりソレっぽい一皿となった(← ?)






…この一年でいろいろと出来るようになったなぁ…(← ははは)




…さて !!


何とか気を取り直して、次回から更新、「いつも通りのノリ」で頑張ってみようかなっと !!



それじゃあ皆さん !!
次回のバカモノ・ブログに、
DSC01907_20150228212648239.jpg
Get Ready !!

思うこと

床に臥せってました…凹


やはり、体調不良は自業自得、自身の管理がなっていないからであり、思い当たる節も多々ある訳でして…。


ところで、傷病中や病み上がりてのは、どうにも気持ち的に「底辺」にあるというか、気弱になってる場合が多い。


ここでは、少し取り繕う意味で「感受性が敏感になっている」とさせてもらうが。


そんな状況の時に耳目にするニュースはどうにも厳しいものがある。


最近は国内外を問わず、理不尽な理由による犯罪の報道が多過ぎる。


目を背けたくなる内容ばかりだ。


ここでツライのが、報道で紹介される被害に遭われた方々の「映像」である。


とても「いい顔」をしているのだ。


それは自身を顧みず、ひたすらに他者の為に行動を起そうとしている青年の精悍な表情であったり、まだあどけなさの残る、少年少女の笑顔だったりする。


そんな報道を病み上がりで連続で見てしまったせいか、どうにも他人事に思えず心苦しい日々が続いている…。



病み上がりじゃなかったら思わないのか !?

と言われてしまいそうだが…凹


国内の犯罪であれば、いずれ犯人は検挙されて裁きを受ける時が来るのだろうが、皆さん御承知の通り、判決が下ったからと言ってそれが全く「解決」にならないことがまた、切ない。


しかも、最近の犯罪は複雑だ。


精神異常が理由であったり、少年少女自体が犯罪を引き起こす場合も少なくない。


それを理由に、判決は犯した内容に全く吊り合わない、軽いものだったりする。


いまだに、「被告には未来がある」とか、訳分からない判決理由が読み上げられているなぁ???


…遺された御遺族の心中、これまた図り知る事は出来ない。



だが、今どうしてもこれらの報道に切なくなり、やるせなくなり、ツラくなっちゃったニンゲンが一人、筆を取るならぬ、キーボードを叩いています。



何も出来ないのが更に心苦しいが、せめてこんなトコロから、御冥福を御祈り申し上げる事しか出来ないのです。

聖地巡礼47 ~東十条・三兼酒蔵~

…あ~、疲れた…


何がって、生まれて初めて「確定申告」なる手続きを踏んだのだが…。


我杯、住宅ローン控除なる「恩恵」に与れるらしかったので、必要な書類を集め、我ながら手際良く提出書類を作成することができた


3月半ばまでが提出期限だというので、
IMG_0912.jpg
慌てて管轄の税務署へ

朝9時から手続き開始というので、ほぼ時刻通りに赴いたのだが、コレマタ凄いシト、シト、シト…


番号札を受け取り、順番まで待つ事、数時間…






結局、完全解放の時刻は昼を経過していたとさ !!


でも、いくばくかの金額が戻って来るらしいから、モチロンに 呑み代 ローン返済に充当しますヨ
(↑ 意外に堅実。つか、当然だな)



さて。


2015年のヲープニング・イヴェント「元旦呑み鉄」にて大洗水族館で呑んだくれた我杯と カーノさん 。

無敵の青春18切符をフル活用し、那珂湊から一気に、

東京都・北区は東十条に上陸


そう !!

初詣 をしなければならないんですよ


そして、この東十条にある神社と言えば、
DSC01564_201502192239528b8.jpg
柏木神社 様 である !!


勿論、このバカモノ・ブログを御覧の皆さんなら、

『柏木』と書いて『ゆきりん』と読む

…というのは重々に御理解頂けていると思います…笑


我々が参拝したのは大体18時頃。
DSC01565_20150219223953c9a.jpg
静かな神社にて、深々と頭を下げる…


今年こそ、今年こそは… !!


DSC01567_201502192239537e3.jpg
さあ、ヲ参りを無事に済ませたあとは、モチロンにヲ清めですよ



駅前に戻り、潜伏したのは、
DSC01595.jpg

三兼酒蔵


DSC01594_2015021922395609b.jpg
元旦から営業とは、実に有難いヲ店である。

外から覗いたら、かなりの入客で入れるかどうかだったが、何故か2席空いていたので首尾よく


店内は20人?位は座れそうなカウンター席がメイン。


ヲ店中ほどの席に着陸した我々は早速に、
DSC01568_201502221703486ab.jpg
ぱんぱ~い

我杯は 白鹿 樽酒、 カーノさん は生中で旅の疲れを癒す


先ずは一皿に、
DSC01570_201502221703497eb.jpg  DSC01571_201502221703498cd.jpg
自家製煮込み、きんぴらごぼう をあてる

The Taste of Family 、きんぴら の嬉しい味付けで、白鹿のキレが増す


ほぼ満席
DSC01572.jpg
目の前のケースには出番を待つ食材が所狭しと並ぶ。


その中から、
DSC01574_20150222170352082.jpg
シイタケ、ピーマン串焼きをばチョイス。


日本酒には海鮮主義の我杯は、
DSC01575.jpg  DSC01576.jpg
ネギトロ をば


水族館で(美味そうな)ヲサカナを観てきたので、ようやくあり付けた感がいっぱい…笑


更には我杯好物の、
DSC01577_20150222170527e76.jpg
うな肝串焼き の苦味を堪能。


我杯手元の枡は瞬く間に空に

DSC01578.jpg
さて、次は何を呑んじゃるけぇのぅ、思案していると、隣席の御常連 3 のアドバイス。


この日、元旦ならではの一本、
DSC01579.jpg  DSC01580.jpg
白龍 元日初しぼり 純米吟醸無濾過生原酒 (新潟県・白龍酒造㈱)

…を頂戴する


この日の我杯は実に上機嫌である

何故ならこの「三兼酒蔵」 3 は、
DSC01582.jpg
我らが 吉田類 先生 、そして 倉本 康子 3 の御降臨せし聖地 !! 


散々に騒いだ後の疲れが美味い酒肴、賑やかな雰囲気で吹き飛ぶ


思わず、
DSC01581.jpg
マンエツなり、我杯…笑



この日、居合わせた御常連 3 と
DSC01583_201502221714363f0.jpg
どうやら野球ファンだったらしく、横浜信者の カーノさん と話に花が咲く


超絶「人見知り」の カーノさん が、こーいったノリになるのは珍しい…



まあまあ、今日は正月だ
めでてぇ、ということで(チントンテントテチントンシャン)
DSC01584_20150222171438f56.jpg  DSC01586_2015022217161333e.jpg
マグロ刺身、アジ焼の追加攻撃。


我杯、三杯目…笑
DSC01590_201502221716143d2.jpg  DSC01591.jpg
更にはネギ間串焼き で、元旦を味わい尽くす…



う~ん !!
楽しんだ !!
DSC01593.jpg
元旦から雰囲気のいいヲ店、しかも聖地に潜伏出来るとは、こいつァ春から縁起がいいワイ !!


これこそ、ゆきりんネ申ネ土 のヲ導きに違いない !!
有難う、ゆきりん !! (← 違う)




再訪を期しつつ、ここで撤収


こうして我々の2015年・元旦は終わりを告げるが、後日の相互報告活動により明朝はヲ互いにヌカミソのような状態に…





因みに。


この日の初詣で「ヲ守り」を購入したのだが、
DSC01952_20150222181021ad3.jpg
とある場所に奉納したら、何かのグッズにしか見えなくなってしまったとさ


chch

水族館のサカナが肴に見える件について ~大洗水族館を呑む !!~

私事、我杯が車を買い替えてから、もう1ヶ月を過ぎてしまった

だが、先代のマッハ號2世(三菱・トッポちゃん)に搭乗していた期間が長かったせいか、特にブレーキの掛かり具合に違和感を感じる…


そんなこんなで先代をいまだに懐古していたら、



ヲ菓子の「トッポ」を食べたくなってしまった…笑

中身のチョコがしっかり詰まってるのが嬉しい


食べたい時に食べたい物を食べると美味しいやぁねっ






「さぁて、それでは !!
natumi-ishizaki
中身はスッカスカ !! 酒場逃亡記、始まるよ~ ? 」
(↑ 
uss.gif kkk...)



毎年恒例の「元旦呑み鉄・2015」、茨城県は那珂湊にやってきた我杯と カーノさん 。


さっそく駅前にて、
DSC01472.jpg
かぜみな を発見。

しかし、ヲ楽しみはこれから。
あそびな、あそびな。


さすがに元旦、駅前、そして街中は行き交うシトもあまり見られずにとても静か…



酔っ払って歩いているので、足取りは重い…笑




(← イントロ)
1234!! 
「1 !! 2 !! 3 !! 4 !! 」
DSC01473.jpg
カイモンチョー
(↑ 御理解頂ける方だけで結構です…
uss.gif )



大きな橋に通りかかった。
DSC01474.jpg  DSC01475.jpg
橋の真ん中辺りで広々とした眺めを拝する…。



DSC01477.jpg
 松ぼっくりがあったとさっ 高いヲ山にあったとさっ
(↑ ???)


目的地の水族館までは(酔っ払いの)徒歩で2、30分を要したか。
DSC01551_20150218211857620.jpg
DSC01552_20150218211858fc5.jpg
第一目標の大洗水族館 に到着


入場は、
DSC01478.jpg
カーノさん が招待券を持っていたのでダーター


入場口を潜ると早速に、
DSC01479.jpgDSC01482.jpg
大きな水槽の中からヲサカナ 3 がヲ出迎え


…う~ん、ワサビとショウガの醤油が欲しい…


書初めが飾ってあったが…
DSC01485.jpg
何と、アシカが書いたらしい


上段に我杯と カーノさん に必要な二文字が…



奥へと進むと、
 
DSC01493.jpg
更に大きな水槽の中を、様々なヲサカナが悠々と。

DSC01490.jpg
水槽中央に渦巻く魚群は圧巻の眺め !!



…。
DSC01495.jpgDSC01498.jpg
エイって、裏側は妙に愛嬌あるよなぁ…笑


…を。
DSC01506_20150218212358b2b.jpg  DSC01504.jpg
  美味そうな アンコウだ
あと、リュウグウノツカイ…笑
(↑  uss.gif kkk...)



さて、この水族館の一つ目の目玉、
DSC01511_20150218212400302.jpg
マンボウ 様 を拝する。

その泳ぐ姿を見て不思議に思ったのだが、

あんなヒレの動きだけで真っ直ぐに泳げるのは不思議なモンだなぁ、と


あと、ネット上では、

「マンボウはちょっとしたことでスグ死んでしまう」

というウワサがまことしやかに出回っているが、事実無根、ウソハチマルマル、だそうである。

守れ、マンボウ 様 の御尊厳 !!


…ウゲ

我杯的恐怖タイム…
DSC01518.jpg
コレデモカな数のサメが群泳…
221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif


…いや、サメが怖いんでなくて、1mを越すサイズのサカナが怖いのである。

種類問わず。

例え、金魚みたいなヒラヒラしたヤツでもヤダ…



その形状があまりにも独特な、
DSC01519.jpg
アカシュモクザメ 様
Hammer Head Shark 。


この張り出た部位は、生体が発する微弱な電気を感知する働きがあり、また、水の抵抗を軽減するといった、実にユースフルなものであるらしい。


…スゲー



…をやをや…?
DSC01524.jpgDSC01525_20150218212901574.jpg
これまた 美味そうな キアンコウ 様ミズタコ 様

ミズダコ 様 の方は重量が36kgと、特に大型の個体であるそうで、タコ料理好きの 倉本 康子 様 がヨダレ垂らしそうだ…笑



何とも大きな、
DSC01530.jpg
マンボウ 様 の剥製。


全長3.0m、全高3.5mの、世界最大サイズ。

マンボウの主食はクラゲらしいが、よくこんなにデカくなれるモンだねぇ…


…出た。
DSC01536_201502192206539b2.jpg
ホホジロザメ 様 の剥製。


実は、サメてのはそれほど凶暴な生物ではないらしい。


「あの映画」が原因で、凶暴・凶悪なイメージが定着してしまった、てのは有名な話。


…だが…
DSC01538_20150219220655248.jpg
やっぱり、海中で追いかけられたら「助けてち~ん」と叫ばずにいられない…




さて、海の世界を堪能した我々、
DSC01540_20150218213149e9e.jpg
屋外のテラスにて新春の海を眺めながら

水族館呑み、達成…笑



DSC01548_20150218213151dec.jpg
ウバザメ 様 の剥製と、

DSC01549.jpg

DSC01550.jpg
マッコウクジラ 様 の骨格標本。


…なんとカルシウムフルな骨格であろうか…


なるほど、確かにこれなら単体で深海3000mまで潜行出来るはずだわ…



さて。

年の初めから観たいモノを見てすっかりゴマンエツな我々、復路の列車に身を委ねる


恒例・余裕のグリーン車にて、
DSC01558_201502182131544b0.jpg
反省会。


…まさか、このままヲ開きか… !?


「なんのなんの。青春18切符をフル活用するんですよ」


帰途、再びの勝田から、常磐線で一気に上野へ

そこから乗り込むは(何故か)京浜東北線



そして、辿り着くは…
DSC01563_20150218213253e6e.jpg
東十条 !! …笑


何故だ !?

何故、東十条なノカ !!


その答えは、これまた次回の講釈で。


元旦早々のバカモノ行脚はまだ終わらない…



tbc.jpg

2015 元旦呑み鉄 ~線路は続くヨ どこまでも~

bandicam 2015-02-14 16-53-05-725
「はぁ~い、全国の酒呑み、特にこんなバカモノ・ブログ見ちゃってる皆さん~ !! 」

IMG_7452-20150214.jpg
(↑ …あ。コダマ が紛れてるぞ…笑)

「今年も悪習・バレンタイン・デイは上手く回避出来たかしら~???

モチロン、我杯には何も無かったわよ~ん !!

意地でも チョコの奴隷 にはならなかったわよ !!

(↑ )

だけども、どうしても我杯にチョコ渡したい !! という女子高生や、優しくてカワイイ女性の皆さん !!


諦めないでね~ !!

我杯はいつでも 愛のプレゼントちゃん を受付中よ~~~ぃっ !! 」

(↑ 女王様、愛を下さい…)



いつもヲ世話になってヲります。

朝専用ブログ・酒場逃亡記です


皆さん、


明けましてヲメデトウござす !!


酒場逃亡記、ついに2015年の幕開けです !!
(↑ gzgz )


元旦の恒例行事、「元旦呑み鉄を今年も敢行してきたのであります。


今年一年の行く末を占う意味合いを持つ、この企画。
まさに一年の計はガンダムにあり !!
(↑ ツマラン…gzgz )


毎年、我杯と カーノさん は大晦日は「ダウンタウンの絶対に笑っては…」を観てからの打ち合わせとなり、しかもヲ互いにヲ酒を呑んでる状態なので、グズグズと話がまとまらない。



今回も、

「あ、もしもし」

(ばばぁ~ん) 浜田、アウト~」

「蝶野」

「ビンタ」
(↑ 互いにひとしきり笑う)



「…さて、明日はどうしましょうか」

「ええ、8時か9時の電車に乗ってもらいたいんですよ」

「…??? 何処行きの電車なんですの?」

「どこがいいですか」

「その前に、曖昧な時間指定はなんなのかね」

「ボクチャン的にはどこでもいいんですよ」



…こんなやりとりがしばらく続き、何だかんだで詳細が決定する。


これがもう二十数年続いている…



ほいでもって当日。
 DSC01451.jpg
快晴~

我杯の最寄り駅に、 カーノさん を乗せた電車が滑り込む

今年も「ハステとワステ」なバカモノ・ツアーが幕を上げる…笑


JR宇都宮線を下り、
DSC01453_20150214144949f29.jpg DSC01454.jpg
小山駅にて水戸線に乗り換え

友部駅にて常磐線。


それでは、
DSC01455.jpg  
ぱんぱ~い


…大体、ヲ互いに寝ぼけマナコである

打ち合わせ終わったら、朝が早いんだからとっとと寝ればいいものを、何だかいつまでもグズグズ起きているからである。

それでも我杯は1時頃には就寝したのだが、

「3時4時位まで起きていたんですよ(悔恨)


…どーせ、スマホで「皆さん」関連のネタを見ていたに違いない…笑



モッテコイの大快晴
DSC01458.jpg DSC01459.jpg
元旦、下り列車つーことで利用客は少ない。

新春の日差しをポカポカ浴びながら、ヲ酒も程好く巡ってきたのでテンション
agagagagagag


到着~
DSC01461.jpg
勝田~。

ここから楽しい楽しい ひたちなか海浜鉄道 様 を利用した。


細いホームの長ベンチにて電車の到着を待つ。
DSC01462.jpg
我杯得意のワンカップが旅情をそそりますなぁ
ねぇ? カーノさん 。


「ボクチャンですね、親戚筋のフジエ 3 が大阪に行ってしまったのが寂しいんですよ」



…私の話、聞いてます?




…を。
DSC01464_20150214145225454.jpg
来た来た

何だかのアニメのラッピングが施された車両に乗り込み、呑み鉄再開

コチラひたちなか海浜鉄道 様 の駅名標識は、
DSC01467.jpg DSC01468.jpg
DSC01469.jpg
駅名に因んだデザインになっていて、見ていて面白い



小さな電車に揺られる事20分弱
DSC01470.jpg
先ずはの目的地・那珂湊駅にとうちゃ~く


近くの市場にて海鮮&日本酒?



いやいや、同じ海のモノでも今回は、
DSC01471.jpg
恒例、水族館巡り !!


そう、我々は海のロマンを常に感じていたいトシゴロなんである…笑


さて、この那珂湊で何が起きたノカ !?


やっぱり大した事無いこの続きは次回の講釈で !!




tbc.jpg

自宅呑み10 ~黒い三連星~ Ver.1.01

何と !!

またもやNHK「クローズアップ現代」にて、ヲ酒に関する話題が取り上げられていた !!


でも、この前みたいなアル中とかの重いテーマではなく、

「今、『居酒屋文化』が面白い !! 」

といった内容。

しかも、番組が始まった途端に、あの聞き覚えのあるメロディが…


酒場放浪記OPにて流れる『Egyptian Fantasy』


と、同時に、全身黒尽くめの見覚えのある御姿が…


とうとう、国営放送局の番組に我らが 吉田類 先生 が御登場 !!


インタビューを受けながら、居酒屋の魅力をヲ語りに。


テレビ点けたらイキナリやってたから、慌てて録画。

ヲ酒を引っ掛ける余裕も無かったワイ…



さて。

自宅呑みのネタがすっかりたまってしまっていた



先ずは画像を御覧下さい

純米吟醸 みなみ



じゅんみな。


昨年(2014)の東武ファンフェスタ内にて販売されていたもの。

ラベルのキャラクターが東武鉄道の職員つーカラミ。


…まあ、一見、トホホな感じなのだが…
DSC01319_2015021220462404b.jpg
実は、美味しかった !!
(↑ ある意味、失礼)

すっきりとした呑み口、爽やかな余韻…
720ml 入りだったこともあり、僅かな間に一気に空けてしまった…笑


ふ~む、ふむふむ…
醸造元は 麻原酒造㈱ 3 (埼玉帝國・毛呂山町)

こら、今後も要チェックやなっ



次。

以前、大宮の立ち呑み「角打ち・酒屋の隣」にて出逢った逸品が、我が宅に降臨 !!



DSC01322.jpg
三連星 無濾過生原酒 純米吟醸 吟吹雪 (滋賀県・美冨久酒造㈱)


もう、ぬる燗で呑むのが最高 !!
注いだ椀より立ち上る馥郁たる香り、口中にて拡がる芳醇な味わい…

寒い日が続いた折、コレデモカ級に呑んだので、コレマタあっという間に…。

これは常備したい1本である !!



さて、この名前といい、ラベルのカラーリングといい、どーしたって、
DSC01324.jpg
こんなことやってみたくなる…笑

フィギュアはリック・ドムだが…

DSC01325_20150212204626e6b.jpg
「マッシュ !! ヲルテガ !! このヲ猪口にジェット・ストリーム・アタックを仕掛けるぞ !! 」




日本酒 三連星」

…で検索かけると、こんな事やってるシト、多数…笑

蔵元 3 がガンダム好きらしい。
ははは。



次。

DSC01622_201502122050081c8.jpg
におどり 限定特別純米酒 (埼玉帝國・武甲酒造㈱)

やはり、埼玉帝國は三郷市のヲ米を使用して醸された1本。

市の特産の一つらしい。

「ミジンコとプラナリア」の ひつじ 3 が(何故か)2本もくれた…笑

DSC01625.jpg
焼きサバに合わせて呑んだら美味かったさ


ど~もアリガトー。愛してるよー。
(↑ 棒読み…笑)



さて。

今年入ってから、BS-JAPANにて、

「ワカコ酒」

なる番組がスタートしている。
DSC01651.jpg
主演:武田 梨奈 様

26歳のOLが、様々な居酒屋を渡り歩き、美味い酒肴を口にしてニヤニヤする、という番組。
(↑ ははは)


…つまりは、「ヲんな酒場放浪記」なのだが、コチラはドラマ仕立て。


なので、訪れたヲ店の臨場感は全くと言っていいほど感じられない…



…だが !!
DSC01653.jpg
梨奈 様 演じるOL 3 が日本酒好き、てのがいいじゃあ内科 !!


何よりも、武田梨奈 様 が見目麗しい !!


これは目が放せない番組の登場である !!


そんな梨奈 様 を、
DSC01656_20150212205013423.jpg
夢心 おりがらみ 無濾過生原酒 (福島県・夢心酒造㈱)

…を口にしながら見守る…


我杯がいつもヲ酒を取り寄せている会津・植木屋商店 3 から。


本当に毎回毎回、外しが無い !!



DSC01657.jpg DSC01658.jpg
酸味の利いた一口は、二口、三口…

そして、ドラマで物足りなくなったので、「元祖」でヲさらい…笑

やっぱ、ヤッコ 3 のガハハな呑み方は見ていて気持ちエェなぁ…



「総統」
nm
ノミマス帝国 副総統 ワモノ・ヲカート


「いいですねぇ、武田梨奈 様

我々酒呑みとしましては、こーいった女性が酒場に来てくれれば、雰囲気も華やかになって嬉しい事この上ないんですよ」



「全くだよ、ワモノ君…」
nm012.jpeg
ノミマス帝国総統 アセドー・アルデヒード (我杯)


「実際、我々が赴く居酒屋に、こーいった若い女性の姿が増え始めているのは確かだ。

こうした方々に日本の居酒屋文化が継承されていくことを切に願ってやまないよ」



「でも、そしたらボクチャンですね、きっとソワソワしてしまうんですよ。

もしですよ?

武田梨奈 様 みたいなコがベイ・ファンや鉄子だったら話しかけちゃうんですよ
(↑ 下心)


「いや、それは注意が必要だぞ、ワモノ君…。

実は
武田梨奈 様

琉球少林流空手道 月心会

なる流派の有段者(二段)のスゴ腕なのだよ

2009年に公開された『ハイキック・ガール』なる映画に主演し、そのタイトル通りに華麗なる空手技を披露されていたのは
(一部では)有名な話だよ…

ヘタに馴れ馴れしく声でも掛けようものなら、鋭いハイキックで蹴り転がされた上に、ツバでも吐きかけられてしまうかもしれないぞ?」



「褒美やんけ」


nm 2013-09-09 22-05-04-125
「…何がだ?




…さて、時期はもう2月半ばではあるが、ようやく当ブログも内容的に2015年の話題に入る事が出来る」



「まったくもってズレまくったブログなんですよ」
(↑ 嘲笑)


「ぃやかましい

このブログの1年の始まりと言えば、モチロン元旦呑み鉄だ。

次回からこの話題を皆さんにヲ伝え出来る事は感銘の至り…。

ワモノ君の毎回の企画力にはアタマが上がらんよ」



nm
「ありがとーござす、総統

元旦呑み鉄こそ、ボクチャンが心血を注ぎ込んで世に送り出すザッツ・パーフェクト・イベント !!

抑えるべきポイントは抑える。

そこに外し、洩らしは有得ないんですよ」

(↑ 高鼻)


「うむ、まさに 天網恢恢 ソシラソファミレド、というヤツだな。
(↑ ???)


それでは諸君、次回のブログ更新まで、八海山でも呑んで待っていてくれたまえ !!







註…もちろん、次回もたいした内容じゃありません。

それでは次回も、


「ぷしゅ~

2014 こぼれ話 最終章 「晦日なヲレ」 ~幸手・友、玄海 杉戸・いこい~

をををっ !?

笑福亭鶴瓶 師匠がホストの「チマタの噺」(テレビ東京:火曜 PM23時58分)という番組で、以前、我杯が潜伏した
新宿「竹千代」が取り上げられていた !!


我杯が今まで潜伏したヲ店の中で、1番のインパクトを持つあの一軒が、まさか公共の電波に乗るとは…


まあ、ママもマサルちゃんも相変わらずヲ元気そうで…笑



…しかし、TVてのは色々なシトが観てるモンだね。


番組を見て、「あの竹千代ってヲ店、どんなトコだろう?」って、検索したんだろうねぇ


我杯のバカモノ・ブログに、普段は有得ない数のアクセス数が…
(↑ だって、『新宿 竹千代』でググッたら、1番にココがヒットするんやもん…笑)
bandicam 2015-02-11 01-00-04-085

…つか、ヲ陰様で、最近のアクセス数が妙に増えてきた…



てな訳で、最近このバカモノ・ブログにいらした皆さんにコンニチワ。

酒場逃亡記です。

基本、ヲ酒とヤマトとA○Bです…笑



いまだに2014年の話を引っ張るのだが、これにて最後。

この期に及んで2014忘年会のヒトコマだ(← ははは)


先ずは、かなりイレギュラーな予定で参加した我杯の根城、埼玉帝國は幸手市「友」の忘年会にて。


御常連 3 のゲッター 3 が持参した1本、

白目桜

…にありつく。

DSC01334.jpg
…埼玉帝國、てのはですね、実は日本酒に於いては全国有数の出荷量を誇るのであります

で、我杯の地元・幸手市にて収穫された「白目米」つーヲ米を醸して造り上げられた1本がコレ


DSC01331_20150202225650bd8.jpg DSC01335_20150202225651d3a.jpg
ヨソ(他県)にはない、独特の味わいが我杯の酒に痺れた舌を刺激する…


そんな一杯を、ママ 3 秘匿のヲ猪口と、ヲ手製の塩辛で流す…


「友」ママの料理は、本当に

ネ申 料理

なんですよ。


塩辛、バケツ一杯貰ってくれば良かった…



また、ある日。



DSC01435.jpg DSC01430.jpg
ヲ馴染み「いこい」の、2014最終営業日にツラを出した
(↑ ヲバチャンが『いいかい? 12月30日が(今年の)最後だからね !? 』と脅すモンだから…)



DSC01432_20150202225653d87.jpg
仕事中のマスターと ぱんぱ~い…笑


「を? 何しに来たんだよ?」


マスターのシニカルな問い掛けに、我杯は杯を空にすることで返答


実は、この日は別件で散々に引っ掛けていた。

トドメの一皿で、
DSC01433_20150202225926d2d.jpg DSC01434.jpg
アルコール・クリアな椀汁を頂戴する。


呑んだ後の、こーいった一杯には浄化という一言が相応しい。


あっさりとした味わいは、呑兵衛の痺れた感覚を通常世界に呼び戻してくれる…



その甲斐あってか、翌朝の大晦日。



我杯は簡単ながら、
DSC01437.jpg
乾麺な年越し蕎麦を(一人で)4人前食べた…笑


大掃除も済まし、過食な蕎麦がこなれてきたトコで、
DSC01448_20150202230224bb7.jpg
「玄海」に潜伏


今年(2014)最後だからと、
DSC01438.jpg DSC01440.jpg
熱燗に、滅多にヲーダーしない(笑) 中トロ を合わせる。



…ん~…



…ぷしゅ~


シメ。
DSC01446.jpg
本当に最後の年越蕎麦。

「玄海」でこの一皿を食し、我杯の酔いどれな365日は幕を降ろしたのだった…



大晦日の、年を越す前後あたりの厳かな雰囲気が好きだ。

帰途、
DSC01449.jpg
1年の締め括りと、新たな1年を迎え入れるための準備が整った神社。



来年も美味しいヲ酒が呑めますように…


手を合わせ、頭を垂れる我杯であった…



それでは皆さん、


よいヲ年を~ !!


gs
(じょわ~ん)




…なんつー、季節感の無いブログだ…

糸 ~ Hail 2 You ~

ありゃりゃ。

我杯の長年の付合いである友人・中Z 氏 が、



結婚



なんていう、所謂 『修羅の道』へと足を踏み入れてしまった…

やれやれだぜ…

カミ 3 が超絶カワイイのは認めてやるがなぁ !!


色々な機会を !! 楽しみを !!


君は失ってしまったのだよ !!
fhhhh.jpeg

独り身はいいよ?

楽しいよ?

ほ~ら、墓場は冷たくて気持ちいいよ~?



式が終わった直後にだなぁ、
DSC01830-1.jpg
我杯と コンバ 氏 で、二人の晴れの席をジャックしてやったY !! …笑




…あ~あ、ヲメデトウ…

2014 こぼれ話 聖地巡礼46 ~蒲田・山城~

(前回までのあらすじ…笑)

酒場逃亡記・初上陸の蒲田「鳥万 本店」にて至高の一時を過ごした我杯と KTJM兄さん 、次なる一軒を求めて彷徨う…。


次なる一軒は、我杯が以前から潜伏したかったヲ店。


それこそは、


山城


吉田類 先生酒場放浪記にて紹介されたヲ店なのだが、実は我杯には少々懸念があった。


というのも、実にアットホームな一軒として紹介されていたのである


「アットホームな雰囲気なら、入り易いではないか?」


…と、思われるかもしれないが、番組を観る限りでは 御常連 3 だけが集うヲ店 といった印象を受け、流石の我杯でもアウェーで終わってしまうのでは !? と心配していたのだが…。


まあ、 KTJM兄さん という心強い味方もいたので、思い切って暖簾を潜る


「いらっしゃい」


店主 3 が迎え入れてくれた他には誰もいない。


店内中央に大きな堀コタツ様式の卓。

その卓の一角に、
DSC01409.jpg
大きな鍋にて、多種多様のネタが出番を待つ


他に誰もいなかった、とゆーことで、
DSC01410.jpg
ゼイタクに対面の布陣


…居酒屋というよりは、もうほとんど「人の家」に上がり込んでしまったみたいな…笑


多数の御常連 3 に囲まれて…を期待&警戒していた我杯は、少し肩の力が抜けた
DSC01414-1.jpg
店主 3 にゴアイサツ

DSC01415_20150202210738c1b.jpg DSC01417_20150202210739a5e.jpg
気さくな店主 3 と酌み交わしつつ、目の前の大鍋からいくつかチョイス、熱燗で流す…


…たまらん…


しばし、ほっこり、とした時間が流れ、我杯と KTJM兄さん は暮れ行く2014年を見送る…。


…う~ん、最後は静かに、ゆっくり締まるノカ…




…と、ヲ酒の ネ申 様 は、そんな日和った考えの我杯を許さなかった !!


程無くしてヲ店に入ってきた、
DSC01420-1.jpg
御常連 3 達との大宴会、勃発 !! …笑


ここで我々の「呑み師魂」が大再燃 !!


あ"あ"あ"~ !! よっしゃいくぞ~ !!


何でも、ジョギングだか、マラソンだか、とにかく健康的な走りを御趣味とされていた皆さんだったようで、ひとっ走りされた後にヲ店に立ち寄られたようである


ああ~、我々も同じですよ。

居酒屋から居酒屋へと走り回ってたんですよ。
(↑ どぅくし )


ここで我杯と KTJM兄さん は夢の場面に遭遇する。


なんと、
DSC01422-1.jpg

DSC01423-1.jpg
淑女、淑女、淑女に囲まれたのである
(↑ 画像上:鼻乃下 デレ夫 画像下:目尻 下がり之助)

修正した画像越しにも我杯のデレスケ振りが十二分に伝わるかと…笑


余りにも有頂天になった我杯はこの後、生まれたままの姿で高速回転、全身を桃色に染めた桜吹雪となって蒲田の夜を飛び回るのであった…
(↑ ???)


…をっと、夢の大歓迎で、箸が動かない…笑
DSC01418.jpg
ヲ通しは酒呑みに嬉しい品揃え

この日は出番は無かったが、
DSC01419.jpg
通りに面した焼き台は、炉辺焼きよろしく焼き魚も堪能出来る。
店主 3 は以前は伊豆にて板前 3 として御活躍されていたそうだ。


一気に賑やかになった店内の雰囲気を堪能しつつ、
DSC01426_20150202210959977.jpg DSC01424_201502022110004e6.jpg
青梅の銘酒・澤乃井 で今回の逃亡劇、その成功を祝す
ヲ通しの厚焼きたまご、その絶妙の甘さに澤乃井のキレが冴える


「このヲ店は本当に良いヲ店です」


満面の笑みで教えてくれた御常連 3 の言葉が印象深い。



最後の最後で「めぐり合い」が出来たワイ




点数つけるなら、100点満点で1080点(税込)ナリ !!



必ず再訪を果たす !!



熱い思いを胸に秘め、我々はヲ店を後にしたのだった…




帰途、散々呑んだくれた割には平穏に地球(自宅)へと帰還。
yamato_03.gif



明朝のダメージも思ったほどではなかったのは、良いヲ酒を呑んだからか !?


そのヲ蔭で、次の日もシッカリ !! …笑




…さぁて、また蒲田方面に用事を作らなければならないな…





因みに、御常連 3 との会話の中で我杯がブログやってることがバレてしまったのだが、必死に秘匿。


…だって、こんなバカモノブログ見られたら恥ずかしいし…笑


「山城」 3 でヲ逢いした皆さん、もし、コレを御覧でしたら、「他の部分」で呆れないで下さいね~

2014 こぼれ話 聖地巡礼45 ~蒲田・大衆酒場 鳥万 本店~ Ver.1.01

ヒジョーにイヤな夢を見た。


正に「悪夢とゆーヤツだ


しかも、一晩に2ツ、クソッタレな2本立てである。


先ず1本目。

何だか、勤め先での話。

我杯は(どーゆー訳か)ヲ菓子を食べていた。

ミッキーマウスの何だかである…笑


そしたら、同じ職場のシトが現れ、


「そのヲ菓子、ヲ得意 3 に持って行く筈の品だよ !?

何で食べちゃうの !?

ココラ辺には売ってない、浦安限定のヲ菓子だぞ。

どうしてもこのヲ菓子じゃなきゃ駄目だから、今から浦安まで行って買って来て !! 」



…と、叱責を受ける。



ええ~ !?

今から !?
(↑ 夢の中では、あともう少しで終業時間だった)


何で今から浦安へ行かなくてはナランのだぁぁぁ~ !!


思いっきり(変な意味で)ハラワタが煮えくり返る我杯。



何で得意先に持参する菓子が、ミッキーネヅミの何たるかでなくてはならないノカ。


いや、それ以前に、イイ歳こいてヲ菓子を勝手に食べて、それを咎められる我杯って…


何かヲかしいぞ、そう思ったトコで夢が覚めた


因みに、こんな夢を見たのは、その日の昼間に甥っ子のデゼニーランド土産を食していたコトに起因すると思われる。



そして、更に追い討ちをかけるかのような悪夢を見たのだが、コレマタ筆舌に尽くし難く、ココでは表現不可能。


夢とは言え、そんなモンで快適な眠りを自ら妨げる自身に腹が立つ。


…いや、一番悪いのは イヤミくん だ !! …笑



さて。

KTJM兄さん と2014年最後の逃亡劇を繰り広げる我杯は初上陸の、

蒲田駅に降り立つ

果たして、この地には…?

DSC01376_2015020116455585a.jpg
実はこの日以前に KTJM兄さん から、

「蒲田でサイコーの一軒を発見 !! 」

との報を受け、今回の運びと相成った訳である。


そんな我々がアシを向けたるは、JR蒲田駅から歩いて2、3分に立地にある、
DSC01378_20150201164557ae7.jpg

大衆酒場 鳥万 本店

…へと。

DSC01379_201502011721212f1.jpg
このヲ店、
DSC01380_20150201172122164.jpg
何と、一軒の居酒屋ビルなのだ !!


3、4階は座敷席フロアのようで、もうビル1本まるっ、と大宴会なのである


そして、我らが 吉田類 先生 は勿論、倉本 康子 姐 3 も御降臨された一軒。


期待に胸を膨らませ、暖簾を潜る。


店内は、
DSC01382.jpg
年末だけあり、物凄い賑やかな盛り上がり振り


我々は首尾よく1階の隅、テーブル席へ着陸

DSC01383.jpg
ヲ通しは小さな柿ピーパックが供された。

早速に届いたジョッキを片手に、
DSC01385.jpg
ホイ、本番、開始 !!

この、店内の盛り上がりに一刻も早く追随しなければならない !!

我々の(変な)使命感はメラメラと燃え上がったのであった !!


さて、 KTJM兄さん はこのヲ店で魂を奪われた一皿があったと言う。


その一皿こそが、この、
DSC01386.jpg
若鶏の唐揚

…であったと !!


ほぐほぐ…
DSC01387.jpg
通常、供されるような一口サイズの唐揚げと違い、その大きなカタマリに思わずノドが鳴る


思い切ってガブリ
DSC01390.jpg
…。


う~ん !!


トリカラ、万歳 !!


スパイシー、そして、サクサクの衣に包まれたズッシリ鶏肉は充分な歯応えを感じさせつつ、柔らかな弾力でもって口中にて散華する。


ヲよそKFCとは異なる、「ヲトナのフライドチキン」 !!


久々に肉食男子に戻った我杯、この旨味をファーストジョッキの焼酎ハイボールで流す。


更なる追い討ちをかける。
DSC01391.jpg DSC01393_20150201173434a6f.jpg
鯵たたき、もやしにら玉

…を目の前に配しつつ、この皿に合わせるべき杯を模索。


ところでこの「鳥万」 3 、ヲーダーは、
DSC01394.jpg
こんな注文伝票を通すのである。


ビッシリと記されたのヲ品書きの中から、我々の通したヲーダーに素早くチェックを入れる店員 3 に、プロの在り方を見た !!


ヲ酒が進めば、食も進む
DSC01398.jpg DSC01399.jpg
ねぎホイコーロー、揚げなすをつまむ為に、我杯は、

DSC01397.jpg
いか酒

…に手を出す。


炙ったイカを、燗酒に放り込み、あおる。

炙られたイカの香ばしい香りが我杯の鼻腔を至福へ誘う…


この時、我杯は『世界』になったのだ。
(↑ ??? )




そして、『時』は動き出す…。



gogogogogo.gif
DSC01402.jpg
…はっ


…何故、目の前に「アジフライ」が !?
(↑ この日、2皿目…笑)


「ヲレ、アジフライ大好きなんスよ」


…なるほど、 KTJM兄さん のスタンド「ピーチエンジェル・ハルヲちゃん」が発動したという訳か。
やれやれ だぜ…
(↑ ???)




しかし、賑やかなヲ店である。
DSC01406_201502011739583bc.jpg
しかも、安い !!


安心して寛げる雰囲気。


蒲田。

我杯の本拠地・埼玉帝國からアシを運ぶのは中々難しいが、逆に近所でなくて幸運だったかも !?


こんなヲ店が近くにあったら、毎日通ってしまうのは間違い無いからである。


財布が保たない…笑



我々は過ぎ去ろうとする2014年末をシッカリと堪能するのであった。




流石は聖地 !!


またの再訪を期しつつ、我々はヲ店を後にする



もちろん、せっかくの蒲田である。


もう一軒 !!



しかし、ココは我杯にとってアウェーな土地柄 !!


深入りすれば、またもや帰途の電車で乗り過ごし、大損害を被るんじゃあないノカ !?


果たして、我杯は無事に済むのだろうかッ !?






dounaru

「どうなる !? 酒場逃亡記 !! 」





この後の少しも気にならない逃亡劇は次回の講釈で…
 tbc.jpg
チャンチャン♪

« »

02 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login