酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼49 ~東京スカイツリー・のみくい処 かどや~

いつもヲ世話になってヲります。


何だか、かなり老け込んだらしい我杯です。


いやですね、何軒か呑み歩きを重ねてたんですが、行く先々で

「ええっ !? 思ったより若いんですね !? 」

…という言葉を複数回、しかも、短期間の間に言われてしまったんですよ


実年齢より一回り以上、上に見えるらしい。
(↑ 凹凹凹)


確かに「若い」という年齢ではなくなってはいるが、それにしても…


毎朝、自身のシケ面を眺めては、くたびれてるなぁ、とは思っていたが、改めてヨソ様に言われると悲しさ倍増。


ニンゲン、何歳だろうが、身体的には見た目通りの年齢と能力になってしまうらしい。


…若いのは「アタマの中身」だけか…。
(↑ 若いのではなく、幼い)




(バァァァーン)

…。

東武鉄道、とうきょうスカイツリー駅ッ !!

言わずと知れたアソコなのだが、今回は鉄塔を観に来たのではないッ。


鉄塔の下にあるショッピングモールみたいなトコで買い物。
DSC01862_20150330204732c7e.jpg
はせがわ酒店

クレジットカードのポイントが貯まってたので、チョイと「イイ買い物」を


もちろん、それだけではない。
DSC01864.jpg
時間調整もしてきたのだ、夕陽が傾く頃合は、ジョッキを傾ける時間でもあるのだ



今回、ヲジャマしたのは、
DSC01865_20150330204734c63.jpg

のみくい処 かどや


もちろん、聖地巡礼と謳うからには、
DSC01866_20150330204735153.jpg
我らが 吉田類 先生 が御降臨された一軒。


毎日午後3時から営業してくれるウレシイ一軒に、ニコニコしながら暖簾を潜る
(↑ カミソリ)


我杯がヲ店を訪れたのは16:27(ヒトロクフタナナ)時頃。

店内には何組かの 先客 3 。

カウンター席に案内され、先ずはの一杯に
DSC01867_20150330211617f20.jpg
而今 純米吟醸 無濾過生(三重県・木屋正酒造合資会社)


…をば、一発目に !!

過去、行く先々でヲーダーを通すのだが、品切れでありつけなかった一本にようやく… !!

もちろん、口に含んだ時の感動は…


我杯がへばり付いたカウンター席の目の前には、
DSC01868_20150330211620d4e.jpg
ふ~む、ふむふむ…

コチラは後のヲタノシミとして、やはり、而今に合わせる肴をヲーダーせねばなるまい


嬉しかった我杯は、
DSC01869.jpg
とってもウレシイ刺身盛合せをば


しかし、一杯目は既に空になったので、二杯目に
DSC01872_20150330211621af2.jpg
雪の茅舎 本荘 中取り純米吟醸 (秋田県・㈱齋彌酒造店)


…をば頂戴する


我杯の座したその背中には、
DSC01875_2015033021162392e.jpg
宝箱が置かれていた…

選り取り見取りだねぇ…
(↑ もちろん、タダではない)



この「かどや 3 」、
DSC01876.jpg
安い。

とにかく安い。

暖簾に大きく「大衆酒場」と掲げるだけあり、心強い我々のミカタなのだ


さて。
今回の(我杯的)メインイヴェント。

「酒場放浪記」で紹介された「あの一杯」を試す時が来た。
DSC01877_20150330211753040.jpg
タクシードライバー (岩手県・喜久盛酒造㈱)


…もう、ラベルのインパクトが…

ロバート・デ・ニーロ主演の映画が元ネタらしいが、岩手の日本酒とどう繋がったかは不明…


しかし、キワモノではない味わいは充分に我杯の口を楽しませてくれる



周囲のヲ客 3 達が、このヲ店名物の「ハムカツ」をヲーダーしていく中、我杯は敢えて、
DSC01878_20150330211753ebf.jpg
明太子入り 里芋コロッケ をば
(ハムカツはそのブ厚さがウリなのだが、ハラ具合を考慮して回避)


いや、参った !!
DSC01879_20150330211754356.jpg
サクサクの衣を開帳すれば、中身は熱々の里芋に明太子が練り込まれている。

DSC01880_20150330220417fe4.jpg
美味い !!
里芋と明太子の絶妙なカラミがこれまた… !!

この里芋コロッケのヲ蔭で、我杯のタクシードライバーは大暴走、あっつー間に「ガス欠」に…笑


小一時間は居座ったか。

気付けば店内は満席に。

若い女性客が数多く見受けられ、彼女達の世代に「居酒屋文化」が確実に浸透していることが分かる。


その中、若いカップル 3 が我杯の近くのテーブルに。

男性はすぐさま生ビールをヲーダーするが、女性は中々にヲーダーが決まらない。


熟考の末、彼女が選んだのは…


(日本酒の)十四代、下さい…」



…やるな…?
(A定食、下さぁぁぁい)

大層に賑やかになってきたので、我杯はココラで
DSC01881_20150330211756391.jpg
ウム !!

流石は聖地 !!

品揃え、味、雰囲気に大満足である !!


駅からはチョイと時間を要する立地で、中々にアシを向けられそうにないが、これは御近所 3 がウラマラしい !!


夕闇迫る墨田の街をフラフラ
フラフラ
DSC01884_20150330211907c00.jpg
実に年代を感じさせる床屋 3 を発見

我杯、ガキの頃から散髪は友人のパール君のトコなのだが、確か、昔はこんな感じだったなぁ…。
(↑ ヲ店の設備のコトな。シャワーとか無かったじゃん、昔)


ノスタルジックな想いに浸る間も無く、
DSC01887_20150330211908421.jpg
鉄塔は夕闇の中にもその巨大なシルエットで存在感を示す…


さて。
このまま帰宅すれば、雰囲気が出ているブログで終わったのだが、「あのシト達」とのアポが取れてしまった…


この後、我杯が何をしたのかはコレマタ次回の講釈で。

旅はまだまだ続きます
tbc.jpg




「呑み過ぎて 呑み過ぎて 呑み過ぎて  もう僕は 酒以外 呑んでない」

そ…そんな… !!

りっちゃん…


…まさか、メガンテ(卒業宣言)するなんて…









許す馬路、ノコギリ野郎…
(↑ 激尾古)




…まだまだこれから、総選挙も楽しみにしていたのに…

聖地巡礼48 ~池袋・酒蔵 三福~

(↑ 48 )


いつもヲ世話になってヲります。


いや、我杯もですね、更新はマメにやろう、マメにやろうとはしているんですよ。


ところがですね、世の中には色々とノッピキならない事情というものがありましてですね、中々にコレは難しいトコロなんですよ。


ホレ、ため 盗り 撮りしたビデヲとかも観なくちゃあ、ならないし…。


酒場放浪記とかワカコ酒とか、マジすk…(略)



さて。

何を今更で悪いのだが、我が友人・中Z 氏 が挙式してから早1ヶ月以上…


改めてヲメデトウなのだが、この日、流石なる我杯はやはりタダでは会場にアシを向けなかった。


自宅を出て、大宮駅にて乗換えを待っていると…



をを !!

素晴らしい編成に出逢えましたYO !!


その名も、ジョイフル・トレイン、
DSC01775_20150324213240edf.jpg
宴 様 ですYO !!


JR東日本が全銀河に誇るウルトラ・ヲ座敷列車。


文字通り、車両内のヲ座敷にて、
DSC01778.jpg
宴会が出来るのである。


素晴らしい !!


世の中、宴会こそ全てだ !!
(↑ …ほとんど一刻館の住人ではないか…)


我杯も宴会旅行やってみたいなぁ、と思いながら電車に揺られ、
DSC01779_2015032421324489d.jpg
ブクロに到着。


待ち合わせていた友人・バード 氏 と カネピン 氏 に遅刻をカマし、大迷惑を掛けて我杯の池袋行脚はスタートした。
(↑ すまんかったッス)


式場。
DSC01797_20150324213245024.jpg
ぱんぱ~い


この時、何故か我杯は 心労 新郎の 中Z 氏 を見ながら、ずっとつぶあんの乗った団子の事ばかりを考えていた


結婚式と申さば、一種の同窓会である。
DSC01802-1.jpg DSC01816.jpg
超絶ヒサブリな友人達との再会を楽しみつつ、ヲ酒もシッカリ


もう一つの楽しみと言えば、
DSC01804_20150324220506e65.jpg DSC01812_20150324220506f15.jpg
滅多にあり付けないヲ料理の数々である

ウム !!
素晴らしい「ヲ酒のツマミ達」だっ。

我杯はまたこんな豪華な料理を食べたいぞっ。


また誰か結婚すれ !!
(↑ …)



式会場はサンシャイン60だったので、
DSC01814.jpg
美しい夜景も堪能

我杯はケムリと同じで高い所が大好きなのだが、同席した テジ 氏 はNGだそうで、窓の近くにすら寄り付かなかった…笑





ヲシ !!
今度、皆でスカイツイリー行こうぜ !! (へっへっへっ…)



たぁての糸はあなたぁ~ よ~この糸はわぁたしぃ~



ツツガ無く式は終わり、我杯的にはこれからが本番

我杯の逃亡に ニシ 氏 、コンバ 氏 が共犯してくれた。

そんな二人を引き連れて潜伏したのは…

DSC01848_201503242214321e8.jpg

酒蔵 三福


この直前に「酒場放浪記」にて紹介されていた。

年末年始以外は無休、PM15:00(ヒトゴーマルマル)時に開店しちゃうウレシイ一軒。


聖地へのスピード巡礼が叶ったことに、我杯の呑み魂は歓喜に打ち震える


 吉田類 先生 が降臨された1階カウンター席は満席だったので、2階へと通される。

テーブルへとへばりついた我々、
DSC01831.jpg
ハイ、ヲ疲れ様~

この時に我々が傾けたのは、酎ハイを黒ビールで割った「黒チュー」なる一杯


…まあ、アレだ、我杯的にはホッピー黒だ…笑


何を食うべぇか。
DSC01832_20150324221434859.jpg
豊富な手書きメニューの中から、


DSC01834_201503242214352be.jpg DSC01836_201503242214377fb.jpg
モツ煮込み あん肝 をば

モツ煮込みには、ナンコツ部位も。
それがマタ柔らかく煮込まれていて、味、食感の両方が楽しめる


…あ。

この冬、我杯はあん肝ポン酢を2回、自分で料理したんですよ。

何とか上手く出来たが…

正直プロの味付けには敵わん !!



このヲ店は「やきとん」がウリ。
DSC01837_201503242216280df.jpg DSC01838.jpg
レバ串 たたきナンコツ串 をフラゲ

たたきナンコツ串は、
DSC01839_20150324221630615.jpg
ゴリゴリとしたナンコツの食感にコメカミ部分が疲れてくる、ヒジョーに「食いで」のある1本


ヒサブリな上、ヲ酒もフンダンに入っていたので、
DSC01840-1.jpg
駄トークに花が咲く…笑


「アレ? 俺達って、同ぃドシだっけか !?

…をを !! そうであったか !! 」



なんのこっちゃ…笑


やっぱり同級生は、いつまでも経っても「同級生」なんだなぁ…笑



「やきとん」部位の解説。
DSC01845.jpg
今更ながらに「へぇ~」みたいなものも。


…「シロ」って、具材の色合いからきた名前なのかと思ってた。


流石に池袋、流石に聖地。

もっと杯を傾けたかったが、皆、一斉に

「明日、仕事じゃん…

…と、一気にローギア入ってしまったので撤収…



二人と別れ、一人帰途に就いた我杯、またもや危うく乗り過ごすトコだった…

(↑ もういい加減、学習しようね…)

ガンガレ、成田山 ~一ノ割・大衆割烹 やまよし~

いつもヲ世話になってヲります。


泣き虫ブログの酒場逃亡記です


またニュース見て泣いていました(恥)


北陸新幹線、開通 !!


…のニュースで…笑




北陸方面から東京へ単身赴任しているヲ父さんが、新幹線のヲ蔭で帰省し易くなったとのインタビュー

新幹線から降りてくるヲ父さんに、出迎えのヲ子チャマが


「ヲ父さん !! ヲ父さん !!


…と、飛びついて抱きつく場面が報じられていた





…もう、ダメ…


よかったね、よかったね、と目を潤ませる我杯…


別に生き別れだったとかではあるまいに…


…もはや、病気なノカ !?



3月。

それは、「審査」の月。

「とある武道」や「とある道道」では、この月に昇級・昇段審査が行われるのであるが、今回は「とある武道」の実力者の一人である 成田山 が参段審査に挑まれるという。


じゃあ、激励会だ !! との口実で一席…笑


今回の審査には、「とある武道」の筆頭家老であらせられる T.Kura 3 も関与されるので、そのヲ膝元である、

東武スカイチュリーラインは、一ノ割駅からヲ届け


駅にて成田山と合流した我杯、モチロンに聖地の
DSC01729.jpg

大衆割烹 やまよし


…へと潜伏


以前、潜伏した時以来、そのヲ店の雰囲気に魅了され、再訪を期していたのだが…。

今回、コレマタよい口実が出来たワイ…笑


小上がりに座した我々、早速に やまよし 名物、
DSC01731.jpg
バラエティ ヲ通し

この一皿だけで一杯二杯は呑めてしまう


ハイ、それでは昇段審査、ガンガッて下さい !!
DSC01732_20150318214443a9e.jpg DSC01734_2015031821444568e.jpg
ぱんぱ~い
我杯のチョイスしたヲ猪口、歪んだカタチに遊びゴコロを垣間見る。


この「やまよし」 3 、料理が素晴らしい

先ずはの一皿目は、
DSC01735_201503182158169be.jpg
自家製〆サバ を頂戴する。

程好く〆られたサバの旨味には、やはり日本酒でしょう。

DSC01737.jpg
DSC01738_20150318224223ce2.jpg
國権 俺の出番 特別本醸造 (福島県・国権酒造㈱)

…を頂戴する。


干支に由来したラベル・デザインなんだそーだ
タイガースが真珠湾奇襲攻撃に成功したとかでワないらしい


他にも、
DSC01739_20150318215818900.jpg DSC01741.jpg
アジ刺身里芋煮 をば堪能


我杯、ここぞとばかりに日本酒をヲーダー
DSC01742.jpg
飛露喜 特別純米 (福島県・廣木酒造)


里芋煮の美味さが引き立つ…


…どうやら店主 3 、福島は会津方面のヲ酒を取り寄せているようで、どうやら我杯との好みが合いそうである

冷蔵庫の中を拝見すれば、まだまだ隠し在庫はありそうなので、また潜伏調査せねばナラン


はたまた、
DSC01746.jpg
肉じゃが に舌鼓を打つ

薄めの味付けが口に優しい…



「そんなに日本酒がヲ好みでしたら」


…と、店主 3 が冷蔵庫の奥の奥から取り出したるは、
DSC01748.jpg
酔鯨 純米吟醸 吟麗 しぼりたて (高知県・酔鯨酒造㈱)


…ををっと !!
コチラ、季節限定出荷、というレアな1本
(↑ もう今時分にゃ出回ってないハズ)

レア物、つー響きに我杯の酔い痴れ度は益々…agag agag agag



シメには勿論、
DSC01750.jpg DSC01752.jpg
特製、つみれ団子汁 を頂戴する。

やはり、さっぱりとした味付けは、一席のシメには相応しい




…あ~、呑んだ呑んだ !!


…って、今回は何の集まりであったか…?



…と、スットボケ倒したところで、
DSC01753.jpg
成田山の審査合格を祈念して !!


…まあ、成田山の御実力であれば、難なく合格でございますでしょう


コレを御覧の頃には、合格も確定しとるでしょうから、我杯は遠くから御活躍をヲ見守り申上げてヲりまする…





…で、今回の審査と我杯に何か関連はあったのか???



…ふふふ…。


もちろん、無関係でした。


我杯は「そのうち」頑張りまぁす



そのうちにこの呑んだクレは道場出入り禁止になるでしょう。
DSC00605.jpg
以上、(異常)気象情報でしたっ」

天翔十字鳳 ~春日部・季寄せ料理 暖歩~

いつもヲ世話になってヲります。


う~む…。
どうしてこうも月日の経過するのは早いのだろうか。

「矢の如し」ドコロではない。

音速、光速…否、

ネ申速

であるな。


こうも早いんだから、そらァ、甥っ子もいつの間にか10歳にならぁな


こらァ、思ったより早い感覚で呑みに出掛けられそうだ…



さて。

我杯が所属する「とある武道」の道場では、毎年恒例として新年会を開催するのだが、今年も開催されたので参加。
(↑ T.Kura 3 、『何を今更 !! 』とか言わないで下さい !! )


そりゃあ、ヲ酒が呑めるのだから外す理由は無い…笑
DSC01672.jpg
我杯、何故か持ち込みの 指 3 ワンカップで…笑


…嬉しいじゃないですか。
「とある武道」大好き !! な現役女子高生
(↑ モチロン、ソフトドリンクだが)

…え?
今年の春にはもう卒業して専門学校 !?


…この前まで小学生だったよねぇ…?



我杯的に嬉しいのは、様々なヲ酒が振舞われる事である
DSC01674.jpgDSC01675.jpg
へへへ。
「久保田 萬寿」、まんまと道場長のトコから掠め取ってきたのであります…

DSC01676.jpg

はたまた、これは超絶限定品 !!
DSC01677.jpg DSC01679.jpg
こんな恐ろしい一本が出回っていたのでござす
(鹿児島県・丸西酒造合資会社)

芋焼酎。


…あ、そうだ。
DSC01680.jpg
テディベア師範代、御 商談 昇段、ヲめでとう御座います


…御昇段の時期が遅かったですよねぇ?

師範代の御功労ならば、もう5、6年は早く昇段されても不思議ちゃんでは無かったと、我々下々のニンゲンは案じてヲりました…



「萬寿」を呑めさえすれば、目的は果たしたようなモノ。
(↑ どぅくし )


我杯は独り、道場からほど近い立地の一軒にアシを向けたのであります


その一軒こそが、
DSC01696_20150315180910ed4.jpg

暖歩 (だんぽ)


DSC01697.jpg
比較的、最近に開店した一軒。


我杯的に、新しく開店したヲ店には「ヲ店が暖まるまで」アシを向けないのだが、店頭のディスプレイに、
DSC01698_2015031518091339c.jpg
青森県の銘酒「田酒」がこれ見よがしに…


コレは…潜伏しない訳にはいかない !!

開店と同時に暖簾を潜る


カウンター席に着陸
DSC01681.jpg
キレイな店内

武田 梨奈 様 ばりにニヤニヤしながら、
(↑ 気持ち悪い)
DSC01683.jpg
ヲ品書きを眺める。

DSC01684.jpg
ふ~む、ふむふむ…


先ずはの一杯に、
DSC01685.jpg
黒龍 垂れ口 本醸造 (福井県・黒龍酒造㈱)

…をば、常温で頂戴する。


このしばらく前、やはり「とある武道」で共に稽古に励む 人間大吟醸・盛 3 より、

「福井の黒龍、美味しいよ~???」

と、情報提供があったので、もう迷い無く。


…ほほほ。


情報に間違いは無かった。


キレのある呑み口に、我杯は「ぷしゅ~連発…笑


美味いヲ酒には、美味いヲ皿を当てたいですなっ。
DSC01686.jpg
王様気分、選り取り刺身盛合せをば

まぐろ、ぶり、〆サバ をチョイス。

我杯はね、
DSC01687.jpg
付け合わせのワサビとかツマ、大葉とかの配置や在り方が気になる性質なんですよ。


セリフのない脇役に厳しく目を光らせる 蜷川幸雄 先生 みたいなね。
(↑ ???)


このワサビだって、こんなにミドリミドリしてるから、ヲ刺身が美味しく頂戴出来るんですよ
DSC01689_20150315181137e6d.jpgDSC01690.jpg
ほ~れ、ほれぇ、承太郎センパァ~イ?

あんまりにも刺身が美味しいからァッ !!
DSC01691.jpgDSC01693_20150315181141289.jpg
我杯はとうとう切り札の 田酒 特別純米山廃仕込 (青森県・㈱西田酒造店)

…を頂戴するしかないじゃあないかァァァーッ !!


…う~む、(我杯的に)青森のヲ酒は他の東北のヲ酒と比べてコレマタ独特だなぁ…


その旨味と刺身の至福なる組み合わせに、我杯は今回の「目の付け所」が、タイムショックの全問正解級に正しかったことを悟る…



次の日は(クソッタレの)出勤だったので、残念ながら早々に撤収


地球(自宅)に帰還した我杯は、
DSC01701_201503151813168c0.jpgDSC01702.jpg
道場で振舞われたヲリジナル・どら焼きを食し、


更には、
DSC01703.jpgDSC01704.jpg
大好物のズーチーキーケーをホール丸ごと独りで…笑


ヲ酒呑んで、コレデモカなスイーツ爆弾の投下…。


死んじゃうよ?
死んじゃうよ?


それでいいのかい???



いや、我杯は死なない。


美味いヲ酒を呑み尽くすまでこの信念、



退かヌ !!
媚びヌ !!
省みヌ !!

(↑ 言ってな言ってな あと、山田うどん)

上野動物園を呑む !! ~ 上野・上野動物園、肉の大山 ~

いつもヲ世話になってヲります。


イカン、イカン !!
気付いたら全く更新してなかったでは内科 !!


…忙しいと言えば忙しい。

つくづく、ブログなんてモンは暇なニンゲンのやることなんだなぁ、と思う…笑


つか、どうにも世間は色々なことがあり過ぎる。

一つ一つに関心を寄せていたら、(我杯なりに)あれやこれと考えに耽り…。


…う~ん、もう一つ二つ、ノーミソが欲しい。
我杯の小さな中身じゃ処理し切れないワイ !!



さて。

思い付きで我杯の甥っ子怪獣(アニキ)と遊んできた

正月にちゃんとヲ年玉をあげていなかったのと、10歳の誕生日だったので、じゃあ、何かフンパツしてやんべぇか、と。
(↑ 殊勝)


甥っ子と合流した我杯は、東京・上野に降り立つ


…我杯宅から比較的近所にあった比類無き「トイザらす」がいつの間にか閉店、そこそこの品揃えのヲ店を他に知らなかったからである。



…そうだ

せっかくココまでアシを延ばしたのだからと、

上野動物園

…に降臨。


動物園なんて、何年ぶりだんべぇか…



上野の動物園といえば、パンダなのだが、我杯、実はパンダという生き物をマトモに見た覚えが無い。


幼少の砌(笑)、親や祖母に連れられて来たことはあったが、凄い人出だったので、背の小さな我杯はマトモに見えなかったとか、奥に引っ込んで出てこなかったとか。



今日はどうでしょう。
DSC02022_20150312221004427.jpg
…。


ぐたー。


なんだ、この「やる気の無さ」は…



「ボクのお母さん、家でいつもこうだよ」


…。


ええいっ、情け無い母(← 我杯の実妹)をもったものだなっ


まあ、取り敢えず、
DSC02023-1.jpg
パンダ見ながらワンカップ呑んでやった。
これにて「動物園呑み」、達成 !! …笑



「サル山、面白いんだよ」
DSC02028_20150312221006433.jpg
甥っ子がそういって駆けて行くので、追随


…う~む、確かに何だか見入ってしまう。



仲間の毛づくろいをしたり、寄り添って寒さをしのいだり、小さな子猿の面倒を見たりと、様々な様子がユーモラスに見えてくる…


何だか、久々にほっ、とした気がするワイ…



うむ?
DSC02031_20150312221006ddb.jpg
ふ~む、ふむふむ…。


油断するとツバや尿をひっかけられる…。


…。


褒美やんけ。




…ヲ、モノレールがある。

乗ろう !!
DSC02032_20150312221008e39.jpg DSC02033-1.jpg
…と、乗り込んだら…
「ボク、高いのキライなんだよ」(← 後悔)


をや、ヲジチャンと正反対ではないか。

ヲジチャンは煙と同じで、高い場所が大好きなんだ


DSC02034_20150312221009495.jpg
  走れ !! ペンギン !!



…をや、コレは… !!
DSC02036-1.jpg
はるか昔に絶滅してしまったという巨鳥、エピヲ(オ)ルニス であろうか。


…我杯、こーいった分野に興味を持ったキッカケは、全て「ドラえもん」のヲ陰。
作中にこーいった自然科学分野の話題が多々扱われていたからである。


マンガが好きでヨカッタ。
ありがとう、藤子先生 !!



「ヲジチャン、ヲ腹が減ったよ」


…ん?
じゃあ、ヲ酒でも呑むかぁ???

なんてなワケにもいかないので、遅めの昼食
言われてみれば少々腹が減ったワイ。
Image138~00-1
やきそば ずぼぼ。

…ヲジチャンにも少しチョーダイよ


「やだよ、コレ、ボクのだもん」



(…ヤロウ、誰が金払ったと思ってやがる)




実は、動物園に行きたかったのは甥っ子ではなく、我杯…笑


何故なら、コレコチラの、
DSC02040_2015031222144006c.jpg
ハシビロコウ 様


…を、一目拝したかったからである。


ハシビロコウ

アフリカの限られた地域に生息するペリカンの仲間。
110~140cm と、鳥にしてはデカイ。
アタマのサイズも他の鳥類と比較するとかなりデカイ。

この鳥の人気の理由が、

「目つきが悪い」
「全く動かない」


…という、一見、動物らしくない特徴なのだが、この日、やたらとジタバタしていた。


…サービスの一環か !?



「もういいよ。ヲジチャンは本当はこーゆーのが好きなんでしょ」


…と、我が甥っ子は、
DSC02041-1.jpg
こんなトコへ我杯を案内してくれた。


…ヲヲ、流石は我が血筋に連なりし者よ。
我が嗜好を既に読み切っていたとは… !!


なので、
DSC02043_20150312221442b50.jpg
サンショウウヲ 様 やら アナコンダ 様 を見てキャーキャー騒ぐ我杯だったが、それを尻目に甥っ子はドンドン先へ先へと行ってしまう


ヲイ !! もう少しゆっくり観ようよっ !!




…満足に観られなかったワイ…


…むむむ !?
DSC02044_201503122214449ee.jpg
見事なり、フラミンゴ 様 の1本足直立法 !!

これで首丸めてじっとしてる、つーことは、「寝てる」つーことだ

よく寝られるなぁ…。

横になりなよ、自分家だと思ってさぁ…笑



さて。

我々なりに動物園を堪能したので、休日の上野をブラブラ


…そうだ !!
「みはし」に行って、あんみつ食べようよ。


「いらない。やだ。早くヲモチャ買いに行こうよ」





比類無きトイ・ショップ「ヤマシロヤ」にて、希望通りのヲモチャをプレゼント

遠慮するなと言ったら、本当に遠慮しなかった…


前回、上野で飲み食いしたのを覚えてたので、
DSC02050_20150312223343f09.jpg
大山

…に潜伏。


ハイ、ヲ疲れ様~。
DSC02047-1.jpg DSC02048_20150312221445598.jpg
ぱんぱ~い
モチロン、この「大山」に来たからには「やみつきメンチ&コロッケ」を頂戴しなくてはならない


…考えてみればこの日、我杯は出がけに少量の海苔巻きしか口にしていなかった。


久々に口にするホッピーが、コロッケ&メンチの旨味を引き立てる…




…10歳か、早いモンだね。

一緒に呑めるようになるまであと10年…。



…我杯、生き延びているだろうか…



さて。
早めに甥っ子怪獣を家に帰した後。


今度は我杯にプレゼントである…笑


帰途の関所、大宮は
DSC02055_2015031222334680a.jpg
毎度の「いづみや」に引っ掛かる


相変らず、
DSC02053_201503122233463bc.jpg
賑やかなヲ店である


気取らなくていい。
ファーストカップの焼酎梅割りに、
DSC02052_20150312223347597.jpg  DSC02054_20150312223349ab2.jpg
ポテトサラダ、2杯目の酎ハイに うにくらげ をヲーダー


…しまった !!
うにくらげ には日本酒を合わせるべきだった !!


コレは次回への宿題としよう…。



う~む。


コドモと遊ぶ、てのは「力」が必要だと理解した !!


もちろん、体力もだが、何より一番必要なのは、


「財力」


…だったとは…


chch

また泣いてた(笑)

毎日、泣いています

3月に入ってイキナリ泣いてました。



…とはいえ、悲しくて泣いていたのではなく、



我杯がこのちっぽけな人生を掛けて追い求める『宇宙戦艦ヤマト』
yamato_03.gif


その劇中にて使用された楽曲が、作曲者・宮川 泰 先生の御子息・彬良 氏のタクトによって奏でられるという、何て素晴らすぅい !! なイベントに行く事の出来た、その感動で泣いていたのです。




DSC01960.jpg
舞浜。



…遠い


舞浜が遠いのではない。


我杯宅から舞浜に行く為に利用しなければならない、JR京葉線 への乗換えが山手線から遠くて余りにも不便なのである


…あ~、久々に歩いた…
(↑ 運動不足)



で、まあ、強い風雨の中、高校生以来の地へ足を踏み入れた訳であるが…
DSC01961.jpg DSC01971.jpg
…しっかし、まあ…


ネズミの遊園地があるとはいえ、浮かれた場所だねぇ、ここは…


世の中、大変なんだよ?

ここにいるシト達ぁ、それを知ってるノカ?


もちろん、誰かと一緒に来れば面白いんだろうけどさ、生憎アタシャ独りなモンでねぇ…
(↑ 最近、本ッ当に『後ろ向き』…)



でもって、会場は、
DSC01963.jpg DSC01964.jpg
舞浜アンフィシアター

開場時間には既に長蛇の列…


即ち、我杯の同好の士の行列である。

諸君、よく集まってくれた !!
(↑ 何様???)


会場内、今回のパンフを買い求めたが、目の前で売り切れ…凹



DSC01969.jpg
そして始まるコンサート。

劇中で耳にした楽曲の数々が、目の前で響き渡る…

光や映像の演出効果で、よりヤマト世界に深くのめり込む一時…

DSC01967.jpg
そして、最後のアンコールでは、主題歌の「宇宙戦艦ヤマト」、「真っ赤なスカーフ」、「銀河航路」を、生演奏をバックに、会場全員で大合唱…


ここで我杯、大失態。


感動のあまりに号泣、せっかくの機会にロクに歌えなかったという…
(↑ ははは。バカだろ、ヲ前)



いや~、でもヨカッタ !!


久々にスッキリ爽やか、元旦正月日本晴れ !!
ってな気分になれましたヨ




…と、本来ならここでこのスペシャル・イベント参加を祝して一杯…と行きたかったが、なんせ帰路にも時間を要したので、なんと直帰 !!



…なんかしない…笑



途中、東京駅で乗り換えの要があったので、モチロンに「はせがわ酒店」へ。

店頭「ヲススメ !!」コーナーにディスプレイされた1本を購入。



それは…
DSC01972_20150302213000545.jpg
やまとしずく 純米酒 (秋田県・秋田清酒㈱)


…であった…笑




一升瓶抱えられないので宅配依頼


到着が待ち遠しい…


« »

03 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login