酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


見上げて御覧、夜の星を

勤めを終えて帰宅。


車を停めて、ふと、日の沈んだ空を見上げたら…



をや。


何とも明るい星が2ツ、並び輝いていたでは内科
DSC02802_201506302239586d0.jpg
右側は「宵の明星」金星、左は 我が 我等が太陽系で最大の惑星・木星である。


もちろん、金星のほうが距離が近いので、木星よりは大きく見える。


…たまたま夜空を見上げたら、こんなステチな天体ショーが繰り広げられていたとは…



空にはステチなものがイッパイだ。

昼には眩しい太陽、美しい青空、真っ白な雲…。

そして、夜には無数の輝く星達が。



何かと顔を伏せてしまうような出来事が多い世の中だけど、やっぱり、顔を上に向ければ、キレイなもの、楽しいものが目に入ってくるに違いないっ。



…シラフだと、こーゆーブログになる酒場逃亡記。




はい、間も無く7月ですっ

自宅呑みアレコレ13 ~OPERATION ODESSA~ Ver.1.01

アレだねぇ。

『表現の自由』とかよく言われますが、発するシトの立場によって意味が変わるモンだねぇ。


作家 3 とかの、いわゆる「表現者」ならばこの言葉の元に様々な考え・思想を発していくのは理解できますわ


(沖縄の)新聞紙は潰しちゃえ」

…だって !?

こんな発言した 百田尚樹 3 とやらは、これで注目が自身に集まる、なんてほくそ笑んでるんじゃあ、ないノカ !?

理由はどうであれ。


ただ、アソコに居合わせたっつー、自民党の政治家ドモは、やはり根底には

「国民は黙って税金納めてヲレ達の言う事きいてろ。

世の中は自分達の一存でどーにでも動かせるんだ」


…てのがあるんだろうなぁ。


あんな発言堂々とブチかますてのは、やっぱり、そーいった傲岸不遜な思考が当たり前に存在してるからだと、何かの新聞の社説に。
(↑ 同意)


新聞社潰して黙らせてしまえ、つー発言にも驚いたが、やっぱり我々をナメくさった政治家ドモが世の中にのさばってる、てのが一番腹が立つ


…いいんだよ。

税金でも何でも好きなだけ持っていけばいいさ。


その代わり、思いっきりテメーラの面ァ、ブン殴らせてくれりゃあ。


…ええ、コレだって「表現の自由」 だろうよ !?



はい。

全ては平和的な話し合いで解決 !! なバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


…とは言え、話だけでは解決しない事象もある。

そんな時にはヲ酒のブッ掛け合いとか、プロレス的な事も出来ますんで



さて。

何だか、自宅呑み用の日本酒がエライ事になってしまっていた。

チョイと呑む機会を逸していたら、ドカドカと一升瓶が5本もストックされてしまっていたのだ…笑



その1
DSC02416.jpg
三連星 番外編Ⅲ(滋賀県・美冨久酒造㈱)


ガンダムファンの蔵人 3 が醸すこの「三連星」、

DSC02418.jpg
一見、遊んでるように見えるけど(笑)、様々な研究をされとるみたいで。


DSC02419_201506281618400ce.jpg
甘辛の目安は中ほど、とあるが、我杯的には甘い口当たりだと所感。

もちろん、好きなタイプだ


…それにしても…
DSC02417_20150628161837622.jpg
ラベルは遊んでるなぁ…笑

…このカラーリング、陸戦用塗装か !?
オデッサ作戦に投入されたタイプがこんな感じ?


ラベル右上の表記、醸造年や精米歩合、使用酵母のナンバーを表しているのだと思うのだが、どー見ても
所属部隊、機体形式とかを表すデカールだし !! …笑



三連星を楽しみながら、
DSC02420_201506281629540a2.jpg DSC02421.jpg
俳優・津川雅彦先生の「加賀酒紀行」とやらの番組を拝聴。

…NHKの女性アナに平気で下ネタぶつけるトコは、まさに大物である…笑



その2

毎度ヲ馴染み、会津の植木屋商店 3 の頒布会、
DSC02636_20150628162957289.jpg
辰泉 純米吟醸 おりがらみ生 頒布会特別誂え
(会津若松・合資会社 辰泉酒造)

DSC02637_20150628162958d82.jpg
日本酒好きな我杯、ヨソには出回らない、頒布会ヲンリィの一本が手元に届くことがユーエツ感

これまた、
DSC02638_201506281629591a3.jpg
薄っすらと濁りのある魅惑的な液体から立ち昇る、芳しき香り…


そんな美酒を、倉本康子 様 と共に
DSC02639.jpg DSC02640.jpg
ヤッコ 3 よろしく、我杯もゴクゴク、ゴク…
(↑ 日本酒の味わい方じゃあ、無いのだが…)


…それにしてもヤッコ 3 、どのヲ店放浪してもタコばっか食べてるよなあ…笑



その3

コレマタ有難い頂き物。
DSC02743.jpg
花の香 桜花 純米大吟醸
(熊本県・花の香酒造㈱)


DSC02744.jpg
ヲ世話になってる方から頂戴したのだが、その理由が、


「ヲレの口には合わん !! くれてやる !! 」



…へへぇっ !! 有難く頂戴致しやすッ !!



…でだ。

以下、伝え聞いたハナシ。


この「花の香」、蔵人 3 、実はあの有名な日本酒、

「カワウソ祭り」

…の蔵にいた方らしい。


で、独立出身し、自身で蔵を立ち上げたとのことだが、その製法から何から全て「カワウソ祭り」と同等の逸品なんだそうだ。


「山田錦」の表記にシビれて憧れてしまうが、
DSC02745.jpg
「日本酒度」「酸度」がシークレット…


ウウム !!
DSC02747.jpg
不思議な味わいさ !!

「カワウソ祭り」の名に惑わされないようにテイスティング…。


キレがあるッ !!

品格があるッ !!

何よりも、「呑めること」の楽しさがあるッッッ !!


大事に、だぁぁぁいじにッ !!

呑んでます…


因みに
この一本は埼玉帝國では、春日部と川越のとあるヲ店での限定販売。

しかも、HPを閲覧すると、何故かヲンライン・ショッピングも価格やスペックを公示していない…。


何だか、ただ売ってはくれないみたい…。


そんな一本が我が手元に…



…。




fhhhh.jpeg



その4

やっぱり植木屋 3 頒布会。
DSC02749.jpg
花春 辛口純米酒 やわから(ヲりがらみ)
(会津若松・花春酒造㈱)

Alc分:17度以上18度未満
原料米:まいひめ(会津産)
精米歩合:55%
酵母:うつくしま煌酵母
日本酒度:+10

DSC02751.jpg
…あ~、いい香り…

口に含んだ瞬間は、熟したバナナのような甘さと香りを感じさせるが、ノドに残る確かな「辛味」は
柔らかく存在感を主張する…。
まさにラベルの「やわから」の名前通りである


…あれ?


なんだ、この上手な表現は???


まるで、一流の「酒呑みブログ」みたいじゃあなイカ !?
(↑ ははは)


その5
DSC02762.jpg
会州一 無濾過純米生原酒 特別純米酒
(会津若松・山口合名会社)

DSC02763.jpg


コチラ、たった一言、


美味い !!



DSC02764.jpg
薄っすらと琥珀色の液体は、我杯を確かなヨロコビの空間へと昇華させる…

甘さと辛さが一挙に押し寄せたかと思うと、それはまるで夢現か幻か、口中に僅かな余韻を残しながら儚く溶け、消え去っていく…。


だが、この「儚さ」にこそ、常習性、アリ !!


儚いからこそ、繰り返し追い求めてしまう。


キケンだ。


実にキケンな一本である。




…って、この「花春」「会州一」、本来ならば月毎にそれぞれが植木屋 3 から送られてくるハズだったのだが、手違いで2本まとめて送られてきた。
(↑ ギャフン)



そんな一気に呑めへんて !!


…こんな一幕があり、一時、我杯の冷蔵庫に一升瓶が5本も蓄えられてしまったのである…笑



冷たい呑み物が冷蔵庫に約 9L…。


汗をかくような季節じゃなきゃ、こんなに呑めへんしなぁ…




…って、今は夏っ !!

冷酒呑むには実に頃合 !!


un-tyoudo-e.jpg

聖地巡礼56 ~ 下北沢・酒亭 二軒茶屋 ~ Ver.1.01

毎回申してヲりますが、年々気象の変化が厳しいものになってきています…

なんつーか、極端な気候の変化に不安を掻き立てられますわ…


「こんな早い時期に真夏日最速更新 !! 」とか、
「雪が降り出して止まらない !! 」
「梅雨? 今年はどこいった?」…みたいな。


天候に左右されるもので命を繋いでいる我々としては、果たして、これから先も今と同等の生活が送れるノカ…。


…いや、我々はいい。

今を明るく、無邪気に生きるチビッ子達の未来に、一体、何が待ち受けているのやら…


ネ申よ、我々の未来に光を照らしたまえ…




「…イヤ !! 駄目ダ !! 」
nantene.jpg
「ウチラ ニ明ルイ未来ナンカ、ヤッテ来ナインダ !! 」




…なんてね ♪



はい、皆さんコンニチワ

マジメなことはそれなりに語りますが、全てマユユツバな酒場逃亡記です。
(↑ バチを当てろ)


本厚木~祖師ヶ谷大蔵~千歳船橋ときて、いよいよ最後の一駅に降り立つ



一体、どんだけ無茶をしてるんだ !?

ああ、そうさっ !!
一度呑み始めたら止まらないのさ !!

我杯の呑み(マヂ)を見せてやる !!

小田急線沿線呑み歩き、これにて決着 !!




今回我杯が最終目標に選んだロケは、下北沢 !!
(↑ …珍しく、駅の画像を撮影してなかった…)


過去、何度かアシを運んだ事はあったが、酒場逃亡記としてはヲ初でゴザイマス


やはり、
祖師ヶ谷大蔵や千歳船橋とは違った、賑やかな雰囲気


演劇や舞台が盛んな事で有名だが、その他、様々なサブカルチャー発信の地として、その独特の雰囲気は他と一線を画すエリアである


…正直、ノープランで降り立ったのだが、何とか「聖地」の存在を確認出来た



今回、我杯が潜伏したのは、
DSC02412.jpg

酒亭 二軒茶屋

DSC02411.jpg

駅から徒歩5分の場所に、実に味わい深い一軒を発見…


…のだが、 吉田類 先生 が放浪されたという情報以外、何も無い。


一体、どんなヲ店なんでしょうか?
早速に入ってみましょう !!

こんばんわ~、と暖簾を潜ると、店内は7、8人ほどのカウンター席が目に入った。

カウンター内には、2人のヲ姐 3 。

先客 3 がヲ3方、既に盛り上がっていた。


もしかしたら店内奥に座敷とかあったかもしれないが、そこまでは確認出来ず
(↑ 後日確認、どうやらカウンター席だけのようだ)


入り口手前の席に着陸した我杯、京都・伏見の銘酒、
DSC02406.jpg
玉乃光(京都府・玉乃光酒造㈱

…をば頂戴する。

我杯的に関西方面のヲ酒は珍しいチョイスだが、それもその筈、このヲ店を切り盛りする姐 3 方は京都の御出身だそうで


郷に入らばヒロミでジャパァァァン、って言うじゃないですか。


…え…言わない…?
(↑ きゃっ)



ヲ酒にあてる一皿に、
DSC02407_20150623213012c27.jpg
焼き葱の味噌和え

…をばチビチビとつまむ。


 先客 3 がヲ帰りになられた後の店内。
DSC02408.jpg
訊けばヲ店を開いたのが昭和46年。



…にしてはとてもキレイなカウンター


姐 3 方が大切に守ってきた、その表れでございましょう


京都御出身のヲ姐 3 方と色々な話をしているウチに「向こうの言葉」に釣られそうになるのを何とか抑える。


つい「向こうの言葉」の言葉を発し、


「…何で今、関西弁使うたん?

…ウチラから『はんなりキャラ』盗るつもりやろ?」



…と、なるのを警戒したからである…笑
(↑ ンな訳、あるかい)


また、京の言葉は他の関西弁と違ぅてヲもろい、独特のイントネーションやね


カウンター内に目をやると、
DSC02409.jpg
今は懐かしい黒電話。


…姐 3 、この電話は現役ですか?


「鳴らしてみはったらよろしい」


番号を教えてもらって掛けてみる…。


じりりりりんっ。


ををっ、何とも懐かしい響きである !!

この音は他ではサザエ 3 家でしか聞けないぞっ。



…潜伏したのは21時過ぎ。

ヲ客は我杯の他にはいない。

多分、今日はコレでヲシマイでしょう。

早仕舞いは姐 3 達も楽でしょうし、長居して「ぶぶ漬け」出されたら大変なので、今回はここらで


それにしても、姐 3 達は京都から東京に来て今年(2015年)で44年…。

コチラの言葉に害されず、綺麗な「京弁」でヲますなぁ?


「そらそうやろ。 (京都出身の)姉妹2人で揃っとるんや」


…せやねっ



小田急沿線呑み歩きの最後は、実にゆったりとした雰囲気と時間の中で過ごす事が出来た


今回のシメに、最極上の時間。


流石に我杯、選択にいちいち間違いが無いねぇ~…笑




「二軒茶屋 3 」から駅までの帰途…。


一見、週末の楽しげな雰囲気に包まれた下北沢の裏で、熾烈な「テッペン争い」が繰り広げられていた…!!

(以下、特別限定会員 様 向け)



DSC02414.jpg
「道を空けろよ…」
(↑ 超絶棒読み)


酎ッ 酎ッ 酎ッ~ 酎ッ 酎ッ 酎ッ Ru~
DSC02413.jpg
「テッペンには…まだ遠い…」




瞬殺で空ジョッキ !! ヲ前の母ちゃん デベソ !!

ここで呑み会 やりたきゃ

呑み(マヂ)すか Ready to go Fight  !!

(杯ッ !! )




…とっとと帰れよ…

屋根の上の ~千歳船橋・ゆうな~

最近、始めたことがありましてな。

「レコーディング・ダイエット」つーヤツですわ。


…でも、ダイエットと言うと、少々語弊があるんですよ。



自身の運動不足を自覚しとったのは間違いないのだが、頑張りたくない。


それでも自身の現状を見てみようと体重計に乗る。


…。



…う~む、危機的な状態ではないが、身体に身軽さは感じられない…。



じゃあ、食事に気をつけてみよう。

億劫にならない程度でいいから少し運動してみよう。

ついでにサントリーの特茶の効能がホンマモンか試してみやう



…と、色々と試して記録していくうちに、ある事に思い及んだ。


RPGとかでキャラクターのレベルアップに勤しみ、攻撃力や防御力の数値が上がったとかで楽しむように、それを自身でやってみるのだ、と。


考え方が変われば、億劫な、大きな努力を要するダイエットというものが、自身をヲモチャにした遊びに感じられたのである


出来る時に少しずつ、というカタチなので劇的な変化は見受けられないものの、いわゆる現状維持か、週末には少し体重が減る、みたいな感じで数週間が過ぎてるんですよ


そんな訳でしてね、ブログの更新が遅いんですわ…笑


…特茶の効能もイマイチだなぁ…



さて。

小田急沿線居酒屋巡りを敢行した我杯、次なる場所に降り立つ。


今回は、

千歳船橋駅。


駅前。
DSC02389_20150621153958a76.jpg
ん~、フツーの駅。
(↑ ?)


ちらっ、と周囲を見回した程度なので、周辺事情はしっかり確認出来なかったが、この画像奥の通りには我杯好みの商店街が続いていたようである


目的地へ向かう。
DSC02390_20150621153958052.jpg
あらあら、やぁ~ねぇ。
ワタシは花の乙女、きんどーちゃん よ !!

…なんてフレーズが思い浮かぶシトは古いシトである…笑



駅から徒歩10分ほどの住宅街の入り口に、今回目指した聖地、
DSC02392.jpg
居酒屋 おおすぎ


…があったのだが、何と満席で潜伏叶わず…


何と、ここまで来て聖地巡礼が叶わないとは… !!


しかし、手ブラでは帰れない !! と、更に歩を進めた先に…



DSC02394.jpg

ゆうな


…なる赤提灯があるでは内科。

せっかくなので、今回はコチラに潜伏してみることにした。


10人?ほどのカウンター席のみ。

他にヲ客 3 はいなかった。


席に着陸すればマスター 3 のゴアイサツで、

「…あれ? ここら辺の方じゃないですね?」


…との言葉から察するに、いつもなら御常連 3 で賑わってるヲ店なのだらう



そう !!

それでですね、ここで出会った一杯があの、
DSC02395.jpg
日本酒のライム割り

…だったんですよ


日本酒(剣菱)をロックにしたものに、ライムシロップを混ぜたもの。

マスター 3 曰く、


「昔からある呑み方だよ」


との事だが、我杯は今までこの一杯の存在を知らなかった。


また、使用するライムシロップは、「明治屋のが一番 !! 」だそうである
meiji-lime.jpg
↑ コレね。 別に宣伝してるワケじゃあないヨ


ヲ通しに、
DSC02396_20150621154322f6c.jpg
筍の煮物。

薄めだが、しっかりと染み込んだヲダシが効いてるザマス


店内は最近ヲープンしたのかと思うほどキレイ
DSC02397_20150621154323a4a.jpg
どこか、料亭や割烹で修行されてたのかしら。

何か、腕に覚えアリ !! な雰囲気を背中で発するマスター 3 。


ヲ品書きにあった中から、
DSC02399.jpg
にしん煮付け

及びに、
DSC02400_20150621154326dca.jpg
ワカサギの揚げ物


…をば、ゲッツ !!


にしん…のあっさりとして、それでいて味わいの深さに感動

ワカサギ…の盛り付けが美しい…


少々の料理なら、ある程度は真似して調理出来る自信は(根拠無く)持ち合わせているが、これは真似出来まへんっ


どうやら、コチラのマスター 3 、タダモノじゃあなさそうである…



結局、我杯の他には誰もヲ店に現れなかった。


「珍しい。いつもなら誰かしら来るんだが」


「ゆうな 3 」のいつもの様子を見てみたかったが、今回それは叶わず。


危うくライム割りを4、5杯頂戴しちゃうイキヲイだったので、ここで自制してヲシマイ。




DSC02401.jpg

「ゆうな 3 …。いや、実に味わい深い、良い一軒でしたね。

千歳船橋。探せばこんな一軒が他にもまだまだあるんじゃあないでしょうか !?

そんな訳でもう一軒 !! 行って参ります !! 」



吉田類 先生 ばりに締めたくなったこの一軒。

またヲジャマしやしょう !!





駅までの帰途。
この千歳船橋には、
DSC02402.jpg
…なる通りが存在するッ !!


もちろん、あの 森繁 久彌 様 である。

かつて、千歳船橋駅から旧 森繁邸に通じる通りがいつからかこう呼ばれるようになった、つー由来があるようデス


その気になれば、屋根の上でラッパ練習出来るかも知れない…


…ん?

アレはギター? ウクレレだっけか?
(↑ どぅくし )




これだけでは気が済まなかった我杯。


もう一軒行きましょうか、と電車に乗り込んだが、これまた次回の講釈で。



まだまだハナシを 引っぱるる~ !!


tbc.jpg


聖地巡礼55 『来たぞ !! 我らの…』 ~祖師ヶ谷大蔵・まかべ~

一度、やってみたい事があるんですよ。


「鼻毛の全脱毛」


一度でいいから、鼻腔の「地肌」を体験してみたい…


何故か。


以前、ドバイだか何だかの裕福な国をテレビで紹介してたんですよ。

向こう 3 も身だしなみとして鼻毛の手入れをするというのだが、その方法がまた…。


先ず、床屋 3 で鼻の中に樹脂だか何だかを塗布した細い棒を挿し入れてもらう。

コイツはある程度熱したトロトロとした粘着質の物体なのだが、冷えると固まる性質のもの。

で、数分置き、冷え固まって鼻毛を存分に絡め取ったトコを、一気にブチブチブチッ…


撮影クルーのシトが試しにコレを敢行し、一気に引き抜かれた痛みでもんどりうっていたが、ゴッソリと引き抜かれた鼻毛を想像したら、何だか、是非やってみたい !! みたいな衝動に…笑


…何か、日本でも出来るような、代替品は無いのかな?


アロンアルファ…だと、内側の皮膚まで持って行かれてしまうか…



さて。

祖父母の墓参を口実に、小田急線沿線の居酒屋巡りを敢行した(罰当たりな)我杯。


とある駅にて降車、ホームから改札に向かうと…



ンヲッ !?
DSC02355_201506141821139a7.jpg DSC02356_20150614182114212.jpg
ウルトラマン !!
ゾフィー !!
キング !!
レヲ !!
アストラ !!
80 !!
ユリアン !!
ゼアス !!
ナイス !!



DSC02357.jpg DSC02358.jpg
セブン !!
ジャック !!
エース !!
タロウ !!
メビウス !!
マックス !!
ティガ !!
ダイナ !!
ガイア !!
アグル !!
ネクサス !!
コスモス !!



我らが地球の平和を守ってきたウルトラの戦士が出迎えてくれた、この駅は…



DSC02360.jpg
祖師ヶ谷大蔵 也ッ !!



駅前の案内板にて、
DSC02359_20150614182703886.jpg
ウルトラマンがスペシウム光線を放つッ !!




そして、駅前広場には…
DSC02362.jpg
いたぞッ !! 我等の ウルトラマン !!


そう、この祖師ヶ谷大蔵という地は、ウルトラマンシリーズを世に送り出した「円谷プロ」があったのだッ !!
(↑ 今は跡地にマンションが建っている)



因みにウルトラマンの足元に垂れ下がってるタスキは、選挙の投票を呼びかける目的のものだったようだが、肩に上手く掛からず、このような状態に。

傍らで役員だかなんだかのシトが「タスキが掛からないよ~なんて困っていたが。


…ふふんっ
ウルトラマンは全宇宙の平和を護る存在。

地球のツマラナイ選挙なんぞにそれこそ肩入れするようなヒマな無いのだッ !!
(↑ 総選挙とかには『全く興味の無い』
ヲトコ…笑)



そのウルトラマンの功績(?)に与って街を盛り上げていこうということで、駅前には、
DSC02363.jpg

素晴らしいッ !!
DSC02364_20150614182707118.jpg
『ウルトラマン商店街』が展開しているのだ !!


…何とステキな…


商店街が大好きな我杯、祖師ヶ谷大蔵は「宇宙一住みたい街」になってしまったヨ



そんな祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩3分。
今回の潜伏先がこの、
DSC02366.jpg

まかべ


何とも味わいのある外観である


暖簾を潜ったのが17:43(ヒトナナヨンサン)時。
店内はコの字カウンター席、小上がり座敷が 3 卓ほど。

モチロンにカウンター席に着陸した我杯、先ずはのヲーダーに
DSC02367.jpg
酎ハイをば
ヲ通しは りっちゃん リッツ。



この「まかべ 3 」は 吉田類 先生 が御降臨された聖地。
DSC02368.jpg
先生のサイン色紙は見当たらなかったが、その御足跡はしっかりと



カウンター席で語らう御常連 3 。
DSC02369_201506182104118d9.jpg
その楽しげな表情に、このヲ店の居心地の良さを我杯も共有できた。
カウンター内では、マスター 3 が焼き台と向かい合う。


その焼き台から我杯の前に届いたのは、
DSC02371.jpg DSC02372.jpg
DSC02373.jpg
ゲソ焼き、ぼんじり、レバの 3 串。

方向音痴の我杯、ここへ到達するまで案の定の無駄足。
(↑ バカモノ)

疲れたカラダにこの塩味は染みる染みる、染みるッ !!
(↑ …はい、大切な事なので3回言いましたよ…笑)


いいねぇ、この温かい雰囲気…
DSC02374.jpg
…この右片隅に写り込んでいるヲ兄 3 方の会話が聞こえてきた。

聞き耳を立てたつもりは無かったが、狭い店内、どうしても耳に入ってしまったのだが…


どうやら、以前住んでいたアパートの隣人とのトラブルについての話。


「…ヲレが聴いてた音楽がウルサイッ !! って、クレームきたんだよ。

うるさいったって、こんな(と、手でその大きさを示す。小脇に抱えられるようなサイズだった)小さなラジカセで、しかも聴いてたのは○○だよ?
(↑ よく分からなかったが、そんな派手なロックバンドとかではないらしい)

そしたらソイツ、ヲレが留守の時にヲレの部屋のドアノブの鍵穴にアロンアルファ注入して固めやがってよ !!

その上、ヲレの表札に『ウルサイ』って落書きしやがんだよ !!


ここで我杯、密かに大ウケしてたのだが、


「いや、流石にアタマきたからさ、ヲレ、そのアパート引越する際に、ソイツの部屋のドア鍵にアロンアルファ、逆注入してやったさ !! 」



ははははは



次なる一皿に、
DSC02377.jpg
サーモンステーキをば

…鮭の塩焼きね。

DSC02381_20150620165308e4f.jpg
皮が美味ェんだよッ !! 皮がァァァ~ッ !!





店内には数枚のサイン色紙が飾ってあったが、その中に…


DSC02378.jpg
野球マンガのネ申、水島新司 先生の色紙が !!
ケツバットガール…笑



小上がり座敷の壁…
DSC02380.jpg
染みのように見えるのは、これは、ヲ客 3 が寄りかかった跡なんだろうか。

多くのシトが寄りかかって、それが跡として残って。

この「まかべ 3 」に長い年月、多くのシトが訪れたという証やね…



ゴチソーサマでした


今回の一席を振り返る。
DSC02382.jpg

この一軒は、
DSC02383.jpg
商店街から外れた小さな路地にある。

遠めに眺めると、仄かに燈る提灯が温かく感じられる…


日の暮れた商店街
DSC02384_20150618210740ee5.jpg
街灯もウルトラマンを模したデザインに。


この造形は…タロウだなっ。

ウルトラマンが見守ってくれる商店街。

何とも頼もしいこと、この上ない !!



駅に戻る。



DSC02385.jpg
ウルトラマンが見送ってくれる。


いい街だ、祖師ヶ谷大蔵 !!

3分と言わず、3日滞在したかったぜ !!

これは我杯は「帰ってきたノミトラマン」として再訪せねばなるまい !!



ホームにて電車の到着を待つ。
DSC02387_20150618210743f13.jpg
列車の発車メロディは、

来たぞ 我らの ウルトラマン


徹底したコダワリ振りだぁね



次の一軒を求めて、我杯の小田急線沿線逃亡劇は続く…


tbc.jpg

罰当たり墓参りツアー ~本厚木・中村屋~

いつもヲ世話になってヲります。

至極真っ当な酒呑みブログ、酒場逃亡記であります…笑




…みんな !!




「信じる」という言葉を信じようぜッ !!
(↑ 錯乱中)





本厚木駅ッ !!

ネ申奈川県厚木市和泉町に位置する小田急電鉄は小田原線の駅であるッ !!

通称は本厚(ホンアツ)であることを初めて知ったッ !!


で、ここには我杯の母方の祖父母の墓があるので、時間を見付けてまたぞろ墓参した次第。
(↑ 我杯はエライのだ…笑)


駅からタクシーで10分15分ほど、
DSC02349.jpg
墓のあるヲ寺 3 にて手を合わせる…

はい、祖父母よ。
あなた達の孫は未だに立派なニンゲンになれていません…


我杯の住むトコから片道2時間を越える行程だが、墓の周りを軽く掃除し、花を添え、手を合わせた時間は10分あるかないか…。

まさか墓の前で歌を歌う訳にもいかないので、あっけなく墓参はヲシマイ。


また来るよ~ん


我杯はよくヲ祭りに出くわす。
今回も、
DSC02348_201506141618255a2.jpg
何だかチビッ子神輿がキャイキャイやってた


帰途は寺から駅まで歩いてみる


大丈夫、ちゃんと道は覚えてヲいたから、迷うハズがない…


…と思ったが、あと一歩のトコで変なトコに迷い込んだ。


本ッ当に !! 方向音痴な自分に幻滅する…


さて。

駅前の花屋 3 にて供える花を購入した際、変に目敏い我杯は気になる一軒を発見していた。



それこそが、
DSC02350_20150614161826499.jpg

中村屋


御覧の通り、至ってフツーの酒屋 3 である。


酒屋 3 であるが…
DSC02351_20150614161828958.jpg
へへへへへ


「立ち飲みスペース」、アリ。


即ち、「角打ち」が出来るっつー、嬉しき楽しきヲ店なのである


店内に入ると、店番のヲバチャンがニコニコとコジマコばりの笑顔で出迎えてくれた


角打ち…ヲ酒を販売してる酒屋 3 で呑んじゃうやり方。

きっと、ヲ店でヲ酒を買ったはいいものの、帰宅するまでガマンの出来ない性急なシト、例えば道路が渋滞しているからといって、シトで溢れかえる歩道に車で無理矢理乗り込んでしまう吸血鬼みたいなシトがやり始めたにチマイナイ



店内の冷蔵庫を物色し、ヲ店の奥の小さなスペースにて、
DSC02352_20150614162424cd6.jpg
デコポンチューハイとリッツ。


先客 3 が一人いらしたが、我杯が入ったら居心地悪くなっちゃったのか、出て行ってしまった…


立ち飲みスペースから、
DSC02353_20150614162425c49.jpg
ヲ店を覗くと、

DSC02354_20150614162427c67.jpg
こんな感じ。

本当にフツーの酒屋 3 。


…今更なのだが、地ビールが売ってたのでソッチを呑むべきだったが、何故デコポン選んだんだろう…?



特に他に誰が来るわけでもなく、小さなヲ店の隅っこで、ぼんやりと缶チューハイ。


だが、この狭苦しさが妙に居心地が良い…



ヲ店のヲバチャンが妙に色々と話してくれて、

「平日の夜なんかはね、もっともっとヲ客 3 は来るんだよ。中には一人で来る女性の方もいるんですよ」


…へぇぇ…


女性への飲酒文化の浸透は、既に角打ちにまで及んでいたノカ !!


「はぁ~い、全国のカワイコチャマの酒呑みの皆さん~ !!
bandicam 2015-02-14 16-53-05-725
我杯はいつでも相席OKよ~ん !! 」




…はい、以上です。



まさか、酒屋のチョイ呑みで1時間も2時間も呑んでる訳にもいかないので…笑


つか、今回の我杯の目的は、小田急線を新宿に向かって上りながら、その途中にある居酒屋 3 に巡礼をカマすことであった。
(↑ 墓参はついで、というバチ当りぶり…)




軽くAlcを摂り入れたトコで次の目的地へと向かう我杯だが、これは次回の講釈で。



そんな訳で酒場逃亡記、寝ても覚めても 呑みりんワールド !!
次回のエピソードでも、





mutyuu.jpg




それでは皆さん、また来世~ !!





「…。

bandicam 2015-06-14 16-45-26-115

…さようなら…木白木 3 …」


tbc.jpg

何と言ったら酔いのやら…

(毎度ヲ馴染み)
nm1.jpeg



「や、諸君」
nm
ノミマス帝国総統 アセドー・アルデヒード (我杯)
(↑ アセドー総統、呑みに出掛ける)


「どーしても !! 呑まなきゃやってらんない状況にある我杯である。

このブログを御覧の賢明なる諸君…。
今回我杯が何を宣言するのかはある程度ヲ察しのことと思っている…。



先ずはモチロンに、



rena
コチラだな。


…まあ、裏の方で『卒業の本当の理由は…』とか、色々と言ってるようだが、我杯的には最大級の礼賛と敬意で以って彼女の旅立ちを祝したい」



「総統」
nm
ノミマス帝国 副総統 ワモノ・ヲカート

「心中ヲ察しするんですよ」


「ありがとう、ワモノ君…。

だがね、これは我杯に限ったことではないのだよ。

実はヘメレット姫
(← 王令奈 様 )の今回に関しては、ファンの皆さんの間ではある程度の予想はついていたのだよ」


「…と申しますと?」


「先ずはだね、坂道46の皆さんとの兼任になった頃からだよ。

これは我杯個人の見解なのだが、妙に表情に憂いのような、何かイマヒトツな感じが見て取れたりしたのだよ。

何か、芸能活動に乗り気じゃないなぁ、みたいな」



「へえへえ」



「そこへきて、今年
(2015年)の総選挙の立候補見送り…。

これを耳にした時に我杯は

『ああ、年内にくるな』

と予感したのだが、まさか、こんな早くにねぇ…



「ラジヲで8月いっぱいでヲシマイと言ってたんですよ。

多分、恒例の東京ドーム発表会で、ハステ 様 と一緒にイベントやると思うんですよ。


…因みにですね、ボクチャン、今までANNがヲールナイト・ニッポンの略だったとは知らなかったんですよ」



「…??? 何だと思ってたのかね?」


「ラテ欄とかで『ANN』てあるじゃないですか。

あれ、ずっと『アンッ』て読んでたんですよ。

何だろう、『イヂューインヒカルのアンッ』って? みたいな」



「ワモノ君、君はバカかね !?
…笑
(↑ かなりの大ウケ)


「…それにしても、総選挙終わって1週間経たないうちに矢継ぎ早に…

なんでブンシュンは余韻に浸らせてくれないんだか、ボクチャン悲しくてここ数日抜け殻状態なんですよ」



「我杯もね、もう流石にここら辺でいいだろうと思うのだよ。

故に、これで48の皆さんがどーのとかで騒ぐのはもう止めにしようと思う。

我杯も卒業だ」




「…。



 じぇじぇじぇ

ゑっ !?


ナニナニ !? ボクチャンわかんないっ !! 」


「…。



chauyaro.jpg
chyauyaro-2.jpg



どーゆー事も何も、アイドルがどーのこーのと騒ぐのを止める、と言う事だッ !! 」



「…またまたぁ !! ウソやがなぁ~


「…ワモノ君、この場面なら我々の公用語では
usodarouga.jpg
なのだが…?」




「連発なんですよ。

騒ぐの止めるとか怪しいモンなんですよ。

(↑ 名推理)



どーせ、アレでしょう総統。

いつぞやみたいに、
sameta.jpg
…とか言っといて、熱りが冷めてから大騒ぎ、てな感じじゃないんですかぁ !?
(↑ 見透かす)


「…いや、違うねソレは。

何というか、我杯が見ているのはヘメレット姫なのだよ。

即ち、ヘメレット姫の活動する舞台が変わるのだから、我杯としても目を向ける舞台が変わる、ということなのだよ。

第一、『J』がドンドンド真ん中でブイブイ言ってるような名古屋なんぞ観たくはないのだよ」



「わあ、言っちゃったよ !!
(← 馬桜師匠ライクに)


…あ !! アレですよ !!

まだ総統ヲ気に入りのがいるじゃないですか、が !! 」




「ユビユビ言うなっ

魔女っ子チックルじゃあるまいに。

アレだ、 3 は、皆さん枠でなくても様々な場面でヲ見掛けする事が出来る。

彼女は既に個として確立された方である。

我杯としては皆さんグループに固執する理由はもう無いのだよ」




「…総統 !! 」
nm
「もう一つヲ尋ねして宜しいですか !? 」


「…何だね、改まって」


「ボクチャン、これからどうしたらいいんですか?」



「…はい?」




「総統が皆さんからソッポ向いちゃったら、これからボクチャンは誰と『皆さん騒ぎ』をすればいいんですかっ !? 」


「そんなの、我杯に構わずにドンドンやりたまえよ


「…え。

だって、独りで騒ぐのは恥ずかしいんですよ」

(↑ 芽生えた羞恥心)


「何人でやったって恥ずかしいことでしょうよ。

イイ歳コイてアイドルアイドル騒ぐなんて。

第一、こんなこといつまでもやってて御覧?

それこそ港星野球団みたいに乃木坂を転がり落ちるボールのような転落人生が待ってるだけだよ?」

nm
(ふふふ…)



nm
「色々と何て事を言うんだよっ !!
(↑ 燃え上がる怒りの炎)

…え。それじゃあ、もう次回から皆さんに関してはウンともスンとも言わなくなっちゃうんですか !? 」



まだやがな

そんな急にブッツリと切るシト、ヲらへんやろ?

せめてヘメレット姫が卒業される8月までは楽しませてもらヲうかと。


…あ。 あと、『世界のみなみ から』も年内でヲシマイねっ」




「うどっ !? 」



「最終回のネタももう決めてあるっ



「出番が減ってしまうんですよ」
(↑ 寂寥)


「ウム…この数年、実に楽しく騒がせてもらった…。

これからは真の酒呑みブログとして、その王道を邁進する所存であるっ

よろしくフォローしてくれたまえ」




「じゃあ、近々予定の総選挙反省会の内容は…」



「ああ、キリが無いねぇ…。

フォローし切れないネタもあるからして…凹



…あ !!

そーいや、ワモノ君 !!

君は今回の総選挙の結果が気に入らないとか言って、我杯との電話直後にフテ寝してたらしいではないか !!



「当然ですよ。

の1位なんか認められないんですよ…

(↑ スキャンダルメンバーをトコトン嫌う)




…って、何でそんな事知ってるんですかっ !? 」



nm
「君の奥方 様 から聞いたぞあーっはっはっはっ !! 」




「…。
nm
総統、ヲ願いですからボクチャン家の家庭事情をこんなバカモノ・ブログでリークするのは止めて下さい」


「ウム !!

これからは我杯の事をリーク・ヨコヤマ、リクヤマユイとでも呼んでくれたまえ


「…本当に追っかけ止めるんだか、怪しいモンなんですよ」



gs






「…木白木 3 のハナシは…?」

「それ、ウチではノータッチ !!

碧魂忌

2009年6月13日。



プロレスラー、三沢光晴の命日であります。


…もう6年か !!

てことは、仏事は数えで行うから、今年(2015年)は七回忌なのか…



misawa.jpeg




プロレスラーが入場してくる際の「入場テーマ」。


会場が盛り上がる要素の一つであり、不可欠なのはモチロンである。


三沢光晴の入場テーマ曲は言わずと知れた


『スパルタンX』




三沢光晴の入場 !!


会場内に響き渡るイントロ !!


それだけで体温が2、3℃上昇するような、感覚に見舞われたモンである…笑


この『スパルタンX』、元はあのジャッキー・チェンの映画のテーマ曲なのは、これまた(プロレスファンの間では)常識。

suparutan-x.jpg


スパルタンX (WHEELS ON MEALS)

1984年公開。
監督:サモ・ハン・キンポー
ジャッキーが世界進出した第1弾の作品。
とにかく、愉快痛快な内容で、これこそ娯楽作品



また、同年に発売された同タイトルのファミコンゲームも、我々の魂と指先を熱くしたモンである。



我杯、このテーマ曲は映画よりもプロレス会場で聴いたのが圧倒的に多かったので、たまにジャッキーの作品で耳にした時に、少し違和感を感じていた。


「何で、ジャッキーが三沢のテーマ使ってるの !? 」


みたいな…笑




今でもこの曲のイントロを耳にすると、カッ、と燃えモンがある


こんなに燃えられる曲は、他にはゲッターロボのテーマぐらいだな…笑



何年経過しても、三沢光晴が遺してくれた熱い魂は我々の中に健在なのだ !!






偉大なるレスラー

三沢 光晴よ

永遠なれ !!


春の呑み鉄 !! 峠を越えた杯たち ~碓氷峠 鉄道文化むら を呑む !! ~

ヲイ、フヂテしビ !!

総選挙の中継だけしてくれりゃあいいモノを、何で「ミヤネ屋」なんか放送すんだよっ !!

ミヤネ 3 のゴタクなんざあ、要らないっつのっ !!








…さて。

酒場逃亡記恒例の呑み鉄企画にて、東日本旅客鉄道信越本線は横川駅に到着した我杯と カーノさん 。


この地にて鉄道と遊びつつヲ酒を堪能出来るロケがあるというので…
DSC02243.jpg
碓氷峠 鉄道文化むら

…へと流れ着く。


平成9年に廃線となった信越本線「横川~軽井沢」間の面影とやらを展示するテーマパーク。
DSC02245.jpg DSC02247.jpg
旧国鉄時代に活躍した車両の静態展示する他、碓氷峠のジヲラマや鉄道の歴史を見ることの出来る、家族連れや鉄マニアに嬉しいロケ


我々が訪れた日は、正に行楽日和の大快晴
(↑ 我杯は雨男 それを大体の確率で打ち消してくれる カーノさん の晴れ男振り)



…ヲ。
DSC02246-1.jpg
昔、よくデパートの屋上にあった、コイン入れるとノロノロ動き出す「アレ」
(↑ イイ歳コイて、喜々として跨乗する我杯)


…因みに、コイン入れたら入れただけスピードの出る乗り物だって、御存知でしたか?

1万円でも投入しようものなら光速超えるっつーハナシらしいですよ
(↑ ウソだろうがっ)



EF53-2 様 をバックに、
DSC02249_201506071615368f9.jpg
ぱんぱ~い

野外展示スペースが、これまた我々の宴会場へと早変わり…笑



快晴の日の下で、
DSC02250.jpg DSC02252.jpg
往年に活躍した車両が仲良く並んでいるのは壮観な眺めだワイ


愚かにもタプタプと抱え込んできた「八海山」の四合瓶も、
DSC02256.jpg DSC02258.jpg
そのカサを確実に減らしていく…。
(↑ …つーか、 カーノさん は日本酒あまり呑まないので、ほとんど我杯一人で…)


そのワキでは、EF30-20 様 が薄鈍色の車体を輝かせる…


…昔の日比谷線かと思ったんですよ。




DSC02260.jpg DSC02261.jpg
場内をゆるゆると走るファミリー列車に親子 3 が楽しそーに搭乗

銚子電鉄の デキ3 様 のような牽引車のトコトコ振りが きゃわたん


DSC02264.jpg
散々に バカをやった 楽しんだので、横川駅へとリターン。
DSC02266.jpg
列車に搭乗、次の目的地へと向かいちみをん。


ここで外せないのは、
DSC02269_20150607162020d4d.jpg DSC02271.jpg
「峠の釜飯」を肴に一杯ヤルことだ


…釜飯。

美味しいんだけど、この「ヲ釜」の処分に毎回困りますよね~?

持って帰って何かに使うにしちゃあ、用途選びが難しいし…。

どなたか「アタシャ、こうして有効活用しとる !! 」つーのがありましたら、教えてたもれ。



次の目的地へ到着
DSC02275.jpg
小野上温泉駅~。


呑み鉄には、ヲ酒と温泉は欠かせないんですよ


DSC02278.jpg
ジックリと温泉に浸かり、旅と呑みの疲れを癒す…


湯上りの休憩室、そのテレビ中継に、
DSC02279.jpg
ジャイアンツ-ベイの試合中継

我々がモニターに注視し始めた途端にヨミウリがガキンガキン打ちまくり、あれよあれよの点数差。

眉間に上杉景勝ばりの皺を寄せてイライラする カーノさん の脇で、我杯は腹を抱えて転げ回ったのだった。
(↑ 我杯って悪党…笑)



さて、充分に楽しんだ(?)トコで、帰途に就きましょう
DSC02284_2015060716223393e.jpg DSC02285_20150607162234049.jpg

途中の高崎駅にて、
DSC02288_20150607162727d1a.jpg DSC02286_20150607162729078.jpg
立ち食いソババ


…我杯の呑みスタイルは、ひたすらに呑むだけで、あまりツマミを口にしない。

非常に身体に悪いやり方なのだが、この蕎麦を食した御蔭で後々身体がラクになった。
DSC02287.jpg
やはり、極端なやり方はイカンのですな。


皆さんも、食事のバランスはシッカリ取ってくださいネ
(↑ ははは)




せっかく保ったバランスを、
DSC02297.jpg DSC02290.jpg
山返しの大宮・いづみや で御破算にする…笑



…さて、ここで恒例の…



皆さん、こんにちは。

「ジブリで一杯 Collection」の時間です。

これは、ジブリ・アニメをこよなく愛する我々が、その名場面をヲ店の小物を利用して再現していくという、クラフタバル・イマジネーションなコーナーです


今回は近未来、モリ一本で巨大爆撃機を撃墜する少年の物語、
「未来少年コナン」からです。
(↑ 正確にはジブリ作品ではなく、日本アニメーション製)
bandicam 2015-06-07 16-40-28-138



喜々として何かを仕込む カーノさん …。

塩の入った瓶を、何故か自身の着用していたパーカーの紐で吊るしましたが…?


これは…これは何ですか?
DSC02295.jpg
「御覧下さい。

これはですね、作中の悪役・レプカが逃亡する際に使用したフライングマシンを、実に高レベルな次元で表現したものなんですよ」




…。
bandicam 2015-06-07 17-07-45-217
コイツかっ !!


はははははは


それなら「ナウシカ」でペジテのシト達が幼虫王蟲吊るしてたヤツとも言えますなっ。



ははっ。はははっ。はははっ




…え~、このネタが「伝わってこない !! 」という方…?


毎度の事ですが、フォロー出来ませんので、御了承下さい…




更に申し訳ないんですが、今までの流れと丸っきり関係無いトコで、
DSC02298_201506071814176cb.jpg
今年の野球、どうなるんですかね?


…まあ、我杯自身は野球には「全く興味無い」のですが…





もう今年は某・港星球団が優勝決めたんでしょ?
(↑ …まだやがなぁ)

6月6日。

(↑ 画像クリックで更にデカイ絵を御覧頂けますが、それはヲ好きな方だけで…)



 3 が「落ちこぼれ」なら、我杯は…?




今年も感涙、感涙…

春の呑み鉄 !! ~夢が散らばる無限の宇宙さ~

いつもヲ世話になってヲります。

変にうろたえているバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


何故なら、ヤンジャンのグラビアで  3 が大変な事になっていたからです。


こうなったら、6月6日の夕方は何があろうと自宅に引き篭もる所存であります


例え、久保田の萬寿がダーターで呑み放題のヲ誘いを受けても外出しません
(↑ 断固)



ガタンゴトン

はい、ぱんぱ~い


とある休日の車内。
DSC02216_20150531231009fba.jpg
快適空間の中でゆったりとヲ酒をあおる…。


旅のヲ供に、
DSC02217.jpg
前代未聞の八海山(四合)を投入 !! …笑


こーゆー客車って、いいですなぁ。
DSC02219.jpg
ノスタルジック? 懐古的? みたいな?
否が応にも旅情は高まっていく訳ですよ


…ここで「こじる」の表記に「は」の字を付け加えたくなるのが当ブログなんですよ。
(↑
gzgz )


のどかな田園風景を眺め、
DSC02220.jpg
日常の喧騒を忘れる…


はい、恒例の「呑み鉄」、今回も発動です。

モチロン、ヲ相手は毎度ヲ馴染み カーノさん です。


基本ミステリーツアーなこの企画、今回も我杯的にサプライズ満載と相成りました


はてさて、今回もどんなサプライズが待ち受けて…


「ヲ。御覧下さい」
DSC02221.jpg
「安中(杏奈か)、松井田(松井か)を尋ねてきてるんですよ。

ボクチャンはモチロンに次女っ子なんですよ」



なんのなんの、王令奈 3 は前代未聞の「時刻表」表紙ですよ?



…曲解に満ち満ちた旅の幕開け…



さて、第一目標地点に到着


…ヲ
DSC02223_2015053123114733b.jpg
DD51型ディーゼル機関車 様

ヘッドマークは、
DSC02224.jpg
『DL碓氷』


DSC02225.jpg
実にパワフリャー&ピカピカなボディに、思わずチカラコブ

ヲレンヂ色のニクイ奴 !! ってトコか。
(↑ …古い…)


「ヲ召し列車…ッ !!
(↑ ???)




道中、我々が楽しんだのは、
DSC02230.jpg
コチラ様の、C61形蒸気機関車 20号機 様 だったのであります !!

今回、我杯はコチラに乗車するのを秘匿されていたので、汽車を見た瞬間には思わず、

「ヲヲっ !?

…と、感嘆の声を発してしまった


蒸気機関車から感じられるのは間違いなく、
DSC02231.jpg
「力強さ」なんですよ。


鉄のボディが蒸気を噴出しながら、
DSC02233.jpg
客車を牽引する様に、ボクラは思わず涙ぐむ


機関車を知るシトなら誰しも、
DSC02234.jpg
両手を脇でグルグル回しながら機関車ゴッコをやったハズ。
この車輪こそ、蒸気機関車本体なり。

あと、「999」のOP。


急がない旅なので、
DSC02235.jpg
ゆっくりと汽車のある風景を楽しむ


…しっかし、我杯って写真撮るのが上手だよなぁ。
(↑ どぅくし )


…。
DSC02239.jpg
レール上で気取ってはいけません。
レール上でグラビア・アイドルみたいにポーズしちゃあいけません。


そんなコトはしないようにしょう


しょう。


…残りの3ツは何だろう…?


レール上で…ヲ酒を呑んではいけません。
レール上で…踊っちゃいけません。
レール上で…クロス・ボンバー放っちゃいけません。
(↑ …ああ、ツマラナイ…)




はい、で、到着した駅こそコチラの、
DSC02240.jpg
横川駅 !!


「峠の釜飯」で有名なコチラ。


さてさて、今回はココで何が起きたのか?


それは次回の講釈で。


旅はまだまだ続きます



tbc.jpg 



…今回はさらっ、と…笑

« »

06 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login