酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大逃亡 2015 「石巻の夜を呑み尽くす !! 」 その2 ~ 石巻・味彩 しん家、B.FRIEND ~

…うあ~…。


もう「年賀状発売」とか…


ついこの間、グズグズなのを各方面にヲ送りしたばっかだと思っていたが…


もう少し、ゆっくり「生きさせて」くれませんかね…


…来年のカレンダーとかしっかり予約しちゃいましたが…笑



さて。

宮城県は石巻の夜を堪能する我杯。

次なる一軒を求め、夜の街を徘徊する…


「さるとびエッちゃん」を発見…。

街灯に照らされるエッちゃんは少し寂しげ…


子供が夜、一人ぼっちで外に佇んでいる姿なんて、あまり見たくないネ…


…。
DSC03526_2015102720072740f.jpg
「動物」ときたら「シートン」ですか。

「ヲ~い !! 」ときたら、「ヲ茶」みたいな。
(↑ 登録商標。もしくは中村君)


そんな道中、感じの好いヲ店を発見


今宵の二軒目は、
DSC03539_2015102720072753b.jpg

味彩 しん家


コチラに潜伏することにしましゃう
DSC03541_2015102720073070f.jpg
温かみを感じる看板と照明が決め手

DSC03540_20151027200729d6d.jpg
呑み歩きして思うことは、「二軒目こそ勝負 !! 」つーコトだ。


一軒目での盛り上がりを、如何に持続、若しくは更にアゲていくか。


テキトーにヲ店をチョイスすると、変なのに遭ったりして全てが台無しになる時があるのれす



さて、この「しん家 3 」は…?
DSC03528_20151027201055e68.jpg
大正解 !!


落ち着いた雰囲気の店内。
DSC03530.jpg
先に潜伏した「三吉 3 」が大層に賑やかだったので、この空気のギャップはナイスなメリハリである。


流石、我杯


カウンター席、ヲ品書きを眺める。
DSC03531_20151027201058ca3.jpg
ふ~む、ふむふむ…


やはり石巻の地酒を頂戴するべきでしょう

先に「日高見」を頂戴していたので、もう一種の石巻地酒、
DSC03532.jpg DSC03533.jpg
墨廼江(すみのえ) 純米吟醸 (墨之江酒造㈱)を頂戴する。


甘さを感じさせながらも、すっきりとした余韻で喉を通り過ぎる感覚…


ヲ通しの厚焼き玉子と穴子の蒲鉾が美味しくてウレシイ


先客 3 も落ち着いた雰囲気の中で杯を傾ける
DSC03529.jpg
地元の皆さんでしょうか。


酒肴の画像納めながらニヤニヤしててスンマセンでした…笑



ところで石巻は鯨料理の街としても有名。


カウンター上に貼り出されたヲ品書きの中に、鯨料理が数品。

その中から、
DSC03534.jpg
鯨紅白造り


…をばチョイス

赤身と脂身(トイ)を生姜醤油で頂戴する。


DSC03535_20151027201417c30.jpg
馬刺しや牛刺しに近いながら独特な食感の鯨の赤身に、極端なしつこさはない脂身。


その二つを同時に口に放り込む !!




…。







fhhhh.jpeg
(↑ またもや)




なんということだ !!

もはや、ネ申 美味 である !!
DSC03538.jpg
赤身の旨味をトイの脂がしっかりと抱え込み、口中に強烈な味わいを展開させる。


脂身の陰から再び赤身の旨味が顔を覗かせ、その旨味を脂身がまた包み込む…。


これは美味さのエンドレス・ワルツや~
(©彦麿呂 先生)



ヲ酒も料理も美味かった !!


流石に我杯 !!


何から何まで外しが無い !!


エライぞ !!
(↑ ははは)


二軒目も大成功 !!




せっかくの大逃亡。

三軒目を目指して夜の石巻を彷徨する…。
DSC03546_20151027201422141.jpg DSC03547.jpg
そこかしこに夜の灯。

 DSC03543_20151027201716ae1.jpg
フラついていたら、先ほど呑んだ「墨廼江酒造 3 」を発見。
思わぬ表敬訪問。


今度は更に雰囲気変えてスナックとか行きたいな~。

よしゃ、ここは路線変更、玉袋 筋太郎 先生ばりに「ナイトスナッカーズ」だ !!


…と、意気込んだトコへ、ヲ店からヲ客 3 を見送るママ 3 の明るい声が聞こえた。


ママ 3 が引っ込んだトコがコチラの、
DSC03553_201510272017176db.jpg

B.FRIEND


…なる扉。


先ほどのママ 3 の明るい声に魅かれて扉を開く。


あの~…飛び込みなんすけど、いいッスかね???
(↑ タマ先生ばりにしゃがれ声で…笑)


「あら、今外にいらした方ね。どうぞどうぞ


やはり明るく歓待を受けることが出来た


カウンターにて 先客 3 と。
DSC03549.jpg
地元の御常連 3 が我杯を迎え入れてくれた


我杯が埼玉帝國からの旅行者であることを話すと、同じ関東・茨城県での大雨による堤防決壊の話題になった。


「あれは我々としても心配なニュースだったよ」


と、おっしゃるのはここ石巻で生まれ育った生粋の石巻人 !!


いやいや、石巻も大変な事でした…。


「いや、それでもこの石巻は素敵な所だ。素晴らしい所だ。

アナタも是非に引っ越していらっしゃい
…笑



…いや…少し前に自宅購入したばっかりなんで…
…へへへ…


「うん? そうなの?
でも、もうローンなんか終わったでしょう???」




…まだやがなっ !!

30ウン年、先やがなっ !!



「ウェルカム・ドリンクをどうぞ ♪」



ママ 3 が差し出したヲ酒は… !!
DSC03550_20151027201720904.jpg
蒼天伝

…ではないですか !!


流石に地元、やはりめぐり会えましたな


DSC03551_20151027201810006.jpg DSC03552.jpg
嬉しい一杯を有り難く頂戴する
ヲツマミには蜆の干物で肝臓もウレシイ


御常連 3 が先に退出


「また石巻にいらっしゃい




…必ず !!







この時点で22時近く。

時間的に余裕はあるものの、早朝から動いてた身にはそろそろ限界…



明るいママ 3 に別れを告げ、今宵の宿泊先へ。



もうヘロヘロ…
DSC03554_20151027201812867.jpg
…でもなかった。


これだけやれば当然だが、この上ない達成感である



正直、余力は残した。


もう全力は出来ないから…凹


明朝も「予定」が目白押し。



宿に無事に帰還した我杯は、何とか明日の支度を整え、ベッドに横になるや否や即死。



夢すら見ない、泥のような眠りに就いたのだった…。


tbc.jpg

大逃亡 2015 「石巻の夜を呑み尽くす !! 」 その1 ~ 石巻・さかな処 三吉 ~

さてさて。


女川から電車に揺られて30分ほど。


遂に石巻に到着 !!

早速にジェット(002)が空を舞ってヲ出迎えである。


その傍らには、
DSC03487_2015102511353423f.jpg
ヲヲ、フランソワ(003) !!

Bonjour, Mademoiselle!


駅舎、ステンド部分は、
DSC03489_20151025113534d7b.jpg
ゼロゼロ・ナンバーズが総出でヲ出迎え


ヲや、ここには張々湖(006)が…
DSC03490_20151025113537ecb.jpg
…何か、我杯の知ってる006じゃあない…


なんつーか、頭身が…006はもっと丸っこい…


とにかく、これでもか !! な石ノ森ワールド。
DSC03491.jpg DSC03492.jpg
ロボコン・カフェ。
京浜東北線を発見(ウソ)





事前に 吉田類 先生 の御足跡を辿ってみやうと調べてみたのだが見当たらない。


どうやら 先生 は石巻にはまだ降臨されていないらしい。



ならば、自身にてその道を切り拓かねばなるまい。


今回開拓したのが、
DSC03497_201510251139015d1.jpg

さかな処 三吉

DSC03496.jpg
実にゴケンソンな看板であるが、ネット検索結果での評判は実に上々


地酒とサカナが主なターゲットである我杯にはウッテツケの一軒。


暖簾を潜りましたれば、座敷席は既に満席状態、 先客 3 はいい感じで盛り上がっていた。


なに、スグにコチラも追い付きますだで


ヲ店奥のカウンターに案内され、着陸


さあて、呑んじゃるけぇのぅ !!


先ずはの一本にスタッフのヲススメで、
DSC03498.jpg
作(ざく) 恵乃智(三重県・清水清三郎商店)


…をば、頂戴した。


…ううむ、美味い…


長旅をしてきてようやく腰を落ち着けて呑める。


僥倖である…



ヲ品書き。
DSC03499_2015102511390684b.jpg
ふ~む、ふむふむ…


石巻の地酒、日高見は後ほどに頂戴しましゃう
そして流石に地元、「伯楽星」がコレデモカ推しですな



ふ~む、ふむふむ…
DSC03500.jpg
我杯の大好きな海鮮メニューが目白押し。


安い !!


全部欲しい !!


しかし、そんなことはドバイの大富豪でなければ無理なので、マスター 3 にヲ願いして、
DSC03501_20151025114241ac9.jpg
刺身盛合せ


…をば。


皿の上には、
DSC03502_20151025114243ade.jpg
トリガイ、アカガイ、ヒラメえんがわ、本マグロ、天然ブリ、

DSC03503.jpg
サンマ、ホタテ、カツヲたたき、キンメ、サワラ…


…といった魅惑のラインナップ



世界的にも優良な漁場、金華山を有する石巻。



このヲーダーに間違いはありませんでした
(↑ 大歓喜)


ヲ店奥のカウンター席。
DSC03505.jpg
間も無く店内は満席に


賑やかな夜の訪れ
DSC03506.jpg DSC03507_2015102511440909b.jpg
満を持して石巻の地酒、
日高見(平考酒造)を頂戴する



漁港の地酒だ、サカナとの相性はチリバツ !!
DSC03508_201510251144108f1.jpg DSC03509_20151025114412ce9.jpg
濃厚な本マグロ刺し。これは山茶花のような。

ホタテも可憐に咲き誇り、まるで刺身のヲ花畑や~
(©彦麿呂 先生)



更に他にもナイスな逸品があることが判明


それこそが、
DSC03513_20151025114413e77.jpg
ウニ丼



「このヲ店に来たら、コレだけは食べなければば !! 」


…みたいなレビューが多かったので追随。
DSC03514.jpg DSC03516_20151025114526eac.jpg
丼の上、美しく輝く2ツの黄金色…。


口に含みたればその味覚、濃厚にして舌上に広がり、我を魅惑の領域へと誘わん。


そして、この一杯の究極の頂き方が、
DSC03518_2015102511452879f.jpg DSC03519_20151025114529525.jpg
ウニと卵黄を混ぜ合わせ、それを頂く…。



…。






fhhhh.jpeg
雲丹と卵黄が渾然一体となり、甘美なる味覚が顕現…。



石巻の片隅で、独り感涙に咽ぶヲトコの姿があった…


…ヲヤ。
DSC03517.jpg
日本酒試飲会が予定されとったようで。


是非とも参加したかった !!


これほど「どこでもドア」が欲しいと思った事はなかった…。




店内は益々賑やかになってきましたが、そろそろここらで。
DSC03521_20151025114715931.jpg DSC03520.jpg
いやぁ、良いヲ店でした、三吉 !!


これで「2番目」と謙遜しているトコ奥ゆかしいと申しますか。


我杯的には間違いなく1番の一軒でした !!




ですがねぇ、石巻 !!



まだまだこーいったヲ店が他にもあるんじゃないでしょうか???



そんな訳でしてね、あともう2、3軒は行ってみたいと思います !!
DSC03522_20151025114716009.jpg DSC03523.jpg
それでは !!


皿の上 咲き誇りたる 味の華
(詠:我吉田 類似品)




…石巻篇、次回へ続く…


tbc.jpg

大逃亡 2015 ~ 女川見聞録 ~

いや、ゴイスーですね !!


今(2015年)は『未来』だそうですYO !!

1985年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で描かれた未来世界が何と2015年10月21日だったそうで。

それに因んだイベントが行われました、なんてニュースを見て、エラク感心してしまったんですよ。




当時この映画を観て、未来てのは様々な技術が格段に進歩して、素晴らしい世の中になってるんだろうなぁ、と想いを巡らせたモンだが…。


果たして、「今」は素晴らしい世の中だろうか?


何だか、ヲっかない出来事ばっかりだ。


我杯的に恐ろしいのは、あの横浜のマンション問題 !!


手抜き手抜きの杜撰な工事で、自身の生活がまさしく根底から揺るがされるなんて、他人事には思えない !!



まったくもって施工管理者か?
ドイヒーな事やらかすモンだ !!



こんなニュースばっかりだから、これからの「未来」には不安がテンコモリだ…




そんな訳で、こんにちは。

いつもヲ酒に前のめり、酒場逃亡記です。


旅先で呑みまくる「大逃亡2015」、8時間をかけて宮城県は女川に辿り着いた我杯。
DSC03458.jpg

コチラの駅には入浴施設である、

女川温泉「ゆぽっぽ」

…なる施設があるんでヤス


長旅の疲れを癒すにはウッテツケ !!



ここでヒトップロ浴びたいが為に、わざわざ疲れるやり方で来たんでヤンスよ。
(↑ 本末転倒)



…って、実は何年か前にもここには訪れたことが。


その時は、浴室に大きな「信号機」があって、赤や青に切り替わって電車の発車時刻を教えてくれるという、ヒジョーに情緒溢れるトコだったのだが…。




しかし !!

今回は元気に生まれ変わった女川駅の温泉をシッカリ楽しませてもらいましたヨ !!




復興応援に様々な著名人が訪れているようですよ。
DSC03477.jpg

…。
DSC03478.jpg
大変大変。


駅舎には展望フロアがあり、
DSC03460.jpg
海へと続く景色を一望できる。

DSC03464.jpg
もう、海はスグ目の前。

DSC03466.jpg
2015年3月21日に新しく再スタートした女川駅。


チョイと駅前を見て歩いてみましゃう
DSC03468.jpg
復興・開発が進む駅前。


何でも2015年12月に新たな町開きを予定しとるそうで、
DSC03469.jpg
様々な飲食店や施設が開業するそうだ。


「その時には是非ともまたいらして下さいね !! 」


ヲ土産屋のヲ姉 3 にかなり力強く言われたので、こりゃ、再訪は確定ですな…笑




…なにか、大きな物が転がってますが…
DSC03472.jpg
コチラは以前はもっと海寄りにあった建物(
交番)だそうだ。

それが土台ごと何百mも内陸へ流され、ここに…。


何という…。
DSC03473_20151024165708138.jpg
建物が丸ごと浮かされ、転がされ、流された。



この災害がいかに恐ろしく、大きなものであったか。



改めて垣間見た気がしましたよ。


因みに、これは「災害遺構」として残され、後世に災害の大きさを伝え遺していくそうだ。




しかし、立ち止まっていないぞ、女川 !!
DSC03474_201510241657108a5.jpg
確かに、未来へ向かって着実に進んでいるぞ !!

DSC03475_201510241816331b2.jpg
この地にて数多く見られるウミネコが翼を広げた姿をイメージして建造された新駅舎。


ウミネコのように空高く羽ばたけ、女川 !!
DSC03479_20151024165900d4e.jpg
女川の未来に !!




未来とは ?

1秒後、明日でも来年でもなく

「たった今」から始まるんだ

僕らに見えてる全ては過去さ



(SKE48『未来とは?』)



滞在、1時間半ほど。
DSC03480.jpg
ヲ迎えの電車が入線してきますた


短い時間だったけど、
DSC03482.jpg
女川という場所を今まで以上に知ることが出来ましたよ

DSC03484_2015102417004588a.jpg
Arrivederci !! Onagawa !!

I`ll be back !!


16:36(ヒトロクサンロク)時。
DSC03486_201510241700485d5.jpg
夕陽に向かって列車はトコトコ




今回の旅の停泊地は石巻。


メイン・コンテンツである呑み歩きをいよいよ実行に移す時がきた。




それは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます

tbc.jpg

大逃亡 2015 序章2 ~ 所要時間、8時間51分 ~




コケティッ酒 君に醜態中 皆が呆れてるぅ
rena

皆さん、こんにちは。
「きんぎょ姫レナレナの 忘れないでねっ !! 」の時間です。

これは、女優・木公ヰ 王令奈 3 (になりすました誰か)と、大事な約束を交わしていくという、当ブログ一番の人気コーナーです。
(↑ どぅくし )


今日は特別篇、鉄道ファンである王令奈 3 (になりすました誰か)と仙台~石巻 間の仙石東北ラインを走行する、

HB-E210系気動車

…について、(ある程度)学んでいきましょい



それではヲ姉 3 、宜しくヲ願いします !!
DSC03418.jpg
「はいっ、それでは早速見ていきましょう !! 」

DSC03424.jpg
「仙石東北ラインをトコトコ走る、HB-E210、通称ハイブリ子ちゃん
(← 勝手に呼称)
今回乗車した快速は仙台~石巻間を63分で結ぶ車両です


エンジンで生み出したエネルギーと、蓄電池に溜めたエネルギーの2ツを組み合わせて走行しているスグレモノっ
DSC03428.jpg
「その様子は車内の液晶モニターにて常時表示。
一目でエネルギーの流れが分かるなんて、何だか嬉しくて一杯呑みたくなっちゃうねっ♪」


「じゃあ、そのエネルギーの使い分けはどうしているのかな…???
DSC03421_201510181245569b3.jpg
それは、このボックスの中にあるコンピューターで自動制御 !!
電池かエンジンか、モーターを状況に応じて判断して回転させるの。

とっても賢いコンピューター。
賢過ぎちゃって、スーパーロボット大戦も1秒で1000回クリア出来るんだって !! 」
(↑ 大嘘)

「仙石東北ラインが再開した5月30日から発車ヲーライ !!
DSC03422_20151018124557e4f.jpg
作ったのは総合車両製作所 3 。

まだまだ新型の車両だから、
DSC03427.jpg
車内はとってもキレイ

乗車した他のヲ客 3 からも「キレイな車両だね」なんて声が聞こえたよ

ハイブリ子ちゃん、地元でとっても人気者 !!
沿線に住んでるシト達が走行中の車両に向かって手を振ってる様子なんかも見られて。

微笑ましい光景に、思わずアン肝食べたくなっちゃった♪」
(↑ 絶対こんなこと言わない)


「高性能で人気者のHB-E210 !!
皆さんも石巻に遊びに行った時は、是非、ハイブリ子ちゃんでの旅を楽しんで下さい !! 」
rena
「王令奈との約束、忘れないでねっ !! 」



はい、有難う御座いました !!


それではそろそろヲ時間のようです。

また来週、ヲ会いしましゃ~ !!







…完ッ全にこのバカモノ・ブログの趣味で御座います。

皆さん、毎回毎回、本ッ当に申し訳ありません…



さて。
この時点で13:14(ヒトサンヒトヨン)時。
DSC03429.jpg
出発してから7時間が経過。


なのだが、全く飽きない。
DSC03432.jpg
楽しい楽しい♪



全線単線なので、
DSC03435.jpg
途中、仙台行きの車両を待ち合わせ。



そして終点の、
DSC03436.jpg
石巻に到着 !!

石巻は漫画家・石ノ森 章太郎先生所縁の地。

駅構内は、
DSC03437.jpg
石ノ森ワールドである




トイレへの案内からして、
DSC03438.jpg
ロボコンである。


そしてやはり、石ノ森 章太郎と言えば !!
DSC03439.jpg
仮面ライダー&サイボーグ009である !!


…やはり、「ヒーロー」というものは、我々より高みに達した方々であるので、同じ視線ではいけないと思う。

正面から対峙したら、ライダーが、
DSC03440_201510181313579fc.jpg
「うわっ !! ビックリした !! 」

…みたいに見えてしまった…笑


009も、
DSC03441_20151018131359f11.jpg
派手な服着たボウヤに見えてくる(← ははは)

やっぱり、仰ぎ見るのがヒーロー !!
DSC03442_20151018131400931.jpg
ホレ、途端に「とうっ !! 」という勇ましい声が聞こえるようだ

ボウヤだって、
DSC03443_201510181315240ab.jpg
キリリ、と凛々しく見えてくる。


駅構内だけで、
DSC03447.jpg
そこかしこに009が現れる。



さて。
我杯はまだまだ列車を乗り継がねばならないのだった。
DSC03446.jpg
石巻から今度は、


DSC03449.jpg
女川行きに乗車


DSC03450_20151018131530ede.jpg
ういででで

かぶりつきにて進行方向を眺める。
DSC03451.jpg



DSC03454.jpg
こんな光景が見たいが為に旅をするのである。
ヲ酒が呑みたいからじゃないですヨ
(↑ ウソだろうが)



ほいでもって、とうとう到着 !!
DSC03458.jpg
女川駅 !!


ここへの到達が今回の旅の2ツ目の目標であった。

要した時間、実に8時間と51分。


…なのだが、不思議と長くは感じなかった。

これも旅の魔法なのかもなぁ。



さてさて。
この女川にて我杯は一体何をみたノカ !?


それは次回の講釈で。

旅はまだまだ続きます


tbc.jpg


大逃亡 2015 ~序章1 向かえ !! 彼の地へ のんびり と !! ~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


ヲことわり



当ブログは鉄道ファン・ブログではありません。

ただ、酒好きがクラクラと鉄道に揺られ、ズルズルと呑んだ暮れる様子をヲ伝えするだけのものです。

表記、説明等に不備がありますが、そこは素人の戯言としてスルーして頂ければサイワイです。



…そもそも時刻表が読めない我杯…




9月。

とある早朝


AM06:00(マルロクマルマル)
DSC03376.jpg

DSC03375_201510121649034b9.jpg DSC03377.jpg
最寄り駅から下り始発に乗り込む。
長大なる旅へ出発 !!


始発だが、列車内は多くの乗車客。

我杯のように旅へ出発する者もいれば、夜通し遊び倒して疲労困憊、シートに身体を沈み込ませる者等、様々である。


AM06:51(マルロクゴーヒト)
DSC03379.jpg DSC03378.jpg
宇都宮駅に到着

乗り換え。
DSC03380_20151012165519477.jpg DSC03381.jpg
黒磯行きに乗り込み、AM07:47(マルナナヨンナナ)、黒磯駅

そこから、AM07:54(マルナナゴーヨン)発・東北本線(郡山行き)に。
DSC03382_201510121655213ef.jpg DSC03384_20151012165642b41.jpg
揺られる事67分、AM09:01(マルキュウマルヒト)、郡山駅に到着

自宅最寄り駅から出発して3時間が経過。


次の接続まで27分。


ホームでフラついていたら、
DSC03385_201510121656433d6.jpg
ホーム上、妙にシトが多い…。

ホームの隅っこでカメラ抱えてソワソワしてる輩は、熱心なる鉄道ファンの皆さんに他ならない。


一緒になって線路を眺めていたら、皆さん一斉にカメラを構えだした

いなや、入線してきた列車の姿アリ。
DSC03387.jpg
コヤツ。


…なんだか、「その筋」の皆さんにとっては有り難いヲ姿らしかったが、我杯はピンと来ない。


それよか、もうそろそろいいのではないか !?
DSC03389.jpg DSC03390.jpg

DSC03391.jpg DSC03392.jpg
次の経由駅へ向かう列車に乗り込み、
クハ481系統1000番台を眺めながら発火遺産カップの封を切る。


AM09:13(マルキュウヒトサン)。




ここまでの道中、我杯が最初から乗り合わせていた年配の御仁がいた。



我杯が電車に乗り込んだ時点で既にいたのだから、状況開始は我杯より早いはず。
(↓ 赤矢印のシト)
DSC03393.jpg
車内、大きな声で独り言仰ってた方なので近付かないようにしていたが、何処へ向かっているのかは窺い知れた。
(↑ ははは)


青森へ向かうらしい。


到着は夜19時を回る、と非常に大きな声隣り合わせた御婦人に語っていた。



…筋金、である…



待ち合わせが46分。
(↑ 徐々に接続の間隔が長くなってきた…)
DSC03394.jpg DSC03395.jpg

DSC03396.jpg DSC03398_20151012170050be9.jpg
この往路、新幹線や特急の類は利用しない。


長大なる時間をひたすら「乗車」に費やす。


それは、即ち「宴」の時間。


時間は長い方がよい



AM11:00(ヒトヒトマルマル)。
DSC03397.jpg DSC03399.jpg

DSC03400.jpg DSC03401.jpg
ようやく発車

DSC03402.jpg DSC03403.jpg
福島駅を発つ


フニャフニャと約76分
DSC03408.jpg
仙台ッ !!


「杜の都」であるッッッ !!



「杜」って、なぁに !?


ネ申社などの周辺に生い茂った森林など。
一種のネ申域。



…へー。
(↑ 自己満足)



とうとう次の接続に60分を要した。


仙台駅改札を出たら、
DSC03404.jpg DSC03405_20151012170553727.jpg
「嵐」の皆さんで一色。
(↑ この時期、宮城に来とったらしい)


吊るされたタペストリーをうっとりしながらデジカメに収める女性ファンが多数見受けられた。



…アイドルで騒いでるシトって、傍から見ると

みっともない

…と思うんですよ。

(↑ ははは、殺されるぞ )



ヲ昼
DSC03410.jpg
ここらでマトモな食事を摂ることに


仙台と言えば、
DSC03412_20151012170556c3e.jpg DSC03413.jpg
牛タン !!
…って、この箸袋の言葉の筆は、ムシャノコーヂシャネシャシャ !!

弁当箱にギミック有り
DSC03415_20151012170559ffc.jpg
弁当箱脇にある紐を引っ張ると、加熱してくれる仕組み。

温かい弁当に、
DSC03414_201510121707189eb.jpg
持参した我杯手製のカレー味唐揚を追加。


…冷めてても美味しいわ♪



若さ 若さって何だ? 振り向かない事さ !!
愛って何だ? 躊躇わない事さ
DSC03416_20151012170720c4e.jpg
GABAN !! あばよ涙 !!  GABAN !! よろしく勇気 !!


牛タン弁当、蒸着 !!


そして、いよいよ第一目的を果たす時が来た。


今回、乗りたかった列車に搭乗 !!


それこそがコチラの、
DSC03418.jpg
新型ハイブリッド HB-E210系統 様


乗りたかった Yes !! 君に !! 


ハイブリッド気動車は、
DSC03417_2015101217072463d.jpg DSC03419_20151012170724703.jpg
エンジンと蓄電池の両方を組み合わせながら走行するので、燃料消費量が低く抑えられる。


環境に優しいスグレモノ車両に、松井玲奈 様 もニッコリだ。
(↑ ???)



さて !!



「大逃亡 2015」、序章の報告だけで年が明けちゃいそうなので、この続きはまた次回 !!




旅はまだまだ続きます






tbc.jpg

世界の「みなみ」から Ver.1.01

(久々に)
nm1.jpeg


nm
総統府内・繁華通り、通称「ノミマス銀座」


その一角にある居酒屋にて今回のバカ話は始まる。
refrain.jpg
(↑ 御用達)


「総統…」
nm
ノミマス帝国 副総統 ワモノ・ヲカート

「とうとうボクチャンの野球シーズンが終わりを告げてしまったんですよ…」
(↑ 虚脱)


「あ、ヲネエ 3 、ホッピー中を…
nm
ノミマス帝国 総統 アセドー・アルデヒード (我杯)

「…この約半年、実に御苦労だったね、ワモノ君…

貴殿を始めハマスタにアシを運び続けた多くのファンの皆さんの熱心さ、まさしく感銘の至り…。



…途中でいよいよメゲたりせんかったのかね???」



「ほっとけ

それでもですね、今季前半は怒涛の快進撃を続けていたんですよ…」



いつの ことだか 思い出して御覧
IMG_1473.jpg
杏奈こと こんなこと あったでしょう



嬉しかったこと
IMG_1480.jpg
おもしろかったこと

いつになっても

IMG_0051.jpg
忘れない…


「…楽しかった…ぜ…」
(↑ 遠い目。あと教会の鐘の音)


「それにても、だ !!

チームを率いていたキヨシ監督が辞任されるとは、それこそ野球は外野の我杯でも残念な結果だと思うが???」



「シーズン成績6位、62勝80敗1分…。


…前半は貯金がイッパイあったのに…。


6月の交流戦、一戦ドローを挟んだとは言え、

地獄の12連敗

を喫した時には世の中全てが灰色に見えたんですよ」

(↑ 白目)


「…gzgzgzgzgzgz

…そこだ、ワモノ君。

我杯がキヨシ監督に贈る次の手だ。

明るいキャラクターであるキヨシ監督は俳優業への転身が相応しいと思うのだが」



「総統…
nm
キヨシはですね、インタビューで何言ってるか分からないレヴェルで滑舌が悪いんですよ。

それが俳優業とは一体 !? 」



「ウム !! 実に良い質問ですッ !!
(↑ 池上 シャドー)

確かにベシャリはイマイチかもしれないが、あの明るくグイグイ前に出てくる性格、力強い眼差し、プロ野球人として培われた強固なる精神…。


相応しい配役がまさしく、あるッ !!


見給え、我杯が考えた適役だ」


IMG_1176.jpg
「どうかね???

大泥棒
三代目を追い掛け回すには最適任だと思わんかね…?」



「…」
「…」








「うははははは」

「うははははは」




「とっつぁん !!

どーぢて、こーなった !? 」



「もちろん、我杯が仕事中に思い付いたのだよ、ワモノ君。

まあ、こんな事考えてたから、業務で大ポカやらかしたが
(↑ 無反省)


そんなトコに我杯の iPod に「変身カメラ」なんてアプリがあったので、その画材とで合成してみたのだよ



「…いや、でも実はですね、キヨシが銭形警部に似てる、てのは、もう以前から出回っていた話なんですよ」



「…えっ…
nm
ホンマですかっ !?

我杯だけが気付いた大発見だと思ったのだが、既に先を越されていたとは…
(↑ アムンゼンとスコット)



…それでは気を取り直して、来季のセ・リーグを盛り上げる為の、もう1つの案だ


「…??? どんな???」


「聞いてくれたまえ。

セ・リーグに新たなるチームを編入するのだよ」



「…はぁ !? なんなん、それ !?

…新たなるチームって…ドチラ 3 !? 」



「ウム、君もよく知ってるだろう。

初森ベマーズ(※) の皆さんに加入してもらうのだ」




※…初森ベマーズ

とあるドラマに登場する女子ソフトボールチーム。
とにかく、メンバーが全員カワイイ




「…何言ってんだ、アンタ。

アレは女子ソフトボールじゃねえかよっ !!

第一、そんなことしたらパとチーム数が違っちゃうでしょうよ

(↑ 憤慨)



「何、心配には及ばん

今季ドンケツになったチームにセから出てってもらう。


…いいと思うぞ~???

明るく、華やかな坂道の皆さんが球場に舞い降りる…

港星の試合よりは盛り上がると思うがね…

nm
(↑ 悪意のカタマリ)

nm

畜生ッッッ !!

何て事を言うんだよッ !!

見てろッ、七代先まで祟りがあるぞッッッ !! 」




「ダメかね???



nm
「ダメだろうがッ !! 」




「…名案だと思ったのだが…」

(↑ 確信犯)


DSC03242.jpg
「…何ですか、この取って付けの展開は」


「まあ、そう言いなさんな。


かぞみな


…このコーナーだって、まもなく終了だよ???

残りの1回1回を大切にしていこうではないかね。

(↑ 話題のすり替え)



…それはそれで、だ…。
nm012.jpeg
今年も敢行した


大逃亡 2015


…の様子をこのバカモノ・ブログを御覧の皆さんにいよいよ
次回からヲ届け出来るのは感銘の至りだ…」


「今回は宮城県だったようで」



「うむ…。

我杯は思ったのだ。


あの大災害から早数年…。


復興も徐々に進んできているという話は耳にするが…。


しかし、我らが埼玉帝國や関東には、何か都合のいい情報しか伝達されていないのではないか…。


実際に自身の耳目にて真実を目の当たりにする、そんな必要があったような気がしたのだよ…」



「何たる殊勝なるヲ心掛け !! 」
nm
「ボクチャン、総統のその行動力に深く感動…


(ドサッ)



…ん??? 何なん、コレ」


「…あっ
 
DSC03954.jpg
「…JTB時刻表6月号…。 巻頭特集…

『つながる、東北

鉄道ファン 木公ヰ 王令奈 と巡る仙石東北ライン』…




…。


… !!


何、じゃあ、今回はコレに触発されたんですか」


「…いや、ひょん 様 が現地で何を見て、何を考えたかを追随体験しようと思っただけだが…


nm
「結局アイドルの追っかけじゃあねぇかっ !! 」


「…
nm010.jpeg
…アイドルではない、今は女優 3 だ」


「うるさいよ」


「まあ、そんな訳だ、諸君 !!

次回からはかなりダラダラと大逃亡2015の様子をヲ伝えしていくので、観念してくれたまえ !!」




「…宮城の皆さんに失礼なかったですか???」
「…多分、無問題だった…と思う…」

東北六県 魂の酒祭り ニコちゃん潜伏リポート その2

さて。

東京国際フォーラムで開催された

東北六県 魂の酒祭り

…に参加した我杯。


約130の蔵のヲ酒が呑み放題というネ申イベント。



とはいえ、全部を制覇するのは至難の業…


そこで我杯はどうしたら効率良く酒廻りが出来るかを考えた。


そして、弾き出した結論、それはッ !!


当てずっぽうッ !!

(↑ 人生全てに於ける行動論理)



今回はとにかく呑みまくった !!


このヲ酒がこう、どのヲ酒がああだったとかのフォローは困難なので、とにかく

何を呑んだか

…で今回はゴアンナイ
(↑ 長いよ? 今回も…笑)




先ずは、やはり「風が吹く」の白井酒造 3 (福島県)の出品で、

伊佐須美の杜


…ここでウッカリ白井酒造 3 ブース前に足を固定しちゃうトコだった。

我に返って他ブース廻り開始


やはり、福島県・会津の酒蔵、会津栄川酒造 3 の一本。

その名も、
DSC03325.jpg
大吟醸 石田光成
(↑  !! )


名前の通り、キリリとした呑み口がインパクト大。


更にもう一本。
DSC03327.jpg
本醸造酒 ちどりあし


…まだイベントは始まったばかり。

ここでフラつく訳にはイカン !!


会津・喜多方の大和川酒造 3 の逸品
DSC03328.jpg
弥右衛門 無濾過純米吟醸

…使用米が「山田錦」なんて謳われたら素通り出来ないっ



何かエラそうなシトがいた。
DSC03334.jpg
竹下 亘 復興大臣(額賀派)だった。

ミス日本酒(← 本当)を引き連れてゴマンエツ。
グリーン系統のネクタイがヲキニらしいぞ。



だが、我杯がもっと気を引かれたのは、
DSC03333_2015100418223945a.jpg
SPのビシビシッ !! とキマッたヘアースタイル…笑

やっぱアレですね。
ボサボサだとヘナチョコに見えるから、見た目も大事ですね


でも、ヲ酒呑めないでカワイソウ



…をっ
DSC03336_20151004182240a72.jpg
蒼天伝(宮城県・㈱男山本店) のブースを発見。

以前、 吉田類 先生 の笹塚イベントにも参加した酒蔵 3 。

もちろん一献頂戴しました



…後日、別件にて「蒼天伝」と再会することになるのだが、コレマタ後日…。



宮城県エリアにやって来すた
DSC03337_201510041822412e0.jpg
蔵王酒造㈱(宮城県・白石市)の杜氏 3 。

明るく、爽やかに自慢の一本、その魅力を語ってくれました


完ッ全に「出来上がった」会場
DSC03338_20151004182243153.jpg
やはり、猛者の姿もチラホラ。


「2ブース、制覇したわ」

…なんてなヲ姐 3 がいたなぁ。


因みに、1ブースに4か5の県別のグループがあり、そのグループには6軒の酒蔵 3 がいた。


…てコトは、4グループだとしても4×6で24、それを2ブースだから計48…。


最低でも48杯呑んでたことになる !!


…げー



山形エリアへやって来たんだず
DSC03339.jpg
純米吟醸とひやヲろし生詰「山法師」 の㈱ 六歌仙 3 (山形県・東根市)。

もちろん、両方とも頂戴する


我杯好みのフルーティな味わいにヘロヘロ




ここで我杯、歓喜の声を挙げてしまう

「風が吹く」と並んで大好物の一本、
DSC03342.jpg
「大納川」の備前酒造本店 3 (秋田県横手市)にゴアイサツ。


呑み易い口当たりで、いくらでも呑めてしまう一本。


このヲ酒の大ファンです。
埼玉ですと南越谷(← ウッカリ『こしみな』と言いそうになる)の「秋田 3 」という居酒屋 3 で頂戴しています…


…なんてな話をしたら、


「ああ、秋田 3 ですね。

関東へ出張の際は御挨拶させてもらってますが、秋田よりも秋田らしいヲ店ですね」



…なんてな話題に。


因みに、備前酒造 3 はたった3人でヲ酒を醸している小さな蔵だったことを知ってクリビツ


今回の我杯的万々歳
DSC03343_20151004182416e86.jpg
㈱ 飛良泉本舗 3 (秋田県にかほ市)のブースに迷い込んだところ、


「酸味の強いヲ酒はどうですか???」


…なんてヲススメされたので頂戴したのが、
DSC03344_201510041824172ba.jpg
飛良泉 山廃純米 ○飛 No.12、15

…の2本。

それぞれ「秋田酵母」の12と15号を使用した一本。


特にNo.12は果実香が香しい。
強い酸味はコレまで散々に呑み倒してきた我杯の舌上にて強烈なインパクトで弾けるッ。


今回のイベントで特に印象に残った逸品


…コイツァ、ヲ取り寄せ、ですな…





青森県サ やて来ますたぁー。
(↑ ルー大柴先生風にブルーフォレスト県)


コチラで頂戴しますたのは、いつぞや
春日部の聖地「やまよし」で傾けた、
DSC03345.jpg
安東水軍(青森県・尾崎酒造 ㈱)

燗酒でもヲイシイ一本


ここで我杯、かなり気分の良さそうだったヲネェ 3 と意気投合


やはりツワモノ、このイベントに単身乗り込んできたようだ。


何か、発見はありましたか? と尋ねると、案内してくれたのが、
DSC03346_20151004182420d50.jpg
稲村屋(青森県黒石市・㈱ 鳴海醸造店)

…のブース。


我杯的に(この時は)シッカリとした辛口の印象で頂戴


ツワモノネェ 3 とは 吉田類 先生 やヲんな酒放は誰推し?みたいな話題で盛り上がる…笑



…確か、この次のブースでラストだった…ような…???


男の酒 !!
DSC03348_20151004182710adc.jpg
鬼剣舞(おにけんばい)を頂戴した。

喜久盛酒造 ㈱ 3 。
岩手県北上市。


この喜久盛酒造 3 、あの珍品「タクシードライバー」の蔵元 3 である
DSC01877_20150330211753040.jpg
(↑ コチラ)




そろそろ我杯も出来上がった…


それにしても、女性の参加者が会場内に多く見受けられた。


日本酒女子、大いに結構 !!


どんどん居酒屋世界に進出してきてきれたまえ !!
(↑ 下心)


そんな、日本酒が好きでタマラン !! というグループと
DSC03350_20151004182712507.jpg
「日本酒呑んでる時が最高なんですぅ~


そんなアナタも最高に仕上がってましたよ…笑




出口付近にて、
DSC03351_20151004182713038.jpg
「2015ミス日本酒」 小川佐智江 様 が参加者のカメラ攻めに遭われていた。

我杯は横から盗み取り
(↑ へへへのへ)



会場、第1部はこれにてヲ開き。



次回が(あれば)今から楽しみである !!



酔い覚ましに有楽町周辺を千鳥る。


DSC03353_20151004182714bea.jpg DSC03356_20151004182716bde.jpg
賑やかな駅前にて、安保法案反対デモ行進を目撃


結局、可決されたこの法案…。


それでも行動を起さない訳にはいかない !!



…あ、そこの吸血鬼 様 !!
こんな我々の行動に、どんな意味・意義がありますかね???



「…フンッ !!
dio1.jpeg
無駄無駄無駄、無駄ァァァーッ !!

貴様ら庶民は言いなりになるしかない、モンキーなのだよーッッッ !! 」





…それを言われちゃうとミもフタもないんですよ…



かなり迷って駅前の、
DSC03359_20151004182805c2a.jpg
コチラに辿り着く

様々な物産を取り扱う秋田県のアンテナショップ。


色々と揃えてありますねぇ~


「ヲ酒も揃えてありますよ。いかがですか???



…いや、たった今までシコタマやってたんですよ…



DSC03362_20151004182806296.jpg DSC03363.jpg
いぶりがっこ と 紫蘇の実漬物を購入、自宅呑みの一品に加えたのだった






くあああ~っ !!




本当に呑んだワイ !!





満悦 !!





ふと空を見上げたら、
DSC03360.jpg
ををっ、都会にもこんな光景が…



夕焼けに和みながら、我杯は今回のイベントが実に有意義であったことに喜びを覚え、
DSC03326.jpg DSC03329_20151006230602888.jpg
ニコニコっ ♪




…と、気持ちよく地球(自宅)に帰還…



…したような、しなかったような???


chch

東北六県 魂の酒祭り ニコちゃん潜伏リポート その1

いつもヲ世話になってヲります。


とうとう福山のアニキが年貢を納めてしまった…


アニキが単身でいらしたもんだから、我杯も遠慮していたのだが(笑)


吹石一恵 様 に何となくジェラシー
gzgzgzgzgzgz



流石のNHK女子アナ・桑子真帆アナ
もニュース放送中に絶句するレヴェルの衝撃。
(↑ ははは)



仕方ないっ。




我杯もいよいよ年貢を納めよう…。



…の前に、「納付先」を見付けねば…




有楽町ッ !!

文字通り「楽しいが有る町」であるッ !!


そんな都内屈指の繁華街に我杯は降り立ったッ !!



有楽町も新橋、ネ申田と同様、そのガード下に魅惑の世界が広がるッ !!
DSC03305.jpg
早速に潜入してみたが、開いていたヲ店はほとんど無かった…


それでも営業していたコチラのヲ店。
DSC03306.jpg
インドまぐろ推し

潜伏してみたものの、人目につかない変な席に案内されたので、こりゃダメだと思い無言で退散。


Shuttered Space.
DSC03308.jpg
なにやら気になる看板が覗き見えるが…

DSC03307.jpg
ヲンタイムの光景が目に浮かぶ…



さて。

今回、何故我杯が有楽町に訪れたかと申せば、

コチラ、
DSC03300.jpg
東京国際フォーラムにて、


t6tsm.jpg
…なんてなイベントが開催されたからである


「東北六県の酒蔵、130余りが大集合 !! 」


…なんて言われたら黙ってらんない


ウキウキしながら会場にアシを運ぶ。
DSC03301_2015092822305155c.jpg DSC03302_20150928223051e7c.jpg
…しかし、アレですよ。

このような造形を産み出す思考や発想てのは、どーいったプロセスで出てくるんですかね。

生産性ゼロの我杯には分からンのですよ。
(↑ 役立たず)


開場前。
DSC03303_20150928223053c7d.jpg
イベント開始を今や遅しと待ち構える「同好の士」の行列。

今回のイベント、2部制であり各部に参加する呑み師、その数は1000名 !!

計2000名のロクデナシが、国際フォ-ラムに集結だ !! …笑


開場。


県毎にブースが分けられ、ヲ酒が振舞われる。
DSC03310_201509282230549ea.jpg
何処の県がどこに配置されてるかを入念にチェックする同好の士。


入場の際に参加者に配られたのが、
DSC03312_201509282232579ac.jpg DSC03313.jpg
イベント記念・ニコちゃんヲ猪口


更には、
DSC03314_20150928223300c6c.jpg
コチラの手持ち弁当。

…いや、弁当つーより、
DSC03315.jpg
ヲツマミセット。

具材はやはり、東北六県の名産を使用した品々。
隅っこにはニコちゃんヲ猪口を配することが出来る


コレをつまみながらヲ酒を楽しんでくださいネ、つーコンセプトだったのだが、我杯、コチラには一切手を付ける事無く呑み倒してしまった…



スタート、秒読み開始。


ウロウロしてたら、
DSC03320_201509282233037df.jpg
我杯のヘビーローテーション的リフレイン、「風が吹く」の白井酒造 3 のブースを発見

もちろん、ファースト・カップはコチラに決定



会場内、スタッフ、参加者が「乾杯」の発声を待ち侘びる。


今回、このイベントのバックにコクゼーチョーがいた。

即ち、クニが絡んだイベントだったので、ゲストに竹下復興大臣とやらの挨拶があった。


東北の復興もそうだが、茨城で堤防決壊、その復興も為さねばナランという、実に忙しいシトのようだ。


不眠不休で事にあたってくれたまえよ。
税金を過剰に搾取してるんだからさぁ !!
(↑ 憎悪)



会場内、見渡す限り「好敵手」だらけだが、負けてはいられない !!


我杯も 吉田類 先生 から学んだ「マジ」を見せてやるけぇのぅ !!



…って、実はこの日、笹塚では 吉田類 先生 のイベントが開催されていた。


ネ申講義への欠席は忸怩たる思いであったが、その思いは一遍に吹き払われる。


何故なら…



「あの~…何か、ヲススメの一杯はありますか…?」


我杯の傍らにいらっさった、それはそれは見目麗しい女性がヲ声を掛けてきて下さったのだ !!


迷わず、我杯のヲキニ「風が吹く」をヲスススメ。
(↑ 動揺)

 
DSC03321_20150928223428ece.jpg DSC03322.jpg
その他、日本酒造組合の役員 3 のゴアイサツがあり、ようやく乾杯 !!

その瞬間、会場内の空気が一変、一気に「居酒屋モード」に突入 !!


「風が吹く」をヲススメした レディと乾杯 !!
DSC03323-1.jpg
「…あ !! ヲイシイ !!

幸先好いスタート切れました !! 有難うございます !! 」



…いえ、こちらこそ会場内で一番のスタートを切れました。


何でも言って下さいネ。

アナタの為なら、握手会だって妨害しますよ。
(↑ 逮捕)




生きててよかった…




イキナリの大有頂天な我杯、怒涛のマジすかファイトを繰り広げたのだが、これは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます


tbc.jpg


10月1日は…

みんな~ !!

エスパー 酒場逃亡記だよ !!


大変な事に気付いてしまったんですよ。


10月1日という日はですね、何と !!


日本酒の日 !!


…だったんですよ。
(↑ 歓喜)



1978年に制定された、由緒ある記念日なんですよ。


ウン、初めて知った



そんなスバラシイ日に我杯が呑まない訳にはいかない。


今回は実に特別な一本を用意しましたよ
DSC03786.jpg



DSC03787_20151001235013894.jpg
久保田 純米大吟醸 30周年記念酒


…をば、とあるツテで入手、頂戴しました
DSC03788.jpg
何で、このヲ酒を入手するに至ったかはまた後日



このめでたき記念日の記念酒を、コイツの、
DSC03789_201510012350142b2.jpg
ニコちゃんヲ猪口で一献


このニコちゃんの正体もまた後日



それにしたって、美味いヲ酒だ !!


我杯の拙い言葉で表現するならば、



他には何も要らないヲ酒




…となる。



ヲ酒を呑む時に必ず欲しい肴、アテ。


即ちツマミが無くても呑める。



そんだけ美味い




でも、割と出回ってるみたい。



気になる方は要チェック !!


« »

10 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login