酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ18 ~基本を抑えるということ~

さあて、2015年もカウント・ダウンだ。

今年の総括は恒例通りに来年に先延ばしにすることとして(笑)


今年の「自宅呑み」でも、テキトーにツマミを作りましたね。

アン肝 は、スーパーで簡単に入手できる食材の割に、高級感溢れる一皿となる。



ヲ酒がグイグイ進んじゃうのだが、恒常的に摂取してると痛風になれるヲマケが付いてくるので注意。



これが意外な一皿に仕上がった
DSC04194.jpg
ドリトス・サラダ。

スナック菓子の「ドリトス」を粉々にしたものを、レタスにまぶしただけ。

ドレッシングは何でもいいんだろうが、これは胡麻ドレを。

シーザーサラダpoidな食感で、ヲ客 3 にもヲ出し出来そうな。

実際、サクサクの食感が楽しめましたヨ。




最近、コレばっか
DSC04296_20151231144437357.jpg
ブリ大根。


でも、何でもかんでもいい、という訳ではなく、使用する大根によって仕上がりが丸っきり変わってくる。

ブリも事前に軽く湯通しするか焼くかして、臭みを抜かないと


学習、学習


これだけのツマミを用意したからには、一杯傾ける事は法令順守、
DSC04298.jpg
まさしくコンプライアンス的なことであり…笑


この時、我が宅に隣接する絶対スーパー「ベルク」にて調達した秋田県の銘酒、
DSC04301_20151231144440d5d.jpg
高清水(秋田酒類製造㈱)


…をヲ招きしたのである。


どこでも簡単に入手できる一本であるが、
DSC04303_20151231144721d3d.jpg
冷、常温、ヲ燗、なんでもゴザレの風味はユースフル

DSC04302_20151231144723582.jpg
受賞、ヲメデトウございます。



あれだけ散々に呑んでいた一本を、ようやくヲ招き出来た。
DSC04481_20151231144724fde.jpg
末廣 (会津・末廣酒造㈱)


我杯の第三の実家「いこい 3 」でコレデモカに傾けている杯。


我が友人・床屋のパール君家の近くにある絶妙スーパー「フードヲアシス ヲータニ幸手店」で発見。


有りそうで、中々見付からなかったのだが


「いこい 3 」のヲバチャンからもらったグラスで呑んだので、
DSC04483_201512311447263f4.jpg
自宅で「いこい」気分…笑


だが、ヲ相手はヲバチャンではなくてヤッコ 3
DSC04472_201512311447273ee.jpg DSC04471.jpg
…また、タコヤッコ 3 …

二人はノンデル ~一ノ割・小料理 はるな、やまよし~

いつもヲ世話になってヲります。


どうにも、年賀状の準備が一番後手になってしまう…。


毎年、「自分が貰ってウレシイ年賀状」作りを意識しとるのだが、それは即ち「我杯の趣味」なので、我杯から年賀を送られた方々は、


「毎年毎年、変なのを送って寄こしてくるなぁ…


…辟易されとると思います…。



…まあ、諦めてつかぁさい
(ウキャッ)



さてさて。

またもやの東武スカイツリーライン、一ノ割駅。


共犯者は、またまた毎度ヲ馴染み カーノさん 。



そんな カーノさん と今回潜伏したのは、駅から徒歩1分のコチラ。
DSC03263.jpg

小料理 はるな


我々としては絶対に潜伏しなければならないんですよ。
DSC04179_201512291740342f2.jpg DSC04177_20151229174034040.jpg
  コチラで呑めると WIN WIN だね  


小さな入り口を潜ると、これまた間取りも小さい。

4、5人掛けの小さなカウンター席、テーブルも3卓ほど。


テーブル卓に着陸した我々、
DSC04168_201512291740356b6.jpg
先ずはのビールで ぱんぱい なんですよ


ヲススメのヲ皿として、
DSC04170_20151229174037bb6.jpg
温かい煮込みが出てきましたが、


我々が今回感動したのがコチラ !!

ummmm.jpg
DSC04171_20151229174450083.jpg
チーズの海苔サンド


スライスチーズに韓国海苔が挟んであるだけ。
至ってシンプルだが、チーズのコクに海苔の塩味がマッチして、絶妙の味わいナリ !!



意外なる味のエンカウンターに、我々感動のあまりに顔面をブルブル震わせてしまう程だったんですよ。


女将 3 のヲススメをもう一品
DSC04172.jpg DSC04173_20151229174453ff7.jpg
サバ塩焼き に、我杯は松竹梅の熱燗をチビチビと…


「総統、御覧下さい」

「…何かね? ワモノ君」
DSC04174_20151229174455968.jpg DSC04176_20151229174456ed0.jpg
「コチラのママ 3 は『ど根性ガエル』に出てきた ひろし の母ちゃんに似ているんですよ」


…ぶっ


コレ、本当 !!

道理でアットホームな雰囲気に感じたワケだ !!



一見の我々を御常連 3 と分け隔てなく対応してくれた ママ 3。
一ノ割駅前にもう一軒、良いヲ店を見つけた



「さて、もう一軒行くぞ、ワモノ・ヲカート君」

「こんな時に、フルネームはやめろよ」



一ノ割に降り立ったのならば、絶対に外せない一軒がある !!

DSC03260.jpg

やまよし


コチラの聖地へ カーノさん をゴアンナイ

マスター 3 は相変らずバカモノの我杯を明るく出迎えてくれる…


やまよし 3 へは、 カーノさん は初潜伏でしたな。
DSC04180_20151231110615c34.jpg DSC04181_20151231110616e82.jpg
それでわ
今日もバラエティ豊かなヲ通しに箸の行き先はさ迷う。


マスター 3 のヲススメで頂戴したのは、
DSC04182_20151231110617df2.jpg
長崎県産・シマアジ刺身

DSC04184_201512311106184b2.jpg
確かな歯応え、ネットリと口中に絡みつく食感にヲ酒はグイグイ



…はて。
DSC04185_201512311106204f5.jpg
何だ、この画像は…

多分、この匙を使って、クダラナイ事を言ってケラケラ笑っていたのだろう…。


「本ッ当に楽しそうだなぁ…gzgz gzgz gzgz


マスター 3 が半ば呆れて我々を見てました。

ヲ騒がせしちゃって、スンマセン !!




そしてモチロン、
DSC04186_201512311107052b0.jpg
つみれ団子汁

…は、マスト・ヲーダー !!


更に、普段は日本酒を呑まない カーノさん が、
DSC04187_20151231110706eb4.jpg
酒屋八兵衛 山廃純米酒 備前雄町 (三重県・元坂酒造㈱)

…にチャレンジ !!

芳醇かつ、まろやかな味わいに、
DSC04188_201512311107080a1.jpg
カーノさん も満悦
(トヨエツ)


カーノさん も是非に日本酒側にヲ越し下され





…この日、(また)二人して結構フラフラになっちゃいましたな…



「乗り過ごし」の恐怖に怯えながら帰途に就く。


それでも我々は呑み歩きをヤメラレナイのです。


だって 二人は う~ん…

きっと 二人は ノンデル…
フラフラフラフラ

蒼天の杯 ~ブログの文句はヲレに言え~

いつもヲ世話になってヲります。


いや~、いよいよ押し迫ってきました !!

どうにもバタついてしまうのが年末の醍醐味なのだが。



ところがまあ、どうしたコトか !!

この我杯ともあろーモンが、すっかり大掃除とか片付けは終わっちゃって、スッキリしたモンだよ !!


いや、本当にスッキリ。



だからこうして、バカモノ・ブログなんぞ更新していますが、何か???


ではでは、今回も「いつのハナシだッ !! 」つー位、だいぶ前のヲハナシをヲ届け !!


…いいんですよ。

酒場逃亡記の更新は、


更新を急ぐより どう呑んだか どこで呑んだのか

それが一番大切なんだ

さあ 心のままに…




365日~♪


毎日呑んじゃってる我杯が今回訪れたのは、
 DSC04135.jpg
杉戸町の産業祭、ってヤツだ。


…大体、産業祭なんてのは秋口に開催するよね。

つまり、そーゆーことですよ。
(↑ 何だ、エラそうに)


町内の様々な物産がテントを並べてましたが、
DSC04136_201512291636236a7.jpg
コチラの「うき舟」 3 のタマゴ焼きは美味しそうだった~ !!



…「だった」???

食べなかったノカ、ですって???


ハイ、食べませんでした。



何か???
(↑ だから何だ、その態度はっ)



…あ。
いました、いました
DSC04146.jpg
毎度ヲ馴染みの「いこい」 3 。

マスターとヲバチャンが忙しそうにテント内で動き回る


人気の「ステーキカレー」で出店してたので、冷やかしに行ったのだ…笑


コチラのヲ肉が、
DSC04139.jpg
マスターの振るうフライパンでコンガリ焼かれるのだ。


では、せっかくなので我杯も一丁頂きましょうか


…ヲ、来ましたよ
DSC04140.jpg
コイツがウワサのステーキカレー

マスターのヲリジナル調合によるルーがコレマタ…



…って、何故、金色のカップも一緒に !?…


「アンタ、どーせコッチが目当てでしょうよっ」
(↑ ヲバチャン)

exactly-2.jpg
 

見透かされたので、
DSC04142_201512291730207fb.jpg
追加…笑



御常連 3 のヒカル 3 もやってきた。
DSC04143_201512291643430d6.jpg
はい、毎度で~す


なんたってこの日は快晴 !!
DSC04144_20151229164343094.jpg
う~ん、蒼穹にビールが映える !!


昼日中に傾けるカップはサイコーの味ワイだワイ



…会場内、何となく撤収の準備が始まった。

ヲ祭り的な雰囲気が萎んできちゃったので、我杯も撤収
DSC04148_20151229164345f66.jpg DSC04151_20151229164346048.jpg
…秋口だってぇのに、大きな入道雲がモクモク

後で天気予報みたら、やっぱり季節外れの大雨がどこかで降っていた、と。


…やはり、異常気象、温暖化が原因か…???


いやだねぇ、季節外れの気候ってのは…
(↑ 季節外れのブログ)

呑みネ申 様 は突然に 「集結 !! 呑み鉄BIG 3.5 !?」 ~大宮・鉄道博物館、いづみや~

 いつもヲ世話になってヲります。


「大逃亡2015」にて訪れた宮城県・女川町。
DSC03458.jpg

その女川駅前にて開発が進んでいた商業施設が先日めでたくヲープンしたとのニュースが。


DSC03464.jpg DSC03468.jpg
我杯が訪れた9月には、まだまだ建設途中だったが、テレビで見た施設は実に立派な姿。



施設の完成、心底よりヲ慶び申し上げますと共に、益々の御発展を祈念申し上げる次第であります。




…居酒屋はあるのかな???


それなら、必ずや再訪しなければ…




さて。
 DSC04065_2015122715545042b.jpg
イキナリの大宮・鉄道博物館 !!



今回は、毎度ヲ馴染み・ カーノさん に加えて、
DSC04066_20151227155450ef8.jpg DSC04067.jpg
KTJM兄さん も参戦


KTJM兄さん もかなり「鉄分」高濃度な御仁…笑


それでもまだ鉄博には訪れたことがなかった、というので、今回の企画に
DSC04069.jpg DSC04071_20151227155632678.jpg
…正直、我杯は余り鉄道に興味はないのだが、まあ、しょうがない、ヲ付き合いしましょう
(↑ どぅくし )


スゲー豪奢な、
DSC04082_20151227220737070.jpg
展示車両が


…上野~東京間の運賃でさえ、我杯のMAX月収を超越するんですよ。
(↑ マヂ)


カーノさん と KTJM兄さん の2人が「鉄」談義に盛り上がる横で、
DSC04073_20151227155633a54.jpg DSC04070_201512272031580a9.jpg
我杯もぼんやり、と展示車両を眺めていたら…



…ヲんや???


少し変わったカタチの車両が展示されてますよ。



こんな時にはこの「御方」に御登場願いましょう !!




(← イントロ)
den-hyon.jpg
(電車に乗ろう 隣の人の耳に息を吹きかけちゃおう 後ろの人の髪の毛を引っ張っちゃおう)
(歌:戸川純とヤプーズ)


皆さん、こんにちは。

「呑み鉄ヲもしろバラエティ 電車でひょん !」

…の時間です。


これは、鉄道ファンとしても活躍中の女優・木公ヰ 王令奈  3 (になりすました誰か)と、様々な鉄道をウィキ引用の「それなり」知識で紹介していくコーナーです。


今回、このコーナーはヲ陰様でちょうど4254回を迎えることが出来ました !!




記念すべき今回、早速に電車を見て行きましょい !!


ではでは、王令奈ヲ姉さん(になりすました誰か)、よろしくヲ願いします !!


「はいっ、それでは今回紹介する鉄道はコチラ !!
DSC04068.jpg
EF551 です !!

このEF551は、戦前の1936年(昭和11年)に製造された、とっても古い直流電気機関車。

全部で3両製作されたんだけど、何だかんだあって今はこの1台しかないレアレア車両 !!

(↑ 詳細端折る)


戦中に機銃掃射を受けちゃって、この運転台の真上には弾痕が残ってるの !!



…うっあ~、機銃掃射だなんてコワイ~ !!

余りのコワサに、何だか「高清水」呑みたくなっちゃった !!

(↑ 絶対こんな事言わない)



…皆さん、この車両の姿を見て、何かを連想しませんか???



…そう !!

あの「ムーミン」に似ているよねっ !!

moomin.jpg
「ムーミン電車」って愛称が付いてるのは有名なハナシ。

他にも、「ドタ靴」「靴のヲ化け」「カバ」なんて呼ばれてたりするの
…笑


本来は空気抵抗を減らす為のデザインみたいだけど、元々出せる最高速度が遅いから、意味が無かったんだって !!


…ヲもしろくって、松前漬ツマミたくなっちゃう !!
(↑ 言わないって)


そしてそして !!
「この子」は絶対に外せないよっ !!


きゃ~ !!

DSC04074.jpg
0系新幹線 !!



0系って、窓の部分が斜めになっているのが「困り顔」のように見えて、とっても愛おしい!!

頬ずりしちゃう !!

(↑ 実際の御本人言動)



…あ、ごめんなさい !!

次のヲ仕事、「ヲんな酒場逃亡記」の収録があるので、アタシはこれで失礼しますっ !!

鉄道は出逢い !!

それじゃあ皆さん、よい「ヲ鉄」を !!




…趣味、終わり


さて、博物館徘徊は続く。
DSC04077.jpg DSC04076_201512272032002a9.jpg
上野駅に模したブースに、「奥の松」の広告が。


…思わず呑みたくなっちゃうね !!
(↑ 引っぱるる)



…車両の脇にある「モハ」とか「デキ」とかの表記。


皆さん、アレってどんな意味があるの???と思いませんか?


こんな意味があったみたいですよ
DSC04072.jpg
…へ~。


…我杯、知ってます。


「重量区分」の表記って、


コ…これは軽い
ホ…ほどほど軽い
ナ…納得の重さ
ヲ…重い
ス…スゴク重い
マ…木公ヰ 王令奈
カ…かなり重い



…の略なんですよ
usodarouga_20150429173814662.jpg



レトロな展示車両に立ち入る。
DSC04081_2015122720320335d.jpg
…何だか、「千と千尋のネ申隠し」に登場した海原電鉄の車内みたいなんですよ。
(↑ カネナシの我杯)


DSC04080_2015122720555378a.jpg
づみのやちヲ 3 。


鉄道博物館名物、
DSC04088.jpg
壮大なスケールのジヲラマ。

横幅25m、奥行きりん8m。
約200㎡の巨大なジヲラマを走るのは、約1200両のHOゲージ達 !!
(↑ 同時には走行しません)


そんな彼らを、流し撮り
DSC04091.jpg DSC04092.jpg

DSC04093.jpg DSC04096.jpg
スタッフ 3 解説、大宮駅周辺の変遷を聞きながらジヲラマを堪能出来る。

…のだが、我杯の脇で カーノさん と KTJM兄さん は熱い熱い鉄談義。


…鉄分の低い我杯はコックリコックリ…







…飽きた



そんな訳で、大宮駅へと舞い戻ったのだが、せっかくだから新幹線を眺めるべぇか、と。



それでは新幹線のホーム呑み !!
DSC04099_20151227205741aec.jpg
ぱんぱ~い


…ところが、 KTJM兄さん はアンチ新幹線派だった !!


「ビュンビュン飛ばして、風情が無いんスよ !! 」


…とか言っといて、
DSC04101.jpg
はやぶさ 様 に大歓喜。
(↑ ははは)


「いやっ !! 悔しいスけど、いいッスねぇ !! 新幹線 !! 」


…素直になれ。


速いことはいいことだ。


日本の新幹線は、宇宙で一番前のめりな乗り物なのだよ



我杯的には、


秋田新幹線「こまち」嬢が可愛くて仕方ない
DSC04104.jpg DSC04108_201512272057449cb.jpg
はやぶさ 様 との連結を眺めていたら、北陸新幹線 E7系 様 がカットイン !!



ステチ !!
DSC04110.jpg DSC04111_2015122720590859c.jpg
…山形新幹線「つばさ」君が妙に色気付いちゃって、何だか娘が急に化粧付いてショック受けてるヲ父さんな気分…



…もう鉄道はいいよ、早く呑みに行こうよ
DSC04119.jpg DSC04120.jpg
そんな訳でいつもの「いづみや」へ。  今回は本店。


まだまだ興奮冷めやらヌ KTJM兄さん 。

DSC04124.jpg DSC04125_20151227210002690.jpg
カーノさん とまだまだ熱い鉄談義。
これこそ「鉄は熱い内に打て !! 」なのか~ !?
冷めてる我杯は名代・焼酎梅割りッ !!



そして、いろいろ端折ってエンタケ…笑


帰途の大宮駅。



皆さん、こんにちは。
DSC04129_20151227210004d7a.jpg
ATS48 です。


こうして呑み鉄BIG3.5の一日は終焉を迎えた…。



…ん???


「BIG3.5」の内訳???

カーノさん
KTJM兄さん
ひょん 様

そして、0.5の我杯…。

chch

酔っ払っててゴメンナサヰ

日本のビジネス業界に於いて、最も重要視されるポイントの一つに、


顧客満足度


…があるが、果たして顧客を満足させる事に何の意味があるのだろうか。



…いや、これはアンチテーゼを呈しているのではなく、その「原動力」たるものは何なのか、という「問い」である。



まあ、どこの企業にも「経営方針」や「企業理念」があり、その中には「全てはヲ客様の為に !!」…みたいな一節があるだろう。






…だが、我杯はふと考えた。



これはヲ客 3 が満足する為のものではなく、そのサービスを提供する「自分の為」なのではないだろうか、と。



何が言いたいかと申さば、


サービスを提供する

顧客を満足させる

提供者の業務が達成される

「ヲレはこの業務の成功者 !! ヲレはスゲー !!




…つー、自身の「達成感」獲得の為である、と。



いや、アタシは違う、と思われるでしょう。


「アタシはヲ客様の喜ぶ笑顔が見たいんです !!」


まるでネ申様のような姿勢で業務に携わる方もいらっさるでしょう。


ふ~む、ふむふむ…
では、そのヲ客の笑顔をみて、満足してるのはドナタでしょう。



…ほら !!

他ならヌ、サービス提供者 様 ではないですか !!


ヲ客サマの満足はアタシの満足 !!


ね???

シトはシトの為には動いていないんですよ。


全ての行動は自身の満足の為にベクトルは向いているんですよ。



「ありがとう」という言葉は即ち「感謝」。

「感謝」の「謝」は「謝る」の「謝」 !!


だから、ヲ礼を言うシトは、謝っているのだからイコール負けたシト !!


転じて、サービス提供者は勝利者 !!



よって、顧客満足度とは、

サービス提供者の勝利の実感度

…なのだ。





…という極論を、「玄海」からの帰途、転倒した際に思い付きました。



なので、これを長々と、最後まで読まれた方。


それは徒労です。




owari_201406291758074cf.jpg


玄海屋形船 番外篇 ~誰が為に灯は灯る~

「玄海屋形船」にて。


その船中から見えた、美しき夜景の数々。


それはそれは煌びやかでありました



DSC04021_20151223170244ee1.jpg


DSC04022.jpg
その景観に月の輝きも映える。

コチラがただ今構築中の、
DSC04026_20151223170247783.jpg
築地に替わる魚市場

DSC04032_2015122317024889a.jpg
デインボーブジッジ

ヲ台場、
DSC04037_20151223170426318.jpg
フジテデビ。


…本ッ当に「8チャンネル」、観ないよなぁ。
(↑ 私見)

観たい、と思う番組が皆無だもの。

DSC04038.jpg

DSC04040.jpg


美しい夜景を、美味しいヲ酒、料理と共に堪能した一時…
DSC04046.jpg
…だったが…。




今、震災の影響もあり、声高に叫ばれる


原子力発電所のあり方、存在意義の是非。



…確かに事故が発生した時の甚大なリスク回避の為に、原発は無くすべきである。


そんな意見が発せられてから久しいですが…



無くせますよ。


誰を照らしてるんだか、これだけの膨大な光量を削減するならば。



各家庭に設置されているウヲシュレット



各家庭が小まめなON・OFFを意識するだけで、原発一基分の電力は削減できるそうだ。



原発無くしたいんだったら、先ずは自宅の節電から始めましょう。

玄海屋形船 後篇 ~酒巡る方舟~

 祝 !!

吉田類 先生 俳優デビウ !?




先日、激熱な内容で最終回を迎えたドラマ、


下町ロケット


…に、我等が 吉田類 先生 がゲスト出演 !!

bandicam 2015-12-23 12-20-58-439
俳優・小泉孝太郎 様 とのカラミもあり !!


劇中に出てくる「㈱サヤマ製作所」の創立者、との設定で、


しかも、セリフもソコソコにあった御役割 !!


孝太郎 様 の、学業の成績が「トップクラスだったよ」とのセリフに対し、
bandicam 2015-12-23 12-23-14-218
「トップ『
クラス』…???

そんなモン、意味無ェんだよ。

やるからには、『
トップ』を目指せ !!


…との熱いメッセージ !!

bandicam 2015-06-14 16-43-34-718
「はいッ !! コーチ !!
(↑ …アニメ好きのシトにしか伝わらへん…)


でも、
bandicam 2015-12-23 12-25-03-046
無理が祟って死んじゃう…


吉田類 先生 がジョッキ以外の物を手にしてるのは珍しい絵だったが…笑



さてさて。

我杯の根城とする居酒屋「玄海」、そこに集う御常連 3 達で企画・敢行された屋形船ツアー。

いよいよに我々は乗船するのであった。


今回ヲ世話になったのが、
 DSC03998.jpg
深川の船宿・吉野家 3 。


早速に乗り込みますよ


今回乗船する船は、
DSC04000.jpg
全長 263.0m
全幅 38.9m
排水量 72,809t(満載時)
最大速力 27.46ノット
出力 153,553馬力



…ってのは、モチロンにウソ !!


我杯、屋形船は初体験

天井はやっぱり低い

DSC04002.jpg
我先にと席の確保に走る…笑


いよいよ船が出ます



「深川エンジン内アルコール充填120%…

ymt
…フライホイール…始動 !! 」


「フライホイール、始動 !!
ymt
フライホイール、接続…点火 !!

屋形船ゲンカイ、発進 !! 」




…てなわけで、
DSC04005_2015122315050793b.jpg DSC04006.jpg
40人くらいは集まったかな???
いよいよの大宴会、スタート !!


ヲ楽しみは何と言ってもヲ料理よ !!
DSC04003.jpg
豪華な刺身盛りに、

DSC04010.jpg
我杯は大満悦ナリ

カワイイ見栄えのヲ通し。
DSC04007.jpg
いかにもフカガワな一品が供される。

う~ん、ごめんね Summer !!
(↑ ???)


玄海マスターの発声で、
DSC04014.jpg
改めて大・ぱんぱ~い !!


実はこの「玄海屋形船ツアー」、もっと早い時期に開催される筈だった。


しかし、天下無敵の雨男・我杯のせいで延期になっていた。
(↑ 予定した日に台風が来ちゃったのだ…笑)



ようやっと開催できた事に他ならヌ、マスターが一番嬉しそうだった


呑み放題 !!
DSC04016.jpg DSC04017.jpg
吉乃川 (新潟県長岡市・吉乃川㈱ )をこれでもか。

紫蘇焼酎、鍛高譚 の梅酒がコレマタ美味い !!


…そーいや、船なのにあまり揺れなかったし、船酔いしなかったなぁ。
(↑ これだけ呑みゃあ、カンケーねぇだろう…)



屋形船で出てくるヲ料理と言えば、
DSC04023.jpg
天麩羅は欠かせない !!



今回の我杯。
DSC04043.jpg
酒宴にて黒ハンチング・黒尽くめ、は酒呑みの正装 !! …笑


カラヲケ大会がヲッ始まった
DSC04047_20151223150941c16.jpg
大トリのマスター、歌うは「ごめんね」



エンタケナワ。


名残惜しいが、船は発着場に到着、楽しい一時は終わりを告げた…



帰途の車中にて、
DSC04051.jpg DSC04048_20151223150941ca6.jpg
諦め切れない連中でダメ押し宴会開始 !!
(↑ 底無し)


そして、地元へ到着
DSC04053_20151223150944707.jpg
我杯はモチロン、皆、満足な表情でそれぞれの帰途に。



そら、そうだ。

滅多にない機会を気心の知れた仲間同士で過ごす。


これほどリラックス出来ることはないでしょう


我杯も実に(珍しく???)機嫌よく翌日を迎えることが出来ました



後日、「先日はヲ疲れ様でした」てな感じで玄海に潜伏し、
DSC04057.jpg  DSC04059_20151223164838526.jpg
ヲ互いに

「楽しかったね !! また行こう !! 」

誓い合うのであった。


ウレシサ継続中だった我杯は、
DSC04062_20151223164839e1d.jpg
超絶あまたん♪ なホタテ刺しをつまみながら、今回の屋形船ツアーの余韻に浸る…。


owari.jpg


玄海屋形船 前篇 ~浅草・カイダ酒販~

いつもヲ世話になってヲります。


天高く馬肥ゆる秋 !!

…なんてな時期はとっくに過ぎてしまいましたな。


さてさて。


「根城」とか言っときながら、最近はゴブサタな一軒「玄海」


このヲ店の呑み友である シマちゃん から、


「玄海の常連 連中で屋形船やるぞ !! 」


…なんてな連絡が入った。


これを外すテは無い !!



喜々として臨んだ当日


集合時間の小一時間前にシマちゃんから連絡が入った。


「もう、みんな集合してるぞ」




…ウソだろうがっ !!



「玄海」の御常連 3 はせっかち なシトの集まり…笑


居ても立ってもいられず、前呑めりに集合完了しちゃったらしい。


慌てて馳せ参じる幸手駅前、集合地点。
DSC03968.jpg DSC03969.jpg
チャーターしたバスには、ほぼ全員が出発を今や遅し、と…笑


そそくさと乗り込むと、
DSC03970.jpg
もう宴会が始まっとるやん !! …笑


この時点で13:45(ヒトサンヨンゴー)時。


…何???


「呑むには頃合」、だと…???



madayagana-3.jpg




そんな早い時間から呑むシト、ヲらへんやろ???
(↑ 酒場逃亡記的2015流行語大賞)




バスに揺られて小一時間


時間潰しの為に浅草に立ち寄る。


「玄海」の御常連 3 はギャンブル好きが多い。


半数はガイド 3 と浅草観光、半数は場外馬券売り場へ…笑。



そのドチラにも属さない我杯は、独自の「浅草観光」を開始


…ヲや
DSC03977.jpg
Mr.デンジャー、松永 3 のステーキ屋を発見


胃腸の弱い我杯は興味を示しつつも、モチロンにスルーする…笑




むしろ、コチラの、
DSC03980.jpg
初音小路


…に胸をトキメかせる


御覧の通り、
DSC03982.jpg
魅惑的な一角である。


どこかに腰を落ち着かせられる場所は無かんべぇか、
DSC03983.jpg
探りつつも、それは結局に叶わなかった。


この日は日曜日。


ヲ店はヲろか、路上に溢れかえる競馬ファンの皆さんで独占されてしまう。


我杯の付け入る隙は無い。


かつて潜伏したことのある聖地、
DSC03984_201512201818487f3.jpg
正ちゃん

…でさえ、路上に溢れかえる有様…



それでも何かないだろうか。

ヲ酒に対して、異常とも言える執着心を見せる我杯、
DSC03985.jpg
街中をフラフラ…。



…ヲや

途中、 吉田類 先生 も光臨された聖地、
DSC03986.jpg DSC03987.jpg
丸太ごうし

…に行き着く
(↑ 定休日だったが…)


ヲでんのネタを一風変わったネーミングで供してくれる楽しい一軒


例えば、「大根」ならば、ヲ品書きには「役者」と表記してあるのだ。




ようやっと引っ掛けられそうなトコを探り当てた !!


それこそがコチラの、
DSC03993.jpg

カイダ酒販


正確には、居酒屋 3 ではなく、酒屋 3 。
DSC03994.jpg
しかし、「試飲できます」の張り紙に吸い込まれた。



店内に声掛けしながら乗り込むと、和服姿がとてもステキなヲ姉 3 が雅な御対応。


ヲススメの一杯、もとい、試飲を尋ねると、
DSC03988.jpg DSC03989.jpg
別撰 十四代 純米吟醸 播州山田錦 (山形県・高木酒造㈱)


…ついに現れたな、十四代ッ !!


貴様が超絶美味であることは、常々耳にしていたぞッ !!


確かめてやるぜッ !!



…。




うん。




美味い。



柔らかい。
細やか。
優しい。



もうヲヲゲサに騒がなくてもいい。



含んだ途端、自然と笑みが出てしまうのは本物の証拠。


ショット・グラスで、
DSC03990.jpg
950円。





…となると…。




うっわぁぁぁ~ !!
一升瓶では結構な値段になってしまうんじゃあ、ないですか???


気になるヲ値段…ヲいくらですか???




「3万円超、ですね」






un-tyoudo-e.jpg
(↑ ンな訳、あらへんっ)




…では次に財布に優しい、庶民的な一杯を下さい。



と、店主 3 ヲススメの一本が、
DSC03991.jpg
匠の酔


このヲ店のご主人が、

「匠、即ち、酒造りに携わるシトでさえ酔い痴れる一本を」


…というコンセプトで、酒蔵 3 と作り上げたものだそうで、
DSC03992_201512201822134fb.jpg
キリリ、ピリリ、とした味わい。


我杯がニヤニヤしながら傾けていたら、フランスからの若いカップル旅行客が「サケ。サケ」言いながら入店してきた。


…カタツムリ喰ってるヤツラが、日本酒の味を分かるノカ???
(↑ 大偏見)


ここでクリビツだったのが、ヲ店の和服姉 3 が実に流暢な仏語で応対 !!



なるほど、今や国際観光地である浅草。


英語、ロシア語、韓国語、果てはパンジャブ語まで習得しなければ、この国際社会を乗り切れない訳か !!


ウッカリ居座ってしまいそうな気分だったが、「本番」はこれからだった。


ヲ店の御主人に冷やかしを詫び、集合居場所へと




DSC03996.jpg
ハンカチーフ。




DSC03995.jpg
さてさて。


再集合した「玄海・御常連 3」連中。


いよいよ屋形船発着場所の地へと向かいちみヲんだったが、これまた次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…


tbc.jpg

大宮迎賓録 ~大宮・いづみや~

いつもヲ世話になってヲります。


流石に師走。



方々からの忘年会やら新年会やらの案内のやり取りが飛び交う


そんな年の瀬、チョイと珍しい機会に廻り合った。


このバカモノ・ブログによくコメントを投稿して下さる、


れぢすた 3


…との「初共犯」



れぢすた 3 、宮城県在住なのだが、ちょくちょく我が(笑)埼玉帝國やら、関東にはいらしていたようで。


じゃあ、いよいよ一杯ヤリますか、そんな話になったのだ。



ヲ互いに埼玉帝國首都・大宮がロケ的に都合が良かったので、我杯は時間より気持ち早く現地に乗り込んだ。



…そーいや、ロト6で1000円当ってたんだっけと、宝くじ売り場へ足を運んだのだが…


…じぇじぇじぇ !?


何だ、こりゃ !?
 DSC04448_2015121919442143d.jpg
1000円貰うだけで10分くらい並ばされた。


…どーやら、「割と」当りくじの出る売り場だったらしい。


すごいよ、宝くじって、一袋3000円でしょ !?


そんなのをブ厚い束で購入するシトばっか !!




一番くじは我が手中に !!



そんな欲に塗れたニンゲン共の熱気、欲望、執念???


そんな気に満ちた雰囲気に、ああ、ニンゲンって素晴らしい。


そんな感慨に耽っていたら約束の時間が迫ってきた。


早くしてくれ、俗物共 !!


ヲメーラの買ったそのくじ、全部ハズレだから !!





生憎の天候不良
DSC04449_20151219194422758.jpg
もちろん、来賓をヲ迎えするに最適な一軒、「大宮の迎賓館」である「いづみや 3 」で初会合…笑



ヲ店前で初対面を交わした我々、今回は第二支店に潜伏
DSC04450_201512191944238c3.jpg DSC04451_201512191944256eb.jpg
それでは、ヲ初???です !!

ぱんぱ~い

ヲ互いにホッピーセットをヲーダー、先ずはの串焼きで談話。
(↑ ははは)


ヲ土産なんかも頂いちゃったりして、本ッ当に有難うゴザイヤシタ !!



ここで埼玉帝國の副総統である、
DSC04452_2015121919462239d.jpg
毎度ヲ馴染み、 カーノさん も合流


…しっかし、不思議だ。


我杯はそうでもないのだが、どうして我杯の身辺には、


野球、鉄道


…の愛好者が多いのだろう…



れぢすた 3 、乗り鉄???

宮城在住なのにコッチの大体の路線をクリアしてるの、ゴイスーですヨ !!




このヲ店はヲ初だったようで。
雰囲気は悪かないと思いますが、如何でした???
DSC04453_20151219194624c39.jpg DSC04454_201512191946255d7.jpg
複雑な間取りの「いづみや・第二支店」、今日も多くのヲ客 3 で賑わう。
そんな中、我杯は名物「焼酎・梅割り」を傾ける。


値段の割りにAlcは高濃度。

コスパに優れた一杯



れぢすた 3 (ヤクルト)と カーノさん(横浜) が野球談義に盛り上がっていたトコへ、
DSC04455.jpg
隣席の御仁が奇襲を仕掛けてきた !!


ヲレラの師匠・加藤 鷹 先生 の劣化したみたいなシトが、


「来季は絶対に鯉軍団 !! 」


独自の理論を延々とヲ語りになる。


… カーノさん 、仏頂面…笑




れぢすた 3 の帰りの電車の時間が何となく近付いてきた。


じゃあ、ヲ見送りしましょうか。



じゃあ、新幹線を眺めながら一杯ヤリますか !! と、
DSC04456_20151219194628815.jpg
ホームでまさかの「名残の一本」…笑

付き合い、良過ぎ !!
(↑ ははは)



…あ、待って待って !!
DSC04464.jpg
うきゃきゃ !!


はやぶさ 様 と こまち 様 の握手会よ !!
(↑ 大歓喜)


ほあ、見て見て !!
DSC04459.jpg
握手、握手 !!
(↑ 連結器のコト)


新幹線見放題のホーム上にて、
DSC04461_20151219194752b58.jpg
我々の第一回「誰かの為に出来ること」キャンペーンは終了


れぢすた 3 、ヲ疲れ様でした !!


次回を楽しみにしとりヤスぜ???






ヲ見送りの後、
DSC04470_2015121919475429d.jpg
名残の一本、二次会…笑





ホームで 呑めると WIN WIN だね

我杯 カーノ

きっと2人は ノンデル







「…バカモノ・ブログを御覧の皆さん?」
DSC04467_2015121919475516a.jpg
「バカみたいに、ただ呑むだけじゃあなくて、

それ以降の体調も考えよう ?

ヲ酒の後に、ヲ水…飲もうね???」





はいっ、分かりましたっ !!

ヲ酒一合に対して水を3万ガロン飲む準備があるんですよ
(↑ バカモノ)

聖地巡礼59 ~麻布十番・大衆酒場 山忠~

どうした、コーメートウ。


「軽減税率」とやらの論議で、やたらと我々「生活者」の側に立って対象品目について頑張ってくれたではないか。

ジミンのヤツラが「生鮮食品しか認めない !! 」なんて言い張ってたトコ、加工食品までその範疇を拡げ、譲歩させるとは。


…でも、アレでしょ???

その「食品」が市場に出回るまでに所々で10%ふっかけて巻き上げていくんだから。

我々の手に食品が届く頃にはその嵩んだ分が値段に加算されている訳で。

結局は多くの品目について、値上がりするのは必然なのではないだろうか。


…なんだ、ツマラン



だが、一番に納得いかないのは、やはり、この軽減税率の対象品目の中に、

ヲ酒が含まれていない

…っつーことだッ !!


そんなこと、ヲ天道 様 が許しても、 吉田類 先生 が許さない !!




yr.jpg
「いいから、いいから。楽しんで呑んじゃいなさいよ」
(↑ 神託)



…ははぁっ !!



さて。


麻布にて新潟の地酒イベントに乗り込んだ我杯と酒呑み娘。の ともちん。

次なる目的地へ向かいちみヲん。
賑やかな通りを抜けた、その一角にソコはあった。


ソレこそがコチラの、
DSC03921.jpg
DSC03920_20151212172945a25.jpg

山忠


吉田類 先生 の降臨されたヲ店。

暖簾を潜ると、店内は満席状態


辛うじて空いていた座敷席に首尾よく着陸



はい、日本酒三昧、ヲ疲れ様でした~
DSC03909.jpg
ぱんぱ~い


日本酒シコタマやった後にジョッキか…



アムロ
「…こっ、こいつ !! 『できる』ぞッ… !! 」


さて、「下地」は出来上がってましたので、
DSC03910.jpg
肴もしっかりしたモノをヲーダー
アジ煮つけ をば堪能


シトのこと、言ってらんない。
DSC03911.jpg
我杯もレモンサワワ、しっかり二杯目。


…我ながら、よく呑む…笑



フライングゲットしたかった我杯は、
DSC03913.jpg
アジフライをば


サクサクの衣に包まれたアジ独特の塩味が、ジョッキを余計に傾けさせる。



ともちん 口説くにゃ花束いらヌ。
DSC03912_20151212173346a28.jpg
アジのフライがあればよい
(ア~コリャコリャ)


アジフライが好物らしい。



よしよし、言ってくれれば我杯が日本中のアジフライを君の枕元へ届けよう。
(↑ テロ)


ヲ品書き。
DSC03914_20151212173346b33.jpg
なす煮びたし。


「アタシ、ナスのミズビタシが好きなんです」って言ってたタレント 3 がいた…笑


ともちん 相手につまむ、
DSC03915_20151212173347a3c.jpg
ホヤの刺身。


「関係者」にしか解らない、このシャレ…
…笑




賑やかなる店内の様子。
DSC03917_201512121733491c5.jpg
地元御用達の一軒らしい。


本当はカウンター席にて傾けたかったのだが、生憎。


だが、どこに座そうとヤルことは一つ
DSC03918.jpg
いよいよ燗酒だい


我々の間に会話は少なかった。


何故なら、口が杯に触れている時間の方が長かったから。
(↑ ははは)




いやぁ~、今回も呑みました !!
DSC03919_20151212173438c18.jpg
まさかの麻布呑み。
総統も相当、ヲ酒がヲ好きですなっ。


ここでヲ開き


帰りの行き先が違う ともちん とはここでヲ別れ


我杯はフラフラと再びの浜松町駅へ。



駅への道中、見返り美人すると、
DSC03924_20151212173440099.jpg
燦然と輝く東京タワワ


その てっぺん に半世紀も隠されていた一個のボール。


時代の変遷を高い所から眺められて、楽しかったかしら???


それとも、誰にも気付かれずに寂しかったかしら???


心地良い夜の空気に身を任せ、我杯はやはり一人で帰途に就く。


大満足の一日でありました。




…ただ、寝過ごさないように座れる座席にも座れなかったのは辛かったが…。



chch


新潟×元麻布 都会の真ん中で、酒蔵さんを迎えて日本酒飲み比べ…っつーイベントに行ってきた。

何と、ビックリ


東京タワーの大展望台に一泊・一組限定で「宿泊」出来るっつーイベントが開催された模様。



多数の応募の中から選ばれたのは、広島県在住の70代の御夫婦だそうで。


普段では味わえないであろう夜景と朝焼けが堪能出来る、というが…。



…。



果たして、寝られるノカ !?


何か、寒々としてそうだし、色々と怖いような…



…と、甥っ子兄弟怪獣と東京タワー観光をした我杯。


ガロンとリットルと別れた後、

麻布十番駅に降り立った


駅出口前から延びるシャレヲツな商店街。
DSC03868_201512051729227f2.jpg DSC03869.jpg
チョイと坂道もあったりして、


DSC03870.jpg 
我杯の探訪ゴコロがくすぐられるワイ。
(↑ うひゃひゃひゃひゃ)


酒呑みイベントの会場へ向かいちみヲん


閑静、かつハイソな住宅街を通り抜けるとその中に、
DSC03872.jpg DSC03871.jpg
まあ、ステキ !!

坂道がありますわっ

しかも、交差点 !!


坂道、大好き !!


あと、ノギは???
ケヤキは???


…ふやぁぁぁ~…
DSC03873.jpg
高そうなマンション…

特に中ほどの角度のついた辺り。

部屋はどんな構造なのかしら???

いや、いくつ部屋があるのかしら???

いやいや、どんな眺めなのかしら???

いやいやいや、いくらかしら???


まさに世の中を睥睨する、そんな感じなんでしょうなぁ…
(↑ ヘーゲーされる側)



会場に到着
今回の会場はコチラ、
DSC03874.jpg
元麻布農園 3 。

有機野菜講座や子供向けの農作業講座など、消費者と生産者との交流が出来る農園で、
DSC03875.jpg DSC03876.jpg
他にもレンタル菜園で都会のド真ん中で野菜作りが楽しめるトコ…


…と、パンフに書いてあった。


会場前にはいかにもなシト達がゾロゾロと。


どうにもその殆どの皆さんが互いに顔見知りらしかった。

キチンとチケットを入手して訪れた我杯に、


「…アナタ、誰???」


…みたいな応対があって、少々戸惑う…


ヲ構いなしに会場入り…笑
DSC03877.jpg
まあ !!

宴の準備は万端ねっ


更には、
DSC03878.jpg
まあ !!

こんなステキな鮭が今宵の宴にて振舞われる、とのこと


四の五の言わずに宴を開始 !!
DSC03884.jpg DSC03880.jpg
先ずはの一口に、大洋盛 中吟生酒 が振舞われる。


さて。

今回の共犯者は「とある武道」の稽古仲間である ともちん である。

もちろん、変なアヒルではなく、コチラの ともちん はヲ酒を見るとニコニコしちゃう困ったコ。



このようなイベントではこの上なく頼もしいパートナーである。



今回の趣旨は、この日本酒 大洋盛 の蔵元 3 である、

大洋酒造㈱ 3 (新潟県村上市)


…をヲ迎えしての一席。
DSC03883_20151208214013829.jpg
赤矢印が杜氏 3 。

思いを込めて醸したヲ酒を我々に供してくれた方である


会場内。
DSC03881.jpg
とにかく女性の参加者が多い。

男性の参加者の方が少なかったね。


吊るし上げをくらっていた(← ?)鮭が、
DSC03890.jpg DSC03891_20151208203801608.jpg
香ばしい香りと共に目の前に。
また、野菜汁が素朴な味わいながらもヲ酒の友となる。


今回、この野菜農園や村上市の食材を調理してくれたスタッフ 3 。
DSC03893_20151208203802587.jpg
(↑ やっぱり、矢印のシト)
フロアにて食材や調理法などを参加者に語る。


イベント中、スタッフ 3 がヲ酒や料理の説明をする度に女性陣からは、


「まああ !! きゃああ !! ステキィ !!


…などと、黄色い声ならヌ、ヲレンジだか、茶色だかの声が上がる。


…こーゆーので歓声上げてるシトは、我杯的にどうかと思うのだが。


「…それ、今、完ッ全に会場のシト全部を敵に回しましたよ???」
(↑ ともちん)



アウェーな我杯と ともちん はひたすらにヲ酒の声を聴く…笑
DSC03886.jpg
大吟醸 越後流


DSC03895.jpg
特別純米 大洋盛

DSC03896.jpg
辛口特別本醸造 越乃松露


…など、次々と廻って来る一升瓶を抱え込んでいった。
(↑ ははは)



コチラ
村上の郷土食材を活かした、
DSC03900_201512082041561ae.jpg DSC03901.jpg
…何だっけ???(← どぅくし )

茗荷の丸焼きをボリボリ。
ヲ酒によく合うワイ


若手のスタッフ 3 と
酒呑みイベントを研究中。
DSC03902.jpg DSC03903_20151208204159255.jpg
また、一部に開放されていた卓席には、「何か持ってる」着物姿のご婦人が。

佇まい、物腰から察するに、「手練」と見た…


シメのスイーツ登場
DSC03905.jpg
ヲ酒にはアンコや生クリームがよく合う !!


…なんて言ってるシトは駄目なシトです。


よし !! シメた !!
DSC03906.jpg DSC03907_201512082045169e8.jpg
なので、ヲ酒を追加…笑



散々に呑み散らかしたタケナワな頃に ともちん は ぼそっ と呟く。


「この後は何かあるんですか…???


はいはい、任せて下さい !!

我杯麻布の酒呑み話、まだどこにも出してない新ネタ、あるさかいになっ !!


会場を後にした我々、
DSC03908_20151208204410093.jpg
夜はまだまだこれから !! の麻布に繰り出す。


もちろん、もう一軒 !!



…なのだが、これまた次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…
tbc.jpg

思うこと (言いたかないが)

ヲ酒は楽しい。


酒場だからこそ味わえる楽しい雰囲気がある。


せっかく赴く場所だからこそ、楽しい時間を過ごしたい。


これは酒場を愛する方々ならば、誰もが思うことだろう。



このバカモノ・ブログでも何度か意見を申し上げているが、今回も。




酒場は公共の場所だ。



自分だけの空間では決して無いのである。



「公」の場所・時間から「私」に入れる、最たる場所なのである。


…とは言え、やはり他者もいる空間として、最低限のルールは守らねばならないのは、ヲ酒を「呑める」ニンゲンならば理解出来る事柄の筈である。



それでも好き勝手やっちゃう御仁もいらっさるだろうが。


ただね。



シトの身上を侮蔑するような言動にて悦に浸るような輩。




これは何度も申し上げているが、やはり、御一緒したくないのである。




…。



とにかく残念なんですよ。



親しき仲にも礼儀あり。



これはね。


守らなくては、ですよ。




だが、これが分からない御仁てのは大体、常套文句で、


「酔ってたからヲボエテナイ。酒の席だし、カンベンね」



しれっ、と口にするよ。




いいえ、許しません。



何であろうとアンタ自身の口から、考えから出てきた言動ですよ。



散々に周囲にメイワク掛けてきた我杯だから、こればかりは注意してます。



そんなシトと時間を共有すると、全てが台無しになるよ。



ヲ酒の味も、ヲ店の雰囲気も、


「ああ、ここでつまらないヲ酒呑んだっけ」




こんな感じで次回が繋がらなくなっちゃうよ。




長年ね、同じ目的で同じ場所に通ってきた間柄のニンゲンが、いまだこんなツマラナイ事を繰り出してくる事に、心底より失望させられました。



もう二度と御一緒する機会はないでしょう。



公共の場所で共に過ごすことがあっても、まあ、我杯の方からはアプローチは有り得ませんので。






…幸運な事に、我杯の周りにはそんな方ばかりではないので、これからも楽しいヲ酒は呑めるでしょう !!



これからも、


とにかく明るい酒場逃亡記 !!




安心して下さい、呑んでますよ !! …笑


東京タワー大爆破 !! 地上306mに秘められた謎を追え !!

いつもヲ世話になってヲります。


もう12月…


2、3月頃に「今年も残すところあと…」なんて冗談言ってたが、まさしく残すトコあと僅か。



そんな中、あの小惑星探査機「はやぶさ2」の話題が報じられましたなっ

地球の重力を利用して加速、目標へとカッ飛んでいく「スイングバイ」に成功したと !!



いや~、宇宙 !!

戦うヲトコ、燃えるロマン !!



その直前、はやぶさ2から送信されてきた画像が発表されて。
hayabusa2-gazou.jpg
地球と月のツーショット


地球に一番近い天体、月

その距離、384,400km。


大宇宙からすれば、実に微々たるものである。


そんな大宇宙の虚空に浮かぶ二つの星。

それをこうして眺める事が出来るとは、実に素晴らしい世の中になったモンである



…いつかはやってみたいですな、宇宙呑み !!




浜松町 !!

もちろん、トーキョーである。


今回、我杯の甥っ子兄弟怪獣と東京タワーにでも行くべぇかと相成り、赴いた次第である。



駅にて怪獣と合流した我杯、早速に…


…ん???

怪獣ヲトートよ、何か見つけたか???


「ウンコ、ウンコ」



…ウンコ…???
DSC03793-1.jpg
(↑ 赤矢印のソレ)

ハトだかの鳥と地球のヲブジェがあったのだが、形状からして東京・浅草のアサヒビール本社の「あのヲブジェ」を連想したらしい…笑


…確か、アレは「ビールの泡」をイメージしているとの事だが、こんなチビッ子にまでウンコ呼ばわり。

実に不名誉なことである…


駅からしばらく歩くと、

DSC03794_201512012326342b8.jpg DSC03795_201512012326369df.jpg
「ヲンタイム」には実に楽しめそうな通りを発見
こりゃ、近々探索せねばなるまいな。

同行者、募集中 !!


突き当たり(?)にヲわします、
DSC03799.jpg
増上寺の門。

NHK「ブラタモリ」内にて、
DSC03801_201512012331094ab.jpg
タモリ師範がこの門に特別に立ち入りされ、そこからの景色をヲ眺めになられていたが。


埋め立て、埋め立てで現在の様子となってはいるが、昔はすぐそこに海を眺める立地だったそうだ。


その脇をテクテク
DSC03802_20151201233110472.jpg
情感溢れる光景だが、コドモ達にゃあ、何の足しにもならない。

「ねぇ、まだ? まだなの???」
(↑ 連呼)

はい、これからシッカリ呑ませて頂きます。
DSC03806.jpg
一杯呑む時には、その土地の ネ申 様 にはゴアイサツせねばなるまい


…これは、何でしょうか。
DSC03805_201512012331149ba.jpg
いかにも、な撮影スポットが。


これまたヲドロキ。


東京タワーのすぐ足元。

そこにはなな何と、『渓谷』があったのだ。

それがコチラ、
DSC03810_20151201233115caf.jpg
もみじ谷

…まあ、人工の谷間だそうですが、
DSC03811.jpg
紅葉の見頃には見事な景観らしいですよ


ほあ、着いたよ !!
DSC03815_20151201233342cd3.jpg
それではチビッチョ連れて、東京タワー制覇スタート !!


エレベーターで行くのはツマラナイ。
DSC03816_201512012333452e7.jpg
そこで我杯と怪獣・アニキは、タワーの外階段での登頂を試みることに。


「ヲじちゃん、無理しないでよ???」


…ナメるなよ、小僧。

我杯はその昔、踏み台昇降は特に苦ではなかったのだぞ。
(↑ ???)



…ぬっ !?
外階段の入り口に見目麗しい受付のヲ姉すわんが !!


これは、記念撮影と称してヲ近付きにならねば !!
DSC03819-1.jpg
アニキにシャッター切らせた。
(↑ バカ)


「…ヲじちゃん、ボクが恥ずかしいからやめてよ」


何を言う、我が甥よ。

蝶や蜂だって花に止まるではないか。
それと同じ事よ。
(↑ 自己弁護)


さて、登頂開始 !!

しばらく昇っていると、こんな案内が。
DSC03822.jpg
…なんですと !?

bandicam 2015-12-05 00-57-34-316
へあ"っ

このシトかっ。

因みに地上40mの景色ってのは、
DSC03823.jpg
こんな感じ。


…ぱっ、としないな…笑


我杯がウルトラマンに変身出来たなら、スペシウム光線の照準は勤め先に合わせるんですよ。
(↑ 侵略者)


更には、
DSC03826_20151201233803dd4.jpg DSC03827_20151201233805805.jpg
地上55m、ピサの斜塔やゴジラと同じ高さだそうだ。


…。


…我杯がゴジラなら、熱線放射の照準は…(略)



全く息切れしないアニキ。
DSC03829.jpg 
…と、当然、我杯もヘコタレてなんか、なかったデスヨ…


10分弱で展望台に到着 !!
DSC03835.jpg
うひょ~。

煙と同じで高いトコはニガテではないが、流石にキン○マブクロが縮み上がりますな…笑


アニキがぼそっ、とつぶやく。


「…ここでバクハツがあったのか…」



…何の話???


「名探偵コナンでね、この東京タワーが爆破される話があったんだよ」




…今ね、バクハツとかランシャとか、そーゆーのは洒落にならない御時勢なんだよ…。





エレベーターで先行していた我が実妹と怪獣ヲトートと合流。
DSC03836.jpg DSC03837.jpg
展望台からの景色を堪能


既に家族でスカイツリーには行ってたらしいので、
DSC03838.jpg DSC03839.jpg
敢えて !! の東京タワーツアーだったのです

新宿方面。
DSC03841.jpg
右下に見える、黒い三角の建物。

仏の教えに導いてくれる方々が集まるトコらしいです。


敢えてタワーから目立つようにと設計されたらしい…驚



…皆さん、東京タワーにまつわる、こんな話を御存知でしたか???


タワーのてっぺんには「ある秘密」が隠されていた、ということを。

それこそが、
DSC03843.jpg
何と、タワーのアンテナ部位にボールが隠されていたという話。

それがコレ。
DSC03842_20151201234319cf5.jpg


DSC03844_2015120123431851f.jpg
一体、誰が、何の為に…???

それは誰にも分からない。
DSC03845_201512012343209d4.jpg
ただ、このボールはひっそりとタワーのテッペンで日本の悲喜劇を眺めていたのです。


特別展望台(250m)へ乗り込む。
DSC03847_20151205164032efe.jpg DSC03848_20151205164030008.jpg

DSC03849_20151205164032fb5.jpg DSC03850_20151205164035a05.jpg
いや~。
今やスカイツリーが人気だけど、東京タワーだって来て見れば面白いネ !!


どうだ?
今日、来て良かっただろう???
DSC03852-1.jpg
「そうだね…ふあ~…」



…コノヤロウ…


帰りも階段とか、そんな暴挙に出た兄弟怪獣。

なのにヲトートは2、3階降りたトコで、
DSC03854-1.jpg DSC03855_20151205164520763.jpg
「だれだよ、階段で降りる、なんていったのはっ」


…。


t01720225_0172022510200296258.jpg

ヲッ前だよっっっ


ヒザカクカクで地上に帰還…


地上にて怪獣パパと合流
DSC03857-1.jpg DSC03861_20151205164521fe4.jpg
膝の大笑いをビールで癒し、東京タワワ焼きに齧り付く



いやあ、タマに来ると面白いね、東京タワー !!
DSC03864_20151205164526955.jpg
因みに我杯の第三の実家、杉戸「いこい」のマスターは、その昔にタワーのレストランでシェフしてたそうだ。


うむむ、シトに歴史アリ。


甥っ子ファミリーと別れた我杯。
DSC03866.jpg
東京タワーの見える景色を眺めながら次の目的地へと向かいちみヲん。


その場所とは… !!
DSC03867.jpg
ココ !!


さて、ココで一体、何をやらかしたノカ !?


それは次回の講釈で。


旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

« »

12 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login