酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ヲレの隠れ家「せきぜん」潜伏日記 ~ 東鷲宮・のみ処 せきぜん ~

いつもヲ世話になってヲります。





かなり笑っちゃう画像を発見。






ははっ、はははっ、ははっ
…笑 …笑 …笑

…あ~、ヲかしいっ


どうしてこんな「絵」を考え付いたのだろう???


…アレかな???

魔法学院の生徒は「黒尽くめ」だからか???…笑


それとも、ロンもハーマイヲニーも「イケる」クチなノカ !? …笑



さてさて。

琴奨菊の奥さんが美人過ぎる !!


衝撃のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



今回も潜り込む地元の一軒、
DSC04446_201601311752565f6.jpg

のみ処 せきぜん


自宅の近所だけに、いつでも潜伏出来ちゃう、このウレシサ


とある日の潜伏時に、目に留まった一皿は、
DSC04429.jpg
自家製・炙り〆サバ


「せきぜん」マスター独自のシメで仕上げられたサバを、
DSC04430_2016013117523583c.jpg
更にバーナーで炙り、醸し出されるこの照り
(↑ )


酸味の中にハッキリと存在感を顕すサバの甘味は、
DSC04431.jpg
塩をまぶす事により、その旨味を増幅させるスイカように。



我杯の「テリトリー」で、他には見られない一本、
DSC04432.jpg
花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 直汲み (埼玉帝國・南陽醸造)


…にて出迎える。


ジューシーで甘味を感じるこの一口…


独りでも一気に五合、イケちゃいそうなこの旨味…



更なるマスターのヲススメ攻勢。
DSC04434.jpg
南部美人 美山錦純米酒 ヲリガラミ生原酒(限定酒)
(岩手県・㈱南部美人)


ところで、この集中線の中に何か「セリフ」を入れてみよう !!




…。




… !!


DSC04434-1.jpg

…笑 …笑 …笑



DSC04435.jpg
東も南も問わない。

我杯、美人は大好き…笑



「呑み比べて、その味の違いを楽しんで下さい」
DSC04436.jpg
…マスターの「仕掛け」にイタズラ心を感じる


我杯は一つのヲ酒をジックリ味わう派なので、同時に複数を味わうこのスタイルは斬新




…ふ~む、ふむふむ…





確かに、キレ、含み、舌上の転がり方…。




全くの異種。




今宵、「彼女たち」は、我杯を惑わすに充分な魅力を持ち合わせていたようで…



このフェアレディをエスコートする為に。


シンプルかつディープ !!
DSC04437.jpg
玉子焼き


…をばチョイスし、杯の傾きを深いものにする。


玉子焼きほど難しい料理はない。
DSC04441.jpg
最初の「溶き」で全てが決定するのだろう。


この甘味、柔らかな食感。


ふんだんに空気を摂り入れることによって、この味わいは増す、と耳にしたが。


それを具現化するマスターの腕前に敬服 !!



敬意を表し、
DSC04442.jpg
黒龍 純吟 (福井県・黒龍酒造㈱)


いでよ、ネ申龍 !!
そして、我が願いを叶え給え !!

DSC04443.jpg
ギャルのパンティ 旨いヲ酒、ヲくれ~ !!


「その願い、叶えてやろう…」
DSC04444.jpg
ブラック・シェンロン は今宵の我杯の願いを叶えてくれた。



…ところで、
DSC04438.jpg
浦安ネズミの醤油なんてあったんだ…


「やあ、ボク、ヨシカワ !!

ボクの仲間はその昔、ヨーロッパにペスト菌を蔓延させたYO !! 」

(↑ 夢も希望も…凹)



小さな店内、
DSC04445.jpg
今宵も賑やかにその時を奏でる…



またある日。

マスター 3 が、


「コレを是非に呑んでみて下さい」

…と挑発するので、出迎えたる一本は地元・埼玉帝國は久喜市の一本、
DSC04494.jpg
にごり生原酒 桶地酒 (埼玉帝國 久喜市・寒梅酒造㈱)


「季節限定 !! 」なんて言われた日にゃあ、
DSC04495.jpg
ヲーダーしないワケにはいかない



にごり は我杯にとって実に呑み易い
DSC04496.jpg DSC04497.jpg
だって、甘酒だもの。

その甘みを、マグロ山かけ でヲもてなし



ネクスト・カップに、我杯的には稀有な一本、
DSC04498.jpg
奈良県は㈱久保本家酒造の 生酒の どぶ  を嗜む。


どぶろく。


本当に呑み易い。



呑み易過ぎる。



この甘露を、
DSC04500.jpg
イカワタ煮

…にて昇華する。


イカの身の歯応え、ワタの甘味が今宵、味のワルツを奏でるのである




隣席に居合わせた御仁。


他所で呑み足りなくてこの「せきぜん 3 」に顔を出したと言う。


ならば、
DSC04502.jpg
杯を合わせましょう


いつでも呼び出してくだされ !!



またまた別件にてツラを出す。


「懐かしい」味に めぐりあい宇宙。
DSC04582.jpg
鷹勇 辛口純米酒 (鳥取県・大谷酒造㈱)


以前、鳥取の知人より頂戴した一本を地元で堪能…




今回も傾ける、
DSC04583_20160131180907ced.jpg
花陽浴 純米吟醸 八反錦 (埼玉帝國・南陽醸造㈱)



この風味を、この時期には欠かせない一皿で。
DSC04586.jpg
ヲでん盛合せ



マスターの「ヲ気に入り」が姿を現す。
DSC04587.jpg
白瀑 純米吟醸 赤山本 備前雄町仕込み 火入れ
(秋田県・山本合名会社)


…ハッキリ言って、こんな危険なヲ酒は無い。
DSC04591_2016013118105914e.jpg
実にフルーティ、実に芳醇。


自分が「日本酒」というヲ酒を呑んでいることを自覚させないその味覚。



しかし、これは間違う事無くアルコール…。


マスター 3 がハマったという一本は、我杯にも合致。



追い討ち。
DSC04589.jpg
雪洞貯蔵酒 緑 (魚沼・緑川酒造㈱)


…が、今宵の我杯の酩酊度合いを更に引き上げる



柔らかい。
優しい。


この風味…


…コイツはヤバイぜ、とっつぁん !?


エスケープ from ゼニガタ。
DSC04592_20160131181100291.jpg DSC04593_20160131181101840.jpg
かき揚げ



…が、我杯の不二子ちゃん



サクサクと香ばしい一箸




今回の潜伏も成功裏に




…自分で言うのも何だが、こーいった「名店」を嗅ぎ付ける自身の『能力』が実に…



素晴らしい…笑



ここ最近、酒場巡りの勢いが衰えているのは解ってるんですけどね。



「正解」だけはチョイスしていきたいと思うんですよ。



その点、このヲ店「せきぜん 3 」は、大正解のド真ん中。




これからも「ヲ楽しみ」の一軒としていきたいですなぁ。




…だけど、誰も誘ってあげない…



「いこい」に居座り続けた日 ~杉戸・大衆酒蔵 いこい~

いつもヲ世話になってヲります。

チョイとハナシを引っ張ってますが、どうやら「食品横流し」「賞味期限の無視」なんてザラにあるみたいでして。


どこだかの小中学校で食中毒が発生したとのこと。

原因は消費期限の切れた食材で納品された給食。


全く、ロクでもない業者もあったモンだ !!



学徒に変な物食べさせるとは、常識も何もあったモンじゃあ、ないっ !!



なんて、腹を立てていたら…


…この給食を納品した業者の社長が、我杯と


同姓同名

(↑ ネタやヲまへんのや…
)



はい。
所詮、そんなモンのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


今回も毎度毎度の「いこい」話なんですが。


いつもなら、小一時間の潜伏でヲイトマするヲ店なのだが、妙に長居してしまった時があって。


この日もフツー通りにヲ店に入った。

いつも通りにレモンサワーをヲーダーし、ヲバチャンのヲ通し攻勢に任せたものの、

タマには違う皿もヲーダーしてみんべぇかと、このヲ店のウリである、
DSC04213.jpg
ステーキカレーを、


頼まずに、
DSC04214_20160124161712ac2.jpg
厚揚げ を頼んだ(← どぅくし )


そしたら、かなりヒサブリに顔を合わせた御常連 3 が登場
DSC04215_20160124161714179.jpg
杯を合わせる。
ヲヒサで~す



ステーキカレー、すっかりのメジャーヲーダーになってしまったアルよ。

DSC04217_20160124161715407.jpg DSC04219_201601241645223bb.jpg
この日も遠方からカレーを食べに来たヲ客 3 が数組。
にわかに忙しくなった店内を、

アサヒ傾けながら眺める。
(↑ 手伝えよ)


マスターの手が落ち着いてきたトコで、
DSC04222_201601241645242f1.jpg
刺し盛り をば
(↑ 美味そうに撮れた !! )


そんなこんなで呑み食いしてたら、ヒサブリの御常連 3 がどんどん集結し始める事態に。
(↑ 本当にタマタマ)


機嫌が良くなっちゃったマスターが、
DSC04223_20160124164524b71.jpg DSC04226.jpg
裏メニュー を投入。
マスターの機嫌と仕入れ状況で出てくる一皿。
(↑ 他所じゃ食われへんよ)


急遽始まる大宴会


更には、
DSC04228_201601241645273c9.jpg
生牡蠣 の御相伴に与ることが出来た


年の瀬に 満と咲きたる 味の花
(↑ 詠:我吉田 類似品)


つるるん食感
DSC04229_20160124164808df8.jpg DSC04230_20160124164810873.jpg
牡蠣の味わいに末廣が応える


刺身も合わせて楽しんで、
DSC04231_20160124164810722.jpg
日本酒偏愛の我杯には至福の一時…


そろそろシメんべぇか、と、
DSC04232_2016012416481198b.jpg DSC04234_20160124164813ca3.jpg
焼きヲにぎり が投下された。


御常連 3 と絡みがあったとは言え、随分とヤッちまった !!


それもその筈、この日の滞在時間、実に5時間半


…じぇじぇじぇ… !!




また、ある日。


この日もいつも通りに、
DSC04287_20160124164955911.jpg DSC04288_20160124164957e3b.jpg
レモンサワワとヲバチャン手製のヲ通しでスタートを切る。


「好いのが入ったよ」


マスターのヲススメに任せて大好物の、
DSC04289_20160124164957a26.jpg
カンパチ刺し を卓上に並べてもらう。


更にはマスターが「余っちゃってるのを片付けてくれ」とのことで、(← 笑)
DSC04292_20160124164959bd9.jpg
焼き牡蠣 が飛び出す


毎回毎回、嬉しいサプライズである


世の中には、
DSC04293.jpg
牡蠣を食べられへん方がいらっさるそうで。


理由を尋ねると大体が、


「見た目がイヤ」


…なんてなことを仰る…。




ほんま、不憫やわぁ…


牡蠣を食べられない方々は、人生の半分を損してる !!


そう !!

綾瀬はるか 様 を目の当たりにしても何も思わないように !!
(↑ ???)



この日は「いこい」忘年会の次の日。


それなのに、
DSC04295.jpg
前日、散々一緒に呑んだ御常連 3 が数組再集結



本当、酒呑みってのはTPO関係無いんだなぁ、と思った日。
(↑ ははは)



何を思ったか、とある休日の夜に潜伏
DSC04330_20160124165307e16.jpg DSC04332.jpg
変な時間帯(PM21:00頃…笑)の潜伏に、マスターもヲバチャンも驚く。
居合わせた御常連 3 の ウタダ 3 と


今宵の一皿をマスターにヲ任せしたら、
DSC04336_2016012416530901b.jpg
こんな嬉しい組み合わせが供された

イカ、カンパチ、アジ刺し…


我杯が珍しい時間に潜伏したので、
DSC04339_20160124165310716.jpg DSC04346_2016012416555707b.jpg
小鉢 攻勢

DSC04342.jpg DSC04340_20160124165439f19.jpg
バラエティ溢れる品々に、「末廣」をひたすらに傾ける。

(↑ 何杯目の末廣か?)


そろそろ店内も落ち着いてきた頃合、
DSC04344_20160124165440068.jpg DSC04349_2016012416544046a.jpg
マスターも一人の酔客に。
ヲバチャンもヲ疲れ様 !!


…って、マスターは本当に疲労困憊だったらしく、ひたすらに


「疲れた…何でこんなに働かせるんだよ


愚痴っていたが。


…いや、それ以前に自営ですし…笑


シメの一口。
DSC04350_20160124165442eba.jpg DSC04351.jpg
フツーのヲニギリ


…ではなかった。


キラキラ光り輝くヲ米…

口中にて ふんわり と拡がり、コメ独特の甘味を醸し出す…








今度、御飯で日本酒を呑んでみよう !!


合うハズだ !!






この「いこい 3 」は名前の通り本当に「憩いの一軒」なので、時が許せば居座ってしまう。


ふと、時計を見たら…



日付が変わってかなり時間が経過していた !!




やっちゃったちょり~ん !!




また来るね~、と振り向き様のワンショット
DSC04352_20160124165524e6e.jpg
「夜いこい」もいいモンだ
 

普段は賑やかな店前の通りに車は少なく、夜中である事を実感…




フラフラと帰宅した我杯だったが、勿論に翌日を棒に振ることとなる…。




毎度毎度の愚行的リフレイン、これにて幕で御座います…。


「…。
DSC04335_201601242338284cd.jpg

…毎度毎度、バカだワン…」



ありがとうございました、ありがとうございました

2015こぼれ話 年末忘年会攻勢 その4 ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし~

いつもヲ世話になってヲります。


ほら見ろ !!


あの「廃棄食品横流し騒動」だが、NHKのある番組で言ってたぞ !!



「そもそも、何故にこのような事が起きたのでしょうか???」

「はい、それは毎日大量の食品が廃棄されることに起因しています。

今、日本では毎日1400tの食品が廃棄されていると言われています。

その内、堆肥や飼料などに再利用される割合は3割程度であり、残りは埋め立てなどの完全廃棄処分です。



では、何故まだ食用に堪えうる食品が廃棄されてしまうのか…。

その主な理由として、



1.賞味期限切れ

2.包装の汚れ

3.印刷
(← 賞味期限や成分表)の間違い


…の3点に挙げられています」



…へ~。


食用として全く瑕疵のない状態の食品が、


表記うんぬん


…のそれだけで毎日、大量に廃棄されているワケだ。


確かにね、変なものを口にしたら健康的な問題も生じるかもしれません。


だけど、本当は無問題な物が殆どなんでしょう。


それなのに表記を気にして、陳列棚の一番奥から食品を引っ張り出してるヲバチャンがいる。


一番、新しいモノが欲しいんだ。


…傍から見ると浅ましいというか、卑しいと言うか…。


醜い。


そんなシトに限って部屋の片付けとかしてなさそうだし、ゴミの分別もしてなさそうだ。
(↑ 大偏見 でも、このタイプが大ッ嫌いなんですよ…笑)



とにかく、食べ物は大切にしたい。


最近、強く感じるのであります…。



さてさて。


我杯のライフワークである「とある武道」、道場の筆頭御家老であらせられる T.kura 3 と一献の機会。



T.kura 3 に対して素面で臨むのは万死に値する…笑


我杯は事前に大宮に乗り込んだ。


タマには「いづみや」以外にも乗り込んでみんべぇか、と、南銀座通り(ナンギン)を徘徊する。




…ぬっ。



…。



dandadan.jpg


…ギョーザは好物だが、ヲ腹がパイイツになっちゃうのでパス…


やっぱりココしかないか…。
DSC04554.jpg DSC04557_201601231609599e5.jpg
先ず本店に入った。

そしたらあのババァ供、我杯より後から来た客を先に案内したクセに、コッチは無視しやがった。


客を蔑ろにするとは、何て店っ。



…なんてなことを言っちゃうシトは、この「いづみや」のヲ客として失格。



ひょい、と入ってひょい、と座る。

ひょい、と手を上げひょい、とヲーダー


ひょいひょい やらないと ひょん 様 にはな れな いのだ。
(↑ ???)



実際、本店は満席だったので、第二支店へ
DSC04559_201601231610001dd.jpg DSC04560.jpg
酎ハイに好物の うな肝を合わせた…


…のだが、今度は「うな肝」ヲーダーを忘れやがった

このうな肝が出てくるのにどれだけ時間を要したか。


…全く、ロクでもねぇ店だ
(↑ 愛ゆえの悪態)


珍しく長年の御常連 3 と杯を合わせた
DSC04561_20160123161217a0a.jpg
何年通ってるか、それすらも忘れてしまったベテラン呑み師。

その「遍歴」に、改めてこのロクデモナイ店の歴史を知る。



移動

DSC04562.jpg DSC04564.jpg
春日部、一ノ割駅は すずらん通り。


もちろん、コチラに降り立ったからには、
DSC04565.jpg

大衆割烹 やまよし


…である。


何度目の やまよし か?


…因みに、「一ノ割 やまよし」でググると、 吉田類 先生 の酒場放浪記のスグ後ろに、このバカモノ・ブログがヒットします。


畏れ多い !!




暖簾を潜ると、マスター 3 の明るい応対。




ファーストカップをマスター 3 に委ね、
DSC04567.jpg
手取川 冬純米辛口 (石川県・吉田酒造店)


…をば頂戴する


夏冬関係なく冷酒を呑むのは、我杯の趣味だからである。
(↑ へへへ)


いつもウレシイ、
DSC04569_20160123161406db7.jpg DSC04571_20160123161407e0c.jpg
バラエティ ヲ通しをつまみながら。

今回はT.kura 3 の他に、「とある武道」道場随一の実力者・成田山も合流


T.kura 3も成田山も、この日の「若先生稽古」をサボらせてしまって、スミマセンでした。




アタシャ、この「やまよし」ではヲ酒のヲーダーはしない。

全部、マスター 3 に任せちゃう。


ヲススメで飛び出す高知県の銘酒、
DSC04572_20160123161409fa7.jpg
酔鯨 純米吟醸 吟麗しぼりたて 生酒(高知県・酔鯨酒造㈱)

…を頂戴する


ここで更にマスター 3 の腕前を完全披露して頂く
DSC04577.jpg
超絶刺身盛り・やまよしスペシャル

…にて、我々の相好は崩れる


…とは言え、実は「生エビ アレルギー」の我杯。


生エビ食べるとカラダ、痒くなってくんねん。


あの甘さを堪能でけへんて、酒呑みにはツライわぁ…



悔しかったので、
DSC04578.jpg
ヲ構いナシで「イイトコ」を酔鯨に合わせる…笑


「鯨をも酔わせる」一杯に、今宵も充実した時間は過ぎ行く…。





…ところが今回、物凄い偶然で「ある事件」が起きていた。



マスター 3 が入店するや否やの我杯に小声で、


「『ヲんな酒場放浪記』、観てる???」


…と尋ねてきた。



モチロン !!
毎週に録画ですがな、そう答えると、



「あのシト…(黄囲み)
DSC04566.jpg
(酒場放浪記の)プロデューサー 3 。
今度は『ヲんな酒場放浪記』で紹介してくれるんだって !! 」




「んんっ !?
yui
ホンマですか !? そら、ヲメデトウございます !! 」





後日、その収録が。


その様子は、来る 2月19日


「おんな酒場放浪記」

(↑ 毎週金曜日 BS-TBS PM23:30~)



…にて放映されます !!



皆さん、是非、御覧になってみて下さい !!





…この時、我杯は悔やんでも悔やみきれない大失態を犯していたのだが、それはまた後日…。


2015こぼれ話 年末忘年会攻勢 その3 ~幸手・玄海~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


今年早々の妙チキリン ニュース。


「ビーフカツ転売」
beef-win.jpg
…要はアレでしょ?


「廃棄するべき『
モノ』を『食品』として転売していた」


…っつートコで騒いでますが…。



確かに横流しだの、転売だので行為自体の聞こえは良くないが、先ず第一に、


捨てるなんて勿体無い


…てのがどこかにあったんじゃあ、ないんですかね?



捨てるならチョーダイよ。


我杯は思った…笑


そら、そうでしょうよ。


一部不具合があったから、疑いのあるビーフカツ4万枚廃棄しろ、っつー。


やはり、目の前に捨てられそうになってる「食べ物」があるならば、「勿体無い !! 」と考えるのが シト なのでは !?


…とは言え、何でもかんでも拾い食いするような浅ましさは持ち合わせてはいないが…




「そんな事では『食の安全』を守れない」




…確かに。


その為の取り決め、法令遵守って事だ。



なるほど、
yui
コンプライアンス的なことですよね?」


そうどす







即ち


今回のように
異物混入の疑いやら賞味期限の超過、調理過程での失敗、食べ残しとかで我々の口に届かない食物ってのは世の中に大量にあるワケだ。



そして、我々が口にする食物とは、動植物そのもの。



口に届かない食物=動植物は、その目的を果たせなかった時点で、


無駄死に


…な訳だ



何と罪深き存在であるか、ニンゲン。


今回の一件で、改めて現代日本の「(外)食産業」の在り方を一考してしまった訳でして…




これからの食生活や居酒屋巡り。


もっと丁寧にやってみよう…
(↑ 殊勝なる心掛け)



はい。


今回のヲ話も相変らずの2015年末。


我杯の根城「玄海」にて、忘年会が開催されたので潜伏。

看板が真っ暗なのは、貸切だから。

我杯が暖簾を潜ると、既にヲ歴々が集結。


普段はあまり入らない奥座敷が今回の会場
DSC04519.jpg
まだ全員揃ってなかったケド取り敢えず



「玄海」と言えば、
DSC04524.jpg
刺身 !!


マスターコダワリの仕入れによる品々は、他店では見られない大きさの切り身で供される。


もうね、ここぞとばかりに中トロ、ツマんでやりましたよ。




我杯ヲキニの帽子を被ってヲどける たっちゃん。
DSC04526_2016011714580861e.jpg
たっちゃん は「玄海」最古参の御常連 3 。
杉戸町・和製ブルース・ウィリス総選挙で入賞したツワモノである。
(↑ ウソ)


…それにしても、我杯よりもハンチング姿が似合う !!


ハンチングは被るシトを選ぶ。


かなりのジェラシーを感じる…



やっと全員集まったので、
DSC04528.jpg
たっちゃん の音頭で 総員、ぱんぱ~い !!





冬は鍋 !!
DSC04529.jpg
今回は ふぐちり。


腹の底から温まるぅ~


今回、御常連 3 の差し入れで、
DSC04530.jpg
太古尾久の島 手造り甕壷仕込み芋焼酎
(鹿児島県・本坊酒造㈱)

…が振舞われる。


ふ~む、ふむふむ…
DSC04533.jpg
焼酎なら芋 !! な我杯、危険を顧みず、

DSC04535_201601171500527fb.jpg
コレデモカに杯を傾ける。


危険、危険 !!




とっても陽気な御常連 3 の がっちゃん
DSC04536.jpg
とにかく明るいシト。


だが、酔うとコレデモカに呂律が回らなくなる…笑


我杯に、

「アンタ、A○B48好きなシトでしょ???」

…と言うトコを、

「アンタ、A○B48のシトでしょ???」

…とか言ってくる…笑



誰が ぱるる だっ !!
(↑ 言ってない)



さ、得意分野にいきましょい


玄海に常備する、
DSC04538.jpg
北鹿 雪の十和田 (秋田県・㈱北鹿)

…を芋焼酎のチェイサーに頂戴する
(↑ 後に、エライ事態に…)



…だったのだが、何か済し崩し的に宴会はヲ開きに
(↑ ???)


一部メンバーで二次会へと突入


玄海隣接の一軒で一献やり直し
DSC04542_20160117150141271.jpg DSC04543_20160117150143e95.jpg
この時居合わせた 先客 3 がカラヲケに合わせて実に小気味好い動きのダンスを披露。


多分、「その筋」でかなりイケてる方だとヲ見受けしたが???



正に忘年会、呑めや歌えやで大いに盛り上がったのだが…





帰途。


芋焼酎+北鹿の複合爆弾が我杯の中で炸裂 !!



道を真っ直ぐに進めない。

侭ならヌ足取り。
帰宅までにまさしく七転八倒…。

それでも無傷だったのはサイワイだったが。


やはり自動車はモチロン、自転車も飲酒後に運転するのは危険です !!


交通ルールを守り、自他ヲ互いの安全の為にも、

飲酒運転は絶対に止めましょう !!



なるほど、
yui
コンプライアンス的なことですよね?」




今回は被せてヲワリ。


因みに。

今回我杯に供された酒肴は全て残さずに頂戴致しました。

御馳走様でした !!

2015こぼれ話 ~ 彼らは来た・2015東武鉄道ファンフェスタ ~

いつもヲ世話になってヲります。


…いや~この数日、我杯はすっかり


万さま シンドローム


…に陥ってしまったのであります。


「万さま」とはモチロンに 万波 菜穂 様 のことであり。
DSC00429.jpg
テレビで観ていた御姿を実際に超絶至近距離で拝して以来…。

コケティッシュな彼女に、我杯はすっかり渋滞中



録画した「ヲんな酒場放浪記」、万さま の回を見返しては、ヘラヘラする日々…
(↑ 完全敗北)



さてさて。

いまだに2015年が明けないバカモノ・ブログ、酒場逃亡記。



今回は昨年末に開催された恒例の、

東武ファンフェスタの様子をば。


ベイスターズ・ファンの会合で欠席の カーノさん に代わり、今年は KTJM兄さん が参戦。


そこへ我杯の甥っ子怪獣・アニキも加わり、
どうなる !? 今回のファンフェスタ道中 !!




甥っ子・アニキにデジカメを託すと、ヤタラメッタラとシャッターを切る。

…何を撮ってるの???
DSC04367.jpg
「優先席」


…なんで???


「ぼく、優先席が好きなんだよ」



…どんな趣味やっ。


今の連結器って、デコボコ型とも呼ばれる、
DSC04370_20160116135635353.jpg
密着式連結器

…なんだなぁ。


あの大きなハサミみたいな連結器(自動連結器)同士の方が強度が強いイメージがあるが。


しかし、連結器同士のアソビが無いので、列車の前後の揺れが無くなるとか、連結作業の軽減化、という特徴があるそうな。
(↑ 『鉄道トリビア』HPより抜粋・引用)



…へ~


…今度は何を撮ってるの???
DSC04372_2016011613563695f.jpg
「制御盤。 ぼく、制御盤が好きなんだ」


…ウソだろうが。




かたや、初ファンフェスタの KTJM兄さん は、工場内整備を眺めて喜びに打ち震える。
DSC04378_20160116135638ba5.jpg DSC04383_2016011613591334f.jpg

DSC04381_20160116135914f96.jpg DSC04385_201601161359160c5.jpg


表には、
DSC04397_20160116135917417.jpg
恒例の東武鉄道車両との握手会(← 撮影会)が開催されとるのだが。


長時間並んでまで車両の画像なんかいらへんっ



…ヲっと、忘れてたワイ。
DSC04400-1.jpg
ようこそ、南栗橋(くりみな)へ。



「…えっ、ヲじちゃん、ここでヲ酒呑むの !?



Every time,Every where.


わが甥よ。
これが我々の飲酒信条なのだ




何度観ても迫力のある、
DSC04407_20160117133336547.jpg
車体吊り上げ実演。


「こんなスゴイ設備を見ちゃったら、
rena
茄子の揚げびたし が食べたくなっちゃうねっ

(↑ 絶対にこんなこと言わない)



さて、そろそろ胃袋にヲ酒を連結させるか。


甥っ子アニキのチョイスで、
DSC04412-1.jpg
何だかワケの分からないフライドポテトを調達


…こんなモンばっかり食べてると、フライドポテトになっちゃうぞ。


ほい、それでは、
DSC04413.jpg
ぱんぱ~い


我杯の甥っ子とも絡みがあるとは、 KTJM兄さん は実に不思議なシトだ…


さて、そろそろ帰ェるべぇか。
DSC04417.jpg
名残のゆきりん列車を眺めて今回は閉幕…




…しない !!


せっかくの機会だったので、 KTJM兄さん を我が宅へゴアンナイ
DSC04418.jpg
ハデに始まる自宅呑み。


…呑んだなぁ。
DSC04421.jpg
この日、一升瓶半分以上あった「高清水」は空になった




…で、毎回不思議に思うのだが、何故、我が宅への来訪者は、
DSC04422.jpg
ゲームのプレイ動画を見たがるのだろう


この日の KTJM兄さん は名作シューティング「1943」を御覧になられて御満足。
…笑



すっかり日も暮れて、兄さんはご帰宅。
DSC04424.jpg
また遊びにきてくりゃれ~




…今年もあと僅かですね…。
(↑ どぅくし )


ふはっ… !! ふははははっ !!

いつもヲ世話になってヲります。


このバカモノ・ブログを御覧の皆さんならば、BS-TBSで放映されている、


「吉田類の酒場放浪記」

「ヲんな酒場放浪記」




…の二大番組は、モチロンにチェックされていることかと存じます。




その中で「ヲんな酒場…」のレギュラーであり、我杯を萌えプッツンさせた、




万波 奈穂(まんなみ なお)



…と、


御一緒しました!!



至福 !!


絶頂 !!






…何故、我杯がこのような僥倖に巡り逢えたノカ…?



それは、いずれ語られる時があるでしょう…






fhhhh.jpeg



や~い、や~い

ヲイラの隠れ家・せきぜん潜伏日記 ~ 東鷲宮・呑み処 せきぜん ~

いつもヲ世話になってヲります。


今年に入って、ふと疑問に感じた事がありまして。




今年一年、我杯は生き延びる事が出来るのだろうか ???




…っつー、ガンダムのナレーションみたいな…笑



ニンゲンなんてのは、常に事件、事故、病気などの生命危機に晒されている訳ですよ。


それに対する恐れや警戒ではなく、単純に疑問を感じた訳でして。



様々な災難のニュースが連日報じられているが。


今までは息災に過ごせてきたが、これらの脅威がいつ自身に降りかかっても不思議ではないのでは???




そうしたら今、普通に生きられていることがスゲー奇跡に思えたんですよ。




こうなったら、その奇跡をトコトン楽しんでやろうじゃないの。



これが我杯の2016年最初の誓い? スタート? みたいな。



最近ですね、我が宅近所の、
DSC03130.jpg

呑み処 せきぜん


…への潜伏が楽しくて仕方が無いんですよ。



店内は小さな造りながらも、いつも御常連 3 が楽しげに盛り上がってる良店なのさ。

DSC04322_201601111353130dd.jpg
また、マスターやスタッフ 3 の対応がとっても明るくて、実に居心地のいい空間なんである。



しかも、日本酒の品揃えが面白いとあっちゃ、こりゃ潜伏しない訳にはイカナイ。




こうして、我杯は今宵も暖簾を潜る。





まずはマスター 3 のヲススメで、2種類の日本酒を呑み比べ。
DSC04309.jpg
凌駕 吟醸 無濾過生原酒 (新潟県・松乃井酒造場)


…と、今やすっかり宮城県・石巻ファンである我杯ならば、外せない一本、
DSC04310_20160111134934658.jpg
日高見 芳醇辛口純米吟醸「弥助」 (宮城県・㈱平考酒造)


…いや、ウレシイ !!


自宅のスグ近くで日高見呑めるとは !!



「交互呑みして、味の違いを楽しんで下さいね」
DSC04311.jpg
マスター 3 の言う通りにグラスを傾けると、キリリ、スカッ、とした共通点はあるものの、それぞれ全く異なる風味であることがハッキリとわかる…



その違いを味わいながら、それにあった楽しみ方を模索する…。


日本酒はそれぞれに個性を持った、いわば、ニンゲンと同じだと思うんですよ。




そう !!

日本酒は出逢いなんですっ !!
(↑ ひょん 様 風)



その個性を、
DSC04312_20160111134937f2a.jpgDSC04313_2016011113505760e.jpg
ヲ通しや、せきぜん自家製の塩辛で受け止める。




日本酒なら東北 !!

…な我杯が、ついに埼玉帝國の日本酒、その魅力に囚われた !!
DSC04317_20160111135058688.jpg
花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵48 直汲み (埼玉帝國・南陽醸造)


SKM48。


我杯が特に好む酸味の利いた一本。
DSC04319.jpg
そのフルーティな味わい、今宵の出会いに感謝する。


チト、遠いが、
DSC04321_201601111351026de.jpg
ヲススメの品書きを眺める。



ウム、もう一皿は、
DSC04323_20160111135315695.jpg
ウマヅラハギ刺身

…を堪能いたしましゃう


ハギの刺身と言えば、
DSC04325_2016011113531677f.jpg
肝醤油で頂くのが定石


そのコクの味わいを、
DSC04326_20160111135318b8e.jpg
花陽浴が出迎える。



うん、ウマウマ




こうして我杯の夜は更けていく…
DSC04329_20160111134932349.jpg
御常連 3 も個性的な方が多いようで、ソチラもまた楽しい酒肴の一つ。



ここからしばらく我杯の「せきぜん 3 」連続潜伏が続くのだが、これまた別の機会に。



とっても居心地のいい一軒だが、誰にも紹介してあげない




だって我杯の隠れ家だもの。
uss.gif

2015こぼれ話 年末忘年会攻勢 その2 ~杉戸・いこい~

いつもヲ世話になってヲります。


いよいよ仕事だわ…



休みの間は呑みし切りだったので、いいように肥えてしまったわ…





さて。

今回も2015年の暮れに行われた『忘年会』でのヒトコマ。

今回も毎度ヲ馴染み、

「いこい 3 」


御常連 3 が集う一席なので、
DSC04240_20160103113927891.jpg
貸切状態でスタート


少々遅参した我杯、
DSC04241.jpg DSC04243.jpg
駆け付け三杯
ヲバチャンもゴキゲン


御常連 3 の集いとは言え、
DSC04246.jpg
我杯は少々モグリ気味なニンゲンなので、ヲ初なシト達も多い。

しかし、ヲ構い無しに、
DSC04249.jpg DSC04248_20160103120033539.jpg
今日も今日とて末廣を傾ける



「アンタ、末廣ばっかり呑んで、そんなに好きなのかい」
(↑ ヲバチャン)


…ウソだろうがっ。

これしか置いてないやんけっ



ここでも始まる、
DSC04250_201601031207575dd.jpg DSC04251_20160103120758762.jpg
カラヲケ大会


…また、皆さん歌が上手なんだなぁ…


…まあ、それでも我杯が一番に上手だという確固たる自信があるがねッ !!
(↑ どぅくし )


皆さんがコブシを震わせる中、
DSC04253_201601031208003f2.jpg  DSC04258_20160103120924724.jpg
我杯はここぞとばかりにスキヤキの鍋を突きまくる。



今宵のスペシャル・ゲストはモチロン、
DSC04255_20160103113929fd6.jpg
鬼怒川 太郎 3 である。

今回も持ち歌を惜しみなく大熱唱である


そして、もう一方。
DSC04244.jpg
下山 けんじ 3


太郎 3 と一緒に鬼怒川で熱い声を響かせる歌い手 3 である。


けんじ 3 、ステージに懸ける熱い思いなど、色々と聞かさせて頂いて有難うゴザイマシタ。




…因みに我杯、けんじ 3 に歌唱力を褒められたワイ。




呑み放題、という言葉はシトを狂わせる。
DSC04259_20160103120202d1e.jpg DSC04285-1.jpg
皆さん、コレデモカに杯を傾ける。
そんな中、我杯は去年の忘年会でも会ったチビッ子とドラゴンボール話で盛り上がる。
(↑ ははは)


…チビッ子の中で我杯はすっかり「ドラゴンボールのヲジサン」として定着しとった…笑


一年の締め括りを迎えたマスターと
DSC04284.jpg
杯、ヲ疲れ様でした。




あ~、呑んだ !!



この日、ギリギリまで仕事してたので、また格別な一席であった。


…が、タマには早めに帰還し、翌日に余力を残そうと殊勝な心構えでいたのだが、



…結局この日、最後まで居座っていたのは我杯。
(↑ ぎゃふん)

2015こぼれ話 年末忘年会攻勢 その1 ~幸手・友~

バカモノ・ブログを御覧の皆さん、


kadomatu.jpg1003.jpg

2016、謹賀新年 !!



新年、明けましてヲメデトウございます。

「酒場逃亡記」、今年もヲバカな内容でユルユルと酒場巡りをして参りますので、程々にヲ付き合い下さいませ !!




元旦早々、早速に毎年恒例の「元旦呑み鉄ツアー」を敢行して参りましたが、近年稀に見るバカモノ道中となり…笑



その内容は近日公開 !!




その前にやはり恒例の「2015こぼれ話」の御紹介。




…が、実は我杯の「時が止まってしまった」のであります…



我杯が長年愛用してきた超絶念動携帯通話機「ラ・ムーの星

その内臓基盤がプログラムの不具合により、2015年11月31日23:59(フタサンゴーキュウ)時より先に進まなくなってしまった。


時刻表示は復帰したものの、カレンダーは「2015年」のまま…




…まあ、この携帯電話も異例の長寿だった。

2、3年で壊れる(ようになっている?)のが普通らしいが、コヤツは2007年1月から我杯のパートナー。


以来、圧壊や水没などの災難に幾度なく見舞われながらも、その危機を乗り切ってきたが…。




かなり名残惜しいが、近々機種交換に行こう…


日時が進まないのでは流石に限界…。



「…フハハハ…違うなァ、このマヌケがァッ !! 」
dio
「貴様の時を止めたのはこのDIO、『ザ・ワールド』の能力よッ !! 」


…なるほど。

「ザ・ワールド」ですか…
(↑ キンキン。あとクスダ)



さて。

日時ドコロか、思考が停止している我杯、2015年の年末に方々の居酒屋 3 から忘年会のヲ声を頂戴し。


今回は幸手「友」での風景を。


ママ 3 御自慢のヲ料理の数々
DSC04197.jpg DSC04198.jpg
ヲ刺身もさることながら煮物系は独自の、実に絶妙な味付けであり、他店では出会えない感動に出逢えるのである。



コチラの、
DSC04201.jpg
ゴロンゴロンの里芋は、この画像だけでは決してヲ伝え出来ない味わいに包まれていて。


このヲイモちゃんのせいで進んでしまったのが、
DSC04203.jpg
微濾過 桶出 (新潟県・加茂錦酒造㈱)

DSC04202.jpg
(我杯的に)ピリリ、とした味わいが舌上のヲイモちゃんの旨味を洗い流す。



冬の時期、「友」に来たなら外せない一品の、
DSC04205_20160102230214022.jpg
モツ煮込み


…いまだにこの味を解明出来ヌ…


様々な隠し味があるのは分かるのだが、それはママ 3 の高度な技法によって絶妙の領域で調和。


新鮮なモツは柔らかく、ツルツルと口中にて舞う。



…まあ、四の五の言わずに、この味を素直に楽しませてもらうのが「幸福」…。



また、別件にて潜伏。


つきたてのヲ餅をくれると言うのでノコノコ


と、ママ 3 がイキナリ、


「ネギ焼酎、呑んでみる???」


…ん???

ネギ焼酎 !?


ああ~、知ってる !!


ムギ、イモよろしくネギで醸した焼酎でしょ???


「違うわよ」


…と、ママ 3 が差し出した一杯は…
DSC04602.jpg


何と、そのまま、
DSC04603_201601022302171b0.jpg
ネギがブチ込まれている !!



焼酎に漬けたネギをヲ湯割で。


かといって、ネギの青臭さは無く、独特の味わいにて傾けることの出来る一杯。



しかも、ネギの効能・作用だろうか、心なしか身体が奥底からポカポカと…。




ヲ通しで供された、
DSC04604.jpg
タラコちゃん の塩っ気でネギを愉しむ…


胃は暖まると元気になるので、
DSC04605.jpg
肉豆腐 で更なる活力を得る。


…牛肉だわ…
(↑ 口にするのは年に数回…凹)



ところでコチラの「友」に集う御常連 3 の皆さんは、
DSC04208.jpg
カラヲケ大好き


採点機能で高得点出したシトには、ママ 3 から一杯ゴチソーになれる。




…ヲヤヲヤ…。

そんな事して、いいのかしら???


「ビブラート・マスター」の異名をとる我杯なら、毎回タダ酒ですぜ???




…どれどれ…





…。




…何ィッ !?



点」 !?



ヲかしいやろっ !!



やり直しやっ !!




…ぃよ~し、待て待て…。


一番のヲハコで臨んだるっ。



…ええ~と…ギンガム…ギンガムチェ…






…今年もこんなんです。

宜しくヲ願い致します…

« »

01 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login