酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ ~何度目の失態か~

スパゲッチィって、便利な食材ですなっ !!



調理も簡単だし、食べ応えあるし、何よりも様々な味付けが手軽に楽しめる !!



思い付きでこさえた、
DSC05486.jpg
チーズトマト和え


チーズとトマトの相性は言わずもがなでして。


軽く茹でたトマトを皮剥き、市販のケチャップにメルトダウンするチーズを和えて。


タバスコまぶしてパーペキ !!



うまた~ん !!

(↑ 本当に美味く出来たのです)


はたまた、
DSC05573.jpg
ピーマン・長ネギ・アサリの和風テイスツ仕上げ。


味付けは醤油にヲろし生姜を合わせたもの。


冷蔵庫で賞味期限寸前だった食材をサルベージ。


「コレは美味かんべぇ !!


…と、期待の大きさは空母・赤城級だったのだが、アサリの品質がサイアクだった。


殻がボロボロ、破片がコレデモカに混入していた。





せっかく味付けは成功したのだが、ザリザリ、ジャリジャリ、ゴリゴリ…。


…期待しただけに凹んだ…。




はい。


ヲ出掛けしない、出来ない、なんてな時には自宅呑み !!


今回も色々な「美人 3 」をヲ招き致しました



先ずは、毎度ヲ馴染み カーノさん の奥方、ルリ姉から頂戴した青森土産
DSC05861.jpg
八甲田おろし 大吟醸
(青森県・鳩正宗㈱)


…。


bandicam 2016-06-29 21-53-18-215
(↑ ちゃうねん )



…と、コレ、一度呑んでみたかった一本 !!
DSC05862.jpg
じょっぱり 吟醸酒
(青森県・六花酒造㈱)


それぞれ、いかにも青森らしい、辛口の味わい

 
キリリ、とした呑み口をジックリと頂戴しやした。
(多謝、多謝 !! )



毎度ヲ馴染み、福島は会津の植木屋酒店 3 の頒布会、
DSC05634.jpg
天明『坂下山田』 植木屋限定熱酒急冷
(福島県・曙酒造合資会社)


酒米で有名な「山田錦」を地元で栽培し、醸された一本
DSC05637.jpg
ピリリ、とした余韻が心地良い…



ところで皆さん。

我杯、「アレ」をやってみますた。
DSC05638.jpg
アボカド。


アボガド じゃねぇーし。
アボカド だし。



で、このアボカドを醤油につけて食すと、
DSC05639.jpg
刺身のトロの味になるっつー !!


元々アボカドは、ものスゲー脂を含有した食べ物。



この脂が大トロのソレにクリソツなんですよ。


フェイクとは言え、その旨味を彷彿させるのは間違いなく。


…我が心中に何故か「大勝利」の文字が躍った夜…。
(↑ シアワセモノ)



頒布会6月分が御到着
DSC05852.jpg
山の井50
(福島県・会津酒造㈱)


DSC05853.jpg
黒いラベルがシヴくてカッチョヨス

DSC05854.jpg
今回の頒布会仕様は、酒米「五百万石」を50%磨いた一本。


色々な食材に合う、愉しい味わい。
DSC05856.jpg
今、色々と試しながら傾けています



さて。

このブログを御覧の皆さんなら、


我杯はバカモノである


…事は とっくに御存知とは思いますが。


今回、特にヲバカな事を仕出かしました




ある日。


自宅で杯を傾けながら、ツマミを物色していたのだが、これといった物が無い。


とはいえ、わざわざ買い物に出掛けたくなかった。


…すると、実家からせしめてきた「湿気ったヲせんべいが出て来た。


…何でもエェわい。


湿気っているのなら、その水分を飛ばせばよい。


我杯はそのヲせんべい をヲーブントースターに放り込んだ。


1分も要すまいが、その間に明日の朝食の準備にと、洗米を開始


ジャブジャブジャブ…ジャバダバダ

白いシャツにスーツ 身嗜みはいつだってキメなくちゃ…

(↑ )


…朝食はともかく、昼食のヲカズは何にしようかしら…。

またぞろ魚肉ソーセージとキャベツの塩コショウ炒めが無難かしら、それとも焼きにk…




ボンッ




…ぼんっ… !?


音のした方に目を向けると…


なんと、ヲーブントースターから信じられない量の黒煙が噴出しているじゃあ内科 !!
gzgz gzgz gzgz gzgz gzgz

jojo
な、何じゃと~ !?

大変じゃ !!

報知器が鳴っちまう !!

部屋に煙のニヲイが染み付いちまう !!

上下左右にヲ住まいの皆さんにゴメーワクが掛かっちまう !!


いや、そもそも、


火事になっちまう !!




1秒にも満たない瞬間にそんな事が脳裏を駆け巡る…。



以下、脳内寸劇。


「燗長 !!
yamato
燗内より出火 !!

箇所は…台所のヲーブントースター !!

現在、トースター内から相当量の黒煙が発生している模様 !! 」



「ダメージコントロール !!
yamato
隔壁閉鎖 !!

電源プラグ、パージ !!

漏電による停電を食い止めるんだ !! 」




「…ッッッくっそ~ッ !!
bandicam 2014-04-13 16-59-00-391
まだまだローンが終わってないんだぞッ !!

全燗、消火体勢に移行ッ !!

全力で消火に当れッッッ !! 」



「機関室 !!
yamato
全部屋の換気扇をフルでブン回せ !!

ファンのモーターが焼き切れても構わん !! 」



「機関長 !! これ以上何かを焼き切らないで下さい !!



「副長 !! こちら、消火班 !!
yamato  
鎮火に成功 !!

煙が引いていきます !!
(↑ 大安堵)

…あ !!


こ、これが火元の…

DSC05857.jpg
ヲ…ヲせんべい…???


一体なぜ、湿気ったヲせんべいがココまで真っ黒クロスケに…???」




「…副長。

出火の解析と原因特定、完了しました。


ヲーブントースターに放り込んだヲせんべいの袋に、その全てが記されていました。


コチラです」

DSC05870.jpg
「…『油菓子』…だと???」


「はい。そのもの、です」
yamato
「即ち…短時間ながらも加熱した為に少量とはいえ、

含有された油が発火した、という訳か…

…これは…つまり…」


 
「はい。


やっちゃイケナイ事をやっちゃった



…という事です」




ikari-1.gif
batubyou.jpg

馬ッ鹿太者ヲヲヲ~ッ !!


「何をやっちゅうがか、このバカチンがァァァ~ッ !!



万が一、何かあったらヲ隣り 3 に何と申し開きするつもりだッ !!

隣の奥 3 、石田ゆり子 様 に似てて美人なんだぞッッッ !! 」


「燗長、仰っている意味がよく…



…サイワイ、小火にもならない小事で食い止めたのだが、いやはや、本当にびびった !!



この騒ぎで転居以来愛用していたヲーブントースター「灼熱くん」は轟沈。
gzgz gzgz gzgz gzgz gzgz


我が宅に配備した家電から、第一号の戦線離脱となってしまった…。


短い間ながらも、ひたすらにパンを焼き続けてくれた「灼熱くん」に、
bandicam 2014-03-15 23-15-12-252
敬礼 !!





皆さんも、ヲーブン、いや、油菓子の取扱には注意して下さいね !!

それでは毎度ヲバカな酒場逃亡記、今回はこの曲でヲ別れです。


また来週~




何度目の 失態か ???

数えてはいないだろう

気は沈み また落ちる

繰り返しの毎日

何か
(常識を)忘れてる…凹



居酒屋ルール ~栗橋・のまっしょ 元~

いつもヲ世話になってヲります。

いよいよ蒸し暑くなってきましたな。



帰宅後、速攻で入浴するが、肌の「ヌタヌタ感」が、何とも不快…


一応、無味無臭でいる筈の我杯だが(笑)、もしや、気付かないトコで異臭を放っているのでは !?

…と心配になり、より丁寧に身体を洗うように心掛けているのだが。


ところが、「もう一人の我杯」と呼ばれる 福山雅治アニキ は、石鹸やボデーシャンポーの類は使用せず、ヲ湯だけで身体を洗っているという。


何でも、ニンゲンの皮膚表面には確かな「自浄作用」があり、過度な石鹸やヲいでシャンポーはこの作用をも洗い流してしまうので、皮膚へのダメージが増えてしまうのだそうだ。


…成程


ならば、と思い試してみた。



…が、二日目に全身から異臭が立ち込めた !!



先ずクサイし、肌に触れた際の「ヌタヌタ感」は、信じられないレヴェルでの不快感 !!



本気で「死ねッ !! 自分 !! 」と思った…。



しかし、何故だッ !?

もう一人の福山アニキである筈の我杯に、どんな決定的な差があると言うのだっ !?
(↑ 大どぅくし)



皆さん、こんにちは。


愛だけは忘れたはずのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


多分に漏れず、勤め先の仲間からヲ酒好きで名を馳せる我杯。


そんな仲間内から、

「美味いイカワタ料理を出す店があるんス

行きませんか?」



…なんて、実に有難いヲ声掛けを頂戴し、実に !! 実に珍しい地元ロケ、

栗橋駅

…へと赴く


この栗橋、遥香な昔は宿場町として栄えた場所であり、その歴史は古い。


古い町には昔ながらの居酒屋が…


…と思うが、衰退化が顕著な実に残念なロケである。



…とは言え、全く何もない訳ではない。


我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を駆り、指定された一軒へ向かいちみヲん。


駅から徒歩2分。
DSC05471.jpg

のまっしょ 元

…が明るく店を構えている。


地元とはいえ、我杯は初潜伏。


こじんまり、としたヲ店だが、店内はほぼ満席状態、家族連れなどで賑わう at Home なイキフン


小上がりに座した我々、早速に杯を合わせる
DSC05474.jpg
我杯はモチロンの黒ホッピー。


「…ホッピーって、何なんスカ???」


今回の共犯者、ミサヲちゃん は我杯に質問を投げかける。


…。


…ホッピーって…何なんスカ…だと…???



…。





jojo
「ギャ、ギャニィィィ~ !?

なんじゃと~ッッッ !?

大衆居酒屋にて必須の一杯であるホッピーを知らんじゃと~ !? 」



「ええ、初めて見ましたよ」



…Holy shit … !!



…だが、これこそいい機会じゃよ~。


ホッピー呑んで新たなる幸せを感じるのじゃ !!


はい、ホッピー、うれピー、よろピクね~♬
(↑ )




ところでこの「のまっしょ元 3 」、メニューの取り揃えが充実
DSC05475.jpg
炙り〆サバ

…が秀逸




刺身のメニューが豊富だったので、
DSC05476.jpg
アレやコレやと頂戴したが、

DSC05477.jpg
…。

…はて、これらの皿は何の刺身であったか…???
(↑ 忘れてやがる)


…あ !!
届きましたYO !!


今回の一席は発起人、ショーちゃん がこの一皿を食べたいが為に開催されたもの。
DSC05478.jpg
イカのワタ炒め


ウムム !!

確かにこの味はヲ酒によく合う !!



この旨味を更に昇華させる為に、
DSC05480.jpg
高清水 生貯蔵酒


…を摂り込む


焼き物もシッカリとヲーダー
DSC05482.jpg
串焼きセット

…は一人では決してヲーダー出来ないボリューム
(↑ 普通、一人ではヲーダーしないが…笑)



店内のヲ品書きを改めてよく見たら、日本酒の品ぞろえも充実しとった。


「日高見」なんかも置いてあった。


我杯、初潜伏にも関わらず、マスターに、
hayaku-i-1.jpg
…のクレームを。

当然、マスター 3 は「何のこっちゃ」な表情である。



散々に高清水空けてたが、まだ間に合うとばかりに、
DSC05484.jpg
萬代芳 特別本醸造生
(会津・白井酒造)

…をば、ダメ押しの一杯に


ところで、今回の共犯者、ミサヲちゃん とショーちゃんが実に頼もしい。


年齢は我杯より遥香に若いが、しっかりと「居酒屋マナー」を心得ている !!


そう !!


バイトの女の子にしっかり「ヲヤジ的アプローチ」を仕掛けていたのだ !!


「え~? 今、高校生?」

「部活は何やってるの~?」

「カワイイね~。彼氏いるの~?」



このように、居酒屋に於いて最も重要な事は、


酔っ払いヲヤジは、女の子みたらニコニコすること !!



基本をしっかり抑えたこの二人、実に将来有望である !!
(↑ 本当かぁ )




「今度、(我杯が行くような)ヲ店に連れてって下さいよ」




…なんてな頼もしい発言に、嬉し涙がチョチョ切れる…


次回の居酒屋巡りを確約し、今回はヲ開き


帰途。



我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を自宅まで走らせる。


1、2度角を曲がれば、あとは田んぼ道を自宅まで一直線の安易なルート…


…の筈だったが、ここで我杯は天性の方向音痴ぶりをまたもや大発揮。


真っ暗な田んぼ道を彷徨い、果てはシト様の庭先にまでウッカリ侵入してしまうバカモノっぷり。


ヲマケに真っ直ぐ帰還出来ていれば遭わなかったであろう雨にも祟られ、いらヌ被害を被ったのだった。




それでは、今回はこの一曲で皆さんとはヲ別れです。


酒場逃亡記、次回もヲ楽しみに~ !!



あたしバカよね ヲバカ 3 よね…

やっぱ、ダンマリ出来ませんわ ~24万3011票~

sykuyubi.jpg


…やあ、2年前に作った画像が日の目を見ましたわ…。
(↑ 大歓喜)



今回の獲得票数、実に24万3011票。



…逆さから読むと、


1位を さっしー に


…と読めるという奇遇…。

碧魂忌

2009年6月13日。



プロレスラー、三沢光晴 氏 の命日であります。




misawa.jpeg



…という記事を「当日」にアップしなきゃいけなかったのに !!


何だかんだ、身動きの取りにくい日が続いたので更新が滞り…




…なんてな言い訳はファンとして通用しないっ !!


我杯の「信心」が不足している、と言われても仕方のない失態っ !!



さて。


幾多の激闘を繰り広げてきた三沢氏であるが、我杯が特に印象深く記憶している試合がありまして。




平成10年10月31日、東京・日本武道館。

三冠ヘビー級選手権60分一本勝負。


王者・小橋健太に三沢光晴が挑む。

両者、強烈な技の応酬、激闘が繰り広げられる…。


そして、この試合の中で繰り出されたのは、三沢の断崖式タイガードライバーだった !!


タイガードライバーとは…


まず、相手をリバースのフルネルソン・ロックで抑え込む。
td-1.jpg

そのまま相手を宙空に引き上げ、
td-2.jpg


背面、若しくは脳天をマットに叩き付ける、三沢の必殺技である。
td-3.jpg
(↑ 実に便利な画像があったので拝借…笑)


ただでさえ危険なこの技を、この試合ではリング・エプロンから場外マットへと敢行したのである !!


エプロン、てのは、
o0640048010492419823.jpg
リングのロープ外側のスペースである。

そしてリングマットから床面までの高さは(団体によって異なるらしいが)、約120cm。



この高さから、三沢は小橋を場外に叩き付けた !!




場外床面にはマットは敷いてあるものの…




まさに戦慄。




このような激闘・死闘を、三沢は幾度となく我々の記憶に残してきた。



…そして、いつからだろうか、
我杯はそんな激闘を目にする機会から遠ざかってしまっていた。



それから、我杯の中から何か、「生命力」が薄れていったような感覚になった。


何か力が発揮できない。


底力の「底」が浅くなってしまったような。



「闘い」とは、相手に勝つこと。


転じて、自身が生き残るという、生への執着ではないだろうか。



だとすれば、我々は三沢の試合を通じて「生きること=命」を感じていたのだ。




…そうか、そんな試合を目にする機会が無くなったから、どうにも元気が無くなってしまったのかしら…???



「命」を取り戻す為、久々に後楽園ホールにでも乗り込もうか…。



ありがとう、三沢光晴。


今更ながらに我杯は、あなたの闘いから「生きる」というテーマを学んでいたことに気付きました。







 
偉大なるレスラー

三沢 光晴よ

永遠なれ !!


…よく呑んだなぁ(驚) ~一ノ割・大衆割烹 やまよし、鮨処 銀座 福助~

いつもヲ世話になってヲります。


いやあ、皆さん、ヲ久しぶりです


ここしばらくの間で「言いたい事」は山ほどあるのですが、それは順を追って



ここ最近、


実に惜しいィィィーッ !!



…っつー事がありましてな。


何がって、

この度、理化学研究所の 森田浩介教授 率いる研究チームによって、113番元素が発見され、その名称が


ニホニウム


…と命名された件。


product_img_f_15145954.jpg
(↑ ははは。こんなの売ってるんだ)


新たなる元素がアジア地域で発見・命名されるのは初であり、今までにない快挙である、との報道だが…




…しかし !!


何故 !!


その命名が、


ジャパニウム



…でなかったノカ !?



もし、ジャパニウムであったなら…ッ !!




超合金Z の精製と、光子力エネルギー の抽出が出来たものをッ !!


そして、


この堅牢なる超合金Zに身を包み、光子力で動くロボットが産み出された筈ッッッ !!



操る者は神にも悪魔にもなれる、そのロボットこそ !!



空に聳える鉄(くろがね)の城 !!


スーパーロボット !!
mazinger-z.jpg
※…「マジンガーZ」は架空の鉱物「ジャパニウム」から開発された、という設定。

だからこんなに大騒ぎしとるの…笑



はい。

次はいよいよゲッター線の発見に期待を寄せるバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。





さてさて。


我杯がちっぽけな生涯を掛けて求道する「とある武道」こと、合気道。

その稽古仲間である人間大吟醸こと、盛 3 がめでたく昇段。



我杯もその昇段に少々関与したので、これは祝いだと、集合

毎度ヲ馴染み、

一ノ割駅。


一ノ割駅といえば、
DSC05431.jpg

やまよし


もう、我杯はこの一軒に惚れ込んでしまったのだな。





で、今回は呑兵衛が3人集まって、かなりの量の杯を傾けたモンなので、それをご紹介




先ずに供されたのは、
DSC05432.jpg
満寿泉(ますいずみ) 純米生
(富山県・桝田酒造)


更には、
DSC05433.jpg
天穏(てんおん) 『馨』 辛口純米
(島根県・板倉酒造(有))


…を、まとめて頂戴する。


それでは、
DSC05434.jpg
昇段、ヲメデトウございま~す
(↑ しっかし、盛 3 って歯並び良いよなぁ…笑)

もちろん、「とある武道」の筆頭家老である T.Kura 3 にも御参加して頂き、小上がりに布陣。


盛 3 、「やまよし」潜伏はヲ初


このメンツ、ヤマトがいちいち波動砲ブッ放す位に頼もしい
yamato_03.gif


毎度ヲ馴染みのバラエティ・ヲ通しを皮切りに、
DSC05435.jpg
今宵の宴は始まる。


マスターのヲススメで、
DSC05436.jpg
長崎県産・シマアジ刺身

…をヲ酒のアテに。



ジャンジャカ持って来てもらった…笑
DSC05437.jpg
豊久仁 純米吟醸 ひやおろし
(福島県・豊国酒造)


我杯が前回に潜伏したときにも登場した、
DSC05438.jpg
宙狐 かすみ純米
(岡山県・(有)田中酒造場)


…が次々と。

DSC05439.jpg
盛 3 はヲ酒に造詣が深いので、色々と話を伺いながら杯を傾ける。


DSC05440.jpg
その日の白和え

…はまさしく「その日」によって和え物の中身が変わるので、毎回違った味わいが楽しめる。




…んんん !?


デジカメにはまだまだ取り込んだヲ酒の画像が残されていた。
DSC05442.jpg
月中天 無濾過 純米生原酒(山廃仕込)
(香川県・西野金陵㈱)


トドメにマスターイチヲシの、
DSC05444.jpg
手取川
(石川県・吉田酒造店)


…が、我々の卓上に運ばれてきた。



「…ヲ…。あのメニューは美味しそうだねぇ


流石は人間大吟醸の盛 3 。

「やまよし 3 」初潜伏ながらも、抑えるべきポイントは御理解していたようで。


毎回、我杯がシメで摂り込む「団子ツミレ汁」に、
DSC05445.jpg
うどん を合わせてシメの一品とする。


…今回の記事を書きながら気付いたのだが、


スゲー呑んだな !!



いくらヲ酒好きの集まりとは言え、コンナに呑んだら…




酔っ払っちゃうよ !?


(↑ 何だ、今更)


やまよし 3 、毎度の深酒、有難うございましたです。




さて。


盛 3 、調子が上がってきたようなので、二件目に潜伏


盛3に連れられて、春日部駅は東口から徒歩6,7分てなロケに、
DSC05448.jpg



DSC05449.jpg

鮨処 銀座 福助


…はありました。


小粋な暖簾を潜り、カウンター席に着陸



DSC05457.jpg
酒場逃亡記初、鮨屋呑み !!



さて、何を頂戴しやしょうか
DSC05450.jpg
ふーむ、ふむふむ…

豊富な品揃えの中から、我杯は 〆張鶴をチョイス(…したと思う)。


盛 3 は何をヲーダーしたんだべか。
DSC05454.jpg
はい、ぱんぱ~い


二件目でも日本酒攻勢…笑


供されたヲ通しは、
DSC05451.jpg
ホタルイカでゲソ

柔らかな味付けが嬉しいじゃなイカ


目の前のケースに並ぶ、
DSC05452.jpg
美しいネタの中から、

我杯の大好物
DSC05455.jpg
カツヲ刺身

…をチョイスしてくれるトコ、流石は盛 3



しかし、悲劇が !!



この、美しい輝きを放つ、
DSC05456.jpg
エビの刺身を我杯は口に出来ない…凹
(↑ 我杯はエビのアレルギー持ち…泣)


気を取り直してヲーダーするは、
DSC05458.jpg
厚焼き玉子 !!


見て見て !!

この鮮やかなイエロウ !!


モチロン、出汁の効いた味わいが美味いヤロウ !!



コチラの「福助 3 」、
DSC05460.jpg
「とある武道」のヲ歴々の皆さん、優しい優しい道場長や、長身・イケメンで声と足のサイズがデカい若先生も潜伏されとるそうで。


…我杯も「ヲ歴々」の中に名を連ねたか !? …笑




潜伏したのは22時近くだったが、店内は満席状態


カウンター内にて忙しそうに動き回る板長 3 が実に気さくに話をしてくれる方。

この明るい人柄が多くの集客力の秘密なのでしょう



ヲ寿司はせいぜいスーパーのパック物な我杯だが、タマにはカウンター席でツマむのもいいかも。


ゴチソーサマでした !!



盛 3 とヲ別れして帰途へ
DSC05461.jpg
春日部は東口の方が何か「趣き」があるような気がしますな。


…ひょっとしたら、まだまだこんなヲ店がまだ他にもあるかもしれません


そんなヲ店を探して、もう少し歩いてみようかと思います !!


それでは !!




…なんて、 吉田 類 先生 みたいな事は出来ない。


帰宅後、気付いたら夜中の3時だったか…。


居間で大の字、ガビガビ状態。
gzgzgzgzgzgz
(↑ 毎度毎度…)

スマホ ~幸手・玄海~ Ver.1.01

スンゲ~ヒサブリに根城の玄海へ。


DSC05741.jpg
「根城」とか言っときながら、数ヶ月に一度みたいなペースに成り下がり、もはやヲ店の常連とは言えヌ有様…凹


この日は少々蒸し暑い日だったので、
DSC05733.jpg
特製レモンサワワがいつもにも増して胃袋に流れ込む。


DSC05734.jpg
自家製きんぴらをつまみ、


刺身が美味しい玄海だが、今回は、
DSC05736.jpg
豚バラ串

…を頂戴する。

DSC05735.jpg
大きい。


食べ応え、十二分。



串焼きの脂をサワワで流していると、
DSC05738.jpg
御常連 3 が続々と終結

ヒサブリに杯を合わせ、落ち着いた一時を過ごした…



…筈だった。





帰途。



暗くて細い車道脇の歩道。


向かいから自転車が来た。




狭いとは言え、すれ違うには充分なスペース。


…だったのだが、向こう 3 、直前でコチラにフラついてきて、見事に激しく衝突。



向こう 3 、激しく転倒


その時、相手から光るものが放り出された。


スマホである。


若い女性。


暗い中、スマホ見ながら自転車こいでいたのだ。



「スイマセン !! 本当にスイマセンでした !!



少なくとも我杯にケガはなく、向こう 3 は平身低頭。



このまま人の来ないトコへ連れ込むことも可能だったが、
(↑ どぅくし )
フェミニストな我杯は
女性を気遣いつつリリース(笑)。


この時、たまたま視聴した「とある番組」が脳裏を過ぎる。



それは、

「人の気持ちを数値化する」

…といった内容。



人の感覚(触覚、嗅覚、味覚、視覚、聴覚)を機械で分析、数値化する技術が発展しとるそうだ。


例えば、ある航空会社は機内で提供するコーヒーが、多くの乗客の嗜好に合うように、酸味や苦味などをバランスのとれた配合にしているという。


この味覚を計測するのがとある機械装置だそうで、要は、シトの味覚ではなく、機械が弾き出した味覚データが、実際の一杯にフィードバックされている。




また、とある企業では、社員のモチベーションをスマホのアプリで計測し、事業の効率化に役立てている、というハナシも紹介していた。


スマホアプリが自身の今現在の「気持ち」を数値化してくれるという。


「調子がいい」とか、「イマイチ不調」とか表示されるのだ。



それを見て、

「アレ !? ヲレ、いま調子いいや !! 」

「アタシ、今、不調なんだって !! 」


はしゃぐシト達が映し出されていたが。




 
「…。
bandicam 2015-05-12 20-08-18-865
…やれやれだぜ…。

とうとう自分の気持ちまでスマホ任せ、ってワケか…」




今や、スマホが手放せないシトは数多く。


年中、スマホいじくり倒してるんじゃあねぇよッ !!




…なんてなコトは言わない。


気が済むようにクリクリとヲやんなせぇ。





…少し話は逸れるが。


ここ最近で、一番に心を動かされた場面。





…この画像を目にした時、我杯の中で、何かが


氷解


…したような感覚になった。



勿論、戦争は伝え聞いたものでしか知識はないが。



日本人として、「何か」が理解出来たような。



そんな気持ちになったのだが。



周辺のニンゲンも異口同音に。


これは、きっと、日本人ならではの
「何か」であったと思う…。



さあ、果たして便利な便利なスマホアプリ 3 よ。



こんな微妙な気持ちまでデジタル数字に変換して、目に見えるようにしてくれるのかい…???



「この渡世…
hujitora.jpg
見ねェで済むモンと済まねェモンの分別…

キッチリとつけなくっちゃあ、いけねェんじゃあねェですかい…?」

(↑ 藤虎 !!

近年目にしたキャラの中でダントツにカッコイイ !! )









…なので、我杯はスマホ大ッ嫌いです。

春の呑み鉄2016 後篇 「焼き肉手掴み篇」 ~木更津・三考、新橋・赤札屋~

献血したんですよ


暫らくしたら、検査結果の通知が送られてきてですね


さぞかし、グズグズな結果が出たのだろうと思いきや、予想に反して、実にクリアな健康体 !!




…やっぱ、アレかしら。
毎日呑んでる「杜仲茶」が効いているのかしらん。



理由・理屈は分からないが、まあ、これだけ呑んだ暮れて、健康を保てているのだから、有り難い。




「変なモノ」も混入してなかったみたいだし…
uss.gifuss.gifuss.gif



「犬の名前は ペル なんですよ」


そんなコトをブツクサ言いながらの「春の呑み鉄2016」、その道中もいよいよ後半戦。
DSC05395.jpg
散々に小湊鉄道を遊びつくした我杯と カーノさん 。


帰途にて、

木更津

…へと降り立つ


何でも、 カーノさん が事前リサーチしていた、
DSC05411.jpg
コチラの一軒が実に良さ気だったらしいのだが、店内を覗いたら既に満席 !!



地元の御常連 3 だろうか、夕方の少々早い時間、かなりメーターを上げていた。


残念ながら立ち入る隙がなく撤退…



この一軒があった通りには、
DSC05412.jpg
チラホラとソレっpoidなヲ店が

DSC05413.jpg
軒を連ねていたが、


流れ付いたるは、コチラ、
DSC05410.jpg

三考


ラーメン屋 3。




…。



…過去、ラーメン屋で呑んだ覚えがないわ?

もしかして、ヲ初だったかしらん !?


暖簾を潜ると、
DSC05402.jpg
地元の御常連 3 と思しき 先客 3 が やはり いい感じ。



さてさて、
DSC05403.jpg
何を頂きやしょうかね。

やはり、ラーメン屋呑みと言えば、
DSC05404.jpg
ギョーザは欠かせないでしょうか

はたまた、
DSC05405.jpg
野菜炒め

…も外せない


まあ、とにかくヲ疲れ様でした。
DSC05400.jpg
ぱんぱ~い


ヲ茶割にてギョーザ、野菜炒めの旨味を洗い流す…



串焼きもウリだったようなので、
DSC05406.jpg

DSC05407.jpg
アレやコレを。


豚バラネギ間串、絶妙なる塩味加減が杯の傾きを加速させる。



ヲ茶割りから、
DSC05408.jpg
コチラへ移動


…阪神のユニフォームを連想…笑



酸味の効いた一杯で、
DSC05409.jpg
ラーメン屋呑みを制覇、木更津、千葉を後にする…




総武線で土屋アンナばりのランウェイ。
(↑ ???)


山返し、其の2
DSC05416.jpg
木更津から一気に重力シンバシーへ到達

DSC05417.jpg
今宵、サラリーマンの聖地にてトドメを刺す !!


潜伏を目論んだ聖地『野焼』がまさかの休業日。




ならば、と潜り込んだるは、烏森ネ申ネ土スグ近くの、
DSC05423.jpg

赤札屋

DSC05422.jpg
店名が表すとおり、

DSC05424.jpg
とにかく価格破壊な一軒。

店内はほぼ満席


我々らしい、隅っこの席に案内され(笑)、
DSC05418.jpg
隅っこで



それじゃあ、今回の呑み鉄のシメ、一気に行くぞぁぁぁ~っ !!



完全に酔っ払った我々は、
DSC05419.jpg
ニラ玉鍋を食べている~ !!


このダシの効いた一品 !!
bandicam 2016-06-04 17-13-11-975
ストロングゥゥゥーッド !!


bandicam 2016-06-04 17-14-10-087
「ℤ✲✫❖㍻㍰쎪꓁꓂ !!
(↑ まだまだ !! と言ってるらしい)

DSC05421.jpg
天ぷら盛合せ !!


この、サクサクの歯応え !!
bandicam 2016-06-04 17-13-11-975
ストロングゥゥゥーッド !!


bandicam 2016-06-04 17-14-20-562
「ﺒﺆﺆﺈﺊﺇﺳﺥﺘﺗﺖ¢𠀣𠀤 !!
(↑ もういっちょいくぞ~ !! と言ってるらしい)


この赤札屋に来たからには、絶対に外せない一皿 !!
DSC05420.jpg
超絶大盛・スパゲティ・ナポリタン !!


優に4人前はありそうな分量だが、たったの380円 !!
(↑ 大驚愕)


非ッッッ常に !! 食べ応えのあるこのヲーダー。
シメに相応しい !!


今回の呑み鉄も !!
bandicam 2016-06-04 17-13-11-975
ストロングゥゥゥーッド !!


bandicam 2016-06-04 17-15-23-585  
「𠁀𠀲𠀕𠀓𠁅𠀫𠀬~ !!
(↑ 手掴みで焼き肉 !? なんじゃそりゃ~ !! と言ってるらしい…笑)



…この後、二人してチャトランは市川コン監督だとか、牛乳キャップとか、撲殺とか、何でヲレがやるんだよとか、市原悦子ゾウの国とか言いながら帰途に就く。




そして、これらに何の意味があったのか。


それは我杯と カーノさん 以外に分かる由もなく…。




…え???


毎回毎回、そんなコトでいいのか? ですって !?


それは…
imgf8ef4107zik8zj.jpeg
言わない ヲ約束~





終わり。

« »

06 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login