酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼68 ~ 北浦和・かつみ ~

素晴らしい特別編成が発進 !!
9_20170129164752ab4.jpg
(画像:毎日新聞ニュースサイトより拝借)

滋賀県の近江鉄道 様 が運行する「近江の地酒電車」が好評だそうです。



…そりゃ、そうでしょう !!



是非ともに乗車したい編成ですわ…




そんな訳で皆さん、こんにちは


いよいよの脂切れか、指先の赤切れがシドイ事になっているバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


指先にはコレデモカに神経が集中してるんですってね。


ちょっとした傷が我杯を苛む…



さて。


愛しの甥っ子怪獣・アニキとシャークサメザメな一時を過ごした我杯。
DSC07065.jpg
北浦和駅に降り立つ。

無敵のJR東日本はケーヒントーホクの停車駅にしては、

チョイと賑やかさには欠ける気も駿河。


茨城県五霞町の江川地区よりは遥かに明るいですな !!
(↑ あ~はっはっはっ !! )


駅東口より歩いてスグ。

パチンコ店脇の路地を入ったトコに今回のヲ目当て、
DSC07067.jpg

かつみ


…が薄ぼんやり、と提灯を灯す。

DSC07068.jpg
明るい大通りから脇に入った途端、薄暗い小道に…。

そんな場所に灯る赤提灯の、何とも言えない温もりを感じる…




早速に潜伏してみましゃう。

DSC07077.jpg
入口が2つあるんですね。


ドッチから入っても同じなのだが、強いて申さば、左側がカウンター席、右側がテーブル席スペースに通ずる。


首尾よくコの字カウンター席にへばりついた我杯。

先ずはの盃に埼玉帝國の銘酒、
DSC07069.jpg
梅の寿(小山本家酒造)

…をば、燗にて頂戴する。


酒燗器にて程よく温められた一本、コチラの「かつみ 3 」はこの銘柄一本で供しているそうです。


ヲっと、早速にやヴァいヲ品書きを見付けてしまった !!
DSC07070.jpg
酒盗のチーズ和え


…に、徳利を一気に空にされた


カウンター内を覗くと、
DSC07076.jpg
素晴らしいものがある。


モチロンにヲーダー
DSC07072.jpg
ヲでん

…が、徳利の追加を迫る。


今回、カウンター席を確保出来たのはサイワイだったか。
DSC07073.jpg
カウンター内のマスター 3 も交え、和気藹々と。



…内、一人の御常連 3 。


詳細表記は避けるが、



そこまでしてヲ酒を呑みたいノカ !?


…と驚嘆せざるを得ない在り方で。




…まあ、気持ちは分からないでも無かったのだが。


そう !!


例え、行く手に死神が待ち受けていようとも杯を傾ける !!


それが酒呑みの覚悟の顕れなのだ !!
(↑ )




浦和という都市の真ん中で、味わい深い佇まいと雰囲気を残す「かつみ 3 」。
DSC07078.jpg
平屋建て


とにかく感じるのは、ヲ店と御常連 3 が醸し出す「温かさ」でございましたわね。



来月から浦和にちょくちょく赴く用事もあるし。


これは必ずの再訪である。


その機会が今からタノシミである。






さてさて。


心身共に暖まった我杯であるが、せっかく出張ったのだ、もう一軒巡りましょう !!



…がそれは次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…

tbc.jpg

海のハンター展 潜伏記 Part 2 『サメちゃん、ネ申指名 !! 』~ 上野・磯丸水産 ~

年末から体調を崩し、咳、鼻詰まりが今もって復調しない…

風邪をひいた訳ではないのだが、何にせよこんな時には「寝薬」である。



なんて早めに床に就くようにしていたら、やはり効果が


「早寝早起き病知らず」てのは本当ですね !!



特に朝の出勤時に余裕を持てるのはいい !!


その空いた時間に録画した「酒場放浪記」とか観ちゃってる我杯。
(↑ 無駄無駄無駄ッ !! )



様々な海洋生物が展示された「海のハンター展」に潜伏した我杯と甥っ子怪獣・アニキ。


いよいよのメイン展示ゾーン。


タイトルにもある、「海のハンター」。



大海洋を悠々と泳ぎ、畏怖される存在… !!



それこそがッ !!





sakura-same-1.jpg
「サメ でぇす ♪ 」
(↑ シャンパンタワー634m)


いよいよのサメ展示には、
DSC07004.jpg
サメがウヨウヨ。
221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif


とりわけHammer Head Shark 、シュモクザメ 様 の異様さが際立つ。




このシュモクザメ 様 の鼻下?、赤囲みの部位、
DSC07003.jpg
ここには他の生き物が体から発する信号のようなもの?を感知する器官があるんだそうだ。


…。


毎回、こーいった展示やらを見て思うのだが、生き物ってのは実に不思議な存在であるな、と。


自身が生きる環境に、その身体の形状や機能を変化適応させて今日に及んだわけであるが。



…もし、原始に於いて発生した「生命」、その根幹が一つのものであり、そこから多種多様に分化していったのであるなら。



我々ニンゲンと他の生き物の「祖」は同じな訳で、それ即ち、持って生まれた物は同じ、とも言えるのでは。


となれば、我々ニンゲンにも、こーいった機能を有した器官が埋もれているのではないだろうか。


現に「尾骶骨」ってーのは、尻尾が退化した名残だというし。


「シトの気配を感じる」なんてのは、このシュモクザメのような器官の名残が働いている証ではないのでは…?




…話を元に



今回のメイン展示、ホホジロザメ 様 の液浸標本 !!
DSC07005.jpg
ずずぅ~ん。


全長3.2mの標本がその威容を現した !!



サメって存在は…
DSC07007.jpg
実に機能美に優れた、美しい存在なのだと気付かされた。


サメの象徴とも言える、毅然と立った背びれ、流れるようなフォルム、堂々とした躯体。



そして何より、
DSC07011.jpg
獲物に喰らい付く !!


その一点に特化した牙 !!


甥っ子怪獣と顔を見合わせて口にした。



「陸上に生まれてよかったネ」


…と。



DSC07014.jpg
サメの歯のヒミツ。



海底に潜むハンターと言えば、
DSC07025.jpg
アンコウ、やね。


…嗚呼、神よ。


何故、アナタはこのような造形を産み出すに至ったノカ…。



しかし、酒呑みの我杯には、このアンコウの展示でさえ鍋の具材にしか見えない…。


ヲヲカミウヲ 様 。
DSC07027.jpg
アタシャ、初めて知りました !!


この恐ろしい形相の正体は、
DSC07028.jpg
顔面全てがゴチゴチのキン肉マンだったからだと !!


獲物に喰らい付き、放さない為に大量の筋肉を搭載するに至ったのだという。



海洋の癒しキャラ、
DSC07030.jpg
マンボウ 様 。


成魚になれば、数mをも越す巨体だが、
DSC07031.jpg
やはり、元は小さな小さな小魚。
(↑ 甥っ子怪獣の手の平と比較)


マンボウの産卵は3億を越す数でなされるそうだ。
(↑ )


だが、成魚になるのはそのほんの一部だそうで、やはり大海洋とは厳しい世界だというのが理解出来る…。






展示の最終章。


海のハンターとは、サメだけではなく、漁業で海原に繰り出すニンゲンも含まれるのだ。



ニンゲンは海からの恵みに感謝しなければならない。




…というメッセージで締め括られた今回の展示だったが、
DSC07035.jpg
ハタ


…なんて高級魚を見せられたら、一度はあり付いてみたいと思う…。



今や、「海の黒いダイヤモンド」と称される、
DSC07034.jpg
クロマグロ 様


…を目の当たりにした。



我杯と甥っ子怪獣の脳裏に、同時に同じ欲求が生じたのはこの時だった。



「ヲ刺身が食べたいね」




そんな訳で会場を後にした我々は、
DSC07059.jpg

磯丸水産


…に辿り着いたのだった…笑



店内は家族連れなども散見され、甥っ子怪獣を連れて潜伏するには問題は無かった…
DSC07046.jpg
…のだが、店内には煙が充満。


それもその筈で、
DSC07048.jpg
酒呑みにはこのようなヲ通しが供され、各テーブルに配されたコンロで自ら網焼き出来るのである。


これは楽しい !!



…と思ったのは我杯だけで、このような居酒屋空気に免疫のない甥っ子怪獣は、この煙に目をヤラれ、
DSC07049.jpg
「ひ~っ


目を開いていられない有様に。




ヲヲ、これは済まなかった



ヲジちゃんは世の汚いものを目の当たりにし過ぎたせいで、これ位じゃ涙も流せなくなってしまったんだよ…



よし、先程の「マグロ欲求」を満たそうでは内科。


甥っ子怪獣には、
DSC07052-1.jpg
マグロ丼をあてがい、機嫌を直してもらう。


我杯は、
DSC07055.jpg
マグロメンチ


…なるものをヲ酒のアテに。



かくして、
DSC07060.jpg
知的、及び食の欲求を満たした我々は、上野の街を後にする。




…そーいや、この時に甥っ子が着用していたTシャツ。
DSC07063.jpg
その有様は、

DSC07062.jpg
山手線の車両のようだったワイ…笑





甥っ子を家に送り届け、さて、これからが「第2の本番」 !!




降り立ったるは、
DSC07065.jpg
北浦和駅ッ !!



この地にて ほっこり、な一時を過ごすのだが、これまた次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…







tbc.jpg

海のハンター展 潜伏記 Part 1

いつもヲ世話になってヲります。




毎度の上野。


今回は、
DSC06961-1.jpg
…なんてなのを開催しとったので、またもや甥っ子怪獣・アニキをダシにして開催最終日に乗り込んだ。


…そう、これは昨年10月アタマのヲハナシ…笑


会場内は超絶混雑 !!



シトゴミを掻き分け掻き分け、先ずはの展示に辿り着く。
DSC06962.jpg
ダンクルヲステウス 様

…の頭部標本にゴアイサツ


このダンクル、古生代、デボン紀と呼ばれる時代に棲息していた生物で、体長は最大6mほどだとか。
(↑ !! !! !! )

DSC06963.jpg
歯の形状に先鋭化した骨と、6t近くに達する凄まじい咬合力で、獲物を捕食していたという…。


さて、問題。
DSC06966.jpg
これは、カラモプレウルスクラドキクルスという魚類の化石標本なんですが。


一体、何がどうなってるか分かりますか?


実はこれ、カラモ…がクラド…を頭から丸呑みしたものの、クラド…が内側から相手を食い破って腹から飛び出した…

…という実に凄まじい有様だそうで。
DSC06965.jpg
想像図。


相打ち。


…そもそもで、自身と同じ大きさの獲物を丸呑みしようなんざ、無謀とか、そーいったレベルの話じゃないですな…。




さて !!
DSC06974.jpg
…と言えば、モチロンに「ピー助」 !!
(↑ のび太の恐竜)

DSC06975.jpg
その骨格標本を眺め、往年の名作が脳裏を過ぎる…


DSC06977.jpg
我が甥っ子怪獣・アニキも、リメイクされた映画を観ていたので、


「ほら !! これ、ピー助の骨だよ !! 」



我杯は喜々として伝えたのだが、


「…へぇ~、そうなんだ


…反応は薄かった…



DSC06976.jpg
周りのギャラリーも、「ヲ、ピー助だ」と口々に。


…いっそのこと、フタバ…は「フタバスズキピースケリュウ」に改名すべき !!



でた !!

頭上に現れたる、
DSC06972.jpg
カルカロドン・メガロドン


…の復元模型。


12.5m。


かつて、このような巨体を誇るサメが太古の海を泳ぎ回っていたという…
221031.gif221031.gif221031.gif


きっと、誤って海に落ちたゾウとかを追い掛け回していたに違いない
DSC02463.jpg
可哀相なゾウ。
(↑ 助けてち~ん)


並べられたサメの歯と。
DSC06981.jpg
一つだけ確かな事が言える。


それは、


こんな歯に噛まれたら、間違いなく痛い !!


…っつーことだぜッ !!
(↑ 威張る)



我々が食卓でも目に出来るヲサカナ 3 たちも。
DSC06983.jpg
「小骨、ジャマ !! 」なんて邪険に扱ってしまうが、こうして見ると、やはりヲサカナ 3 達も同じ「生き物」なんだな、と実感。




さて、また問題です
DSC06985-1.jpg
この平べったいヲサカナ 3 。


果たして「ヒラメ」か「カレイ」のドチラ !?



「正解はっ !!
nana-karei.jpg
カレイ、でぇす !! 」



…違います。

DSC06985.jpg
ヒラメ です。

目を上部に位置するようにして置いて、向きが左ならばヒラメ、右ならばカレイ。


…まあ、そもそもで大きさが違うらしいし(ヒラメの方が大きい)。



それにしてもタマタマなのか、居合わせた方2、3人と我杯が異口同音、同時に、


「うまそうだな…」





ペンギン 3
DSC06982.jpg
スゴイ胸骨だね。

どっかのヲ店の前掛けみたい。



…ヲ、我杯の大好きな分野、「深海コーナー」に突入ですよ
DSC06988.jpg
フウセンウナギ、サッコファリンクス 様 ですよ !!


大きな獲物を飲み込むと、腹が大きく膨らむからこの名前だとか。




ヲトコが物悲しい生き物だってのは、シトもヲサカナも同じのようだ。
DSC06989.jpg
ビワアンコウ


「ヲス」とあるのは、他でもない「♂」。

そして、デカイのが「♀」。


彼らは、繁殖時にメスの身体に取り付き繁殖していくのだが、役目が終わったヲスは何と、


メスの身体に同化・吸収されてしまう


…のだとか。



何とも切ない生き様ではないか…



はいはい、毎度ヲ馴染み、
DSC06992.jpg
ラブカ 様



モチロン、サメの仲間なんですよ






何だかエライ威容を誇る展示が
DSC06994.jpg
ミナミゾウアザラシ



デカイ !!


「マツツネのヲバちゃんに似てるね…笑



甥っ子が腹を抱えて笑う。


このヲバちゃん、我杯の実家に傍若無人に上がり込んでくるというシトである。
(↑ 迷惑してるのだが、当人は全く意に介していないからタチが悪い)



だが、そんなヲバハンよりか、
DSC06995.jpg
バナナマンの日村 3 に似てるとも思ったのだが !?
(アハハハハ)






さあ、やっぱり「好きな分野」なので、キリが無い !!



このままいくと、あと8万文字は打ち込まなきゃいけなくなるので、今回は一先ずココまで !!



ほな皆さん、よいヲ年を~
(↑ ???)



tbc.jpg


大逃亡2016 最終公演 『未来はいつも思ったよりも…』 ~ 新潟・ぽんしゅ館 ~

合気道、稽古初め !!


我杯的に今年最初の稽古に参加したのだが…。


…身体、重てェ…




準備運動だけで地獄に突き落とされたかのような苦しみを味わう。




いかに、年末年始に不摂生していたかが、如実に表れてしまった… !!


しかも、道場の新年会にて、我杯は「奉納演武」の大役を仰せつかっている !!



新年早々に大ピンチ !!





これを切り抜ける策は…



…無い !!




大逃亡2016「NGT篇」、感動の最終回…笑


新潟市内観光やら、ヲモチャやら、果てはこっそり新潟の皆さんの劇場まで観て歩いた我杯。


いよいよ帰途に就くべく、新潟駅にアシを向け
DSC06853.jpg


ヲヲ、そうであった

日本酒の試飲イベントやっていたのであった。


モチロンに引っ掛かる
DSC06812.jpg
コンコースの両脇には、


DSC06811.jpg
様々な「美女たち」が並び立つ


DSC06810.jpg
我杯は本能の赴くまま、


DSC06809.jpg
その一つ一つに丁寧にゴアイサツ


DSC06808.jpg


DSC06807.jpg


DSC06806.jpg
そのどれもこれもに特徴的な味わいがあり、まあ、こりゃ、タマリマセン


では、「ぽんしゅ館」に潜伏しましょう。
DSC06816.jpg
ぽんしゅ館


新潟県内、93蔵の酒蔵 3 の利き酒が出来る夢のような場所。



受付にて500円支払うと、コインを5コと小さなヲ猪口をくれる。


そのコインをこの試飲機に投入すれば、
DSC06817.jpg
新潟の地酒を楽しめるっつー


まさに、新潟地酒勢揃いの夢の劇場公演 !!



この93蔵の利き酒を全て制覇した「強者」の名前が壁に掲げられている。


チャレンジしてみたいが、予算と時間の都合が…



ここは、ヲススメのヲ酒を試してみることにした
DSC06823.jpg
…ヲヲ、中島みるきー …笑

一口含めば、口中に煌びやかな星が降臨…




今回の旅で我杯がハマッてしまったのが佐渡のヲ酒。
DSC06822.jpg
この一口に、佐渡への想いが強まる…


次回の大逃亡、いよいよの佐渡渡航か !?


DSC06821.jpg
日本酒のラベルには見えないが、店内第3位の人気を誇るい銘柄。


成程、その理由は口に含んで理解出来たワイ


DSC06820.jpg



DSC06819.jpg
ほんのヲ猪口一口と侮るなかれ。

チビチビやったって、数重ねれば大酒になっちまう。


気持ち良くなっちゃった我杯、こんな事では93蔵制覇など、とてもとても…


居合わせた旅行客 3 の、
DSC06824.jpg
ヲ酒に対する薀蓄が深いのなんの。


「ここのヲ酒はこうで、あそこのヲ酒には云々…


…と、日本酒好きならではの愛情の込められたトークに、アタシャ頷く事しきり。




さて、先程のコンコースに戻ると、何やら一角が賑やかであった。
DSC06828.jpg
なになに…


DSC06827.jpg
「菊水」(新発田市・菊水酒造)
「越の誉」(柏崎市・原酒造)
「雪鶴」(糸魚川市・田原酒造)


これらの銘柄を一口づつ試した後、紙で覆った一升瓶からの一口が、先に呑んだどの銘柄であるかを当てるゲームですと…?


早速にチャレンジ。


散々にアレやコレを呑み歩いてきた我杯である。

余裕の完全正解 !!

景品、ゲットだぜ !!




このブースを取り仕切っていたシトが、
DSC06826.jpg
強面な上に、やたらとドスを効かせた声で何故か我々を威嚇する…笑



コンコース階下にヲ食事処があったのでチョイと一休み…
DSC06830.jpg
…しない…笑


メニューには他店では見られない数のヲ酒が羅列 !!
DSC06831.jpg
どれが !! どれがエェんやっ !?


悩みに悩んだ挙句…


店員のヲ姉すゎんにヲススメを尋ねた。
(↑ 自主性皆無)


供されたるは、
DSC06832.jpg
緑川 雪洞貯蔵酒 『緑』 (魚沼市・緑川酒造)
毘(びしゃもん) 発泡にごり酒 (妙高市・鮎正宗酒造)


…の二銘柄。


どちらもこの一杯ずつでSOLD OUT。


「もうヲシマイなんで、多めに入れときますね♪」


ヲ姉すゎんのラッキーサービスに感涙。




ウム !!

やはり、努力は必ず報われる !!
(↑ ???)


シトがヲ酒に感じる想いはそれぞれ…
DSC06833.jpg
今回もよぅ呑みましたなぁ。


DSC06834.jpg
ヲ世話になったヲ店に敬礼、いよいよの出立、帰路であります。


…ヲ。
DSC06857.jpg
現美新幹線 様 にエンカウンター


上越新幹線を現代美術のアーティストによって「走る美術館」にしてしまゑ、っつーコンセプト。


じっくり拝見しようかと思ったのだが、流石はバカモノな我杯。

発車時間が目前だった !!
(↑ アホウ)




さあ、帰りましょう…。
DSC06858.jpg
乗り込んだるMaxとき334號 様 。


DSC06860.jpg
モチロン、ヲ供も忘れずに


結局この旅、
DSC06863.jpg
終始雨に祟られたしまった…。




楽しかった新潟の地をグイグイ加速して離れるMaxとき 様 。
DSC06859.jpg
最後のトンネルを 抜ければ近付く 美しいあの街


希望が住むと信じて来た 私が生まれ育った 全てを知ってほしい
DSC06865.jpg
旅の余韻に浸る我杯だったが、列車は瞬く間に…


DSC06870.jpg
到着


Maxとき334號 様 を見送る
DSC06868.jpg

ありがとう、ありがとう…
DSC06869.jpg
一番大事なシトを 連れて帰ること 出会ったあの夜 約束した~



さて、山返しだッ !!
DSC06874.jpg
 カーノさん を無理矢理に呼び出し、「いづみや」…笑



そして、帰還…。
DSC06883.jpg
次回の大逃亡はドコにしようかな…。


別の場所もいいが、新潟再び !! てのも悪くない…


その時まで、さらば !! である…。




「今回、御来場の皆様…
 
長きに亘りました
『大逃亡2016 新潟(NGT)公演』、これにて終演で御座います。

皆様の、またのご来場を心よりヲ待ち申し上げてヲります…




ギギギ…
DSC06847.jpg
…バタン…


未来はいつも 思ったよりも 優しくて 風景がふいに滲んでくる…

2017初玄海 ~ 幸手・玄海 ~

仕事はとことん !! 手を抜くが !!
(↑ どぅくし)


居酒屋通いはマメにやらねばなんねぇぞっ !!


大晦日恒例の「玄海年越しそば」を2016年は見送ってしまったので、

年明け早々、玄海 にヲじゃ魔女

聞けば、年末年始はヲ構いなくヲ店を開けていたらしい。


玄海名代、
DSC07624.jpg
レモンサワワで今年もよろしく !!



DSC07625.jpg


一皿目は何にするちょー。
DSC07626.jpg
チョリソーにするホイ


しかし !!

この日は寒かったので、
DSC07630.jpg
早々に熱燗(雪の十和田 生もと 本醸造:秋田県・北鹿酒造)に


玄海マスターは事前に言わないと、地獄のような超絶熱燗にして供してくる。

そして、我杯は事前に言わなかったので、口中にて地獄高温注意報が発令されることとなった。


DSC07629.jpg
燗酒のアテは何にしよう佳奈?


そうだ、今、自身でも研究中の、
DSC07633.jpg
あん肝

…にしやう


…ううむ、やはり、プロの技には敵わんワイ…


新年早々にゴキゲンな御常連 3 達と、
DSC07634.jpg
ぱんぱ~い !!



裏の小上がりには呑み友のシマちゃんがいたが、早々に退散してしまった。


どうせ、他のヲ店でやり直しだんべぇ


てな訳で、玄海の皆さん、今年もヨロシクね~


大逃亡2016 ~ 新潟アチコチ拝見記 ~

正月、実家に甥っ子も遊びに来たので、ここぞとばかりに遊んでもらう我杯。


年末の「笑ってはいけない…」で放送されてた、


後出し負けジャンケン


…が、かなり難しい !!



相手の出した手に後出しで敢えて「負けの手」を繰り出すゲーム。


これが、誰とやってもスグに手が出ない…。




相手のグーにかなり迷ってから、それでもパーを出したったりする…笑


年齢重ねると、ノーミソに柔軟性が無くなって来るから、これは子供達はさぞかしホイホイとクリアーしてくるのかと思いきや…


チビッ子たちも悪戦苦闘…笑



もっと非道いのが、甥っ子怪獣・ヲトートと戯れたヲセロ。


中途半端なルール知識で以って臨むヲトートは、見事我杯の黒を、

全面白に覆すというミラクルをカマしてきた !!




しつこく引っ張るるの「大逃亡2016・NGT篇」、いよいよの二日目。


グズグズの産業廃棄物同然の状態で朝を迎えた我杯。


それでも朝食は摂らねばなんねぇぞ、と案内にあった食堂へ。


大体、こーいったトコは簡素なバイキング料理が供されるのだが、今回は…
DSC06729.jpg
本当にこれだけ。


…これがいかに繁忙期とは言え、一泊1万以上取るホテルの朝食だろうか…



…早々に宿を出る我杯。



駅からバスに乗って10分少々
DSC06762.jpg
朱鷺メッセ

…に到着。

ここで、たまたま、
DSC06731.jpg
こんなのやってたので


…ヲヤ。

エントランスに奇妙なものが。
DSC06752.jpg
一体何だか分からないが、角度を変えて見ると、

DSC06753.jpg
寝転がった トトロ 。


この上に乗って、劇中の メイちゃん よろしく記念撮影しましょう、つーものだったが。


この時、居合わせたヲ姉 3 達が喜々として撮影に臨んでいたが、内一人はどう見ても、

トトロそのもの…笑




この朱鷺メッセは、日本海側一の高さを誇る。

31階の展望室からの眺望はそれは見事な…
DSC06736.jpg
…。



二日目も我杯の雨男ぶりを遺憾なく発揮…



本来ならば、
DSC06740.jpg
このように見えていたらしい…


居合わせた婦人が「今日は残念ねぇ…」と呟いていたが…


…それ、スイマセン、我杯のせいです…




展望室の一角に願い事を掲げるコーナーがあったのだが、
DSC06750.jpg
…。


今まで、偽りの幸せだったのね…。


ヲ互い、今年こそ本当の幸せを勝ち取りましょう !!




さて、場所を変え、新潟市マンガ・アニメ情報館 なる場所へ辿り着く


入館すると、何やらディスプレイが…?



… !!


…こっ、これは…っ !!
DSC06766.jpg
宝の山だッッッ !!



うををっ !!
DSC06771.jpg
火の鳥 !!


あきゃー !!
DSC06767.jpg
グレンダイザー !!

我杯、これ持ってた !!



うきゃー !!
DSC06768.jpg
大空(だいくう)魔竜ガイキング !!

やっぱり、持ってた !!

夏菓子いィィィ~ッ !!



もきゃ~ !!
DSC06769.jpg
ライジン号 !!

ボンネットの牙が敵をガブガブ噛み砕くという、凄まじい性能なのよね !!


ほきゃ~ !!
DSC06770.jpg
超電磁マシーン ボルテスⅤ !!

この5体のマシーンがセットになった「合体セット」が欲しくてなぁ…。


親から貰ったヲ小遣いを少しずつ貯金して、やっと購入した時の感動は今でもハッキリと…



ぬきゃ~ !!
DSC06772.jpg
大鉄人17 !!

戦闘形態と飛行要塞形態に相互変形できた、スグレモノの逸品だったわっ !!


毎日飽きずに、ガチャガチャいじって遊んでいたわ…

(↑ もう、血涙…)



…ヲっ、キン肉マン
DSC06774.jpg
しかも、サイン色紙 !!

ゆでたまご 先生がこの施設に光臨されたということかっ !!




一昔前のヲモチャってのは、我々に多大なる夢を分け与えてくれたが、中には我々コドモが持っているイメージとかけ離れた、いわば、


ガッカリ物


…も中にはあった。


多分、このヤッターワンなんかは、
DSC06775.jpg
当時のチビッ子の首を傾げさせたに違いない…。


この、歩道橋の下からミニスカートの女性を見上げているような目つきは…。




「デビルマン」の人形を発見 !!
DSC06793.jpg
…デ…デビル…マン… !?


デビルマンっつーより、
doronjo.jpg
ドロンジョ 様 に見えるのは我杯だけか !? …笑


ショーケースの中には他にも数多くのヲ宝が陳列されてヲり、中には実際に劇中にてヒーロー・ヒロインを演じられた俳優 3 の色紙があって。


仮面ライダー、本郷 猛 !!

「パーマをかけたセントバーナード」の異名を持つ(爆)、藤岡 弘、先生の色紙も !!
DSC06784.jpg
…。


…やはり、藤岡先生…。


色紙が真っ黒です…



この日も「新潟総踊り」のイベントは行われていて、アッチコッチでイナセなダンスが披露されていた。



賑やかな街中を通り抜け…
DSC06801.jpg
ヲや、「ラーみな」を発見


そーいや、駅のコンコースで日本酒イベントやってたっけ


酒の匂いに誘われ、歩を新潟駅に進めるが、これは次回の講釈で


呑んだ暮れNGTツアー、次回、いよいよ最終回 !!


tbc.jpg


いろんな 酒を呑みながら 時には酔って潰れて 不幸になっていく… 

大逃亡2016 『徐々に奇妙な呑み方 どんな呑んでも砕けない』 ~ 新潟・アジアン ダイニング スポット JOJO ~

NOTICE




今回は何と言ヲうが、


ジョジョの奇妙な冒険


…という漫画が好きな方にしか伝わらない内容になってヲります。


とは言え、ヲ店の魅力は損なう事無くヲ伝え致します。




意味不明な箇所も多々御座いますが、やはりブログとは趣味の世界。


そこは御理解頂け…


…「世界」…?

bandicam 2016-06-05 17-06-31-420
「フンッ !!


この『ザ・ワールド』、即ちバカモノ・ブログ的世界観が理解出来ないヤツは只のマヌケよ…。

自分に何が起こったか、分からない内に終わらせてやるぞ…ッ !! 」




「大逃亡2016」にて新潟市内を呑み歩くグレート・ジャーニー !!


朝から散々に呑んだ筈の男は、最後の最後に新潟駅前に辿り着いたッ !!



煌びやかなる駅前吞み屋街の一角に !!



そのヲ店は…あるッ !!


gogogogogo.gif
DSC06723.jpg
「こ、こいつはマズイぜ…ッ !!

bandicam 2015-05-10 16-50-59-734
…み、店の名からして、そのまんまじゃあ、ないかッ !!」



稀代の強者、ジャン・P・ポノレナレフが恐怖したヲ店とは…ッ !!
DSC06724.jpg

アジアン ダイニング スポット
JOJO


「ジョジョ」ファンの我杯、キングクリムゾンよろしくこの潜伏を消し飛ばす訳にはいかなかったッ !!


喜々としてこのヘブンズ・ドアーを潜るッ !!




意外ッ !!
DSC06704.jpg
店内は実にシャレヲツなバー・スタイルッッッ !!

さぞかし、ジョジョ好きに溢れ返った、独自の雰囲気を醸しているのかと思いきや、
DSC06705.jpg
むしろ、ジョジョ好きに関係なく、誰でも立ち寄れる雰囲気だったッ !!


ジョジョを読んだことも無いようなヲ姉さん達…。

思わず、彼女達に一杯ずつ「あげちゃってもいいさ」と思惑した我杯ッ !!
(↑ 下心)


さて、早速に一杯頂戴するとしようかァ…?


ヲ店のウリとして、ドリンクは「カクテル」らしい。




メニューを眺めると…



…はっ !!


こ、これは…ッ !?
DSC06693.jpg
我杯はカクテルがどのような呑み物かを知っているッ !!


いやッ !!


ここに記された「言葉の意味」を知っているッ !!


先ずはの一杯に呼び出したるはッ !!
jotarou.jpg
「スタープラチナ !! 」


DSC06697.jpg
スタープラチナ


…の名を冠したる一杯。


なるほど、確かに承太郎の駆使するスタンド「スタープラチナ」を髣髴とさせる色合いだわい !!
(↑ 大感服)
135237157750113115329_sample10.jpg
スタープラチナ


…空条 承太郎 の超能力をイメージ化したもの。


この能力は駆使する者の傍らに現れる(Stand by)という意味から、「スタンド」と呼称される。


強力なパワー、精密、かつ素早い動き、更には数瞬だけ時間を停止出来る為、最強のスタンドとされている。


この一杯で同時に出現した、
DSC06699.jpg
ヲ通しを迎え撃つッ !!

酸味の効いた、アジアン・テイスツな漬物にヲラヲラヲラヲラッ !!



店内の至る所に、
DSC06694.jpg
JOJOグッズが出現 !!


…馴染むッ !!
DSC06695.jpg
実に馴染むぞッ !!


DSC06696.jpg
フハハハハッ !!



この日はヲ目に掛かれなかったが、何よりも店長 3 がJOJOシリーズの大ファンだそうで。



…やれやれ…


是非とも一杯酌み交わしながら、


キラークィーンは後付け増強でズルイんじゃあ、ないか !?


…っつー話をしたかったぜ…。





スタープラチナが我が腹中に納まったッ !!


ならば、双璧を為す最強の一杯を追加するしかあるまいッ !!



「チェックメイトだッ !!
DSC06701.jpg
この一杯で貴様の思考と時間は停止するッッッ !!


喰らえっ !!

DSC06706.jpg
ザ・ワールドッ !! 」


「ザ・ワールド」
 
wvssp.jpg
吸血鬼・DIOが繰り出す、やはり最強のスタンド(左真ん中黄色いの)。


壮烈無比なる強大なパワーに、やはり「時間停止」を可能とする能力。


さらに、操るDIO自身が不死身、不老不死といった吸血鬼のパワーを併せ持っている為、卑怯な位に強い。




ハイボールよりもウイスキー度が少々高めの、それでいてイケル一杯。



…ウム…。


確かにイケル一杯だったが、これをいいように煽っては我杯の完全敗北…死亡は間違いなかった。


我が胃袋の中で、
bandicam 2016-01-02 22-43-08-396
先の「スタープラチナ」と激しいバトルがッ !!


このままではロードローラーに押し潰される程のダメージを喰らってしまうッ !!


そこで、メインの一皿をヲーダー
DSC06709.jpg
白身魚フリットの香味葉添え


…で、活路を見出すッ !!


このヲ店のウリはアジアン・テイスツ。


確かに、一箸一箸が今までに味わった事のない、南方エキゾチック !!


この味わいで何とか「時間&思考停止」を阻止…。






せっかくの新潟遠征。



エジプトよりも遠い場所に来たのだから、地ビールとかも頂戴しなきゃで、
DSC06713.jpg
もうそのまま、エチゴビールの「レッドエール」をばヲーダー


ヲヲ、この色はエイジャの赤石を思わせる…。
DSC06712.jpg
そのコクとキレを味わい、腹中のスタンド・バトルを収める…。





それにしても、ファンには堪らない一軒 !!
DSC06702.jpg
更には事情に詳しいスタッフ 3 が話してくれたのだが、



このヲ店、これだけジョジョ・キャラを売りにしながらも、
DSC06711.jpg
原作者である 荒木 飛呂彦 先生 からは、一切ロイヤルティー、即ち版権料は求められてないらしい。


スタッフ 3 曰く、


「日本全国には、こーいった『JOJO店』幾つかあるみたいなんですケド、


話を通したら、


『JOJOが好きなら勝手にやっちゃっていいよ』


…と、御許可を頂いたらしいんですよ」





何と、太っ腹な 荒木 先生 !!




そこにシビれるッ !!

憧れるゥッ !!




スタッフ 3 や、居合わせたJOJOファンとの間に、コダワリJOJO話に華が咲いたのは言うまでも無かったが、
DSC06714.jpg
このまま居座っては、我杯の魂はこのカメの甲羅に留められてしまうのは瞭然だった。


残念ですが頃合、いよいよの撤収みたいです。


改めて店内を見回す。
DSC06715.jpg
この上ない「JOJO愛」を感じるヲ店…


「楽しいッ !!
fhhhh.jpeg
実に楽しいヲ店ではないかッ !!


楽しければ良かろうなのだァァァーッ !! 」



「…僕がッ !! 酔い潰れるまでッ !! …
DSC06716.jpg
呑むのを止めないッッッ !! 」




後ろ髪が「ザ・ハンド」に削り取られる位に名残惜しかったが、今回はこれにて撤収…。



再訪を強く期する…。



今回の「大逃亡2016」、一夜目はいよいよの終了であったが、
DSC06726.jpg
新潟の街はまだまだこれから。

DSC06728.jpg
アチラコチラに煌めくネヲンに目を奪われながらも、今宵の宿にアシを向ける。


満足だ…
DSC06727.jpg
久しく満足なる呑み歩きだった…

新潟の夜よ…。




この日、一日中呑んだ暮れた我杯。


流石に酩酊状態となり、這う這うの体で宿に帰還…。


明日の用意をしたいと思っても出来なかったので…


…そのうち我杯は考えるのをやめた…



「っつー訳で、全く意味が伝わらなかったと思うんスけど…

終わらせてもらっちゃってもいいッスかね~?


…でもまあ…。


一言、確実に言えることは、このヲ店、かなりグレートだったっつーことッス


そんじゃあ、今回、これで閉めますんで…

jojo





tbc.jpg

2017 ごあいさつ

バカモノ・ブログ、酒場逃亡記を御覧の皆様、


明けましてヲメデトウございます !!





本年も呑んだ暮れます、どうぞ宜しくヲ付き合い下さいませ !!




2017年の一番、皆さんはどのようにヲ過ごしでしょうか?

我杯は早速に正月恒例の「元旦呑み鉄」を敢行し、早々にヲバカな一日を過ごしました。




でもって今現在、ゆるゆると部屋を片付けながら昨年一年の反省を…


…してません。




やはり、大晦日はTV観て過ごしてました。


「笑ってはいけない…」を観ながら、毎度ヲ馴染み カーノさん とツボの場面をメールし合う展開は毎年の事…笑



しかし、今回の「紅白」にはゴジラが来襲するとの触れ込みや、何よりも、


48の皆さんの紅白選抜


…が発表されるなんていうモンだから、落ち着いてダウンタウンを観られない !!



そして、順位発表… !!


今回の我杯の推しメンだった、
pic_ngt001.jpg
荻野由佳 様 は圏外…凹





しかしっ !!



うををっ !!






lemon.jpg
みヲりん が !!
 





ohya3.jpg
大家 3 が !!



見事にTOP16にランクイン !!
(↑ 大感謝)




そして… !!

山本 彩 様


…が見事1位・センターの座を獲得 !!



…なんてな流れを、ビデヲで確認しました。





…紅白を録画して後から観た事ってありますか




そんな訳でして、いつもながら情け無い幕開けです。



本年も宜しくヲ願い致します…。



« »

01 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login