酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


全日本「夕刻の志士」総決起大会 後篇 ~ 赤羽・馬ん馬んいくどん、etc… ~ Ver.1.01

我が愛しの甥っ子怪獣・アニキが、今春、いよいよに中学に進学なんである。




…早いなぁ…


13年が瞬く間に経過してしまった…。




…っつーことは、あと「7年」なんか、更にあっ、つー間ですな !!



早よ来い、成人 !!

早よ来い、飲酒解禁 !!





さて。


日本の現状を憂い !!

日本の将来を考える、

「前日本 夕刻の四肢 総決起大会」

…を赤羽にて開催した我杯、ケムラー先輩殿、そしてKTJM兄さん。



偏りに偏った偏執談義、いよいよの開幕であります !!
🗾



赤羽にて、知るシトぞ知る一軒、「馬ん馬ん いくどん」に潜伏した我々、

敢えて店外の立ち呑みテーブルにて談義を開始。


居酒屋 3 の特徴が色濃く出るのが、
DSC07138.jpg
自家製ポテサラ

…だと思うのです。


味付け、具材の割合、種類など…。


このメニューでヲ店の「腕前=センス」が判るのだ !!


そして、この一皿はまっこと、逸品 !!




ここで我杯、1人で大喜び。



ヲ店の姉 3 が、これまたイイ感じで、イコマちゃん にクリソツだったのね !!
(↑ 15、6年後位の)
ikoma-kawaii.jpg
感謝したい程にカワイイ イコマ 様 。


…いや、ホント。


多分、全宇宙900億のイコマ・ファン、その3割位は、


「…あ…あ~あ~ !! あ~…なるほど… !! 」


…と、反応なさるにチマイない



だが、コチラのイコマちゃんは、カウンター内で喫煙されとった。
🚬



変に夢を失いたくない輩は要注意




さあ、メイン・メニューを馬ん馬んいくどん !!
DSC07140.jpg
馬刺しって、実は中々に巡り合わない一品。


その肉質は、やはり食べ慣れた牛、豚、鶏とは一線を画す。


だからこそ、いざ口にした時の感動も一入なんである。
DSC07141.jpg
しかも嬉しい、ヲ値段が超絶リーズナブル !!



我々、改めて「美味い食べ物」を口に出来る現状に感謝…




コア・タイムに突入したか、賑やかさを増してきた赤羽。
DSC07139.jpg
シト通りが多くなってきた !!


屋外で立ち呑む我々には、この赤羽の雑多なイキフンは最高のツマミだ !!


「夕刻の四肢」談義もいよいよの盛り上がり、である。
DSC07145.jpg
熱の入った談義を交わす両弁士。


「やはり、我々定刻新民は、先の滞船による擬制車、その玉志位の安寧を図る為に !!

安国陣蛇への産廃を心掛けるべきであります !! 」



「品ごときが方々で粋がっているようですが… !!

我が国J隊の加力を以てすれば、ものの数分で殲滅であります !! 」



…と、言ったとか、言わなかったとか…
(↑ やめちくりよ、本当に…)



注意…丁寧に読まないで下さい。




談義(極論 !? )が進む中、
DSC07146.jpg
ヲ酒も同時に進みます。


そんな中、妙にこのヲ店を眺めて円満な笑顔浮かべる老紳士がいらした。


呑む訳でも、つまむ訳でもなく、ヲ店を出たり入ったりしながら。


そして、ヲ店を外から眺めて微笑む…。









…ははあ、分かったどん !!


あの老紳士は、このヲ店のヲーナー、馬越 栄一郎 3 だ !!
(↑ 勝手に呼称)


そして、誰かが馬越ヲーナーに声を掛けた。
(↑ 誰だったか…? ヲイラだったか !?)


我:「あの、スイマセン !! このヲ店のヲーナー 3 ですか !? 」

馬:「… !? あ…いやいや…別にそんな…」

我:「やっぱり、そうですか !! じゃあ、一緒に写真撮らせて下さい !! 」
(↑ ???)
DSC07147.jpg
パシャ


否定もしなければ肯定もしない。


それでも一緒にフレームに収まって下さった馬越ヲーナー。
(↑ 勝手に呼称)


Everyone Welcome .


これが、北区・赤羽の魅力なのだろうか…。
(↑ 間違った解釈だと思う)


これまた逸品 !!
DSC07149.jpg
馬タン燻製


…をば頂く。


これまたウマい !!
(↑ ベッタベタ)


バカモノ・ブログをご覧の皆さん。


もし、赤羽を訪れる機会があるならば。
DSC07151.jpg
是非にこの「馬ん馬ん…」にて、馬刺の魅力に触れてみて下さいな。


我々がいかに美味なる品々に恵まれた国に生きているのかを。


確かに実感出来るはずなのです !!





いや、偶然の潜伏だったが、美味なる品々に巡り合えた我々。


これはバルチック艦隊撃破級の大戦果でありました !!



意気揚々と次なる一軒を求め、ヲ店を後にする…


…と、ここで !!


「あのぅ !! スマホ、ヲ忘れじゃないですか !? 」



振り向くと、そこには イコマちゃん !!


この時、KTJM兄さんがウッカリのスマホ置き忘れ !!


しかし、この場合はグッジョブで大丈夫 !!




届けて下さって、本当に有難うゴザイマス !!

御礼に一緒に写真撮らせて下さい !!
(↑ まさにバカモノ)


「…え…? …え… !?  え…???


困惑しながらも、
DSC07152-1.jpg
パシャ📷


一緒に収まってくれた『赤羽のイコマちゃん』。


しかも、ピースまで…笑



これが赤羽の Free & Easy なのだろうか…。
(↑ 君の名は『希望』)




さて、この後。


安パイの
DSC07161.jpg

八起

…に潜伏、
DSC07156.jpg
赤羽の夜を更に堪能する…



…はずだったのだが、
DSC07159.jpg
何故かヲ店のスタッフ 3 に妙にウルサがられて、居心地悪かったので早々に退散。


…別に大声や奇声発したとか。


そんなの全く無かったのに、何だったんだろう、アレ。




気を取り直して、向かいにある「癒し」の一軒、
DSC07168.jpg
稲穂

…へ潜伏。


何だ、先ずココに来るべきだった !!


相変わらず賑やかに盛り上がる店内。



ケムラー先輩殿は一時期、足繁くヲ通いしてたらしく、マスター 3 の覚えがいい。



それでは各々方 !!
DSC07163.jpg
抜かりなく !!



…だったのだが、実は我杯、この「稲穂」での記憶は一切残っていなかったのであります。


ヲ店に潜伏した時点で完全に記憶は消失。



どーやら、今から思えば。



「馬ん馬ん…」のコーヒー割が効いていたいたのでは…? と、思う。





散々にカラヲケ歌ったり、御常連 3 と話してたりしてたようだ。



これは、翌日にデジカメ内の画像見て確認した事柄であり。


だからして、
DSC07181-1.jpg
こんな風にみんなで写真を撮ってもらったことなんざ、一切合切…




ケムラー先輩殿も同様だったそうで、


「あの、自分、稲穂とかでヲ金をちゃんと払いましたかね !? 」


…なんて、問い合わせが…笑



…やはり、ディープなトコだったぜ、赤羽 !!



皆の衆 !!



世の中、ツマラない、ヲ金がない、仕事がない、なんて嘆くヒマがあったら !!



赤羽に行くどん !!




…って、ケムラー先輩殿とKTJM兄さん、まだまだ話足りなかったらしい…。



そうですか…。


じゃあ、今度はヲ二方でどうぞ~。


我杯?


「イコマちゃん呑み」してます…

愛の呑み師たち 嚆矢篇 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

風邪かな?

それとも、熱は無いから花粉症かな?


とにかく、咳が止まらない、鼻が詰まる !!



この週末は「とある武道」の稽古も見合わせて、ゆっくりと自宅で療養…


…しない。

実にヒサブリに降り立ったる さいたま新都心。

モチロンに目的は、
DSC07785.jpg
ボンサイ。


…じゃない。
DSC07786.jpg
祝 !! 新シリーズ・発進 !!




これで向こう1年以上は退屈しないで済むッ !!



バカモノ・ブログを御覧の皆さん。


コチラ、しばらく「ヤマト、ヤマト」でウルサイですよ…笑
yamato_03.gif


…それにしても、久し振りに目の当たりにした。


「満席の映画館」


…ってのを !!




圧巻のストーリー展開に満足の我杯、
DSC07787.jpg
やはり、ヒサブリの北浦和駅に


もちろん、目当てでゴザイマス


駅から延びる商店街を探索…
DSC07789.jpg
気になるヲ店のチラホラ散見されるが、シト通りはチト寂しいような。



…まあ、イバラキなんかよりは賑やかですが !!

(↑ 大悪意)


…ヲや。
DSC07791.jpg
サザヱ 3 家に出入りしてそうなヲ店…笑


駅反対側に出た。
DSC07792.jpg
電車から線路沿いに居酒屋 3 が見えていたのでフラフラと探索…

…しとったら、
DSC07793.jpg

大衆割烹 鳴子


…のヲ店に辿り着いていた


…まあ、そもそもでコチラが第一目標だったんですが。



以前もヲじゃ魔女したことのある一軒。


開店間もないタイミングでフェードイン


カウンター席に着陸。
早速に、
DSC07794.jpg
「本日の晩酌セット」をばヲーダー


これまた実にリーズナブルなセットメニューでして、
DSC07795.jpg
呑み物一杯、ヲ通し(ヲカラの和え物)

DSC07796.jpg
串焼き(今回はネギ間)

DSC07797.jpg
それに揚出豆腐のセットで、なんと¥1080- !!


特に、この揚出豆腐、
DSC07798.jpg
ダシがとても優しく効いていて、これまたヒサブリに「まいう~♪」なる言葉を発した…笑


こら、かなりヲ得なセット


これもテレザート星・テレサ 様 のヲ導きに違いない。
(↑ ???)




コチラの鳴子 3 で供されるヲ酒は、
DSC07802.jpg
高清水

この一本を推奨。


「鳴子」の店名の通り、秋田県の銘酒をぬる燗で頂戴する。



それに合わせるは、
DSC07804.jpg
鮭とば


これを軽く炙ったものを頂く。


するとどうでしょう。

噛むほどに口中にて甘味が増す !!


高清水がみるみるで無くなってしまったワイ。



もう一本 !! と行きたかったが、余力を残してヲきたかったので、今回はこれで



実に落ち着いた雰囲気の鳴子 3 。
DSC07805.jpg
ゆっくりとヲ酒を堪能出来ました


次の「ヤマト」は6月末に公開。
DSC07806.jpg
では、その頃にまた伺いましょう。


きっとその頃には暑くなってきているだろうから、また違う楽しみも発見出来そう…





さて、最近はそろそろ日も長くなってきました。



時間もまだ宵の口。


せっかくの北浦和。




次なる一軒へ向け、両舷前進、最大
戦速 !!
yamato_03.gif




…ですが、これは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…



tbc.jpg

全日本「夕刻の志士」総決起大会 前篇 ~ 赤羽・丸健水産、馬ん馬んいくどん ~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


20161212001-a.jpg
…なんだ、コレ。


「月末金曜は早く仕事を切り上げて、週末を楽しみましょう」


…だと !?




…誰だ、バカな寝言をホザいているのは。


午後3時なんかに切り上げて帰ってみろ。


我杯のブラックな勤め先なんか、その次から午前3時まで残業させやがる。



こんな習慣が社会に定着する訳ネェだろうっ。


机上の絵空事だ、もう少し「現状」ってのを見やがれ、アホ経産省 !!




…なんてなコトは言わないよっ。


長時間労働が美徳と捉えられがちな現代ニッポン。


人生ダイナシにされちゃってるシト達の報道も耳目にします。




でも、これをキッカケに午後3時には帰れないまでも、少しでも早く帰宅出来るように、今の仕事のやり方を再考するとか。


そんな旗振りとして考えればいいじゃ内科。
(↑ プラス思考)



…まあ、傷病人、病み上がり、年配者をいいようにコキ使う我杯の勤め先には在り得ないハナシだがね。
(↑ ホント、何か天罰を与えてくれ)



そんな訳で皆さん、こんにちは。


毎度ヲ馴染み、流浪のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です
(↑ タモリ師範😎)


今回は、
DSC07117.jpg
赤羽にやってきました。


赤羽。


最近、各方面へのアクセスの利便性や、その独特の土地柄で人気急上昇中のエリアだそうです。
agagagagagag


そんな「独特」を求めてアシを運んだ訳でゴザイマスが…。



今回、我杯との共犯者は ケムラー先輩  KTJM兄さん の御両名。


ヲ二方、現状の二本の在り方を常に心中にて憂う「哀哭者」 !!



「日本」が大好きなヲ二人が、何故か全てに対して無頓着な我杯を巻き込み、何かが始まる… !!




題して、


「善に本 夕刻のシシ 総決起大会」


…の開催 !!



※ 注意

今回、当て字、伏字、遠回りの表現などを多用致します。

「その筋の方からの誤解・接触を回避する為ではありますが、勿論にタダのバカモノ・ブログで御座います。

実在の団体、個人、思想、体制を揶揄、誹謗中傷する目的は一切ゴザイマセン !!



さて、早速の一軒目に赤羽の有名店、
DSC07122.jpg

丸健水産


…にへばりつく。


看板、暖簾にはウリの一品である、
DSC07120.jpg
ヲでん の文字が躍る

コチラの「丸健 3 」、
DSC07119.jpg
ヲでん種をつまみながら、通りに面したヲ店の周辺で角打ちよろしく一杯楽しめる、実にヲープンゲットな一軒。



朝から営業してますし、
DSC07118.jpg
と優子とは、朝から呑める、という訳でしてコレマタ赤羽らしさが感じられる。


…実際、そーゆーシトが集う街なんだが…笑



先ずはヲデンタネをチョイス
DSC07123.jpg
店先で選んで、その場でヲ会計。


ヲ酒も一緒にヲーダーして、空いているスペースに陣取る。


それでは、各々方…
DSC07124.jpg
抜かりなく !!


DSC07125.jpg
温かいヲでんタネをツマミながら路上で立ち呑み。


コレを「最高かよ !! 」と叫ばずして、なんとする !?


ヲ次の一杯に、
DSC07126.jpg
丸眞正宗
(北区・小山酒造㈱)

…のカップ酒を頂戴する。


DSC07127.jpg
コチラの小山酒造 3 、東京都23区内「唯一の酒蔵」なんである。


…因みに、この小山 3 のきき酒師 兼 広報担当の方は、とてもカワイイ



いかに赤羽、フリーダムだらけの街にもルールはある。
DSC07128.jpg
立ち呑みスペースは路上に面しているので、道路にはみ出れば、それ即ち往来妨害罪。


違反者はその場で即刻射殺。



路上にはみ出ないようにテーブルにシッカリとへばり付く、という注意が必要ナリ
(↑ ガールズルール)



…申し訳ないが、赤羽という先入観から、さぞかしガサツな応対なんだろうなぁ、と所感しとったのだが…笑


とんでもない、ヲ店のヲバちゃんはにこやかに、しかも細々と対応してくれて。



間違ったものの見方、謝罪致します !!





少し変わった呑み方を。

カップ酒にヲでん だし汁を投入するやり方である。
DSC07129.jpg
「こりゃウマイ !! 」

…なんてな雄叫びは出ないが、まあ、なんだ、面白い呑み方もあるもんだ。



「しっかし、コレ、どう見ても台所の洗い水ですよね」


 KTJM兄さん がウッカリ率直な意見を述べる。


何て事を言うんだよ !!
…笑



先ずは軽くエンジンを廻し始めた我々、ふと、はす向かいにある一軒に注目。


この日、我杯が所持していた「昼から呑める店」案内本にも掲載されていたので、潜伏してみることにした。



それがコチラ、
DSC07132.jpg

馬ん馬ん いくどん


…どうやら、
DSC07134.jpg
とことんに馬にこだわったヲ店のようである。


もう、コレデモカに、
DSC07133.jpg
馬表記。


店内の席を勧められたが、ここは敢えて店外の立ち呑みテーブルへ。


そこに掲げられしヲ品書きに、アヤシイ一杯を発見。
DSC07136.jpg
コーヒー割りか…。


コーヒーの風味に、焼酎が掻き消えてしまうのだ。

「3杯まで」という但書が、その危険度を物語る…



虎穴に入らずんば、馬を得ず !!
DSC07135.jpg
我々がこのコーヒー割からスタートするは必定 !! …笑


何をヲーダーすんべかなぁ、と画策しながら、先程の丸健 3 を眺める。
DSC07130.jpg
う~ん、実にアカバネアカバネしとるヲ店やなぁ…


…って、うううううんっ


あの、青いシャツ着てるヲ姉すゎん…
DSC07131.jpg
裸足だよ…



きっと、ヲ酒で火照ったカラダに、地面の冷たさが心地いいにチマイナイ…
…笑






流石に赤羽 !!



今回も楽しい逃亡劇になりそうだワイ !!




…ですが、この続きは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…


tbc.jpg

うらやましいぜ、とっつぁん !!

今現在(2017)から遡ること、約3年前に潜伏した神田・神保町の一軒、
DSC04612.jpg
酒蔵 酔の助


酒も肴もこの上ない大満足で、楽しい一時を過ごせた覚えがゴザイマス。




そして、コチラ。


実はドラマやCMなどに多々登場するという、知る人ぞ知る、業界御用達の一軒なのだ !!




先日も「銭形警部」観てたら、

とあるワンシーンに。


我杯が潜伏した時にパチリした画像📷
DSC04614.jpg
どっかで見たなぁ、なんてシトもいらっさるのでは !?



…。


ドラマ観てて、居酒屋の場面になった途端に、


「あっ、これ、行った(ことのある)ヲ店じゃん !! 」


…なんて、変なトコで喜んでる我杯。


…あら…?
DSC07750.jpg
前田 3 じゃあ、ないですか !!



何だ、言って下されば色々とゴアンナイ致しましたのに !!
(↑ ヲ呼びでない)

杯テンション 2 ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

いつもヲ世話になってヲります。


…。

一ノ割ッ !!


駅前に展開する呑み屋通りを横目に見つつ、
DSC07708.jpg
アシを向ける場所はアソコしかないッッッ !!


そう !!
DSC07709.jpg

大衆割烹 やまよし



異例の同店連続アップ !!


何故かッ !?



ずぅぅぅ~っと !!

以前から、 タッキーさん 、 ケムラー先輩 御両名より、


「やまよし 3 へ連れて行け !! 」


…と、ハナシがあったのだが、勿体ぶって逃げていたのだ !!
(↑ あ~はっはっは !! )


今回、ようやっとの解禁…笑


それではヲ二方、
DSC07710.jpg
ようやくの「やまよし 3 」、ヲメデトウございました



カッコつけないで 酒を呑め !! ヲ酒に酔わなきゃ始まらない !!


少々遅参した我杯。

先着の タッキーさん は既に、
DSC07711.jpg
自家製〆サバ刺

…をヲーダー済み


流石は呑み師の タッキーさん。


初潜伏のヲ店でも、何をヲーダーすればいいのか、把握なさってヲられる !!


「うヲ、このヲ通し、美味いよ !! 」
DSC07712.jpg
恒例のヴァラエティ ヲ通しに感動されるヲ二方。



冷蔵庫の中から引っ張り出したる、
DSC07714.jpg
白瀑 山本 6号酵母 純米吟醸生原酒
(秋田県・山本合名会社)


流通限定の一本。

しかも使用酵母は「協会6号」 !!
(↑ ヲ酒好きにはタマラない響き)


さあ、踊れ !!
DSC07713.jpg
一言、美味 !!



「美味い !! 美味い !! 」


…を連呼するヲ二方。



流石の「やまよし」セレクト。

美味至上の一献である !!





ママ 3 が煽りまくる我々を見て、

「2合づつ出しちゃうよ~♪」
DSC07715.jpg
いつもより大きな器で供してくれました


早速にガブガブな我々…笑


我杯と タッキーさん は次の日に「とある武道」の稽古が控えているのだが…


明日の稽古 関係ねえ 入り身・一教もアゲアゲで !!


…てなワケで、
DSC07716.jpg
厚揚げ

ヲーダーした…笑


前日、「ヲんな酒場放浪記」の再放送観てたので、
DSC07718.jpg
その日の白和え

…をば

ヲ二方に召し上がって頂いた。


モチロン、頂戴したコメントは予想通り



「やまよし 3 」の美酒・美肴に、
DSC07717-1.jpg
ブライトリィ・スマイリングなヲ二方。
(↑ はははは)


この日、ヲ酒はマスター 3 のヲ任せで。


すると、面白い一本が登場。
DSC07719.jpg
宮の雪 純米酒
(三重県・㈱宮崎本店)


今回、頂戴したヲ酒の中では辛口の一本。


しかも、肩書には、
DSC07720.jpg
サミットで供された、という見事な触れ込みが。


…しかし、「真の酒呑み」であるならば、この『㈱宮崎本店』なる酒蔵 3 が、あの

キンミヤ焼酎

…の醸造元であることにヲ気付きの筈 !!




テンション ション ション ション ション …テンション マックス !!
DSC07721.jpg
タッキー 3 はともかく、普段は日本酒を呑まないケムラー先輩でさえ杯をグイグイ


盛り上がってまいりました !!

ヒートアップしていこう !!




そしたら、ヒートアップ超過気味のタッキー 3 、

「呑み比べしたい」

…なんて言い出すから、マスター 3 に無理言って、
DSC07722.jpg
天穏 純米原酒
(島根県・板倉酒造(有)

川鶴 純米生原酒
(香川県・川鶴酒造店)

…をWヲーダー !!



冷蔵庫ごと呑み干すつもりか !?


その時、ケムラー先輩殿の目が鋭く光った !!



「気になるメニューがあるんですがね…



そうして、ヲーダーしたるは、
DSC07725.jpg
真イワシ紀州梅煮


ヲヲ、何たる何たる !!

今宵、ヲ二方に味わって頂こうと画策しとった逸品を、ケムラー先輩殿は見抜かれてヲいでだった !!


眼にも見よ !!
音にも聞いて
鼻で嗅げ !!
DSC07727.jpg
ヲ解かりでしょうか、この一箸のテカリ具合…


脂の乗り方がタマラン…


その脂の旨味が付け合せの紀州梅の酸味でサッパリと昇華…




呑み比べ、なんて称してヲーダーしたヲ酒も、あっという間に胃袋へフェード・イン


宴もタケナワな頃合、タッキー 3 が妙に静かになってきた。


訊けば、スタートの数時間前から引っ掛けていたと言う…。



そら、流石にヘロヘロになりますわな…笑



こうして、
DSC07728-1.jpg
ヲ二方はサイコーにハッピーな御様子でした…。



てな訳で一ノ割接待、大成功
DSC07731.jpg
やはり「やまよし 3 」 !!

最後の一瞬も Happy End !!






「今回も…
I-did-it.jpg

楽しかった… ♪ 」




ずっと座ってる どこかの偉いシト あんたも一緒に付き合えよ



(ぱちんっ)

杯テンション ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

ぼんやりと「ヲんな酒場放浪記」を眺めていたら、昨年(2016)に放送された、

一ノ割 大衆割烹やまよし

…の回、再放送でした


早いなぁ…


我杯が運よく、
DSC04780-1.jpg
万サマ こと、万波 奈穂 様 にヲ逢いしてから、1年が経過…




万サマ、あれから我杯に会えずにいて寂しい思いをしてないだろうか…?
(↑ 筋金バカ)


『ヲレが握手会に行かなくちゃ、あのコ(アイドル)はきっと悲しむ !! 』




愚かな妄想を抱くアイドル・ヲタのような思考を巡らせた我杯は、毎度ヲ馴染み、


大衆割烹 やまよし


…へ、コンバンワ




「とある武道」の稽古帰り。


程よく身体を動かし、ノドは120%で乾いていたので、
DSC07107.jpg
生ビールでスタート


「やまよし 3 」、福島は会津の銘酒「会津中将」は常備
DSC07109.jpg
早速に『本線』へシフトチェンジ



…本線や、本線 !!


支線、引き込み線はウソやで !!
(↑ )



マスター 3 にヲ願いして、
DSC07110.jpg
自家製〆サバ刺 & サンマ刺


…を盛り合わせてもらう。


「中将」が焼石レヴェルで蒸発


はい、ぱんぱ~い !!
DSC07111.jpg
御常連 3 の センセイ が隣席に


…実はコチラの センセイ 、バドミントンの名手なんである。


そして何と、バドミントンの日本代表選手の皆さんとも御昵懇だとかで。



バド…って、どんな動きで行うスポーツなんですか?


なんて話から始まった「身体の使い方談義」



…なるほど、我杯が傾注する「とある武道」、その完成へのヒントを得た !!


「いつも有り難うね~」
DSC07112.jpg
…なんて言いながら、一緒に呑み始めちゃうママ 3 …笑


…この「やまよし 3 」は会津のヲ酒の取り揃えが豊富。


それはママ 3 が福島御出身なのが一因なんである。


そんな一本を今宵も頂戴しましゃう
DSC07113.jpg
豊久仁 ひやヲろし 純米吟醸
(会津坂下・豊国酒造)


DSC07114.jpg
…アタシャ、すっかり日本酒は会津派。


ヨソのヲ酒を頂戴していても、会津基準でテイスティングするクセが染み込んでしまった。


「ああ、この風味…好物の『風が吹く』に近いわ


…なんてな感じで。
(↑ 実は日本酒、詳しくないのに)



そんな美酒に酔い痴れ、
DSC07115.jpg
今宵も完食 !!


…モチロンに大葉やツマも



マスター 3 はいつも通り、ヲ店の外までヲ見送りして下さる。



ヲ店の中で終わらせない、


「最後までのヲもてなし精神」


…である。




帰宅してからの余韻までが楽しい…



そう思わせてくれる「やまよし 3 」は、稀有な一軒。



まさに、
happy-end.jpg
最期の一瞬も Happy End

思うこと

もうやめれ、コレ !!
8736d82a93f7a5ce6ea4ee4c83d3592101aac1ad1359727932.jpg
恵方巻


我杯が1日10本は必食しているパーフェクト・スイーツ、
DSC07706.jpg
「ロールちゃん」でさえ、限定パッケージで売り出す始末 !!


クリスマスやバレンタインみたいな感じの行事として定着させたいんだろうが。


なんか、小売業界からの取って付け・押し付け感がヤマモリ…。


世間様でそれほど、

「あ !! 2月3日だ !! 恵方巻ガブガブ食べなくちゃ !! 」

…って、騒ぐシトはいらっさるん…?



重く課せられるノルマっつートコも問題に !!

更には、この恵方巻って「季節モン」だから、時節過ぎたら即、賞味切れ扱い。
ehoumaki_haiki-5.jpg
このように、充分に賞味に値する食べ物が大量廃棄…。


SNS上で、このような罰当たり行為を嘆く方々の憂いが大量にアップされていたという…。




何か間違ってるよ、ニホンジン。


アサッテの方向を向いてかぶり付けば、イイコトがある !?



食べ物大量に無駄にして、得られるイイコトって、何 !?

聖地巡礼69 ~ 北浦和・大衆割烹 鳴子 ~

皆さん御存知の通り、我杯はこんな生活しとるモンですから、要所要所の時間は多大に持ち合わせてヲりまして。



で、持て余した時間をつぎ込んでいるのがゲームアプリ。


…ここからは、局所ネタ。
(↑ 局所ネタのカタマリ、酒場逃亡記)


「吉田くんの 潜入! 恐怖の極悪パン工場」っつーのがありまして。
🍞🍞🍞




ひたすらに流れ出てくるパンを仕分けしていくというゲーム。



いかに長時間労働できるかという、かなりブラックでデンツーな内容なのだが。


何の見返りもない、無駄な時間を浪費する…。
ysd-2.jpg

ysd-3.jpg


スマホとかクリクリいじくってる輩は好きじゃない…。
(↑ どの口が)




さて。


文教都市ながらもディープな街、浦和。

その一角、北浦和駅周辺を徘徊する我杯。
DSC07102.jpg
吉田 類 先生 の御足跡を追い、次なる一軒を求め、彷徨う…。



西口から徒歩2分もかからない。


そこに今回の「隠れ家」。
DSC07099.jpg

大衆割烹 鳴子


…へと潜伏
DSC07098.jpg
聖地。

即ち、モチロンの 吉田 類 先生 御光臨の一軒である。


放送で拝した際に即座に

「潜伏したい !! 」

…と、所感した一軒。


期待度は個別握手会よりも高い !!



暖簾を潜ると…




ヲ客 3 はゼロ


…これはチャンス !!



何故なら、ヲーダーは即座に通るし、何よりも、マスター 3 とゆっくりヲ話が出来るからである。



無人のカウンター席にへばりついた我杯、
DSC07082.jpg
レモンサワーとヲ通しで御挨拶


DSC07083.jpg
カウンター上には魅惑的な具材が出番を待つ。


ヲ品書きを眺める。
DSC07086.jpg
…リズナボー !!



このご時世に、浦和という立地でこの価格は在り得るノカ !?

…と思わせるような安心感のホワイトボード。


我杯の薄っぺらな財布の中身と照らし合わせても、トランプみてーにエラくなったような気分 !!



…アイツは偉くはないな。


ショッケンランヨーのヲーボー野郎だ。



よし !!

自身に向けた、ヲレ様的「大統領令」、発動 !!




目の前にあったヲ品書きに注目…。
DSC07089.jpg
ふーむ、ふむふむ…


ここで我杯、何かが琴線に触れた


「このヲ店ではこの一品なのだろう」


そう直感してヲーダーしたるは、
DSC07091.jpg
湯葉春巻


…。



金運、そして女運に全く恵まれない我杯であるが。



美味・美酒的なめぐり逢い運勢は人一倍だと思うゼッ !!



これは… !!




美味い !!





サクサクの衣は、


前歯の歯応えから導入される旨味への予感


…を、難無くクリア !!



マスター 3 も自慢の一品と自信があるのだろう。


ヲーダーすると、満面の笑みでヲ応えしてくれて。



…内心、


「ヲヲ !! 理解ってくれた鐘 !! 」


…と思っていたにチマイない


御常連 3 が入場。
DSC07087.jpg
マスター 3 とゆるゆると語り始める。



段々、楽しくなってきた~ !!

DSC07084.jpg
二杯目は何を頂戴しやしょうか。


ここはパリサツと、
DSC07093.jpg
緑茶ハイで。


カウンター上で出番を待っていた「名優」に御登場願った。
DSC07095.jpg
エリンギ網焼


…をば頂戴する。


実に程よい塩加減。



呑んべぇの弱体化した胃腸に優しい食材ながらも、食べ応えは満点 !!


そもそもでエリンギは安価に入手できる食材だし、自宅呑みでも有用な逸品。



これまた、酒盗。


店内を眺める。
DSC07088.jpg

実に落ち着いた、
DSC07085.jpg
純和風な在り方。


こーいった感じは、世界のドコを探したって無いですよね。


心身の和みと癒しを、雰囲気、空間に於いて施す…。


逆に、スペインとか、イタリアってラテンのノリで四六時中ワサワサ騒いでいそうなイメージ。


決してこんな雰囲気は創り出せないだろうし、理解出来ないだろうなぁ…。


やはりッ !!


日本の創造力は世界一ィィィーッ !!


Japan is Great !!



Yankee go home !!


Son of a Bitch, Trump !!



そしてモチロンに、「居酒屋大統領」こと、
DSC07097.jpg
吉田 類 先生 の御足跡。


番組を観て来店したことを伝えると、実に嬉しそうな顔をしたマスター 3 。


一見の我杯を温かく迎え入れてくれたこの雰囲気こそ、日本が独特に持つヲモテナシの精神なのでしょう !!


ヲモテナシを十二分に堪能した我杯、マスター 3 と女将 3 からの心地よい追い出しの言葉を背に受けて店を出る。
DSC07100.jpg
今後、ヘビーな足掛かりになるであろうヲ店を、北浦和に見出したのはサイワイであり、コインいっこであった。


もう、次回の潜伏予定は決定 !!


次回も充実した酒場逃亡が楽しめそうである !!



かくして、夜の北浦和を後にする…。
DSC07102_20170204021233876.jpg
いいね、北浦和。



今までですね、さいたま市は大宮一辺倒の酒場逃亡記でしたが、これからは浦和にシフトしそうな予感。


つか、する。


だって何だか、だってだってなんだモン。



だが…。



足繁く通うとなると、バカモノ・ブログ的なネタには困らないが、ヲ財布の中身に重大な問題が出そうだ…。


« »

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login