酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


甥っ子カレー ~ 杉戸・大衆酒蔵 いこい ~

夏休みという実に特殊な期間に身を委ねる甥っ子怪獣が来襲。


「何か喰わせれ」



…とヌカしやがり奉ったので、「いこい」名物、

ステーキカレー

…をば馳走してやった



甥っ子怪獣、いこい初上陸。
DSC08992-1.jpg
ぱんぱ~い !!





ヲヲ、まさか甥っ子怪獣供を「いこい」に連行する日が来るとは… !!




どや? 美味かろうて?
DSC08999-1.jpg
「美味い」を連発の甥っ子怪獣・ヲトート(小学2年生)。


しまいにゃ、マスターに直々に、

「日本一美味しいカレーでした !! 」

感想を述べる。



…流石、我が甥。



言うべくは言う。


既にその口を持ち合わせていたか… !!





今から楽しみなのが、コイツラとヲ酒を酌み交わすことなのだが。




それは早くて7年後…。




当方、そこまで生き長らえる自信がないのだが…?
(↑ 大不安)





自宅呑みアレコレ ~ ヲはよう日本(後付け) ~

今、東武鉄道で売出し中の「快速リバティ」を今更ながらに目撃 !!



DSC08586_20170820181714230.jpg
ヲヲ、カッコヨス !!



カラーリングもステチだわ
DSC08588_201708201817148e8.jpg



DSC08591.jpg

DSC08590.jpg
会津まで走ってくれるのね。



…ヲし、今度コレに乗って「会津・呑み倒し」を敢行するか…



好物を入手。
DSC08732.jpg
手取川 大吟醸 生酒 あらばしり
(石川県・㈱吉田酒造店)



ヲキニのヲ店、「やまよし」のマスター 3 がコンスタントに揃えてらっさる銘柄。
DSC08733.jpg
因みに「あらばしり」とは、日本酒を搾る際に、あまり圧力をかけない状態で出てくるヲ酒のこと

即ち、搾りの初めに出てくる部分(?)の事で、別名『一番搾り』とも言えるでしょう


口中に含むと、キュッ、と引き締まるような感覚が味わえたこの一本。


色々なアテに合いそうなので、我が宅のレギュラーと致したい



やはり、いつぞや、「やまよし」にて出逢った一本、
DSC08741.jpg
会津娘 特別純米酒 別捌 無為信(べつさばき むいしん)


…をば、傾ける。


娘、大好き !!
(↑ 末期症状)



スペック !!
DSC08742_201708201817245df.jpg

いわゆる「ヲりがらみ」なので、
DSC08743_2017082018335044f.jpg
白濁しとります。


このテの日本酒は非常に危険 !!



危険な日本酒 = 美味い !!




アタシャ、イイ歳コイて、

「日本酒呑めない」

…とヲっさる方々に、こ~いった美酒を流し込んで差し上げたい。


きっと、食わずならヌ、「呑まず嫌い」なんだろうからして。


そんな美酒を我が手製の、
DSC08740.jpg
茄子チーズ焼き



…で、合わせてみたのだが。



やはり、合わなかった…


会津の娘 3 はシトならヌ、アテ見知りが激しいようだ…。



まとめて2本をヲ取り寄せ !!
DSC08907.jpg
純米吟醸 ささまさむね 生 頒布会スペシャル
(喜多方市・笹正宗酒造㈱)



…と、我が永遠の恋人、
DSC08908_20170820181729ad4.jpg
風が吹く 無農薬 山廃 純米吟醸 生

…ヲば、毎度のヲ取り寄せ


DSC08909.jpg
一気に合わせてババァ~ンと呑んじゃうよ !!


どちらも我杯のヲキニの銘柄。


「ささまさむね」は酸味が効いた口当たりで、気付けば際限なく含んでしまう。

「風が吹く」はドシリ、と重くインパクトを残す口当たりで、気付けば際限なく呑んでしまう…


…って、結局、ドチラも我杯の深酒仕様 !! …笑




今夏、「彼女達」が原因で、自宅遭難を幾度もヤラかしてます…




一人で気侭に呑むのも楽しいけど、
DSC08734_20170820181718e8b.jpg
…そうねぇ…


一緒に呑みたいシトですかぁ…





星の数ほどいらっさいますねぇ…






















…あ !!


いらっさいました !!


「NHKの まゆゆ」と呼ばれるこのヲ方ですね。
waku-mayu
何は無くとも、必ず朝のNHKは拝見する日々。

故郷は酒場(前篇) ~ 新橋・怪獣酒場 新橋蒸留所 ~

無限に広がる大宇宙…。
galaxy1.jpeg
諸君はご存知だろうか?


この遠い宇宙から、我々の母なる地球を見つめる者の存在を…。



その者達の中には地球侵略を企てている者がいる… !!


そして、その母なる地球にも、我々の文明社会、その破壊を存在意義とした怪獣・超獣が棲息している !!



しかし、我々にはその侵略行為からの防衛任務に奔走する勇者達がついている !!


そう、我々には !!

Special Agents of Kaijuu Emergency


シト呼んで、

S.A.K.E.

…の頼もしい存在があるのだ !!
(↑ ナレーション:佐野史郎)



sake-East-base.jpg
S.A.K.E.極東支部



「だからなぁ、ウチ、言うてやったんよ」
ikoi-yuihan.jpg
S.A.K.E.極東支部 キャップ  リクヤマ ユイ

「クチで言わはるだけなら、そら簡単や。

けどな、ホンマに人手の足りんこの状況で、そないムチャな物量を短納期で応えはるんですか?

アンタ、いつも言わはるだけ言うて、イザという時ヲらへんやんか !!

…と




「…あの…すいません、キャップ… 
waga-hayata.jpg
S.A.K.E.極東支部隊員 我ハヤタ 隊員 (我杯)


「…我ハヤタ係長…。

シトの話ぃ、途中で遮ったらあきまへんゑ?」




「…あの、すいません、キャップ。

自分、係長でもなんでもないんですが…。

あと、何の話をされてるんですか? 物量とか、納期とか…?」


「…ん…? あれれ…
ikoi-yuihan.jpg
…ホンマや… !!


ウチ、何の話しとったんやろ…


…何か急に頭ン中にな、

ヲ酒ばっか呑んだ暮れとる、くたびれた中年ヲトコの思考みたいのが入ってきてなぁ…。


つい口に出てもうたわ…」

(↑ )


「キャップ !!
U11216.jpg
シト手不足で無理繰りシフト回して、結果、社員同士で罵り合うような、
イバラキの情け無いダンボール工場の話をしている場合じゃありません !!

(↑ 言ってない)


東京都港区・新橋に、宇宙人・怪獣が目撃されたとの情報が入りました !! 」


「何だって !?

waga-hayata.jpg
至急、現場に向かいます !!

今回の任務に同行可能な隊員は他にいますか?」


「今回は タッキー隊員とベーハラ隊員の2名です !!」


「…う~ん、そうか…。

果たして我々3名だけで宇宙人や怪獣の脅威に立ち向かえるだろうか…?」


「うん、エラいことやん、それ !!

人手足らへんのやったら、




bouei-yuihan-1.jpg  
ウチも出動するで、我ハヤタ隊員 !! 」


「…ちょ、ちょっと待って下さい、キャップ !!


「なんやろか」


「キャップ直々の御出動は実に有り難いんですが…

色々と話がややこしくなりますので御遠慮下さい !!


「何で…? ウチ、こんなにカワイイんやで?」



「…いや、あの…

まあ、それは間違いないと思います…。

と、とにかく、現場での対応は我々に任せて下さい !!

では、行って来ます !!




(へろへろ~)
bi-toru.jpg
(…あ~ゆ~コトを平然と言えるのはやっぱりアイドルの特権なんだろうなぁ…)



毎度毎度、この手の前振りは長いが !!
DSC08775.jpg
我ハヤタ隊員は新橋に到着、早速に タッキー隊員 と合流した !!


早速に報告にあったポイントに向かう。


…ヲヲ、何てことだ… !!
DSC08776.jpg
既に侵略者達は、新橋の地下に秘密基地を建造していたのだった… !!



地下空間を支える支柱は既に、
DSC08778_201708161833487ec.jpg
侵略者達に占拠されていた !!


一刻も早く対処せねば !!
DSC08779_20170816183350ba1.jpg
しかし、ベーハラ隊員との合流が少々遅れている !!



合流までの時間に我杯は、

何故、侵略者は新橋に
拠点を置いたのか。

その情報を収集すべく、基地周辺を調査・探索する事にしたのだった…
DSC08781_20170816183353e45.jpg
ウムム…。

細い、迷路のような路地に呑み屋がひしめき合っている…。



新橋潜入 - Spherical Image - RICOH THETA

何て事だ、まるで異次元空間 !!


異次元人・ヤプールが潜んでいるかもしれない !!



ここでは変身出来ない !!


カプセル怪獣の力を借りよう !!


ウィンダム、頼んだぞ !!
DSC08780.jpg



…違う、君じゃない…凹



酔い子のウルトラ怪獣ヲール百科


カプセル怪獣 ウインダム
Windam.jpg
身長40m、体重1万t。

モロボシ・ダンが変身出来ない時、代わりに戦う。
鋼鉄のように堅いボディは強力な光線でも跳ね返してしまう。
怪力の持ち主で、頭部からはレーザーショットを発射、敵を溶かしてしまう。
動きは鈍い。
(小学館・刊『ウルトラ怪獣全百科』より)


…トヨタのCMで『Are you WINDOM ?』と耳にした際、

「いや、ミクラスだ、アギラーだ」と呟いたシトが1000人はいる筈だ…笑



そんな異次元空間に、
DSC08782_20170816183354adb.jpg
ニャン子が

シトの行き交う往来の真ん中で静かに佇む…。



むむっ !?


本当にアヤシイ店を発見したぞ !!
sinbasi-noribar.jpg
奇妙な看板に気付いた我杯。


「しんばし 電車のりば~」…だって !?


まさか、電車の事をアレやコレと語りながら引っ掛ける、特に奇特なヲ店なノカ !?



…が~るずば~…?



イカンイカン !!

財布を侵略されそうだ、撤収 !!




ベーハラ隊員と無事に合流
DSC08777_201708161833476eb.jpg
潜入、開始… !!

またもやバルタン星人の影が…。


そして !!
DSC08783_20170816183356475.jpg
このヲ店の店長として君臨する極悪宇宙人・メフィラス星人からの警告文が !!


ここは気を引き締めていかないと、酔いに任せて

「地球をあげます」

…と言わされてしまいそうだ !!



三面怪人 ダダに洗脳されてしまったスタッフにより席へ案内される我々…。


…ああっ !?
DSC08784_20170816183357a9c.jpg
店内に設置されているポットスチルに凶悪宇宙人・ザラブ星人が !!


既に宇宙人が睨みを利かせていたこの空間で、我々は無事に任務を遂行出来るのだろうか…?



…しまった !!
DSC08785_20170816183359f98.jpg
やはり、前回の川崎同様、我々の周囲は怪獣達によって完全包囲されていた !!

DSC08786.jpg
取り皿、コースターにも分身したバルタン星人が !!



ここはみんなの力を結集する時だ !!
DSC08788_20170816183342096.jpg
ウルトラ・タァァァッチ !!




um-hensin-1.jpg


(ずず~ん)
nomitoraman.jpg
さあ、どこからでもかかって来い !!


説明しよう !!


ノミトラマンは基本、地上での活動に時間制限は無いが、胸のアルコール・タイマーが赤くなると、酔っ払って動けなくなるのだ !!



さあ、ここから壮絶な闘い(呑み会)が繰り広げられたのだが…。



果たして、S.A.K.E.メンバーは防衛任務を完遂出来るのだろうか?


呑み過ぎるな、ノミトラマン !!


次週に続く !!




「続く」ゥっ !?

…前振りが無駄に長いからだっ

聖地巡礼70 ~ 上野・みちのく料理 北畔 ~

ヲ盆休み、大満喫中のバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



それにしても何ですか、このグズついた天気が続くってのは !?



せっかくに洗濯やら洗車やら、まとめて片付けてやろうと思っていたのだが…凹


猛暑一転、「冷夏」とは !?



フザけるんじゃあ、ないよ !!




…まあ、暑いのはコリゴリですが…



さて。

東京都台東区は上野界隈をフラつく我杯。

目的の一軒へと歩を進める。


狙いはマルイの裏手にある、
DSC08682.jpg

みちのく料理 北畔

DSC08683_20170811155801d3e.jpg
ほくはん。


賑やかな表通りから転じて、静かな佇まいで暖簾を掲げる。


我等が 吉田類 先生 御降臨のヲ店、期待を胸に潜伏



カウンター席に着陸
DSC08684_20170811155802d5b.jpg
ヲ品書きを眺める。


なるほど、日本酒は青森由来の品々ですか


ですが、先ずはの一杯には、
DSC08685.jpg
生ビールを頂戴しやしょう


この日は暑かったッスからね、一気に半分空きましたよ


DSC08686.jpg
ヲ通しにヤッコが登場。



店内、静かにジャズが流れ、実に落ち着いた雰囲気
DSC08687_201708111558074ec.jpg
並びの先客 3 も、何故か一言も発さず…。


これは落ち着いて酒肴を楽しめるワイ。


カウンター上や、店内のそこかしこに、
DSC08688.jpg
かような置物がチラホラ。

DSC08689.jpg
このヲ店の創業者だった先代女将、その長男である陶芸家・阿部和唐 氏 の作品が並べられているのである。


味わいのある作品を眺めながら、次なるヲーダーをば


DSC08690.jpg
厚揚げ


コレデモカに盛られた薬味、サクラエビの風味が香ばしい


DSC08691_201708111557534e1.jpg
この風味をサッポロ二杯目で受け止める。


別に私語、発声を禁じているワケではないのだが。


余りにも静かな空気の在り方に、眠気さえ感じる…
DSC08693_20170811155753b15.jpg
後から入店してきたヲ客 3 、

「うわ、静か !! 」

…と、声にしてその空気を感じ取っていた。



さて、一献頂戴しやしょう
DSC08694_20170811155755062.jpg
桃川 (青森県・桃川㈱

…で、この日の暑気を払う。



…ヲヤ。


他店ではヲ目に掛かった事の無いヲ品書きが。



これはヲーダーせねばなるまい
DSC08695_20170811155757985.jpg
鮎の風干し

…をば。


完全な干物ではなく、半干物といった状態のものを焼き上げる。


身はふっくら
DSC08697_20170811155813770.jpg
塩加減が非常にヲ酒に合います


板さんを垣間見る。
DSC08698.jpg
ひたすらに板に向き合い、ただ黙々と包丁を振るう。


創業、昭和34年とのこと。
DSC08699_20170811155816c0d.jpg
店内にその歴史が確かに封じ込められている。



いやいや、ゴチソーサマでした !!
DSC08700.jpg
酒肴もさることながら、ここまで落ち着いた雰囲気を堪能できるとは。



暖簾を潜り数歩歩けば、途端に都会の喧騒が我が身を包む。


そ~いや我杯は上野にいたんだっけか。



自身の居場所を数刻忘れさせてくれる「北畔」。



また、隔離世の雰囲気に包まれたい時にヲじゃ魔女させていただきましょう…。




ヲしまい

夏野菜と東京タワー ~ 幸手・玄海 ~

ヒサブリの根城「玄海」



「ヲう、生きてたか」
DSC08844_20170813171211db8.jpg
マスターのヲ言葉を頂戴し、近況報告。


DSC08846_20170813171214025.jpg
ヲ通しの茄子の挽肉和えがウマイ。




カウンターの冷蔵ケースに、とても美味しそうな刺身が並んでいたので、
DSC08847_20170813171205c4b.jpg
鯛のカブト焼き

…をばヲーダー…笑


「何 !? 刺身が食べられなくなったぁ !?

…不憫なヤツめ



マスターの弔辞を頂戴しながらも、カブト焼きで我杯はジョッキを更に傾倒させる。



最古参の御常連 3 、たっちゃん が来店。
DSC08848_20170813171207faf.jpg
ど~も、ヒサブリです


「ヲ前ェよ、もっと足繁く顔出せよ。

居酒屋ってのはそ~ゆ~モンだろうがよ」



そんな たっちゃん は親方気質なので、こんな我杯にコレデモカにゴチソーしてくれた。
(↑ 大感謝)



「玄海」には長年通ってたつもりだが、初めて顔を合わせた御常連 3 に遭遇。
DSC08849_2017081317120824e.jpg
あれ、ヲ初です…笑

訊けば我杯の御近所。


これからもヲ手柔らかに…笑

今宵の「玄海」。
幸手「玄海」 - Spherical Image - RICOH THETA


この日はミョ~に来客が少なかったな。



「外に野菜持ってきたから持って帰れよ」


呑み友の シマちゃんが持参した野菜をコレデモカに頂戴した。


茄子、ピーマン、キュウリ。


ワケワク夏野菜。



しばらくヲツマミに困らないわねっ


振り向き様の赤提灯



確かにな~。


いつでも潜伏できる一軒なのに、ど~ゆ~訳だかアシが遠い…。



… !!



アレか !?

港区民がなかなか東京タワー行かないってのと同じヤツかしら !?
(↑ )

『深海 ~ DEEP OCEAN 2017 ~』 に行ってきたよ

いつもヲ世話になってヲります。


トレーニングよりも残業してた方がダイエットになっていたバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です
(↑ ええいっ、癪に障るッ !! )


そんなアチキはある日、
DSC08618_201708111349083c4.jpg
上野にヲりやした。


何故ならば、毎度ヲ馴染み国立科学博物館にて、
DSC08619.jpg

深海展

…が開催されとったからです。



いまだ謎多き深海の世界…。

その一端に触れるべく、知的探究心が誰よりも深い我杯は、即座にアシを向けたのであった !!
(↑ 笑うトコ)



会場入り。
DSC08620_2017081111543184a.jpg
薄暗いブルーの照明に、期待が膨らみます


因みに、我々が太陽より享受する光。



様々な波長(色)の光が重なり合って我々の目に映っている訳ですが、

中でも『青』の波長が一番海中の奥底まで届くんだそうです。

海が青く見えるのは、この現象に起因しとるからなのです。
(↑ 本当)


…と、ヲばあちゃんは言っていた
(↑ ウソ)



それにしても、
DSC08629_20170811115433b48.jpg
すごい混雑 !!



正直、展示物はマトモに観られなかったワイ
gzgz



それでも何とか展示物前に辿り着く。



…をををっ !!
DSC08630_20170811115434821.jpg
「大空魔竜ガイキング」に登場する侵略軍の呼称が「暗黒ホラー軍団」だった。


もう、ネーミングだけで悶絶


出ました !!
DSC08633_20170811115436e35.jpg
ミツクリザメ 様  !!


別名ゴブリン・シャーク。
DSC08634_20170811115437016.jpg
この牙は、顎ごと口中から飛び出し、獲物を捕らえるのである。



深海のアイドル、
DSC08635_20170811115439ec6.jpg
ラブカ 様 。

この系統の展示には必ずいらっしゃる御方。


水深400~1200mに棲む、
DSC08624.jpg
デメニギス 様

…っつーこの方は、頭部が透明のドーム状の物で覆われている珍しい種類。


生きた姿はこんな風
mig.jpg
緑色の球体が眼球。

自身の真上を見ながら獲物を探す。

で、獲物を捕らえに行くときは、この眼球は正面を向くんだそうだ…。



…ホント、こーいった進化てのは、ど~いった事象が重なれば起こり得るんでしょうか?


脳内、ず~っと「パレヲはエメラルド」が流れてました。
( 深い海の底に めっずっらっしい サカナを見つけたみたいに~ )



これまたスゴイものを
DSC08641_201708111154420ce.jpg
この画像だけではピンと来ないでしょうが、大きさ太さが子供くらいだったですよ。


いや、小橋建太の腕といったほうがいいか。
m_E5B08FE6A98B01.jpeg
…まあ、間違いなくこんな腕持ったイカには勝てません


合気道も効かなそうだし、ゲソ揚げにしても不味そうだし。



さて、デカイのが来ました !!
DSC08648.jpg


DSC08650.jpg
とにかく驚かされた、そのデカサ !!


シトと比べると、
DSC08649.jpg
こうだ。

7mにもなる個体も確認されとるそうです。


海底2000m以浅の深海に棲息…。


絶対、こんなヤツに出逢いたくない。

絶対に深海2000mのトコには行かない。
(↑ 安心しろ)


スーパースター
DSC08653.jpg
ダイヲウイカ 様


…なんで、展示してある標本はみんな逆さま、アタマが下向いてたんだろう


理由の御存知の方は是非ともに教えて下さい



「ハゲナマコ」っつー、あんまりな名前の展示を発見。



…ハゲ…。




DSC08667.jpg
…絶対、今年の流行語なんだろうが、大賞ノミネートは有り得ないな…笑


それにしても、あのとよた某は完全に全国8000万薄毛主義者にケンカを売ったぞ。


この日本に貴様の居場所は無いぞ、覚悟しやがれ。




さて。

深海とは、生き物達ではなく、地質学上でも様々な現象、事象に富んだ世界あり、

日夜その研究・探索が行われているのである。


海底プレートの移動や沈み込みが、先の東日本大震災を引き起こしたとされ、

その原因や影響の調査に海底の様々な資料の採取が行われたという。
DSC08673.jpg
これは海底の地面を掘削し、地中の鉱物サンプルを採取する為のドリル。


東日本大震災を引き起こした地震断層にはズレによる摩擦熱が発生した。

その摩擦熱の温度を計測する事により、地震や津波の発生原因を突き止める、というプロジェクトが敢行されたというのだが…。


地球深部探査船「ちきゅう」より、計測器が海底に送り込まれたのであるが、その海底までの深さ、


実に6889.5m !!


更にその海底から844.5mを掘り進み、計測器を設置したというのだが…。
DSC08671_2017081111545124c.jpg
実に、富士山2ツ分の深さ !!


それをイメージ的に判り易く展示してあったのだが。


この尺度で言うと、

3.5mの高さから床にある0.25mmの孔に直径0.1mmの糸を垂らして入れる

…といった作業になるらしい…。


それを見事に完遂させたスタッフの技術力に、心から敬意を表します… !!





サイヤ人・ベジータが地球に飛来した時のポッドが展示してありました(ウソ)。
DSC08678.jpg
潜水艇「しんかい6500」のコクピットモデル。

圧力に耐える為の『耐圧殻(こく)』という形状なんだそうだ。







他にも知的探究心をくすぐる展示が多々あったのだが。



キリが無いのでここまで。



あ~、楽しかった !!

DSC08680_20170811115455396.jpg
シトが多すぎて全部見て周れなかったので、また出直そう。



小さなアタマにたくさん知識を詰め込んだので、

今度は胃袋にを流し込まなくてはならない…笑



「第2会場」に向けて歩を進めるが、これは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…
tbc.jpg

杯テンション ~ 一ノ割・大衆割烹やまよし ~

いつもヲ世話になってヲります。


アレですよ。

暑いからって、冷たい呑み物を口にするじゃないですか。



するってぇと、人体は内臓を冷やすまいとボーエーホンノーで、その周りに脂肪を蓄えるんだそうですな。


所謂、「内脂」っつーヤツですね。


そんな訳で今夏、内臓脂肪が急増中の我杯。
agag agag


我が宅のタニタ体重計は、そんな我杯を「隠れデブ」扱いする


アタマに来たので、どんなに暑かろうが疲れていようが、コレデモカにトレーニングしてやった




そしたら、ほれ見ろ、ざまぁみろ。

内臓脂肪が落ちたのでタニタは黙り込んだ。



ははは、や~い、体重計め !!

(↑ レベルの低い対抗心)



そんな訳で皆さん、こんにちは

今んトコ、ヲ腹がペッタンコのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です。


…。

毎度ヲ馴染み !!


駅改札に設置された監視カメラに、
DSC08593.jpg
ツバメが巣ぅ作っとった



で、一ノ割とくりゃぁ、
DSC08594_20170806183704b6e.jpg

大衆割烹 やまよし


…でっす !!


今回、「とある武道」で大変にヲ世話になった「生ヨーダ 様 」こと、ナガミン 3 が道場を御勇退。
Yoda.jpg
ナガミン 3
(↑ イメージです。
…笑 )





慰労会として、一席設ける。


VIPを優待申し上げるに、コチラの「やまよし 3 」は実に最適であり。
(グッジョブで大丈夫)



この一席に相応しいメンツを集め、
DSC08595_201708061836519b6.jpg
ぱんぱ~い !!


DSC08597.jpg
黒ラベルでスタート。


DSC08596.jpg
名物のヲ通しで2合はイケる。
(↑ 本当に)



早々に、
DSC08598.jpg
日本酒に切り替え !!



今回の共犯メンバー。

ヲ酒は何でもゴザレな方々ばかりなので、ブログ的にかなり楽…笑


レ・ミゼラブル。
DSC08599.jpg
ここぞとばかりにヲ出ましの刺身盛だったが。


…我杯、一箸も手が出せず…





悔しかったので、
DSC08600_20170806183658232.jpg
夏野菜の天ぷら盛


…は、人一倍に箸を運ぶ !!


だって、美味しいんだものよ。




ナガミン 3 、
DSC08601_20170806183659eb3.jpg
齢を80を越える大超人。


もっと御指導を賜りたかったが。


…まあ、稽古と酒宴は別モノ。

これからもヲ付き合い頂きましょい。





さて、マスターのヲススメを頂戴しやしょい。
DSC08604.jpg
秀鳳 純米酒 夏純(kasumi)
(山形県・㈲秀鳳酒造場)


夏の時期、日本酒は「夏酒」が出回ります。


そんなアリムラな一杯で、夏を呑み乾す…


シメにはモチロン、
DSC08607_2017080618370769c.jpg
つみれ団子汁

…をば頂戴する。


この生姜が絶妙に効いた一品は、飲酒後の余韻をベストの形で纏め上げてくれる。


我杯的に、この「やまよし 3 」の看板メニューと認定するものナリ !!



今回、初めての来店だったアンショク 3 やベーハラ 3 も、きっとゴマンゾク頂けたかと。



…それにしても、かなり呑んだ…。



で。


別件でウロついたある日。


近くまでアシを運んだので、躊躇わずに暖簾を潜る
DSC08703.jpg
…と、申しますか、コチラ「やまよし 3 」を擁する、
DSC08702_20170806215559f24.jpg
すずらん通り。


正直、他にも魅惑的なヲ店が数多く暖簾を掲げているのだが。



それでも我杯はヲレンジ暖簾にマッシグラ
(カルカン)


一ノ割のインフルエンサーなんである。
(ブンブンブン ブンブンブン  hey hey hey)



さてか。
DSC08704.jpg
何を頂戴致しやしょうか…。


「やまよし 3 」の刺身はマスターの腕前が百花繚乱、盛り付けが綺麗。

余計にその美味さが倍増するのだが…。


我杯、刺身に未練はあるものの、どこで食しても同じかも知れない、と強がる。
(↑ よっぽどでなければ、だが)



ならば、マスターの腕前がより一層に際立つ煮物とかを頂戴するのが得策 !!


思い当たった我杯は、
DSC08709.jpg
北海道産身欠ニシンさんしょう煮



…と、この一皿に、
DSC08705.jpg
石槌 純米 土用酒(どようざけ)
(愛媛県・
石槌酒造)

DSC08706.jpg
…をば、マスターのヲススメで頂戴する。

コチラの一本、名前の通り、
DSC08707.jpg
ウナギによく合う仕上りである。

だが、この土用サスペンスは、
DSC08708_201708062156097f1.jpg
コチラのニシンに大合致 !!



いや、マスターの味付けに合ったのだ !!


山椒のピリリとした味付けでまとめられたニシンの脂を、この一献が綺麗に押し流す。


リセットされた味わいは次なる一箸を促し、そして、杯の傾きを助長させる…。



嗚呼、美しき哉、酒場のエンドレスワルツ…



パンパイ攻勢
DSC08712_20170806215612cd3.jpg
隣席に居合わせたこの御仁。


わざわざ蒲田からいらしたそうで。


その上、我等が 吉田類 先生 とちょくちょくプライベートで呑んでいるらしい。


…ギョーカイのシトなのかしら !?


とにかく豪快に杯を傾けていらした。


コチラは、
DSC08714_201708062156161f7.jpg
ヲ店御近所の御常連 3 と。


酒とは。

酒場とは。


何やら懇々と話し込んだ我杯がいた。



嬉しき楽しき、酒場のエンカウンター



酒場に年齢、立場、肩書き、

そんなものはありません。




楽しく呑んで、食べて。


老若男女一つになりゃ、争い事なんて起きないんですよ。





「先日いらした時には皆さんでかなり空けていきましたねぇ。

今回もヤりますか?




マスターの『挑発』を何とか捌いた我杯、今回はここまで


DSC08716_20170806223922d53.jpg
フラフラで地球(自宅)に帰還…。



猛暑の続く日々。


限りなく近日にヲレンジを潜ろう…。


「バカモノ・ブログ見ちゃってる皆さん !!
I-did-it.jpg
アンタも一緒に付き合えよ !! 」


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login