酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


回転寿司バカ一代 ~漢三匹 那珂湊買出しツアー~

いつもヲ世話になってヲります。

比類無き共犯者である 衣ヤン との
「豊田屋・あんこう鍋ツアー」の翌日。
今度は「とある道場
押忍!」のマグマ先輩、ケムラー先輩の両大先輩との那珂湊遠征ツアーを敢行である

ケムラー先輩は、何度もこのヲポンチなブログに御登場頂いているが、もうヲ一方のマグマ先輩、とある道場の師範代であるにも関わらず、何かと我杯にヲ声掛けを下さる、ケムラー先輩と並ぶ、有難い御仁である

マグマ先輩、パッと見は優しそうなアンチャンなのだが、奇抜なファッションを好み、自身を「平成の傾奇者(かぶきもの)」と称す。
趣味のパチンコで傾奇者の生き様である「負け戦」を実践する「もののふ」である

…あんまり詳細述べると、殴られちゃうので、出発

有難い事に、那珂湊までのアシは、ケムラー先輩の自家用車
航空自衛隊のスクランブル無線を傍受出来る装備付きの、至って普通の自家用車である
押忍!! 宜しくヲ願い致します!!


車中、ヲ互いに無茶振り(笑)をしながらの、ヤロー三人の気楽な道中
途中、興味をそそる酒場を発見
DSCN3339_20120419233021.jpg

「居酒屋 みなみ」(いざみな)
…ん~、どんなヲ店なのかしら…




到着、那珂湊
DSCN3340_20120419233019.jpg
「あの大災害」の爪痕が残っていた…

それでも、市場へ踏み入れると、そこには活気、活気、活気!!
我杯、「那珂湊、壊滅」と耳にしていたので、この雰囲気に安心しますた
そんな中で目の当たりにした、
DSCN3343.jpg
あんこう、原形!!
デカイ!!


…いつも思うのだが、「一番最初にアンコウを食べたシト」って、どんだけ勇者だったんだ…
つか、我杯、この「肝」を有難く頂戴しているのね…

軽く市場を見回した後、我々はタレントも数多く来店、常時行列の「森田」に潜伏
スゴイ行列だったが、何故か我々、10分少々でカウンターに着陸出来た
日頃の行いですかね…笑

さあ、我杯、
DSCN3344.jpg
何と、大先輩ヲ二人を差し置いて、「月の井」@700をば(←バカヤロウ)
押忍!! 頂きます!!

ところで、ヲ二人方、かなりの大食漢、健啖家である
suturo-.jpeg
以前、回転寿司の「スシロー」で「三人でどんだけ喰えるか組手」を開催、
御覧の通りである…(合計70皿超だったが、我杯は十数枚程度?だった…)

なので、ツマミ半分で、
DSCN3345.jpg
ヒラメのえんがわ。
噛み締めると、じゅっ、と滲み出してくる独特の脂の旨みを、冷酒でコラボする。
日本文化、バムザイ!! 信じて止まない一時である…

だが、ここのネ申メニューは、
DSCN3347.jpg
あら汁@150 である
魚の旨み、味噌の旨み、混在しながらも説得力のある味わいで、売り切れは必至。
実際、我々がオーダーして暫く後に「売り切れ」表示が
へっへ~、人徳、人徳

寿司とは言え、ヲ魚じゃ、ヲ酒は古代 進くん
DSCN3348.jpg
2本目です
押忍!!頂きます!!
…両先輩、ひたすらに皿を重ねる…
マグマ先輩、ウニ軍艦巻が気に召されたようだ…
…そのヲ皿、値が張りますよ…

白子の軍艦巻をば
DSCN3349.jpg
トロリ、としたコクのある、知る人ぞ知る味わい…
この時点で、我杯の「今日の買出し」が決定する…

我杯の大好物
DSCN3350.jpg
サーモン
ヲ寿司なのに、「洋」テイストを感じる


両先輩方が皿を重ねる中、我杯は、
DSCN3351.jpg
ひたすらに厚焼きタマゴ@105
以前、カーノさんとココに訪れた際、二人でコイツだけを10皿以上平らげた実績、アリ。
…何しに行ったノカ…

さて、好い加減、ヲ腹が一杯になりましたよ
三人で〆て、¥12、235-

買出しがてら、市場を見て回りましょうか

 
正直、「自粛ムード」と言われたものも、長続きはしなかったような。
だけど、いつまでも、しょげ返っているのも…、というのは自己弁護か。
だが、ヒトにはやはり「活気」が必要では。

そして、ココには「ソレ」が存在していました
DSCN3354.jpg
素直に、このような「恵み」の恩恵に与れる事に感謝したひ

しかし、
DSCN3356.jpg
自然に由来するものは、美しい
造形、色彩、機能…
だからこそ、自然に遠く及ばないヒトは努力するのだが…

我杯は自己を見つめ直す…

自分には 何が 足りないのだろう~



…ん~…
常識?


幾多の恩恵を与えてくれる大海ではありますが、
DSCN3357.jpg
この上ない恐ろしさをも見せ付けられた我々日本人。
尊敬と畏怖の念は、表裏一体なのだと感じつつ、我杯は那珂湊を後に

帰途にて。
滑走路付きのヲ土産屋として知られる、
DSCN3375.jpg
茨城空港に寄り道

一日に大した発着も無いクセに、
DSCN3370.jpg
ヲ土産コーナーは盛況

他に見所と言えば、
DSCN3359.jpg
この飛行機
この機体の詳細につきましては「コメント投稿」にて、彼女よりも飛行機好きのケムラー先輩が御解説下さいます…笑

面白いのが、
DSCN3374.jpg
この、見送りデッキのガラス。
右側の景色は、普通に見られるのだが、

左側を向くと、あら、不思議!!
DSCN3373.jpg
途端に、すりガラス状になって、不可視になる。
実は、この方向には、自衛隊百里基地が存在。
国防上の観点から、見られないように云々…
この詳細につきましても、ケムラー先輩が御解説下さいます…笑

茨城空港、ヲ喜びになられていたのは、若干一名だけだったとか…

地元に舞い戻って参りました
押忍!! 那珂湊稽古、有難う御座いました!!

帰宅後の我杯、早速に買い出して来た食材をば堪能
DSCN3377.jpg
先ずは、白子のポン酢にて一献

…ンフ~、コイツはたまらんワイ…
明日の晩酌もコイツで決まり、なんてウキウキ
…してたら、明くる日、我杯の実母がシッカリ煮込んで、残らず食べてしまっていた。

「白子は、煮て食べるものだ」

との、我杯の嗜好を無視したやり方で…

だが、
DSCN3378.jpg
刺身三昧
近所の超絶スーパー「マルヤ」も遠く及ばヌ質、量で、我杯は自宅呑みを心底堪能
一瞬「酒場巡り」を止めようかと思ってしまう…(止めないケド…笑)

イカの刺身をトドメに
DSCN3379.jpg
それこそ「明日のヲタノシミ」にしたかったのだが、やはり、我杯の実母が、

「明日になったら、美味しくなくなる」

と、全部、切り出してしまったじゃなイカ…。

仕方ない、食でゲソ…。

…。

…溶けたじゃなイカ!!

口の中で、ニュルニュルと、溶けたでゲソ!!
その甘み、コク、それでも堪能出来る絶妙の歯応え!!

今回の「押忍!!那珂湊部!!」の成功を実感した我杯、

次回は「銚子」がいいなぁ…

と、聞こえよがしに思うのであった…

Comments

では 
お言葉に甘えまして女の子より飛行機好きのケムラーです(笑)ではさっそく(笑)写真左側(手前)の飛行機はF4EJ改戦闘機と申しまして愛称はファントム(亡霊とか幽霊って意味らしい)。米マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が艦上戦闘機として開発し米海空軍などで使用され日本でも航空自衛隊が1972年より運用を始めて以来今現在も第一線で日本の空を守っています。総数140機が配備され全国各基地で見られましたが年数がたち老朽化して少しずつ機数が減り現在では茨城県百里基地と宮崎県新田原基地の二ヶ所にしか配備されてなくあと数年で全機が用途廃止(退役)するみたいです。(後継のF35は間に合うのか??)右側奥の迷彩の飛行機はこのF4EJ戦闘機にカメラを搭載できるように改修(改造?)してRF4EJ偵察機として生まれ変わり全国で災害がおきると上空から被害状況を確認し写真を撮ったりするのがお仕事の飛行機です。この飛行機は百里基地にしか配備していないのでけっこうレアな飛行機だったりします。この機体も用途廃止がチラホラ進んでいて今後は激レアな飛行機になると思います。はぁ~疲れた~!茨城空港曇りガラスの件は機会があれば(笑)今日はこれまで!では今度は銚子で!魚介類の美味しいお店知ってますよぉ。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login