酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


新宿に魔空空間を見た!! 前編 ~新宿・ひな鳥2号店、カブト~

いつもヲ世話になってヲります。

またまた「アイツ」から「大逃亡」のヲ誘いが来たゾ
こんな間を置かずに、呑み歩きの連絡を入れてくる漢…
「地上最強の生物」の範馬勇次郎さん、コイツは…誰でしょう?
91QSC.jpg
…ハイ、有難う御座いました…笑

てな訳で、集合時間の1400(ヒトヨンマルマル)時になっても、麻雀やってて来ない イヤミくん に先行して、
DSCN3499.jpg     DSCN3501.jpg
突入、思い出横丁



取り敢えず、端から巡ってみまして、反対側の出入り口にて見付けた、
DSCN3512.jpg
ひな鳥・2号店
…に、逃亡してみます。
初逃亡であります、ども

店内はL字カウンター10席ほど。 「思い出~」らしい、チャイチーなヲ店
DSCN3506.jpg
我杯は、イヤミくんが我杯を探しながら合流する、てんで、判りにくいように、奥の席に着陸…笑

DSCN3505.jpg   DSCN3507.jpg
先ずは、ヲ得意の酎ハイ@400とヲ通しのシナチクで、ぱんぱ~い
厚揚串焼@450、アツアツで、チョイと薄ら寒い日でしたからね、じんわり、とヲイシク胃袋に届きますた

ところで、ヲ店の ちゅうかなヲネーサン、
DSCN3508.jpg
…チョイと、我杯好み
しきりに煮込みを推してましたが、チョット待ってね、今、一人変なのが来るから…笑

そしたら、ヲネーサン、我杯をおいて店の外にしばらく出てっちゃった
我杯の前には「食い逃げ注意」の張り紙が…
…ねぇねぇ、危機管理、危機管理は?

「…あ!! 何で、ヲ前、イキナリいるんだよっ」

表に イヤミくん が。
我杯のことをジックリ探そうと、覗いた1軒目が、このヲ店だったようだ…笑

遅刻しといて、何を言うかっ
DSCN3509.jpg
イヤミくん、生ビールで、はい、ぱんぱ~い

「相手のヲジサンが(麻雀)うつのが遅いから、遅刻は俺のせいじゃない

…貴様に「正義」の二文字は存在しないノカ!?

まあいい、他に何かオーダーしましょうや
DSCN3511.jpg
ほいだら、串焼きの盛り合わせで


思い出横丁、呑み屋にしては、チョイと「観光地価格」かな?
軽くエンジンの回転数を上げた我々、聖地へ足を向けます



 
到着、Escape of the year 2011(フタマリヒトヒト) グランプリ

DSCN3503.jpg
思い出横丁のヘソ」と呼ばれる、このヲ店に来られる事は、「逃亡者(のがれもの)」として、幸いである…

DSCN3514.jpg
我杯、先ずは焼酎の梅割り
勿論、焼酎は比類無きブランド、キンミヤである

何も考えなくていい。
DSCN3515.jpg
この聖地では、「うなぎ串・一通り」@1540で、ヲール・オッケーなのだ

一段と妖しさを増した、
DSCN3516.jpg
カブトのもう一つの名物、「妖怪ランプ」

とうさん、これは、もう妖怪レベルじゃないですよ…

071203_233034.gif「ん~、もはや、これはネ申レベルじゃのう…」


次々と焼き台から供される串焼きの品々。
DSCN3519.jpg
我杯にとっては、「天からの恵み」級のアリガタサ

レバ焼き
DSCN3520.jpg
酒呑みには、何の変哲もない一品だが、ここのは苦味が違うぜッ!!
…何故か、ケムラー先輩に食して頂きたい一品である。

コレを食さねば、「カブト」の緒を締めたことにはならない
DSCN3522.jpg
塩蒲焼

「うなぎは、タレで食すもの…

そんなふうに考えていた時期が、僕にもありました…

…ええ、そうです。

うなぎの食し方には、塩焼きは存在しますッ」



舌鼓を48億ビートで打つ我々、今年度の目標を設定

「今年は 吉田類 先生 と一緒に呑む!!」

…何と、畏れ多い…
…でもなく、我等の 吉田類 先生 は、酒呑みイベントを御開催されることもあり、我々のような下戸も、ヲ目通りのチャンスが存在するのである

吉田類さん、よく来るよ。年に10回くらいだけどね」

流石、聖地の中の聖地。

こりゃ、足繁く巡礼しないとイカンな…


ところで、今回のサブタイトル「新宿に魔空空間を見た!!」は、イヤミくん の命名である。
彼は別件で、とんでもない発見をしたという
敢えて魔空空間に飛び込む宇宙刑事ギャバンのように、我々は、その入り口に向かった…

その入り口とは…
kabkuki1.jpeg

…中編に続く!!

Comments

ヲヲヲ!!! 
ようやくアゲたね。

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login