酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


新宿に魔空空間をみた!! 完結篇 ~新宿・通りみち、番番~

「とある武道」の稽古仲間であり、ボクラの頼れるヲネーサマ、ヒサ木公さん に、

「酒臭い

…って、道場で怒られた…

確かに、武道を志す者が、道場に前日の酒を残して顔を出すとは言語道断
戦場なら48回は討ち取られている筈だ…
今後、「逃げ方」を改めねばなりませんね

改めまして、ヲ侘び申し上げます、今後は注意致します…


さて。

都会に降る雨は、余計に冷たく感じる。
それが、新宿ならば尚更である…

そんな大沢在昌チックなハードボイルドとは全く無縁の我杯とイヤミくん、いよいよ足元が覚束無い

そんな中、いかにも新宿の裏小路を覘いた我々。
キョロキョロするモンじゃないなぁ、見付けちゃったジャマイカ
DSCN3547.jpg
素肌に革ジャン着込んだユーサク・マツダが飛び出してきそうな雰囲気だ…

我杯の超絶低能デジカメ「フリーメイソンの眼」の波動フラッシュが閃光を放つ!!
DSCN3546.jpg
「通りみち」

若しくは、モグロフクゾーが潜んでいそうだが…
流石の我々も引き気味だったが、ええい、儘よ
勿論、初逃亡、こんばんみ~

…あれ。
外観とは裏腹に、店内は実にシャレヲツな雰囲気(イキフン)
カウンター6席、中二階のようなスペースにテーブルが数卓だったか、「隠れ家」という表現がシックリくる造りに、良い意味で期待を裏切られた
先客さん数組が週末の「都会の谷間」を愉しんでいた

我々、カウンター席に着陸
さて、何を呑みましょうかね。
…って、実は、ここら辺から、いよいよ記憶が定かでない

DSCN3548.jpg
我杯、梅酒か何かをオーダーしてたのかな?
ま、いいや、ぱんぱ~い
勿論、イヤミくん が何を呑んでいたかなんて、知らない知らない

ニューメー
DSCN3549.jpg
…うん、高い!!
だが、チープなモンじゃ「ジュク」でヲマンマは喰えねぇぜ

…そーいや、表に「やきとり」の提灯、掛かってましたね
じゃあ、ということで、
DSCN3550.jpg
勝利の手羽先や~
うん、皮部分の、ネットリとした感触は覚えているぞ。
でも、味はよく覚えていないぜ!!

…何故かって?
酔っ払ってたからさ
どうだい? ワイルドだろぉ?

この日は、メーアー、リーフーだったので、寒かったス
なので、
DSCN3551.jpg
玉子焼き@600

ウム!! 心の温もりに飢えている我々、温かい一品には救われます…

店内BGM、中森明菜ですね
何故か、顔に黒い「隈取り」をしたマスターさんだろうか、どうやら我々と同年代のようで、選曲がイチイチ我杯のツボである

イヤミくん は、隣席の意味深カップルに、意味ねートークをぶつけ始めた
やはり、我々のような「ノリ」の人間とは居合わせたことは無いのか、案の定、

「芸人さんですか?」

…との問い掛けが…笑

ええい、もういいや、テキトーな事、言っちゃえ

そうです、ボクタチ、酒場芸人の「葛飾モンテカルロ」って言います!!
たまにタモリ倶楽部とか、出させてもらってます!!(嘘)


「ええ~っ!? やっぱり~?」


…今度、ちょっとしたネタ、作っとかなきゃなぁ…笑


はい、ゴチソーサマでした
ま、いかにもなヲ店でした、楽しかったス


まだまだ雨の降りしきる、新宿の裏通り。
DSCN3552.jpg
ふと、覘いた小さなスペースに、打ち捨てられた様々なモノ達が、黙って冷たい雨に濡れそぼっていた…

人間社会の縮図を垣間見た我杯。

いつか、自分も…

寂しくも悲しい想像に頭を振る。

何の何の。
強く生きていきますよ(きっと…)


「さあ!! 今日の本命、行くよ!!」

グズグズな我々、いよいよ本日の「逃げ納め」に臨む




 
どこを、どう歩いたんだか。
昔、新宿を勤め先にしていたイヤミくん、我杯からすれば迷路のような歌舞伎町を、迷う事無く先達してくれる

「ここです!! ここが今日のメイン会場です!!」

…全部、メインだったような…

新宿では有名店

DSCN3560.jpg
やきとり 番番

入り口は下方階段
ヲ店、地下にあるんですね。
狭くて急な階段を下り、入り口を潜ると…

…ををを!!
スゲー、賑やか!!
このザワメキ、喧騒、活気、雰囲気…
酒場に足繁く通う者ならば、このヲ店に容易に「取り込まれて」しまうだろう

座席は独特の形状をしたカウンター席のみ。
強いて表現するならば、「ロの字」。
3、40席はあっただろうか、ほぼ満席
新宿の週末を全て愉しんでやろう、そんな老若男女が、大いに語らい、杯を傾けている。

…ここは、イイ店だッ!!

流石、イヤミくん。

セレクトに外しが無い


…毎回、不思議なのだが、我々、

「あ、イッパイなんで、また来てください」

みたいな憂き目には遭わない。
何故かいつも、2席空いてるのである。
こいつぁ、吉田類 先生 の領域に近付いてきたか!?

首尾良く着陸した我々、
さあ!! 最後だってんなら、ガッツリやってやろうじゃん!!
DSCN3553.jpg
酎ハイ!!
ぱんぱ~い!!
…一体、今日だけで何杯呑んでるんだ?

煮込み
DSCN3554.jpg
つまみながら、今日一日を振り返る。
お互い、途中でグダグダのボケをカマしながら、お互いのアタマ、ヲデコに突っ込みを入れていく


…ん?

我々の対面にいるカワイイ女の子2人組が、コッチを見てるような…?

あ!! 間違い無いですよ!!
コチラのボケ、ツッコミに合ったタイミングで大ウケしてますよ!!
しかも、片方の女の子、武井 咲チャンにクリソツじゃないですか!!

イヤミくん、チャンスですよ!!
今こそ、酒場芸人「葛飾モンテカルロ」の本領発揮ですよ!!

イヤミくん、おい、イヤミくん!! イヤm…

…あ
iyami-ban.jpeg
イヤミくん、轟沈

馬鹿太者ォォォ~ッ!!
ムニャムニャ言いながら舟を漕ぐイヤミくん
いいよ、いいよ、我杯、席を外した時に武井 咲チャンとすれ違って、少しヲ話しちゃったもんね~
あ~、可愛かった!!

イヤミくん、覚醒
DSCN3557.jpg
流石に我杯も呑み疲れた…
お冷で停戦

それにしても賑やかな店内。
DSCN3558.jpg
この時点で2144(フタヒトヨンヨン)時
新宿の夜はこれからだ、と言わんばかりであった

推しメニューの、
DSCN3559.jpg
やきとり 盛り合わせ。
我々の胃袋、本当に強いんだな。
確か、2軒目で「カブト」の一通り、やっつけてた筈だよ…

シメ

いやぁ~、タフな一日だったぜ!!

この日の潜伏先、総数7軒!!

しかも、1エピソードが4部構成…
こんなことしてると、いつか死んじゃうよ

歌舞伎町の喧騒の中、我々は次回の「大逃亡」先を話し合う。

「モンナカ(門前仲町)だな…

…あ、チョット待って、何これ。大変、大変。
DSCN3561.jpg
…ふ~ん、ま、きょ、興味なんか無いケドね…

イヤミくん、サウナ付きの安ホテルで一泊するんで、我杯とはここまで
別れた途端に、どっと疲れが出てきた…

うあ~、疲れた、ダルい、かったるい、もう歩けない。
誰か、応援してくr…

…あ
DSCN3562.jpg
「そこのヲヤッサ~ン、ばんばれ~

…ウム!!
心の波動エンジン、フライホイール、接続、点火!!

さあ、地球(自宅)に帰ろう…yamato_03.gif

Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login