酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼3-2 ~浅草・捕鯨船…「神々の酒場」~

換金しはぐったものの、意気揚々と浅草を「逃げ回る」我杯と。イヤミくん。

「よし、ダメ出しされに行こう」

妙な事をのたまうイヤミくんが目指した店は…
Image354.jpg
くじらの店 捕鯨船

…ををを…
何とディープな佇まい。これは期待出来る
しかも、ここは、やはり吉田 類 先生の御降臨された「聖地」である

「鯨(げい)を喰って 芸を磨け!!」

…。
居酒屋の看板にしちゃ、シャレをきかせた、妙な表記。
暖簾の上にも、妙に写真が並べられているが、酔っ払っててよく分からないや
こんばんス~

店内は、L字カウンター席のみ。15、6人も座れば満席だろうか。
実に潜伏し甲斐のある雰囲気で、先客さん達も楽しそうに呑み、語らっている。
我々は、カウンター席の端っこを占拠。
ヲラ、何だかワクワクしてきたぞ

「いらっしゃいませ~ 何になさいますかぁ~

アニメ声、おさげ、メガネ。
3つの凶悪な「武器」を持ったヲネーサンが、注文訊き。

んでば、瓶ビールと、このヲ店御自慢の「煮込み」を下さい
Image349.jpg
来た来た。
じゃ、レースの勝利を祝して、ぱんぱ~い

…ん~、まさに「勝利の美酒」ってヤツだァッ!!
新たな力が湧いて来るッ!! い~い感触だァァァッ!!

煮込み
食。

………ム、ムマイッッッ

なんじゃ、こりゃ!?
こんなムマイ煮込み、食したのは初めてであるッ!!
無駄の無い絶妙な甘さ、コク、歯、舌に伝わるモツの極上の弾力ッ。

煮込みは「一級料理」では無い…
そんなふうに考えていた時期が、我杯にもありました…

…ええ、そうです。
「一級料理」というカテゴリには、モツ煮込みは存在しますッ。
Image350.jpg
我杯の目の前に鎮座する、「一級料理」の源
このヲ店の御主人が朝イチから、丹念に仕込みをしているとの事である

イヤミくん、隣席の御常連さんの肴に興味を示した。

吉田先生の体で
「あの~、それは何を召し上がっているのですか?」
「鹿子(かのこ)だよ」

イヤミくん、鹿子をオーダー
Image352.jpg
来た来た。

…なんとも珍妙な在り様

…え~なになに、

「鯨の顎の付け根部分の肉。鯨一頭から、10kg程しか採れない、超希少価値部位。
脂が鹿の子模様に入っているところからの呼称」


へー。
じゃ、食。


………こっ、こいつぁ………っ

事件だッ!!!!


いや、ウマイなんてモンじゃない、これは味覚の犯罪だッ!!!!
あ~、口に入れた途端に、脂が溶け出して、それでいて臭みも無く…
…あぁ、表現不可能
イヤミくんも舌鼓を百万ビートで打っている

「ウマイね、これ。ところで、いくら?」

値段も確認しねぇでオーダーしたのかっ。
…って、君が背にしている壁に貼ってあるぞ

「鹿子  2620円」

うわ。


二人でウマイウマイと騒いでいたら、近くで呑んでいた御常連さんからヲ声が掛けられた。

「あんたら、芸人さんかい?」

アハハハハ、まただ

実は、我杯とイヤミくん、過去に何度か「大逃亡」をカマしているのだが、毎回、必ず、
居合わせた方々から、「芸人ですか?」と、訊ねられるのである

別に、周囲に対してウケを狙ったトークをしている訳ではないのだが、まぁ、バカばかり言い合ってりゃ、
そう言われるでしょうねぇ

勿論、否定
アタシ達ゃぁ、トーシロですヨ。

「そーかぁ?いや、本当は芸人なんだろ~?」

違いますって


我杯、ヲトイレ

席を立って、そーいや、このヲ店、壁に何か色々と落書きしてあるなぁ、
不思議に思って店内を見回した。

…げ!!!!こ、これは…っ



 
Image347_20111123113552.jpg
ジ、ジョォォォッッッ!!!!

…左下の写真、紛れも無く「ちばてつや」先生の御姿が…ッ!!!!
えっ!?
一緒に写ってる方は、「松本零士」先生!!!!

何事!?
壁をジックリと眺めながら、自分の席に戻ろうと、ふと、入り口のガラス戸に目が行った。

…YouはShock!!!!
Image348.jpg
ケ、ケンシロォォォッッッ!?

あ~、ちょっと待てちょっと待て
これ、薄っぺらなガラス戸なんかに描かれていいモンじゃないぞ!!!!

見回すと、様々な著名人や、芸人さんのサインだらけ。
Image351.jpg
ビートたけし。

この時は不在だったが、何でも、このヲ店の店主さん自身が、元・芸人さんだったらしい。

成る程、それでイヤミくんは「エセ芸人」の我々に、店主さんのダメ出しを頂戴しようと言っていたのだな

…って、バカヤロウ。
「世界のキタノ」の来るヲ店で、エセコントなんか出来るかっ

とにかく、このヲ店はひっくり返ることばかりで、総ての魅力を表現し切れない。
何か、「別の物」で完全に酔っ払った我杯、この後、イヤミくんと共に上野・御徒町にアシを向けた。
しかし、この時点での記憶は、両人共に完全にロスト
だが、「四字熟語でボケましょう」なんてことやってたのは覚えてる

この一ヵ月後に、我杯の携帯電話のムービーに、二人のグズグズの姿を撮影したものが見つかった。

ド、ドイヒー…


Comments

 
壁に 落書き???? すご~いお宝ですよ  このお店 行ってみたい 場所どこ 教えて

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login