酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ヲ湯割り芋焼酎の呑み方

いつもヲ世話になってヲります。


「とある武道」の大先輩である シロウサギさん、ある日の稽古で道場に忘れ物をされた。

シロウサギさん、口髭の似合う、チョイ悪ダンディである…笑

たまたまソレを見付けて届けた我杯に、

「礼だ」

と、頂戴致しまするは、
DSCN4297.jpg
芋焼酎の「道頭」


…ぐえっ!!


我杯、芋焼酎はカエルのヘビ、ナメクジの塩、である

とは申せど、結構ですなどとは、言える筈も無く…


帰宅後、取り敢えず試飲してみた。

…。

…あれ…?。

ヲイシイ~
DSCN4296.jpg
芋焼酎、独特の臭味が、非常にクリアにされている「逸品」である。
芋焼酎、呑み易いものも出てるんですね~


…日を改め。

我杯が外出先から帰宅すると、我が両親と親戚の伯父・伯母がかなり出来上がっていた。
午後3時か4時位のハナシである。

この伯父、かなりの酒好きで、何かと理由を付けては呑みに来訪する台風みたいな輩である
タマには、と杯を交わし、この逸品をを差し出すと、

ラムネ焼酎の呑み方を知らんようだな」

この伯父、日本全国を「仕事」の名目で飲み歩いた、かなりの「逃亡者(のがれもの)」である。

レクチャー、開始。

「いいか、芋焼酎の湯割りを呑む時、最初に杯に入れるのはヲ湯だ。
その後に入れるのが焼酎だ。入れた後に掻き混ぜるな。
ヲ湯に焼酎を被せるようにして呑むんだ」

言われた通りにしてみた。

…。

…あれ?

芋焼酎の楽しみ方である「ニオイ」が、これまた品格の感じられる物に…

SBSH3768.jpg

芋焼酎、ウメーッ!!!

我杯の実父にも勧めたら、鼻をつまんで口にした


…それは違うだろう!!

カレーライスの「カレー」を除けて食べているようなモンだぜ!!
我杯の実父、酒は好きだが、「芋」はニガテらしい。

…ぃよし!!

範馬 刃牙 よろしく「親父」を超越(こえ)た一時…笑


Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login