酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


KDT(今日もどこかでトヨヱツ団) ~北越谷・のんべぇ、鳥一、鷹~

いつもヲ世話になってヲります。

この「酒場逃亡記」にて、比類無き共犯者である カーノさんイヤミくん は、我杯と「とある学舎」を同時期に過ごした同窓生である。

母校、そして過去、現在と学びし者達の、名誉と尊厳の為に名を伏せるが、まあ、そこで我々は時を、場所を同じくして出会ってしまったのである…。

「とある学舎」てのが、
DSCN4549.jpg
コチラを最寄りとする。

我杯が通ってた頃(二十ウン年前)とは違い、
DSCN4553.jpg
現在は高架化、駅前整備で、かなりレイキーになってはいたけど。

…それは、思い出を作り変えられたようで、何かビシサー

だけども、
DSCN4555.jpg
ここらへんは(チョイと寂れてはいるが)変わらずで、安心

今回は、懐かしさ溢れる元・地元で、

総選挙の反省会をしなくてはイケマセン」

と、カーノさん となったので、ヒサブリに立ち寄ってみた

待ち合わせの時間まで間があったので、何と無くアシは母校の方角へ向かう

DSCN4557.jpg
「母校」の近くに、ずーっと、ある喫茶店
今だから言っちゃいますケド、我杯、ここでヲンナノコにフラれた事がありますね
友人の紹介だったんですけど、機会を上手く活かせず…
ま、今となってはイイ思い出…

…な訳、無ェだろうがッ!!0066.gif



…を。
DSCN4561.jpg
我杯の母校、その校門に設置されているポスト
ずーっ、前からココにあるんですよ。
ずーっ、とココに。
このポストを見て嬉しいのは、僅かだと思いますが…
関係の方々、どうでしょうか~? (ルンルン)


元荒川。
DSCN4569.jpg
ココに掛かる橋は「出津橋(でづばし)」てんですが、ココから眺める夕日は本当に最高なんであります…
また、この土手は、春には実に見事な桜が楽しめますヨ


さて、待ち合わせ時間になったので、北越谷駅に戻って  カーノさん と合流
不思議ですね、意識せずとも母校から駅に向かう道筋は、学生時に通ったものと全く同じ!!
…身体が覚えているんですね…



ヲサレな喫茶店。
DSCN4573.jpg
実は、ココには我杯が現役時に散々に通い、アルバイトまでした居酒屋があったのだが、4年前に閉店してたそうで…
気にはしていたのだが、遅かったか…

さ!!
気を取り直して訪れるは、

DSCN4574.jpg

酒処 のんべぇ

…何だよヲイ、現役時にはあまり通わなかったけど、全く変わってないじゃなイカ!!
うあ、懐かしい!! 早く潜伏しましゃう!!

あまりの懐かしさに、
DSCN4575.jpg
い~ても たぁっても い~ら~れ~ないっ

我杯はホッピー黒、 カーノさん は生ビールで、はい、ぱんぱ~い
あ~…   懐かしい地元で呑むヲ酒はヲイシイ…

少なくとも二十ウン年前から営業している訳ですから、
DSCN4577.jpg
ヲ店の雰囲気は保障出来ます

ヲ品書き、その1
DSCN4578.jpg

その2
DSCN4579.jpg
学生価格で、かなり安価

DSCN4581.jpg  DSCN4582.jpg
ポテサラ@250と、のんべぇサラダ@380

…安い、安い
ズルイぞ、学生諸君

追加ヲーダーにて、
DSCN4584.jpg
チョリソー@300、真アジ開き@250をば

…ますます安価で、ズル過ぎるぞ、学生諸君


我々の潜伏開始が1819(ヒトハチヒトキュウ)時だったのだが、小一時間ほど経過した1900(ヒトキュウマルマル)時頃から、続々入店、しばらくして満席になってしまった

その間、我々は何故か「あぶない刑事」の話題で盛り上がっていたのであった


さてと
一軒、二軒じゃ「第二の地元」は満喫出来ませんよ。
次に行きましょうか!!



 
折角の「元・地元」ですからね、よく通ったヲ店に入りたかったですが、現役学生諸君でどこも満席だったりした

そんな中、
DSCN4585.jpg

鳥一

…なんてヲ店に潜伏しちゃう訳ですよ、ボクチャン達は。

カーノさん は、かなり懐かしがってましたけどね、我杯は入った覚えが無かったですね。
DSCN4597.jpg
それを抜きにしても、非常に魅力的な感じですよ
はい、こんばんス~

店内、なかなかに広かったですね。
大きめなカウンター席に、座敷も数部屋あって
DSCN4590.jpg
我々は小上がり部屋に揚陸したでヤンス

我杯はホッピー白@300、 カーノさん は好物の生中@700で

さて、それでは、今回の本議題である、総選挙の反省会をはじめましょうか
DSCN4587.jpg
ヲ酒を片手に、ヲ互いが持参した資料を元に白熱した議論が交わされ、これからの発展的展望が語られたのであった。
(↑)

ヲ通し。
DSCN4588.jpg
マカロニ・サラダに笹身和えでしたけどね、これがマタ、超・美味!!
…焼鳥屋、ですからね、ヲイシイ筈ですわ

更にネ申懸かって美味ですたのは、
DSCN4592.jpg   DSCN4593.jpg
コチラのピーマン肉詰め@165、手羽先@165、茄子焼き@200
ピーマン…は、特に、今回のヲヲ当たりですたね。
コチラへヲ越しの際は、是非共にヲーダーしてみて下さい!!

…よろしくね…!! (← ?)

カウンター席、眺望。
DSCN4595.jpg
コチラでは、学生さん達の賑わいは控えめで、我杯と カーノさん にしては(珍しく)落ち着いてイケましたね

さて、時間も財布もまだ余裕がありますよ
ヲ次は?

ココだ!!
DSCN4599.jpg

もつ焼き 

DSCN4600.jpg
ここはですね…
我々、二人とも通った覚えの無いヲ店でしたが、キタコシ(北越谷)なら、何でもヲケー!!

潜伏開始
こんばんス~
DSCN4601.jpg

…。

やはり、安い。
大袋といい、北越谷といい、何故に安価に済ませるのかしらん

…まあ、我々にとっては、とても有り難いことですが

店内の様子。
DSCN4602.jpg
コの字カウンターで13席ほどの小さなヲ店

いろんな物が壁に掛けられてますたね。
DSCN4603.jpg
コチラも提灯ですか。
これだけの物をコレクションするのは、かなり時間かかりますよ。
このヲ店が、ロングランであることの表れですね

さて、この日の何杯目だ?
DSCN4604.jpg
我杯の酎ハイ@350と カーノさん には珍しく梅ハイ@350で、ぱんぱ~い

たらふく食べて来てはいるが、
DSCN4608.jpg DSCN4606.jpg
さば塩焼き@380 と、推しメニューの煮込み@380をば

あと小一時間で、日付も変わるというのに、
DSCN4610.jpg
逆にヲ客さんの数が増えてきましたね
夜遅くに繁盛する居酒屋さんて、何か安心出来ますね。

「ああ、まだココにいられるんだ」

みたいな

御常連さんのヲバチャンとの酒場交流、開始
DSCN4611.jpg
このヲ店には、よく見えられるんですか。

「タマにだけどねぇ。アナタ達は、今日、どうしたの?」

いや、実は我々、すぐ近くの学校のOBでしてね…

…何てな事は、

誰も知らない 知られちゃいけない

我々二人が 誰なのか

何も言えない 話しちゃいけない

我々二人が 誰なのか

キタコシに愛がある キタコシに夢がある

このキタコシの名誉 守りたいだけ

今日もどこかで トヨヱツ団

今日もどこかで トヨヱツ団


(※註:トヨヱツ団…我杯や カーノさん を筆頭に変な猛威を振るった人達の集まり)

さて、ヲバチャンと話し込んでいたら、2330(フタサンサンマル)時を過ぎてしまった
上り下りの電車ともに頃合である。

懐かしの「元・地元」を堪能した我々、ゆっくりと駅に…向かえなかった。
カーノさん の最終が危うい!!
小急ぎで駅に向かう途中…

「あの~…」

すれ違いざま、声を掛けてきたヲネーチャン二人。
どうやら、後輩ちゃん?
なぁんでゴザイマショー?

「これ…落としませんでしたか?」

差し出された物を見ると、何と、我杯の財布!!
ゲェェェーツ!? 全く気が付かなかった!!
ヲ嬢ちゃん達、本当にどうもありがとう!!

…つか、我杯のショルダーバッグは、だらしなく口を開いたままで、そのままでは他の物も紛失しかねなかった…
酔っていたとはいえ、情けない…

…あ。
カーノさん の終電が更に危うくなってきた!!
急げ急げ!!

さ、財布を出して、切符を…

…。

あれェッ!?

財布が無い!?

うそ!?
ヲ嬢ちゃんに拾ってもらって、100mも歩いてないぞ!!
カーノさん を先に帰し、慌てて道を戻ると…

…100mどころか、10mも歩かない所に我杯の財布は落ちていた…


ああああああっ!!

情け無いッッッ!!
ヘタコイタ




一方、上り電車の北千住経由、つくばエクスプレスにて「新三郷」を目指す カーノさん は、

「スゴイ格好をした人を見たんですよ」

との連絡を最後に、消息を絶つ。



後日、

「二駅乗り過ごして、二時間かけて歩いて帰った…

との、報告が…


せっかくの「帰省」が、自己嫌悪で終わった この日…

Comments

 
だーかーらー!!!
なんでヲデがいないんだ〜!!
のんべえ、鷹、懐かしいじゃねぇーか。
のっとがまだあるとは…。

でも北越谷駅は寂しいな。
もっとすさんでいて欲しかった。



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login