酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼17 ~町屋・大内、もつ焼き 小林~

いつもヲ世話になってヲります。



DSC00493.jpg



…。


…はっ !!
ガガーン


何故、我杯は「町屋」にッ!?


…ああ、そうだった、こんな事があったんだっけ… (以下、回想場面)



「とある武道」の稽古開始前、口髭の似合うチョイ悪ダンディ(笑)、シロウサギさん は、いつも道場に一番乗りである

道場に我杯が入ると、


「ヲウ、今日、この後 時間あるかよ?


無いわけではなかったが、翌早朝に所用があった為、この日は一日大人しくしようと思っていたので、丁重にヲ断り申し上げたのだが…


「よし、わかった。じゃ、4時に町屋な



…。




…つー訳で、まさかの「町屋」なのであった。

そーいや、町屋って、以前、
呑みトモダチの ナヲちゃん と呑んだ時以来ですな
再び、この地を再訪する事になるとは

そもそも、シロウサギさん は、「とある武道」で着用する袴を御新調される為に、町屋の道着屋に訪れたのであった。
道着の仕上がりまでに多少の時間が空いたので、チョイと周辺をブラウヘノ
dash_c.gif


まだ明るい呑み屋街を往く。
DSC00498.jpg
むふん
コイツァ、オンタイム が楽しみな景観ですな


ふと、空を見上げると、
DSC00499.jpg
なんとも見事な秋空ではないか
わしも、あの雲の彼方に流れていきたいものよ。
なあ、松風? (ヒヒーン)


さて。
シロウサギさん の御所用も済み、いよいよ、我々の「本目的」、開始ですよ
先ずは、の一軒目は、

DSC00502.jpg

大内


さて、どんな潜伏が出来ますかね、楽しみであります
初逃亡であります、こんばんス~

DSC00504.jpg
店内、座敷メインの非常に広々とした造りでして、これはゆっくり寛げますぞ
カウンター席もあったみたいだけど、我々は座敷に着陸


ヲススメは…
DSC00503.jpg
ヲサカナ系ですか


ま、先ずはヲ飲み物で。
DSC00505.jpg
シロウサギさん は生ビール、我杯はホッピー白で、ぱんぱ~い


…う~ん、まさか、重鎮・シロウサギさん とサシの逃亡をすることになろうとは…
こいつぁ、レアな機会だぜ…


今回のゴールド・セレクション
DSC00506.jpg
トロあぶり串@650

シロウサギさん も、口にするや否や、

「ヲ !! こりゃ、ウメー!!

と、絶賛


トロ本来の旨味を内包しつつ、香ばしい焼き上がりに、ヲイシサ温度は急上昇落ち着かないのは真夏のサガだね(← ?)


早速に日本酒にシフト・チェンジしたシロウサギさん、追加ヲーダーをば
DSC00507.jpg DSC00508.jpg
牛すじ煮込み、白身梅肉揚。


…そろそろ、煮込みがヲイシクなってくる時期ですねぇ


で、この「梅肉揚」が、なんともTastes Good !!
白身の、ふんわり、とした感触に、梅肉の酸味がナイス・フォロー


コチラのヲ店、ヲ料理が何ともウレシイですね
近くへ来たら、また是非ともに再訪したいですねぇ


さて、もう一軒
ウワサのヲ店に潜伏してみることにしやした


その名も、
DSC00509.jpg

もつ焼き 小林


以前、潜伏しはぐったヲ店である。
DSC00510.jpg
1800(ヒトハチマルマル)時の開店を待って、潜伏開始
我々の他にも、数名の「共犯者」がヲ店の前で暖簾が掛かるのを待っていた。


さて、コチラのヲ店、
DSC00511.jpg
 吉田類 先生 の御降臨された聖地である。

…今の 吉田 先生 のサイン色紙と比較すると、何か趣が違うような…
調べたら、 吉田 先生が降臨されたのは今(2012年)を遡ること7年前の2005年であった。


店内は「J」の字?カウンター14席のみの造り。
DSC00512.jpg
目の前で大きな鍋が煮えたぎる、ベストポジションに我々は着陸


鍋の中を 泳ぐように モツという串が おどぉるぅ~



DSC00513.jpg DSC00514.jpg
酎ハイ@350で、ぱんぱ~い

煮込みセット(オビ、ガツ、ハチノス、ヒモ、フワ)の5本で@400

我杯、串煮込みではフワ(肺臓)の、あの独特の食感が好きでしてね


さて、このヲ店の人気メニューは、この煮込みの煮汁をスープにして頂く、つけめん である。

…のだが、我杯のポリシーとして、

「ヲ酒を入れた胃袋にラーメンは入れない」

であるからして、今回は見送り


どうやら、シロウサギさん の逃亡スタイルは、一杯一皿の

長っ尻無用」

であるらしい。


グラスを空けるが早いか、


「ごちそーさん !! ほら、行くぞ !!



…何とも、男気の溢れる…



この後、


「焼鳥が食べたいなぁ


というリクエストにヲ応えして、北千住の我杯のヲキニ、
「ごっつり」へ。


…なのだが、ヲ店のスタッフに、

「何だ、妙に人出があるな。何だ?


「あ、今日は足立の花火大会なんですよ」


「ん !! じゃ、電車が混雑するな !! ゴチソーサン !!


ええっ!?
ガガーン
今、ホッピーのヲカワリと、ヲニヲンスライス、ヲーダーしたばっかりなのに…!!


駅のホームには、接続の良い電車がナイスタイミングで入ってきた

ちょうど良かったですね、さ、乗りましょう


「駄目だ。混んでる


え…あの、どちらへっ?



そして、まさかの、
DSC00515.jpg DSC00518.jpg
北千住~春日部 間を、スペーシアで移動…


「ちょっと¥追加するだけで、早くて楽に帰れるんだ。コッチが良いに決まってるだろう


…なんとも、男気に溢れた行動力である…

果たして我杯は、このような「漢」になれるのだろうか…


anryzr.jpg「ヲ答エシマス。ソノ確率ハ 0% デス」


ぃやかましいわっ !!


駅のホームからは、
DSC00516.jpg
多分、今年最後でしょう、大きな打ち上げ花火が見えましたとさ。





Comments

 
チョビヒゲおじさんが「しろうさぎさん」とは又可愛い名前ですね。
お疲れさまでございました。
あの雲は10月13日でしたね。私も感動して、携帯のカメラに収めました。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login