酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


もののふ達の酒場 ~せんげん台・ともや~

いつもヲ世話になってヲります。

ある夜のせんげん台稽古、終了後。
この時点で、昇段審査は目前。
流石に稽古参加者は己が技術の向上に、余念がありませんネ

そんな中、余念だらけの我杯は、せんげん台駅東口から、徒歩2、3分のトコにいた…笑ゲラゲラ

ともや。

いつだったか、井伊縞さんとタッキーさんで、満席だったので逃亡に失敗したヲ店である。
今宵こそ、積年(?)の恨みを晴らそうぞっ

初逃亡であります。
こんばんす~

DSCN2218.jpg
モツ推し

DSCN2219.jpg
その他、様々なニューメーも御座いますね

DSCN2223.jpg
カウンター席10席、テーブル4卓程、ヲ座敷は4卓程。
先客さんが、楽しそうに盛り上がってますたね

平日、週の真ん中だてぇのに、中々の入客振り
皆さん、明日に支障は無いのですか?(←?)

我杯、カウンター席の一角に着陸。
さて、何にしやしょう
DSCN2212.jpg
モツ煮・モツ串焼を、徹底的に推し
…1オーダーで、串焼3本も出てくるのね

DSCN2213.jpg
飲み物も財布に優しいラインナップです。

でわ、恒例の黒ホッピー@350をば
DSCN2217.jpg
来た来た
じゃ、ヲ疲れ様でした~、我杯!!
ぱんぱ~い

せっかくですんで、推しのモツ煮鍋@350と…串焼は…3本出てくんだよね。
あんまり串焼ばっかり食べてると、串焼になっちゃうから、ハツ(タレ)@300だけ、下さい

DSCN2215.jpg
来た来た
手前から奥に、チャチャ、ハツ、ゴウ、て事で(←?)

…うム!!
食い応えあります。

DSCN2216.jpg
モツ煮鍋も来ますた。

食。

…おをオヲ…     ムマイ

流石、推しメニューだけあって、ジックリと煮込んであるようで、具材がとっても柔らかい

見れば、他のカウンター席のヲ客さん達、漏れなく この一品をオーダーしてました。
ヲ酒が進みました。

次は…日本酒「ねのひ」一合@280をヌル燗と…あ、ホタルイカの沖漬@300、下さい

DSCN2224.jpg
来た来た

先ずは、冷めない内に、オチョコを一口。
…ん~、熱燗を楽しむのは、もうチッと後だなっ

沖漬を一口、その味覚の余韻を、ねのひ の一口で洗い流す。

…ぬヲッ!?…こ、これは、合う!!

肴と酒の二つの味わいが、口の中で融合し、第三の「感覚」に生まれ変わるッ!!

第一、第二、第三の味覚が楽しめるのは、実に爽快な気分だワイ

更に酒が進んじゃったので、もう一合追加。
DSCN2227.jpg
…しまった。
だったら、初めから二合頼んどけばヨカッタ


この時、我杯の両隣には、合わせて4、5人ほどのサラリーマンさん達が、
それぞれに時間を過ごしていた。

ある二人組のサラリーマン達、お互いに日頃の「思い」を愚痴り合っていた
席が近い為、どうしたって耳に入ってくる

「○○なんかは、何が気に入られてるんだか、同期なのに、ドンドン上へ昇るよ。
それに、引き換え、オレはずぅ~っと!!ヒラのまんまだよ」


(…ここで我杯の脳裏を掠めたのは、平野レミの顔だった)

「何を言っても、何をやっても通じないよ。一生、このままなのかね、オレは」

…典型的な愚痴だなぁ

…しかし、そうではない、同士よ。
世の中には、あなた達のように、自身の置かれている境遇に疑問を抱き、
打破しようとする気概さえ、持ち合わせヌ輩さえいる。

そこで踏み止まり、戦うあなた達こそ、挑戦者であり、勝利者なのだ!!
あなた達を、真の戦士と認めるッ!!

…と思いきや、その反対隣のヲ客さん(50代半ば?)、その前に物凄い大量の空き皿、空きグラス
我杯より先客だった筈だが、オーダーのペースが半端では無い。
飲み物なんか、我杯が来てから5、6杯はイってるし、串焼も一体、何本食べてるんだッ!?
それを、一言も発さず、ひたすらに黙々と…

これも、この方なりの「戦い方」なのかッ。

…う~ん、このままだと、我杯もこの場で戦い続ける事になりそうだ。
シメ

我杯は戦う為に来たのではなく、逃亡に来たのだった。
逃げるが勝ち

Comments

 
平野レミの件、面白かったです。
あと、文章の締め方。秀逸ですな。
後味のよい文章です、なーんてね。
 
刺しの有る店は良い店ぇぇぇぇぇぇっぇぇぇ!!!!

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login