酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


決定 !! Escape of the Year 2012 !! Part 1 ~新宿・カブト、竹千代~

いつもヲ世話になってヲります。


今更に何ですが、もう師走でゴワスね。
この1年、何をしてきたかと申せば、我杯の中はえーけーbヲ酒の事で一杯だったんですよ。


さて、歳末のこの時期には、断行せねばならない行事が一つ !! あります !!

この1年間で、どこのヲ店が一番楽しい逃亡であったかを決定する、


 Escape

of

the Year 2012

(フタマルヒトフタ)


今回はですね、

「共犯者部門」…まあ、よく方々へ御一緒させて頂いた方、

「マスター・ママさん部門」…楽しいトーク等で、我々を盛り上げてくれた店主さん。

の、2点を発表したいと思います !!


さて、発表致します !!
先ずは、今年の「共犯者部門」、栄えある(?)受賞者は、


「とある道場
押忍! 」の大先輩である、ケムラー先輩 であります !!


今年、ケムラー先輩とは、


広島への高飛び

海上自衛隊・観艦式

航空自衛隊・入間航空祭

赤羽逃亡行脚


など、実に多くの充実した機会を共に過ごさせて頂いたのであります。


受賞、ヲメデトウ(?)ございます !!
では、受賞のコメントをヲ願いいたします。


「この度はお酒を熟知されてるあろう猛者の方々を抑え栄えある賞を受賞させていただき誠に光栄でございます。

また酒道に確乎不抜の精神で精進いたしますことを誓います」



…押忍、ありがとうございます !!
因みに、賞品、景品の類は御座いません…笑



…んな訳で、
DSC01189.jpg
今回は、ここのロケからスタート !!

先ずは、景気付けに、
DSC01190.jpg
キヨスク購入の一本で、ぱんぱ~い

今回は、ケムラー先輩を、
DSC01191.jpg
御馴染み、「思い出横丁」へご招待

ケムラー先輩、新宿はかなりご無沙汰であったようで、この横丁へは初潜伏だそうでして。

この独特の雰囲気にも、
DSC01192.jpg
かなり御興味をヲ持ちになられた御様子。

そんなケムラー先輩を、御案内するのは、昨年の「EOY2011」グランプリ、
DSC01193.jpg

カブト

以外にありますますますまい !!

相変わらず満席に近い感じで席が埋まっていたが、上手く潜伏出来た

はい、それでは、
DSC01195.jpg
ぱんぱ~い
ケムラー先輩は瓶ビール、我杯は焼酎・梅シロップ割りでスタート。

ケムラー先輩には、以前から

「カブトに連れて行け !! エイシャヲラッ !! 」

と言われていたので、何とか目的を果たせて良かったワイ

DSC01197.jpg
問答無用の「一通り」、フルコースを堪能。

DSC01198.jpg
次々と差し出される串焼きを、焼酎で流し込む。

…本当は焼酎を何かで割らないと呑めないですけどね、串焼き食べながらだと、不思議に呑めちゃう。
言うならば、「焼酎のウナギ串割り」か !?…笑

DSC01196.jpg
カブトのウナギ、そして雰囲気に酔い、感涙の海に沈むケムラー先輩
間も無く空手三段になろうかという猛者でも、この美味さには敵わないのだ…笑


賑わう店内
DSC01199.jpg
…このアングルで店内を眺めたのは初めてですね。

隣席で飲まれていたヲ客人、大宮からアシを運ばれているそうで
この味を堪能出来るのであれば、大宮からだろうがジンバブエからだろうが、アシを運びますよ

周りの席から口々に、「かばしお」のヲーダーが入る。
DSC01200.jpg
「蒲焼・塩」は、欠かせないメニューの一つである。
ケムラー先輩、やはり、この未体験の味の前に、一本負け

おもむろにマスターさんが、

「醤油焼き、食うかい?」

と、ニヤリ


…醤油焼き? 今まで食べたこと無かったですねぇ !!

俺の、俺の知らないゲッター串焼きだとォッ !? (巴 武蔵・談)


白焼きの串が出てきた。
DSC01201.jpg

マスターさんが、この串に醤油を2、3滴、垂らす。
途端に、この串から醤油の香ばしい香りが立ち込め、我々の鼻腔を充たす。
その香りに軽い目眩を感じながらも、串を口に運ぶ。



…うむむッ !?
こ、これは…ッッッ !?
ガガーン



極度とも呼べる幸福感が我々の口腔を充たす
タレ、塩に続いて喰らった第三の味覚に、我々は為す術も無く、感動の海に轟沈するしかなかった…


ここで我杯、やらかした。
通常、2杯までしか呑まない焼酎を、3杯やっつけちゃったのである。
2杯でもかなり気持ち良くなっちゃうのに、醤油串が美味だったあまり、ヲ酒が進んじゃったのである

これが、後々にトンデモな重核子爆弾となって炸裂するのであるが、我杯はまだ、この事実を知らなかった…




さて、充分にここでの務めを果たした我々、カブトを後にする。

「次はどこだ、エイシャヲラッ」

次ですか?
新宿・正統派を御堪能頂いた後は、ケムラー先輩を「魔空空間」に御案内致しましょう…



区役所通りをひた歩き、風林会館が目印。
その向かい(?)にある、極細の路地。

その通りには、小さなヲ店が軒を連ねる。

通称・バラック通り である。

ここには…

そう !!

DSCN3545.jpg

竹千代が、あるッッッ。

(画像は前回のものです)

焼酎3杯の効果が既に出始めていた我杯、まだ提灯の出ていなかったヲ店を確認出来ず、素通りしてしまった(← )

…提灯を掲げに出てきたママを目視、確認 !!
無事に?ヲ店へ潜伏出来たのであった


さて、このヲ店は一体どんなヲ店なノカ。
御存知無い方は、
「コチラ」で御確認下さい


ママ、大変に御無沙汰してヲりました、ヲ久し振りです

DSC01202.jpg
はい、ぱんぱ~い
このヲ店も、ケムラー先輩たっての御要望で再訪が決定したのである

…う~ん、イキナリ画像の雰囲気が変わってしまった…
さすが、新宿一の「魔空空間」だ…笑


と申しますか、今年の「マスター・ママさん部門」、ママをグランプリとさせて頂きました !!
景品は何もありませんが、ヲメデトウございました !!


DSC01205.jpg

「そういえば、このヲ店の事、ブログにのっけてくれたのね」


ママがカウンターの下から、数枚の紙を取り出した。
…あ、それは… !!

このブログを偶然見付けたヲ客3が、このヲ店のエピソードをプリントしてママにヲ見せしていたのである

友人・知人の間でしか目に触れていないと思っていたブログだったが、まさか、第三者の目にも入っていたとは…

え~、皆さん、初めまして、コンニチハ…笑


ここで、ママの愛弟子(娘?)の、マサルちゃん が合流
DSC01207.jpg
あ、ヲ久し振り、ぱんぱ~い

…実は我杯、以前ママに素敵な女性を紹介してもらったのだが、その時に同行した カーノさん とマサルちゃんでヲンナノコそっちのけで盛り上がってしまい、見事にフラれた事があったのだ (← バカ)


早速にヲ店に馴染むケムラー先輩。
DSC01208.jpg


ケムラー先輩も足繁くこのヲ店に通えば、ステキなレディを紹介してもらえるかもしれませんよ。
今度、マグマ優子師範代と遊びに来てみて下さい
(註:竹千代は恋人紹介所ではありません…笑)



竹千代名物、木彫りの造形物
DSC01209-1.jpg
その見事な大きさ、角度に、奥様ウットリ、旦那はガックリである。


この造形物を撫でるママの妖艶な指つきに、我々は新宿の夜の更なる深みに沈み込んでいったのである…

…むむっ !?
こ、これは… !!
DSC01206.jpg
「アタシの銀座時代よ」


…。
…う~ん、時代が違ったなら、ママにのめり込んでいたかもしれないぞ…
いや、待て。
そもそも銀座なんかじゃ遊べないぞ。
ぶつぶつぶつ…。



シトは酒場に何を求めているのか。
多くは、日常の癒しや違った雰囲気を、ヲ酒やヲ店に求め、酒場に赴くハズである。
それが、日常からかけ離れる程、シトは次への活力を得られるのではないか。
これこそが酒場ではなかろうか。


…ん !!
今度、本でも出そうかしら…笑


完全に隔世した時間を過ごした我々
本来ならば、「EOY2012・総合グランプリ」へ赴くハズだったが、今回は竹千代で楽しみ過ぎちゃったので、次回へ持ち越し…笑


「今度、一人で来ちゃうかもだぞ、エイシャヲラッ」


ケムラー先輩、ハマってしまったようだ
16笑う


さて、残りの部門につきましては、機会を改めて発表させていただきます。


帰途、完全に焼酎3杯がキマッてしまっていた我杯、ケムラー先輩にゴメイワクを掛けながら、何とか地球(自宅)に帰還…



さて。
時は忘年会、明ければ新年会と、ヲ酒を呑む機会が増えてきます。

そこで、皆様に嫁
wr.gifからメッセージです。


「ヲ酒を楽しむのもいいケド、自制、節度も
DSC01212.jpg


はい !! 忘れません !! (← )


それでは皆さん、また来週~ !!

Comments

いやぁ 
カブトではうなぎの美味さでやられ竹千代ではママ流の歓迎でやられかなり面白かったです。なんか今までの人生損した気分でした。どちらのお店も思ったとおりのイメージだったので違和感なく楽しめました。逃亡は面白いっすねー!またよろしくお願いします。

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login