酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼20 ~大袋・山吹、浅草・たんぼ、安兵衛~

いつもヲ世話になってヲります。

この年の瀬、勤め先に放火したい位に仕事が忙しいトコロへ、体調を崩す

このような時には、

「普段の生活の不摂生が原因だな。悪いのはボクだ」

と、シュショーな心構えでいると、治りが早いのである。



さあ、その不摂生の極限である、イヤミくん と年末恒例の「大逃亡」の機会がやってきた。

イヤミくん は先に
浅草の「安兵衛」で競馬観ながら一杯引っ掛けてるらしい。


我杯は「とある武道」の稽古を終えた後、先ずは
大袋の「山吹」へ潜伏する事にした。
最近、全く潜伏出来てないトコへ、あの

「おんな酒場放浪記」の 古賀絵里子 タソ

が最近、いらしてたというでは内科 !! (↓ ホラ、これ)
kogaeri.jpg


エリリンの残り香焼き鳥の香ばしい煙を求め、我杯は東武鉄道・大袋駅に降り立つ。


到着、山吹
DSC01323.jpg
開店と同時に飛び込む


年季の入ったカウンター席に着陸、
DSC01316.jpg DSC01319.jpg
ホッピー黒、塩つくね を堪能する。
最近、呑み仲間の タッキーさん がこのヲ店に足繁く通われているとの事で、御近所(?)は羨ましい…

この塩つくね、南野ヘンテツなのだが、

ウマイ !!

…理由は分からヌ。
ウマイものはウマイのだ。


ふと、壁を見ると、古賀絵里子 タソ のサイン色紙を発けn…
DSC01317.jpg

anryzr.jpg 「解読デキマシタ。


「山吹さん江 女酒場放浪記 古賀絵里子」


…ト、書イテアルヨウデス」

…よくやった、アナライザー…


「自分でも何書いてるか分からない、って言ってたよ…笑」


マスター3は笑いながら言う。



年末年始は元旦以外は営業という山吹、年中無休にも程があるぞっ !! (嬉)



さて、そろそろ待ち合わせ場所に行かなくては



電車内で眠りコケながら辿り着くは、
DSC01325.jpg
あちゃくちゃ。


他の呑み歩きブログを勉強の為に(?)閲覧していたトコロ、
DSC01326.jpg
ここの何処かに 吉田類 先生 の軌跡が存在するという。


さっそくに潜り込むと、
DSC01327.jpg
…う~ん、深い…

ガミラスに追い込まれた地下都市を思わせるワイ
何故か、気功、占い、の看板が目立つ。


…を、あった
DSC01328.jpg

たんぼ


小さな小さなヲ店。
DSC01329.jpg

…入ろうとしたら、鍵が掛かってる…
困惑してたら、小さな小さなヲバチャンが解錠して入ってった
我杯も後に続く


…小さい…
L字カウンター6席のみ、まさに手の平サイズのヲ店
この「逃亡記」、1、2位を競う極小スペースだ。


着陸した我杯、酎ハイをば
DSC01335.jpg
酎ハイというより、水割りテイスツ。


…しかし、どうして狭いヲ店というのは、こうも落ち着けるのだろうか。
肩身の狭さに安堵を感じるのは、我杯の(ケチな)性分の表れだろうか…笑


ところで、さすがは下町・浅草
いろいろな師匠方のサイン色紙が飾ってある。
DSC01331.jpg
青空球児・好児 師匠だ
子供の頃、ゲラゲラ笑って観ましたねぇ。


DSC01332.jpg
…ををを…
大師匠は、達筆であらせられる…


何でしょう、壁の至る箇所に、
DSC01333.jpg
鉄道関係の、あんな(あんにん)モノやこんなモノが。

ヲバチャン、これ、なぁに?
DSC01330.jpg
「ヲ客さんで好きなのがいてね、置いて行くんだよ」


…あ、そうだ。
ここには 吉田類 先生 のサイン色紙が置いてあったハズ。
どこだろう、と探してみたら…


…あった…
DSC01337.jpg
雑多な物の、裏の裏に大切にしまってありました…


この日は12月23日、競馬は「有馬記念(G1)」で盛り上がった日

同席した2人のヲ客人も、予想談義に余念が無い。
そのヲ2人がヲーダーした、
DSC01338.jpg
やまかけ@500に、我杯も乗る。


…さて、店内のテレビでは、メインレースとやらが映し出され、そして、ゲートが開いた !!


…何か、ゲートが開いた途端に跳ね上がって、スタートが遅れたのが1頭いるぞ。

9番。

天を仰ぐヲ2人さん。
どうやら、人気馬だったらしい
uss.gif

…そーいや、 イヤミくん に頼んで、我杯も馬券を数枚購入していたが、どうせ当たるまい

では、会場を移しますか。



到着、安兵衛
DSC01342.jpg 浅草・競馬ファンの聖地である。
相変わらず溢れかえる人、人、人…
その店先で一人で騒いでいるヤツがいる。

「遅いのねん !! もうメインは終わってしまったのねん !! ポリデント !! 」

知ってるよ。他のヲ店で観てたもの。

「それなら、最初からココに来るのねん !!
DSC01341.jpg
まあまあ、遅刻したのはモンゴルマン、それでいいじゃないか。

…ところで、頼んだ馬券、当たったの?

「当たったのねん !! 」

…を !! でかした !!

「それは別レースでボクだけ。
君の馬券はタダの紙クズなのねん !! トゥインクル !! 」



DSC01339.jpg

皆さぁぁぁん !!
ワタシの友人が100万馬券当てたみたいなので、ヲ好きなヲーダーしちゃって下さぁぁぁい !!




…この後、 イヤミくん は身体に当り馬券を1枚貼り付けただけの姿で高速回転、浅草の雑踏の中を疾風の如く走り抜けた
その姿から彼は、浅草に吹く熱風」という意味の「サンタナ」という異名を得る事になる (ウソ)
uss.gif



冗談はさておき、今日のヲススメは?
DSC01346.jpg
寒いから、熱燗と白子ポン酢を合わせて頂く
白子のコクを熱燗で洗い流す。
至福の味わい、である…


混雑する店内。
DSC01343.jpg
「メイン(レース)の時はもっといたのねん !! 」

存じてヲります。
でも、このヲ店のスゴイ所は、店内がギュウギュウでヲ客が入り切れないのに、

「いらっしゃいませぇ~ !! (ヲ店の)奥、空いてますよぉぉぉ~ !! 」

と、呼び込んじゃうトコである…笑


さて、今回は競馬がメインではない。
会場を移しましょう。



浅草演芸ホール前を通り掛かった。
すると、懐かしい顔が…


DSC01348.jpg
ヲ客呼び込みの大ベテラン、スギさん


実は我杯、二十年くらい前、ココでアルバイトしてた事がある。
そして、我杯がバイトを辞める事になった日の閉館時、帰り際。

普段は無口な スギさん が、どこから買ってきたのか、おでん のパックを我杯に差し出してくれた

二人で黙々と食べて、我杯は スギさん、ごちそうさま、としか言えなかったのだが…


まだ、現役でいたのだなぁ。
もう、我杯の事なんか忘れちゃってるだろうけど、元気そうでヨカッタ…






…を
DSC01349.jpg
わさみん 発見


…因みに、「呑み鉄」で、タマに無人駅にて下車すると、何だか得した気分になる。


理由はですね、駅呑みをしても怒られないからなんですよ。

…さて、わさみん のCDを買って来よう…



さて、浅草から東武スカイツリーライン下りに乗車しまして、駅は牛田駅から隣接致します京成本線・京成関屋駅てなトコでヲ乗り換え
DSC01351.jpg
目の前を ピュッ、と通り過ぎますスカイライナーを見送りますてぇと、次に来るのが我々の乗る電車
idou161.gif
はてさて、この電車に乗って行き着く先は何処へやら。


それは、次回の講釈でっ
uss.gif



続く !!

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login